エントリー

2019年06月14日の記事は以下のとおりです。

司法の実態がここまで

  • 2019/06/14 17:17

単純に、弁護士なぞ代理人でしか有りません、代理人でしか無いのに「弁護士委任状の正しい取り交わしを、方法すら本当に知らないから、行えて居ません」

検察庁、裁判所、法務省も、検事、裁判官も「弁護士委任状の正しい取り交わし証拠が、当然必要だとも、法律以前に常識が備わっておらず、分からないで来たのです」

その結果「弁護士法定代理人委任状も”偽造が横行しているし、合法な弁護士法定代理委任だと言う証拠を、検察庁、裁判所は、揃えて居ないのです”」

偽造の弁護士委任状だと証明されて、焦った札幌の裁判所、裁判官は「書記官が”弁護士を委任した義兄は、裁判所に出頭して、自分が(嫁の字体で)自分の住所、氏名を、弁護士委任状に書いたと答えた”こう書いて、義兄が直筆で、弁護士法定代理人委任状を、正しく交わした証拠だと、二件の事件の証拠?で使い、強引に通す、裁判所犯罪に走って居ます」

もう、定番の事実抹殺、証拠偽造、行使にまで突っ走り続けるしか、逃げ道が亡くなったのですよ、弁護士に支配されて居て、下僕で言うがままに、犯罪に手を染める裁判所、裁判官、この現実を、公然と表で実行するまで、凋落し切って居るのです。

呆れ果てるばかりの、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所犯罪の現実です。

之が司法の現実

  • 2019/06/14 16:12

札幌地裁では「電話会議、不出廷の弁護士が、口頭弁論に出廷したと、偽造の公文書証明書を作って使い、第一回口頭弁論から、結審まで弁護士は、不出廷なのに、出廷した事に、偽造証明書でされて、裁判は判決が下って居ます」

東京地裁立川支部では「電話会議は、弁論前の準備手続きなので、口頭弁論が開かれた事には出来ません、電話会議は弁論開始前の、協議等手続きです」

こう答えて居ます、滅茶苦茶も極まって居ますね、之で司法なのですから。

合法な公務、刑事、民事裁判を、正しく遂行出来る知識、能力自体、欠落し切って居ます。

こんな連中が、神を謳い、裁判ごっこに興じて居ます、法律家、法律機関、嘘ですよ、憲法、法律、刑事、民事訴訟法公務遂行知識が、全く備わって居ないのが実態です。

あまりにも程度が低いです、ここまで程度が低い弁護士、検事、裁判官、検察庁、裁判所、法務省職員なのです。

刑事、民事訴訟法手続き、調停、審判事件手続きで、正しく法の規定が準用されて居る、訳では無い、実例証拠で、詳しく事実として、表に出されて居ます。

あまりにも酷過ぎますね、之が弁護士、検事、裁判官、法務省、検察庁、裁判所職員の実態なのですから。

弁護士犯罪、裁判所、裁判官も共犯

  • 2019/06/14 08:46

弁護士の委任状が偽造だ、と公式訴えを出された場合、民訴法第228条だと1、文書は、その成立が真正である事を証明しなければならない

こうなって居ますが、証明方法と言う、大命題が、見事欠落して居た訳です「弁護士委任状が偽造、真正と判断、証明する、この当たり前が、見事欠落して居ます」

刑事訴訟法第18条では「公訴の提起後における弁護士の選任は、弁護人と連署した書面を差し出して、之をしなければならない」

こうなって居ますが「委任者が真正の記載を行った証拠は、特に私選弁護人であれば、添付も無でした」

とても拙い事実だった訳です、この現実の公式証明も、法務省、検察庁、裁判所こぞって「本当に何も考えて来なかった証明です」

なお、法務省官房人事課、司法試験係大橋担当によると、障害のある司法試験受験者は、試験時には、障害に応じた試験方法で試験を行うが、合格後は”試験時の制限がなくなる”実務でした」

目が見えないなら、試験は点字だそうですが、合格後、点字で法律家業務を行う、ともされて居ないとの事です。

東京地裁立川支部、藤崎担当は「電話会議は弁論前の準備手続きで、口頭弁論が開かれた扱いには出来ません、こう答えて居ます、札幌地裁では、不出頭弁護士が、出頭したと、偽造証明書作成で、結審まで持って行っていますが」

法務省刑事局担当は「刑事弁護人と被告人が交わした委任状が、正しく被告人の記載かどうかは、被告人と弁護士の問題で、検察庁は関係無い、特に正しい委任状との証明は、取って居ない、偽造だとしても、被告人と弁護士の問題でしょう」と、本気で答えて居ました。

日本弁護士会連合会、審査第1課山田担当は「言われると確かに、目が見えないから司法試験は、点字で受けて合格したのに、合格後は、全部フリーパスで法律家業務が出来るとは、法律はなって居ませんね、点字で司法試験を受けて、点字で合格なら、法律家業務は、点字に限って認めると制限が付くべき、そうですね」と認めて居ます。

義兄は字も書けない、知った上で公文書偽造、行使に

  • 2019/06/14 08:33

札幌家裁の吉住書記官は「とっくに義兄は字も書けない事から、こちらから伝えられて、知って居ました、ですから札幌家裁は、吉住書記官を使い”妻に、義兄は字も書けないから、裁判官が分割協議案に合意した、と宣告する、これで義兄は、字も書かずに、弁護士が遺産を現金化して、手に出来るので、この手続きに応じて欲しい”」

こう求めて来て居たのです、妻が蹴って来たから、義兄が全手続きで、3通りの字体で偽造署名しなければならないように、こちらで手を打ったから「強引に詐欺調停不成立、調停は正しく行われた、正しい調停書類を、審判に移行とさせた」

こう、更なる無法に走った訳です「義兄が字も書けない、之が現実に発覚すれば、裁判所処か、司法全体、法務省も、破滅ですから」

だから札幌家裁、最高裁、高裁、地裁ぐるみでしょうが「何としてでも、どんな手を講じてでも”義兄が字を書かないで、遺産を現金化して、弁護士に渡るように、法を守る事も考えず、走って居るのですよ”」

弁護士を委任した、筈の委任状は「刑事、民事共に、合法な委任との証明、証拠は無い、之で掲示、民事裁判、調停、審判事件、弁護士代理で、が受けられ、成立とさせられて来たのです」

検察庁、裁判所には、法定代理人の筈の弁護士が、正しく委任者となって居る者と、委任、受任契約を締結して、法定代理人業務を遂行した、証明、証拠は無いのです。

司法機関、検察庁、裁判所として、致命的な事実立証だったのです、訴訟詐欺の横行が、この方面で立証された訳ですから。

弁護士が支配する裁判所、書記官、裁判官、調停委員、法務省、故の現実です。

弁護士が支配する裁判所、故の犯罪

  • 2019/06/14 08:22

今まで裁判所の公務は、誰も実際を証明して、表に出さないで来ました、裁判所書記官、裁判官が、実際に、何を根拠とさせて、何を行っているか、本当の事は闇に隠されて来て居ました。

妻の遺産相続が発生して、裁判所、書記官、裁判官、調停委員が、実際に何をしているか、多くの司法の闇が表に出されて行っています。

裁判官、書記官は、憲法、法律規定に従っておらず、弁護士の言うがままに、憲法、法律を犯し放題しており、犯罪国家組織化して居る、今まで誰も、この現実を、実例証拠も添えて、表に出せませんでした。

弁護士の支配下にある裁判所、書記官、調停委員、裁判官ですから、偽造内容の公文書作成、行使も当たり前ですし、罠を仕掛ける事も、当たり前と言う現実です。

弁護士犯罪を常に成功させる、之が唯一全て、特に民事は、この現実が有る以上、裁判所、裁判官は、弁護士の支配下に置かれている以上、合憲、合法なぞ、弁護士、検事、裁判官は、ほぼ知らない、理解出来ない以上、犯罪で構成された裁判所、裁判官公務となって居て、当たり前です。

犯罪が当たり前となって居る、誰もこの裁判所、裁判官による、実際の公務を表に、実例証拠を持って出さなかったから、何処までも司法犯罪を拡大させて来たのです。

司法犯罪被害を、どれだけ事前に食い止められるか、之に掛かって居ます、全ての防衛は。

遺産は強奪したら、犯罪者が所有権を得て通される、弁護士指揮、司法、警察犯罪の現実の一つです。

司法犯罪に、行政も組して

  • 2019/06/14 06:46

@妻の遺産相続、訴訟詐欺で、義兄が字も書けない事を糊塗すべく、調停を潰して、強引に審判に移行させて来ました”妻に対し置て吉住書記官が、義兄が字も書けぬ故、裁判官の合意決定に従うように、これで義兄は字を書かず、弁護士が、全部の遺産金を(一旦?)手に入れられる、この換金手法に応じよ”との、家裁の要求を拒んでいるからです

@札幌市長、全市会議員、妻の介助に役所派遣の人間を就かせ、訴訟、調停を遂行出来るように計らうよう、この求めを蹴った法の根拠を、文書で答えて下さい”障害福祉課青山係長は、自分が応じぬ、文書も出さぬと決めた”と、昨日答えて居ます

                                令和元年6月14日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

秋元克広札幌市長、市議会全議員、会派
FAX011-218-5165
つくし法律事務所 竹下義樹代表者弁護士
TEL03-6380-1088 目が見えない事を、どう補う事と決めて、法
FAX03-6380-1087 定他代理法律家業務遂行を認めたのか?
山下貴司法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局
TEL03-3581-4111
FAX03-3592-7393 法定代理人委任状、合否証明無しですが
根本匠厚生労働大臣 成年後見制度利用推進室、梶野友樹室長
TEL03-5253-1111 重度障害、認知者の財産は、公然と、介護
FAX03-3592-1459 役人、従事者ぐるみ、奪い放題です
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長
TEL011-231-4200 弁護士の指揮下の裁判所、一書記官に犯
FAX011-271-1456 罪隠し証拠偽造、隠匿への加担要求担当
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357

1、秋元市長、全市議会議員、会派「妻の障害を補う為に、市で介助者を派遣して、妻が訴訟を遂行出来る権利を守るよう、この求めを、一定協議に応じた共産党以外、全て蹴った、握り潰しましたが、理由を文書で答えて下さい”こちらは公に、憲法、法律、規定を持って求めたのですから”」

2、一応市の窓口、と言って出た、障害保健福祉課の青山康治係長は、昨日電話で「介助の可否等に付いて、裁判所との協議で決める等を行わぬと、自分が決めた、棄却文書も出さぬ、市長、市議会議員、裁判所に言えば良い、調停に、相手方で出ている弁護士が、市長の会派の弁護士事務所、元道知事で国会議員、元札幌市長の事務所故、斟酌した事は無い、等答えて居ます」

3、札幌家裁は、吉住陶弥書記官を通じて妻に「義兄は字も書けないので、裁判官が”調停内容に合意した”と決定を下すと、義兄は字を書かず、委任弁護士が遺産預金全てを現金化出来て、全額手に出来る、応じて欲しい。弁護士が信用出来ぬなら、一緒に現金化に同行出来るように計らう”応じて欲しい」と求めて来て居ましたが、妻が「偽造委任状で出ている、法を犯す弁護士は信用しない、犯罪には加担しません」

4、こう答えて居る事で「何としてでも”義兄は字も書けない事を隠す為、調停を不調として、審判に移行、被相続人在樹地、青森家裁野辺地出張所扱い事件だが、札幌家裁で審判を行いたい、飲んで欲しい”と通告して来ました」

5、妻は昨日、吉住書記官に「調停自体詐欺、夫の代筆を認める、文書は出さぬが、と騙して、代筆、介助等は犯罪、兄が字を書けると、偽造書類も作って弁護士に使わせて、言い掛かり訴訟を成立させて居る、私名文書は全て夫他が作成した、家裁が代筆を認めながら、代筆を認める文書を故意に出さず、犯罪証拠だと出来るよう仕向けた以上、検察扱いであり、審判に使う事を禁じます、調停は詐欺、審判へ移行も詐欺です」と通告したが、吉住は「全て法によらず、裁判官が決定する、他裁判事件で違法、犯罪と決めても、審判では正しい文書で通る、野辺地への移送では無く、札幌家裁で審判に応じて欲しい」と通告して居ます。

6、野辺地出張所は「関わりたくない、札幌家裁で審判を行って欲しい、管轄権は分かるが、送って欲しくない、との意向でした」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591809
ユニークアクセス:3847697
今日
ページビュー:139
ユニークアクセス:139
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed