エントリー

2019年07月01日の記事は以下のとおりです。

遺留分の一部、借り支払い制度に拠り

  • 2019/07/01 17:25

遺留分の一部の、遺産預金緒借り支払い制度発行により、今日妻の遺留分借り支払いの手続きを開始しました。

この手続きによって「遺産は、被相続人が死去の時点で存在した、正、負の遺産だと、完全にはっきりされました」

妻の父親は、死んでから2日後と、死んでから8日後に、次男の娘、嫁が、義父の氏名を偽造した書類を作って使い、金を盗みました、ですが、今日発行した制度では、遺産預金は、被相続人が死去の時点で存在した金額が、絶体の根拠です。

ですから「妻の父親が死去二日後、JA十和田おいらせから、義父の身分を偽った書類で200万円が盗まれた件も、死後八日後に、青森銀行上北支店から、やはり義父の身分を偽った書類が使われて、30万円余りが盗まれた件も、妻には何の関係も有りません」

妻は、この二百万円と、三十万円余りの、父の遺産預金に付いて、正しく遺産預金で存在して居るのですから、この金額をベースとして、妻の遺留分の内、借り支払い金を貰えれば良いだけです。

之で更に、被相続人が死去した時点に存在した、正、負の遺産とはっきり証明されたのです。

どんな嘘、詭弁を吐いて逃げようと謀っても、無理ですよ、犯罪を承知で、犯罪に加担し捲って居て、ばれたのだから、裁判官、裁判所、弁護士、公証人、国税、金融庁、検察庁は、犯罪国家権力だと、更にはっきり実例証明されました。

ニュース

  • 2019/07/01 16:12

今日から制度がスタートした、相続権者であれば、被相続人の遺産預金を「各金融機関にそれぞれ有る金額の、3分の一を上限として、各相続権者の遺留分割合で、上限が150万円まで、借り支払いを受けられる、この制度の手続きに、今日動きました」

JA十和田おいらせは「義父が死去した時に有った450万円が、計算のベース金額だから”否が応でも、義兄から、JA十和田おいらせ上北支店が、共犯で盗ませた200万円を回収しなければならない”と、物凄く怯えて言っています」

私からは「新発寒郵便局に、偽名口座を開設して、200万円と5円が隠匿されていると、伝えた通りだし、この口座は凍結させて有るから、ゆうちょ銀行小樽本部と協議して、返金して貰えば良い」

これを伝たえたので、返金請求手続きに、今日入ると、義兄の金では無く、JA十和田おいらせの資金窃盗ですから。

ゆうちょ銀行は、義父の預金を盗ませなかったので、すんなり借り支払い手続きが通って居ます。

青森銀行は、札幌支店で、義父母の預金に付いて、借り支払い手続きを取りました。

義父の身分を詐称して、30万円あまりを窃盗して、口座を解約したと、死後8日後に、違法行為が働かれて居る事は、息子が作った、法に沿った遺産目録も写しを取って貰い、当然「義父の遺産預金も、ちゃんと存在するから、借り支払い手続きを、正しく行わせると伝えて有ります」

JA十和田おいらせと、法に沿い、同じ扱い以外認められません、当たり前です、つづく!!

之が法務省、司法の現実です、合憲、合法等、そもそも知らない訳で

  • 2019/07/01 08:14

法務省、司法だの、日本国の頂点に君臨する、スーパーエリート、ぶっているけれど、実際のこの連中のレベルは「小学生以下と言って間違って居ない、単なるカルト、裸の王様です、現実から何から、本当に何も知りません、当たり前から身に付いて居ません」

憲法、法律で判断、出来る筈が御座いません、それのずっと手前です、当たり前が全く、そこから分からないのが実際の連中です。

何も難しい事では有りません「何の法律根拠で”他の相続権者の遺留分を、泥棒して通って居るんだ、法律を持って答えて下さい」

こう、当たり前を聞いて、法務省の愚か者役人、元エリートの筈の検事、裁判官が答えた事が「法律では無くて、解釈、制度で”相続遺留分も含めて、遺産は盗んで通る、理由は、相続権は、相続権者が行使しなければ、相続を受ける権利が発生しないから、相続遺留分まで盗んで通るんです”」

答ですら無いです、泥棒だと認めた上で、泥棒だと認める訳に行かないからと、居直っているだけです、その前に「こいつらの頭では、この程度の短絡犯罪ですら、犯罪で合法根拠は無い、之すら理解も出来ないのです」

弁護士犯罪で、この遺産強盗、泥棒も、犯罪を見逃して成功させて有る、それを正当化する為に、嘘を重ねて、犯罪と言う事実を、何処まで行っても犯罪のままで、犯罪では無いと、何一つ根拠無しで言い張り、押し通しているだけです。

この程度の犯罪すら、法務省の役人、弁護士、検事、裁判官、国税職員、報道カルト等は「本当に、単純犯罪だと言う事すら、分からないのです、本当にそこまでxxなのですよ」

法を犯して、遺産を詐取、窃盗

  • 2019/07/01 07:43

法務省、司法、元検事、裁判官だった公証人、国税が共謀して、遺産泥棒、詐取、強奪三昧を重ねて居ます。

犯罪ですから当然、法律に適っている根拠は、ゼロ以下で存在して居ません、他の相続権者が、法律規定で守られている、相続遺留分も、この連中、犯罪国家権力が、居直り強盗以下の虚言、詭弁を持ち、強盗し捲らせて居ます。

弁護士犯罪を、国家権力挙げて、関係する憲法、法律を全て破壊させて、居直り強盗以下の、荒っぽい犯罪を重ねる事を認めて、強制力を行使して、成功させて居るんです。

何処にも合憲、合法が無い、犯罪そのものですからね、国家権力が総出で、弁護士犯罪の成功を果たすべく、犯罪の限りを尽くし捲っているから、ここまで荒っぽいだけの、単純犯罪が、国中で成功させられて居るのです。

元エリート検事、エリート裁判官だった?大都市の公証人連中を調べた結果を見ても、何処にも合憲、合法は無かったでしょう、弁護士、検事、裁判官連中は、正しい日本の常識も、全く見に付いて居ないから、合憲、合法と、違憲、違法、犯罪と、本当に正しく区別出来ない、法を持って証明出来ません。

何もかもが「法律では無い、解釈だ、制度だ、憲法、法律は無効化した、適用されないんだ」

之だけを武器とさせて、単純な犯罪を、強引に正しい犯罪だ、と言い張り、犯罪と証明されても、居直って犯罪を凶行し続けて居ます。

犯罪者、職業犯罪者そのものです、国家権力と言うけれど、実際の権力悪用行為は、職業犯罪者の所業そのものが事実なのです。

遺産強盗、窃盗を重ねて居る犯罪者、共犯者の犯罪者以下ですよ、実際の法務省、司法、公証人、国税の悪行事実は。

強盗、泥棒ですから、正しい法と事実根拠証拠は、ゼロです、犯罪だから当然です。

請願

  • 2019/07/01 07:27

                 請願書

                                 令和元年7月1日

請願相手
〒100-8960 東京都千代田区永田町1-71
衆議院事務局付
大島理森衆議院議長殿
TEL03-3581-6866

                          請願者

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                             取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、請願の為の調査結果を、追加で送ります「東京、横浜公証役場の公証人は、元検察、裁判所エリート検事、裁判官です、エリート検事、裁判官も、刑事、民事訴訟法手続きを謳う法律公務で、法を確信犯で犯して、相続遺産の犯罪入手、相続権破壊、犯罪利得を認め、犯罪利得への課税逃れを行わせて居ます」

2、又、地方自治体も、未相続遺産金品闇処理請負、死後受任契約なる、遺産詐取請負に、直接加担して、犯罪を成功させて居ます、別紙調査書で確認の上、事実調査を求めます”相続権者全員が合意せず、遺産金品を盗んで通る法は無いです”。

司法犯罪も証明

  • 2019/07/01 06:33

@法務省、司法、元検事、裁判官の公証人、国税共犯犯罪、遺産泥棒法の根拠ゼロで行使、第三者が盗んだ遺産は、相続税以外課税せず、遺贈証明も不要でこの措置、相続税課税以下なら、無条件で無税、衆議院へ請願書でも送り、政党にも、質問主意書原案で渡した事実です”札幌市、福岡市、本別町、死後受任契約、遺品整理もこの犯罪です”行政も共犯で成功させて有ります

                                 令和元年7月1日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※元検察検事、裁判所裁判官で、エリートだった公証人の、公正証書を悪用した、合法根拠ゼロの権力犯罪証言、別紙も参照、他調査書は、札幌市にも提供済み

秋元札幌市長、市税、環境、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 公社ぐるみ、上記犯罪物品闇処理、脱税他
福岡市長、市議会
TEL092-733-5346 認証支援課、大塚担当
FAX092-733-5907 
TEL092-711-4303 産廃指導課、石田課長
FAX092-733-5907 未相続遺産金品窃盗入手、闇処理と脱税
本別町長、町議会
TEL0156-22-2141
FAX0156-22-3237
FAX011-210-5592 道新報道センター内山、樋口記者
FAX011-210-5727 道新広告局
FAX011-233-6008 HTB報道部、広告部

1、既に衆議院議長宛て請願書、一部政治団体、国会議員らに、質問主意書原案で渡して有る「法務省、司法、元検事、裁判官、法務局上層部に居た公証人にも調査を掛けて”公正証書遺言を悪用した遺産泥棒の、法務省、公証人、国税が共謀した犯罪の手、相続権の無い第三者に”他相続権者遺留分まで”遺贈とする手や、第三者が遺産を盗めば、第三者遺贈受け者、泥棒は、違法に手に入れた遺産は、全て所有権を得て通して有る、だが、債務は相続されず、相続権者は遺留分を諦めた上、相続放棄で、債務全て帳消し、第三者遺贈受け者、泥棒への徴税は、相続税以外課さないが、犯罪者なので証拠提出、相続では無いから、相続手続きも不可故不用、課税調査もせず”等も、事実証拠に沿い、調査して、この現実を、法の根拠ゼロで、法務省、司法、公証人、国税で作り出して、通して居る等証明して有ります」

2、札幌市、福岡市、本別町「未相続の内に遺産物品、引き取り費用を盗ませ、提供させる、死後受任契約、遺品整理はこの司法、法務省、公証人、国税犯罪支援が有り、闇で成功させて有ります、ですが、犯罪の積み重ねが答えです」

3、札幌市役所、環境事業公社が共犯の、遺品整理屋、便利屋等との共謀処理請けを洗う責任が有ります、未相続盗品、窃盗金を闇で受け、物品闇処理です、福岡市、本別町”死後受任契約等、未相続遺産金品不法入手、闇処理です”まだ”遺贈受けされて、他相続人も、遺贈に付いて合意書を出した”の方が、言い訳が立ちます。

4、当社は「もっと適法に近い、似て非なる請負を行って居ますが”こうした犯罪請負との絡みで、国税に税務申告を、遺品整理屋、死後受任契約請け業者の悪事、泥棒、虚偽税務申告、脱税事実と整合性を取り、正しく行う法に沿った手続きを、公文書で指示願う、法人税法第159条違反も、これ等請負委任、業者が行っている故”こう白紙申告し続けて、税務申告不要で、公に通って居る事実も有る訳です」

5、助言ですが「今後、第三者の業者です、遺贈の手(司法、公証人、法務省、国税が仕切る違法行為故、遺贈受け証拠は不要、実務で泥棒すれば、刑法適用も免責)を使えば、相続税対象額以下の遺品整理、死後受任契約?は、全て無条件で課税されません、上記公正証書悪用他、遺産泥棒国家犯罪制度、未相続遺産は、盗めば泥棒が、無条件で所有権者、これを強制成立させて有る、との絡みで、見逃がすしか無いからです、税務署にも確認済み、宗教法人を超えた、無届、無税特典事業です」

6、当然ですが「処理対象未相続遺産物品は”請け負った業者所有物です”泥棒なので、法律には合致せずで、不動産明け渡し強制執行でも、執行場所に有る未相続遺産物品も、申立者が所有者の物品と、国が偽り、闇処理を、裁判所所在市と共犯で、強引に行って居ます、最早強盗です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4672560
ユニークアクセス:3921999
今日
ページビュー:858
ユニークアクセス:824
昨日
ページビュー:3828
ユニークアクセス:3751

Feed