エントリー

2019年08月18日の記事は以下のとおりです。

預金した金は、金融機関の金となり、預金者の金では無くなる、の嘘も

  • 2019/08/18 15:43

新民法第909条2、この法律が施行された事で、下記の金融屋、金融監督機関、警察、司法、国税ぐるみの虚言正当化犯罪も、言い逃れの余地が無く虚言、犯罪隠蔽用の嘘だと証明されて居ます。

;預金者が自分のお金を、預金と思って金融機関に預ければ、預けた時点で金融機関の金となり、預金者の金では無くなる”預金者が自分の預金と錯覚して引き出せば、金融機関の資金の窃盗となる”金融機関が預金者を、窃盗罪で告訴すれば、預金を引き出した口座契約者は、全部窃盗罪が確定する。

;新民法第909条2が発効ー遺産となった預金に付いて、預金者被相続人に対して、相続人だと、謄本等で正しく証明出来た者は、被相続人が死去の時点で凍結され、遺産となった預金に付いて、一定の金額を、遺産相続権により、仮支払いが受けられる”

;遺産となった預金を、預金先ごとの総額を洗い出して、相続権者是認を謄本等で証明出来たなら、各相続人の遺留分割合で、遺産預金個々の相続金額を割り出して、その相続遺産預金から、一定の金額の金を、相続人請求者から、請求者、本人に渡す”こうして各相続権者毎に算出出来た遺産相続預金は、各相続人が相続出来る遺産預金故である”

完全に金融屋、国家権力の大ウソもばれているでしょう「一旦金融機関に預金してしまえば、預金した時点で預金者の金は、預金先の金融機関の資金となり、預金した人間の金では無くなる”一旦預金した金を、口座名義人が引き出せば、金融機関の金を盗んだ事となり、全て窃盗罪が適用となる”」

大嘘ですから「新民法第909条2の規定が、今年7月1日から施行されて居るのです、始まった途端、預金、遺産となった預金強盗をしのぎとさせて来て居る弁護士、裁判官、裁判所、警察他が、今までの預金、遺産預金強盗、窃盗、詐取犯罪行為事実が立証されてしまい、大慌てでこの法律潰しに狂奔しており、全く新民法第909条2も、守る気無しで蹂躙に走って居るのです」

金融機関犯罪、司法、警察、監督官庁、国税が指揮

  • 2019/08/18 15:28

口座契約者を偽り、金融機関も共謀して金を盗めて居る、盗んだ金は、口座名義人を偽装した預金口座の金を「偽造書類、虚偽記載帳簿、決算書、監査報告書を作って使い、合法な預金引き出しだ、と偽って帳尻を合わせて有る」

この犯罪も、もう言い逃れられないまで、公に証明されてしまって居ます「口座名義人を偽装して金を盗んでも”顧客が金融機関に預けた時点で、金は金融機関の所有金となる、預金者には権利が無くなった金だ”」

「預金者が自分の預金を引き出しても、金融機関の資金窃盗罪となる、一旦金融機関に金を預ければ、口座契約者、預金者の金では無くて、金融機関の金になるからだ”口座名義人が預金を引き出した場合、金融機関が窃盗罪で告訴すれば、金融機関の資金窃盗罪が成立するんだ”」

こう虚偽を、警察、司法、監督機関が金融屋と共謀して吐き、強引に押し通して来て居ます「同じ虚言で”死んだ人が死後も、死人自身で自分の預金をj引き出した、死人による合法な、自分の預金引き出しだ、相続人には被害は無い、金融機関にも被害は無い、金融機関で資金窃盗が有った事実も無い”手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書は、死んだ人が死去後、自分の手で自分の預金を引き出したと、正しく記載され、証明されて居るんだ」

これも、今まで定番の虚言です「死人は死後も生きており、死んだ人が、死後も口座取引を継続して居る”手続き書類、帳簿記載、監査報告書記載でこうなっているから、合法、正しい死人による口座取引だ”」

この犯罪も、もう言い逃れの余地が無いまで実例証拠が表に出されて、犯罪証明されて居ます「金融機関の手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書、税務申告書は、偽造ばかりの代物なのです」

生活保護受給者による、遺産分割調停提起、一気に弁護士、裁判官、裁判所犯罪が

  • 2019/08/18 08:59

別の札幌地裁事件で「孫が叔父を被告とさせて、被相続人となった人、孫から見て祖父、被告から見て実父の遺産不動産を”公正証書遺言が有るからと、原告の実父、保護受給者、叔母、保護受給者、叔母も含めた相続人4人の遺留分、減殺遺留分も根こそぎ強盗入手を、委任弁護士と裁判官、裁判所で、法を破戒させて事前に決定済み”で、詐欺訴訟、建物明け渡し請求事件で提起」

普通であれば、受任弁護士、裁判官、裁判所、法務省、国が共謀して「占有場所に有る金品も、訴えた原告が所有者だ、と偽って”国が強盗に走り、遺産不動産、遺産動産、遺産金等根こそぎ強盗して、原告が所有者だと偽り、差し出して終わりと、居直り強盗以下の国家権力が、決定して通すのです」

しかし、生活保護を受けている相続人が、両親の遺産相続を、合法に行い、終えたいと、遺産分割調停を提起して来た事で「遺産不動産、動産、遺産金根こそぎ強盗に成功、之が破綻して行って居ます”何しろ、どっちの事件でも、犯罪者の原告、申立者に、同じ弁護士事務所、弁護士連中が就いており、訴えを受けて居るのは、同じ札幌の裁判所と来ています”」

生活保護受給者の相続人が提起した、両親の遺産分割調停事件で「両親の遺産は、申立者の甥が”犯罪を成功させて、根こそぎ奪えて正しい相続だ”こう、遺産強奪、窃盗、詐取犯罪者にも就いている弁護士事務所、弁護士等で、保護受給者である相続人が起こした調停で、犯罪者の共犯弁護士事務所、弁護士は、主張出来ない”と思いますけれど?」

ここまで国家権力ぐるみの遺産強盗、窃盗、詐取を行わせ、行い、成功させて有る闇の国家権力犯罪が暴かれた上で、遺産強盗を司法、国挙げて強制達成させるとは、出来るのでしょうか?国家権力が先に立ち、生活保護費詐欺支給、詐欺受給への直接加担も、公に表に出されているし。

死人は生きている、金融機関の日常犯罪も

  • 2019/08/18 08:35

死人は生きており、死んだ後も死体だったり、霊魂だったりが「預金口座取引を、死人自身で行い続けて居る、証拠は”偽造した取引書類、帳簿、決算書、監査報告書だ、死人が死去後も、死人自身で口座取引を継続した”と偽造されているから、死人は死去後も口座取引して居て、正しいんだ」

この定番の犯罪も、4人の遺産預金泥棒、詐取犯罪を洗い出して、犯罪を証明して、公に更にしました。

「必要な書類、記録を偽造する手で”死人が死後も、死人自身で口座取引を続けていると、偽造し捲って偽って有る”執行役員、監査役、税理士、監査法人、公認会計士、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、金融庁、財務省、国税他が共犯者で、死人は生きており、死後も口座取引を、正しく継続して居ると偽装させて、通して有る」

金融機関が訴えている、顧客の預金窃盗だの、金融機関の資金横領だの「全く信用性が無いと、更に正しく立証されて居ます、死人が生きて、口座取引を死去後も続行したと、記録、書類を偽造して、死人自身による口座取引は、合法な行為であると偽装し、通されて居る、こんな事業者、こんな偽造証明書には、何の信用性も、証拠価値も無いんです」

金融機関の本当の事業実態は、偽造捏造、資金横領、窃盗の山が真実なのです。

弁護士、検事、裁判官連中の頭の程度は「こんな愚かを超えた犯罪で、金融機関と共謀して、金を強奪、窃盗、詐取して通せると、本気で勝手に信じ込み”金融機関に金を差し出せ、と強要して、必要な書類、記録、証明書を偽造させ、金を横領させ、差し出させて居る行為すら、本当に理解も出来ないまま”の程度なのです」

公正証書遺言が有るんだ、他の相続人の遺留分、減殺遺留分相続の権利も認めぬ、裁判官、裁判所、国が強盗に変じて根こそぎ強盗して、遺贈を受けた者に差し出して、遺産相続権を潰して通して居るんだ、この定番犯罪も、当然法を犯した権力犯罪です。

生活保護受給者が相続人に入って居る、保護受給者が遺産分割調停を提起した事件でも「この遺留分、減殺遺留分強盗が、犯罪者と同じ弁護士、同じ札幌家裁で事前決定されて居ます」さて、どう整合性を取れるやら。

多分、何も理解すら出来ないままで

  • 2019/08/18 08:08

普通の人が考えれば「祖父母の遺産を、犯罪を重ねて強奪、窃盗、詐取して居る孫の弁護人となる一方で”孫と共犯の、生活保護受給者の叔母の、両親の遺産分割調停事件の代理人にもなったなら”犯罪が証明されて居ななら兎も角、犯罪が公にばれて証明されて居るんです、整合性など取れる筈が無いと、まともな人間であれば、初めから分かるから」

弁護士、検事、検察庁職員、裁判官、調停委員、裁判所の職員、法務省の職員、元検事、裁判官、法務局の上だった役人で占められて居る公証人、警察官は、ほぼ何の常識も備わっておらず、当たり前のことですら、何もほぼ分からない結果です。

泥棒と警察官と、弁護士と検事、検察庁と、裁判官、調停委員、裁判所、法務省が共犯ですが、この事実すら、本当に国家権力、国家資格者連中は、理解も何も出来ないままなのです。

公正証書遺言が有る「他の相続人にも、法律で認められ、守られて居る遺産遺留分、減殺遺留分まで、弁護士、裁判官、裁判所、国が法を犯して、全部強制強奪して、差し出してくれる、占有場所に有る金品も、全部強盗して渡してくれる」

この国家権力犯罪も、事前に実行する事まで決めて有る一方で「同じ被相続人の相続遺産を、正しく相続する為の遺産分割調停を、保護を受けている相続人に、同じ弁護士事務所が就いて、調停事件で提起して居る」

どうやったって、鉾盾そのものの愚か過ぎる「利益相反の極致の受任です、しかも”遺産分割調停を申し立てた、保護受給者の相続人は、遺産強奪、窃盗、詐取犯である甥と共犯と来ています”だから法を犯して抜いた遺産は、遺産目録から消して、調停に、遺産偽造目録を出して居るんです」

山のような権力犯罪も、公に証明して有るんです、弁護士が共犯となり、遺産強奪、窃盗、詐取を正しい犯罪、犯罪で抜いた遺産は、遺産から消せて、犯罪者が所有権者となった、この虚言では、言い逃れられ無いのですから。

生活保護受給者による、遺産分割調停提起

  • 2019/08/18 06:33

@平成23年3月24日死去阿部xx、平成30年10月11日午前10時45分死去阿部xx氏の遺産分割調停を、保護受給者の相続人が”同じ被相続人等の遺産強奪、窃盗、詐取犯と同じ弁護士事務所を委任し、提起した調停事件”に、調停申し立て者と受任弁護士が、故意に隠匿した遺産に関わる、現在までの調査事実等を、保護を受けて居ない相手方相続人二名の委任で纏め、相手方書面で出されました

                                令和元年8月18日

                       本件調査委任を請けた会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下貴司法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 保護受給者の遺留分、減殺遺留分も強奪
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 弁護士の遺産目録偽造を合法と虚偽決定
根本匠厚生労働大臣、社会援護局保護課、保護係
FAX03-3592-1459(28-26福田担当)
綿引万里子札幌高裁長官
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長
FAX011-222-7357金融機関業務上横領事件、帳簿偽造故虚偽
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110 遺品整理も証明書、帳簿等偽造で
秋元札幌市長、市税、保護自立支援課、各区保護、介護保険、障害福祉課、環境
FAX011-218-5166 保護費詐欺支給、受給、相続犯罪実行犯
共産党市議団
FAX011-218-5124
北海道財務局理財部、金融監督課園部担当
FAX011-746-0946 金融機関の手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書偽造公認、国税、司法ぐるみ共犯
北海道銀行頭取、税理士、監査法人トーマツ、弁護士
FAX011-694-3247偽造が武器で、死人が死後も口座取引成立

1、平成23年3月24日に死去して居る阿部xx氏と、平成30年10月11日に死去して居る阿部xx氏の”正、負の遺産分割調停事件、申立者長女xxxx氏(厚別区から保護費支給)相手方兄妹阿部xxxx、阿部xx(西区から保護費支給)山本xxx氏に対し提起されている事件に、相手方阿部溘悦、山本二三子氏から、二回目の相手方書面が出されて居ます(別紙写し参照)”

2、この遺産分割調停申し立て事件受任弁護士事務所は”被相続人二名の遺産を、犯罪に手を染めて強奪、窃盗、詐取に走って居る、阿部xx氏息子、阿部xx氏も委任している弁護士事務所、xxxx事務所である事も、伝えて有る通りです。

※阿部xx氏提訴、相手方住人阿部xx氏相手、遺産不動産総取り目論見、遺留分、減殺遺留分も強制踏み倒し、受任弁護士、裁判官で予定済み、建物明け渡し請求事件(札幌地裁平成31年〈ワ)第xxx号事件)

3、同じ弁護士事務所が、この3事件を受任して居る事で、下記の利益相反が、公に出て居ます「所で札幌市、8年半前の、保護受給者も含まれた遺産相続発生事案握り潰しは、保護費詐取目論見による相続遺産隠匿指示、上田市政時代からの、市、司法ぐるみ犯罪、保護費確信犯不正支給ですよね」

(1)阿部xx氏の遺産不動産を、公正証書遺言が有るからと”実父、叔父叔母の遺留分、減殺遺留分まで、阿部健治氏息子、阿部xx氏に弁護士、裁判所、国が法を蹂躙し、強奪差し出し予定”同じ弁護士、事務所が、保護受給者相続人xxxx氏に就き、合法な遺産証明、合法な遺産相続を果たすべく?遺産分割調停提起”xxxx氏の代理行為で、法の破壊による遺留分、減殺遺留分相続権潰しは、完全な犯罪です。

※現在はxxxx氏、受任弁護士事務所が共謀し、阿部xx氏の遺産不動産遺留分、減殺遺留分は無しと、法を犯し遺産目録偽造提出。

(2)上記建物明け渡し請求事件で”阿部xx、委任弁護士事務所は、遺産不動産遺留分、減殺遺留分が相続人に有る事等全て否定、無条件で遺産不動産全てを強制強奪出来ると、裁判官共々事前決定済み”阿部xx氏と妻、xxxx氏が共謀して、阿部xx氏の遺産年金詐取、xx氏死去後、花枝氏のキャッシュカードを悪用し、道銀資金窃盗、詐欺で振り込ませた遺産年金詐取否定、xxxx氏もこれ等に加担、同じ弁護士事務所は、沼内悦子氏の委任、両親の遺産分割調停事件で、どう整合性を取るか。

※阿部xx氏の休眠預金(道銀が支払う)阿部xx、xx氏死去後に、死んだ二人が死人となり、口座取引継続”これが正しいと偽り、被相続人二名の死去時の口座凍結、遺産預金確定も無効、死後取引で遺産預金、遺産年金消失”と遺産目録偽造提出、受任弁護士、事務所、之が正しいと帳簿、決算書、監査報告書偽造、行使者道銀、税理士、公認会計士は犯罪行為者立証。

(3)阿部xx、xx氏が遺した遺産動産を、上記建物明け渡し請求事件で”阿部xx氏所有動産と裁判所、国ぐるみ偽り、強制強奪、所有者偽装で闇処理予定済み””遺産分割調停事件では、相続遺産動産と計上”整合性はどう取るのか”所有者偽装で強盗、闇処理すれば、裁判所、国が強盗立証”当社以外、遺産動産証明事業者が出て居ない、犯罪だから出られない事実も証明。

※未相続の内に遺産金品を盗ませて提供させ、闇に消す遺品整理、相続手続きせず、正の遺産を保護受給者に入手、使用させて居る、保護受給者が死去して、相続人が居なければ、相続手続きを取らず、遺産動産を税金資金で遺品整理屋、便利屋等に闇処理させて居る、道庁、道警、札幌他自治体ぐるみ犯罪も、公に暴かれて居ます。

(4)阿部xx、阿部xx、山本xxx氏は「阿部xx氏死去の時点で、xxxx氏が管理して居たxx氏の遺産預金は、xx氏が見せた預金記録で500万円以上存在して居た、その後xxxx氏から、これ等両親の遺産預金、預金を取り上げた阿部xx氏が、xxxx氏と組み、両親の金を闇に消した、xx氏、xx氏は、実家に有った売れる貴金属、着物等を片っ端から持ち出し、売って金に換えて使い捲って居た」等証言して居ます。

(5)xxxx氏は私にも「阿部xx、xxが死去時”遺産金も存在した事等を厚別区役所保護課に伝えて有る、保護課は、相続財産を使って良い、保護費減額、打ち切りはしないから、相続手続きを取るな”等指示を受けている」こう答えて居ます、経緯を見ても、札幌市も共犯です。

4、この事件も、義父母の事件も、当社が調査委任を請け、遺産泥棒行為、泥棒の共犯弁護士、弁護士会、警察、裁判所、裁判官、調停委員、法務省、公証人犯罪、あらゆる犯罪証拠を偽造捏造、証拠隠滅で消して、犯罪を正当化して居る事実と、金融機関と税理士、公認会計士、監査法人、弁護士が共犯、金融機関挙げての取引書類、帳簿、決算書、監査報告書偽造で犯罪合法偽装犯罪、年金機構による遺産年金詐欺を証明した結果、ここまでの国家権力犯罪が公開立証されました、合憲、合法、社会正義はこれ等国家権力、国家資格者他には存在して居ません

5、弁護士を就けたからと言って”警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所が弁護士、委任犯罪者と共謀して、常に犯罪が握り潰され、犯罪者が犯罪利得を手に出来、弁護士と山分け”が成功するとも限らない実例が、又出来て居ます”流石に国家権力挙げて、生活保護受給者の犯罪に加担し、保護費詐欺も公認”は、拙かったのです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591832
ユニークアクセス:3847720
今日
ページビュー:162
ユニークアクセス:162
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed