エントリー

2019年05月の記事は以下のとおりです。

防火施工違反蔓延のまま、人命の事等

  • 2019/05/31 15:50

防火施工違反は、防火壁施工で、ビス、釘が認証違反と、間違った理由でしたが、国土交通省と報道が、大騒ぎしたけれど、未だに違法施工のまま、無い違法施工と偽って通されて居ます。

こうした建物は、不特定多数の人が使うので、火災の危険も含めて、合法な施工責任付けられて居るんです、火災が起きた後、各区画に一定時間、火と煙が回らない為の、人命を守る為の施工ですけれど。

国土交通省建築指導課の役人も、日本中の建築主事も、民間の検査機関の一級建築士も、大手ハウスメーカー、不動産屋の上も、抱えている建築士も、誰もが、防火施工を合法に行う為の知識も、禄に備えて居ないんです。

テレビ東京が、レオパレス21のアパートの防火壁が、小屋裏は施工されて居ない、こう叩き続けたんで「ここと、断熱材がグラスウールでは無くて、発泡ウレタンだった、之だけを叩いているんです」

元々この問題は「建設局建築指導課、都道府県庁建築指導課の上が、ハウスメーカー、大手不動産屋の上と闇会合を開いて”図面上だけ防火施工を行う事にして、実際には防火施工は要らない”こう闇で決めた結果、だそうです」

レオパレス21は、この闇談合内容を、忠実に守っただけですよね、図面上だけ防火施工実施とするけれど、施工では、防火施工は不要の実践だから。

人命を守る為の必要な工事だけれど、権力の自己利益獲得の為で、図面上だけの工事、実際には工事不要、こうされて通って来て居るのです。

之でも検査機関

  • 2019/05/31 15:33

日本ERIに電話をしまして、一級建築士の松原部長に、防火施工違反問題を問い質しました。

;石膏ボードの防火壁の施工で”ビス、釘の認証番号を、施工図に記載させて”守らせて居るか。

;床の施工図は、12mベニヤ、12,5mの石膏ボード、床材の順番で貼り込ませて、施工させて居るか。

;排水パイプ、隙間埋めコーキングの防火認定番号を記載して、認定品で施工させて居るか。

松原一級建築士、部長は「言われて居る事の意味から、理解も出来て居ませんでした、幾ら国交省が通知を出しても、防火施工違反を見出し、叩いて是正させても、建築士、住宅メーカー、建築主事には、全く伝わって居ない訳です」

レオパレス21の防火施工違反にしても、テレビ東京でしつこく「小屋裏の防火施工がなされて居ない、之を報道したから”小屋裏の防火施工がなされて居ない事と、防火壁内の断熱、防音材が、グラスウールでは無くて、発泡ウレタンだった事だけを論ているだけです”」

レオパレス21、ダイワハウスのアパート施行は、天井材にジプトーンと言う、防火認定品では無い建材を貼って居た問題も含めて「そもそも確認済み、検査済み証明、消防の審査合格証明が、出る筈が無いのに出た事が、最も大きな違法部分です」

防火施工違反のアパート火災で

  • 2019/05/31 14:44

防火施工違反のアパート火災で、住人等が死傷した場合、防火施工違反事実は、無い事とされて来て居ます。

防火施工違反の商業施設、アパートが、何故使えているのかと言う、根本の責任問題を、故意に無い事とさせて、別の責任追及に、本質を、故意にずらしてして来て居ます。

防火壁の石膏ボードを留めて有るビス、釘が、認証規定の長さより短い問題と、床に石膏ボードを敷いて居ない問題と、排水管が防火認定品では無い、塩化ビニールのパイプである事実と、隙間を埋めるコーキングが、防火認定品では無い事実と、コンセントボックスが、防火認定品では無い事実に付いて、故意に隠して居ます。

レオパレス21の問題は、確かにとんでも無い、大問題ですけれど、じゃあ他の業者は?日本中の建築主事は?日本中の建築士は?一番上の責任者、でしょう。

防火施工違反を、故意に生み出させて行っている現実を、何故握り潰して居られるのか、住人が焼死して当たり前、の建物なのです。

民間の検査機関、一級建築士の職員も、防火施工違反緒正しい現実から、知らないんですよ、何も正しく物を考えて居ないから。

国家資格者と威張っているけれど、実際はこう言った事が、当たり前に出来てしまって居ます。

レオパレスだけでは無いのに

  • 2019/05/31 13:00

@(株)レオパレス21様、書類も一部送り、伝えた通り”防火施工違反は、施工部位として、ビス、釘が違法、床施工、排水管施工、コーキング施工も違反、日本中がこれです”国交省、テレ東他報道は、故意にこれ等重大違法施工を見逃して居るのでしょうか?

                                令和元年5月31日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
                            携帯

(株)レオパレス21 代表取締役、執行各役員御中
TEL03-5350-0445 広報部
FAX03-5350-0446
合同会社 なんもさサポート 藤本代表
TEL080-xxxx-xxxx
FAX011-788-3960
石井啓一国土交通大臣 住宅局建築指導課、菅原企画専門官、高橋技術調査係長
TEL03-5253-8111(39-564,39-525)
FAX03-5253-1630
NHK札幌放送局 藤本記者
FAX011-231-4997
道新報道センター吉田、内山、樋口記者
FAX011-210-5592
秋元札幌市長、市議会、区保護、介護保険課
FAX011-218-5165
FAX011-211-2823 建築安全推進中田課長
FAX011-281-5180 札幌市消防局査察課、矢野他担当
FAX011-218-5180 市保護自立支援課阿部仁志課長
FAX011-218-5117 市介護保険課施設管理、石垣係長
FAX011-218-5124 共産党市議団
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
FAX011-222-7357 
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長
FAX011-271-1456 

1、レオパレス21代表取締役、各執行役員各位「防火施工違反は御社に限った事では無い、先程送った書面の記載でも、本当の一部です”特に初期のグループホーム、主に保護受給者を、一棟借り上げて住まわせて居る、古い共同住宅は、防火施工がまともに施されて居ない建物の山です”」

2、それだけでは無く「送った書類の記載に有る通り”石膏ボード防火壁のビス、釘が短かった、日本中が之、床に石膏ボードを貼って居ない共同住宅の山、排水パイプ、コーキングが防火認定品では無い”等、日本中に無数の、該当違法施工建物が有ります、国交省、行政庁、特に北海道の報道は、これ等重大な違法施工を承知した上で、握り潰して居ます」

3、レオパレス21殿、これ等違法施工に付いても「国交省、行政庁、報道、政治が責任逃れに走って、合法施工実施が必須事実を見逃して居るのですが、自社で検査を行うべきです、御社の物件のみの違法施工では無いですけれど、今後問題視されますよ」

4、詳細が知りたいのであれば、問合せ下さい、御社だけを、上記違法施工を隠して、責めて済む問題では有りません”これら違法施工アパートは、火災が起きれば、各戸に火と煙が、法に定めた防火、防煙時間は守られず、あっと言う間に火と煙が回り、死傷者を生み出します”レオパレスに限りません。      

責任逃れだけに

  • 2019/05/31 08:25

教育の成果でしょうけれど、この国の国家権力、国家資格者は「自分に責任が来なければ良い、自分以外がどうなろうと、自分には関係が無いからだ」

これを唯一としてだけ、持っている権力を使う事に狂奔して居ます、自己責任から逃げる、これ以外実際していないんです。

建設現場に生きて居ても、之が実感出来る事ばかりです、監督官庁の役人、建築士、元請けの監督の人間、本当に物も知りません、事が起きてから、誰かに不当に責任を転嫁させる事ばかり考えて、行って居ます。

まあ、現場の施工に付いて、本当に高レベルの工事方法から、工事の理論から、身に付ける事が出来る筈も、実際無いけれどね。

素人以下の担当者、担当役人と、本当の事も良く知らない建築士と、アパート、商業施設火災が起きてから、正しい原因も、責任の所在も分からない警察、法曹三者、報道で、見当違いとも分からずに、魔女狩りに走る事ばかりが実際です。

今日の公式提案の内容は、きちんと現場合わせで、責任の所在もはっきりさせて、建物火災が起きてから、筋違いな責任者生み出しを防ぐ、正しい手続き、工事の提案です。

其の場さえ逃げられれば良い、自分に責任が来なければ、後はどうなっても関係無い、之ばかりに走って居るのです。

公権力の無責任さが

  • 2019/05/31 07:47

防火施工違反の建物でも構わずに、アパート事業、グループホーム事業を認めた結果「グループホーム火災の度に、多数の死傷者を生み出して来て居ます」

防火施工違反、消防法規定違反のアパート、商業施設は、山のように存在して居ます「そもそも、防火施工の合法自体、誰も知らないで、建築士、建築主事、建設会社はアパートを建てて来たのですから、レオパレス21、ダイワハウス物件、あれほど酷い施工のアパートは、中小の建設業者では、ほぼ無いですけれどね」

この問題にしても「日本中で、行政、国家資格者、施工会社の無知が原因で、山のように生み出されて来て居る、重大な問題ですが、責任を取るべき行政機関、役人、建築士からして、誰も責任を取らず逃げているでしょう」

建築主事、消防、建築士、民間の検査機関、誰も当事者責任から、取ろうとして居ません、責任を取らない体制が出来ており、是正の為動く事も、元々する気自体無いんです。

ですが、一旦火災が起きて、防火施工違反、消防法規定違反が原因で、死傷者を生み出せば「魔女狩りに走る訳です、誰かに責任を転嫁させて、国民の逆恨みをぶつける対象者を作り出して、本当の責任者を逃がす」

これを重ねて来て居ます、責任を負うべき機関、国家資格者を、事前にきちんと表に出して、事が起きた時、責任を取らせるようにして居ないからです。

防火施工違反の建物だと承知で、商業施設、アパートで使わせて居る、行政機関、建築士の責任から、正しく問うべきなのに。

既存のアパートもほぼ違法施工

  • 2019/05/31 06:30

@共同住宅、商業施設の界壁の、石膏ボード仕様の防火壁の施行で、ビス、釘が認証違反、短いとの、国交省発表、床に石膏ボードが貼られて居ない施工が多数、他事実是正を目的として”札幌市建築安全推進、消防局査察、保護、介護保険、市議会、なんもさサポートに、居住しながら防火施工違反是正工事を、オーナー責任で施工する、強制退去が難しいので、この提案を出して有ります

                                令和元年5月31日
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※防火施工違反改修工事は、防火施工工事に熟練した職人で無ければ、防火防煙を果たす工事は無理、レオパレス21が行って居る、派遣、バイトによる、防火施工違反改修工事は、出鱈目です、検査すれば通りません

石井啓一国土交通大臣 建設業課、河合建築基準法担当
FAX03-5253-1630(39-564)
合同会社 なんもさサポート 藤本代表
TEL080-xxxx-xxxx
FAX011-788-3960
NHK札幌放送局 藤本記者
FAX011-231-4997
道新報道センター吉田、内山、樋口記者
秋元札幌市長、市議会、各区役所介護保険、保護課
FAX011-218-5165
FAX011-211-2823 建築安全推進中田課長
FAX011-281-8119 消防局査察、矢野他担当
FAX011-218-5180 市保護自立支援課阿部仁志課長
FAX011-218-5117 市介護保険課施設管理石垣係長
FAX011-218-5124 共産党市議団
※なんもさサポート借り上げアパート所在区
FAX011-743-2717 東区保護課、介護保険課へも 
FAX011-757-2012 北区保護課、介護保険課へも
北海道労働局長、中央、東労基署長
FAX011-737-1211 防火施工違反グループホームで労働黙認
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
FAX011-222-7357
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長
FAX011-271-1456

1、国土交通省建設業課、河合建築基準法担当から「石膏ボード仕様の防火壁で、ビス、釘が認証違反の施工は違法、行政庁には過去、この違法施工是正の為、通知文を出して有り、認証違反工事を是正させて居ないのは、行政庁責任、防火施工違反を国交省が知った場合、物件所在行政庁に対して、情報を提供して行っている、こう回答を得て有ります」

2、レオパレス21、ダイワハウスのアパートで、図面上だけ防火施工実施、実際には防火施工をせず、違反工事で終わらせて、消防、建築主事は、合法と虚偽認定してきた問題発覚に寄り「レオパレスアパートの、防火施工違反是正工事を行わせて居るようですが”防火施工、防火施工違反是正工事は、熟練の技術、知識が必要で、派遣、バイトを使って行わせて居る、レオパレスの工事は出鱈目でしょうね”きちんと検査を行えば、不合格でしょう」

3、こう言った事実も踏まえて昨日、なんもさサポート他に対して、先ずなんもさサポート借り上げアパートから「違法なアパートを貸して居る大家さん、消防他とも協議して、住人が居住したままで、防火施工違反を一定是正する工事実施を提案して有ります」

(1)先ず当社が、なんもさサポートの片と一緒に、借り上げアパートの防火施工調査を実施する。

(2)調査ポイントは”防火壁の施工内容、ビス、釘の長さの調査””床に石膏ボードが敷き込まれているかどうかの調査””床、壁、天井の隙間を埋めて有るコーキングが、防火認定品かどうかの調査””中廊下で個室貸しの建物の場合、各戸ドアが30分防火対応かどうか””コンセントが、防火に対応して居るかどうか”が中心です。

4、こう言った部分を調査して、違法施工部分が証明されたら「札幌市消防査察、建築安全推進の担当を交えて、住人が居住したままで、最低限必要な防火施工違反是正工事(状況に合わせて、防火施工の知識、技術を持った施工業者と、現場ごとに協議)を決め、書面に必要な工事、工事方法を記載して、消防、建築安全推進課の合意印を取り、工事を数室ずつ、撮影しながら実施し、工事完了後、消防、建築安全推進の検査を受けて、合格印を取り、大家にも提供する、多分30分防火防煙レベルでしょうが、ゼロ~10,20分程度よりずっとましです」

5、こう言った工事を提案して有ります「防火施工違反グループホームの場合は”こうした、監督部署の工事内容許可、検査合格証明を得た後、事業再申請、一部是正手続きも必要でしょう”火災発生、住人死傷事件により、経営者、介護労働者に、不当な業務上過失致死傷罪の適用を防ぐ為です”」

6、特にグループホーム事業建物、保護受給者居住建物なら「早急に上記手続き、工事”公の機関が直接関わり、責任の所在を明確に証明した上での、防火施工違反、消防法違反建物に付いて、現場合わせでの、出来る範囲での、違法是正工事実施が必要です”」

7、グループホーム、サ高住宅(今では多くがグループホーム化)なんもさサポート一棟借り上げアパートの住人は「退去させられない人達が大半です”であれば、上記方法により、居住させたままで、出来る範囲で、行政庁も直に関わり、責任を明確化させた上で”きちんとした防火施工知識、技術を持った業者が、違法是正工事を実施して、工事検査を受けて、合格なら証明書を出すべきです」

8、こうした工事に付いて「先行工事実施建物に付いて、来期以降の予算から、グループホーム(サ高住宅)一棟借り上げ保護受給者が主体アパートの場合は、一定の補助金を、後付けでも大家さんに拠出して頂ければ、早く合法化工事実施も出来て、住人を守れます」

9、根本の責任問題、防火施工違反、消防法規定違反の建物を、共同住宅、商業施設として使う許可を出しながら「火災発生により、死傷者を生み出せば、不当な責任転嫁に走って居る、魔女狩り行為は間違って居ます」

10、本当であれば、こう言った建物と証明されれば、住人強制退去、使用禁止措置実施です”素人に、いい加減な防火施工工事をさせて、お茶を濁す、違法と承知で居住させる、借り人を斡旋出来る筈は無いのです”。

住みながら防火施工を

  • 2019/05/30 16:16

防火壁の施工が違法施工、は、石膏ボードを留めるビス、釘の長さ不足と言う、重大な施工違反も有ります。

理由は、石膏ボード仕様の防火壁に付いて、ビス、釘の長さが認証で規定されて居る事を、建築主事、建築士、建設会社誰も知らなかったから、ですよ。

ですから日本中の、石膏ボード仕様の防火壁は、ビス、釘が短い施工となって来たのです、誰も知らないので、認証違反施工が、全く問題視されて来ませんでした。

この欠陥施工事実も、レオパレス21、ダイワハウスのアパート他が、防火施工違反で合格認定が下りて居て、居住させて来て居る事実が、テレビ東京によって表に出されて、言い逃れ出来なくなっています。

そして、小屋裏に防火壁が無いだけで無く、既存の防火壁も、違法施工だったと、ようやく報道もされました。

ビス、釘が短い事実も、ようやく日の目を見だしたのです、当然ですが「既存の防火壁の、石膏ボード仕様の防火壁の石膏ボードを留めている、ビス、釘が短い問題は、日本中の同様アパートが同じ違法施工ですから、日本中に想像出来ない影響を及ぼします」

なんもさサポート代表には「防火施工違反のアパート問題、当社で大家と折衝を行って上げますよ、等伝えて有ります」

潰したら、市役所は責任を負え無いから困るのも事実です、であれば、大家さんに、合法施工を実施する工事を発注させるべきでしょう、大家の責任です。

行政が所管する法律知識に至っては

  • 2019/05/30 09:59

レオパレス21のアパートの、防火施工違反問題は、いよいよ「小屋裏の防火施工無しに続き、防火壁も違法施工だと、国土交通省が平成24年に発表した、ここの問題にも到達して居ます」

防火壁の施工で、ビス、釘が短い、日本中でこの違法施工が行われて来て居ます、レオパレスのアパートだけの問題では有りません、日本中の、3階建てまでのアパートの大半、石膏ボードで防火壁を作ってあるアパートの大半が、ビス、釘が短い施工です。

この違法施工は、火災が発生した時、石膏ボードが熱で浮き上がり、必要な時間、防火能力を発揮出来ません、非常に重大な違法施工です。

きちんと、所定の防火効力を発揮する為には、必要な施工を施す必要が有ります。

二枚重ねの防火壁施工なら、二枚のジョイントをずらす事と、一枚目と二枚目で、角の重ねを変える事と、ビス、釘を必要な長さの物を使い、留める事、これ等の施工が必要です。

床にも石膏ボードを、12m合板、12,5mの石膏ボード、床材の順番で貼る事も、必要な防火施工です。

排水パイプも、防火認定品の使用が必要です、隙間を埋めるコーキングも、防火認定品を使わなければなりません、レオパレスのアパートも含めて、これ等の違法施工が山のように有ります、特にグループホーム、生活保護受給者を住まわせているアパートで、上記違法施工建物は、強制的に使用禁止措置から必要です。

国家権力、国家資格者と言う連中の現実

  • 2019/05/30 08:32

国家権力の構成員、国家資格者連中の実態は、世間で普通に生きている国民とは、全くかけ離れた、憲法、法律規定違反処か、犯罪をしのぎとさせている、犯罪に手を染める事ばかりに走って居て、何の禁忌も無い、職業犯罪者集団、之が実態です。

国家権力を持てている事を、己らの特権とさせて、犯罪の限りを尽くし捲って居ます、犯罪者で構成されて居る、日本の国家権力の実態故、国家権力側に居れば、憲法、法律等、守る必要の無い代物、ここまで大っぴらに、犯罪し放題国家となって居ます。

法曹資格者、検察庁、裁判所、職員も、根本から犯罪行為に走り、通している現実も、実例証拠が揃い続けており、表に出されて行っています。

公認会計士、税理士も、詐欺リースでも分かるように、詐欺を正当な事業と、偽って通す事の為、国家資格を悪用しており、国税、政府も共犯となって、国際金融詐欺犯罪を、ファイナンス詐欺貸金と共謀して、今も働いて居ますから。

建築士も、姉歯氏だけでは無くて、日本中の多くの建築士が「防火施工違反の建物多数に付いて、管理責任違反を、故意に働いて来て居る事が、レオパレス21、ダイワハウス他による、防火施工違反の蔓延発覚で、表に出されてしまって居ます」

もう国家資格者なる連中にも、合法な国家資格者事業実施は「元からですが、今後は公に、求めても無駄だとはっきりして居ます」

国家権力側に立てれば、国家資格を得られれば、犯罪を公に凶行出来る特権が与えられた、之が日本の国家権力の本当、現実です。

ページ移動

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4553584
ユニークアクセス:3813253
今日
ページビュー:348
ユニークアクセス:338
昨日
ページビュー:1180
ユニークアクセス:1162

Feed