エントリー

2019年07月05日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪証拠、配布がどんどん

  • 2019/07/05 17:27

義兄、義姉が?自分達の住所、氏名を別人の記載とさせて?弁護士委任状を作り、審判事件、調停事件、民事訴訟事件に、次々出して、偽造委任状と承知で「偽造委任状では無いと、何の根拠も無しで、裁判所も言い張り、訴訟詐欺を働かせて、働いて来て居ます」

この弁護士選任委任状の、義兄、義姉の記載文字が、義兄、義姉の筆跡では無い証拠が「義父、義母の身分を偽り、金融機関の資金を盗んだ時の、偽造書類、義兄の娘、妻が偽造と、義姉が偽造の書類の字、と来ています」

あちこちで、この連中は、犯罪の為に、偽造記載した書類を残して居ます「義兄は字も書けないので、義兄の記載は、無いですよ、義兄の住所、氏名の記載は、現在までの証拠ですと、妻が、義兄の記載欄に、義兄と偽り、住所、氏名を偽造記載して居ます」

義姉の場合は「義母の身分を偽り、金を盗んだ、青森銀行上北支店での犯罪の証拠が、義姉の直筆書類で、弁護士選任委任状の、義姉の住所、氏名の記載は、義姉とは別人が記載して居ます」

この二部の書類の字を比べれば、全く別人の記載の字だと、誰でも分かりますから。

義姉が何故、自分の住所、氏名の記載を、別人に書かせたのか、分からない事ですが、間違い無く弁護士選任委任状の、義姉の住所、氏名記載の字は、別人の字です。

と言う事で、義兄、義姉と、偽造委任状で暗躍弁護士は、札幌の裁判所と、青森家裁野辺地出張所と共謀して、弁護士偽造委任状を使い、訴訟詐欺も繰り返して来て居ます。

この一連の証拠も、どんどん犯罪証拠です、使われて行っているんですよ、本当に悪い義理の身内と弁護士、裁判官、裁判所です。

遺産預金から、では無くて

  • 2019/07/05 17:07

十和田おいらせ農業協同組合の資金が、義父の身分を偽造した書類で窃盗された事件は、この盗まれた資金が隠匿されている、ゆうちょ銀行の、小樽預金センターの間で、十和田おいらせから盗まれて、隠匿されて居る資金の返還を、公式に協議、処理して貰う手筈を取って置きました。

北海道銀行のATMから、祖母の死去後、祖母のキャッシュカードを悪用して、孫(夫婦?)が資金を盗んだ事件は、北海道銀行と北海道財務局、手稲警察署に、犯罪の証拠各種と、被害届書面等を送り、相続人からの、遺産預金仮支払請求手続きも行われる事も鑑みて、正しく捜査、扱いを行うように、手を打って有ります。

この、二件、被相続人3人に関わる、遺産預金窃盗事件、過去法務省、司法が直接行わせて来て居る、遺産強奪制度の、法律を犯した犯罪を行わせて来た、重大な国家権力犯罪が、これから巨大な規模、件数、法律が稼働し出して、清算を求められて行く、序章の巨大国家権力犯罪事件なのです。

被相続人が死去した年月日、時間で、被相続人の財産は凍結されます、死去後に喪失した、特に預金は「金融機関の資金が消失したのであり、亡くなった方の預金が、死後引き出された事では無いのです」

義父の事件では「義父が死去した事を聞かされた上で、金融機関が金を盗ませて居ました、完全に金融機関犯罪、責任となる事件です、言い訳の余地は御座いません、遺産預金仮支払制度が発効したこれからは、絶対に言い訳も出来ません」

北海道銀行ATMから、祖母が死去後、孫(夫婦?)が、祖母の方のキャッシュカードを使い、金を引き出した事件は「死去後数時間の犯行と、死後4日後の犯行です、孫が、グループホームに入所して居た、祖母の方のキャッシュカードも預かって居た事で、この、相続権も無い孫による、祖母のキャッシュカード悪用、道銀資金窃盗が行われました」

警察は、義父の事件を潰しました、今度はどうするか、公の事件となっている中で、金融機関と共に、対応が注目されて居ます。

次の

  • 2019/07/05 11:06

@北海道銀行に有る、遺産預金仮払い制度、利用手続きに付いての連絡

                                 令和元年7月5日

平成30年10月11日午前10時45分死去、xxxx氏の遺産預金に関して、xx氏の長男、次女から調査委任を請けている当社から連絡

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
                            携帯

北海道財務局理財部 金融監督課、梅津他担当
TEL011-709-2311
FAX011-746-0946
北海道銀行頭取
手稲支店支店長
TEL011-682-5111
FAX011-683-9571

1、口座番号 1610973501
;口座名義人 xxxx 昨年10月11日午後10時45分死去

;機器番号736、ATM使用、遺産預金引き出し。
 この日の午後13時21分、736ATMから阿部花枝のキャッシュカードが使われて、金287,000円が抜かれている。

;同じ機械から同月15日午後18時15分、xxxx氏のキャッシュカードが使われて、金244,000円が抜かれている、別紙預金履歴による。

2、xxxxxの預金通帳、印鑑、キャッシュカードは、xxxx氏孫、xx氏次男子、xxxx夫婦が所持し、使って来ている、別紙証拠参照。

3、この、xxxx氏の遺産預金に付いても、長男xxxx氏、次女xxxxx氏は”今月発効した、遺産預金仮払い制度手続きを取り、規定の仮支払を受ける事として居ます”遺産確定は、被相続人が死去した年月日、時間で預金も凍結され、遺産預金金額も、原則確定しますので。

4、阿部   氏らによる、xxxx氏の遺産預金窃盗、遺産年金詐取に関しては、別紙の通り、警察に被害届も出して有ります。

5、先ずはこれ等事実を伝えます、道銀には”上記xxxx氏のキャッシュカード、死後悪用に付いて、ビデオ映像を保全するよう、求めて有る通りです”これは遺産預金合法引き出しでは無く、道銀資金窃盗です。

弁護士、検事、裁判官、調停委員、公証人犯罪

  • 2019/07/05 08:42

弁護士、検事、裁判官、調停委員、公証人、この連中は「遺産緒正しい確定方法も、ほぼ分かって居ません、遺産目録の正しい作成とは、も、全く分かって居ません」

ここから全く分からない訳です、こんな連中が、合憲、合法に遺産相続処理を行わせられる道理が、当然無いんですよ。

あまりにもお粗末な、法律を扱う筈の国家権力なのです、単純な泥棒を、法律も何も知らない”強み”で、制度化させた、事に闇でして、押し通して居るんだから。

泥棒までこの連中、善悪判断を付ける頭も持たず、この連中が指揮を執り、凶行させて、直接犯罪に加担して居ます。

悪の権化です、国際社会、民主主義国家各国から日本は「闇組織と日本の金融機関は手を組み、犯罪資金の洗浄に加担して居ると、事実通り指弾されて居ますが”金融機関と言う事では無くて、法務省、司法が頭を張り、金融犯罪から直接実行して居ます”」

闇の集団が、日本の場合、法務省、司法と言うのが実態です、恐ろしい日本国の現実です。

亡くなった人が出れば、法務省、公証人、司法が共謀して、死んだ人の正の財産強奪に、犯罪者と共同歩調を取り、走るまで犯罪国家権力化して居ます。

亡くなった人の遺産預金は「亡くなった人の身分を偽造した書類を作らせ、使わせて、盗み隠らせて、遺産から強引に消す悪事も、国家権力悪用で常態化させて居ます、国際社会も間違って居ます、マフィアと金融機関が共謀では無くて、日本の国家権力が、マフィアそのものと言うのが正しい事実です」

遺産預金仮払い制度

  • 2019/07/05 08:29

遺産となった預金を、相続人である事を「大量の証明書を揃えて証明出来れば、遺産預金が有る金融機関に対して、仮支払を求めて、無条件で受け取る事が出来る制度が、今月発効して居ます」

この制度の発効により「遺産預金が有る金融機関は”遺産預金となり、預金を凍結しなければならない時を、法によって正しく確定させる、当たり前の責任も、公に負いました”」

被相続人が死去した年月日、時間が、遺産預金金額確定、遺産預金凍結決定の時です、ようやくこの制度の発効により、遺産を確定、凍結させる時、も、正しく証明されて行っています。

今までは、公証人、弁護士、裁判官、公証人が「盗めた遺産は泥棒が所有権を得た、遺産から消したんだ、之を権力悪用で、通して来たのです」

遺品整理請負なる、未相続の内に遺産金品を盗ませて提供させる、遺産泥棒請負も、この法務省、公証人、弁護士、検事、検察庁、調停委員、裁判官、裁判所、警察、国税が共謀した犯罪が国中で、法を破戒させて行われ、通されて来たから、おおっぴらに泥棒を請け負って、通ったのです。

未相続の内に遺産金品を盗めば、泥棒が所有権を手に出来ている、司法、法務省犯罪が、公に行えて、通っている故、遺品整理、遺産泥棒も、大手を振って凶行出来て来ている訳です。

遺産預金仮支払制度が発効した事で「遺産金品を、被相続人が死去した後、盗む行為も犯罪だと、改めて立証されて居ます、元々泥棒ですから」

日本国では、国家権力が他者の財産強盗、詐取実行犯

  • 2019/07/05 08:11

日本国では、法務省、司法、警察等が先に立って「憲法第29条、個人の財産所有の権利から、権力を悪用して、強奪、窃盗、詐取し捲って居ます」

強盗国家権力が、日本国を蹂躙し捲って居ます「この権力犯罪は、法の解釈?法によらない制度?により、凶行して通せている、法務省民事局、元エリート検事、裁判官だった公証人らの言い草、言い訳です、法律も何も、この連中は、知らないで犯罪を、国家権力を悪用させて、成功させて居るんです」

遺産強盗も、法務省、公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、調停委員、国税が共謀して「盗めた遺産は、無税で泥棒が所有権を得た、相続財産から失われたのだ」

こう法の根拠ゼロで言い張り、強引に通す事を重ねて居ます、強盗、泥棒行為を、表だって正当化する法律も、当然無いですから「居直りなんとかと同様を、国家権力を悪用させて、強引に通している訳です」

何一つ合法根拠は有りません、権利の無い者が、遺産を強奪、窃盗して所有権を得られた、事と偽って貰えて、犯罪で得た利得なのに、返さず通されるし、無税扱いで通って居る、国家権力犯罪には、合法さは一切有りません。

日本国の国家権力、特に法務省、司法と、この連中の退官後の二次就職、公証人は、治外法権を繰り広げて、通して居ます。

法律なぞ、本当にほぼ知りません「無知故、犯罪に禁忌が全く無い訳です、善悪判断自体が、まるで出来ない”強み”なのですよ」

多くの偽造証拠が

  • 2019/07/05 07:39

偽造塗れ、偽造がばれたら、偽造を潰そうと悪行三昧、の司法権力、この事実も、公式に証明して、使う事がどんどん増えて居ます。

犯罪集団そのものです、弁護士法定代理人委任状は「真正だと証明された委任状が、ほぼ存在して居ない、今まで闇に隠されて来た、真実です」

義兄、義姉”も?”委任者である筈の、この二人の弁護士委任状の住所、氏名の記載が、どれも別人が記載して有る、偽造委任状です、偽造の弁護士委任状で、成年後見人選任審判、調停、民事訴訟代理人で、全部偽造の委任状で、通されて居ます。

義父母の身分を偽造した書類を作って悪用して、金融機関の資金を盗んでもいます、偽造した証拠が、結構な枚数揃って居るんです、悪質さが尋常では有りません。

十和田おいらせ農業協同組合から盗んだ200万円は、ゆうちょ銀行に、義兄の身分を妻が偽造記載して、違法開設した預金口座に、隠匿預金されて居ます。

この金は、偽名口座を開設した、義兄の妻が権利者だと、まあ、偽造した人間しか”正当にこの口座を扱え無いから”ゆうちょも答えている通りです。

そもそも「氏素性を問わず、誰かの名義の預金口座に入って居る金は”口座名義人のお金です、法律的に当然です”」

入金された口座が、偽名口座で有るなら、口座は凍結されて、事実調査、事実と判明すれば、刑法も含めた、適用される法による扱い、となるし、法を犯して得た金と判明すれば、国が没収か、被害者に返金か、重い課税で一定額回収です、当たり前ですよ。

犯罪ばかりの

  • 2019/07/05 06:42

@ゆうちょ銀行小樽貯金事務センター宛、ゆうちょ銀行札幌支店経由文書

                                 令和元年7月5日

ゆうちょ銀行札幌支店 五十嵐支店長
TEL011-214-4300
FAX011-214-4301
ゆうちょ銀行小樽貯金事務センター
TEL0134-33-2216(電話連絡を取った電話番号)
十和田おいらせ農業協同組合 xx金融部長
TEL0176-23-0316
FAX0176-24-1829

                                連絡者
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
 平成29年11月7日、青森県上北郡東北町で死去、小林武四郎次女
                                     山本あつ子
                            TEL011-784-4060
                            FAX011-784-5504
                            山本あつ子夫 山本弘明
                            携帯

1、ゆうちょ銀行小樽貯金事務センターに、一昨日夕刻電話で伝えた事実を文書で伝えます。

(1)平成29年11月9日、xxxxxの死後二日後、xxx次男     と娘が、十和田おいらせ農業協同組合上北支店に於いて、xxxxxの身分を偽造した書類を、     は重度の筋ジストロフィーで字も書けない事から、娘がxxxの氏名を偽造した書類を書いて、作成して使い、xxxの預金口座3532349、預金額450万円あまりの中から、xxxが200万円を引き出したように偽装し、十和田おいらせの資金を窃盗した。

(2)     はこの金を、新発寒の郵便局に、自分は字も書けない事から、妻     に”代筆では無く”     の住所、氏名を偽造記載させて、郵便局も承知で、偽名口座19080-43988641を開設して、十和田おいらせから盗んだ200万円を入金し、隠匿した。

(3)新発寒の郵便局に「この偽名口座の金は、誰に所有権が有るか、山本弘明が電話で確認して、得た答えは”偽造記載した     さんが所有者です、口座名義人の     さんは、字も書けませんし、筆跡は、別に自分の口座を持って居る     さんの筆跡ですから、口座を開設した     さんが、この200万円余りの預金の所有者です”」と、法による答えを得て居ます。

2、山本あつ子と4男小林清志は、この200万円窃盗には関わって居ないし、この犯行を認めても居ません、     には、盗んだ200万円を十和田おいらせに返す事、この金は父の遺産金では無く、盗んだ金だと、ずっと言い続けて居ますが、     と長女は応じないで来て居ます。

3、十和田おいらせ農業協同組合から、     に対して、この200万円を返してくれるように、何度も求めているが、     は応じないで来ている、との事です。

4、十和田おいらせ農業協同組合、xx部長は「地元の郵便局に、この200万円は、十和田おいらせから、不正に抜かれた金で有り、返すように、ゆうちょ本部に伝えて貰いたい旨連絡を取って居る、との事です」

5、     と     は、委任者の住所、氏名を偽造した弁護士選任委任状を作り、母の成年後見人審判事件、父母の遺産分割調停、民事事件に、偽造委任状弁護士を出して来て居て、こちらで偽造委任状を入手し、追及された事で「調停を、裁判所が潰しても居ます”     ,     の偽造署名が弁護士委任状で出て、ばれたので、調停合意書も作れなくなったし、遺産預金、不動産の処理も、相続人2名が署名偽造して発覚した事で、不可能になったからです。

※     の署名比較は、昨年4月2日の、青森銀行上北支店で作り、使われた、     が小林オナヨの身分を偽造して、100万円を抜いた署名と、弁護士委任状の署名を比較して下さい、     の字は、本人は書けないので、有りません、ほぼ妻     が     の住所、氏名を偽造記載して居ます、平成29年11月15日に、青森銀行上北支店で、     が小林武四郎の氏名を偽造して、30万円余りを、口座を解約した、と偽って抜いた書面と比較して下さい。

6、ゆうちょ銀行は、十和田おいらせ農業協同組合、上記200万円を抜かれた被害者に対して、返金するべきでは無いのでしょうか、一旦偽名口座に入れたお金は、偽名口座所有者のお金か、犯罪資金で有り、父の遺産金では有りません。

7、証拠として、息子山本隼行政書士作成、遺産目録抜粋と、次男、長女が偽造委任状を作り、出して居る     が作った遺産目録抜粋も送ります”息子の遺産目録には、父が死去の時点に存在した預金額、十和田おいらせ452万円余り、青森銀行30万円余りが記載されている”が     弁護士の目録には”十和田おいらせ農業協同組合の預金は252万円余り、青森銀行預金は無し、     のゆうちょ銀行預金200万円余り”となって居ます、正しいのは、息子が作った遺産目録です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4672545
ユニークアクセス:3921984
今日
ページビュー:843
ユニークアクセス:809
昨日
ページビュー:3828
ユニークアクセス:3751

Feed