エントリー

2019年09月01日の記事は以下のとおりです。

弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、警察ぐるみの遺産強奪、生活保護詐欺

  • 2019/09/01 15:59

被相続人の子供(もういい年)4人中2名が生活保護を受けている、保護受給者の息子と、保護を受けている相続人が共犯となり、被相続人二名の正の遺産を、犯罪によってすべて奪うべく、悪事の限りを尽くして居る。

この犯罪に、北海道警察、札幌の弁護士、裁判所、裁判官が共犯で加担して居る、生活保護受給者の相続分は、当然生活保護費詐欺と承知で。

滅多に表に出ないと言うか、表に出された事は、多分無かったであろう「生活保護法違反も加わった、生活保護費詐欺も加わった、司法、警察ぐるみの正の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪です」

生活保護受給者にも相続権がある正の遺産、と承知で、死人を騙って遺産年金詐取、北海道銀行から資金窃盗、遺産不動産は、公正証書遺言があるからと言って、相続人らの遺留分、減殺遺留分まで全部強奪と、事前に弁護士、裁判官で闇で決めて有る。

この連中の言い草は「犯罪は存在しない、遺産となった年金を、法を犯して年金機構と共謀して詐取しても、詐欺にも一切ならないんだ、盗めた遺産金は、遺産から消えたから、相続遺産では無い」この虚言を、司法、警察テロで通しに走って居ます。

死人を騙り、北海道銀行ATMから金を盗んだ犯罪も「防犯ビデオの隠匿と、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して”死人が死後も生きて居て、死人が死後、自分の預金を引き出した”合法な、死人による自分の預金引き出しだ、死人が死後引き出した預金は、遺産から失われた金だ」こう虚言を吐き、何時も通り押し通そうとして居ます。

遺産不動産の遺留分、減殺遺留分の相続は「法務省、法務局が指揮を執り”相続人4人の遺留分、減殺遺留分まで全て次男の息子に渡したから、相続権はもう無いんだ”強奪に成功すれば、遺産は失われるんだ」

次男の息子委任弁護士と、札幌地裁、家裁、裁判官も共犯だから、こう言い張って遺産強奪、窃盗、詐取が正しい遺産入手だ、法を犯して奪われた遺産は、遺産から失われて、相続遺産では無くなったんだ、犯罪で奪えた遺産は、犯罪者が所有権を得られるからだ、この虚言を、何時も取り、生活保護法違反も加えて、司法、警察も生活保護法違反も重ねて、犯罪を成功させるべく走って居ます。

表に出た実例で、多分初でしょうね、司法、警察、法務省が生活保護法違反犯罪にまで、公に手を染めている実例は。

被相続人阿部さんご夫婦の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪は

  • 2019/09/01 15:37

被相続人の阿部さんご夫婦の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪は、相続人4人の内2名が生活保護受給者で、遺産を犯罪により、根こそぎ奪うべく、犯罪を重ねて居るのは、保護受給者の相続人の息子夫婦と、保護受給者の相続人と、双方代理弁護士事務所と、札幌地裁、家裁、裁判官連中、警察です。

札幌市長、市議会、保護自立支援課、区保護課、区長も同様の、生活保護法違反に加担して居る、税金資金詐欺行為者です。

生活保護受給者も相続権を持つ、被相続人二名の正の遺産を、犯罪によって奪い、闇に消して居る、この極悪犯罪を承知で、当然ですが、生活保護受給者に権利があると推認される、正の遺産の、犯罪による強奪に付いては「明確に、生活保護費支給金詐欺です、保護受給者の相続人と、保護受給者の息子夫婦と、警察と弁護士と裁判官、裁判所、札幌市長、市議会、保護自立支援課、区長、区保護課が生活保護法違反犯罪にも、直接加担して居るのです」

この一連の犯罪は、遺産年金詐取に付いては、日本年金機構と北海道銀行も「遺産年金と承知で詐欺支給した、遺産年金給付金を、被相続人による口座からの引き出しと偽り、詐取した、相続人次男の息子夫婦と、相続人長女が共謀しての犯罪です」

これを認めて居ます、道警も裏を取った上で「年金詐欺、生活保護費詐欺がどうした、詐欺、窃盗は犯罪としないんだ」

こう嘯き、犯罪を見逃して居ます、遺産となった預金窃盗も、北海道銀行も、必要な書類、記載を偽造して、死人が死後も生きて口座取引を続けた、ように偽ってしてあることを認めて居ます。

つまり、この連中は確信犯罪を重ねて居ると言う事です、年金資金詐欺、生活保護費詐欺も全て、国家権力が指揮を執って成功させるべく、悪事の限りを尽くして居る事まで、もう公になって居るのです。 

死人を偽り、金を盗む事を常態化させて居る

  • 2019/09/01 15:13

平成28年12月19日、最高裁大法廷は、被相続人が死去の時点で遺産は凍結として、相続が終わるまでは、代表相続人なる者も含めて遺産を動かす、現金化する事を禁止する、と言った最終決定を下して居ますが、警察、司法書士、弁護士、裁判官、調停委員、裁判所、法務省、公証人、検事、検察庁、地方行政機関、国税庁、報道等は、一切この最高裁大法廷の、最終決定も聞く気も無いまま、未相続の内に遺産を強奪窃盗、詐取出来れば、犯罪者が所有権を得た、と偽って強引に通して、遺産から強制抹殺して居る。

これを重ね続けて居て、法に沿った最高裁大法廷の最終決定も、無効な戯言だと馬鹿に仕切って、何の効力も無い代物、最高裁、最高裁裁判官は、只の飾り、何を法によって決めても、実効性はゼロ、で通し続けて居ます。

国民には「最高裁がこう決めたんだ、法に沿って居ない最高裁決定、判決が出たなら、法律を最高裁決定、判決に合わせて変えろ」

これを正しと偽り、押し付けて通して来て居ますが「実際には”弁護士、裁判官、裁判所に不都合な最高裁決定、判決で有れば、何一つ効力も無い戯言”で通して、無かった事とさせて終わりなのです」

最高裁、最高裁の裁判官、憲法、法律には、実は効力なぞ無い扱いで通って居るんです「弁護士が指揮を執り、警察、高裁、地裁、簡裁、家裁、裁判官、検事、検察庁が無条件で弁護士の指揮下に入って居て、弁護士の都合の良いように、憲法、法律、正しい常識を、根底から破壊し捲って居るのです」

弁護士犯罪制度利得の大きな代物が「死人が出れば、死人は生きて死後も預金引き出し、遺産年金受領等を行っており、合法な死人自身による法律行為だ、この手口での、遺産資金窃盗、詐取なのです」

この犯罪を正しいと偽る為に、死人が死後も生きており、死人自身で預金引き出し、口座解約、遺産となった年金受領、引き出しを行ったと、手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して有る、ビデオの隠匿、隠滅を行い、死人が死後も生きて居て、口座取引を行った、この嘘が証明出来ないように、監督機関、警察、司法ぐるみ、証拠偽造に証拠隠滅まで働かせて居ます。

それでも追い込まれて拙くなれば「犯罪を証明して、犯罪を糾弾する人間を、冤罪と暴力で消しに走るのです」

恐喝相続を

  • 2019/09/01 14:54

亡くなった方の預金は特に、亡くなった方の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを手に入れて、我先にと死人は生きている、事に金融機関、警察、弁護士、司法書士、裁判官、調停委員、公証人等がこぞってでっち上げて、金を盗み放題すれば「死人は死去後も生きており、死人自身で預金引き出し、遺産となった年金を振り込ませて引き出す、等を、正しく行えている」

このように、金融機関執行役員、監査役、顧問税理士、公認会計士、監査法人が、帳簿決算書、監査報告書を偽造して「死人が死去後、死人自身で預金引き出し、遺産年金入金後引き出し他口座取引を続けている、と偽って、合法な、死人による口座取引とさせて居るのです」

遺産不動産も「公正証書遺言で”xxに遺贈する”と書いて有るからと、遺産預金もですが、他の相続人の遺留分まで、犯罪と承知で根こそぎ強奪させて、通す事を重ねて居ます”」

法務省、裁判官は、法務局に命じて「他の相続人の遺留分まで、根こそぎ名義を変更して奪えるようにしろ」

これを国中で行わせて居て「こうして他の相続人の遺留分まで、全部強奪してしまって”遺留分、減殺遺留分は返さなくて良い、強奪に成功すれば、犯罪者が法を犯して強奪した遺産も、全部所有権を得られるからだ”」

これを日常的に、法律規定の破壊を武器とさせて、通す事を重ねて居るのです「これを通すには”法を犯して他の相続人の遺留分まで、全部遺産を奪う事が必要なのです”法務省、司法が共謀しての、国家権力による強盗です」

この手の国家権力犯罪を、国中で強引に成功させて、こうして奪えた遺産は、相続遺産から強制抹殺して通して居ます、警察、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省、国税庁、金融機関監督先が共犯となっており、国家権力強盗、泥棒を、国中で成功に持って行って居ます。

十和田おいらせ農協の功績の大きさ

  • 2019/09/01 08:17

阿部さんご夫婦の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪公開証明に付いても、義父が死後も生きており、死人となって自分の預金を、窓口手続きを取って引き出した、口座を解約して、金を持ち帰ったと、証拠書類、記載偽造で正当化して居た事件、十和田おいらせ農協と、青森銀行事件の犯罪証明が、とても大きく物を言って居ます。

十和田おいらせ農協は、平成28年12月19日の、最高裁大法廷の最終決定と、息子が作った遺産目録の記載、遺産証明事実と、新民法第909条2による、遺産預金仮支払請求を受けた事を合わせて、偽造して死人が死後、死人自身で預金を引き出したと偽って有った記載を是正して、合法に、被相続人死去時に存在した遺産預金額、之を持って仮支払いに応じて居ます。

青森銀行は、義父が死後も生きており、死人自身で口座を解約して、金を持ち帰ったと、書類、帳簿、決算書、監査報告書を偽造したままで、この公となった犯罪を武器とさせて、通そうと暴走して居ます。

北海道銀行は、被相続人は死後も生きており、死人自身で口座取引を続行したのだと、帳簿、決算書、監査報告書偽造、行使を通すべく、暴走して居ます、日本年金機構も”死人は生きており、死んだ後も死人にしか、遺産となった年金も支給出来ないから、死人に遺産預金を支給して居て合法だ、遺産預金は死人に支給する金であり、遺産委は含まれないんだ”

この虚言を通そうと、犯罪の限りを尽くし続けて居ます「十和田おいらせ農協だけが”死人が死後も生きており、死人自身で口座取引を継続したのだ”この偽造を是正して、死後抜かれた金は、十和田おいらせ農協の資金窃盗被害、死んだ人の預金は、死後死人が抜く事は無く、亡くなった時点の預金額が、正しく存在して居る”」

これを公式に認めて、遺産預金仮支払いに応じて居るのです、青森銀行、北海道銀行、警察、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所犯罪、遺産は犯罪で手に入れれば、犯罪者が所有権を得られて、遺産から消えた、こう偽る犯罪は、十和田おいらせ農協の合法化手続き実施によって、完全に犯罪と証明されて居ます。

二人の被相続人の遺産相続事件で

  • 2019/09/01 08:03

阿部XX、阿部xxさんご夫婦の遺産の相続で、保護受給者の相続人の息子が、祖父母の遺産を、法を犯して総取りに走って居る、相続人の一人、保護受給者の叔母が主犯、共犯で。

この事案でも「死人が生きて、死後も口座取引を続けた、この偽装を武器で使われて、死人による預金引き出しが、正しく行われたと、北海道銀行で偽造、死人が死後、遺産預金の給付を正しく受けたと、年金機構、北海道銀行が共謀して偽装が、公に証明されて居ます」

犯人と警察、弁護士、裁判官、裁判所が共犯となって、この犯罪を正当と偽り、通そうと、何時も通り暴走している構図です。

遺産不動産も、遺留分、減殺遺留分まで「法を犯して、公正証書遺言で遺贈を受けたから、全部弁護士、裁判官、裁判所が犯罪に走り、強奪して通す、これを事前に、法を犯して決めて、成功させるべく企まれて居ます」

遺産家財は「不動産明け渡し強制執行を、無条件で法を犯して認めて、根こそぎ強盗して、申立者の居住者甥の所有と偽り、闇処理する予定も組まれて居ます」

この一連の犯罪は、日本中で警察、司法、法務省が指揮を執り、テロ犯罪ですが、行われ、通されて居るのです。

犯罪そのものの悪行を、犯罪者、警察、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、国税、地方自治体、報道、税理士、公認会計士、金融機関等が共謀して、犯罪の限りを尽くして通し、成功させて来て居ます。

この事件で、之だけの国家権力テロ犯罪が公になって、犯罪が暴かれ、公開された中で、司法、警察が首謀で完遂させるべく、暴走し続けられて居ます。

相続人のうち二名は、生活保護受給者です、保護費詐欺まで国家権力ぐるみ、成功させると暴走して居るのです。

行政も犯罪者と共犯

  • 2019/09/01 06:35

@平成28年12月19日最高裁大法廷最終決定”被相続人死去時で遺産は凍結、相続が終わるまで遺産は動かせない、代表相続人等が遺産を動かす、現金化する等一切禁止””何故証明書、帳簿、決算書等偽造の手で、遺品整理、未相続の遺産金品窃盗委任、請負が合法”と、職権悪用で加担出来るのでしょうか

                                 令和元年9月1日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※保護受給者相続発生、保護受給者の相続手続き、闇で隠滅行政

秋元札幌市長、市議会、環境、市税、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 保護課が、受給者保護費詐欺も指揮
帯広市長、市議会、市税、環境
FAX0155-37-2313 市が未相続遺産金品泥棒、闇処理に加担
小樽市長、市議会、塵減量推進、市税、保護
FAX0134-32-5032
石狩市長、市議会、ごみリサイクル、市税、保護
FA0133-75-2275
北広島市長、市議会、環境、背税、保護
FAX011-372-6188 北洋銀行、ネクステップと犯罪処理を推奨
江別市長、市議会、廃棄物対策、市税、保護
FAX011-382-7240
恵庭市長、市議会廃棄物管理、市税、保護
FAX0123-33-3137
千歳市長、市議会、廃棄物管理、市税、保護
FAX0123-23-2492
岩見沢市長、市議会、廃棄物、市税、保護

1、義父母の遺産相続に絡む犯罪多数と、阿部xx、xxさんの遺産窃盗、詐取、強奪予定事件多数の調査、犯罪事実証明により、犯罪のからくり、犯罪に加担して居る公権力の犯罪事実が、公に公開立証されて居ます、遺産は法を犯し、手に出来れば犯罪者が所有権を得た、と偽られ、警察、法曹権力主導の犯罪により、遺産から強引に消される、この犯罪手法で闇に消した遺産を、遺産目録から強制抹消して、他被害者相続人に、被害を強制的に飲ませて、遺産相続が正しく終えられた、と偽りを通して居る、証拠書類、帳簿、決算書、監査報告書等偽造の手で遺産強奪を消して、この権力テロの実際が、詳細に表に出されて居ます”十和田おいらせ農協は、この死人が死後預金引き出し偽装を、帳簿等を直し、止めました、警察、司法他犯罪の手口が潰えて居ます”。

2、生活保護受給者に相続が発生したとなれば「保護課が指揮して”保護受給者の相続発生後の合法相続、処理を果たせる法律知識も無い故、保護受給者に相続発生事実を、無い事と偽ります”正の遺産は闇で手に入れ、使っても良い、負の遺産は放り出させて逃がす、之を基本として居ます」保護受給者が死去の場合、誰も引き取らないなら、遺品整理屋と税金を使い、闇取引処理も国中で。

3、生活保護受給者に限らず「被相続人が遺した負の遺産不動産、動産は”保護を支給して居る市町村以外に存在する場合が多数有ります”処理費負担、処理実施責任は、保護受給者相続分は、所在市町村です、今までこのケースでも、保護課が負の遺産相続から逃げさせて、闇に消させて来て居ます”保護受給者しか相続人が居ない、負の遺産不動産、動産が相続遺産の大半”事例も多数存在したが、相続から逃げさせて来たのです」

4、阿部xx、xxさんの遺産に付いては「遺産年金合わせて5か月分、詐欺で支給、相続人偽装と死後も口座を生かして置き、遺産年金振込、詐取の手で、年金機構も共犯、死後も口座を生かして置き、死人による預金引き出し故合法偽装、年金、金融機関共に、必要書類、記載、死人は生きて正しく法律行為を行った、等偽造、遺産不動産は、公正証書遺言で保護受給者息子に遺贈、民法第1031条で認められて居る遺留分相続権も、法務省、司法が蹂躙で強奪予定、壮大な生活保護法違反も込みの、司法、警察、法務省ぐるみの犯罪」

5、こうして法を犯し、奪えた遺産は、遺産から消されたと、弁護士、裁判官、裁判所が共謀して、何時もこの手で通すので、保護受給者相続分も、保護費詐欺事通す算段「遺産動産は”不動産明け渡し強制執行事前決定済みでは、保護受給者息子所有金品偽装で強奪、闇処理事前決定、遺品整理方式を、弁護士、裁判官、裁判所が””遺産分割調停では、負の遺産相続、保護受給者二名分は、保護事業で処理物品で扱って居る”」

6、これ等の権力犯罪に付いて「厚生労働省社会援護局保護課、保護係、札幌市長、保護自立支援課、市議会会派に”年金機構詐欺被害金、北海道銀行死人による預金引き出し偽装被害金の行方、遺産不動産遺留分、減殺遺留分強奪の法律根拠等を、生活保護受給者の正の遺産も犯罪で奪い、闇に消して居る犯罪ですから、年金機構、北海道銀行、法務省に調査、照会を掛けて証明する、法を持った回答を、下記に付いて得る、保護法違反、保護受給者の正の遺産も強奪で通そうと、司法ぐるみしている、保護費詐欺が通る法の根拠についても、を得るよう求めて有ります”」

7、阿部xx、xx氏の遺産動産、負の遺産動産は、公式に相続を受けた者が”保護受給者の分は生活保護法に沿い、保護受給者で無い相続人の分は、相続人の権利、責任で扱う”事となって居ます、未相続の遺産金品闇処理請負は犯罪、この公式実例で、より正しく証明されて居ます「ネクステップ、ルーツ・オブ・ジャパン、遺品整理想いで等は、記載先も未相続遺産金品請負の商圏と謳って居ます、記載先行政機関、道庁、道警、国税、道内の司法、報道が共犯と言う事です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4672662
ユニークアクセス:3922099
今日
ページビュー:960
ユニークアクセス:924
昨日
ページビュー:3828
ユニークアクセス:3751

Feed