エントリー

2019年07月16日の記事は以下のとおりです。

違法改造トラッククレーンも

  • 2019/07/16 16:32

違法改造トラッククレーンも、ようやく労働基準監督署、手を入れると決めたと、ようやくですか。

高所違法作業の禁止、とても分かり易い手入れです「違法改造トラッククレーン高所作業を、適法に行うように是正させる訳です」

@トラックの屋根の上の足場と、クレーン支柱に付けた椅子共に、80センチ以上位の高さの手すりを、溶接して設置する。

@梯子も外側に”落下防止の枠を設置する”溶接して。

@屋根の上の足場板に、違法改造トラッククレーンに設置した椅子に乗る場合”必ず二丁掛で安全帯を掛け外ししながら、高所危険作業しなければならない”

まあこう言った違法高所作業是正を、労基はようやく調べて、合法な設備設置、合法な高所作業を実現させる、訳です。

ダンプの高さは、4,5メートル以上になります、高さ制限緒3,8メートルを、大きく超えてしまうんですよ、法律規定に沿い、違法なトラッククレーン屋根上操作を、法に沿い果たさせられれば。

合法労働の為に、必要な安全設備をダンプ、トラッククレーンに設置すれば「そもそも車検が通せない”トラッククレーン支柱の頂部に、違法に操作機器と、操作用の椅子を設置した事が、完全に違法です”トラッククレーン、ユニッククレーン、ヒアブクレーン操作は、地面で法に沿い、行わなければなりません」

阿部さんが受けている、遺産泥棒被害も

  • 2019/07/16 16:22

阿部さんが受けている、遺産泥棒被害も、泥棒の一人、阿部さんの甥が居住する小樽税務署にも「犯罪で得た利得への課税を、税務署責任で果たすよう、今日更に求めました」

証拠、説明文書等は、北税務署に渡して有りますので、北税務署から書類を取り寄せて、泥棒利得への課税、犯罪で得たr利得への課税を求めたんです。

減債遺留分強奪も入れれば、もうすぐ一千万円ですよ、犯罪で手にしている利得は。

犯罪を行い、犯罪利得を得て居る事は、言い逃れようのない事実で、証拠も揃えて北税務署にも渡して有ります、犯罪で利得を得て、犯罪利得全額を手に出来ている、許される事では有りません。

司法、警察、法務省、公証人、調停委員、国税、報道が共犯で、遺産強盗、泥棒を強引に成功させて居ます、妻の父親の遺産泥棒事件被害と、阿部さんの母の同様の事件で、証拠も揃えて、犯罪で利得を得ている、国家権力犯罪の踏襲で、等も立証して有ります。

今日の文書、証拠は、後先になって来て居る「犯罪を証明した証拠、犯罪を証明した実例を、きちんと整合性を取り、纏めた書類窃盗です」

妻の遺産泥棒被害に関しての、十和田おいらせ農協から出された、遺産預金は被相続人が死去した時点で存在した遺産預金金額が、確定遺産預金金額です、この金額で、仮支払い致しますと書いた書面、請求書は、先週金曜日に来ましたから。

今までの司法主犯遺産強盗、泥棒の付が

  • 2019/07/16 14:42

今まで得意になって繰り広げて、法の破壊を武器とさせて、成功に強引に持ち込んで通して来れた、遺産強盗、窃盗、司法書士、弁護士犯罪利権獲得用制度も、遺産預金仮支払の制度が、法律によって行えるようになり、犯罪の公認で通せて来た、司法遺産強盗、泥棒で遺産無税で入手、犯罪利得獲得の制度が、過去分も含めて破綻して行って居ます。

どれだけ出鱈目、適当だったか、例えば「義父の遺産泥棒に関わる行為ですと、下記の出鱈目が通って居た、筈なのです」

;義父の死亡診断書のコピー。

;相続権者だと、ほぼ自己申告した人間の印鑑証明書。

;代表相続人?を決めた?相続人全員?の住所、氏名記載書類。

;被相続人の預金通帳、届け出印鑑。

これで「被相続人の、遺産となった預金を”本当かどうかも良く分からない、代表相続人が、全部抜けたんです”」

一方、遺産預金仮支払請求手続きは”被相続人の死去を、市町村に届け出てから14日経過した後、除籍謄本を請求して、届いてから、被相続人の原戸籍等全て取り寄せ、被相続人の遺産預金履歴取り寄せ、相続人全員を証明した、戸籍謄本等全部取り寄せ。

これ等を全部、金融機関から求められた物全てと、金融機関に騙されないように、きちんと遺産預金取引履歴も、必要な分取り寄せて、ようやく遺産預金仮支払請求手続きを行えます。

今後、遺産預金仮支払手続きに必要な、被相続人、相続人に関わる戸籍謄本等全ての取り揃え、証明は、遺産預金口座解約、現金化に必須の証明書となって行くでしょう。

今までの遺産預金解約、現金化が、出鱈目、犯罪過ぎただけです、ようやく法に沿い、合法な手続きとなったに過ぎません。

出、過去の重大な犯罪責任が、犯罪の共金融機関から、負わされて行くのですよ、盗ませた遺産預金を、無条件で補填しなければなりません。

纏めを再度

  • 2019/07/16 08:18

今日の文書は「改めての”遺産強盗、泥棒入手を合憲、合法破壊で成功させている、法務省、公証人、司法、警察、国税、報道ぐるみ犯罪の、再度の証明のまとめです”」

義父の死後、義父の身分を偽り、金融機関から金を盗んで、司法、警察が犯罪に直接加担する、何時も通りの司法、警察ぐるみの、弁護士犯罪制度擁護の為のテロが、やはり起きて、盗まれた金は「遺産泥棒制度に拠り、正しく義父が死去後、義父の遺産預金が失われた、抜かれた金は、遺産預金から失われて、相続権者、泥棒以外の相続権者は、泣き寝入りと決めて有る」

これをやはり、司法、警察テロ発動で「居直り強盗以下の司法、警察犯罪凶行も重ねて、強引に成功させると、妻、次男(私)にテロ攻撃を重ねて来て居ます」

法律を正しく適用させれば、強盗、泥棒でしか無いが「法務省、公証人、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所、警察、国税、報道、地方自治体犯罪だから”合憲、合法破壊を武器で使い、通して”犯罪で奪えた遺産は、法を破戒させて、犯罪者が所有権を得た”これを決めて通して居る、国家権力犯罪で、強引に成功に持ち込もうとして来たのです”」

ですが、遺産預金の仮支払いを、法にそった証明書を揃えられれば、法によって受けられる事に、法律が出来て決まった事で、一気にこうした法務省、司法、警察、国税犯罪が、犯罪そのものと正しく表で証明されて、遺産は強盗、窃盗に成功すれば、犯罪者が正しく無税で所有権を得たと偽り、通して居る、国家権力犯罪は、破綻して行って居ます。

遺産泥棒正当化を、合憲、合法破壊を法務省、司法ぐるみ

  • 2019/07/16 07:52

遺産は強盗、強奪、窃盗に成功すれば、犯罪者が無税で、無条件に犯罪で手に出来た遺産の所有権者となる、法務省、公証人、司法、警察、国税、報道が共犯で、犯罪の公認を武器で駆使して、強引に成功させて有る、犯罪の制度化の一つです。

之が強盗、泥棒である事は、法に反して居る、法律で正しいとなる根拠ゼロと言う事は、法務省も、元エリート検事、裁判官だった(表向きだけ、実態は違う)年収数千万貰って居る公証人連中も、国税も、元々国家権力を悪用させて、法を破戒させて、成功させて有るだけの悪事だと承知です。

単なる強盗、泥棒を「憲法、法律は間違いで有り、条文通り適用されると思うな、弁護士、検事、裁判官が独善だけで”合憲、合法破壊と承知で、犯罪と承知で犯罪こそ正しい!と決めて、通せる”これが唯一の正解だ」

之だけを、実際国中で強引に通す事ばかりに狂奔して来て居ます、狂い切った独裁テロ集団ですから。

遺産預金を証明して、相続権を、膨大な証明書を揃えて証明して、遺産預金の仮支払請求手続きを取れば「被相続人が死去した時点、除籍謄本の記載の、除籍時点で遺産は、預金も含めて凍結されて居ます、法の規定がこうなっている通り」

この法律規定に沿い、新たに制定、今月1日から施行された「正しく証明出来た遺産預金に付いて、正しく相続権を証明出来た相続権者が、証明書を全て添えて、法律規定により”相続権を行使して、遺産預金仮支払請求手続き”を、遺産預金が存在する金融機関に対して取れば、法律規定に沿い、正しく規定の遺産預金の支払いを受けられます」

被相続人が死去後、被相続人の身分を偽り、金融機関から金を盗んだ(年金遺産資金も)被害は、遺産金(遺産年金)では無くて、預金先金融機関(年金事業)の資金被害です、この法律規定も、遺産預金仮支払いを受けられる法律手続き実施により、正しく通るようになっています。

民主、自民政権問わず

  • 2019/07/16 07:23

法務省、司法、警察、国税、報道、地方自治体等が共犯、遺産強盗、窃盗で犯罪者が所有権強奪、法の破壊ですが、国家権力が頭を張って居る、財産権強奪正当化犯罪だから、合憲、合法破壊を武器とさせ、強制成立させて来て居ます。

別に自民党が悪い、訳では有りません、民主党政権の時も、社会党政権の時も、変わらずこの犯罪”も”合憲、合法破壊を武器とさせて、居直り強盗以下の、国家権力悪用を武器で使い、権力犯罪だから、通って来て居ます。

自民党、公明党政権の今、遺産預金仮支払受けが出来る法律規定、手続きを作って貰えた事で、遺産となった預金は「被相続人が死去した時点、除籍謄本記載の時点、何年何月何日何時何分の時点で、原則凍結された、法律規定が正しく稼働し出しました、この事は、国民、遺産を強奪、窃盗された相続人が、司法、警察、国税犯罪被害を受けて、犯罪によって奪われた遺産を、強盗の居直り国家権力犯罪で、泣き寝入りさせられて来た被害者達は、素直に感謝するべきです」

野党が政権を取ってりゃ、こんなまともな法律による、合法な遺産確定、相続権保護、行使の法律は、法律による遺産合法確定、合法相続実現を果たす法律は、作られなかったでしょうから。

野党は何処も「弁護士犯罪国家権力が、次々合憲、合法を破戒させて、テロ、犯罪を正当化したと偽り、犯罪者と組み、犯罪利得を得て山分けする事に、合憲、合法破壊の手で加担して来て居ますから」

自民党は「功罪共に、が実際です、結構まともな合法化実現の為の法律制定、施行も、実際行って来て居ますから、司法犯罪の破壊を達成出来る法律、規定作りも」

遺産預金の仮支払いを受けられる、法律に沿い、遺産預金を証明して、相続権も証明したら、ようやく司法犯罪、遺産強盗、窃盗入手が正当テロを、法律で、法律の正しい適用で、潰せます。

司法犯罪で遺産強奪、泥棒も

  • 2019/07/16 06:12

@平成30年10月11日午前10時40分過ぎ死去、xxxx氏の”遺産となった預金が、xx氏死去後、孫(と妻?)によって、北海道銀行手稲星置支店ATM、機械番号736から二回引き出された”となって居ますが、これは道銀資金窃盗です、遺産は、被相続人が死去した時点で、原則凍結、法の規定です”十和田おいらせ農業協同組合が、私の妻の父の遺産窃盗、同様の犯罪被害事件で、法律通り、消えたのは農協資金”と答えを出して居ます

                                令和元年7月16日

            証拠も添えて、上記事実、法律規定を伝える会社

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

北海道財務局理財部金融監督課、梅津他担当
TEL011-709-2311(4314)
FAX011-746-0946
北海道銀行頭取
TEL011-233-1110 本店営業部矢沢担当他
TEL011-694-3011 手稲星置支店支店長、鳥居、後藤担当他
FAX011-694-3247

1、平成30年10月11日午前10時40分過ぎに死去した、xxxx氏の遺産となった預金、道銀普通預金1610973501、この口座番号の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを預かって居る、xx氏次男子供(と妻)こう言う事実が有る中で、30年10月11日午後13時21分に、星置支店ATM736機器から287、000円が抜かれ、同月15日午後18時15分に再度、同じ支店ATMから244、000円が抜かれている、当社に調査委任している、xx氏長男、次女、相続権者は、全く知らなかった犯罪行為です。

2、同じ人間(と妻?)による、xx氏の遺産年金詐欺に加担した、xx氏長女と、父親の次男(共に生活保護受給者、これ等犯罪に、市保護課も加担)は承知です、年金機構は”相続権の無いxx氏孫による、xx氏の遺産年金詐欺”を認めて、長男xxxx氏にも”xx氏の遺産年金を、二重に支払う”と答えて居ます。

2、私の妻の父親が死去した、平成29年11月7日の後、9日に妻の兄、次男と娘が、妻の父が預金口座を持つ、十和田おいらせ農業協同組合上北支店に行き、父の死去を伝えて、次男娘が、口座名義人祖父の氏名を偽造した書類を書いて、十和田おいらせ農協の資金200万円を窃盗し、同月15日には、青森銀行上北支店に、次男と妻が行き、次男妻が、私から見て義父の氏名を偽造した書類を書いて、30万円余りを盗んで居ました。

3、別紙(準備書面原案)の記載、証拠の通り「今月から始まった、遺産預金仮支払請求を、妻と4男が、十和田おいらせ、ゆうちょ銀行、青森銀行に対し手続きを取り、十和田おいらせ農業協同組合は一番先に”私の妻の父親の身分詐称、十和田おいらせ上北支店で200万円窃盗事件で、十和田おいらせ農業協同組合は、下記答、手続きとして居ます」

4、「遺産預金は、被相続人死去時で凍結、よって、義父死去後盗まれた資金200万円は、十和田おいらせ農業協同組合の資金です、お父さんの遺産預金は、死去時の金額452万円余りが存在して居ます、遺産預金仮支払は、行政書士の息子さんが作った遺産目録、上記金額が正しく、次男、長女が使う弁護士の遺産目録、死後盗まれた金200万円は、遺産から引いた遺産目録は間違いです、うちから盗まれた200万円は、次男側と、この、金を隠匿して居る事等教えてくれた先、ゆうちょ銀行に返還を求めて行って居ます」と答えて、別紙の通り、真っ先に遺産預金仮支払手続きを終えられました、多分日本初でしょう、死人緒身分詐称で、金を盗んだ事への合法回答と合わせて。

5、今後同様の犯罪に付いて「裁判所で遺産相続完了確定手続きを取って居なければ、過去10年分、被相続人死去時に存在した遺産預金に付いて”先ず、膨大な証明書、預金履歴を揃えて、相続権を証明出来れば、遺産預金仮支払請求を行い、法に沿い仮支払いを受けて”残りの遺産預金支払い請求が出来ます」

6、公正証遺言悪用の手や、相続権も無関係で、遺品整理なる泥棒も合わせて「被相続人の財産、遺産を、他相続権者遺留分も強奪、窃盗すれば、泥棒が無条件で、無税で所有権を得て、相続遺産から司法、法務省、警察、国税が、法を破戒させて、相続遺産から消して通して居る、法務省、公証人、司法、警察、国税犯罪も、之から責任が問われ出します」上記犯罪に根拠無し、法務省、公証人への調査記載、準備書面で確認下さい。

7、別紙手稲警察署、厚別警察署宛文書にも書いたように「法務省、司法、警察ぐるみの、単なる犯罪行為で”遺産は強奪、窃盗すれば、犯罪者が無税で所有権を得られた、と偽って通し、遺産から強引に消して来て居る”が、今後は”必要な証明書を揃えて、相続権と遺産預金を証明出来れば、過去10年分、裁判所手続きなしの場合、無条件で、被相続人死去時に存在した遺産預金を、預金先金融機関から回収出来ます、法の規定ですから”」

8、北海道銀行も「法に沿い”遺産となった預金の支払い請求に、仮に公正証書遺言悪用への加担や、泥棒との共犯で、死んだ人が死後、自分の預金を引き出したと偽って有った実例に付いても”遺産預金は、当然引き出されて居ませんので、法律に従い、正しく相続権者からの、遺産預金存在証明付き、支払い請求に応じて下さい、年金機構、十和田おいらせ農業協同組合と同じく」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700087
ユニークアクセス:3945408
今日
ページビュー:20
ユニークアクセス:20
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed