エントリー

2019年06月13日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪が次々暴かれてしまい

  • 2019/06/13 17:47

義兄は重度の筋ジストロフィー患者で、字もとっくに書けなくなっています、その現実にも、犯罪弁護士は気付きもせず、裁判所、裁判官も、度々この事実を指摘して居たけれど、アホ過ぎて理解も出来ず、義兄の住所、氏名を偽造した、弁護士法定代理人委任状を、現在まで分で、6通も偽造作成して、使って来た訳です、訴訟詐欺が、6回も行われたのです。

この事実を、徹底糾弾されて、ようやく気付いた札幌の裁判所は「家裁の吉住書記官に”義兄は直筆で、嫁の字体で弁護士委任状を書いた、と言ったと、偽造公文書を作成、行使して、偽造委任状で出ている、詐欺犯罪弁護士にも、義兄が自分の手で、嫁の字体で自分の住所、氏名を書いた、と答えた、こう偽造内容公文書を作成して、公式に使用して」

犯罪弁護士にも「義兄は字を、嫁の字体で書ける、山本は義兄が字も書けないと、嘘を吐いて居るのだと、訴訟詐欺地裁事件の、弁護士委任状偽造の正当化証拠で、使って居るのです」

裁判所、裁判官は、裁判官、裁判所の権力を悪用して、ここまでの司法犯罪を行ってます。

義兄は字も書けない、この事実を、どう有っても隠し通さなければ、最高裁長官も含めて、大粛清が起きてしまいます、極悪で巨大過ぎる、司法犯罪ですから。

それを隠すべく、家裁は「偽造委任状で調停提起弁護士と共謀して、詐欺調停を不調と決めて、審判に移行した、と、文書を寄越しました」

審判に移行、調停は詐欺で行われたのです、移行は認めません、審判単独事件、ですから。

又、吉住書記官は「口頭だけで”妻は字もほぼ書けないので、私他が代筆する事を認める、と言ったが”代筆も犯罪だ、こう偽造委任状弁護士が、言い掛かりで訴えさせる事に悪用させて居ます、裁判所、裁判官、書記官は、弁護士犯罪国家資格者の下僕に堕ち切って居て、こうやって人を陥れて居るのです」

根本の決着が

  • 2019/06/13 09:20

法曹権力、法務省は「日本国憲法、法律は間違いなので、条文通り適用されない、憲法、法律は間違っており、守る必要は無い、合否は全て弁護士、検事、裁判官が、憲法、法律、事実によらず、独善で決めれば絶対となる」

これを公に謳い、打ち出して、実行して居ます、その中に「障害故行動が制限される、この事実と、障害を補う為の介助を、違法、犯罪と断じている、弁護士指揮、司法犯罪も入って居ます」

障害を理由とさせて、行動制限が生じる事も、認めないと、公に法曹権力は打ち出し、実行して居ます「それが嵩じて”重度の筋ジストロフィー患者で、とっくに字も書けなくなっている義兄は、自分の筆跡で字を書けないが、娘、妻、上の妹の筆跡で、自分と両親の氏名、住所を書いて使ったのだ、この札幌弁護士会、札幌家裁、簡裁、地裁ぐるみのテロ犯罪行為に至って居ます”」

重度の筋ジストロフィー患者である妻に対しても「弁護士の指揮で裁判所、裁判官連中が”障害を理由とした介助は違法、犯罪で、介助者、被介助者は、共に犯罪行為者である」

こう、裁判にも訴えて、通る現実を生み出すまでになっているし、障害を理由とした、あらゆる介助も犯罪で禁止、全ての行為、行動を、障害者は自力のみで遂行する以外認めぬ、この、弁護士が指揮する司法テロ実行にまで、実際至って居ます。

肉体的障害による、行動、行為制限は認めぬ、存在しない、全て障碍者自身で、自力のみで行う以外犯罪だ、障害者は自分の手で、自分ですべて訴訟行為も含め、行える、行う以外認められ無いのだ、憲法、法律は間違いであり、条文通り適用はされない、弁護士が之を前提で指揮を執り、通す事以外認めて居ない、ここまでに至って居ます、司法独裁、法務省隷属国家権力、司法犯罪は。

幾ら弁護士が指揮を執り、裁判官が「障害を理由とさせて、字も書けない等無い、義兄は字も書けるのだ、こう公文書に書き、出して使ったって、義兄は永遠に、自分以外の3人の筆跡で、字を書ける等、永遠に出来ませんから」

ここまで法曹権力が、狂って通るまでに

  • 2019/06/13 08:40

弁護士犯罪を正当化する、これのみに狂奔して居る法曹権力、法務省、冤罪の多くも、弁護士犯罪が原因です。

弁護士犯罪が、公にまで凶行出来て、国中統一の犯罪公認により、成功させられて居る理由は「法務省ぐるみで、合憲、合法を否定して、犯罪を認めている故です」

憲法、法律から公に否定して、通されて居るのですから、弁護士が指揮を執り、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省ぐるみ、弁護士犯罪指揮に従い、合憲、合法否定、破壊、犯罪強制適法化に暴走し捲って居るのですから、何処までも狂って行くのは必然です。

あらゆるテロ、犯罪を、憲法、法律規定の否定を、弁護士が指揮する司法、法務省犯罪集団は、公に認めて、合憲、合法の破壊を通す事のみに走って居ます。

之が講じていった中の一つが、障害と言う現実の否定です、身体的障害による、行動、行為制限と言う、当たり前までも、弁護士犯罪を隠滅する為に、裁判官、裁判所ぐるみで「肉体的障害による行動制限も無い、こう虚偽記載公文書の作成、行使にまで走り、公に否定して、押し通そうとまでして居るのです」

当然ですが、障害が原因で、行動に制限が生じている事実は、無く出来ないのですが、裁判官、裁判所が公文書を作り「肉体的障害による行動制限も、存在しないのだ」

こう、虚偽の公文書を作って行使して、犯罪行為者弁護士が、障害による行動制限も無い、この札幌家裁の公文書が証拠だ、とまでやり、別のでっち上げ民事訴訟証拠で使われ、通って居ます。

障害に公に付け込み、障害による行動制限を、公式否定して、障害を理由とした介助は犯罪である、認めぬ、障害を理由とした行動制限も認めない、全て自力で行動せよ、とまで、弁護士が指揮して、法曹、法務省テロが行われて居ます。

人間性の一事

  • 2019/06/13 08:11

法曹資格を得られれば「日本国で神になれたんだと、本気で自己狂信させて居る、この現実が有るのです」

自分で自分を、本気で神になったんだ、と狂信している連中です、当然ですが「神になった自分、こう自己狂信した時点で、神である自分が間違う事は無い、自分が日本国憲法、法律規定にも、無知蒙昧で、憲法、法律規定を正しく理解出来る素地、世間常識も、各事業を正しく行う為の、当たり前の知識も、ゼロレベルが現実です」

ですが、神になれた自分と、自己狂信して居る連中だから、根本から常識外、間違い、犯罪行為を実行、犯罪者と共犯弁護士他が。

これを証明されれば、神になれた自分を守る為、事実証拠隠滅、抹殺に暴走して居るし、弁護士、司法犯罪発覚を消すべく「事件、証拠をでっち上げて、ねつ造して、法曹犯罪が無かったように偽装して、法曹犯罪被害を受けて、被害者に手を貸して、法曹権力犯罪を、強引に闇に葬ろうと暴走します」

これもしくじれば「日本国憲法、法律は間違っており、条文通り適用される事は無い、合否は全て、弁護士、検事、裁判官が、独善で決定する、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所は神域で、法曹三者は現人神なので有る」

ここに、常と言うだけ走り、強引に弁護士指揮、司法犯罪を消した事とさせて、合憲、合法を否定して、押し通して居るのです。

残る国家権力は、政治、政府。、国会です、この異常事態を先ず上げて、国会で審議頂きましょう。

法曹権力、法務省は、議会制民主主義も何も、公に否定して、通して居ます、内閣も国会も、下僕に落とせるのでしょう。

法務省、最高裁他法曹が全否定に走る日本国憲法、法律

  • 2019/06/13 07:53

日本国憲法、法律は「GHQが、連合軍各国の得意分野毎に素案を作らせて、纏めた、急ごしらえで作ったものですよね」

其れなのにまあ、実に良く「民主主義、三権分立と言う、日本国憲法の大原則を、三権が横並びに位置して居て、1権の暴走を、他の2権が押さえられるように、憲法規定から組んで有りますね」

法務省が法曹権力に、ほぼ完全に合憲、合法破壊実行等でも飲み込まれ、支配下に置かれた現実の中で、合憲、合法の破壊、特に弁護士犯罪の強制制度化、犯罪し放題、犯罪を免責と、法を犯して決めて、通して居る、想定の無い日本の司法テロ犯罪の蔓延、この現実に対しても。

結果がどうなるかは、手を打った先の事ですが「衆議院議長宛てに”請願書、主意書を作成して、この法務省、司法犯罪の現実、先ずは障害者相手の公式虐待事実”を持ち、出す事とします」

障碍者に、憲法、法律規定で認められて居る、全部の権利を、公に否定して、公式に通して居る法曹権力、僕に堕ち切った法務省、この権力テロ行為事実を、先ず衆議院に上げなければなりません。

障害者虐待防止法、と言う法律も作られ、施行されて居ますが、やはり弁護士犯罪の追認を、法曹、法務省、警察挙げて実行の現実により、この法律も、無効な法律と強制的にされて、通されて居ます。

障害による行動制限の否定、障害を補う為の介助潰し、障害による行動制限事実を、犯罪弁護士の指示を受けて、裁判所も公文書偽造、行使の手で否定、当たり前ですが、之をした所で、義兄が数人の筆跡を偽造出来て、自分と両親の住所、氏名を、公に偽造記載出来る、とはなりません。

絶対に不可能な、障害による行動制限、この当たり前まで否定して、障害を補う為の介助行為は、介助者と被介助者が、共に犯罪者だと、弁護士連中が主張して、裁判官、裁判所が、無条件で追従して居るのです、狂い過ぎた日本の法曹権力、法務省です。

障碍者と見れば、治外法権を謳う法務省、法曹権力は

  • 2019/06/13 06:29

@司法、法務省が共謀して、障害者である弱みに付け込み、障害者が持つ権利、財産を強引に奪う、憲法、法律破壊、障害者虐待防止法他違反も含む、を重ねて居ます、助言を受け、衆議院議長宛に請願書、ないし主意書を送る事としました

                                令和元年6月13日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下貴司法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
TEL03-3581-4111
FAX03-3592-7393
根本匠厚生労働大臣 成年後見制度利用推進室梶野友樹室長
TEL03-5253-1111 福野他担当
FAX03-3592-1459
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
つくし法律事務所 竹下義樹代表者弁護士
TEL03-6380-1088
FAX03-6380-1087
秋元札幌市長、障害福祉、介護保険課
FAX011-218-5165
FAX011-218-5124
日本弁護士会連合会会長
TEL03-3580-9841
FAX03-3580-2866

1、法務省も直接司法犯罪に与して「憲法、法律は間違いである故、条文通り適用はなされぬ、憲法第32条他条文、障碍者基本法他条文判断はは間違いであり、障碍者等に条文通り適用はされない、全て弁護士、検事、裁判官が独善で決定する、弁護士委任状等の偽造、法定代理行為等行使が犯罪かどうかは、日弁連に判断権限を委譲した」

2、こう宣告して、最高裁も同意見を発して、法務省、法曹権力共々通して居ます「当然でしょうが、障害者虐待防止法も、全ての条文から間違い、実例通り、障害に、弁護士、裁判官、裁判所ぐるみ、公に付け込む等適法、と言う事でしょう」

3、法務省、法曹権力、行政機関、警察が、弁護士主導のこの憲法、法律破壊を受け入れ、組して居る現実に対する対抗策で、助言を受けて、衆議院議長宛てに請願書、ないし主意書を、衆議院事務局宛で送る事としました。

4、先ずは”妻、私相手で行われて居る、重度身体障碍に、弁護士、裁判所、裁判官が公に付け込み、障害を補う為の介助は認めぬ、介助行為者と委任障害者は違法、犯罪行為者と断じ、通して居る所業”と、妻、義兄の重度身体障害故の、身体的行為制限を否定して「障害が理由で字も書けぬ等認めぬ、障害により字も書けぬ等有り得ない、障害は理由と出来ぬ、障害者が全て自力で、直筆で氏名等記載、書類作成せよ、障害を補う介助は違法、犯罪となる故認めぬ、障害が有ろうと自力で裁判所に来て、自力で訴訟を遂行せよ、この、相手方弁護士複数の主張に、裁判官、裁判所が無条件で組して、強要して居る事実に、障害故字も書けない事等を否定するべく、裁判所自らも証拠捏造して、障害故字も書けない義兄は、直筆で他者数人の字体で自分の需所氏名、両親の氏名偽造が出来る、こう公文書も出して、通して居る事等を請願書、主意書で衆議院に訴える事としました」

5、憲法、法律を、法務省、法曹権力が共謀して、憲法、法律条文は間違い、無効で適用されぬ、これを公に行う想定自体、無いのですし、法務省、法曹が、身体的障害による行為制限の否定(障害に付け込み、財産強奪行為の状態化も)と、障害を補う為の介助は違法、犯罪故認めぬ、障害者は障害故、行為、行動制限が有る事も全否定を、公に行い、通す想定も、無い訳です「この異常事態、法務省、法曹による憲法、法律全否定等は、他の行政機関にも、どうにも出来ないでしょう、衆議院に上げて、公式審議をして頂きます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4659374
ユニークアクセス:3909369
今日
ページビュー:815
ユニークアクセス:763
昨日
ページビュー:1167
ユニークアクセス:1125

Feed