エントリー

2019年07月28日の記事は以下のとおりです。

犯罪被害者の立証

  • 2019/07/28 15:20

十和田おいらせ農業協同組合は「義父が死去した平成29年11月7日の二日後、次男が娘と上北支店に行き、義父の身分を偽った書類で200万円を盗んだ、この犯罪被害に付いて」

盗まれた金は、十和田おいらせ農業協同組合の資金である、こう、法律に沿って、公に扱って居ます「青森県警、七戸警察署、道警、手稲警察署が犯罪者と共謀して”盗んだ200万円は、義父の、死去で凍結された預金から盗んだ、正しい遺産預金泥棒だ、十和田おいらせ農業協同組合にも、相続権者にも、一切金銭被害、犯罪被害は無い”」

こう嘘を吐き、犯罪者に与して、警察ぐるみ犯罪に走って来たのですが「十和田おいらせ農業協同組合は”盗まれた200万円は、十和田おいらせ農協の資金被害である、義父の遺産預金は、死去時の金額が正しく存在しており、相続人4人で等分相続する”」

こう、遺産預金仮支払い請求手続きに対して、公式決定して居ますし。

次男側に「十和田おいらせ農協から盗んだ200万円を返すように、公式要求して行って居ます、金を盗まれた被害者ですから、当然です」

警察は、法律を故意に破り、犯罪者擁護、犯罪握り潰しに狂奔して来た、公の実例証拠です、司法、警察が、故意に犯罪を握り潰して、犯罪を虚偽正当化に走って、犯罪者を守って来たのです。

青森銀行も、同様の犯罪を行わせて居ます、次男の嫁に、義父を偽らせ、30万円余りの金を盗ませて居ます、青森銀行は、この盗ませた金を、どう言う金だと言い張る、公に言い張り、出るでしょうか、遺産預金仮支払請求は行われて居ます。

青森県警、北海道警察、検察庁、検事、裁判所、裁判官は、次男と身内実行犯、偽造委任状弁護士犯罪を、どう扱うでしょうか?十和田おいらせ農業協同組合は、平成28年12月19日、最高裁大法廷、法律に沿った最終決定と、新民法第909条2規定を、正しく守った実例、証拠を作ったし、警察、司法が吐いた嘘「ここから盗んだ200万円は、十和田おいらせ農協の被害では無い、この話は嘘で、十和田おいらせが被害を受けた、を立証している中で」

司法犯罪証拠を作って来た

  • 2019/07/28 15:01

4男が起こしたさいばん、父親の身分を偽り、十和田おいらせ農業協同組合と、青森銀行から盗んだ金の問題。

4男は、証拠が揃った後「十和田おいらせ農業協同組合と、青森銀行から、次男の娘、嫁が盗んだ金は”金融機関の資金で有り、父の遺産預金からでは無い”これを指摘したんですよ」

当然、偽造委任状で暗躍弁護士と、弁護士の下僕の、法律以前の裁判官は「金融機関の事業を成立させて居る、事業許可を与えて有る法律”も”分かる頭も備えて居ませんから」

4男の「正しい法律根拠事実も、法律以前の司法テロ決定で、潰して得意になって居ましたが、今の状況は、4男が、法に適った答えを出して居た、この答えが出て居ます」

先ずは、十和田おいらせ農業協同組合は「次男の娘に”被相続人、私から見て義父の身分を偽らせ、盗ませた200万円は、十和田おいらせ農業協同組合の資金で有り、義父の遺産となった預金が、義父の死去後引き出された事は無い”」

こう、法律規定通り、帳簿処理も合わせて決定して、遺産預金金額を、義父の死去時の金額で公式決定して、相続人4人で等分相続金、としています。

遺産預金仮支払いは、相続人個々の相続金から、請求者相続人個々が、自分に渡す手続きです。

当然ですが、次男の娘が盗んだ200万円は、十和田おいらせ農業協同組合から、次男の側に請求が掛かって居ます、金融機関の資金窃盗被害ですから。

帳簿記載でも、十和田おいらせ農業協同組合の資金が、平成29年11月9日に、上北支店から盗まれた、と言う、正しい処理、記載です。

あの訴訟詐欺、詐欺判決に、何の効力も無い事も、良く証明されて居ます「十和田おいらせ農協が、次男にくれた金で、被相続人の預金から出した金だ、偽造委任状で暗躍弁護士が、法も分からない頭で言い張り、下僕裁判官が、何の効力も無いが、出した判決です」

十和田おいらせ農業協同組合は「被相続人が死去した時点で存在した預金額が、相続遺産預金金額と確定しており、この中から200万円を盗み、次男の娘に差し上げた事実は無い、之を帳簿記載から、正しく証明して有ります」

遺産を”法務省、司法犯罪によって”根こそぎ奪われた相続権者は

  • 2019/07/28 14:25

法務省、司法犯罪によって、法で認められた遺留分まで、根こそぎ強奪されて、強引に泣き寝入りを強いられて来た、国家権力強盗の被害者は、基本過去10年分の被害実例に付いて、新民法第909条2、この法律手続きを先ず取り「被相続人が死去した時点で存在した、遺産となった預金に付いて”法律で規定された条件により、先ず遺産預金金額の確定が行われ”」

被相続人が死去した時点で存在した、法で定められた遺産預金金額を「相続権者全員を、謄本等で証明すれば”相続権者個々が、遺産預金仮支払いの手続きを、遺産預金が有る金融機関に対して取る事で、法律規定で定められた内容で、遺産預金で、自分の相続分から、自分に一部の遺産金を支払い出来ます”」

この法律手続きが施行された事で、被相続人が死去した時点で存在した遺産預金金額が、正しく遺産預金額で確定する、元々これが法律規定ですが、ようやく法務省、司法犯罪、遺産強盗で入手、遺産から奪われた分を消して通されて来た、国家権力強盗、恐喝被害から、一定解放され出して居ます。

被相続人が死去後、強奪、窃盗されれば、遺産預金から弁護士犯罪制度だとされて、法務省、司法、警察、国税が共謀した権力犯罪で、強引に遺産預金から消されて来て居ます。

ですが、新民法第909条2が施行されて「被相続人が死去後”死人が自分の手で、自分の預金を引き出したから、合法引き出しだ、だの、泥棒が死人を騙って抜いた、被害者は金融機関だが、金融機関に被害は無い、相続権者は被害者にならぬ、諦めろ”」

この権力恐喝も、通せなくなっているんですよ「死んだ後抜かれた金は”金融機関資金で有り、遺産預金とは無関係ですから」

後妻業、遺産狙いの殺人組み込みも

  • 2019/07/28 14:06

後妻業成る、遺産を狙った高齢の男性との結婚、結婚後病死、公正証書遺言で他の相続権者の遺留分も「法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人、裁判所、検察庁を、民事、刑事裁判を支配して来た検事、裁判官だった公証人と法務省が共謀しての”民法第1031条、相続権者に認められている遺留分まで”法律根拠ゼロで強盗入手させる」

この司法、法務省犯罪により、遺産を根こそぎ強奪出来て来た、有名になった犯罪も、国税も共謀して、法を犯す遺産強奪利得に、国税徴収法を破戒させて、加担して来て居ます。

司法、警察、法務省、国税、報道が直接結託して、遺産強奪を強引に成功させて来たのです、後妻業成る、高齢男性と結婚、公正証書遺言を、男性と再婚者の妻の間で交わさせて、男性が病死した後、遺産全部を後妻さんが手に入れて来て居る、他の相続権者の遺留分も強奪は、国家権力が共謀して、後西さんと組んだ弁護士に、後妻さんに入る違法利得分まで、利得の一定額が山分けされるように、国家権力が闇で仕組んで有る訳です。

兎に角「法の規定も破壊させて、公正証書遺言に”後妻さんに遺産を全部遺贈する”と書いて有るからと、法務省、司法強盗を常時凶行して、遺産で見つけ出せた分を、後妻さんに根こそぎ奪わせて」

他の相続権者が、減債遺留分の返還を求めても「後妻さんが応じなければ、一切法律規定無視で、遺留分の返還も、弁護士に操られて居る裁判官、裁判所は、認めないからくりなのです」

この法律破壊、遺産根こそぎ強盗入手を成功させるには「遺産を全部、遺贈を受ける人間が”速やかに強奪入手する必要が有るんです”法務省、弁護士、検事、裁判官、国税が、所管法律の破壊で共謀する事で、です」

事実は不明ですが「京都の筧千佐子さんの、後妻に入って次々結婚相手死去、一部を除いて他の相続人遺留分も手に入れたけれど”殺人容疑で逮捕、刑事裁判”東京大学出の弁護士と共謀したけれど、この結果」

こっちと、名古屋の資産家死去、若い後妻さんは「無事?遺産入手、犯罪証拠は存在せず、あまり表側でも無さそうな方と無事、、、の方と比べれば、弁護士なんぞより、裏を詳しく、の方の方が数段優秀そうですね」

警察、司法犯罪も

  • 2019/07/28 08:33

警察、司法ぐるみの犯罪、犯罪握り潰しの手口も、民法第909条2が施行された事で、破滅して行って居ます。

警察、弁護士、検事、裁判官ー偽造書類で、違法に持ち出されたキャッシュカードで”預金が引き出された事になって居る、だと”金融機関に預けた金は、金融機関が所有者だ、預金者の口座の金が減って居るが、預金者は被害者では無い、金融機関だけが被害者だ、金融機関には被害は存在して居ない、犯罪は無い。

この虚言で、金融機関の金は、偽造書類を使う、違法にキャッシュカードを使い、ATMから金を抜く手で、盗んで手にし放題出来て来て居ます。

この犯罪は「金融機関だけが被害者だ”預金が失われたと言うが、預金者には被害は生じて居ないんだ”金融機関医は被害は無いから、犯罪は存在して居ないんだ”」

こう言えば「泣き寝入りさせられて来たのです、けれど「民法第909条2が作らせて施行された事で”遺産預金は、被相続人が死去した時点に存在する金額で凍結、確定”この法律規定が、言い訳無しで適用となって居ますし、当然ですが」

「死んだ人が死去後、自分で金融機関に来て、自分の預金を引き出して帰ったから”被相続人が死去後、被相続人によって預金が引き出されたから、遺産預金は被相続人死去時の金額より減った”」

このオカルト虚言は、もう使えませんし「誰か親族?が”死人を騙り、金融機関から金を盗んだが、金融機関に被害は無いから、犯罪は無い”この虚言も、遺産預金仮支払手続きを取られれば、死去時の金額をベースで仮支払いするか、死人が死後、自分の預金を引き出した、偽造証拠を作り、使うかです」

遺産預金仮支払手続き実施に対して「不払いするなら”死人が死去後、自分で手続きを取り、自分の預金を引き出した、之の証拠が必要です、被害者に対して、犯罪証拠も出す必要が有ります”」

一つの法律施行で

  • 2019/07/28 08:19

新民法第909条2、この法律が施行されただけで、司法、警察、国税、金融機関監督行政機関、報道ぐるみ犯罪が、いきなり公に崩壊してしまって居ます。

元々金融機関が預かっている金は、司法、行政が金融機関に命じて、闇で盗み放題して来て居ます「口座名義人を偽り、口座名義人が自分で自分の預金を引き出した、この手口の犯罪を、国中で司法、行政が凶行し捲って来て居ます」

同じ手口が、死人が死んだ後、死人自身で窓口手続きを行い、自分の預金を引き出して帰った、合法な、死人自身による死人の預金引き出しだ、この犯罪手口です。

国家権力がこの手口、口座名義人を偽った書類を金融機関で使い「口座名義人自身で手続きを取り、自分の預金を引き出した、こう偽る犯罪で、他者の預金が正しく引き出されたと偽り、金を手に入れられているのです」

同じ犯罪として「弁護士、司法書士犯罪利権獲得の為”死人が死後、死人自身で金融機関に行き、死人が自分の預金を引き出して、持ち帰ったんだ”」

この犯罪も、国中で「弁護士、司法書士犯罪制度とさせて、凶行し捲らせて居ます、金融機関は”死人が死後、死人自身の預金を引き出した”こんな偽造処理まで認められて居ます」

金融機関が預かっている金を、国家権力が自由に盗み、闇に消す、闇利得とする、之を成功させる為に「金融機関の手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書等は、偽造で良いと、国家権力からされて居ます」

新民法第909条2が作られて、施行された事で、この犯罪も、繕えるものが無くなって居ます。

犯罪隠蔽の手口が

  • 2019/07/28 08:01

金融業、保険事業は「ベニスの商人、の事業ですよ”まともな事業では有りません”この事業者の帳簿、出鱈目を極めて居ます、やって居る事は、堅気の常識の外の所業です」

死人が死後、自分で預けて有る預金を引き出した、之で通って来た事実だけでも「まともな商売の筈が有りません、帳簿から偽造が認められている、大きな証拠です」

窓口で預金を引き出した書類も、故意に筆跡照合して居ません、偽造書類で金を引き出す事も「国家権力との闇の協議で、国中で行えて居ますから、理由は”合法性の欠片も無い、民事判決を使った差し押さえや、滞納税、保険料を抜く差し押さえ、口座名義人が、自分で自分の預金を引き出した、この偽造書類作成、行使犯罪用、この手で預金窃盗を、国中で成功させて有るから”です」

国家権力が預金も、完全に私物化して通しており、それを成功させるには「預金を盗める手口の構築と、犯罪で預金を盗んで、ばれた先の言い逃れの手と、泥棒の共犯金融機関が、必要な偽造を認められている、こう言った国家権力犯罪が、当然必要なのです」

新民法第909条2、この法律が作られて、施行された事で「金融機関を舞台とさせた、預金強奪、窃盗、詐取犯罪事実、証拠が、大きく浮き出て来たのです」

この法律の施行の結果「被相続人の遺産となった預金は”死去の時点で確定される”死人が死去後、死人自身で預金を引き出した、この偽造金融機関の帳簿処理から、公に破綻して居るのです」

当然ですが、金融機関を監督している国の機関、地方行政機関も共犯ですし、金融機関の金を、犯罪によって盗んで弁護士利権を得させている、司法、警察も共犯です、実行犯、ですね。

今後金融機関は、預かった金を「国家権力と組み、犯罪で盗ませ放題して来て居る事、帳簿、証拠偽造で成功させて来て居る、法を犯した事業に付いて、巨大な付を払わせられて行くでしょう」

司法、警察は、実行犯だと証明されて行って居ます、逃がして呉れません、実行犯ですから。

司法犯罪、弁護士犯罪利権の為

  • 2019/07/28 06:24

@十和田おいらせ農業協同組合、ゆうちょ銀行と”平成29年12月19日、最高裁大法廷最終決定、及び今月発効、民法第909条2を踏襲し”被相続人死去時の預金額が、遺産預金額で確定、この金額で、遺産預金仮支払いを行う手続きを取りました”青森銀行、北海道銀行、死後盗まれた分を、相続人に負わすには、法と根拠が要ります

                                令和元年7月28日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

国税局長官、札幌北税務署経由、必須で送付の事
TEL03-3581-4161 北税、道国税局は、このシステム犯罪利得への課税逃れを、税務署権力悪用で重ねて居ます、国税、徴税システム破壊、犯罪利得課税せず国中で実行責任を取れますか
北海道財務局理財部、園部担当
TEL011-709-2311 金融犯罪は、犯罪証拠隠匿で成功、遺産
FAX011-746-0946 預金仮支払の法律で、被害証明出来ます
東北財務局 青森財務事務所阿部、横内担当
TEL017-722-1461
FAX017-777-3177
北海道銀行頭取、相続サポートセンター近藤担当
TEL011-815-1112
FAX011-694-3247 手稲星置支店経由”被害は相続人も”
青森銀行頭取、事務統括部工藤副部長、相続部署へ
TEL017-732-1111
FAX017-732-1153

1、政治、遺品整理等、泥棒請負委任、共犯行為をしている犯罪行政機関等は「平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、今月発効、民法第909条2が何かも理解出来て居ません、そこで別紙、遺産預金を巡る事件複数の現状と、弁護士、裁判官、裁判所犯罪の詳細等を添え、最高裁大法廷最終決定、民法第909条2が稼働して、今、今後の動き、当社が予告した通りの動きを、分かり易く解説して、配布して居ます」

2、十和田おいらせ農業協同組合は「義父死去の二日後に、次男娘に義父を偽らせ、200万円を盗ませた件で”義父の遺産預金は死去時の額、4,521,455円が存在する、この金額を相続人四人で分割、この中から4男、次女に仮支払実施、200万円は十和田おいらせの資金、犯人側に回収を掛けている”こう決め、実行しました」

3、ゆうちょ銀行は「義父死去時の預金額が、確定遺産預金額、この金額を持ち、遺産預金仮支払い致します、と最終手続きが終わって居ます」

4、北海道銀行、青森銀行「被相続人死去後、盗ませた、盗まれたお金は”死人が死後抜いた”で仮支払いを蹴るのはもう無理です”実行犯を証明した証拠と、金融機関からの、犯行当時者証明、被相続人が金銭被害を受ける事に付いての、法律根拠記載文書等が要ります」

5、道警本部、手稲、厚別警察署は「弁護士、裁判官、裁判所犯罪なので、遺産預金は被相続人死去後減じたが”被害者は道銀、青森銀行で、二金融機関に被害無し、相続人には被害は生じない、犯人と協議せよ、犯人との証拠は出さぬ、知らないで終わり、窃盗、詐欺は無い”こう言い張って来たが”遺産預金仮支払請求が蹴られれば、請求者の相続人が、財産侵害被害を受けた証拠が出来ます”」

6、当然ですが「弁護士と裁判官結託”死んだ後盗めた遺産は、遺産から消された、泥棒が所有者”この偽造遺産目録のみ通し、遺産相続権を、司法テロで潰して来て居る事実も、過去分から責任を問われます”」

7、北洋銀行は、不動産屋ネクステップを使い「未相続の内に遺産金品を盗ませて提供させ、闇に消す遺品整理、泥棒請負で、地方行政機関等と組み、稼いでいますが”民法第909条2施行により、遺産預金窃盗に加担、遺産物品泥棒請負社に提供させても居る悪事”に関しても、共犯自治体共々、犯罪責任を問われて行きます、国税、道庁、道警、報道も直接共犯です」

8、国税徴収法違反に、国税、国税局、税務署も直に加担して居ます「遺産金品泥棒、詐欺犯の身元、犯罪事実、遺産預金窃盗証拠と金額を、金融機関は今後、遺産預金仮支払いが受けられる法の施行で、国税共々表に出さざるを得なくなるでしょう、死んだ後死人が預金を引き出した、之も通して来たが、今後は明確な、国税、金融機関共謀、確信犯罪証拠を、相続人相手も含め、出す必要が有ります」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4662465
ユニークアクセス:3912233
今日
ページビュー:1308
ユニークアクセス:1196
昨日
ページビュー:1536
ユニークアクセス:1433

Feed