エントリー

2019年06月21日の記事は以下のとおりです。

弁護士犯罪が支配して居る裁判所

  • 2019/06/21 17:16

弁護士の法定代理人委任状は「委任者記載欄が偽造、の山だと言う、完全な訴訟詐欺、犯罪に塗れた裁判と言う、世間がほぼ知らなかった現実が、実例証拠が次々揃い、公開されて、表に出続けて居ます。

義兄義姉が、札幌弁護士会所属、xxxx「弁護士を、法定代理人で委任した、事となっている委任状、手に入れた全ての委任状が、委任者記載欄の住所、氏名の文字が、義兄義姉の字では有りませんでした」

偽造の弁護士法定代理人委任状、ですよ、犯罪です、間違い無く、弁護士は、義兄義姉から、法定代理行為を委任されて居ない、と言う事です、弁護士委任状の、委任者の住所、氏名の記載は、義兄義姉の字では無くて、誰かが義兄義姉を騙り、義兄義姉の住所、氏名を偽造記載した、私文書偽造、行使犯罪書面ですから。

義兄義姉の住所、氏名を、別人が義兄義姉を偽り、弁護士選任委任状の、委任者欄に記載して居ます、入手した分全部が、義兄義姉の住所、氏名の記載は、別人による偽造記載でした。

この実例は、多分他の同じ事例と同様、ざらに起きて居る、弁護士、裁判官、裁判所職員が、日常的に手を汚して居る、司法犯罪の一つでしょうね。

弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所の、本当の所業も、実例証拠を持ち、公開されて居ます、犯罪組織の、犯罪者性質が備わった、完全なテロ、犯罪者集団です。

年金機構の実際も

  • 2019/06/21 17:01

新さっぽろ年金事務所に電話して、窓口担当の社会保保険労務士と話しました。

社労士ーえ?何故相続権の無い、阿部X枝さんの孫に、花✖さんの死去後に給付された年金を、詐欺と知って渡したか、ですか?本来の相続権者さんに、改めて支払う手続き中ですよ?

山本ー年金資金は、税金と同様の公的資金だ、詐欺と承知で、花xさんの孫、相続権も無い孫に渡して、詐欺がばれたからと、本来の相続権者に、改めて渡します、で、年金資金詐欺が許される訳が無い、一端詐取した以上、公的資金詐欺は確定だ、後は状況酌量の問題だ。

社労士ーえ?何故ですか?だって”改めて本来の相続権者に、x枝さんの年金を支払う手続き中ですよ?問題は無いでしょう?

山本ー阿部xxの年金資金詐欺と、花xさんの預金窃盗は、警察が捜査に入って居る、年金資金詐欺は、国会にも上げる手続き中だ、年金資金詐欺を許せる訳が無い。

之が年金機構の実態です、国民から預かった資金だ、と言う自覚も何も、未だに全く無いんです、詐欺師にだろうと、こうして年金資金を、詐欺を承知で流す事も、当たり前に行って居ます。

遺産や、認知が進行した人の財産は、泥棒して手に入れ放題出来て居ます、司法、警察、年金機構、金融機関がこの犯罪、財産権蹂躙テロを、先に立って、犯罪者と共犯で、行い、法を無効化させた、と偽り、通して居ます。

司法犯罪が、続々公開証明されて

  • 2019/06/21 09:49

義父母の遺産、財産泥棒事件勃発、義兄義姉と家族による犯罪行為続発、が先ず有り、そこから波及して、この連中は、xxxx弁護士も仲間に加えて、札幌の裁判所、裁判官連中も共犯となって、xxxx弁護士委任状の、委任者記載欄の、義兄義姉の住所、氏名が、どれも偽造だった弁護士委任状を使い。

次々xxxx弁護士が、義兄義姉の法定代理行為者弁護士である、と言って、被告代理人、家事審判事件提起、調停代理提起、民事訴訟代理提起を重ねて来て居ます。

でも、xxxx弁護士が裁判所に出した、義兄義姉が委任者で、xxxx弁護士が受任弁護士となって居る委任状は、どれも委任者記載欄の、義兄義姉の住所、氏名の記載が、義兄義姉では無い、別人による偽造記載でした。

どのxxxx弁護士法定代理人委任状も、委任者記載欄の、義兄義姉の需所、氏名の記載の字は、別人が記載して居ます。

こんな、偽造された弁護士法定代理人委任状を次々作って、次々xxxx弁護士は、義兄義姉の法定代理人である、と偽り、法定代理行為を行い、偽造委任状と承知で、各事件担当裁判官、書記官は「合法な弁護士法定代理人委任状である、と、偽造と承知で偽り、訴訟詐欺を強引に進行させて、結審させて来て、合法な訴訟、調停、審判事件だった、と偽りを通して来たのです」

法曹、法務省が「偽造された弁護士委任状と承知で、合法な弁護士委任、受任であると、確信犯で偽りを通して居ます、こんな国家資格者、国家機関は不要ですし、日本国家が、この連中のテロの制度化、適法化の結果、崩壊するだけです」

弁護士と裁判官、裁判所が共謀して、訴訟詐欺も

  • 2019/06/21 09:24

義兄義姉が、札幌弁護士会所属xxxx弁護士を、法定代理人で委任した、筈の弁護士の委任状、現在までの入手分5通は、全ての委任者記載欄の、義兄義姉の住所、氏名の記載が、別人の手で書かれた、偽造弁護士委任状でした。

偽造された弁護士選任委任状だと承知で、裁判官、裁判所は、訴訟、審判、調停事件を受けて、始めて、結審させて居ます、司法が訴訟詐欺を、恒常的に行い、詐欺訴訟を成立、確定させて居ます。

義兄義姉、国会にも呼ぶべきでしょう、xxxx弁護士も、札幌高裁長官も、最高裁長官も法務大臣、最高検察庁トップも。

この弁護士選任委任状の偽造、行使の常態化に加えて「障害が有るので、介助を就けて、障害者が訴訟を行う権利を果たす事を、障害が有るので、介助が就かなければ、訴訟を遂行出来ない事に付け込み”介助は違法、認めない、全て当時者が、自力で訴訟を遂行する事以外認めない」

これを、弁護士、裁判官が共謀して、裁判所、法務省も共謀して、強制的に通す、人権犯罪も行って居ます。

障害が有るので、必要な介助を就けなければ、憲法第32条、何人も、裁判所に於いて裁判を受ける権利を奪われない、この規定も、守れる筈が無いのですが。

合憲、合法は間違い、条文通り適用されないのだ、障害者が訴訟を受ける権利も、障碍者基本法も、障害者虐待防止法も、何もかも間違っている、適用されないんだ、之が法曹権力、法務省の答えで、実際に行っている、テロ事実です。

訴訟詐欺の横行

  • 2019/06/21 09:10

弁護士を法定代理人で委任した、筈の委任状が、義兄義姉の委任状の、委任者の記載の住所、氏名が、現在までの入手分5通全てが、義兄義兄の字と違う字で、義兄義姉の住所、氏名が記載されて居ました。

明白な「偽造弁護士法定代理人委任状作成、行使犯罪で、裁判所、裁判官も、確信犯で共犯です」

損保が言って来た「任意自動車保険の、弁護士特約を使う場合”契約者が関わると面倒なので、契約者の記載欄を、損保で偽造記載して、契約者本人、訴訟当事者を抜いて訴訟を行い、終わらせても来ている、裁判が結審して、判決が確定すれば、その後契約者が気付いて、騒いでも、判決は確定した、で終わって居る」

この話とも、見事に合致して居ます、弁護士の委任状は、弁護士、弁護士会、検事、検察庁、裁判官、裁判所が共謀して、偽造委任状を当たり前に作り、使い捲って来て居るのです。

義兄義姉が、xxxx弁護士を法定代理人で委任して、訴訟、調停事件当時者となった、筈の義兄義姉の委任状当人記載欄は、現在入手の分5通が、全て委任者欄偽造記載です。

この件だけでこうですよ、この偽造委任状の件は、委任者欄偽造二名、受任弁護士同じで、青森家裁野辺地出張所審判事件、プロパイダーを訴えた事件も、偽造委任状で提起されて居ます。

義兄義姉二名が、xxxx弁護士を法定代理人で委任した、筈の弁護士委任状だけで、既に5通、5事件が委任者記載欄偽造、行使です、札幌家裁、簡裁、地裁事件分で、です。

全ての弁護士委任状が偽造と言う

  • 2019/06/21 08:12

@札幌地裁、簡裁、家裁に出された、義兄義姉が、札幌弁護士会所属、        弁護士を法定代理人として委任した、事となっている委任状は、現在までの入手分5通全て、委任者記載欄が別人の記載、偽造でした、この、委任状偽造の組み合わせで、義母に成年後見人を就けるとした、青森家裁野辺地出張所家事審判事件、プロパイダーを訴えたと言う事件も提起した訳です

                                令和元年6月21日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下貴司法務大臣、大臣官房秘書課、民事、刑事局
TEL03-3580-4111
FAX03-3592-7393
根本匠厚生労働大臣、大臣官房、成年後見制度利用推進室他
TEL03-5253-1111
FAX03-3592-1459
紙智子参議院議員、参議員会館室
TEL03-3581-3111
FAX03-6551-0710
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長
TEL011-231-4200
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
TEL011-261-9311
FAX011-222-7357
日本弁護士会連合会会長
TEL03-3580-9841
FAX03-3580-2866

1、別紙、衆議院議長宛て3回目の請願書と証拠の通り、義兄義姉である         、        が、札幌弁護士会所属        弁護士を、法定代理人に選任した事となっている委任状の、委任者記載は、現在入手分5通全て、委任者記載欄が偽造でした。

2、この状況であれば、同じ組み合わせで起こしたと言う、義母に成年後見人を就けると言って起こした、青森家裁野辺地主張所家事審判事件、山本がブログを立ち上げ~等虚偽を持ち、プロパイダーを訴えたと言う、同じ委任者、受任弁護士事件も、委任状は全て偽造でしょうね、プロパイダーからも、逆に訴えられる可能性も出ました、訴訟詐欺ですから。

弁護士委任状、入手分全て委任者記載偽造

  • 2019/06/21 06:38

                   請 願 書

                                令和元年6月21日

請願相手
〒100-8960 東京都千代田区永田町1-71
衆議院事務局付
大島理森衆議院議長殿
TEL03-3581-6866

                                請願者

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                              山本あつ子    印
                                同住所
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                             取締役 山本弘明  印

@本件衆議院議長宛て請願、基本同じ主題による、追加事実証拠を持った請願3回目では、札幌家裁、簡裁、地裁民事3訴訟、1調停事件弁護士法定代理人委任状、現在までの入手分が、全て委任者記載欄偽造、行使、委任者二名の弁護士法定代理人委任状が、全て別人による住所、氏名記載委任状だった事実、証拠を持ち、衆議院、立法府による訴訟詐欺の横行事実を調査して、憲法、法律を、司法が犯して通す現実を、公式に処断し、是正させて下さるよう求めます

※これら一連の司法、法務省による、憲法、法律破壊行為は、国連等にも訴えを出す予定です

1、札幌弁護士会所属         弁護士を、山本あつ子兄      、姉          が、法定代理人として委任した事となって居る、札幌地裁、家裁事件法定代理人委任状入手分は、全て委任者記載欄が偽造だと言う事実に付いて。

2、同じ組み合わせで、山本あつ子母xxxxxに昨年、成年後見人を選任するとして、青森家裁野辺地主張所に提起した、野辺地出張所平成30年(家)第41号家事審判事件弁護士委任状も、ほぼ間違い無く、委任者記載欄偽造、行使であろうと言う事実に付いて。

1、に付いて

(1)添付証拠、訴訟委任状平成31年1月29日付、委任者xxxxxx在住        、受任者法定代理人        弁護士(事件番号札幌地方裁判所平成31年〈ワ〉第151号事件)に関する、法定代理人委任状委任者        の住所、氏名記載の文字は、       とは別人が記載した物です。

(2)次の証拠書類、札幌地裁平成30年〈ワ)第1640号事件に、被告青森銀行が出した乙2,3,4号証を確認して下さい、この証拠は昨年4月2日に、        が、母xxxxxの身分偽った書類を書いて、青森銀行上北支店、菖蒲川職員も共謀して、100万円を盗んだ時の証拠書類です、この文字は、        が、xxx職員の目の前で書いた、        直筆記載の文字です、札幌地裁平成31年〈ワ〉第151号事件、       弁護士委任状に記載された、        の住所、氏名の記載の文字とは、明らかに異なって居ます、偽造弁護士委任状と言う事です。

(3)姉          は、札幌地裁平成30年〈ワ)第588号事件に、証人出廷したとの事です、この事件証人出廷記録にも、      直筆氏名記載証拠が有ります。

(4)次の委任状、先日も送った、同じ事件の、同じ        弁護士委任状、山本あつ子兄         の住所、氏名の文字も、やはり別人による記載です、この事件原告兄、姉の弁護士委任状は、二通とも偽造と言う事です。

(5)次の弁護士委任状、平成30年5月10日付委任状は、山本あつ子の兄小林清志、両親4男が、次男である        に対して、父の遺産現金等を盗んだ事を持ち、遺産金保全等を求めて訴えた、札幌簡裁平成30年(ハ)第981号事件(のちに札幌地裁平成30年〈ワ)第1180号事件に移送)に出された、被告兄        が、        弁護士を委任した事となっている委任状です。

(6)次の弁護士委任状、平成30年5月11日付委任状は、兄小林清志が、兄        を訴えた事件、父の預金通帳、印鑑も盗んで持ち、娘、妻に父の氏名等を偽造記載させて、JA十和田おいらせ上北支店から200万円、青森銀行上北支店から30万円あまりを、JAxxx課長、青森銀行xxx職員と共謀して盗み、使って居る事に対して、この盗んだ資金緒保全を求めて訴えた、札幌地裁平成30年〈ワ)第588号事件に、       が        弁護士を、被告法定代理人に選任した事として出された、弁護士法定代理人委任状です。

(7)          は、重度の筋ジストロフィーにより、とっくに字も書けず、兄       、姉         が、        弁護士を委任した事となって居て起こした、札幌家裁平成30年(家イ)第1908,1909号遺産分割調停事件に出された、       の委任状委任者記載と併せて、全ての委任者記載欄が、別人による偽造住所、氏名記載の弁護士委任状です、昨年5月11日の委任状委任者記載の字は、他の委任状委任者記載の字と違うようですし。

2、に付いて

(1)これ等事実の通り、山本あつ子の兄        、姉       が、札幌弁護士会所属          弁護士を法定代理人として委任した事となって居る委任状は、入手した分全て、委任者記載の文字が偽造でした、札幌家裁平成30年(家イ)第1908,1909号事件に出された、姉          が         弁護士を委任した事となっている委任状も、何れ入手しますが、多分偽造の委任者住所、氏名記載委任状でしょう。

(2)ここまでの弁護士委任状偽造事実が有ります、xxxxxに成年後見人を就ける為として、兄        、姉        が、      弁護士を委任して、青森家裁野辺地出張所で起こしたと言う、野辺地出張所平成30年(家)第41号審判事件の弁護士委任状も、兄、姉が弁護士委任状に記載した事となって居る、委任者の住所、氏名記載欄は、やはり偽造と推察されます。      

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年06月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591724
ユニークアクセス:3847612
今日
ページビュー:54
ユニークアクセス:54
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed