エントリー

2019年07月08日の記事は以下のとおりです。

葬儀費用には間に合いません

  • 2019/07/08 18:09

遺産預金の仮支払制度は、葬儀費用には全く間に合いません、このお金で葬儀をしたいなら、大型冷凍庫でも購入して、遺体を冷凍保存、、、('◇')ゞと、、、.。o○

;亡くなった人の除籍謄本が出るまでに、亡くなって、死亡届を出してから2週間、最低掛かります。

;除籍謄本が出てから、相続人全員の戸籍謄本等を、順次取り寄せて行きます、母親の遺産の場合は”母親が結婚する前の原戸籍も必要です”

;合わせて、被相続人の預金口座も調べて、見つけ出せた預金先金融機関から、預金履歴を取り寄せて”被相続人が死去した年月日、何時何分、の時点で、幾らの遺産預金が凍結されて、存在して居るか、証明します”」

;後、相続人で、請求する人の戸籍謄本と、印鑑証明も用意して、これ等が全部揃いましたら、被相続人の遺産預金が有る金融機関に対して、一部の遺産預金の、仮支払手続きを取ります。

;請求先金融機関に、上記等本当を送り、足りない謄本は、更に取りつけて、金融機関に送ります。

;こう言った手続きが、全部正しく終えられて、ようやく遺産預金の仮支払が受けられます。

※妻の例ですと”必要書類を揃えきるまで2,5カ月位掛かりまた”で、遺産預金仮支払請求手続きを、今月1日に取ったけれど、まだまだ正式手続きには、なって居ません、3カ所の金融機関全てで、とても手間暇が掛かります、費用も結構な金額、飛んで行っています。

ね、葬儀の費用には、遺体を冷凍保存して置いたり、でもしなければ、全く間に合わないでしょう。

犯罪と承知で、法務省、司法権力悪用により

  • 2019/07/08 15:43

犯罪だという事は、十二分に承知で、公正証書遺言を「法律根拠ゼロで、遺産犯罪に、弁護士犯罪利権獲得用に悪用し捲って居ます」

何の法律根拠も無しだと承知で、公正証書遺言に「xxxxに、財産の全部を遺贈する、こう書けば”見つけ出せた正の遺産だけを、司法が強盗に変じて、他の相続権者の遺留分まで全部、強奪し捲れています”」

法律根拠はゼロでの、単純な強盗、泥棒です、法務省、司法が直接犯罪を仕切り、強引にこの強盗、泥棒を成功させているから、法律を犯して居るが、成功させられている、単純な犯罪です。

公正証書遺言に「xxxx、第三者に遺産全部を遺贈する、こう書いて有るからと”正の遺産だけ、他の相続権者の遺留分も、全部強奪出来て居て、負の遺産は放り出して、通されて居ます”」

遺産全部を遺贈する、であれば、負債も一緒に遺贈、となるに決まって居ますが、法務省、元検察のエリートだった公証人、裁判所のエリートだった公証人等が共謀して「包括遺贈と、遺言状に書いて居なければ、正の遺産だけ相続となる、と、法律によらず、決めて通して居る、法務省、公証人の言い草ですが」

そんな法律は、何処にも有りません、法務省、公証人、司法ででっち上げた、単なる詐欺制度です、犯罪そのものです。

整理屋が「滞納している事業税や、債務を踏み倒して通せる、法の抜け道を駆使しての手口を指南した、角で逮捕されて、送検されて居ますが”司法、法務省犯罪、遺産強盗、窃盗、詐欺制度は、何故逮捕もされないんでしょうか”」

法を犯して、負の遺産、滞納税納税も、債務支払いも潰して通して居る

  • 2019/07/08 08:14

法務省、司法、公証人は、大っぴらにまで「公正証書遺言で”第三者に遺産全部を遺贈する、と書けば、正の遺産全てを、法を犯して、他の相続権者の遺留分まで、全部手に入れられている”」

これを公然と言い、通す悪事を働きまくって居ます、更に「法律では無くて、解釈、制度で”包括遺贈と書けば、正、負の遺産の遺贈となる”が、単に”遺贈”と書けば、正の遺産だけ相続を、他の相続権者の遺留分まで、全部手に出来て、被相続人の負って居る債務は、税金も含めて、全て支払わず、法によらず通して居る」

こんな、完全な犯罪も、法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人らが共犯で、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、国税、報道が共犯で、行わせ、行い、犯罪を知った上で通して居るんです。

国家権力が犯罪を指揮して、必要な犯罪を、犯罪者に行わせて、法を破戒させた、と偽って犯罪を成功させて居ます、当然ですが、国家権力も、必要となった犯罪を、法を所管する立場を犯して行い、認めているんです。

この犯罪国家権力を、故意に誰も「法を持って監視もせず、犯罪し放題特権を、憲法、法律破戒特権まで、法務省、司法、警察、国税等に与えて、国家権力テロを好き放題させて、通して居る結果です」

常軌を逸した無知、無能な国家権力集団だから、憲法、法律規定なぞ、ほぼ何も知らない、理解出来ませんので、どんなテロ、犯罪だろうと、全く禁忌も無く、犯罪者に犯罪を認めて、自らもテロ、犯罪に狂奔して居るのですよ、主に弁護士犯罪用にです。

法務省、司法犯罪の蔓延

  • 2019/07/08 07:48

法務省、司法犯罪は、枚挙に暇が無い所まで、日本中で凶行され捲って居ます、遺産強盗、窃盗、詐取の制度化による、相続遺留分強盗被害の状態化も、法務省、司法、警察、国税ぐるみの犯罪故、日本中で凶行されて、関係法律を全て無効化させたと、偽りで決められ、成功させられて居ます。

他の相続権者の、法律で認められている、相続遺留分まで「司法、法務省が”国家権力を悪用させて、法を全く備えず、強奪して、通す事に走って居ます”遺産預金根こそぎ強奪、不動産根こそぎ強奪等を、法律根拠ゼロで、国中で凶行して、通して居るのです」

犯罪を行い、不当利得を得ている事も、法務省、司法、警察、国税は、承知の上の犯罪です。

法律に従えば当然、他の相続権者が持つ、法定遺留分まで強奪して居るのですから「正当な相続権者に、法を犯して遺産を強奪した者は、違法に手に入れた遺産を返す責任を負って居るし、法を犯して利得を得ており、刑法第19,20条が、先ず科せられるんですが、国税徴収法も適用されるし」

ですが、法務省、司法、警察、国税が共犯で、指揮、実行犯だから、弁護士犯罪利権獲得の為に、法務省、司法、警察、国税、報道ぐるみで「犯罪と承知で、国中で大々的に行わせ、法を破戒させて成功させて有る、国家権力犯罪ですから、それが理由で成功しているだけなのです」

今月から「相続権者は、大量の必要書類を揃えて”見つけ出した被相続人の遺産預金口座履歴を取り、被相続人が死去した年月日、時間で、法律上凍結されている”遺産預金金額から、一定額の仮支払を受けられるようになりました」

今までは法務省、警察、司法、国税が共謀して「被相続人が死去後、盗まれた金は、全部被相続人が死後、自分の預金を引き出した金だ、死人が死後、自分の金を引き出したんだ」

こう強弁するか「被相続人が死んだ後、相続権も無関係で、遺産となった預金も、盗めれば泥棒が所有権を得て通るんだ、被相続人が死去後、金融機関から抜かれた金は、被相続人の預金資金だ、被相続人の預金は、死んでからも、誰でも合法に抜けるんだ」

この犯罪を、法律は適用されない、を理由と言い張り、通して居ます、極悪な犯罪国家権力です。

国税徴収法違反、遺産詐取、窃盗、強奪もですが

  • 2019/07/08 07:34

公正証書遺言が有ろうと、無くても同じですが「遺産は、相続権者の遺留分まで強奪、詐取、窃盗して手に入れれば、泥棒が法を犯して、手に出来た遺産緒所有権を、無税で得た、之を法によらず、法を犯して居ると承知で、通して居る」

法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人らが「事実通りですから、認めて答えて居ます、完全な犯罪であり、この所業が合法との根拠は、ゼロで認めて、通している犯罪だと、認めています」

こう言う国家資格者、国家権力が、一方で「整理屋を”国税徴収法違反だ、滞納した税金、債務の徴収を逃れる目的で、事業所を別に作り、利益部分だけ移す一方、負債は元の会社に残して、所在地は遠方に飛ばして、実質休眠させて”負債、滞納した税金を返さない、国税徴収法違反である」

こう決めて、摘発して、起訴した訳ですが、法務省、元エリート検事、裁判官dった公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、国税が共謀して「遺産泥棒の公認、正の遺産違法と承知で根こそぎ不正入手、一方で、負の遺産法を犯して踏み倒し、に走って居ます」

完全な犯罪であり、犯罪による負債、滞納税踏み倒しです、法務省、公証人、司法、国税が指揮を執り、手を汚して居る、れっきとした犯罪行為ですよ。

整理屋の行って居る事は「法律に正しく照らし合わせて、国税徴収法違反を本当に立証して、刑事罰を科すのは、ほぼどの事案でも、不可能でしょうね、検事、裁判官(弁護士はもっと論外)国税査察職員に、之を正しく果たせる知識は、無いでしょうから」

一方で「遺産を巡る犯罪は”簡単な強盗、窃盗、詐欺です”あんな手口の犯罪、幾らでも犯罪を証明出来ますから」

単に、法務省、司法、警察、国税が直接実行犯だから、荒っぽい、単純犯罪が、おおっぴらに成功させられているに過ぎません、整理屋のやって居る事とは、比較出来るようなレベルの犯罪では無いです。

やって居る事は、整理屋等歯牙にも掛けない悪行

  • 2019/07/08 06:57

事業不振により、事業税の滞納と、未払い金が増えて行き、事業が破綻する所まで来てしまって居る事業所を「法律を駆使して、生き残らせられる事業だけ、別の事業所を作ったり、休眠会社を買い、生き返らせたりして移して、事業を継続する」

一方で「負債を残した、元々の事業所は、事業所所在地を、元の住所地から、思いっきり遠方に飛ばして、事業税も含めて、債務支払いを不可能とする」

こう言う事業が、整理屋の一種で有ると言う事です「国税徴収法違反で、この事業整理を請け負って来た方が、逮捕され、起訴されて居ます、本当に立件するのは、検事、国税の職員では、無理でしょうね」

まして、起訴した所で「裁判官のレベルで、理解出来る筈も御座いません”公正証書遺言悪用を常として、法務省、司法、国税が共謀して、通している事実”あの調査結果を見れば、整理屋が行って居る事が、どう犯罪となるかも、からくりも、分かる筈が御座いません」

そして「公正証書遺言を悪用して、他の相続権者の遺留分まで強奪して、法務省、司法、警察、国税が共犯だから、犯罪と承知で成功に、強引に持ち込んで通して居る」

この法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、国税が共犯の犯罪と、整理屋の行為と比べて、どっちが正しく犯罪でしょうか。

しかも、公正証書遺言の悪用には「法律を犯して居ると、公証人、法務省、弁護士、検事、裁判官、調停委員、国税ぐるみ承知で”正の遺産だけ第三者に遺贈で渡す一方、滞納して有る税金と、負債は、相続権者が相続放棄して、踏み倒す悪事も組み込んで、通して居ます”」

当然ですが、悪質過ぎる犯罪であり、何も法律の裏付けも無い、犯罪ですが、法務省、司法、警察、国税が実行犯だから、成功させられているんですから。

法務省、司法による、国家権力犯罪

  • 2019/07/08 06:39

今日の北海道新聞の27面に「整理屋に縋る不振企業」なる記事が掲載されて居ます。

この記事の内容は「事業不振により、事業税の滞納額が増えて行って、差し押さえられて事業が破綻する寸前、こう言った事業者に、経営を任せて貰い、滞納している税金等を、色々な手を講じて支払いを逃れて、事業を継続させる、と言った事に関する記事です」

負債を抱えた事業所を、別の会社に切り替えて、事業所の所在地を、思いっきり遠方に飛ばす、一方、利益を生む事業は、別の事業所を立ち上げるか、休眠会社を買って生き返らせて、利益を生む事業を移す、と言った手です。

この会社再建は、お金を直接得てはいません、利益が出る事業だけ、経営を任せて貰うだけ、との事です、国税徴収法違反で逮捕、起訴して居ますが、本当の立証は、まず不可能でしょうね。

翻って「公正証書遺言を”法律の規定破壊を、法務省、司法が強制的に認める、と言う、国家権力犯罪手法を駆使して悪用させて居る”遺産強奪制度は、完全な犯罪です」

そもそも「公正証書遺言に”誰かに遺産全部を遺贈する、こう書いた所で、法律規定では、相続権者には、遺留分が法律で認められており、公正証書遺言で、他の相続権者の遺留分まで強奪出来る筈が無いんです”」

完全な、国家権力による強盗です、公正証書遺言なぞ、当事者間だけでの取り決めで有り、第三者に対して、絶体の効力なぞ、生じる訳が無いのです。

他の相続権者が持つ、法定遺留分まで「法律根拠ゼロで、公正証書遺言による遺贈で、強制的に強盗出来て、通されている、国家権力による、単なる強盗ですから」

犯罪で利得を得て居ながら、法務省、司法、警察、国税が共謀して、犯罪利得は犯罪者に所有権が移った、無税の犯罪利得である、之で通して居ます、幾つ犯罪を認めて、通しているか、之が日本の現実です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627467
ユニークアクセス:3881230
今日
ページビュー:1144
ユニークアクセス:626
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed