エントリー

2019年07月19日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪破滅

  • 2019/07/19 16:15

法務省、司法犯罪、遺産強盗、泥棒入手制度、極悪非道を超えた、国家権力犯罪です、弁護士、司法書士が、犯罪で利得を手に出来るように、国家権力が仕組み、犯罪の限りを尽くす事を、犯罪者と共犯弁護士、司法書士に認めて、強引に成功に持ち込ませて居ます。

ですが、私が山のように手を打ち、犯罪を証明して、犯罪を表に出して「合法化に動く金融機関も出て来ており、犯罪を止めて、合法を実現すると動いて呉れた所も出て居るのです、感謝です」

義理の身内の犯罪を、司法、警察、国税挙げて「犯罪と承知で支援、共犯で犯罪を凶行、犯罪の正当化詭弁に暴走、これで犯罪を成功させようと、悪事の限りを尽くして来て」

合憲、合法が勝ちました、合憲、合法実現に切り替えて下さった機関が出てくれて、とても助かりました、感謝して居ます、小さい機関が日本の国家権力犯罪を、合憲、合法を持って破綻させました。

社会正義は実現されなければなりません、ようやく合憲、合法を実現させる機関が出て来てくれました、今後、統一の雛形となります、合憲、合法が実現されて行く雛形です。

司法、警察、国税、法務省、道庁、道警、報道犯罪、遺産強盗、泥棒制度、とんでもない権力犯罪です、弁護士犯罪利得獲得が目的の主眼、許される事では有りません。

司法犯罪遺産強盗、泥棒、犯罪者が犯罪で得た利得を手に出来る、私が合法化に動き、賛同してくれるところが出て下さり、合法化実例が出来たのです。

実例が

  • 2019/07/19 16:03

実例完遂、今後の金融機関の「絶対の雛形、日本で初めての合法な実例です、もう金融機関の資金泥棒なのに、預金が盗まれた、又は”偽造書類手続き、なりすましと言う、正しい手続きで、預金が引き出された?”と偽り、司法、警察、金融監督機関、金融機関犯罪は、成立させられ無いのです」

又日本初で、合法を統一で通す、公式合法化実例を作りました、盗めば泥棒が正しい所有権者、法で定められた権利者は、財産所有権を強奪されて終わる、司法、警察、法務省、国税他犯罪は、犯罪そのものと事実立証されたのです。

北洋銀行とネクステップ、札幌市、環境事業公社、報道機関、道庁、道警が共犯、死人の遺産金、遺産預金を盗み、遺産物品と合わせて差し出させて、闇に消す「遺品整理、遺産金品泥棒請負も、更に犯罪証明されて居ます」

未相続の遺産金品泥棒請負です、正しく税務申告も、出来る訳が有りません「泥棒をしのぎとさせている、申告方法は無いから”だから偽造申告、脱税を、国税、司法、警察ぐるみ、公然と認めているんです”」

相続遺産泥棒が、法務省、司法、警察、国税、報道ぐるみで、大々的に凶行され捲って居ます、泥棒に成功すれば、犯罪で得た利得は泥棒が無税で正しく所有権を得た、と偽って通して有る、犯罪そのものを、国家権力テロで正当と偽り、強盗の居直りで成功させて有ります。

泥棒が盗品を、国家権力が犯罪に加担してくれており、自己所有と偽り、通されて居ます、一件先ず、公式に犯罪だから潰せました。

確認

  • 2019/07/19 09:38

                                令和元年7月19日

〒007-8602 札幌市東区東苗穂2条1-1-1
札幌拘置支所
xxxx殿

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                      山本弘明
                         携帯

1、突然のお手紙で失礼致します、浜田様が起訴された、国税徴収法違反事件に関して、重大な疑義を持って居る事から、以前より連絡を取りたいと思っておりました。

2、疑義と言うのは「日本の法務省、司法、警察、国税、行政機関、金融機関等が結託して、幾つもの、他者の財産権蹂躙犯罪を制度化させており、法務省、司法、警察、財務省、金融庁、国税等が法を犯し、犯罪を成功させて居る実例証拠を、私は調査で山のように持って居るので、花田様が国税徴収法違反行為を行ったか否か、法に沿い、整合性と事実証拠を持ち、立件、起訴出来たとは、全く思えないからです」

3、一部、調査事実証拠文書も添えます「この文書は”相続遺産を、法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人等、弁護士、検事、検察庁、裁判官、調停委員、裁判所ぐるみで、国中で強奪、窃盗に走り、犯罪を免責する手で成功させて来て居る”犯罪と承知で、犯罪で得た利得に刑法第19,20条、詐欺、窃盗罪、国税徴収法等を適用させず、犯罪者と委任弁護士に、無税で犯罪利得を得させている、一部実例証拠です」

4、今月1日から、遺産預金仮支払手続きがスタートした事で”法務省、司法、警察、国税他ぐるみ犯罪、遺産預金は盗めば泥棒が所有権を得て、遺産預金から強引に消す、この犯罪が破綻し出した”実例証拠の一端です、私がこうした犯罪の証明と、遺産預金仮支払手続きを、法に沿って正しく扱い、結果を出して行って居ます。

5、遺品整理等も、ベルコ、あいプラン、ネクステップ等が派手に請け負って居ますが、明白な未相続の遺産金品泥棒で、彼らも国税も、司法、警察も承知で、犯罪を認めて居ます。

6、ネクステップに至っては”北洋銀行が母体です、遺族らに、遺産預金窃盗に銀行も加担もして、違法に金を抜かせて、ネクステップに盗んだ金と遺産物品を提供させ、泥棒請負ですから、合法税務申告、納税も、刑法と同じく免責”して、道警、道庁が指揮を執って居る犯罪の一つです、司法、国税、報道も共犯で、稼がせて居ます。

7、札幌市は、環境事業公社に、遺品整理屋等犯罪業者と提携させて、未相続物品、個人所有物を、所有者偽装廃棄処理を行わせ、稼がせて居ます。

8、浜田様が起訴事実の立証、立件を、法に沿い、整合性を取られ、国税徴収法違反で合法に起訴されたのか?他の国家権力犯罪事実証拠も持っており、疑義を強く持って居ます「法務省、公証人、弁護士会、裁判所、検察庁、道警、国税局、札幌市、銀行等を証人で呼び”遺産強盗、窃盗の恒常化と、犯罪利得を犯罪者所有、無税で所有権を得た、遺産から消した”この犯罪を軸とさせ、浜田様の基礎証拠、証明と整合性を、先ず取らせるべきです、妻、義兄も、阿部溘悦氏も被害を受けている、相続遺産強奪被害犯罪、犯罪制度ですし」

9、宜しければ連絡下さい、法は万人に平等に適用されるべきで、法務省、司法、警察、国税、報道が共犯なら、犯罪が認められて、犯罪被害者を強権発動で泣き寝入りさせる日本の現実は、完全に間違って居ます。

遺産預金仮支払手続きが

  • 2019/07/19 08:14

遺産預金の仮支払いが、各証明書を揃えて、合法であれば受けられる法律手続きが、今月から始まりました。

義父の遺産預金窃盗犯罪と、xxxxさんの遺産預金窃盗犯罪とが起きており、犯罪に加担した、犯罪が起きた金融機関、犯罪者の共犯弁護士、裁判官、裁判所、警察は、犯罪を追認に暴走と、法律を守る事に動いている所とに、真逆の動きが出て居ます。

十和田おいらせ農業協同組合は、義父が死去の2日後に、次男の娘が義父の身分を偽造した書類で200万円を盗んだ事件の被害は、十和田おいらせの資金窃盗です、義父の預金が死後盗まれた事件では有りません、義父の預金は、死去時の額が存在して居ます、こう答え、文書も出して居ます。

義父の遺産預金が有るゆうちょ銀行は”義父の身分を偽造させて、金を盗ませる事に合意しなかったので”義父の遺産預金は、死去時の金額が存在して居ます。

この二金融機関は”被相続人が死去時の遺産預金金額で、遺産預金仮支払いに応じます”合法を通す訳です。

一方、義父の身分を偽造させ、30万円余りの金を、次男の嫁の犯罪に加担して盗ませた、青森銀行は”義父が死去した8日後、次男の嫁に義父の身分を偽造させて、金を盗ませた、この金は義父の遺産預金を消して埋めた、遺産預金は失われたんだ”こう、犯罪に加担し、共犯となり、暴走して居ます。

行政書士の息子は”被相続人が死去時に存在した預金が、遺産預金確定金額、之を原則で遺産目録を作り、使って居ます”偽造委任状で暗躍弁護士と裁判官、調停委員、青森県警、道警は”死人を騙って金融機関から金を盗めれば、泥棒が所有権を得て、遺産預金から消える”これが適法だ”これで遺産目録を作り、通そうと暴走して居ます。

昨年10月11日に死去した、xxxxさんの北海道銀行の預金は”孫がキャッシュカードも預かって居る事を悪用して、孫夫婦でxxxxさんの死去後、ATMから金を盗み、口座を凍結せず置き、遺産年金を振り込ませて、更に盗んだ事件が起きて居て”道銀、手稲警察署が共謀して”死人による合法な預金引き出しだ、道銀にも相続人にも、一切犯罪被害無し、犯罪は存在しない”こう言い張って居ます。

4っつの金融機関で、合法に動いて居るのが二金融機関、犯罪を通そうと暴走して居る、司法、警察ぐるみの犯罪に暴走して居るのが、二金融機関です。

ゆうちょ銀行は「偽名口座を開設させて、十和田おいらせ農業協同組合から盗んだ200万円を、犯罪と承知で隠匿させて居ます」

もう何の、法による整合性も無くなって居た、司法、警察が頭を張った犯罪の結果、と言う事実証明です。

政府が司法犯罪を

  • 2019/07/19 07:02

                  請 願 書

                                令和元年7月19日

請願相手
〒100-8960 東京都千代田区永田町1-71
衆議院事務局付
大島理森衆議院議長殿
TEL03-3581-6866

 請願者、xxxxx、xxx、xxxx、xx氏各調査委任請社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
                            携帯

1、衆議院、全衆議院議員、遺産預金は、被相続人が死去時の預金金額が、法に沿い確定遺産預金金額、遺産預金仮支払を受けられる法律手続きが施行され、私の妻の父xxxxxの遺産預金で”今日付け書面にも記載の通り、義父の遺産となった預金の内、ゆうちょ銀行預金と、十和田おいらせ農業協同組合の預金は、法律通り、義父が死去の時点に存在した預金額が、遺産預金で確定され、遺産預金仮支払算定額となって居ます”行政書士の息子が作成した、遺産目録記載通りの合法遺産預金額確定です。

2、一方、義父の遺産預金が有る青森銀行と、次男、長女が偽造委任状で委任した     弁護士作成遺産目録記載内容と、札幌の裁判官、調停委員の遺産預金確定は、義父が死去後、義父の身分を偽装して、青森銀行(十和田おいらせ農協は、義父死去後盗まれた金は、十和田おいらせ農協資金、被害者として、泥棒に返還請求を出して居ますが、この連中は、遺産預金から減じた、と強引に決めようとしている)から金を盗んだ行為は”正しい泥棒で、盗んだ金は泥棒が所有権を得た、義父の遺産預金は、死後盗まれた金額減じた”こう確定させに走って居ます。

3、xxxx氏が死去後の犯罪、北海道銀行に有る、xx氏の遺産預金に付いては、xx氏から孫が預かって居る、道銀キャッシュカードを孫xx   が悪用して、花枝氏死去日平成30年10月11日の数時間後と、口座を凍結せず置き、15日に年金を振り込ませた後、年金資金等を再度窃盗したが、道銀星置支店鳥居支店長と、手稲警察署刑事一課浜井警部補は”xx氏が死去後、自分の預金を自分で引き出した、道銀にも相続人にも一切被害無し、xx   による犯罪も無し”こう決めたとして、通そうとして居ます。

4、過去分も含めて「公正証書遺言悪用で、他相続権者遺留分強奪、遺産目録を弁護士が、盗めた遺産は泥棒が所有権者、遺産は減じたと偽造、裁判官は、偽造遺産目録のみ合法と偽って決定、相続権者の相続権を蹂躙事件、之は公文書で犯罪が立証出来ますと、死人の身分偽装で金融機関資金窃盗、遺産預金を違法に減じた犯罪、死去者のキャッシュカード悪用で、金融機関資金窃盗が、山のように今も起きて居ます」

5、政府は先ず「公正証書遺言が有る遺産相続事件、遺産分割調停事件から、証拠を調べて、遺産強奪、窃盗被害証拠を揃えて行くべきです、法務省、司法、警察犯罪です」

6、又、金融機関は今後「遺産預金、遺産預金仮支払請求に備えて、青森銀行、道銀、司法、警察ぐるみの遺産預金窃盗、詐取犯罪隠蔽工作と同様に、これ等犯罪を隠蔽しようと目論見、証拠抹殺に走って行きます、早急に証拠保全を行うよう求めます」

7、又、総務省、法務省とも協議し、遺産目録偽造、行使状態化弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所犯罪を撲滅し、弁護士犯罪、司法、警察犯罪責任を取らせるよう求めます。

8、別紙の通り、xxは”合法に法を守り、遺産預金仮支払手続きを、4男、妻が行った事に対して、xx、xxxで”xxxxxxxxxxxxxxx居ます、当然、xxxxxxxx、札幌のxxxぐるみ、合法な遺産預金確定、合法な仮支払手続きが拙い故のxxと言うべきxxです。

司法が金融機関犯罪を

  • 2019/07/19 06:05

@司法、警察が金融機関犯罪を、法を犯せと要求して、犯罪に手を染めさせて、犯罪を正当と偽り、成功させて来て居ます、下記預金に付いて、財務省、各金融機関は、司法、警察指揮により、法を犯す犯罪をどう言い繕うのですか

                                令和元年7月19日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

北海道財務局理財部金融監督課 園部担当
TEL011-709-2311
FAX011-746-0946 金融庁、財務省宛
東北財務局 青森財務事務所理財部 阿部、横内担当
TEL017-722-1461
FAX017-777-3177 金融庁、財務省宛
ゆうちょ銀行札幌支店、五十嵐支店長、小樽貯金事務センター行き
TEL011-214-4300
FAX011-214-4301
ゆうちょ銀行小樽貯金事務センター
TEL0134-33-2216
北海道銀行頭取 本店営業部矢沢担当
TEL011-233-1110
TEL011-694-3011
FAX011-694-3247 手稲星置支店鳥居支店長
青森銀行頭取、本店事務統括部工藤副部長
TEL017-732-1111
FAX017-732-1153
山下貴司法務大臣、民事、刑事局、公証係
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、生活経済、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110

1、平成29年11月7日死去、青森県上北郡xxxxxxxx在住、xxxxx死去、xxxの遺産預金

※xxx死去後、武四郎の氏名偽造の手で窃盗されず、全額保全、遺産預金仮支払算定金額

;ゆうちょ銀行通常貯金 18460-13699141 396,995円
;ゆうちょ銀行担保定額貯金 口座番号同じ  2,318,639円

※xxx死去の2日後、次男娘が、xxxの氏名偽造の手で200万円窃盗、被害者十和田おいらせ農業協同組合は、農協の資金が200万円窃盗被害、xxxの遺産預金、法に沿い死去時の額全て保全、と答え、遺産預金仮支払算定基準額とした

;十和田おいらせ農業協同組合
 普通預金 3532349 4,521,455円

※xxxの死去の8日五、次男     の妻   が、武四郎の氏名を偽造した書類で302,478円窃盗、青森銀行は、窃盗に成功したから、金はxxx預金から消失、遺産預金から、武四郎死去後消えた預金、と扱い

;ゆうちょ銀行通常貯金 19080-43988641 2,000,005円
 口座名義人     、実際は妻   が、夫の身分偽装で偽名口座開設、十和田おいらせ農協から盗んだ200万円を隠匿

;青森銀行普通貯金 0110094 302,478円

2、平成30年10月11日午前10時45分死去、札幌市厚別区厚別xx条x丁目x-xx預金口座住所地xxxx氏の遺産貯金

;北海道銀行普通預金 1610973501 
 死去時の金額 287,144円
※この日午後1時21分ATMから287,000円窃盗、同月15日国民厚生年金が88、023円と156、860円円振り込まれて、同日午後18時15分、ATMから244,000円窃盗、キャッシュカード所持者小樽市xxxx-xx在住xx   、警察は”明白な年金詐欺、遺産年金資金詐欺目的での口座凍結せず、年金を振り込ませて年金資金詐取、詐欺罪適用と話している。

3、行政書士である息子は”xxxxx死去時に存在した預金金額が、遺産預金、遺産預金金額と、遺産目録に記載作成””次男     、長女      が偽造委任状で暗躍させて居る      弁護士と青森県警、七戸警察署、道警本部、手稲警察署は、xxxxx死去後、xxxを偽り、盗んだ金は、xxxの遺産預金から消えた、死人を騙り金融機関から金を盗めば、死人が自己の預金を引き出したとなる、窃盗出来た金は泥棒が所有権を得た”と、遺産目録偽造、行使。

4、北海道銀行と手稲警察署は、xxxx死去後盗まれた金は、xxxxが死後、自分でATMから預金を引き出した、一切犯罪は無く、道銀にも相続権者にも被害無し、こう法を犯し決めている。

5、司法、警察ぐるみの犯罪は、記載分でこうなって居ます”司法、警察、財務省、金融庁、遺産預金確定は、被相続人死去時の額で確定、行政書士の息子の遺産目録、ゆうちょ銀行、十和田おいらせ農業協同組合が合法で、死後死人の身分偽装、窃盗で泥棒が所有者、次男、長女、偽造委任状弁護士の所業、青森銀行、道銀の所業は犯罪です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4552612
ユニークアクセス:3812299
今日
ページビュー:556
ユニークアクセス:546
昨日
ページビュー:1042
ユニークアクセス:1009

Feed