エントリー

2019年05月02日の記事は以下のとおりです。

自分が手を汚した訳では無くても

  • 2019/05/02 17:13

土地の所有権を持つと言う事は、土地の管理責任を正しく果たさなければならない、と言う事でも有るのです。

管理もせずに居たなら、特に調整区域の土地で有れば、瓦礫入りの土砂で埋め立てられる等、日常行為ですから。

不在地主が多い、原野商法に乗り、調整区域の土地を購入した人は、不在地主が多いのです。

中沼地区で起きて居る、調整区域の土地が、瓦礫等で埋め立てられて居る問題も、そう言ったケースの一端です、不在地主だから余計、何の管理もせず、瓦礫等で埋め立て造成されても、気付く訳も無かったのです。

グーグルロードマップ,航空写真でマップを見ても、調整区域の原野では、ほぼ何処が何の区画か分かりません、私は「元地権者から、現地の状況を聞いて、当りを付けて、グーグルマップでその辺りを調べて貰って、現地に足を運び、話と合う場所を探し出して、グーグルマップ航空写真でも、現地を探し出して、過去の現地の状況も押さえたのです、写真は何年も前の写真だったから、過去の状況が分かりました」

現地に足を運び、現地を見て、写真も撮影して、廃棄物が転がって居る、埋まって居る証拠も残しました。

地中に何が埋まっているか、行為者から詳しく聞いていた証人も居ます、廃棄部物が埋められている土地と教えられて、焦って「廃棄物を掘削処理せず、誰かを騙して、廃棄物が埋まった土地を売り、逃げよう等とんでも無い事です、事実を知った以上、地権者責任で埋まっている瓦礫等を、幾ら金が掛かっても、掘削撤去処理が必要です、逃げられる話では無いです、ここまで公になって居る、瓦礫埋設土地ですから」

遺産を騙し取ろうと目論んだ、結果がここまで大事に

  • 2019/05/02 07:42

xxxxさんが、長男だから、家を継ぐ責任を負って居ると親から言われて、金を出して、親も名義人にして、土地建物を3回購入、売却した訳です。

この「自分がお金を出して購入出来た土地建物を、兄妹と甥で共謀して、当事者能力を喪失した、甥から見れば祖父、xxxxさんの父親を、入院先から、中公証役場に連れ出して”祖父は目も見えない、ほぼ何も事情も分からない症状になって居たから、元検事の小川公証人が、祖父に読み聞かせて”」

xxxxさんのお金で購入した、祖父名義の土地建物を、甥に遺贈するとだけした、公正証書遺言を巻かせたんです。

で、祖父母の財産、遺産は、全部自分の物になった、とまで、勝手に錯覚した甥夫婦は、祖父母の財産、遺産を、片っ端から法を犯して、我が物として来た訳です。

件の祖父名義の土地建物も、あんな公正証書遺言の内容で、全部甥が自分の物と出来たと、頼んだ弁護士も、xxxxさんが相談した弁護士も、政党関係者が相談した弁護士等も「法の規定も知らないから”甥が祖父の名義だった土地建物を、全部自分の物とした」

こう、法律度外視で、勝手に決めて、xxxxさんに「出て行くしかない、対抗策は無いと、嘘を答えたんです、甥が委任した弁護士は”xxxxさんを、一円も出さずに追い出せる”と、法を知らないから思い込んで、立ち退き要求訴訟を起こした訳です」

で、当社が調査等をxxxxさんから委任されて、甥の犯罪を、次々証明して来て居ます、祖母の預金窃盗、年金資金詐欺、他者の土地4区画での、瓦礫等違法埋設、不正使用等を、次々証明して来たのです。

xxxxさんの父親名義だった土地建物に付いては「xxxxさんが出資した土地建物だから、札幌に戻ってからは、無条件で住み、複数の事業を行って居ます、当たり前です、減債遺留分相続権も、法に沿い存在して居る、当社がxxxxさんにも教えた、法律による権利です」

騙すと自分も

  • 2019/05/02 07:17

@協議の上、契約内容、工事金を決めた上で、送った書類は不要との事、料金着払いで良いので返送を願います

                                 令和元年5月2日

      契約書類等返還を求める相手

〒×××-××× 愛知県×××
           ××××様

         双方協議の上、決定した内容で契約書等を送った会社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、先日電話で協議の上、××様が所有しておられる、札幌市東区中沼町××××調整区域の土地に、瓦礫等が埋まって居る問題で、××様と当社で協議して、この土地を、当社が××様から費用を支出して貰い、掘削調査して、埋まっている瓦礫等を一定証明して、幸い行為者も判明しており、証人も複数居る事を持ち、警察、札幌市に、××様からも訴えを出して頂き、行為者に原状回復を果たさせる、之を双方納得の上、当社から契約書他を××様に送った次第です。

2、ですが××様は、契約の意思を撤回して、本契約を無効とする旨、当社に電話で通告して来た事を受けて、送った契約書等を、着払いで良いので、当社に返還を求めます”写しを取っても使えません”状況が複雑ですから。

3、なお、昨年に該当土地の売却話を、××様と購入予定者当社していて、××様が一方的に断った、××企画代表と話した所、××様は「瓦礫等が埋まった土地と言う事実を隠して再度売却したい、等電話を寄越したと聞かされました」

4、あの4区画の土地は、瓦礫等が埋まった土地だと、××様、不動産業者、警察、市役所、市議会も把握しており、埋まった瓦礫等を撤去しなければ、売却は不可能です、詐欺行為ですから「がれき等を撤去して、正しく埋め戻して、境界を確定させて、境界石を入れて、その上で売却が必要です、今後は全て、××様の自己負担となります」行為者責任は、地権者が責任を問わないなら、多分消えるでしょう。

地中に埋まって居るがれき等問題

  • 2019/05/02 06:25

地中に埋まっている瓦礫等、調整区域の土地で、泥炭層の上に土砂を積み上げ、造成されている土地の大半は、土木建設工事で掘削して、捨てる事となった土砂で造成されて居ます。

平成19年3月までは特に、この造成で、問題も無かったのですよ、二束三文の、調整区域の、泥炭地の造成に、高額費用を掛けて、まともな土砂で埋め立てても、採算も合わないですから。

又、平成10年代の終わり頃までは、結構「建物の解体工事でも、基礎コンクリート、アスファルト、排水管等を残して、埋めたりして解体工事を終えて居ましたので、掘れば札幌でも、あちこちの宅地、過去に建物を解体した宅地の地中から、廃棄物が出て来ます」

うえるぴあひかり野、東雁来の、20メートル以上泥炭層の宅地にも、元々調整区域の土地で、作業場や、土建業者の残土捨て場が幾つも有った所なので、泥炭を沈めて、上に沈下しない層を作る為に、重量が掛かる掘削土砂を敷いて、泥炭層を沈めて、上を使えるようにした場所が、多数有ります。

泥炭層が深い所の土地は、火山灰では土圧が掛からず、1メートル以上火山灰を積み上げて、数年置いても、重い車両を乗り入れれば、タイヤが埋まってしまいます。

掘削土砂で、瓦礫が入って居れば、重量が有るので、70センチ前後泥炭層が沈下しますし、上の掘削土砂が、沈下しずらい層を作るので、重いダンプ、建設工事重機も、重量が有るから沈下しますが、沈んだら埋めて居れば、何れ重機も置けるようになります。

中沼の土地4区画も、行為者が「土建業に使う重機、ダンプを置く為に、人様の土地を掘削残土、瓦礫で埋め立てて、重機、ダンプを置いて居た土地、との事です」

ここまで表に出たのに「がれき等埋設を隠して売れば、詐欺行為そのものだから、地権者も、札幌市も警察も、知って居るんだからね」

がれき入り土地を

  • 2019/05/02 05:57

@昨年までに、中沼町92-176調整区域の土地を、購入予定者を見つけて、売買する商談を行っていた、xx企画代表と昨日話して”地権者から、瓦礫等が埋められている事実を、当社から聞き、反故にした土地売却を”再度行ってくれるよう頼まれ、詐欺行為故断った、あの4区画は瓦礫等が埋まって居る等、市が掲示板を出して欲しい、等言われました

                                 令和元年5月2日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

秋元克広札幌市長、市議会、環境局、環境事業部
市、西、厚別区他保護課
FAX011-218-5165
FAX011-218-5105 環境局八田他課長
FAX011-218-5108 環境事業部清水課長
山下直人道警本部長、生活経済課
TEL,FAX011-251-0110
札幌方面東警察署署長
TEL011-704-0110

1、昨日、昨年まで札幌市東区中沼町92-176調整区域土地の購入者を探して、売却話を進めていた、xx企画代表、xx氏と話して、次の事実を聞かされています。

2、xx在住の地権者、xx氏から数日前電話が有り”違法にxx氏所有地にプレハブを設置して、有料貸出されて居た状況を、xx氏と協議して解消した途端、土地売却を断られた”経緯を無視して”あの土地には瓦礫等が埋められて居る、処理に高額費用が居ると、ハウスリメイクから聞かされた、瓦礫が埋まって居る事を隠して、再度売却願う”こう求められたと先ず聞かされました。

3、xx氏はxx氏に「貴女はもう、自分の土地に瓦礫等が埋まって居る事から知って居る、札幌市も警察も知って居る、それを隠して売れば詐欺になる、仲介不動産業者も、重大な詐欺行為で責任を負わされる、知らずに売っても、購入者から瓦礫等の撤去を求められれば、売り主責任で撤去が必要、もう知られた事実だから”瓦礫等を撤去しなければ売れない、ハウスリメイクと協議するべき”土地の自己責任管理もせず置いた結果、今後は完全に自己責任、不動産業者を巻き込まない事」と伝えた、との事です。

4、xx氏から「札幌市、警察に願いたい”ここの4区画には瓦礫が埋まって居る”等掲示板を出して欲しい、違法売却を防ぐ手立てを講じて欲しい」と頼まれて居ます、今後どんどん、同じ問題が、宅地(特に建て替え)調整区域問わず、噴出します。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4446643
ユニークアクセス:3716185
今日
ページビュー:123
ユニークアクセス:122
昨日
ページビュー:5658
ユニークアクセス:3605

Feed