エントリー

2019年08月19日の記事は以下のとおりです。

遺産預金泥棒は、預金先が死人による預金引き出し偽装で

  • 2019/08/19 15:22

青森銀行、北海道銀行も、預金契約者が死去後、遺産で凍結となった筈の預金を盗み放題、金融機関も共犯、弁護士、司法書士、裁判官、裁判所も直接共犯で、この犯罪は「遺産預金現金化書類を、死人が死後手続した、と偽造して成功させて居るし、当然帳簿記載も、決算書、監査報告書も全部”死人が死去後、口座取引を続行した”と偽造して、成功させて有る」

こう、公式にも認めて居ます、警察、弁護士、検事、裁判官、法務省の役人が、常軌を逸したXXだから、この程度の犯罪の手口すら、本当に理解すら出来ないで来たんです。

北海道銀行の案件は「両親の遺産相続調停を、保護受給者である長女が、保護受給者の兄、保護を受けて居ない長男、次女を相手として提起したんですから”両親の死去後、両親は死後も口座取引を続けた、と偽った帳簿、決算書、監査報告書を作り、使って居る、この手で両親が、遺産となった預金を引き出しただの、遺産となった年金を振り込ませて引き出した、だのに加担して居る北海道銀行”は、生活保護受給者二名の相続遺産金詐取共犯ですからね」

厚生労働省社会援護局保護課、札幌市役所保護自立支援課、厚別、西区役所保護課、札幌市議団、警察からの調査、捜査に対して「帳簿、決算書、監査報告書を偽造して”死んだ人が死去後も、死人となって口座取引を続けて来た”こう偽って有りますと、監査役、税理士、監査法人、公認会計士が、正しい事実ですから認めて」

偽造して有る帳簿、決算書、監査報告書だとの証拠も添えて、これ等の犯罪を自ら認める以外、道は残って居ませんから「本当なら、特捜部処か政府が直接動くしか無い、日本中の金融機関を舞台とした、国際金融機関、司法、金融庁、財務省、国税、警察ぐるみで金融機関、顧問税理士、監査法人、公認会計士、顧問弁護士と共犯の権力犯罪です」

もう言い逃れも無理だから、生活保護受給者が、両親の遺産相続調停を提起したんです、両親は死後も生きており、自分の預金口座から金を引き出した、遺産から消した、この虚偽は、生活保護受給者では、保護受給者に入る予定の遺産金詐欺で、保護費詐欺受給ですから、税金詐欺で有り、犯罪と承知で逃がされる筈が無いのです。

先ずは北海道銀行の執行役員、監査役、顧問税理士、監査法人トーマツ、担当の公認会計士、顧問弁護士が共犯です、是非犯罪合法化にでも、政治、厚労省他を相手取り、尽力頂きたい物です。

札幌市記者クラブ、道新記者と

  • 2019/08/19 14:26

今日の文書を、記載先以外も含めて12部、札幌市記者クラブで、道新他に配って来ました。

道新の記者を少し後に呼んで「記載先の遺品整理屋は、報道各社が”正しい未相続遺産金品請負業者、正しい泥棒の請負業者だと、大々的に報道、特集、宣伝して来て居る、大手業者だ”未相続の遺産金品を請け負い、引き取って居る、泥棒だ、犯罪業者を大々的に宣伝して、特集して、宣伝して来て居る、責任をどうする気だ」

こう問い詰めました、5メートルも離れたまま近寄って来ない、道新の女性記者は「道新には遺品整理を特集、報道、宣伝して居る記者は皆無です、道新には、遺品整理を扱って来て居る記者は一人も居ません」

こう言い訳して、逃げに走ったんですよ、とんでもない社会の木鐸を任じる機関、記者です。

私は「少し前にも札幌版に、ルーツ・オブ・ジャパンの港社長の特集を載せていただろう、遺品整理、生前整理で集めた物品を、輸出等しても居る等、正業と偽った特集を報道しただろう」

こう問い詰めました、道新の女性記者は「その特集を扱った記者も、道新には居ません、道新は、遺品整理を誰も扱って来て居ないので、話し合いにも応じません」

こう言って逃げました「他の記者連中にも”お前らも未相続の遺産金品泥棒請負を、正業と偽って報道して来て居る、泥棒を正業と偽って犯罪、被害を増やして来た責任を、どう取るんだ、当社で遺品整理等犯罪を、ここまで明らかとさせた、責任をどう取るんだ”」

こう問い質しましたが「皆俯いたまま、何も言わず、目も合わせようとしませんでした」

卑怯な権力集団です、いいだけ上に登らせて、梯子を蹴り倒して逃げる、何時もの手でしょうね。

生活保護受給者が、家財等も含めて遺産だと、遺産分割調停を提起して居るんです「未相続の内に、親族等に遺産金品を盗ませて、遺品整理屋等に差し出させて、闇に消して居る遺品整理委任、請負は、泥棒以外答えが無いのです」

遺産目録も偽造ばかり

  • 2019/08/19 14:08

弁護士、裁判官、裁判所は共謀して、無知蒙昧、無能故「正しく正、負の遺産を洗い出して、証明出来る知識も能力も、根拠法を理解出来るスキルも無いから、こうなって当然の”遺産目録も偽造ばかり”となり果てて居ます」

相続、相続遺産とは、之からして、ほぼ何も知りませんから、正の遺産、負の遺産を洗い出して証明して、遺産目録に正しく記載して、合法を果たした遺産目録のみを遺産相続事件でも、使わなければならないのですけれど、根拠法から、遺産とは、から、ほぼ何も知らないから当然、合法に遺産を洗い出して証明して、正、負の遺産を遺産目録に記載して、合法に遺産相続事件を扱う事も、出来ないんですよね。

遺産とは、之からほぼ分からない法曹資格者弁護士、裁判官は「自分達が分かったような気になった、全く法に沿っても居ない、司法犯罪に走り、犯罪塗れで遺産相続?を終えた、とし続けて居るんです」

阿部xx、xxさんの遺産、遺産目録、保護受給者と委任弁護士が作り、出して居る遺産目録も、之です、義父母の遺産目録、泥棒と弁護士が作って出して居る遺産目録も、やはり偽造捏造、出鱈目ばかりの代物です。

之が日本緒弁護士、裁判所、裁判官連中による「遺産相続事件の実態なのです”合法を証明出来た、正、負の遺産目録何か、大半の弁護士には、遺産とは何を差すか、ここから本当にほぼ分からないので”作れないんですよ」

遺産動産、処理するしか無い遺産動産を、正しく負の遺産で扱うと、生活保護受給者の遺産分割調停申し立て人と、遺産泥棒にも就いている弁護士事務所、弁護士が手を組み、申し立てているけれど「生活保護法も掛かって居るんだ、お前らが勝手に盗めた、詐取出来た遺産を無い事とさせて、多少の遺産だけを遺産だ、と偽って、遺産分割調停を成立させるのは無理だ」

相変わらず札幌市役所、保護自立支援課、厚別、西区保護課が共犯になって、保護受給者にも権利が有る、正の遺産隠匿を認めて、闇利得で使って良いと認めて来て居る、この路線を突っ走り続ければ、どうにかなるかも、ですけれどね。

弁護士と共犯裁判官は、合法に正、負の遺産を証明して、遺産目録に記載して、合法に遺産相続手続きを終えさせる能力、知識もほぼ備えて居ません。

当社さえ居なければと

  • 2019/08/19 08:21

義父母の遺産泥棒犯罪証明も、阿部xx、阿部xxさんの遺産根こそぎ強奪、窃盗、詐取犯罪も、共に犯罪者に加担弁護士、弁護士共々犯罪の共犯裁判官、調停委員、裁判所、警察、遺産預金が存在する金融機関他が、直接犯罪者の共犯、犯罪実行犯と言う、日本で定番となり、起きて成功させられて居る、国家権力犯罪のなぞり事件です。

犯罪をしのぎとさせて貰えている、弁護士、司法書士なる、犯罪をしのぎとさせている国家資格者犯罪利得獲得も見ての、国家権力犯罪なのです。

遺産を犯罪で窃盗、詐取に成功出来た犯罪者が、国家権力の共犯加担を得られるので「犯罪で手に入れた遺産の所有権を、国家権力が法を破戒させて、正しく犯罪者が、犯罪で手に出来た遺産の所有権者となった」

こう、合憲、合法の破壊を武器で認められる事が常となっており、死んだ人が出れば、遺産となった正の財産強盗、泥棒、詐取と、遺産金と不要な家財を合わせて盗み、遺品整理屋なる、泥棒を請け負う業者?に差し出せて、闇に溶かせる犯罪委任、犯罪請負が、犯罪によって犯罪を消せるから、おおっぴらに凶行出来て、通されて居るんです。

国家権力が犯罪を指揮して、犯罪に手を染めているから、ここまで程度の低い、国家権力犯罪が成立させられて居ます。

当社さえ居なければ、この国家権力犯罪も、弁護士、司法書士の犯罪利得獲得用の犯罪として、国中で凶行し放題で通ったし「未相続の内に遺産金品を盗ませ、差し出させて闇に消す、遺品整理委任、請負、泥棒の委任、請負も、犯罪の限りを尽くして通せたんです」

当社が居るばかりに、これ等の国家権力犯罪も公に犯罪の手口のほぼ全てと合わせ、表だって犯罪証明されてしまったんです、これで得意の逆恨みに走って居る、警察、弁護士、裁判官、調停委員、裁判所他、実行犯国家権力、何時もの構図も当然出来て居ます。

当社を冤罪に落として、弁護士、裁判官、調停委員、裁判所他犯罪を適法だと偽装して、犯罪者共々逃げる為です。

之で近代法治国家だと

  • 2019/08/19 07:36

事実を偽って通す、合理的、物理的証拠を偽造捏造する、不都合な事実、証拠は隠滅、抹殺する事を常時行わせ、行って、之が日本で行われて、強引に通されて居る司法、警察他、国家権力が共謀しての、犯罪の制度化を成功させて有る武器です。

弁護士が作り、裁判所に出す遺産目録も「犯罪に手を染めて強奪、窃盗した遺産は、遺産から消した、偽造遺産目録ばかりで、弁護士と共犯緒裁判官、調停委員、裁判所は”合法を証明した遺産目録は、違法な遺産目録だとでっち上げて却下して”弁護士と共謀する事だけに走り、弁護士偽造作成遺産目録だけが、合法に遺産を証明した目録だ、之を常時、法の破壊に走って通す事ばかりしています」

偽造捏造でっち上げを、弁護士、司法書士と裁判官、調停委員、裁判所、法務省ぐるみ行わせ、行い、偽造が合法とだけ、通す悪事に狂奔して居ます。

当然ですが、この国家権力機関、国家資格者共謀犯罪は「法務省、法務局が”法律根拠ゼロで、遺言状、公正証書遺言状に、遺産不動産をxxに遺贈すると書いて有るからと”他の相続人の遺留分まで居直り強盗と化して、法務省が強奪、不動産名義闇で全てxxに犯罪登記変更に走り、遺産不動産強奪を成功させて居ます」

遺産となった預金は「死んだ後も死人は生きている、死人は、死去後も口座取引を継続した、合法な死人自身による口座取引、遺産となった預金引き出し、口座解約だ、金融機関の手続き書類が、偽造、別人の筆跡で書類が書かれて使われ、合法に死人による手続きとなって居るし、金融機関で死人が死去後、口座取引を行ったビデオ映像は、死人とは別人だが、間違い無く、死人が死後口座取引を行った事が証明されて居る」

こう、金融屋、顧問税理士、公認会計士、弁護士、金融機関監督先、国税、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所他が偽り、帳簿、決算書、監査報告書もこの内容で偽造して、通されて居ます。

単なる犯罪です、犯罪を隠す、消す為に、必要な犯罪を次々凶行して、させて、犯罪は正しいのだ、こう強弁して、犯罪は正しいように、強引に偽装して、通して居るだけなのです「犯罪は正しい事実証拠は、当然ゼロです」

死人は生きて居て、死体や霊魂が、死後も口座取引を続行して居る「死体、霊魂による口座取引実行証拠は、当然存在して居ません、狂い過ぎたカルト犯罪国家権力です」

国家権力が犯罪者そのもの、証拠全て偽造、運滅が武器で

  • 2019/08/19 07:18

この国の国家権力、国家資格者は、合憲、合法等不要と舐め切って居て、国家権力を悪用させて、偽造捏造する事で、事実を作り変えて通す事を当たり前とさせて、犯罪をしのぎとさせられて、通せています。

金融機関も口座取引書類、帳簿、決算書、監査報告書全てを偽造し放題して、通せている事も、遺産預金窃盗、詐取実例証拠を糾弾して、更に公式証明出来て居ます。

死人は生きている、死んでからも死人は生きており、口座取引を継続し、合法だから通って居る、こう必要書類、必要な記載、記録を偽造して「死人が死去後も、死人自身で口座取引を、国中で正しく行って居る、金融機関の口座取引書類、帳簿記載、決算書、監査報告書作成の内容で”口座名義人は死去後も生きており、死人自身で口座取引を、合法に継続して居る事が立証されて居る”」

之が事実となって居る、実例証拠がこの犯罪でも、次々公になって、証明されて行って居ます。

当たり前ですが「仮に”死人は全て死後も生きており、火葬されるまでは死体が、火葬された後は霊魂が、死人となって口座取引を継続して居る”としてもですよ、ビデオ映像は別人が写っており、口座取引書類の筆跡は別人の筆跡です”何処にも死んだ人が死後も、死人自身で口座取引を継続して居る、合法な、死人による口座取引続行だ、との証拠など存在して居ません」

単に「口座取引書類偽造、行使、偽造が正しいと偽る為、帳簿、決算書、監査報告書を偽造、行使して居るに過ぎないのです」

本当に日本中の金融機関で「口座名義人は死後も生きており、死体が、霊魂が金融機関に足を運び、口座取引を継続して居るなら”ビデオ映像に、死後口座取引した当人が写っているし、手続き書類も死人自身の筆跡に決まって居ます”」

単に「国家権力が共謀して、偽造ねつ造に走らせ、走り、死人は生きて居て、死後も口座取引を継続して居る、と偽造で偽って居るだけです」

之が司法なる、独裁テロ国家権力権力の真実

  • 2019/08/19 07:04

弁護士、司法書士も、犯罪をしのぎとさせて居るが、弁護士、検事、裁判官、検察庁、裁判所、法務省、公証人、警察、国税他が共犯関係を結んでおり、犯罪を免責と出来て取って居るので、犯罪に限度が無い訳です。

亡くなった人が出れば、我先にと遺産を強奪、窃盗、詐取に走って、上手く犯罪に成功して、遺産を手に出来れば、弁護士、司法書士も共犯に引き込めば特に「犯罪で手に出来た遺産は、法律破壊を武器とさせて、犯罪者が所有権を得た、事と偽って強引に決めるので、犯罪者と共犯弁護士、司法書士で山分けして、通されて居るんです」

この犯罪も、国家権力がこぞって共犯なので、犯罪の限りが尽くせて、犯罪者が常に正しい事に、偽りで決定され、通されて居ます「下手に?犯罪を証明して、犯罪者を糾弾に走れば”逆恨みに走った犯罪者委任弁護士、司法書士の冤罪でっち上げ指揮を受けた検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察が、正しい法を冤罪で犯罪者だとでっち上げて、粛清する為暴走して”悪逆非道の限りを尽くされます」

強盗が国家権力組織を形成して居る、極悪犯罪者が国家資格者で、悪の限りを尽くし捲って居ます。

この連中が「国家権力犯罪、国家資格者犯罪に走り、成功させて居る武器が”あらゆる偽造ねつ造が、不都合な真実を証明する証拠隠滅、隠匿が、自分達国家権力が犯罪者なので”公然と行えて、通して居ると言う、犯罪者を取り締まる、裁くべき国家権力が犯罪当事者故の、国家権力テロ犯罪が犯罪を成功させ、犯罪は正しいと偽装し、決定させて逃げて居られる武器と来ています」

合憲、合法を通す国家権力が皆無です、国家権力は一体の国家権力テロ、犯罪集団となって居るのです、ですから犯罪が、国中で行えて、成功させられて居る訳です、合憲、合法破壊を、国家権力が一体で凶行して居るので。

遺品整理見積参入再要請

  • 2019/08/19 06:13

@生活保護受給者である相続人が提起した、両親の遺産相続調停事件、遺産動産も遺産、と認めて提起した、札幌家裁令和元年(家イ)第14xx,14xx号事件に、報道が合法事業と大々的宣伝、報道を重ねて居る記載3事業者も、当社に続き、遺産動産引き取り処理等請負、生活保護法も絡んで居る公式請負に参入する事を、再度公式に求めます

                                令和元年8月19日

本件相続人4人、保護受給では無い阿部××、山本××氏から調査委任を請けた会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

遺産動産引き取り処理等見積もりを求める”報道による所では、合法未相続遺産金品引き取り処理”有名業者、厚別区厚別東x条x丁目x-xx住所地保管動産

(株)ネクステップ 水江千秋社長
TEL011-221-1233
FAX011-210-4020
(株)ルーツ・オブ・ジャパン 湊源道社長
TEL011-803-6445
FAX011-803-6446
遺品整理想いで 社長、伊藤責任者
TEL0120-817-683
FAX011-299-7753
札幌市役所記者クラブ、道新、朝日、読売、NHK,STV、HBC,HTB,UHB
道新報道センター 内山、吉田他記者
FAX011-210-5592
秋元札幌市長、市税、環境、保護自立支援、介護保険、障害福祉市、区部署、環境事業公社
FAX011-218-5166
FAX011-218-5124 共産党市議団

1、札幌弁護士会所属xxxx弁護士の事務所が”同じ被相続人の遺産を、法を犯して総取りに走って居る、本件相続人次男(西区から保護支給)の息子の法定代理に続き、相続人長女(厚別区から保護支給)の代理として、両親の遺産下記に付いて、兄妹残り3人を相手方として、上記遺産分割調停を提起して来て居る、伝えた通りです。

(1)遺産預金は、次男息子らで被相続人死去後盗み、道銀が認めている事実として、死人による合法口座取引、と帳簿から何から偽造で消した残り。

(2)遺産年金は、保護受給者相続人と甥、年金事務所が共謀し、一か月分は保護受給者が相続する、金は甥に振り込む手口で詐取、他の遺産年金は、死人は生きて居ると、預金口座を生かして置き偽装して、年金機構が振り込んだ後、盗んで消した、都合5か月分詐取で遺産から消した。

(3)遺産不動産は”公正証書遺言により、被相続人祖父が、孫次男息子に遺贈したので、遺留分、減殺遺留分は、保護受給者実父、叔母の分も含めて一切認めぬ、居住者が営む二事業も無し、と偽り営業権却下、遺産動産は原告所有と偽って強奪、闇処理と決定、これ等を根こそぎ強奪する”と札幌地裁平成31年〈ワ)第386号建物明け渡し事件、原告次男子、被告居住者相続人叔父阿部xxで訴え提起、この結果を事前決定済み。

2、こう言う詐欺訴訟が起きて居る上で「同じ被相続人の遺産に付いて、相続人長女が、同じxxxx事務所を委任し、遺産分割調停を提起して来た訳です”上記内容他で”家財等も遺産だとして”一方で次男息子所有動産と偽り、強奪闇処理予定、遺産相続事件では、遺産動産扱い、同じ弁護士事務所が受任して、札幌地裁と家裁事件で、となっています」

3、この遺産相続事件は「生活保護法違反も入っており、上記犯罪に、産廃不法投棄、埋設等を、次男息子らで行っている事実等により、道警本部、厚別、手稲、東警察署が捜査を行って居ます、厚生労働省社会援護局、札幌市役所、市議会も、生活保護法違反により、調査を行って居ます」

4、ここまで当社が、委任者から委任を請け持って来ました、遺産動産の引き取り処理等請負事業者として、当社は物品特定、費用最低額算出を行い、地裁、家裁、警察、市役所、市議会等に証拠で出して有ります、記載有名遺品整理業者も、報道各社も未相続の内に遺産金品提供、闇処理が合法と喧伝して居るのです、参加要請するべきですし、3事業者は当然、公式参加する事を再度求めます”弁護士、裁判官、裁判所提出、虚偽合法決定遺産目録は、偽造ばかり”の中での参加です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年08月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4591747
ユニークアクセス:3847635
今日
ページビュー:77
ユニークアクセス:77
昨日
ページビュー:1188
ユニークアクセス:1135

Feed