エントリー

2019年07月14日の記事は以下のとおりです。

ネット広告の,3を変える

  • 2019/07/14 18:22

3、今年7月1日から、遺産預金の仮支払いを受けられる、法律による手続きが始まりました、当社は既に、遺産相続に必要な各調査を請けると共に、物凄く必要書類が要る、遺産預金仮支払の手続きの手助けも行い、仮支払いを受けられる実例も出来て居ます

4、この遺産預金仮支払手続き開始により、被相続人と相続人全員を証明した、正しい証明書類全てと、遺産となった預金の洗い出し、証明と、正しい証明書を持った遺産相続手続きが、今までと違い、求められる事となって居ます、仮支払い自体、これ等を揃えなければ受けられません、当然相続完遂も、こう言った証明書が必須となって居ます

5、今後更に、未相続のままで未相続の遺産資金を使い、遺産物品を、遺品整理業者等に処理を頼むと、合法な遺産相続が果たせませんし、違法に遺産金品を流した責任、脱税も含めた責任も生じます

人を巻き込むな

  • 2019/07/14 18:05

司法犯罪、遺産強盗、強奪、窃盗制度で言えば、犯罪を手掛けて我欲を満たす悪人に、犯罪をしのぎとさせている弁護士、司法書士、加担して居る警察、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、法務省が、犯罪者と共に、他者を犯罪に、強引にも含めて巻き込み、犯罪で利得を、犯罪者と共犯弁護士、司法書士で得て、国家権力が犯罪に与して居るから、絵に描いた短絡犯罪が、犯罪免責を受けて、成功して居るのです。

他の人、事業者を、犯罪に引き込み、一蓮托生に持って行っています、まあ、手を貸す、汚す人間、事業者も愚かしいのですけれどね。

義父の死後、義父の身分を偽り、金融機関から金を抜きに走り、200万円と30万円余りを、まんまと盗んだ悪事も、義母が生きて居て、特別養護老人ホームに入所して居る、認知が悪化して、当事者能力ほぼ無しに付け込み、施設職員と手を組み、義母が施設に預けて有った、義母の預金通帳、印鑑を施設の共犯職員が、違法持ち出しして。

義母が自分で金を引き出した、ように偽装して、100万円を、義姉が盗んだ事件も、他者を悪事に引き込んで居ます。

犯罪を行う犯罪者が、自分だけでは犯罪が成功しないからと、他の人を犯罪に引き込んで居ます、加担する愚か者が出なければ、犯罪は成功しないんですけれどね。

こう言った犯罪を、弁護士、司法書士犯罪利得獲得の為、司法、法務省、警察、国税、報道が共謀して「国中で行わせて、法を破戒させて、犯罪を公認して、成功させて居ます」

遺産預金仮支払制度が、法律規定により始まりました、死人の身分を偽装して、金融機関の金を盗んで来ている所業は、盗んだ物品古物売却もですが、今後とても拙い状況に陥って行くでしょうね、過去の犯罪の清算が、始まりだして居ます。

人を巻き込むな、犯罪に引き込めば、何れ犯罪行為責任が回るから。

犯罪者そのものの行為

  • 2019/07/14 14:44

他者の財産を、司法、警察、法務省、公証人特権を悪用させて、強奪、窃盗させる指揮を執って居る、共犯で手を汚して居る、犯罪者そのものの悪行を、公権力を手に出来たこの連中は、繰り広げて通して居ます。

法律に完全に反した、単純な強盗、窃盗を、公権力を行使する事で、犯罪責任を逃れさせて、逃れて成功させて居るのです。

義父母の財産、遺産強奪、窃盗も、初めは次男と家族、長女と家族の犯行でしたが、犯罪者に与して稼ぐ、之を当たり前とさせている弁護士が食い付き、犯罪を成功させるべく、暗躍して来ました、偽造委任状で、つまり「委任、受任は虚偽で、です、単なる犯罪者同士の共謀です」

ここに警察、裁判所、裁判官、調停委員も、犯罪を潰して、犯罪を成功させる為に、法の破壊による、犯罪正当化実現の為、共犯となって手を汚し捲って来たのです。

一旦この連中は、犯罪者に加担して、弁護士犯罪利得獲得も成功させる事に暴走し出せば、合法化に向く事は有りません、根っからの犯罪集団国家権力ですからね。

その本性通り、犯罪が暴かれる度、逆恨みに走り、犯罪は無かったように、犯罪を免責と、法を破戒させて通す、犯罪が無かったと、偽造公文書証拠を作り、使う、犯罪は正しい、合法が間違いだとまで、国家権力悪用テロに、狂い切って暴走して来て居ます。

十和田おいらせ農業協同組合は、義父の身分を偽り、200万円農協の金が盗まれた事件で「この盗まれた200万円は、十和田おいらせ農協の資金だと、完全に認めて、回収にも動いています」

青森県警本部、七戸警察署、北海道警察本部、手稲他警察署、司法、国税は、もう言い逃れられません、まあ「同じ犯罪を、国中で弁護士、司法書士犯罪利権獲得の為に認めて、犯罪を共に行い、成功させて居るのですから”この事件だけ、法を正しく適用させる、筈が無い訳ですけれどね”」

お陰で十和田おいらせ農協にしても「200万円自己資金窃盗被害を、次男側からか、隠匿先ゆうちょ銀行から回収出来なければ、そのまま被る訳です、警察、司法が犯罪者擁護に暴走して居る結果で」

犯罪者の側に完全に

  • 2019/07/14 09:16

法務省、公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、国税、報道は、もう完全な組織犯罪集団です、未相続の遺産金品強盗、泥棒の公認、加担、共犯で実行、完全な犯罪集団化して居ます。

何処にも合法は無い、知った上での「国家権力を悪用させた、財産権強奪犯罪の公認です、もう強盗、窃盗、詐欺、横領を、犯罪とは出来ません、之だけの国家権力が共犯となり、財産強奪犯罪に狂奔して居ますからね」

弁護士犯罪、司法書士犯罪だ、だから犯罪だが適法で、法律規定は無効化させて、成功させて通して居る、之が正当化の根拠?です、全く何処にも正当性も無いです、単なる犯罪です。

義兄、義姉が、偽造委任状で暗躍させて居る、件の弁護士の「死人を偽り、金融機関から盗めた金は、遺産預金から消せた、泥棒が所有権を得て、遺産から消した金だ、この犯罪遺産目録も、正しく犯罪行為です」

十和田おいらせ農業協同組合は、義父が死去した二日後に、次男の娘が義父の身分を偽造した書類を使い、200万円を十和田おいらせ上北支店から盗んだ所業に付いて「十和田おいらせ農協の資金が200万円盗まれた、義父の死後、義父の遺産預金が盗まれた、訳では無い、義父の遺産預金は、死去した時点の金額が、全て存在して居ます」

こう認めて、遺産預金仮支払手続きに対しても、この内容をベースで応じてくれていますし「十和田おいらせ農協として、犯人である次男側と、盗んで隠匿した先、ゆうちょ銀行に、200万円返せと求めても居ます、泥棒の被害者だと、はっきり認めての動きです」

警察、司法は「泥棒は犯罪では無い、正しい泥棒で200万円入手だ、一切犯罪とならぬ、盗めた金は、泥棒の所有となった、之を強弁して、通して来て居ます、今後もっと派手に、泥棒が行えて、通るんでしょうね」

遺産泥棒公認は、犯罪だと当たり前に証明されて

  • 2019/07/14 08:47

未相続の内に、遺産金品を盗み放題出来ている、司法書士、弁護士犯罪利得獲得の為に、法務省、公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、警察、国税、金融庁他行政機関、報道が共犯、実行犯で、この強盗、泥棒も「関わる法律を、全て無効化したと偽り、居直り強盗以下の詭弁、虚言で成功させて来て居ます」

一旦強盗、窃盗に成功すれば、上記国家権力が一体となり、奪えた遺産は犯罪者が、無税で所有権を得たんだ、法律規定は無効化して、之を適法とさせて居るんだ、こう言い張り、法の破壊を武器とさせて、強盗、泥棒を強引に成功させて来て居ます。

何処にも合法は、強盗、泥棒ですからね、有りません、先月最後の週と、今月初めに「年収数千万円を得ている、元エリート検事、裁判官だった公証人連中と、法務省が答えている通りです”法の解釈、制度で遺産強盗、窃盗入手が正しいとして、通して居る”」

之で法務省、元エリート検事、裁判官なのです、何の法律根拠も無し、それはそうですよね、単なる強盗、泥棒ですから。

未相続の内に遺産を、相続権も無関係で盗む事に成功すれば「泥棒が犯罪で手に出来た金品に付いて、無税で所有権者として貰えて居る、国家権力が強盗、泥棒を”法を破戒させて、正しい財産権強奪だ”講法を破戒させ、押し通して居る”事実と、遺産預金仮支払制度実施により、正しく相続権を証明して、被相続人が死去の時点の預金額が、確定遺産預金額、死後抜かれた金は、金融機関の資金”」

これが事実立証されて行っています、これからはもっと公に「未相続の遺産金品泥棒し放題、犯罪に成功すれば、犯罪利得は犯罪者が手に出来る制度、遺産となった預金は、被相続人の死後、抜かれる事は無い」

これを合わせて行わせて行くべきです、構いませんから、金融機関が良くて行わせて居る、死人の身分偽装で金を盗ませて居る、国家権力ぐるみ犯罪なのだから。

泥棒と承知で、法務省、司法、警察が共犯で犯罪免責

  • 2019/07/14 08:21

義父の死去後、義兄妻子が十和田おいらせ農業協同組合、青森銀行に行き、義父の死去を告げた上で、義父の身分を偽った書類を、娘、妻が偽造作成して使い、十和田おいらせから200万円、青森銀行から30万円余りを盗んだ事件で、青森県警、七戸警察署、道警本部、手稲他警察署は。

「死んだ人間の身分を偽り、金融機関の金を盗む行為は適法で、一切犯罪性は無い、正しい行為だ」

こう、書面も付けて、訴えを蹴って居ます、裁判官も、弁護士犯罪の一つ故、この手の犯罪を、司法挙げて認めて、共犯で加担もし捲って居ます。

未相続の遺産は、誰でも好きなように強盗、窃盗すれば、犯罪者が所有権を無税で得て通して有る、国家権力犯罪が、こうして大っぴらに行えて、強引に法を破戒させ、成功させて有るのです「犯罪者に就いた弁護士は、犯罪者が法を犯して利得を得られており、犯罪利得額に応じて、犯罪成功報酬も増える、と言うからくりなのです」

ですが、今月から「正しく相続権を、公文書証拠を必要な分揃えて、被相続人が預金口座を開設して居る金融機関に対して”一定の条件により、遺産預金仮支払を受けられる制度”がスタートしたので、今後は」

被相続人が死去した時点で存在して居る預金が、遺産預金金額で確定する、この法律規定が絶対ですので「被相続人が死去後、幾ら預金先金融機関から金を抜かれても、遺産預金とは無関係ですから、相続権者は痛くも何ともありません」

この法律制度実施により「過去も含めて、遺産預金泥棒に成功した、筈の事件は”金融機関の資金窃盗で有り、被相続人が死去後、被相続人の預金が消える事は無い”この合法通り確定と、ようやくなって行っています」

法務省、公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、警察、国税他が指揮、実行犯、共犯者で成功させて来て有る遺産強盗、泥棒入手制度も、破滅に向かって行っています。

法務省、司法、警察犯罪

  • 2019/07/14 07:25

@平成29年11月7日、義父小林xxx死去後の9日、義兄と娘が十和田おいらせ上北支店に行き、義兄身分を偽装書類で200万円窃盗事件は”遺産預金仮支払手続きを取った妻、4男の請求に、十和田おいらせは、xxx死去時の預金額452万円余りが遺産預金額、盗まれた200万円は十和田おいらせの資金”これで請求を受けました、青森県警、道警他警察、弁護士、裁判官、裁判所、法務省、公証人他犯罪、遺産強盗、窃盗で入手適法は潰えました

                                令和元年7月14日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※阿部溘悦氏から纏め等を委任された、厚別、手稲警察署宛文書も添付

山下貴司法務大臣、民事、刑事局、公証係
FAX03-3592-7393公正証書悪用他で強奪、窃盗させた、責任は
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
北海道財務局理財部 金融監督第一課、梅津他担当
FAX011-746-0946 偽造書類で遺産預金窃盗破綻、監督権は
東北財務局 青森財務事務所理財部坪田担当
TEL017-722-1461
FAX017-777-3177
綿引万里子札幌高裁長官、宝塚誠地裁所長
FAX011-271-1456障害に付け込み訴訟潰し、委任状偽造潰しも
植村実札幌高検検事長、東弘地検検事正
FAX011-222-7357
FAX011-218-5124 共産党市議団

1、北海道財務局、青森財務事務所には、別紙も送ります「今月から始まった、遺産預金仮支払制度手続きを、妻、4男は、十和田おいらせ農業協同組合、青森銀行、ゆうちょ銀行に対し取って居ます」

2、この請求に対して十和田おいらせは、義父小林xxx死去の二日後、義兄と娘が十和田おいらせに行き、娘がxxxの身分を偽った書類を使い、盗んだ200万円は、十和田おいらせの資金で有り、武四郎の遺産預金は、xxx死去時の452万円余りが法に沿い、存在して居ます、こう文書でも認めて「xxx死去時に存在した遺産預金額が、確定遺産預金額です、この金額で仮支払を計算して、支払います」と答えて、手続きをこの内容で終えました。

3、十和田おいらせ農業協同組合は「次男側だけでなく、盗んだ200万円を隠匿して有る、ゆうちょ銀行にも、盗まれて隠された200万円の返還請求を行って居ます」窃盗被害金ですから。

4、別紙手稲署、厚別署宛て文書にも書いたように「この事件と、青森銀行での、次男嫁による、xxx死去後の平成29年11月15日、上北支店での、次男嫁による、xxxの身分偽装書類を使い、30万円余りを盗んだ事件共に”青森県警、七戸署、道警本部、手稲署等は、死人の身分を偽った書類で金融機関から金を抜く行為は適法、一切犯罪とならぬ”こう公言し、一切犯罪は存在せず、と文書も添え、訴えを突っ返して居ます」今後、犯罪を承知で握り潰した事実に付いての、警察責任も生じるでしょう。

5、金を盗まれた十和田おいらせは「盗まれた200万円を、泥棒と、共犯のゆうちょ銀行に対して、返還要求を出すと共に”xxxの遺産預金は、法に従い、xxx死去時の金額が、遺産預金額で確定しており、支払請求には、xxx死去時の預金額で応じる”と、公式に認めて居ます」偽造書類で十和田おいらせの資金が盗まれた事による、当然の措置です。

6、法務省、公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、警察が共謀して、金融庁、財務省、国税、報道も共犯で、法を犯す事で成功させて来て居る「未相続の遺産は強盗、窃盗した者が所有権を、無税で得る、奪われた遺産は、遺産から抹殺されて終わる」この強盗、泥棒制度は破綻して居ます、財務省、今後過去10年分を基本として、被相続人死去時に存在した遺産預金額で、相続権者からの支払い請求に金融機関は、法に沿い、正しく支払う事を徹底させて下さい。

7、公正証書悪用、他の相続人の遺留分まで、遺産預金も、法によらず強奪させて居るや、未相続遺産金品は、泥棒が無税で所有権を得る制度、死人の身分偽装で金融機関資金窃盗も、これからも是非続行させて下さい、金融機関の資金窃盗です、構いませんので。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4667943
ユニークアクセス:3917493
今日
ページビュー:69
ユニークアクセス:69
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed