エントリー

2019年07月の記事は以下のとおりです。

金融屋の

  • 2019/07/31 18:52

金融機関の業務は、帳簿の処理から何から、真っ黒です、まともな事業者は、死人と取引を、常時行う事等認められません、虚偽、偽造取引ですから。

ですが、金融業者は、死人と取引を、合法に行った、この虚偽帳簿等処理が認められて居るんです、監督機関、司法、国税、地方自治体が、口座名義人緒身分を偽らせて、金を盗む手伝いも、国中でさせているからね。

最高裁は、こうした現実、金融屋が集めている資金を、弁護士、司法書士、国税、地方自治体が、日常的に「口座名義人の身分を偽造させて、金を盗み捲って居る現実を、良く知らなかったんでしょうね、滅多に無い、合憲、合法を踏まえた最終決定を出した事の背後理由は」

国税も、確信犯で共犯となって居ます、日本中の事業者、国民は、ここまで真実として公開されて居る、国家権力が指揮しての、帳簿、決算書、税務申告書偽造、犯罪隠蔽、犯罪利得隠匿、脱税し放題、之を通して居る日本の国家権力の実態を、どんどん踏襲するべきなのです。

金融機関の帳簿、決算書、税務申告書は、何処の金融機関も、程度問題で、偽造が横行しており、偽造と承知で監督機関、国税等が、偽造は無い、こう偽り、犯罪を無い事とさせて有るんです。

遺産預金仮支払いを受けられる法律手続き、之によって、死人とも取引して居る、オカルト犯罪金融機関が、どれだけ拙い事態に陥るか、考える頭も無かった訳です、この犯罪を指揮している国家権力には。

納税も、偽造の手でどうとでも

  • 2019/07/31 08:37

@税の申告も含めて、帳簿から何から偽造で通っている以上、合法納税は不要、国民に周知徹底する事も求める

                               令和元年7月31日

〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1
国税庁長官
TEL03-3581-4161
※証拠も添え、北税務署経由、北税が握り潰したら、国税犯罪

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、新民法第909条2が発効して、被相続人が死去時に存在した遺産が、この時点で凍結されて、遺産、遺産預金が確定する、この法律規定も、相続権者は正しく駆使出来るように変わりました。

2、しかるに「司法、警察、法務省、金融機関監督、国税、法曹資格者、税理士、公認会計士が共謀して”死人が死後、死人自身で自分の預金を引き出した、合法な、死人の契約者による預金引き出しだ、この金は遺産預金から消えた”こう、証拠、帳簿、決算書、税務申告書偽造、行使も行われ、監督機関、捜査機関が共謀して、通されて居る権力犯罪も、次々立証されて居ます」

3、国税庁「事業者は今後”倒産した会社、架空の会社、幽霊社員に金を払った?、出資先偽造で支出”全て合法で通るのですよね、ここまでの巨大国家権力犯罪、金融機関資金横領、窃盗、帳簿から何から偽造、行使が通っている、司法、警察、監督機関、国税犯罪が通って居る以上」

真っ黒でしょう

  • 2019/07/31 08:19

法務省、司法犯罪が、新民法第909条2が施行された事で、次々実例証拠として、公に出続けて居ます。

死人が死去後、死人自身で金融機関に行き、自分の預金を引き出して、持ち帰った、合法な「口座名義人の死人による、死人の預金引き出しだ、狂い方が凄まじいです」

犯罪の程度が、まあ酷過ぎますよね、弁護士、司法書士用犯罪です、主体が。

こんな程度の犯罪でも、国家権力がこぞって共犯、実行犯だから、成功させられて居るんですよね。

あまりにも頭が悪い、レベルが低い犯罪です、この犯罪を成功させる為に、どれだけの国家資格者、司法、警察、行政機関が犯罪に与して、手を汚して居るか。

国家権力の主体の大半が、直接共犯、実行犯です、新民法第909条2の発効で、次々犯罪実例証拠が、公に表に出続けますよ。

被相続人4人の遺産に関わる犯罪、犯罪被害だけで、もう司法、法務省、国税他ぐるみの犯罪が、犯罪そのものだと立証されて行って居ます。

犯罪弁護士と、共犯の裁判官、裁判所、調停委員、警察、国税、金融機関の監督先、報道と、犯罪の共犯が、どんどん正しく表に出されて行って居ます。

国税ぐるみの犯罪

  • 2019/07/31 07:56

死人が死去後、死人自身で預金先の金融機関に来て、死人自身の手で預金を引き出して、金を持ち帰った。

こんな狂ったオカルトの手が、日本中で大っぴらに通って来た訳は、金融庁、財務省、国税も、司法、警察と共謀して「金融機関に”預金契約者の身分を偽造して、金を盗む悪事を、特に弁護士、司法書士、裁判所、国税、地方税、保健福祉部署から求められれば、必ず犯罪に応じろ”」

こう、闇で命じて有るから、ですよ、こいつら国家権力が共謀して、金融機関に証明書、帳簿等を偽造させて、金を盗ませて差し出させて居るから、この偽造の手で金融機関に、金を差し出させて居るから、金融機関とすれば「死人が死去後、死人自身で金融機関で、自分の預金を引き出した、こう偽造処理して、金を盗んで差し出して」

帳簿から何から「死人が死去後、自分の手で自分の預金を引き出した、こう偽造処理する事も、当たり前の犯罪になり切って居るんです」

新民法第909条2が発効した事で「死人が死後、死人自身の手で自分の預金を引き出した、死人による正しい遺産預金引き出しだ、この国家権力犯罪が、公に上記犯罪の手が使われて、成功させられて来たと、実例証拠で証明されて行って居ます」

この法律が施行されるまでは「死人を偽り、金融機関の金を盗んでも”被害者は金融機関だ、死人の手で死人の遺産預金が消えても、被害者は金融機関だ、相続権者には、遺産預金相続の権利は無く、被害者とならぬ」

この嘘で逃がして、同じ犯罪をやり放題出来たのです、ですが「被相続人が死去の時点で、あらゆる遺産は凍結される、遺産預金も同じ、法と、最高裁大法廷最終確認決定も出来て居ます、この犯罪の被害を受けた相続人は”正しく遺産預金窃盗被害を受けた立場となって居ます”」

この法律規定手続きを、正しい遺産預金を証明して、正しい相続権者個々が、遺産預金仮支払手続きを取り、上記犯罪を理由として、遺産預金支払いを踏み倒されれば「請求者相続人は、正しく被害を受ける訳です”二重に払えば、二重支払いした金融機関は、背任罪、特別背任罪です”泥棒の共犯責任も、公に出るしね」

新民法第909条2、この法律施行で

  • 2019/07/31 07:28

新民法第909条2、この法律の施行により「死人を偽る手で、金融機関も共犯で、死人が死去後、自分の手で自分の預金を引き出した、こう偽り、死人の預金を消す犯罪が、公式に犯罪事実証拠も合わせ、表で糾弾され出す事となって居ます」

遺産となった預金は「被相続人が死去した時点で存在した預金が、遺産預金と確定される、法の規定です、この法の規定も、死人を騙って金融機関の金を盗む、弁護士犯罪利権獲得用他の為の犯罪が、公に表で糾弾され出す結果を生み出して居ます」

犯罪に加担して居る金融機関は「帳簿から何から”死人が死去後、金融機関に来て、死人自身で死人の遺産となった預金を引き出して、金を持ち帰った”こう偽造処理して、司法、警察、金融庁、財務省、国税等が、偽造から承知で見逃して、成功させて来たのです」

相続権者を全て証明して、相続遺産預金を洗い出して、相続権者個々が「法の規定に沿い、遺産預金の仮支払いを求め、実行させられる、新民法第909条2は、こう言う法律です」

この法律手続きは「遺産となった預金が有る金融機関毎に”被相続人の遺産預金、本店、支店に複数有る遺産預金は、口座と総額を、被相続人が死去時に存在した預金口座、預金額、これを金融機関で証明して”相続人は、被相続人と相続人を、謄本等で全員証明出来れば、相続人個々が、法の規定に沿い、遺産預金自己相続分から、自分に遺産預金を渡す」

この手続きにより、遺産預金一定を手に出来ます「弁護士、司法書士犯罪利得獲得の為、が主体で凶行されて来た”死人が死去後、死人自身の手で遺産預金を引き出した、遺産から失われたんだ”この犯罪も、破綻して行って居ます」

始まった”死人偽装金融機関資金窃盗”公開糾弾

  • 2019/07/31 07:15

義父が死去の8日後、義父の青森銀行預金通帳と届出印を手に入れた次男夫婦が、青森銀行上北支店に行き「8日前に父が死去した、父の預金通帳、印鑑を手に入れた、入って居る金を出すように」

こう要求したら「青森銀行上北支店の菖蒲川職員らが”次男は字も書けないから、妻が父を偽装した書類を書いて下さい、死去の8日後に父が口座を解約して、金を持って行ったように偽装しますから”こう応じて」

金を横領して差し出した、青森銀行の帳簿は「義父が死んでから8日後に、青森銀行上北支店に行き、自分で口座解約書類を書いて、金を持ち帰った、こうなっています」

この犯罪に付いて、次男が偽造委任状で暗躍させて居る、裁判所ぐるみの詐欺行為弁護士の書面には「青森銀行がくれた金だから、全部使い果たした、だから遺産預金から消えた」

全く何の正当性も有りません、単なる犯罪です「単に”青森銀行職員が、次男夫婦と共謀して、偽造書類、帳簿偽造の手を使い、青森銀行の金を盗み、次男に提供した、有印私文書偽造、行使、業務上横領、背任横領、窃盗、銀行法、国税徴収法、税理士法、公認会計士法他違反犯罪”で有り」

義父の遺産預金が、正しく義父が死去の8日後に、義父の手で引き出された、事には全くなりませんよ。

この手で山のように「死んだ人の預金口座から、死人が死去後に金を引き出した、こう偽り、金を盗んで泥棒と受任弁護士で、山分けし捲って来て居るのですよ」

合法相続破壊、司法犯罪によって

  • 2019/07/31 06:21

@平成29年11月7日死去、義父小林武四郎死去の8日後、青森銀行が次男妻と共謀して、義父が死去後預金解約したと偽り、消した義父の遺産預金も、法に沿い、4男、妻が、青森銀行に公式請求を行いました、次男、長女が偽造委任状で暗躍させて居る      弁護士と家裁が”死人の身分偽装で盗めた金は、死人の預金合法引き出しとなり、遺産から消す”これを強制適用に暴走して居る一件です、青森銀行は、帳簿から偽造、この手で遺産目録偽造も正当化出来ました

                                令和元年7月31日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
山下貴司法務大臣、民事、刑事局、公証係
FAX03-3592-7393
根本匠厚生労働大臣、成年後見制度利用推進室梶野智樹室長
FAX03-3592-1459 認知者、高齢者、死人の財産強盗阻止を
東北財務局 青森財務事務所理財部阿部、横内担当
TEL017-722-1461 死人が死後預金引き出し、口座名義人
FAX017-777-3177 身分偽装、資金窃盗、帳簿偽造が武器
国税庁長官、北税務署経由、記載等犯罪率先共犯
TEL03-3581-4161 合法納税破壊、犯罪利得入手に加担
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 弁護士作成偽造遺産目録で相続強要
綿引万里子札幌高裁長官
FAX011-271-1456 偽造遺産目録と、金融機関が証明
植村実札幌高検検事長
FAX011-222-7357 詐欺、窃盗、強盗、犯罪根拠は?
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110 死人偽装窃盗、被害者は権利者
秋元札幌市長、市議会、市税、環境、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 札幌だけで凄まじい件数、記載等犯罪 

1、別紙の通り、昨日義父母の死去時に存在した、遺産となった預金仮支払手続きを、4男、妻が、青森銀行に対して行いました。

2、青森銀行は「故意に義母の遺産預金だけを”死去時に存在した、遺産となった預金”としようと目論みましたが”義父の預金履歴も入手済みで、義父が死去した平成29年11月7日時点で、普通預金口座番号0110094口座には、302,478円預金が存在して居ました”」この合法遺産預金金額で、別紙の通り、遺産預金仮支払手続きを行いました。

3、青森銀行、次男、次男が偽造委任状で暗躍させて居る、     弁護士の言い分は「次男と妻が、義父死去の8日後に青森銀行上北支店に来て、父が7日に死去した、父の預金通帳と印鑑を手に入れた、自分(次男)は字も書けないので、妻が父の身分を偽った書類を書き、金を引っ張る、こう謀議が成立し、口座名義人が死去の8日後、自分の預金口座を解約して、金を抜いた、この金は青森銀行、菖蒲川職員が、次男妻に上げた金だから、次男側で使い、遺産から消えた、よって遺産目録にも、遺産預金で計上は不要」こうなっています。 

4、行政書士の息子が作った遺産目録には、当然死去時の預金額で、遺産預金で目録に乗って居ます「この連中の言い草は”青森銀行と次男夫婦が共謀して、青森銀行の金を盗んで使った”これの自白です」

5、青森銀行には、別紙の通り「この遺産預金が”法に沿い、正しく死人を偽装の手で盗まれ、消えた、他相続人には相続権が無くなった、と言うなら、法の根拠と、犯人を証明する証拠を出す事、犯罪、犯人を証明すれば、4男、妻が被害者と立証される”当然、十和田おいらせ、青森銀行、他相続人に金銭被害は無い、犯罪は存在しない、警察、司法のこの嘘が破綻もする」等伝えて有ります。

6、十和田おいらせ農協は、義父死去の二日後に同様の犯罪を行わせ、盗ませた200万円は農協の資金被害と帳簿処理し、義父死去時の遺産預金額を認め、仮支払いに応じて居ます、8日後の犯罪が、正しい死人偽装、預金引き出しとなる訳が有りません、青森銀行は、司法、金融庁、財務省、国税の共犯加担も得て「こうした資金窃盗を日常とし、帳簿、決算書、監査報告書、税務申告も偽造して、成功させて居ます、同様の犯罪処理を、山のように行い、監督機関、捜査機関も共犯で、帳簿等偽造を隠蔽となって居ます」               

青森銀行の

  • 2019/07/30 19:07

青森銀行の遺産預金仮支払手続きは、私から見て義母の分は、終わりました、でも「青森銀行が、義父が死去した8日後、次男と妻が、青森銀行上北支店遺行き、父が死んだ、義父の預金通帳と届出印を手に入れたから、この預金を寄越せ、こう言われて、次男の嫁に義父を偽らせて、盗ませた30万円余りに付いては、しかとしようとして居ました」

なので、義父の遺産預金仮支払いの手続きも、法の規定、相続権者の権利です、手を打ちました。

十和田おいらせ農業協同組合は、義父が死去した二日後、次男と娘が上北支店に来て「父が死んだ、預金通帳と届け出印鑑を手に入れた、口座に入って居る4、521、455円を、全部寄越せ」

等脅しに走り、金を盗もうとされた十和田おいらせ農協職員は「200万円だけ盗ませます、娘さんが父親の氏名を偽造した、書類を書いて下さい」

こう、共犯者として犯罪に加担して、盗ませた200万円を「十和田おいらせ農業協同組合の資金が盗まれた、父の預金は減じて居ない、被害者は十和田おいらせ農業協同組合です、と、帳簿から処理して、泥棒側に返金を求めて居ます。

当然仮支払いは、父が死去した時点の預金額が、凍結遺産預金金額ですから、この金額をベースとして、相続遺留分から、権利者の手で、権利者に渡されて居ます。

青森銀行は「青森銀行が故意に盗ませた30万円余りの金を、父が死去後引き出した、と偽り通すなら、犯人を証明する防犯ビデオ、帳簿処理証拠等を、相続人、泥棒では無い相続人、被害者に出す必要が有るのです」

支払い拒絶とすれば、公式に遺産預金仮支払手続きを行った、相続権者が被害者と立証されるしね。

報告事項のいち

  • 2019/07/30 18:49

亡くなった方を偽り、金融機関、年金事業から金を詐取した事件は、当社の様々な手が功を奏して、道警も扱う事と、まあ「直接犯罪の握り潰し、犯罪免責、犯罪者擁護に走って来たのは、北海道警察、青森県警ですからね」

十和田おいらせ農業協同組合、青森銀行、日本年金機構に金銭被害は無い、相続権者は遺産預金、年金が盗まれても、被害者にはならない、被害は認めない、こう嘯き、犯罪を握り潰して来たのだから、北海道警察本部、青森県警本部も。

ですが「十和田おいらせ農業協同組合は”公の手続きで、十和田おいらせの資金が200万円盗まれて居る、小林xxxの次男側と、この200万円を隠匿して有る、ゆうちょ銀行に、盗まれt200万円を返せ、と直接要求して行って居る”」

こう答えて、十和田おいらせ農協の資金が200万円盗まれた、証拠も出して居るんです。

北海道警察本部と青森県警本部は、完全に逃げ道を塞がれて居ます、犯罪事実を承知で、嘘を吐いて犯罪を握り潰して来て、ばれたのですから。

日本年金機構は「阿部xxさんの死後、孫(か妻)が、青森銀行の口座を年金詐欺用に生かして置いて、遺産年金二か月分も詐取されて居ます、他一か月分は、孫が詐取したまま、阿部さんに支払うと答えて、手続きして居ます、立派な年金資金詐欺も、こうして立証されて居ます」

北海道警察は、この犯罪も「犯罪事実も、被害も無い、こう嘘を吐き、犯罪を握り潰して来たのです、年金資金詐欺も、完全にばれた以上、道警は言い逃れ出来ませんから」

出てくる件数と、犯罪で消えた遺産預金の内容

  • 2019/07/30 08:30

金融機関がどう言い訳に走ろうとも「死人を偽らせて、遺産となった預金を盗ませ放題して来て居る、この事実は変えられ無いし、新民法第909条2が発効した事で”死んだ人による、死人自身の預金引き出し”だのと、帳簿から偽造して、通して来て居る事は、変えようが有りません、相続権者からの、法による遺産預金確定、仮支払い請求に、どう応じるか、多様な犯罪が行われており、法務省、司法からの犯罪強要も多数で、死人の身分偽装、死人の遺産預金強奪被害への対応は、、、」

死んだ人は、死んだ後、自分の預金を引き出す事は、当たり前ですが、出来ないし有り得ません、金融機関が手続き書類、帳簿を偽造して、正しい死人による、死人の預金の引き出しだと、偽って、監督官庁、国税、司法、警察ぐるみで押し通して来た、之が真実です。

監督機関、法務省、司法、行政機関、国税、警察がそもそも「この犯罪も”直に金融機関に、この犯罪で金を渡せ、等強要させて来て居ます”」

その先が「新民法第909条2制定、施行ですから、死人が死後、自分の手で自分の預金を引き出した、こんなオカルト犯罪を強要されて、金を抜いて、提供させられて来て居る金融機関とすれば”いや、弁護士、裁判官、法務省、国税が、死人を騙って金を引っ張り、渡せと強要して来た結果で”こう言いたいでしょうが」

公式にこれを、事実ですから発表した日には「日本の金融機関は、まず国際金融取引停止を食うでしょうし、食わなくても重い足枷が科せられるでしょう、金融機関の収益が、経費倒れで急激悪化します」

又「これを言われて、遺産預金を盗まれて、被害を強制的に飲ませられて来た被害者は、黙って居ませんから」

正しく被害回復を、遺産強盗被害を受けた人達は、先ず遺産預金泥棒被害から、求めて行きましょう、当然の権利です。

ページ移動

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4659431
ユニークアクセス:3909423
今日
ページビュー:872
ユニークアクセス:817
昨日
ページビュー:1167
ユニークアクセス:1125

Feed