エントリー

2019年07月22日の記事は以下のとおりです。

司法犯罪に追従の結果

  • 2019/07/22 16:48

遺産預金の仮支払いを、法の規定に沿い、証明書を揃えて請求すれば、相続権者であれば、無条件で受けられるように法律が作られ、施行されたので。

妻と4男は、初日に手続きを行いました、で、多分日本で一番最初に「法の規定が適用されて、遺産預金は、被相続人が死去した時点の金額が”金融機関の帳簿でも、法に沿って存在しており、この合法な遺産預金額を持ち、法の規定通り、遺産預金の仮支払いが”日本で多分初めてで、、关」

結果更に「次男側と長女側と、偽造委任状で暗躍弁護士ぐるみの、遺産目録偽造、盗めた遺産は泥棒の所有、の犯罪と、更に犯罪証明が、なされて居るのです」

青森銀行は、どうするのか「偽造された遺産目録も使い、次男の妻が義父を騙り、盗んだ30万円余りは”義父が死去後、自分で貯金を解約して、持ち帰ったんだ”偽造委任状で暗躍弁護士がでっち上げた、偽造遺産目録が正しい」

こう、法律規定による遺産預金仮支払手続きで、公に言い張り、通そうとするのか?偽造委任状で暗躍弁護士作成、偽造遺産目録も武器で使って、盗めた遺産は泥棒が所有権を得て、遺産から失われたんだ。

こう、強制的に通しに、裁判所、裁判官と共謀して、通そうと、やはりするんでしょうね。

犯罪で得た利得は、無税で犯罪者が所有権を得た、事と偽り、実際司法犯罪制度として、強引に通されているから。

十和田おいらせ農業協同組合は、合法を果たしましたけれどね、偽造委任状で暗躍弁護士でっち上げ、被相続人の身分を偽装して、被相続人死去後、金融機関から金を盗んだなら、泥棒が所有権を得て、遺産から失われる、偽造委任状で暗躍弁護士作成、之を書いた遺産目録は、でっち上げで間違いだと、公式に認めて、通したんですけれどね。

司法犯罪、遺産強盗、窃盗入手瓦解

  • 2019/07/22 16:28

偽造委任状弁護士は、遺産目録も偽造作成、悪用に走っており、下僕でしか無い裁判所、裁判官は、嬉々として「偽造した遺産目録が正しい、遺産は盗まれれば、盗めれば、犯罪者が所有権を得て、遺産から失われるんだ」

これを通そうと、相変わらず司法犯罪に狂奔して居ます、国家資格者が偽造証明書を作り、使い、裁判所、裁判官が、偽造と承知で「正しい遺産証明、遺産目録だ、こう偽り、司法テロ権力を悪用して、通そうと謀って居るんです」

行政書士の息子は「被相続人が死去した時点で、被相続人の権利に属する、正、負の遺産が正しい、基本的に正しい遺産です、これを軸として、遺産目録を作って居ます」

十和田おいらせ農業協同組合は「息子が作った遺産目録が合法、正しい、一方偽造委任状弁護士がでっち上げた、遺産は被相続人死去後、犯罪者に強奪、窃盗されてしまえば、所有権が犯罪者に移され、遺産から消える、相続権者には、犯罪で抜かれた遺産に対して、相続を受ける権利は無い、この司法犯罪を通そうと目論んだ」

被相続人死去後、盗めた遺産は遺産から強制排除した、この遺産目録偽造、行使、偽造した遺産目録で、妻と4男が持つ、合法な遺産相続の権利を蹂躙に走り、裁判所、裁判官ぐるみで相続権破壊達成に暴走、ここまでの司法犯罪が、息子と十和田おいらせ農協により、犯罪そのものと、更に立証されて居ます。

今日までの文書、証拠で

  • 2019/07/22 16:04

今日までの文書、証拠により、司法犯罪、遺産は強盗、窃盗で手に入れられれば、犯罪に成功した者が所有権を得た、と偽りで通されて来て居る、この司法犯罪が、完全に崩壊して居る事実が、言い逃れの余地を完全に失い、立証されてしまった。

この事が、ようやく説明もして、理解されたようです「今まで金融機関は、司法犯罪遺産強盗、窃盗で所有権強奪が通る制度、これを法を犯して、犯罪と承知で犯罪を見逃して、正当と偽って通して来たのですが」

十和田おいらせ農業協同組合は「義父が死去した平成29年11月7日の時点で、遺産は預金も含めて凍結された、以後義父が自分の手で預金を引き出した、等有り得ない、認められない、この法律規定を踏襲して」

きちんと帳簿から「義父の遺産預金は、義父の死去時の金額、452万円余りが存在して居ます、相続権者は4人なので、この金額の四分の一の金額が、相続権者一人一人の相続遺産預金金額です、こう記載し直して、合法な帳簿として有るんです」

で、次男の娘が義父の死去の二日後、義父を偽った書類で十和田おいらせ農協から、農協の資金200万円を盗んだ事件の被害者は、十和田おいらせ農業協同組合です、次男側にこの盗んで持ち去った200万円を、被害者の十和田おいらせ農協に返すように、求めて行って居ます。

之も、きちんと帳簿に記載して有るのですよ、十和田おいらせ農協が、資金200万円を盗まれたままだと言う事実も、きちんと帳簿に記載して有るんです。

偽造委任状弁護士がでっち上げた遺産目録の記載「次男の娘が義父を騙り、十和田おいらせ農協から盗んだ200万円と、次男の嫁が義父を騙り、青森銀行から盗んだ30万円余りの金は、遺産から消えたんだ」

この偽造遺産目録は、国家資格を悪用した偽造遺産目録で、この偽造内容を、強制的に妻、4男に飲ませようとしている札幌の裁判所、裁判官は、恐喝者です。

国会議員に重度障碍者が

  • 2019/07/22 15:33

国会議員に重度障碍者が当選しました、画期的な出来事ですね。

本当に社会福祉を考えて居ると言うなら、共産党、公明党、立件民主党等が、もっと早く、介助が必要な障害を負って居ながら、国民の為に動く意志と方法論を持った、重い障害を負った方を、国会に送り込むべきだったと思います。

本音では既存の野党も、障害を負った人達は、人扱いする気も無い、見えて居ない存在のまま、報道も合わせて、今まで通り、口先だけの社会福祉で行く気なのです。

障害を負った人達は、人扱いされた、ように見せ掛ける場合、弁護士を頼み、弁護士が「障碍者を代弁している、人権を守る国家資格者と、嘘で見せ掛けて、弁護士がしのぎを得られるように企んで来て居るんです」

妻が障害を持ちながら、母親への非道な仕打ちに対して、本人訴訟を提起したら「司法の本性、障害に付け込み、本人訴訟を潰しに走った、必要な介助は弁護士法違反、犯罪だ、だのと言い掛かりを付けて、通す手口も含めてです」

四大国家権力の本性は、自分達だけが神の世界の、独裁絶対権力集団、憲法、法律も何も、自分達には意味すら持たない、平民は黙って従えば良い、障害を持った人達は、存在自体を認めない、之が実態なのです。

十和田おいらせが、合法化の一番手となり

  • 2019/07/22 08:21

十和田おいらせ農協は「遺産預金仮支払いを、相続権から謄本等で証明したら、受けられる法の手続きで、日本で初の、合法化手続きを、素晴らしい実績を作りました」

義父が死後二日後、次男の娘が義父を騙り、十和田おいらせの資金を200万円盗んだ事件被害を「義父が死去後、自分で自分の預金を引き出した、こう帳簿等を偽造して有ったけれど、他に処理方法が無いから」

遺産預金仮支払いが、法律で認められた事で、4男と妻が請求手続きを行った訳です、それを受けた十和田おいらせ農協は「帳簿等偽造のまま”義父は死後、自分の手で預金452万円余りの中から200万円を引き出して居る”よって遺産預金は252万円余りが確定額だ”とは、出来なかったので」

この時点に遡り「帳簿等を”平成29年11月7日に、十和田おいらせの資金が200万円盗まれた、義父の遺産となった預金は、死去時の額452万円余りが存在して居る”こう、法律に沿って是正して、合法を証明した、遺産預金xxxxxxxを、として下さったのです」

之で焦った司法犯罪国家権力は「法律による遺産預金仮支払手続きも、裁判官犯罪行使職権?で潰そうと暴走を、更に重ねて居ます」

ですが「十和田おいらせには”合法を記載した帳簿等、証拠が有ります”司法テロ権力は、再度偽造犯罪に走らせようと、公開犯罪にまい進して居ます」

国家権力犯罪が、法の施行によって破綻

  • 2019/07/22 08:07

相続検討を、謄本等で正しく証明する事で、遺産の中から一定金額、遺産預金が支払われる法律が策定され、施行された事で「今まで行われて、通されて来た”死んだ人が死後、自分で金融機関に来て、自分の預金を引き出して帰った”この、狂い切った司法犯罪追従の、帳簿から何から偽造、行使で成功させて有る犯罪が、破綻して行って居ます」

この犯罪は、死人が死んだ後、自分の預金を自分で引き出したと、泥棒先の金融機関で、帳簿から何から偽造して、偽造を司法犯罪集団が、監督機関共々要求しており、偽造が当たり前とされて来て、成功して居るんです。

ですが、遺産預金仮支払いを、法の策定、施行によって認める仕組みが発効した事で「死んでから被相続人が、自分の預金を引き出した等と言う、犯罪そのものでしか無い”弁護士、司法書士犯罪利権獲得用”犯罪の手も、破綻し出して居ます」

死んでから死人が、自分で金融機関に足を運び、自分の預金を正しく引き出した、金融機関の帳簿等は、こう偽造されて居ます。

絵に描いた偽造帳簿記載、犯罪です、言い訳の余地は、元から無かったけれど「法務省、司法が頭で指揮を執る犯罪だから、強引に正当化されて来たのです」

遺産預金仮支払いを受けられる法の作成、施行の結果「この死人が死後、自分の預金を引き出したと言う、金融機関が法務省、司法の犯罪要求を受け入れ、行って来た”遺産預金泥棒の隠蔽工作”も、破綻して居ます」

相続人は金融機関から「遺産預金履歴を取り”死人の預金が死後盗まれて居れば、正しい死人による遺産預金引き出しだ、等と言う虚言の証拠を出させれば良いのです、帳簿から偽造ですから」

遺産強盗、泥棒入手司法犯罪制度崩壊

  • 2019/07/22 06:09

@遺産預金仮支払が受けられる、法律手続きの施行により”最高裁判例等、法によらない遺産窃盗、強奪制度に拠り、死人を騙る預金窃盗や、他相続権者遺留分まで、法を犯して居る、と承知で強奪する犯罪が通せなくなりました”遺産預金窃盗、強奪で言うと”死人が死後、自身で預金を引き出した”こう金融機関、国税ぐるみ、帳簿、税務申告書等を偽り、成功させて来ました

@十和田おいらせ農業協同組合は”義父の死後、盗まれた200万円を義父死後自身で預金を引き出した”この帳簿偽造を、十和田おいらせ農協資金窃盗被害、xxxの預金は死去時の額存在、この額で遺産預金仮支払実施と、帳簿等を是正し、合わせて、窃盗犯側に返金請求して居ます

                                令和元年7月22日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下貴司法務大臣、民事、刑事局、公証係
FAX03-3592-7393死人が死後預金引き出し、法の施行で破綻
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 遺産強盗、窃盗判決は、法の施行で破綻
綿引万里子札幌高裁長官
FAX011-271-1456遺産目録偽造、強制遺産強奪被害押し付け
植村実札幌高検検事長
FAX011-222-7357今後も遺産強盗、窃盗公認、合法相続潰しを
山下直人道警本部長、生活経済、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110 遺産強奪、窃盗に加担、犯罪発覚
秋元札幌市長、市議会、市税、環境、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 記載実行犯部署に、証拠と合わせ配布
北海道財務局理財部 金融監督課園部担当
FAX011-746-0946
東北財務局 青森財務事務所理財部阿部、横内担当
FAX017-777-3177
札幌北、西、小樽税務署、犯罪利得への課税逃れ共犯
TEL011-707-5111 道民運輸、まこと引越も、裁判所と組み家財闇処理で利得獲得、リサイクルバナナ等は遺品整理で犯罪利得

1、昨日付け衆議院議長宛請願書記載に関して、法律適用がどう行われ出したか、今までどう法を犯して、遺産預金強奪、窃盗、犯罪隠匿が成功させられて来たか、事実を持って説明します。

2、十和田おいらせ農業協同組合は”義父xxxxx死去日(平成29年11月7日)の2日後、次男の娘が十和田おいらせ上北支店に行き、義父を騙り、200万円を窃盗した事件で、妻と4男から、施行された法の規定により、義父の遺産預金仮支払請求手続きが来て”その辺りまで”義父が死去後、自分の手で預金200万円を引き出した”と帳簿等を偽造して有った。

3、ですが「法律施行による、遺産預金仮支払請求を受けて”法を正しく理解した、十和田おいらせ高谷金融部長は、義父が死去後自分で預金を引き出したと言う、偽造処理を、十和田おいらせの資金200万円が盗まれた、義父の遺産預金から、義父の死後200万円引き出されてはいないと、正しく過去に遡り、是正して”この窃盗被害事実も帳簿に記載し、妻と4男に”義父死去時の預金額452万円余り(      弁護士偽造遺産目録、252万円余りが遺産預金額は虚偽とも証明)をベースとし、合法を守ってxxxxし、窃盗金支払い請求も、公式に実施し出しました”法の施行手続きです、之で無ければ犯罪が重なるだけ”です。

4、この手続き、合法な遺産相続手続き実施に焦った      弁護士、札幌の裁判所、裁判官は”法を片っ端から蹂躙して、札幌家裁で審判を行うと決めた、法の順守は無用、裁判官が弁護士の意を組み、遺産泥棒を正当と決定する”と暴走に走って居るのですし、長女に直接、遺産預金仮支払手続き潰しの為のxx等に走らせて居ます。

5、      弁護士に加担して、犯罪を成功させるべく暴走して居る札幌の裁判所、裁判官が理解出来て居ない事には”十和田おいらせ農協は、義父が死去後自分の預金200万円を引き出したとの、偽造帳簿等処理を、十和田おいらせの資金200万円が盗まれた、義父の遺産預金は、義父死去時の額452万円余りが存在しており、この額でxxxxした”こう帳簿等に記載された事の意味も理解不可能、十和田おいらせに、公に犯罪要求、法を犯し、元の帳簿等偽造に戻せ、遺産預金額を200万円減らせ、xxxxxxxxも、偽造金額に変えろ、等要求を出そうとして居る事です、完全なる恐喝です。

6、ちなみにですが”      弁護士、裁判所、裁判官、法務省が逃げるには、       弁護士が偽造した遺産目録記載額、次男は現金200万円を偽名口座に隠匿しており、この現金も義父の遺産金”として有る事を、国家資格により、事実と決めて居るのだから、義父の遺産預金に関して、十和田おいらせ分は452万円余り(十和田おいらせ農協には、義父の遺産預金扱い帳簿記載証拠が有る)別に遺産現金を200万円増やす事”これが法に適った、国家資格者が偽造遺産目録を作って使い、裁判所が偽造と承知で合法を偽り、通しに走り、ばれた事の繕い方法です。

7、義父の死去8日後、義父を騙り30万円余りを盗ませた青森銀行、xxxx氏死去当日287、000円を甥に盗ませた上、xx氏死去の4日後、口座を凍結させず、遺産年金2か月分を振り込ませ、甥側に詐取させた北海道銀行、日本年金機構は「帳簿等を偽造したまま置き”財務局、金融庁、国税、司法、警察ぐるみで、これ等犯罪を隠匿に走って居ます”」

8、今まで法務省、司法、警察、国税、金融監督機関が、遺産強奪、窃盗を隠蔽し、正当化するべく、金融機関、日本年金機構の帳簿、決算書、監査報告書、税務申告等処理偽造を、認める処か強要して、通して来た事に従って来たままで居ます。

9、遺産預金仮支払いを受けられる手続きが「法の施行によって認められた事で”金融機関が今まで手を染めて来た、死人が死後、自分の手で自分の預金を引き出した、合法な、死人による預金引き出しである”この帳簿等偽造、行使、犯罪を承知で公認が、破綻して行って居ます」

10、十和田おいらせ農協の合法化実施実例「義父死去2日後、義父が自分で預金200万円を引き出した、この偽造帳簿等処理を、この時に遡り、預金は死去時の額存在する、十和田おいらせの資金が200万円盗まれた、窃盗被害金の返還を、犯人側に求めている、こう是正した帳簿等処理実例は”青森銀行、北海道銀行による、義父、xxxx氏死去後、死人自身で預金を引き出した、死後年金を、死人が自分の口座に振り込ませ、自分で抜いた”偽造帳簿等処理と突き合わされれば、完全に破綻します」

11、遺産、遺産預金等強奪、窃盗で入手成功と言う、犯罪利得入手を、法務省、公証人、司法、警察、国税、金融監督機関等ぐるみで成功させて来た手口は「金融機関の帳簿等偽造、行使を常にさせて、偽造を無い事で通す、法人税、相続税、確定申告等を偽造で認め、通す、之を行わせ、認めて成功させて居るのです”遺産預金仮支払いが、法の施行で認められた事で、これ等犯罪が、公式に発覚し出したのです”」

12、死人の遺産預金を強奪、窃盗させて、死人が死後自分の預金を引き出した、こう偽造処理して居る金融機関は”遺産預金が消された相続権者から、遺産預金仮支払手続きで、山のような実例分、帳簿、決算書、税務申告書も出させられれば、偽造での遺産預金消失が証明されますから、幾ら司法犯罪に追従した犯罪、と言い訳しても、破滅でしょうね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4667933
ユニークアクセス:3917483
今日
ページビュー:59
ユニークアクセス:59
昨日
ページビュー:3281
ユニークアクセス:3152

Feed