エントリー

2019年08月05日の記事は以下のとおりです。

認知者と亡くなった人の財産を、弁護士犯罪利権で狙って

  • 2019/08/05 16:22

認知が悪化した人と、亡くなった人の財産を”弁護士、司法書士犯罪利権の為”狙い、国家権力悪用三昧に狂奔して居る、裁判官、裁判所、調停委員、法務省、公証人、警察、国税、報道ぐるみで。

悪の権化司法、警察、国税、報道カルト、弁護士、司法書士連中も、無知蒙昧、無能、カルト頭の生き物なので、正しく国家資格者事業の遂行も、不可能なので、食い物に出来る獲物を、常に国家権力挙げて、探して居るんですよ。

この頃は、多少のお金を持て居る、認知症の方や、亡くなった方の財産を、弁護士、司法書士犯罪国家資格者が、犯罪を好き放題行える、共犯者と犯罪をし放題して、通される、之を武器で駆使して、認知者、亡くなった方の財産強奪、窃盗、詐取し放題出来て。

犯罪者同士で山分けして、通されて居ます、おれおれ詐欺よりあくどい、国家権力が共謀して居る、強盗、泥棒、詐欺です。

阿部xxさん夫婦の遺産も、この弁護士、司法犯罪で強奪、泥棒、詐欺により、共犯の弁護士、裁判官ぐるみで強奪を成功させるべく、悪行の限りを尽くされて来て居ますが。犯罪者の孫と共犯の、被相続人の長女が、両親の遺産分割調停を提起して来まして、犯罪者の甥、叔母双方代理者弁護士、事務所は、泥棒と被害者の、双方代理弁護士事務所と言う。

生活保護法違反、之も調停提起により、公式な違法、犯罪事実を問われて行きます、中沼の不法投棄、違法埋設も、もう逃げられ無いでしょうね、幾ら金が要るやら、、。

泥棒と、一応被害者双方代理で

  • 2019/08/05 15:05

阿部xxさんと、妻のxxさんの遺産強奪、窃盗、この二名に関わる金融機関、年金資金窃盗、詐取犯罪行為者に、代理人弁護士、弁護士事務所として就いて、札幌地裁、裁判官と共謀もして、これ等の犯罪を強制的に、法の規定の破壊を武器とさせて、成功させると、国家権力犯罪凶行の数々。

と言う立場なのに「相続権者である、犯罪者が甥にあたる叔母が、同じ弁護士事務所と手を組んで”遺産相続の為の、分割協議調停を提起して来たのです”」

一方では、泥棒と共謀して、泥棒利得を「裁判官、裁判所の共犯加担も得て、犯罪で利得を、法を破戒させて私物化させる、之を果たそうと、この弁護士事務所、弁護士は、犯罪行為者の、被相続人から見て孫との共謀犯罪を、先に立って成功させる、と暴走して居ます」

元々は、遺産、年金事業団資金、北海道銀行の資金窃盗を、警察、司法挙げて「正しい犯罪である、強盗も窃盗も詐欺も、一切存在しないんだ、帳簿も読めないから、犯罪が存在して居ない、これを言い張るが、合法との証拠はゼロ!犯罪者をこれで逃がすと暴走して来て居ますが」

相続権者、共犯の筈の相続権者が、遺産分割調停を提起したから、生活保護法も、強力に適用されます、元々保護受給者で有り、今回調停を提起した人間は、両親の遺産を、法を犯して闇に消して来た人間です。

カオス状態が、収拾不可能な所まで広がって居ます、この程度でしか無いのですね、この国の独裁者、と自分を錯覚して居る。、向こう側の狂い切った魔は。

同じ物品ですから

  • 2019/08/05 08:19

同じ遺産家財を、同じ弁護士、弁護士事務所が「利益相反の極致で、双方代理受任して”一方では不動産明け渡し強制執行だ、占有場所の金品は、全て裁判所、国が権力を悪用させて、占有解除申立者が所有者と、嘘だが決定した”」

こう決めて、強盗して、諸湯者偽装の手で闇処理予定とさせて有って、もう一方では「生活保護受給者複数も相続権を持つ、相続遺産だ、合法に遺産を分割して、相続するのだ、遺産分割調停を、保護受給者の相続人が提起した」

こう、同じ被相続人の遺産で、同じ弁護士事務所が双方代理受けして、裁判所に事件で出した訳です、愚かしい法律家ですよね。

まあこれで、裁判所に公式な事件で出されて「同じ相続遺産を、一方では強奪、窃盗したぞ、犯罪者が所有権を得た、遺産から消した、之を通すべく、弁護士、裁判官犯罪に暴走して」

もう一方では「生活保護受給者も二名、相続人で入って居る、同じ遺産の相続で”合法な遺産相続を行わねばならない”遺産分割協議申し立てを行いました、保護受給者が」

で、同じ弁護士事務所が、完全な利害対立者から、双方代理受けして居ます、泥棒と被害者?双方から代理受任して、どうやって処理する気でしょうか?

生活保護受給者に遺産分割調停提起をさせれば、どうなるか

  • 2019/08/05 08:03

元々、同じ日相続人二名の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪行為者と組して居る弁護士、弁護士事務所で、遺産は強奪、窃盗に成功すれば、犯罪者が所有権を無税で得て、他の相続権者の相続遺産から、法務省、司法、警察、国税が、法を犯して強引に消して通して居る、これを得意になって成功させると、警察、裁判官、裁判所ぐるみで、悪の限りを尽くし捲り、成功させられる気で、犯罪を重ねて来たのに。

相続権者で元々共犯者にも就き「今度は”遺産分割調停を提起した事件に絡んで居る”同じ弁護士事務所が、愚かにも程が有ります」

当然の事として、同じ被相続人の遺産ですから「遺産強奪、窃盗、詐取犯罪者を勝たせる、犯罪で遺産を手に出来た分は、犯罪者が所有権を得たと偽り、遺産から消して、他の相続権者に強引に、この司法犯罪被害を加えて通す、之に暴走して来て居る事と」

相続権者の二名が生活保護受給者、その内の一人、遺産強奪、窃盗の共犯の保護受給者の相続権者にも就いて「被相続人の遺産分割調停事件を提起した”遺産強奪、窃盗被害、偽装被害分を遺産から消した遺産目録で”」

アホ過ぎますよね、とっくに遺産強奪、窃盗、詐取犯罪行為で、遺産から強制的に抹殺、犯罪者が所有権を得た、等通されない状況を作って有るのに。

この保護受給者が提起した「強奪、窃盗、詐取した?遺産は、遺産から司法、警察、国税が強制抹殺した、遺産は犯罪被害の分減じた、こんな偽造遺産目録で提起した、犯罪が証明されて居る事を潰そうとも目論んだ調停提起で、犯罪者双方に就いて、でも両方の犯罪者は、完全な利益相反だと言う」

保護受給者が「遺産分割調停を提起したなら”他の相続人に正しい理解が出来て居れば”合法な遺産分割、相続が絶対必要となるに決まって居ます」

さて、弁護士、裁判官、裁判所、札幌市、警察が共謀して、闇に消す予定だった遺産家財、今度は生活保護受給者が起こした遺産分割調停に、遺産家財で俎上に乗ったのです、どう闇に消すやら、公権力犯罪で。

公正証書遺言で

  • 2019/08/05 06:30

@公正証書遺言、祖父が”孫に不動産を遺贈する”と書いた遺言で?祖父母の財産を、相続権者実父、叔父叔母相続遺留分も含め、根こそぎ窃盗、詐取に走っている事件で、生活保護受給者の相続人が、同じ弁護士事務所と組み、両親の遺産分割調停を提起して来ました、当然法を犯して消した、消そうとしている遺産は、遺産目録から消してです

                                 令和元年8月5日

  阿部xx、山本xxx氏より、本件各調査委任を請けている会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※法務省、札幌市、小樽市、両市議会、裁判所、検察庁、道警、道新”弁護士、裁判所は、偽造遺産目録のみ合法、と虚偽確定、遺留分、減債遺留分は認めぬ、遺産家財は所有者偽装闇処理”生活保護受給者相続も絡んだ事案です

山下貴司法務大臣、民事、刑事局、公証係
FAX03-3592-7393公正証書遺言で”保護費詐欺も公認”根拠は
根本匠厚生労働大臣、成年後見制度利用推進室梶野智樹室長
FAX03-3592-1459保健福祉各所、認知悪化者との公正証書交わしで、当時者合意成立、相続遺留分も強制踏み倒し、国家でこれを
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691保護受給者の相続遺産は、正、負共犯罪隠滅
※北海道新聞社主、報道センター内山、樋口他記者
FAX011-210-5592 この事案、遺品整理屋を複数当社対向で
綿引万里子札幌高裁長官
FAX011-271-1456 裁判所規定は、偽造遺産目録のみ適法
植村実札幌高検検事長
FAX011-222-7357保護受給者の相続遺産は、司法詐欺で消す
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110遺品整理の合否、この事件でも立証が
秋元札幌市長、市議会、市税、環境、保護自立支援、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166保護受給者が調停申し立て、遺産隠匿不可
小樽市長、市議会、市税、塵減量推進、保護、介護保険、障害福祉
FAX0134-32-5032

1、札幌市、警察等には、阿部xx氏ら提出、xxxx、xxxx氏の遺産分割調停事件で、xx氏と、阿部xx氏の双方代理、xxxx弁護士事務所作成、提出遺産目録は偽造、遺産の大半を、法を犯して隠し、消しに走って居る事実を、相手方阿部xx、山本xxx氏が、証拠も添えて、他にこれだけの遺産が存在する事実を指弾して居る、この調停に出した書面記載証拠も渡します”阿部xx氏も、xxxx、息子阿部xx夫婦による、両親の財産、遺産泥棒に関して、これを契機に対抗予定、との事です”相続人3人が、両親の遺産強奪被害に立ち向かいます。

2、弁護士、裁判官、調停委員、裁判所は「法を犯して遺産を手に出来れば、所有権は犯罪者に移る、遺産から強制抹殺した、之を当たり前とさせて、犯罪被害を、他相続権者に強制押し付けしている、義父母の同様司法犯罪と同じ事実証拠です」

3、xxxx氏は「札幌厚別区役所から生活保護を受けており、次男阿部xx氏は、西区役所から生活保護を受けて居ます”阿部xx氏長男、阿部xx氏が窃盗、詐取して居る、xxxx、xx氏の遺産は、保護受給者二名も相続権が有る遺産です”保護費詐欺事件でも有る訳です、札幌市、市議会、保護受給者の相続人が提起した、遺産分割調停です、xxxx氏、委任弁護士、札幌の裁判所、裁判官による、相続遺産窃盗、詐取、強奪で相続遺産はxxxxに所有権が移った、これ等遺産を強制隠滅、合法相続潰しは、絶対に認められません」

4、日本年金機構は「死去した者の口座を生かして置き、死去者が生きて居ると偽り、口座に年金を振り込む事を常態化させて有る、正しい受給者への年金支給だ、死人も合法受給権者だ、こう強弁しており又”xxxx氏との共謀、xx氏の遺産年金詐欺を、無い事件”と虚偽文書を出して居ますが、警察は既に、阿部花枝氏の遺産年金が、正明氏に振り込まれた事実も、確認済みです、年金機構と金融機関の事務処理は、偽造が常と言う事です」

5、札幌市、市議会、環境、裁判所、検察、警察、道新「阿部xx、xx氏の遺産動産に付いて”xxxx氏所有と偽装の手で、裁判所が強制強奪、所有者偽装闇処理予定に、生活保護受給者の長女、相続人による、遺産動産も含めた遺産分割協議も加わりjました”当社の遺産物品品目等調査書も出して有ります、保護受給者が相続する、負の遺産家財の処理なら、保護費から支給です、xxxx氏所有家財と、裁判官、裁判所が偽装し、闇処理させれば、国が多重に犯罪者です」

6、この”保護受給者が提起した”遺産分割調停提起、遺産家財の扱いも公に入って居る”事件、同じ家財を、相続人孫xxxxが所有者と偽装し、裁判所が闇処理予定の物品の扱い事件で、未相続の内に遺産金品を盗んで提供させ、闇に消す遺品整理屋犯罪、家財犯罪処理委任、請負、保護、介護保険、障害福祉事業者、不動産屋指揮犯罪も、更に問題となって居ます「司法犯罪所有者偽装闇処理、不動産明け渡し強制執行名目強盗、未相続の遺産金品窃盗請負、個人の家財等所有者偽装闇処理請負、どれも刑事罰が複数科せられる、犯罪です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4656821
ユニークアクセス:3906931
今日
ページビュー:1050
ユニークアクセス:1003
昨日
ページビュー:1670
ユニークアクセス:1603

Feed