エントリー

2019年07月26日の記事は以下のとおりです。

偽造の遺産の遺産目録で

  • 2019/07/26 17:23

遺産目録も、偽造で正しいと言い張って居る、じゃあ「偽造した遺産目録で、遺産預金仮支払手続きをしたら良い」

十和田おいらせ農業協同組合は「4,521、455円が、農協の帳簿でも決まって居る遺産預金金額、息子が作った遺産目録と同じ金額です」

一方、泥棒義兄らは「偽造委任状で暗躍弁護士と共謀して”十和田おいらせ農業協同組合に有る遺産預金額は、2,521,455円だ”こう、遺産目録にも記載して、言い張り、通しに走って居ます」

この金額で、十和田おいらせ農業協同組合に、遺産預金仮支払いの手続きを取って見ろ「自分達でこの金額が、正しい遺産預金額だと、裁判官、裁判所と共謀して、通そうとしているんだ、この金額で遺産預金仮支払手続き、やれよ」

青森銀行でも「死んだ後8日後に、死人を偽って30万円余り盗んだ、遺産預金は失われた、こう嘘を吐いた遺産目録としている、青森銀行と共犯だから、遺産預金仮支払手続きは、出来ない訳だ」

泥棒連中「ゆうちょ銀行は”遺産預金履歴も取って下さい”公文書に書いている、貯金通帳の記載で遺産目録を作り、合法と言い張る愚かな国家資格者、之を通す裁判官、裁判所の、尋常を超えた愚かさ”が、この件でも証明されている」

私が指摘して来た、正しい法律規定、決定事項が、次々正しい答えだったと証明されて行って居る、愚か過ぎる犯罪者連中は、完敗して居る、無様な国家権力だ。

死人が出た、金を盗ませ放題出来て

  • 2019/07/26 17:07

死んだ人が出れば、死んだ人の遺産預金を「金融機関、警察、司法が共謀して、所有者は死んだ、金を盗み放題しても、死人は抗議しないから、盗み放題して通る」

この屁理屈で、国税も共犯で、死人の財産強奪、窃盗し放題して居ます。

腐り果てて居るんですよ、この国の国家権力は、ほぼ全てが、法の順守なぞ、微塵も考えて居ません、腐った料簡で、私利私欲と、場当たりの責任逃れだけです。

死んだ人のお金を、金融機関ぐるみ犯罪に走り、盗んで犯罪者と弁護士で、山分けして、国家権力が通して居ます。

民法第909条2、この法律が出来て、施行されて「遺産預金の一部を、相続権者が遺留分を確定出来て、その中から自分に、自分で渡せるようになりました」

で、死人の金、預金を盗み捲らせて、捲って来た国家権力と犯罪者は、正しく遺産泥棒、犯罪者と、逃げ道なく証明されて居ます

「死んだ人の遺産預金は”死んだ人が死後、自分の預金を自分で引き出したんだ、正しい預金引き出しだ、金融機関にも相続権者にも、一切被害は無い”」

こう、金融機関と警察、司法が共謀して、虚言を吐き、通して来て居ますが「遺産預金仮支払手続きを取り”こんな虚言で金を払わないなら、請求した相続人は、れっきとした被害者です”合法な遺産預金仮支払い請求手続きを、言い掛かりで蹴られたんだから、金銭被害が、相続人に発生して居ます」

報告です

  • 2019/07/26 15:59

;平成29年11月7日死去、xxxxxがゆうちょ銀行に遺した、遺産となった預金を、新民法第909条2に基き、仮支払いを受けられる、正確には、死去時に存在した遺産預金額を、確定遺産預金額なので、相続人の人数で割り、自分の相続遺産金額を算出して、その中から”自分に一部を、自分で支払う”、この手続きも、今日終えました。

ゆうちょ銀行も”xxxxxが死去した、平成29年11月7日に存在した、遺産となった預金額が、確定遺産預金額です”この金額をベースとして、仮支払いを致します、公文書にも書いて有り、その通りの内容で、手続きが終わりました。

法律が作られて、法律が施行されて、法律に従い「遺産を確定させる時は、死去した時点、之から公に遵守が、ようやく果たされて、正しく遺産遺留分も、法律に沿い、確定して居ます」

ちなみにですが「被相続人が死んでから”金融機関の違法、無責任な業務の結果、死人を騙り、金が抜かれても、全て金融機関責任です、相続権者には、責任は御座いません”」

この法律による、遺産預金仮支払手続きを正しく行って「誰かが被相続人の死後、金を盗んだから、遺産預金から差し引いた、盗まれた分、遺産預金は減じたが”被害者は金融機関だ、相続人が相続出来る遺産預金は、被相続人死去後盗まれて減ったが、被害は無い”」

之は通じません「法律で支払われるべき遺産預金です、法律手続きを取ったが”法を犯して金融機関が、合法な遺産預金仮支払いを拒んだなら、被害者は、不当に支払いを拒まれた、相続人であり、金融機関が被害者、では有りません”」

この法律、手続きの正しい適用方法、合法事実証明、分かりますか?相続権者が法に沿い、請求を行い、法を犯して踏み倒されれば、被害者は請求した相続権者です、金融機関が被害者、は嘘だと立証されます。

死人を騙って盗んで来た金の埋め合わせ

  • 2019/07/26 08:48

最高裁の判例、とやらも有り?死人が死んだ後、自分の預金が有る金融機関に「死んでから何年も経過して、も含めて、死んだ人が自分のお金を引き出しに行き、窓口手続きや、ATMを使い、自分の預金を引き出して持ち帰った、と言う犯罪の手で」

金融機関(支店ごとに預金が有れば、同じ金融機関の複数の支店でも)毎に、この手で200万円とかを盗んで来れた、訳です、今までずっと。

新民法第909条2、この法律が、今月から施行されて「亡くなった人の遺産は”除籍謄本の記載の時点で凍結される、法律規定が正しく適用される事となりました”元々そう言う法律規定ですから」

この法律規定が、絶体の遺産決定根拠と、この新民法第909条2の施行で、ようやく絶対の遺産確定根拠、確定時期と出来るようになった訳です。

死人が死後、生きて?預金が有る金融機関に「死体で、又は霊魂となって来て、窓口手続きや、ATMを使って自分の預金を引き出して、引き出した金を持ち帰った、合法な死人自身による、死人の預金引き出しだ、こんな狂い切った、オカルト法務省、司法、警察、国税他犯罪は、新民法第909条2の施行によって、見事破綻して行って居ます」

取り敢えず、過去10年間の、この「死人が死去後、金融機関に来て、死人の預金を引き出して帰った、オカルト虚偽犯罪の責任を、金融機関に負って頂きましょう」

裁判所は法を犯さない、虚構の絶対正義

  • 2019/07/26 08:32

青森家裁野辺地出張所の高野書記官は「カルト集団と同様に”裁判所は、弁護士は法を犯さない、一切違法行為は存在して居ない”こう、オウム返しで、カルト集団特有の、自分で思考、判断出来ない生き物特有の、現実逃避を行って居ました」

上から「自分で思考、判断、事実調べをするな、弁護士、検事、裁判官が全てを”独善で決めるんだ、法律、事実、証拠は無効だ、弁護士、検事、裁判官が、特に弁護士様が、あらゆる事を決定して、裁判官、書記官は、何も思考せず、弁護士様の指揮に従うんだ”これを教育、洗脳されているんでしょう」

裁判所の、司法の絶対正義、合法以外行って居ない、でっち上げの法螺は、どんどん破綻して行って居ます「弁護士法定代理人委任状偽造、行使の状態化も、公にばれて居ますしね」

弁護士が訴訟代理行為を行っている、じゃあ「正しい弁護士委任、受任、刑事、民事訴訟での法定代理行為だと、裁判所、検察庁、証明して見ろ、こう求めているけれど」

元々この連中は「弁護士の委任状が、委任者の意志と委任者記載欄記載で、合法を証明出来て交わされた証拠も何も、代理行為の意味すら知らないから、存在させて来なかったんですよね」

無知蒙昧、無能な国内外テロ集団です、呆れ果てるしか無い、之が現実です、弁護士は所詮代理人、代理人である事を、委任状が合法に交わされている、この証拠で立証が必要と言う事実から、本当に何も知らないんです。

無知蒙昧、無能を超えた法務省、法曹権力だと、日々表で証明されて行って居ます、之が実際なのですから、監視を受けて来なかったこの連中なので、合憲、合法も何も知らないで、絶体神ごっこに興じて、通して来れた結果です。

金融機関の帳簿記載で

  • 2019/07/26 08:07

今まで「金融機関の帳簿を偽造して、金融機関の金の流れを偽装して有っても、監督官庁、司法、警察、国税が共謀して”金融機関の帳簿偽造、行使を、帳簿非開示、あらゆる証拠で使わせない手”これを持ち、金融機関を通した、使った犯罪は、証拠を闇に隠して、事実も証明させず、通せて来れたのです」

遺産預金を「死人が死去後、自分で自分の預金を引き出したんだ、この虚言で”国中の死人が、死んでから自分で自分の預金を引き出した、合法な、口座名義人が死んでから、死人による、自分の預金の引き出した”このオカルト法務省、司法、警察ぐるみ犯罪も、金融機関の帳簿を、絶対に表に出させず、偽造処理を認めて、通せて来れた、権力犯罪です」

この金融機関犯罪は、永遠に成功し続ける、筈だったんでしょうけれど、新民法第909条2、之が施行された事で「死人が死去後、金融機関に来て、死人自身の手で自分の預金を引き出して帰った、このオカルト法務省、司法、警察、監督官庁、国税犯罪は、破綻して行って居るのです」

この法律施行で「死んだ人の財産は、死んだ時点、除籍謄本記載時点、何年何月何日何時何分と記載された、この時間で凍結、死去を届け出て、除籍謄本に死去の時点が記載された後、記載時に遡り、被相続人の遺産は、法律によって凍結されます」

この法律の施行の結果「死人が死んでから、死人自身で金融機関に来て、死人が自分の預金を引き出して帰った、合法な死人自身による、死人の預金引き出しだ、このオカルト虚偽犯罪も、破綻して行って居ます」

こうした金融機関犯罪は、金融機関の必要関係証拠書類、帳簿を偽造して「偽造犯罪責任を問わない、犯罪証拠を表に出させない、国家権力犯罪が通せたから、今まで成功させて来れたのです」

遺産が確定する、法律による遺産凍結の時点、新民法第909条2の施行により、この法律規定が、法律通り適用されて行って居ます、金融機関犯罪の悪用、証拠隠匿、隠滅で成功させて来て有る、国家権力犯罪の手口、弁護士犯罪利得獲得用犯罪が、見事法の施行によって破綻して居ます」

司法犯罪証拠が、別の犯罪証拠にも

  • 2019/07/26 06:19

@ゆうちょ銀行、私の義兄、次男の娘が十和田おいらせ農業協同組合資金200万円を盗み、ゆうちょ銀行偽名口座に隠匿した金は、遺産では無く”窃盗した金、被害者十和田おいらせ農業協同組合の金です”被害者に返金すべき金でしょう”口座偽造開設は、下記偽造弁護士委任状でも証明出来ます”

@青森家裁野辺地出張所”次男が義母の成年後見人審判申し立てを、      弁護士を委任し、闇審判で行った”が、弁護士委任状は偽造です、詐欺審判です、次男住所氏名偽造       弁護士委任状で、都合5件(別の一件は、事件番号不明で、証明出来ず)家事事件、民事訴訟代理が行われて居ます

                                令和元年7月26日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

ゆうちょ銀行札幌支店(五十嵐支店長)経由、ゆうちょ銀行本部
TEL011-214-4300
FAX011-214-4301
青森家庭裁判所野辺地出張所 高野幹雄書記官
TEL0175-64-3279 平成30年(家)第41号家事審判事件、弁護
FAX0175-64-3860 士委任状委任者記載が合法証拠無し
根本匠厚生労働大臣、成年後見制度利用推進室梶野智樹室長
TEL03-5253-1111 成年後見人選任審判も、被後見人資産詐
FAX03-3592-1459 取目論見闇審判常態化です
山下貴司法務大臣、民事、刑事局、調停係
TEL03-3580-4111 公正証書遺言で、他相続人遺留分まで強
FAX03-3592-7393 奪、不動産は詐欺登記変更で、地面師?
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110
FAX011-218-5124 国政にも提供願う

1、ゆうちょ銀行、新発寒の郵便協で「xxxxx、xxx次男     名で開設された通常貯金口座190894388641、入金額200万円に利息入り口座は、次男の妻が次男の住所、氏名を偽造記載して開設した物ですし、入って居る金は、平成29年11月9日、xxxxx死去の二日後に、次男の娘が和田おいらせ農業協同組合上北支店に次男共々行き、次男と小笠原支店長の指示で娘が、xxxの身分を偽った書類を書いて使い、十和田おいらせ農業協同組合から窃盗した金です、被害者に返金すべき窃盗資金です、伝えて有る通り。

2、十和田おいらせ農業協同組合は、伝えて有る通り「xxxxxの遺産預金は4,521,455円存在して居る、抜かれた200万円は、十和田おいらせの資金窃盗被害金、山本隼行政書士作成遺産目録通り存在して居る、次男と長女が委任した、と言う      弁護士作成遺産目録、xxx死去後、十和田おいらせから抜いた200万円は、武四郎の遺産預金が減じた金は違う、偽造遺産目録、之を認めて、4,521,455円が遺産預金、相続人4人で四分割の計算で、遺産預金仮支払いを、今月17日に終えている」伝えた通りです。

3、上記、ゆうちょ銀行次男の偽名口座開設は、口座名義人住所、氏名偽造者が次男の妻だと、ゆうちょ銀行口座次男、妻の口座開設書面、別紙、5裁判所法定代理人委任状(ゆうちょには全て送付)次男記載欄住所、氏名の文字が、次男の妻の字(平成29年11月15日、妻が青森銀行上北支店で、武四郎の身分を偽った書類で、青森銀行資金30万円余り盗んだ証拠の字も共通)だと言う事実でも立証出来ている通りです。

4、青森家裁野辺地出張所「次男は重度の筋ジストロフィー患者で、十年近く前から字も書けません”妻の字体、娘の字体で字を書く能力も含めて存在して居ません”裁判所そのものが”弁護士に盲従して、法定代理人委任状偽造行使、遺産目録偽造、強制行使にも、成年後見人闇審判実施にも狂奔して居る”これも事実です」

5、厚生労働省、法務省、最高裁「被後見人の財産狙いで”成年後見人選任審判闇実施状態化を通して居るが、法の根拠を文書で答えて下さい”」事実証拠下記に記載。

(1)札幌家裁後見センター板垣氏が答えた、成年後見人審判事件、申立時の必要証明書等抜粋。

;申し立書、附票、推定相続人全員の同意書、主治医の診断書、附票、本人情報シート(ケアマネ等記載)被相続人、申立者、後見人候補の戸籍謄本、住民票、被相続人に、成年後見人が登記されて居ない事の証明書、被後見人の財産目録他

(2)義母xxxxxの成年後見人申し立て事件では「推定相続人4男、次女の同意書無し、次男、長女が偽造委任状で出した     弁護士事件訴状、私、4男を言い掛かりの羅列で訴えた札幌地裁事件、平成31年〈ワ)第151号事件訴状記載で、上記、義母に対する成年後見人審判手続きを知った”この訴状には、言い掛かりで、私が義母入所特養、彩香園アルテリーベに嫌がらせをしたので、特養の協力が得られず、後見人審判が成立しなかった”等記載されて居ます、つまり、必要なはずの証明書が、ほぼ無しで審判を受けた訳です。

(3)アルテリーベと私で、この闇審判廷気に付いて話して有り、アルテリーベからは「何故うちに秘匿して、xxxさんに成年後見人を就ける審判を提起したのか、xxxさんは要介護3で有り、主治医の診断書も含めて、本人当事者能力喪失、行政による要介護5で無ければ、成年後見人は就けられない筈、等答えを得て居ます」偽造委任状弁護士の言い掛かりは、成年後見員、補佐人、補助人選任条件も知らず、偽造委任状で申し立てを行った結果です。

(4)平成28年、札幌在住、白石本通りの医療機関に入院しているxxxx氏(人工呼吸器装着、重度認知は無し、普通に理解出来る方)に、本人、入院先等に何の連絡、調査も無く「札幌家裁は、遠縁の身内の申し立てと言って、札幌弁護士会所属、白諾貝弁護士を、成年後見人に選任して、xxxx氏の世話をしていた人に”白弁護士は、xxxxの成年後見人に選ばれた、お前はxx氏の財産を横領して居る、刑事告訴する、手を引け”と通告して来ました。

(5)申立者は、子供の居ないxxxx氏に気に入られて居る事に付け込み、内縁の男性、暴力団関係者と組み、生まれた子供を偽装誘拐させる、等し続けて、xx氏(元農水省役人)の財産1億円以上を抜き、身ぐるみ剥いで居なくなったが、別の身内が世話をしている事に付いて”まだ隠し財産が有る筈だ”と邪推し、白諾貝弁護士を、闇審判で成年後見人に就けたが、財産は失われて居た、この身内と白弁護士は、当てが外れてxx氏に関わらず、でした。

(6)この闇審判に関して、札幌家裁に経緯を聞いた答えが”特に証拠も無いが、一般論で、弁護士の申し立てで、被後見人の財産が横領されている、緊急性が有ると言われ、家裁で緊急性を認めて”何も無しで白諾貝弁護士を成年後見人に選任した、被後見人に財産が無いと分かった以上、白諾貝弁護士は、成年後見人を降りて終わるだけです、と言った答えを得て居ます。

6、法務省、司法が行っている、法を破戒させた所業です「ゆうちょ銀行、法が施行され、相続権者個々が”法に沿った遺産預金仮支払いを受けられるようになりました”今までは、見つけ出した遺産預金から、死人を偽装した手で200万円まで盗めたが、今後は”金融機関毎に、被相続人死去時に存在した預金額”を遺産預金として、法の規定で仮支払いが必要です、過去の遺産預金窃盗分も、遡って金融機関が負担する責任を負って居ます」偽造財産目録強制適用被害も、今後問題となります。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702701
ユニークアクセス:3947902
今日
ページビュー:789
ユニークアクセス:747
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed