エントリー

2019年07月12日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪が破綻、司法の敗北

  • 2019/07/12 14:56

義父の死去後、次男の娘が義父の氏名を偽造した書類を使い、十和田おいらせ農業協同組合から、200万円を盗んで、次男の妻が郵便局で、次男の氏名を偽造記載した手続きで、偽名口座を開設して、この、盗んだ200万円を隠匿した事件で。

遺産預金仮支払手続きを、妻、4男が取った事に対して今日、十和田おいらせ農協から「義父が死去時の預金金額、452万円余りが、遺産預金で存在して居ますので、この金額をベースとして計算して、遺産預金仮支払を行います、こう記載もされた、仮支払手続き書が送られて来ました」

義父が死去後、死後2日経過した日に、次男の娘が、十和田おいらせ上北支店に次男と行き、義父が死去した事を伝えて、義父の身分を偽った書類を書いて、200万円を盗んだ金は「十和田おいらせの資金です、義父の預金から、義父死去後引き出された訳では有りません」

これを、正しく遺産預金仮支払手続きで、十和田おいらせ農業協同組合は、答え、法に沿った決定として、出したのです。

今まで司法書士、弁護士犯罪利権獲得の為、法務省、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、国税、警察挙げて「国家権力悪用を武器とさせて、強引に法を破戒させて通して来た”遺産は盗んだ人間が所有権を、無条件で得て、相続権者には相続権が無くなるんだ”」

この司法、警察、法務省、国税犯罪も、こうして実例証拠が出来て来続けて居るから、破綻に向かっている訳です、強盗、泥棒、詐欺、横領が合法の筈が、元々無いのです。

司法、警察が犯罪者の直接一角、だから成功させて来れた、事実です。

さらに追加

  • 2019/07/12 13:13

                   請 願 書

                                令和元年7月12日

請願相手
〒100-8960 東京都千代田区永田町1-71
衆議院事務局付
大島理森衆議院議長殿
TEL03-3581-6866

                            請願者
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
          平成29年11月7日死去、小林武四郎次女山本あつ子
                            TEL011-784-4060
                             同住所
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明 
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
           〒065-0018 札幌市xxxxxxxxxxxxxx
                                   4男小林清志
                           TEL090-xxxx-xxxx

1、遺産預金仮支払制度手続き、平成29年11月7日、青森県上北郡東北町字大浦19在住者、小林武四郎の死去に絡む、武四郎の遺産預金仮支払請求の内「武四郎の遺産預金が有る、十和田おいらせ農業協同組合への、遺産預金仮支払請求手続きで、別紙の通り十和田おいらせ農業協同組合は、武四郎死去後の遺産預金450万円余りに関して、同月9日、次男娘が武四郎の身分を偽り、盗んだ200万円は、十和田おいらせの資金であり、遺産預金は450万円余りが、死去時の凍結遺産預金金額で、山本隼行政書士作成目録の通りの正しい金額なので、正しく残って居ます、この金額、450万円余りをベースで、仮支払い致します」と、仮支払依頼書に、遺産預金額、仮支払額金額として記載して来ました。

2、之で更に「次男、長女が偽造委任状で出して居る      弁護士の、死去後盗んだ金は、遺産から差し引く、遺産預金額は250万円余りだ、との偽造遺産目録と、この違法遺産目録を認めている裁判所、裁判官犯罪も含め、犯罪と立証されて居ます」

3、立法府は、全遺産相続案件で「小林武四郎の実例が合法ですから、遺産は被相続人死去時で凍結、遺産預金も同じ、死後抜かれた金は、金融機関の資金で、遺産預金とは無関係、之を法により、絶体で通す事を実現させるよう求めます」         

追加

  • 2019/07/12 10:24

                  請 願 書

                                令和元年7月12日

請願相手
〒100-8960 東京都千代田区永田町1-71
衆議院事務局付
大島理森衆議院議長殿
TEL03-3581-6866

                                  請願者
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、〒004-0001 札幌市厚別区厚別東条x丁目x-xx在住だった阿部花枝氏(死去時は琴似のグループホーム)さんが死去後、次男子xxxx氏が、阿部花枝氏の遺産となった、死去後に支給される年金を詐取した事件で、今日新さっぽろ年金事務所に電話を掛け(TEL011-892-0313)相談員と言う、畑山氏(女性、多分社労士)と話して、下記事実を確認しました、早急に事実を確認し、責任機関による再犯防止、犯罪者摘発、処断をさせるよう求めます。

畑山ー遺産となった年金は”被相続人に対して3親等以内の親族なら、相続権の有無も証明不要で、請求する人間の戸籍さえ有れば、請求を受けて支払って居る”相続権を戸籍謄本等で証明する必要は、一切無い。

畑山ーxxxxさんの遺産となった年金は”孫であるxxxxが、自分以外相続人は居ない、と言って、請求したから渡した”正しい遺産年金支払いです”但し、相続権者がxxxxさん、xxxxさん、xxxxさん、xxxxxさんの順番、遺産年金を受け取れる権利の順位で、xxさんから請求され、居ると分かったので、先ずxxxxさんに、再度xxさんの遺産年金を支払います”その後、多分年金機構本部が、xxxxさんに、支払った花枝さんの遺産年金を返すように、手続きを取る筈です”

畑山ーxxxxさん夫婦、xxxxさんが、相続人4人が生きている事等の記載が有る戸籍謄本も持参して、相続人は孫の自分しか居ないと、相続人であるxxさんも横に居るが、言ったから、xxxxさんに、xxさんの遺産年金を渡しました、一切違法では有りません。

畑山ー相続人は生きて居ると、戸籍謄本で証明して、相続人も同行して居て、詐欺と承知でxxxxに支払って、ばれたからxx氏に二重支払いして、何故詐欺にもならないと言い張れるんだ、公的な資金だぞ、と言うんですか”xxさんにはその内、年金が支払われるんです、何が問題だと言うんですか、支払う手続きは終わっており、そのうち支払われるんですから”xxxx氏に対する請求は、本部が行います、違法は一切有りません、詐欺も無いです。

畑山ーxxxxさんは、xxさんと共に、xxさん、xxさんとxxさんは各々別の住所で”xxxxさんと生計を一にしていたんです”住所が別でも、3親等以内の親族以外の第三者が、xxxxさんの件でもそうですが”年金受給者、xxさんとxxさんが、生計を一にしていた、と証明書に書けば、相続権も関係無く”合法に遺産年金を受け取れるんです。

畑山ー勿論xxxxさんが、xxさんの遺産年金を受け取るに際しても”3親等以内の親族以外の第三者が、xxxx氏が、xxxx氏と生計を一にしていた”と、証明書に記載して居ます、証人の名は教えられません。

2、現在厚別警察署は、二課若杉警部補、橋本巡査部長が、この件の捜査に当たって居ます、上記経緯も、さっき伝えて、関わった第三者も含めて、年金資金詐欺の捜査を、、改めて求めて有ります。

3、xxxx氏らによる、xxxxさんの死後手を染めた、道銀から二回、xxxxさんから預かったキャッシュカードを悪用して、合わせて50万円以上を盗んだ事件は、手稲警察署一課、浜井警部補が担当して居ます、手稲警察署(次男住所地管轄、偽名口座事件も管轄)は、義父の死後、次男子、妻が、義父の身分を偽装して、十和田おいらせ資金200万円、青森銀行資金30万円余りを盗み、ゆうちょ新発寒郵便局偽名口座に隠匿と、使い捲った事件に付いて”一切犯罪は無い”と握り潰した警察署です、十和田おいらせは、盗まれた200万円はうちの資金、小林武四郎の預金が、死後引き出された訳では無い、この金の被害者はうち”と認め、ゆうちょに請求して居るのですが、十和田おいらせの、200万円の資金窃盗被害も、法を犯して握り潰して居ます。

死んだ人の身分を偽り、金を盗んで来て居る証拠

  • 2019/07/12 08:47

司法、警察、法務省、国税が共謀して、死人が出たら「亡くなった人の身分を、亡くなった人が預金している金融機関も共犯で、誰かが偽った書類を書いて”無くなった人が死後、自分で金融機関に来て、書類を書いて使い、死んだ後、自分の預金を引き出して、持ち帰った”これを偽る手口で、実際には金融機関の資金を盗めて、通されて居る、泥棒制度が有ります」

石川xxさんの死去後にも、この方の長男妻が、石川XXさんと、預金先の郵便局員と偽り、金を盗んで居ました。

実行犯の一角の郵便局員は「石川xxさんの長男の嫁だと知っているから”長男の嫁に、石川xxさんが死去したと、嫁が先ず伝えて有るので、嫁に石川XXさんを偽らせて、郵便局の資金なのに、盗ませた経緯を、当時者らしく書いて出して居ます”」

過去10年遡れば、山のように「調停、裁判に出された”遺産泥棒の何が悪いんだと、公に、弁護士、裁判官、調停委員、裁判所他が通して来て居る犯罪も合わせ”同様の遺産泥棒が出捲って来るでしょうね」

もう公文書証拠も揃っており、法務省、司法、国、国税は、一切言い訳も不可能です、犯罪の頭は国家権力、国と立証されて行っています。

十和田おいらせからは、義父が死去後抜かれた200万円は「十和田おいらせの資金だと、十和田おいらせが認めて、死去時の金額で、遺産預金仮支払金額を計算し、記載してくれています、もう死後遺産を盗んだ、遺産預金は盗まれた分消えた、この司法、警察ぐるみ犯罪も、破滅です」

遺産目録も、弁護士と裁判官が共謀して、偽造して、法を破戒させて、強引に司法テロの行使で、盗めた遺産は泥棒が所有者、遺産から消した、之に走って来て居ますが、もう完全に司法テロ、犯罪と証明されて居ます、これから過去、現在までの司法違反強盗、窃盗公認制度責任を、どう取るのでしょうか、日本国政府も含めて。

死人の身分偽装、窃盗を、金融機関ぐるみで

  • 2019/07/12 08:21

今日送った書類には「亡くなった方が出た、亡くなった方の遺産預金を”預金先金融機関、警察、司法ぐるみで、死人の身分を偽装した書類を作り、使う、法を犯して認められる手で盗める”実際は、預金先金融機関の資金窃盗ですけれど、これを”郵便局職員が、陳述書に犯行の経緯を書いて、裁判所に出したら”」

正しい犯罪だと、被相続人の妻が、亡くなった事から郵便局員に告げて、亡くなった人が生きて居て、窓口手続きを取り、自分の預金を引き出したと、郵便局員が、犯罪を承知で認めて、行わせたんだと、犯人だから知っている事実等が書かれて居ます。

この陳述書も「正しい犯罪だとされて、宇都宮地検、那須塩原警察署、栃木県警も、何処も”犯罪そのものの行為ですが、公認されて通って来て居ます”青森県警、北海道警察ぐるみの、義父の遺産預金等強奪、窃盗犯罪の指示、犯罪を承知で握り潰し”実例証拠と同じです」

過去10年分、遺産となった預金も「先ずは、仮支払請求が出来ます”預金先に騙されないように、きちんと被相続人の預金履歴を、必要な分取りましょうね”被相続人が死去した年月日、時間が、遺産預金凍結の時です」

それ以後、幾ら金が盗まれて居ようと「預金先の金融機関の資金窃盗です、遺産預金には、全く無関係の金ですから」

金融機関が共犯ともなり、自分の所の資金を横領した、窃盗した事件です、被相続人は死後、自分の預金引き出しなぞ、出来る筈が無いのです。

司法、警察犯罪の

  • 2019/07/12 08:00

司法、警察だの、偉そうに、法の番人だとかほざいて居ますけれど、合憲、合法を理解も出来ません、合法、適法と、犯罪行為と、本当に「常識欠落、憲法、法律は、意味も含めてほぼ知らない連中だから、法の番人は、努められ無いのですよ」

遺産預金仮支払が、法律で受けられるようになりました「で、今も続けさせられて居る”特に司法書士弁護士が共犯の場合と、公正証書遺言がある場合は、ほぼ無条件で、犯罪と承知で行えて、通されて居る、遺産強盗、窃盗制度”と、見事に不整合が生まれ出して居ます」

司法書士、弁護士を共犯で頼むと更に「警察、検事、裁判官、裁判所、法務省、国税が共犯で、犯罪を承知で加担して来て、今も同様の犯罪を、司法書士、弁護士に、犯罪を認めて犯罪利得を、委任者と一緒に手に出来るように、公に計らって貰えて居ます」

近代法治国家が笑わせて貰えます、単純な犯罪行為国家権力です、頭を使っても居ません、普通の犯罪と比べても、とても「東大を上位で卒業した、日本国のエリートが頭を張り、でっち上げた司法犯罪制度だとは、思われません」

当たり前に「強盗、泥棒でしか有りません、何の”表向きは適法と偽って有る、国家権力犯罪”らしい所は、見出せないですから」

先々週、先週調査した「元エリート検事、裁判官だった公証人連中の言い草、あれがこの連中等の実態です、何処にも”憲法、法律を正しく理解して、正しく適用させられる所は見いだせない、そんなスキルも無い連中、が実際なのです」

あの連中の、実際のレベルででっち上げたから、ここまで馬鹿を体現した、司法他国家権力犯罪、遺産強盗、窃盗制度も、国中で凶行されて、法の破壊を武器とされて、通されて居るんです。

司法犯罪、過去の責任も

  • 2019/07/12 06:28

                 請 願 書

                                令和元年7月12日

請願相手
〒100-8960 東京都千代田区永田町1-71
衆議院事務局付
大島理森衆議院議長殿
TEL03-3581-6866

                               請願者
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

@請願事項

1、公正証書遺言も含めて”遺贈の意思は、遺贈する者が正しく当事者能力、資格を持ち、顕したか、高齢者、認知が進行した方、重い障害を負った方の遺贈の意思の場合、主治医の診断書、意見書、行政の要介護認定度、ケア担当者の意見書”も、公正証書取り交わし時、遺言書作成時の証拠”で添えさせる事を求めます、後妻業犯罪にも活用させて居る、公正証書遺言悪用、他相続人の遺留分まで、法を犯して居ると、法曹権力、公証人が、確信犯で認識の上の犯行事実、不当強奪制度は、国家による強盗行為です。

2、当事者能力自体疑わしい公正証書遺言での”一部財産遺贈記載、不動産遺贈”で、遺贈者のあらゆる金品を、遺贈を受ける者が所有権を得たと、偽りで決めて、不動産明け渡し強制執行名目で、該当場所に有る、あらゆる金品を、遺贈を受けた者が所有者と、国が偽り、強奪して、所有者偽装の手で一廃処理、古物売却、xxxx、xx氏の遺産家財等でも、この犯罪が予定されて居ます”単なる国家による強盗です”他者財産、未相続遺産を強奪、窃盗し、通す蛮行を、国もやめるよう求めます。

3、添付証拠、平成22年4月15日に死去された、私の友人のご母堂の遺産窃盗事件、実行犯の一角、郵便局担当の陳述書の通り”遺産相続権が消える、過去10年に遡れば、山のように、死者の名を騙った書類偽造、預金先金融機関ぐるみの犯罪、遺産預金窃盗が出て来ます”今も法を犯し、行われて居る、弁護士、司法書士犯罪利得獲得用の、遺産強奪、窃盗公認制度の付が、遺産預金仮支払制度実施により、詐取させた遺産預金再支払となり、先ず金融機関に、支払い責任が、法律規定を党首され、出て来て居ます”死人を騙り、遺産預金を偽り、金融機関資金を盗ませて、犯人と委任司法書士、弁護士に山分けさせて居る司法、法務省、警察、国税、金融機関”は、正しく、詐取させた金融機関資金は、遺産とは無関係ですから、遺産預金仮支払に応じて、詐取させた資金は、損金計上して下さい”。

証拠説明

1、2に関して

(1)xxxxさん(平成23年3月24日死去)の公正証書遺言は「目も見えず、字も書けないこの方、退院は不可能な病状、認知も、当事者能力ほぼ喪失で、死を待つばかりで入院して居たこの方を、長女、次男子夫婦で病院から連れ出して”目も見えず、字も書けない阿部健一氏は、小川公証人が読み聞かせた、孫であるxxxx氏に、所有する土地建物を遺贈する事を了解して、公正証書を、小川公証人が代筆し、交わした”となっています」xxxx氏に、当事者能力が備わって居た、医学的証拠も、行政による証明も無しでです。

(2)別紙新聞記事、今月11日の記事に「かんぽ生命は”保健乗り換え等に関して、加入者である高齢者から、合意書面を取って有り、合法である”旨強弁して居ます”公正証書遺言悪用の手”当事者能力が著しく失われた遺贈者に、当時者の認識もろくに無い中で、財産を奪う為公正証書遺言を交わさせて、当事者の意思だ、他相続人遺留分まで強奪が、法によらず出来る”の手と、かんぽ生命は変わりません、こんな公正証書、公正証書遺言作成、強制行使は、国家犯罪です」

(3)今月11日付、法務大臣他宛て文書と、xxxx、xx氏が遺した、遺産家財品目録ベース品目リストに有る物品は「(2)の手で、xxxx氏が、次男子xxxx氏に、所有する土地建物を遺贈する旨公正証書を交わしたからと、xx氏子4人の減債遺留分まで、xxxx氏に”法的根拠ゼロで奪い、渡す、不動産明け渡し強制執行手続きで、国が未相続遺産物品と承知で、xxxx氏所有家財と偽り、強奪して、違法に一廃処理、古物売却する、国が強盗して、xxxx氏に提供する、物品リスト基本と、説明です」単なる強盗犯罪でスタート、でしか有りません。

3、に関して

(1)別紙、東京高裁平成24年(ネ)第199号事件相続権確認他訴訟に出された「被相続人、平成22年4月15日に死去された、xxxxさんの遺産となった預金が”xxxxさんの長男妻により、郵便局員も共犯で、xxxxさんの死後、xxさん死去を、先ず郵便局にも告げた長男妻が、xxxxさんを偽った引き出し書類を、郵便局員の指示もあり書いて、絹江さんが自分の預金を引き出したと偽り、次男xxxさんから訴えられて、出して来た、犯行を詳細に認めている郵便局員二名の陳述書です」

(2)義父xxxxx死後、次男妻子が、義父の死去を伝えた上で、十和田おいらせ、青森銀行職員緒共謀を得て、行った犯行と同じです、十和田おいらせは真っ先に「お父さんの死後引き出された金は、十和田おいらせの資金で有り、お父さんの遺産預金は、お父さん死去時の金額が、法による遺産預金金額で存在して居るので、遺産預金仮支払は、お父さんが死去時の金額をベースで支払います」こう答えて、手続き中と伝えた通りです。

(3)今後「xxxxさん、xxxxxの遺産となった預金窃盗、実際は金融機関の資金窃盗事件と同じ構図の、遺産預金は盗ませた、遺産から消えたと、司法、警察ぐるみ偽り、泥棒を守って来た行為が”金融機関が、自己資金窃盗に加担した故、遺産預金仮、本支払いに応じる責任を負う、この合法支払い責任となり、金融機関に降り掛かります”犯行を強引に正当と偽り、通して居る司法、警察、法務省責任は、問われないのでしょうか?」

(4)有名な後妻業事件、東大出の弁護士と組み、数名の方、後妻業と言われて居る、筧千佐子結婚相手の死去後、公正証書遺言により、他相続人遺留分まで遺産を抜いた(一部は減債遺留分返還を求められ、返した)事件に関して、向町警察署、右京税務署に当方で「彼女が手にした遺産は”他相続人の遺留分まで違法入手して居るが、抜いた金の行方、課税に関して、捜査、調査したか、不当利得で犯罪、課税対象の遺産なのだから”これを問い質しました」

(5)向町警察署捜査刑事は「他の相続人の遺留分入手も含めて、一切捜査して居ない、それで遺産目当ての殺人を立件した」と答え、脅して来ました、右京税務署は「他の相続人の遺留分まで入手は不当利得ですか?遺産目当て殺人は不当利得入手ですか?一切課税調査もしていません、公正証書遺言を使えば、どうやって遺産を得て居ようと、一切課税調査をしないんです、自己申告納税だけです」と答えて居ます。

(6)公正証書遺言悪用で、ここまでの犯罪が出来て、通って居ます、国が責任を負うべき状況です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4582485
ユニークアクセス:3838964
今日
ページビュー:45
ユニークアクセス:45
昨日
ページビュー:2037
ユニークアクセス:2007

Feed