エントリー

2019年07月10日の記事は以下のとおりです。

未相続の遺産物品リストも

  • 2019/07/10 17:36

阿部さんの両親の、未相続の遺産物品の、おおまかなリストも出来て居ます。

この遺産物品も、阿部さんの甥の所有だと、裁判官、裁判所、国が偽り、闇に流して、法を犯して処分する予定なのです、強盗ですけれどね。

不動産明け渡し強制執行、こう謳うが「強盗ですよ、間違い無く、申立者の甥が、父親、叔父叔母の相続遺産を、法に背いて所有権を、強引に得た等、有る訳が御座いません」

写真も有ります、物品目録も作りました、未相続の遺産物品です、証拠が出来て居ます。

この遺産物品も「相続手続きに入って居るが、次男、長女は”遺産を不正に抜き、等に手を染めており”相続手続きを、市保護課も共謀して、行わないで逃げて居ます”」

今までであれば「弁護士の指揮を受けた裁判官、執行官が”申立者が所有者の、個人所有物だ、こう、国が嘘を吐いて、強奪して、闇に消して来れたんです」

でも、阿部さんの件は「両親が所有して居た遺産物品だと、公に証明されて居ます、次男の子供の所有物では、全く無いと、公に知れ渡って居ます」

法務省、司法強盗は、阿部さんの両親の遺産家財でも、公に凶行出来るでしょうか?単なる強盗行為を、おおっぴらに凶行に走るか、国民は監視出来ます、法務省、司法、国税j犯罪を。

司法が法律根拠ゼロで、遺産強盗他を

  • 2019/07/10 17:24

法務省、司法が法律根拠ゼロで、遺産強盗、窃盗に狂奔して来て居ます、極悪を超えた、テロ犯罪国家権力、国家資格者です。

単なる強盗、泥棒を、法務省、司法権力を悪用させて「法律に無い、法律では無い”解釈、制度だけで行って、通して居る、遺産強盗、窃盗適法制度だ”ですからね、之で法務省、司法と言うのですから、単なる短絡犯罪国家権力です」

公正証書遺言を、脱税の、犯罪利得への課税の時効分、7年間分調べて「法を犯して他の相続人の遺留分まで強奪して居た、や、法を犯して債務を踏み倒して、利得だけ手に入れて逃げて来て居る、を洗い出して」

犯罪相続人、委任弁護士、公証人、裁判官、裁判所の犯罪責任、犯罪で税の徴収を逃れて居る事実責任を、法律を適用させて、公式に問わなければなりません。

証拠は先ず「他の相続人の遺留分まで、法を犯して強奪させる公正証書遺言、負債だけ相続せず、正の遺産だけ手に入れて、負債を違法に踏み倒す内容の、公正証書遺言が、犯罪が行われた証拠です」

法務局に、犯罪を行う記載が有る、公正証書遺言が残って居ます、法務省、司法犯罪の証拠は、法務省、国が持って居ます、逃げられ無い証拠が、法務省、公証役場に存在して居ますから。

報告です

  • 2019/07/10 17:03

阿部さんの父親の遺産預金、平成23年3月24日に死去された父親の遺産となった預金履歴も、今阿部さんから、北海道銀行等に「過去10年間の預金履歴を取る手続きを、既に行って頂きました」

時効は死去時から10年以内です、まだ1年以上時効まで有ります、間に合いました。

十和田おいらせ本部も言う通り「被相続人の遺産確定は”被相続人が死去した年月日、時間です”死去した時期は、分まで除籍謄本に記載されて居ます、この死去の時間以後、抜かれた遺産預金は、遺産預金が引き出された、では無くて”預金先金融機関の資金の窃盗です”」

時効は十年です、裁判所手続きを取り、相続の完了を決定させて居なければ大丈夫です、遺産となった預金を、被相続人が死去した時点の金額で確定ですから、その金額をベースとして、遺産預金仮支払請求手続きを、相続権者は取れますから。

妻の父親の死去は、平成29年11月7日です、阿部さんの父親の死去は、平成23年3月24日です、どちらも年単位過去の死去時期ですが、遺産預金仮支払手続きは、十分出来るんです。

この二件の遺産預金仮支払請求は、今後大きなうねりとなり、金融機関に向かうでしょう「当然ですが”遺産強奪司法ぐるみ犯罪行為責任も、大きく問われて行きます”」

特に公正証書遺言悪用の実例は、法務省、元検事、裁判官だった公証人、弁護士、検事、裁判官、裁判所犯罪です、大きな責任問題が、凄い件数表に出て行きます。

裁く資質、知識、能力、人間性が無い

  • 2019/07/10 08:11

インターネットが無かった時代だったから、弁護士、検事、裁判官は、神を超えた知識、能力を備えた、現人神達だと、法螺話を事実と偽り、通して来れたんです、報道カルトが「法曹資格者の虚偽神格化のみに狂奔して、全くの嘘を、事実のように見せかけて、その嘘を。

弁護士、検事、裁判官は「己を顧みる事も出来ず”自分達は現人神だ、全知全能の神だ”こう、カルト特有の自己狂信に暴走して来て、無知蒙昧、無能、犯罪者集団と言う事実を、司法権力悪用で、正当な犯罪だ、こう偽り、通して来て居るのです」

インターネットも普及して、弁護士、検事、裁判官なる連中の、実際の頭の程度、法律知識、実務能力、知識の本当も、事実を証明して、広く知らせられるようになり、又、法曹の本当が何処に有るかも、ネットに流れている知識等でも、確認が、幾らでも出来るようになっているんです。

単なるカルト集団による、知識、能力も無い法曹資格者主体の「神様ごっこが実際です、神になった、そんな知識も何も、備わって居ませんから」

子供でも分かって居る「他者の所有物を奪っては、盗んではならない事から、弁護士、検事、裁判官連中は”本当に理解も出来て居ません”狂った裸の独裁者です」

他者の所有物を、他の相続人の遺留分を盗んではならない、奪ってはならないと、法律規定で決まって居ないから、奪って良い、盗んで良い「被害者には請求権が有るから、犯人に請求する権利を、被害者の意思で行使出来るから、法によらず、他者の財産等を奪い、私物化して良い、弁護士、検事、裁判官の、之が言い草、行為事実です」

日本の国家権力は、とっくに犯罪集団化して居た

  • 2019/07/10 07:51

日本の国家権力は、とっくに犯罪集団化して居たのですよ、私利私欲の為、国家権力を悪用して、我欲を満たす事だけに動いて来て居るんです。

公共の利益なぞ、意味も分からないのが実際です、私利私欲、我欲の為しか、この国の国家権力は、動いて居ません。

何しろ「憲法、法律規定による公務遂行も、法律の正しい適用も、ゼロレベルとまでして有りますからね、日本の国家権力、国家資格者の頭の程度が”憲法、法律を踏まえて公務を遂行する、国家資格者業務を遂行する事等、全く不可能な頭の程度”これが実際ですから、合憲、合法を果たす事等、意味すら分からないんです、不可能なのですよ」

元エリート検事、裁判官と「偽りで謳い、司法を支配して来て居た公証人連中の、あの実態を見ても分かるように”あれが本当なのです、東大を頂点とした、日本の高学歴エリートなる、国家を独裁支配している連中の実態は”」

あれでエリートなら、エリートなる連中は、子供以下の頭、人間性と言う事です、法曹資格者で、エリートだった、あれが?本当に何も、法律を正しく適用させる事の意味も知りません、ほぼ何も、正しく理解出来る事件は、無かったと言う事ですよ。

正しく理解出来る事件が、実は無知故無かった検事、裁判官の上です、刑事、民事事件を謳う、多くの過去、現在の事件の扱いは、出鱈目扱いと言う事です、恐ろしい現実ですが、本当です。

かんぽ生命の言い訳と

  • 2019/07/10 07:21

かんぽ生命の言い訳と、法務省、司法犯罪、遺産強奪、窃盗の制度化は、言い訳が同じ部分が有ります。

弁護士、裁判官、検事、公証人、警察官ー被相続人は”遺産を法によらず、xxに渡すと言っていた、公正証書遺言に書いた、よって他の相続人の遺留分まで、法によらずxxが奪って良い、xxが相続権の無い人間なら、他相続人の遺留分まで違法に奪っても無税だし、債務は相続せず通り、脱税も通る”本人の意思だ。

かんぽ生命ー契約者が”契約を変更する旨の文書に署名しているから、契約を変更した結果、保険料二重払いになったり、割高になったり、保険に加入出来なくなり、無保険となった人が多数出ているが、違法性は一切無い、契約者の意思によるからだ。

同じ虚言、言い訳ですよね、高齢になり、認識力が激減した人や、認知が悪化して、当事者能力が失われている人や、重い障害を持った、当事者能力、資格が狭く限定されている人に、この連中は付け込んで居ます。

「当事者能力が失われている事に、この連中は、得意になって付け込んで、当事者の意思が絶対だ”当事者能力、資格の有無は無関係だ”こう強弁して、犯罪者と共に、犯罪に走り、司法書士、弁護士(退官後の検事、裁判官も)犯罪をしのぎと出来るように、国家権力悪用に走って、通して居ます」

かんぽ生命と法務省、司法は、同じ体質の犯罪集団です、当事者能力、資格の有無が、高齢者、認知症の人、重い障害を負った人相手の場合、先ず問われるに決まって居ますが「犯罪被害の生贄に最適故、故意に当事者能力を問わず、食い物にしています」

当事者能力が有る人間、相続権者に対しては「司法テロ行使で、犯罪被害を加えて、通して居るしね、法の破壊特権行使が武器だ、と公言して」

法務省、司法犯罪

  • 2019/07/10 06:43

@二件の”遺産相続、強奪、窃盗他が起きて、司法、警察、国税が、犯人が就けた弁護士利権擁護や、国家権力恒常的犯罪公認故、法によらない犯罪公認制度、遺産は盗めば勝つ”と強弁し、犯罪者擁護、被害者潰しに走って来て居る、遺産泥棒制度被害事件で、法務省、司法、国税共犯故成功、法の根拠ゼロ、他を証明しました”遺産預金仮支払制度が稼働して、死去後、遺産泥棒公認制度が、完全に犯罪を言い逃れられなくなっていますが”

                                令和元年7月10日

                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正、後妻業もこの制度活用
FAX011-222-7357 整理屋は国税徴収法違反、遺産泥棒は?
小樽市長、市議会、市税、塵減量推進菊地次長
FAX0134-32-5032

※ここから別紙「今月9日付、衆議院議長宛請願書、準備書面、5日付、十和田おいらせ、ゆうちょ銀行宛て文書」添付、上記には送付済み、国会案件にもしました”法務省他、国税、地方自治体、司法、警察、報道が共犯の巨大犯罪、レベルは極めて低い国家権力犯罪です。
FAX0133-75-2275 石狩市長、市議会、税務課、環境各配布
FAX011-372-1131 北広島市長、市議会、税務、環境各配布
FAX011-381-0390 江別市長、市議会、市税、環境各配布
FAX0123-32-0260 恵庭市長、市議会、税務、環境各配布
FAX0123-49-2056 千歳市長、市議会、税務課、環境各配布
FAX0126-23-9977 岩見沢市長、市議会、市税、環境各配布

1、別紙の通り、衆議院宛請願も行い、国会議員国会質問雛形、質問主意書雛形も、政党に(複数)送って有ります「日本国で行われている、法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、国税ぐるみの犯罪、公正証書遺言悪用遺産強奪、何も無くても、遺産窃盗公認、盗めた遺産は犯罪者が所有者、遺産から強制抹殺、無税で犯罪利得入手、犯罪者に就いた弁護士と、犯人で山分け、遺品整理、不動産明け渡し強制執行を謳う泥棒、強盗の裏も、この3部他書類で証明されて居ます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4706904
ユニークアクセス:3951573
今日
ページビュー:227
ユニークアクセス:218
昨日
ページビュー:1013
ユニークアクセス:960

Feed