エントリー

2019年08月06日の記事は以下のとおりです。

司法、警察犯罪が

  • 2019/08/06 18:16

死人を偽り、死んだ人の遺産を強奪、窃盗、詐取して、利を得て通されて居る、極悪非道を超えた、日本の国家権力犯罪の一つです。

北海道銀行は、もう諦めたようで「亡くなった人の預金口座は、死去時で凍結されて、以後預金口座を動かせません、之を認めて居ます」

日本年金機構、青森銀行は「亡くなった人の預金口座は、亡くなった後も”無くなった人を偽り、取引を続行して合法だ”無くなった人を偽装して、預金を預金者が引き出した、と偽って通せるし、亡くなった人が生きているように偽り、年金を振り込んで合法だ”」

こう言い張り、実行して、通して居ます、年金事業と金融屋、司法、警察、法務省、国税、地方自治体、報道が共謀して、行わせ、法の破壊で成功させて居る、国家権力テロ犯罪の実態です。

もう、合法を通して居る国家機関は存在して居ない、合法な国家資格者業務遂行を果たして居る、司法書士、法曹資格者も皆無、報道は、犯罪者の下僕に堕ち切って居る、これが日本の現実だと、公式に証明されてしまって居ます。

犯罪集団化し切って居る、日本の国家権力、国家資格者、報道カルトの現実です、我欲を満たすべく、犯罪の限りを尽くして通して居ます、強盗、泥棒、詐欺、悪の限りをこいつらは、居直り強盗以下の詭弁、三段論法で尽くし捲くっています。

弁護士犯罪、当然検事、検察庁、裁判官、裁判所ぐるみの司法犯罪、遺産強盗もそれなのです。

死んだ人が生きているように偽り、亡くなった人の財産強盗を、司法犯罪制度化して、国中で凶行し捲って有るのです。

生活保護受給者からの、遺産相続協議調停に

  • 2019/08/06 17:16

札幌厚別区役所から、生活保護を受けている被相続人から、両親の遺産分割調停が提起されて居ます。

生活保護受給者による、両親の遺産分割協議調停ですから、厚生労働省、札幌市保護自立支援課、市議会の監視下に入った、遺産分割協議調停事件となって居ます。

当然ですが「相続人の一人、次男の息子夫婦による、被相続人の遺産窃盗、詐取、強奪被害も「法律が正しく適用されて、厚生労働省、札幌市保護自立支援課、市議会、警察の監視下に入って居ます、保護受給者が二名入って居る遺産相続ですから、生活保護費詐欺を防ぐ為、公的機関が監視しなければならないのです」

この調停提起により、遺産家財も、当社の調査書が生きて、遺産家財の合法相続手続きも、公に果たすしか無くなりました「相続人の一人、次男の息子が強奪、窃盗、詐取した相続遺産は、公の機関が、遺産を調べて証明して、保護受給者も含めて、不正が生じないように、きちんと調べ上げて、正しい遺産を証明して、正しく相続を終えなければならないんです」

次男の息子が、犯罪で抜いた遺産は、どうやって”合法に、遺産として存在させるんでしょうか”盗んだ遺産を戻す方法が、無いですから、下手に戻せば、速攻逮捕されます、犯罪を認める訳だから。

かと言って「遺産を盗んだままで置けば、生活保護法の適用も公となって居ます、相続を終える方法が無いんです、司法、警察、行政、報道、どう言い逃れる、答えろ」

道銀、警察他」

  • 2019/08/06 17:03

知人の身内が死去されて、私から煩く言われているから、きちんと銀行口座凍結、年金停止を行ったと。

結果「預金は現金化出来ず、年金も遺産年金支払い手続きとなって、困って居ると、合法を果たすとこうなる、当然の事です」

で、北海道銀行と、知人に「公に”口座の凍結を解除して上げて、遺産預金を現金化して上げるべきだ、日常の犯罪なのだから”」

こう申し入れしました、道銀と知人は「違法なので出来ません、と言うんですよ、北海道銀行”日常の犯罪だろう、何故公に、社運をかけて助けて上げないんだ”今更正業を偽っても無駄だ、司法、警察、行政、国税他が共犯で、国儒で手を汚して居る事だ」

公にやれ、どうせどの国家権力も、犯罪者の一味なのだから、法で律せられた国家機関、国家資格者は、何処にも存在して居ない事も含めて、公になって居るのだから。

ばれて、言い訳の余地も失って、自分達の身が危なくなったからと「法を守ります、ふざけるな、今更まともを装ったって手遅れだ、司法、警察、国、地方行政機関、国税、報道、何処も直接犯罪者だとばれて居る」

公にされた犯罪は、怖くて出来なくなる、情けないテロ犯罪国家権力だ、公に表に出された、国家権力犯罪なのだから、犯罪一色に染め上げろ、今更合法化も不可能だ、犯罪一色に染め上げろ。

本当に無様な国家権力ばかりです、オウム以下の国内外テロ犯罪集団です、これが日本の国家権力の実態なのです。

何もかもが偽造、犯罪で

  • 2019/08/06 09:20

死んだ人が生きている、ように偽装する手で、死人の財産強奪、窃盗、詐取出来て、遺産から強引に消せている。

この司法、警察、行政、国税犯罪が、遂に「生活保護受給者の相続人による、遺産分割調停提起事件でも、公式に使われて居ます、死人を偽り、遺産年金資金、金融機関資金詐取、窃盗犯罪実行で、遺産から強制抹殺に、遺産不動産遺留分、減殺遺留分強制相続潰しを、生活保護受給者による、遺産分割調停提起事件でも、泥棒と同じ弁護士事務所が、保護受給者に就いて、犯罪塗れの遺産相続調停提起に走って来ました」

死人が生きている、ように偽装して、遺産となった預金口座も凍結せず「死んだ人が生きて年金を受け取ったと、公に偽装支払いして、相続権も無い人間と、新さっぽろ年金事務所が共謀して、遺産年金資金詐取、発覚により”正しい相続権者に、再度正しく遺産となった年金を支払う”詐取させた金は、泥棒に差し上げて、これ等犯罪も、公に、遺産分割調停にも、出しました」

死んだ人が生きている、ように偽る手で、死人を騙り、強盗、窃盗、詐取し放題が、司法、警察、行政、国税、報道挙げて共犯となり、犯罪によって財産強奪、犯罪者が所有権を、国家権力がこぞって法を破戒させて有り、得て通って居る、ここまで日本は狂い切って居ます。

生活保護受給者の相続人には、生活保護法も適用されます「当然ですが”死人を騙る手等で、財産を強奪、窃盗、詐取して、犯罪で失わせた財産を、遺産から強制抹殺”は、司法、警察であろうと、生活保護受給者の相続では、強行突破で成功は無理です」

又「遺産家財、相続人複数が保護受給者の事件で”不動産明け渡し強制執行を名乗る国家強盗で奪い、相続遺産なのに、申立者が所有する個人所有家財だと偽り、古物売却、廃棄処理実行”も、生活保護法が公に適用されるので、国家による強盗ですから、出来ないのですよ」

泥棒一味、共犯弁護士、裁判官、裁判所も、生活保護法の適用、札幌市役所、厚生労働省、市議会、政府が正しく監視して、保護法を適用の遺産分割調停事件では、遺産を犯罪で奪い、遺産から強制除外を通す手は、公となった以上通せません。

正しく法を適用すれば、国家権力から破滅するでしょう

  • 2019/08/06 08:25

たった4人の、被相続人に関わる遺産相続問題で、国家権力がこぞって組織犯罪に狂奔し捲くっている、この実例証拠が、出るわ出るわ、呆れ果てるしか有りません。

基本の?死人の財産強盗、窃盗、詐取の手口と、指揮、共犯、実行犯となっている国家権力、事業者と、手口は、ほぼ解明、証明されて居ます。

死人が生きて法律行為を、死んでからも”正しく行って居る”これを偽装する、先ずこの手からです。

遺産となった年金、遺産となった預金、遺産となった物品は「死人が死去後、死人自身で遺産年金を受領した、遺産となった預金を抜いた、遺産となった金品を、死人が泥棒を頼み、闇に溶かした、合法な、死人による死人の財産の扱いである、この偽装、偽造が軸となって居ます」

完全な犯罪であり、適法さも全く存在して居ません、荒っぽいだけの犯罪を、国家権力が組織犯罪に走る事で、強引に成功させて有るだけです。

事実証拠を偽造ねつ造させて、正しい死人による、死人の権利、所有財産の扱いである、こう偽造する手が、最も大元の、権力が指揮、共犯で実行して居る、犯罪の手です。

まさか生活保護を受けている、遺産泥棒の一角の人間が、泥棒と同じ弁護士事務所と共謀して、遺産分割調停を提起して来るとは、犯罪指揮、実行、共犯国家権力集団も、全く想定して居なかったでしょうね。

就いている弁護士は、泥棒と共犯ですから、犯罪で盗めた、と錯覚した遺産は、相続遺産から消して出して来て居ますが、生活保護法も関係します、もうこんな司法、行政警察犯罪で、犯罪隠匿、正当化は無理です。

窃盗、詐欺事件被害

  • 2019/08/06 07:49

二組の夫婦の遺産相続問題だけで、もう年金事業も、金融業も、法務省、司法、警察、行政、報道も、犯罪塗れすぎて破綻してしまって居る、この現実が、詳細に表に出されて行って居ます。

たった4人の遺産相続で、この国で実際に行われて来て居る「死人の財産は、国家権力が共犯で、強盗、窃盗、詐取し捲っており、犯罪に成功した者が、死人の財産を、犯罪によって手に出来た、国家権力が法を破戒させて、之を決めたからである」

之が日本で行われて居る「合憲、合法の徹底破壊、必要となった犯罪全て公認、犯罪者を国家権力が、権力を悪用させて擁護して、正当な権利者を脅し、騙し、強権発動に走り、犯罪被害を強制的に押し付け、飲ませて通して居る、この現実も、正しく実例証拠で、明らかとされて行って居るのです」

司法、警察、法務省他行政機関、地方自治体も、報道がそもそも頭を張り、犯罪を先に立って、犯罪者の用心棒と、国家権力を悪時に利用してなり、犯罪の限りを共に尽くして、犯罪者を逃がして、犯罪で利得を得て通す、共犯の司法書士、弁護士共々、犯罪の限りを尽くさせて通して、犯罪利得を手に出来て、山分けして逃げられるように、もう公に国家権力が、計らって居る事実、証拠が、言い逃れの余地が無いまで明らかとされて行って居ます。

死人が生きている、ように偽って通す、遺産強盗、窃盗、詐取が成功している理由、手口は、大元がこの手口です「死んだ人が死去後、自分で法律手続きを行った”ように年金機構、金融機関、法務局、国税、地方自治体等が、偽造に走らせ、走り、成功させて有る”こう言うからくりです」

この手がここまで大々的に、殆どの国家権力が指揮犯、共犯となって、行えて通って居ます、万人が見習えば良いんですよ、必要な証拠偽造、行使で犯罪が消せるんだから。

合憲、合法に背き、犯罪国家樹立に邁進

  • 2019/08/06 06:20

@阿部xx、阿部xx氏の遺産分割協議調停申し立てを”厚別区役所から生活保護を受けている、被相続人次女      氏が提起して来ました”生活保護法が、公に適用となって居ます”日本年金機構、北海道銀行、青森銀行、口座名義人が死去後、口座を生かして置き、遺産となった年金振込、死人を偽り資金窃盗、このお金は年金機構、銀行の資金被害ですが、どう言う法の根拠で、死去した人と法律行為続行出来るのですか、相手が死去の時点で、以後法律行為全て停止、無効ですが

                                 令和元年8月6日

       @阿部xx、xx氏に関わる、各調査の委任を請けた会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※阿部xx氏(委任状複数の一部)山本xxx氏からの委任状添付

〒004-8558 札幌市厚別区中央2条6丁目4-30
日本年金機構 新さっぽろ年金事務所
TEL011-892-9313 (1→2)畠山室長、北岡一慶社労士

北海道銀行本店営業部、遺産センター星合担当
TEL011-233-1110(営業部)
TEL011-694-3011(星置支店経由)
FAX011-694-3247
青森銀行本店、事務統括部、遺産仮支払部工藤副部長
TEL017-732-1111
FAX017-732-1153
山下貴司法務大臣 刑事、民事局
TEL03-3580-4111 法務省、最高裁以下裁判所、憲法、法律
FAX03-3592-7393 規定無効と公言、実行、最高裁決定も無効
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111
FAX03-3264-5691
秋元札幌市長、市議会、市税、保護、介護保険、障害福祉、環境
FAX011-218-5166 各所必須配布、保護事業詐欺も存在 

1、平成23年3月24日死去阿部xx氏、奥方阿xx枝、平成30年10月11日午前10時45分死去、この二名の被相続人の遺産分割調停を、長女       氏が、長男阿部xx氏、次男阿部xx氏、次女山本xxx氏を相手方として”次男の息子、阿部    氏と同じ、xxxx弁護士事務所弁護士を委任し”提起して来ました。

※令和元年(家イ)第1488,1489号遺産分割申し立て事件

2、この遺産分割調停に、申立者が出して来た遺産には「阿部xx氏所有不動産遺留分、減殺遺留分無し、阿部xx、xx氏死去後も”遺産となった年金を振り込ませる、等目論見により、北海道銀行預金口座を生かして置き、阿部xx氏に付いては、平成23年4月15日に、厚生年金230,583円を振り込ませ、xx氏に付いては平成30年10月15日に、国民厚生年金88,023円と、156,860円を振り込ませて居る、この詐取年金は入っておらず、xx氏死去当日午後13時21分、道銀手稲星置支店736ATMから、xx氏のキャッシュカードを預かって居る者等(阿部xx氏息子夫婦)によると思われる、金287,000円も入って居ません、他にも、こちらの調査で証明された、遺産預金等は入っておりません」

※沼内   氏から出された遺産目録一部と、阿部xx、xx氏の預金履歴参照。 

3、新さっぽろ年金事務所は「亡くなった方の、遺産となった年金”も”受給者以外に原則支給出来ぬ故、上記”亡くなった方の預金口座を生かして置き、遺産となった年金を振り込ませる事は、死去後も年金受給を受ける権利を持つ”年金受給者、生前死後も年金受給権を持つ者”への、死去により法律行為禁止、との法の規定は適用されない、合法な年金支給である、こう強弁して、文書も出して居ます(別紙)」

4、新さっぽろ年金事務所の強弁が、法を犯す虚言と言う事実は「平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、法の規定により、遺産は預金も含めて、正しく相続が終わらぬうちは、一切換金、処理等禁止、複数相続人が居る場合、代表相続人と称して、遺産預金を現金化する事も禁じる、当最高裁大法廷最終決定でも明らかな事です」

5、又、新さっぽろ年金事務所は「遺産となった年金は、相続遺産に含まれぬ、こう強弁して居ますが”埋葬料はそうでしょうが、未相続の遺産年金は、相続権を持つ者しか受領出来ない法の規定(新さっぽろ年金事務所は、阿部xx氏の遺産相続権も無い、次男息子に闇支給、この事実は警察も、次男息子の預金記録で確認済み)で証明されている通り、遺産資金”です」 

6、先月発効した、新民法第909条2により、被相続人の遺産預金仮支払請求手続きに付いても「被相続人が死去した年月日、何時何分の時点で凍結された、遺産となった預金、各金融機関毎の総額を、相続権者全員を謄本等で証明し、各相続人の相続額を算出し、法の規定で相続人が自分に一部支払い、こうなっています」 

7、ここで問題となっている事実が「上記遺産となった年金詐取行為、被相続人の遺産預金口座を生かして置き、死者の遺産となった年金を振り込ませ、抜く行為と、被相続人を偽り、死去後預金通帳、印鑑を悪用して金を盗む(別紙、青森銀行預金履歴も参照、義父小林xxx死去日、平成29年11月7日の8日後、青森銀行上北支店に出向いた次男夫婦が、義父死去を告げ、義父を偽った書類を書けば、全額渡す、と職員が唆し、青森銀行資金窃盗)犯行被害金と、阿部xx氏死去当日の、キャッシュカード悪用で道銀資金窃盗事件被害です」 

8、日本年金機構、青森銀行、北海道銀行「被相続人が死去の時点で、全ての法律行為、取引は禁止で、死人との取引は無効です”この金は年金資金ですが、何の法の根拠で、合法な死人への、凍結せず生かした口座への入金手口での、遺産年金給付と出来るのか答えて下さい、この詐欺資金は、誰が所有権者か、之も答えて下さい”」

9、相続権の無い者が、偽造手続きで遺産年金詐取、年金機構の資金詐取ですが”何故詐欺犯が所有権を得られて居るのか”答えて下さい。

10、青森銀行、北海道銀行「被相続人が死去の時点で、遺産となった預金口座も凍結、之が法の規定で、遺産預金も被相続人死去時の額で確定、法の規定ですが”何の法律根拠で被相続人が死去後も、遺産預金口座が生きて、死人と金融取引継続、遺産年金等入金が行われ、死人の意志、行為で金が引き出された、と偽装して、合法となるか答えて下さい”」 

11、被相続人を偽り、金を抜けば”被相続人自身による、死去後の預金引き出しと、偽りで決まる”この窃盗金が犯罪者所有金となり、死人自身が預金を引き出したと、帳簿等全て偽造し、通って居る法の根拠を答えて下さい”事業者が倒産企業、架空企業、存在しない客と取引偽装、脱税等成功なら、摘発です”年金機構、金融機関は偽造、詐欺が通るのですか。

12、法務省、最高裁、札幌市役所、道警「上記犯罪は、全て民事訴訟法、家事事件手続き法、刑事訴訟法手続きに出て、正しい犯罪で通されて来て居る悪行です”令和元年(家イ)第1488,1489号遺産分割調停事件の提起者(と相続人のもう一人)は、札幌市から生活保護を受けて居ます、生活保護費詐欺にもならないのですよね」

13、十和田おいらせ農協で義父の死去二日後、次男娘が義父の身分を偽装し、200万円を盗んだ事件では、青森県警、道警、札幌家裁、地裁、裁判官、札弁連、偽造委任状弁護士らこぞって、犯罪は存在せず、十和田おいらせ農協にも、相続人にも金銭被害無し”これを強制適用に走ったが”十和田おいらせ農協は、この200万円はうちの資金窃盗被害、義父の遺産預金は、死去時の額全額存在して居ます、窃盗犯側に、200万円の返還も求めて居ますが、返そうとしません、等答えており、警察、司法犯罪も立証されて居ます」             

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4656931
ユニークアクセス:3907034
今日
ページビュー:1160
ユニークアクセス:1106
昨日
ページビュー:1670
ユニークアクセス:1603

Feed