エントリー

2019年06月02日の記事は以下のとおりです。

第三者行為傷害用保険も

  • 2019/06/02 18:05

アパート、マンションに住んで居たなら余計、周りの区画の住人に、火災を出した、等により、被害が及ぶ事も考えて、第三者行為傷害の保険に入って置くべきです。

白石区南郷で、今朝起きた4階建てマンションでの火災のように、火災を出した方だけでは無く、上の階の住人等にも、火災の煙を吸わせた結果、救急搬送される事態を引き起こしてしまった場合、死なせてしまったり、重傷を負わせてしまったりしたなら、第三者行為傷害保険に入って居なければ、賠償金支払いが出来ません。

他者に不当な被害を及ぼす危険が、確実に有るなら、損害保険に加入して、万が一の事態に備えて置かなければなりません、ふ頭に他者にも、被害を与えてしまった場合、金銭賠償が出来るように、備えて置かなければ、不当に被害を受けた人は、救われませんからね。

それにしても、特にアパート、マンションは怖いです、同じ建物内に、全く知らない他人が、複数同居して居るのですから、損害保険を必要な分、全て入って置くべきです。

白石区南郷の、鉄筋コンクリート4階建ての賃貸マンションの火災事件で、他の区画への被害がどう言う内容の被害か、検証する事で、今問題視して居る、木造等のアパートの防火施工違反問題にも、大きく反映させられるのですよ。

鉄筋コンクリートのアパートでも

  • 2019/06/02 17:53

鉄筋コンクリートのアパート火災でも、数階上の部分で火を出せば、上下の階の部屋も、煙に巻かれますね、今日朝起きた、白石区南郷のマンションの火災もそうです。

二階から火が出て、出して?三階の住人も、煙を吸って救急搬送されて居ます、幸い軽症のようですから、良かったと思います。

多分、一階の居室も、水を被っているでしょうね、気の毒な事です、ちゃんと家財の火災保険に加入して居れば、良いのですけれどね、後、第三者行為傷害の保険と、入って居なければ、大変ですから。

もう消防と警察は、火災原因の調査と、現場検証は終わったそうです、ドライヤーでジーンズを乾かして居て、ドライヤーから発火して、ジーンズに火が移り、火災を起こしたとの事です、、、。

ドライヤーは髪の毛を乾かす物で、服を乾かす電気機器では無いです、使用方法を間違って居ますね、まあ、起きてしまった事は仕方がない、ですけれどね。

今後、上下階の部屋の修理費をどうするか、も出て来るでしょうね「火災保険、建物の火災保険は、火を受けた分だけ適用されますが、煙と消火用の水の被害は、火災保険家屋修理の対象外です」

例えば、一戸建て住宅で、隣家に火が燃え移らないように、消防が放水して、火災の延焼を防いだけれど、放水で家が壊れたとしても、建物の火災保険は適用外です。

このマンション火災、二階の火元は火災保険建物修理費が出るけれど、一階と三階の被害、水と煙の被害は、出ない筈です、大家さん困りますよね。

司法が合法証明無し、今後大問題に

  • 2019/06/02 08:00

多くの所から言われるのが「裁判所の公務、弁護士による法定代理行為が、合憲、合法に背いている、合憲、合法に行われて居る証拠も無し、之が証明されて行って居る事で、今後大事になって行くでしょう、訴訟詐欺として訴えも、山のように起こされるのでは?」

当然多くの人、公的機関の人が、思い付く事です、日本の刑事、民事訴訟、後見審判、調停事件は、訴訟詐欺が横行して来て居ます、弁護士も認め出して居る事実です。

先ずは刑事裁判でしょうか、法定代理人だと言って出て来て居ても、弁護士委任状が合法なのか?真っ先に合法の可否を証明すべきなのに、之が全く合法証明されて来て居ないんです。

私が日本初で、弁護士の法定代理行為は違法、訴訟詐欺であると、実例証拠を揃えて証明して行っています、妻もそうです。

そして「電話会議なる、口頭弁論不出廷なのに、出廷したと偽り、口頭弁論を成立とさせて、訴訟詐欺で判決を下して来て居る事実も、公式に暴いて有ります」

弁護士も、損保も認めている、完全な訴訟詐欺行為です、弁護士が口頭弁論に出廷したと、嘘の公文書を裁判所で作り、口頭弁論が正しく行われたんだ、こう偽って居るのですから、国による訴訟詐欺も証明されて居るのです。

弁護士、検事、裁判官の実際の頭の程度に合わせて、こうした犯罪を多数、闇で認めて、犯罪と言う事を隠して、法曹犯罪国家を樹立させて来て居るのです「大前提の、弁護士委任が合法証拠無し、口頭弁論不出廷なのに、弁護士が出廷した、と偽造書類を作り、口頭弁論を成立させて、判決を下して居る、完全な国家犯罪です、詐欺司法が公にばれて居ます」

何の信用性も無い、之で国家権力、国家資格者

  • 2019/06/02 07:43

まあ、之で国家機関、行政機関、国家資格者、報道と言うのですからね、あまりにも程度が低過ぎます、小学生より嘘を吐き、間違った世論形成に走る分、悪いですよね。

司法だ、法曹資格者だ、法律の専門機関、専門家だ、こう威張るけれど「実態は”憲法、法律規定など、ほぼ理解も出来て居ない人間集団です”合憲、合法理論構成を行える知識、能力が、まるで備わって居ない集団だと、事実証拠も揃い、証明されて居ます」

法定代理人弁護士だ、今までこれも「言っただけと言うレベルで”委任、受任が合法になされた証拠等無しで”強引に通って来て居ると、証拠も出て証明されて居ます」

当たり前ですが「刑事、民事訴訟法手続きですよ”合法に法定代理人委任がなされた事から、証拠を揃えて置かなければならない、当たり前過ぎる事ですが”、委任、受任の意味から、実は法曹三者の多くが、理解も出来ない人間多数だから、合法を証明した上で、弁護士が法定代理人を務めなければならない」

之すら分かって居ないので「弁護士が法定代理人を務めて居て、合法な弁護士委任だと、物理的な証明を果たせ、出来なければ違法代理行為だ」

こう糾弾されて、合法に委任者から、法定代理人を委任された証拠など無いから「でっち上げた正しい弁護士委任だ、と言った、書いただけの”証拠価値ゼロの証拠?”ばかりを出して居るけれど」

そんな証拠は元々無い、この真実も、公に表に出され、証明されて居るのです、訴訟詐欺が横行している日本、之が証明され続けて居るのですから、今までの、現在進行形の刑事、民事裁判で、弁護士の法定代理の合法を証明させれば、山のように違法法定代理と、でしょう。

防火施工違反是正の内容が、故意に狭められて

  • 2019/06/02 07:26

レオパレス21のアパート、ダイワハウスのアパートもですが、故意に違法施工改修命令部分が狭められて居ます。

テレビ東京が、レオパレス21のアパートの違法施工部分で糾弾したのが「小屋裏に防火壁が無い、これと、天井に防火認定されて居ない、化粧材のジプトーンが貼られて居る、でしたので、相乗りしたんでしょうね、故意に」

防火壁施工ビス、釘が短い、床に石膏ボードが貼られて居ない、排水管、コーキングが防火認定品では無い、この「日本中の、木造、軽量鉄骨、プレハブ3階建てまでのアパート、商業施設の大半に当て嵌まってしまう訳で、政党も知った上で、表に出して居ない、重大な違法施工部分です」

今後はもう「スプリンクラー未設置が悪い、この法螺話で事実隠蔽は無理ですから、合法改修を行う以外、無くなって行くでしょう」

当然ですが、こんな殺人建物と承知で、虚偽の合法認定公文書を出して、居住者を募らせて居る、居住、使用させて居る行政庁責任と、オーナー責任が、表だって問われて行きます。

この問題は、もっと大きく取り上げなければなりません、居住者、施設利用者の安全、生命への重大な、故意による危険を知りながら、無い事とさせて居るのですから。

日本中の同様のアパートに付いて、居住者は、先ずオーナーの責任を問うべきです、当然ですよ、本来貸しては駄目な、重大な違法施工のアパートなのですから。

防火施工違反

  • 2019/06/02 06:51

@各消防、防火施工違反を是正しなければ、違法建物火災が起きる毎に、オーナーの重過失に寄り、死傷者を生み出します、レオパレス21の防火施工違反是正指示には”当社が指摘して来て居る違法施工改修は、入って居ないようです”多分国交省、行政庁が指示を忘れたのでしょう、当社が追加是正を指摘しました”指摘した防火施工違反は、レオパレスアパートほぼ全棟、道内分も、で当て嵌まるでしょう

                                 令和元年5月2日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

石井啓一国土交通大臣 住宅局建築指導課菅原企画専門官、高橋技術調査係長
FAX03-5253-1630(39-564、39-525)
(株)レオパレス21 代表取締役、各執行役員 居住者に事実を告知
TEL03-5350-0445 広報部
FAX03-5350-0446
合同会社 なんもさサポート代表藤本氏
TEL080-4069-0243 違法施工アパート火災で、保護受給者死
FAX011-788-3960 傷の後、税金で賠償となる、責任は
秋元札幌市長、市議会、建築安全推進、消防査察、保護、介護保険
FAX011-218-5165
FAX011-231-4997 NHK藤本記者、公共放送局の責任は 
※以下は5月30,31日文書添付、レオパレス他、同様アパートが大半、是正工事必須
FAX0123-33-7105 恵庭市消防本部予防、査察課
FAX0123-22-8850 千歳市消防本部予防、査察課
FAX0134-22-9182 小樽市消防本部、予防、査察課
FAX011-382-2162 江別市消防本部、予防、査察課
FAX0126-25-1048 岩見沢市消防本部、予防、査察課
FAX0144-84-5046 苫小牧市消防本部、予防、査察課

1、レオパレス21のアパート、なんもさサポート借り上げアパートも、ほぼ全棟が”当社が指摘して来て居る、防火施工違反、ビス、釘が短い、床に石膏ボード施工無し、排水管、コーキングが防火認定品では無い、即刻合法工事が必須の違法施工です”国交省、建築主事は、過去に出した、違法施工改修命令と同じ部分(ビス、釘)ですから、即刻改修命令を、床、コーキング違法是正と合わせて、出さなければなりません。

2、なお「日本ERI札幌、一級建築士松原部長、札幌、小樽等元建築主事らは”未だに、記載他、防火施工違反内容も分かって居ません”」

3、今後、こうした重大な違法施行アパートへの居住公認、斡旋責任と、火災時の違法故の死傷者生み出しに付いて、行政庁、オーナーが民事、刑事責任を問われます「消防、日本中にこの資料も配布して、査察ポイント、火災後の調査、違法施工は、改修、使用禁止命令発動等に役立てて下さい、当社も要請が有れば、協力致します」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4659445
ユニークアクセス:3909436
今日
ページビュー:886
ユニークアクセス:830
昨日
ページビュー:1167
ユニークアクセス:1125

Feed