エントリー

2019年09月03日の記事は以下のとおりです。

違法改造産廃収集運搬車問題

  • 2019/09/03 15:40

所謂ヒアブクレーン搭載産廃収集運搬車に付いてですが、札幌の労働基準監督署は、当社が違法改造トラッククレーン、車検証偽造もされて居る違法改造トラッククレーン、トラックで有る、と通報し続けた事に対して、ようやく違法改造トラッククレーン搭載車両所有会社に行き、違法改造ヒアブクレーン事実も証拠に収めて、等調査を重ねまして。

北海道労働局安全課、厚生労働省安全衛生部に、上記調査書類が渡り、後は厚生労働省からの指示を待って居る、状況との事です。

違法改造トラッククレーン、車検証偽造も加わったトラッククレーン、この事実、証拠はもう隠せません、後は厚生労働省が「重大な違反と楽クレーン、ダンプと承知で、法を犯して居る事実を無い事と偽り、今のままの違法改造トラッククレーン、車両のまま走らせるかどうか、ここです」

日本中に同様の違法改造トラッククレーン、車検証偽造ダンプに搭載、この多重の犯罪事業、事業に使って居る違法改造、車検証偽造ダンプが走って居ます、法律を踏まえれば、道路走行が禁じられて居る、重大な違法改造トラックです、千葉市の事故のように、次々違法改造産廃収集運搬車の加害事故事件が起き続けて、死傷者を多数生み出さない限り、合法化を果たす気も、国家権力には無い!

この本音が、国家権力殆ど全ての意思ですから、合法化を求めるだけ無駄です、と言う状況の中で、違法改造ヒアブトラッククレーン労基で立証、違法改造を隠して車検証偽造ダンプに搭載、運輸支局、警察、司法、報道が隠して来て居る多数の事例、もう証明されている法破り違法改造産廃収集ダンプを、厚生労働省安全衛生部、道労働局、労基は、どう扱うのか注目です。

この犯罪も、国中で行われて来て居ます、この形の違法改造産廃収集運搬ダンプは、凄い台数でしょう、合法に直させるにも、合法に直す事も、物理的理由が有ります、出来るのでしょうか?

違法改造ダンプを所有する、廃棄物収集運搬事業者達は「違法改造トラッククレーン免許をまず取得に走るべきです」

司法犯罪証拠

  • 2019/09/03 15:13

死人が出れば、相続権は無関係で遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば、犯罪で手に出来た遺産は、犯罪者が所有権を得た、事に警察、司法挙げて、法律など無効化させており、強制決定して、通して居ます。

この警察、司法犯罪を、更に正当と偽る為「弁護士も使えば、弁護士、裁判官、裁判所が共謀して”犯罪によって奪われた遺産は、正しく犯罪者が所有権を得たので、遺産から除外されて、相続人には、相続を受ける権利も無くなる”こう言う、犯罪を正当化する為の、偽造遺産目録を作り、この偽造遺産目録しか通さないんですよ」

犯罪が正しいと偽って、強制的に決めて、更に犯罪を正当とする為、犯罪で奪われた遺産は、遺産から強制抹殺して、遺産目録もこの犯罪を正当化する為に、犯罪によって失われた遺産は、犯罪者が所有権を得たので、遺産から失われたのだ、と強引に偽り、通されて居るんです。

義父母、阿部さんご夫婦の遺産、強奪、窃盗、詐取された遺産、財産も「遺産、財産から失われた、犯罪者に所有権が移っており、遺産から消えたんだ、相続権者には、相続権は無くなったのだ」

これを警察、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、調停委員、法務省、公証人他実行犯国家権力ぐるみ、強引に正当化させて、通す事ばかりに暴走して居ます。

この事実、証拠に沿い、被相続人四人の遺産、遺産目録記載、弁護士が作成した遺産目録も「犯罪で手に出来た遺産は、犯罪者が所有権を得ており、遺産から失われて居るのだ、相続権者はこれを飲め」

これを強要して居て、裁判官、調停委員も、この警察、司法犯罪未相続の内に遺産金品を窃盗して良い、こう言った内容を公認して居ます。

居直り犯罪者集団です、合憲、合法を破戒させて、犯罪を適法と偽り、通す為、偽造捏造、強盗まがいの悪事、泥棒、詐欺等山のように行って通って居ます、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所が国中で、同様の犯罪に勤しみ続けて居ます。

弁護士、裁判官、裁判所が共謀して、遺産目録偽造、強制適用も

  • 2019/09/03 08:41

法を犯して遺産を手に入れられれば、犯罪者が違法に手にした遺産の所有権を得た、と偽装、偽造を行う手で、警察、司法、国税等が共犯となり、通して来て居ます。

この犯罪を通す為に、遺産相続調停、民事裁判事件では「弁護士を絡めて、遺産目録の偽造に走って居るのです”犯罪によって奪われた遺産は、遺産から消えた事に、遺産目録もして、裁判官、裁判所、法務省も共犯ですから、通して成功させて有ります”」

犯罪に成功して、未相続の遺産を犯罪者が手に入れられれば、犯罪者が、犯罪で手に出来た遺産の所有権者となった、何処にも被害者は存在せず、犯罪も存在しないんだ、との嘘を、この内容通り偽造した、弁護士も絡んだ遺産目録を作り、合法な遺産記載遺産目録だ、と言う事に、強制的に決めて通して居ます。

義父母の遺産目録も、阿部さんご夫婦の遺産目録も、札幌弁護士介助族弁護士、弁護士事務所が犯人側に与して、札幌の裁判所、裁判官の共犯加担も得られており「犯罪によって奪われた遺産は、犯人が所有権を得たので、遺産から消した、犯罪で奪えなかった遺産と、犯人と委任弁護士が見つけ出せなかった遺産だけを、正しい遺産と偽って有るから、之で遺産相続を終えさせろ」

この警察、司法恐喝に走られて来て居ます、この手でこの連中は、日常的に未相続の遺産強奪、窃盗、詐取に走らせて、成功した分の遺産、犯罪者が犯罪で盗めた遺産は、犯罪者が所有権を得たと強制偽り決定して、遺産から強引に除いて通す事ばかりして来て居るのです。

十和田おいらせ農協は、死人が死後死人自身で手続きを取り、200万円の預金を死人が引き出した、この偽造を改めて「遺産預金は死去時の額が有ります、200万円は農協の資金窃盗被害です、犯人側に返金要求を出して居ますが、返す気は無いと逃げられて居ます」と言う状況になって居ます。

遺産は盗めれば犯罪者が所有権を得た、事と偽って決めて有る、遺産から消えたのだ、相続権者には、犯罪で失われた遺産緒相続の権利は無い、犯人側が使っている弁護士の遺産目録も、犯罪で奪われた遺産は、犯人が所有権を得たので遺産から除いて有る、之が合法な遺産目録、遺産だ、この警察、司法の嘘、犯罪強制適法化詭弁も、完全に破綻して居ます。

被害者は居ない、の嘘も発覚

  • 2019/09/03 08:02

死人が出たら、死人は死去後も生きており、死人自身で預金引き出し、解約手続きを取り、金を持ち帰ったと、必要書類、記載を偽造して、ねつ造して有る、遺産となった年金も、この手で詐取出来て居る。

死人が出た後、死人が死去後、預金を引き出した、解約手続きを取ったと偽造ですれば、正しい死人による遺産預金引き出しとなる、こうして消せた遺産預金は、犯人が所有権を得た事と偽って決めて有るから、遺産預金から消えた金である。

死人が死後、死人自身で抜いた預金?は、死人自身による合法預金引き出しだから、金融機関、相続人の誰も被害を受けて居ない、被害者がおらず、犯罪も存在して居ないのだ、警察、司法が決めて、常に通して居る手だ。

ですが、義父が死去後、死体となった義父が、十和田おいらせ農協上北支店に来て、自分で預金引き出し書類を書いて、200万円を引き出して持ち帰ったと、手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して、正当と偽って有った事件では「十和田おいらせ農協は”200万円は農協の資金窃盗被害、義父の遺産預金は、死去の額存在して居る、200万円の窃盗被害金は、犯人側に返金要求を出して居るが、返さないで逃げられて居る”」

こう公になって居ます「金融機関、相続人誰も被害を受けて居ない、犯罪は存在しない、青森県警、北海道警察、札幌弁護士会、所属弁護士、札幌の裁判所、裁判官、札幌検察庁、検事、全てが実行犯です」

完全に犯罪行為事実、犯罪被害事実、被害者も証明されて居ます、司法、警察が共謀して、犯罪事実、犯罪被害事実を、犯罪によって抹殺して、犯罪者が犯罪で利得を手に出来るように加担して来たと、公に立証されて居ますから。

十和田おいらせ農業協同組合は、こうして公に、200万円もの資金窃盗被害を証明して、犯人側に返金を求めて居ますが、犯人側と警察、司法が共謀して、盗んだ200万円の返還を拒み続けて居ます「泥棒と警察、司法が、公に共犯者です」

報道犯罪の責任

  • 2019/09/03 07:35

未相続の内に遺産金品を盗み、提供させて闇に消して居る、遺品整理委任、請負、要するに泥棒の委任、請負も、報道各社は先を争って「新事業、正業ですと、嘘八百報道、宣伝を重ねて来て居ます」

レオパレス21、ダイワハウス他による、防火施工いらずアパート許可、コスト削減に成功、巨額の宣伝広告費を出して貰える報道機関は「住人の身体生命、財産が不当に失われる危険性も無い事とさせて”どんどんこのアパートを借りて住んで下さい、オーナーになって稼ぎましょう”」

こう宣伝にあい努めて来たのです、金さえ貰えれば、どんな違法、犯罪が行われていようと知った事では無い、報道が白と報じれば、黒でも白だと偽りが通る、と言う、定番の報道犯罪なのです。

未相続の内に遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば、犯罪者が所有権を得た、事と偽って決めて通して居る、警察、弁護士会、弁護士、裁判官、調停委員、裁判所、検事、検察庁、法務省、公証人、国税他が、この権力犯罪に走り、通して居るのです。

ですから、弁護士が絡んだ遺産相続調停、民事裁判では「法を犯して奪えた遺産は、遺産目録記載から消されて通って居ます”警察、司法犯罪、犯罪によって奪われた遺産は、遺産から強制抹殺して押し通して居る”犯罪者が所有権を得た事とさせて、相続遺産から消して、相続権者には相続権は無くなった、こう強制適用させて、通して居る事に、報道も追従して居るのです」

義父母と、○部さんご夫婦の遺産目録、犯人側の弁護士ぐるみの遺産目録も、当然「犯罪によって奪えた遺産は、遺産から抹殺して有る、犯罪遺産目録です」

遺品整理屋に差し出して、闇に消させた未相続だった遺産金品も、当然遺産目録には記載出来ません、警察、司法、国税犯罪、遺産は未相続の内に犯罪によって奪えれば、犯罪者が所有権を得て遺産から消える、この犯罪に倣って有ります。

ですが「十和田おいらせ農協は”死人の義父が死後引き出した、こう偽り、盗まれた200万円は、十和田おいらせ農協の資金、義父の死去時の預金が存在して居ます、犯人側に盗まれた200万円の返還を求めて居るが、返さない、と逃げられて居ます”この証拠込み実例が出て、未相続の内に遺産を盗めば勝つ、警察、司法他犯罪も破滅して居ます」

ここまで公開証明された、遺産強盗、窃盗、詐取国家権力指揮犯罪

  • 2019/09/03 07:14

4人の被相続人の遺産、財産強奪、窃盗、詐取犯罪事件の調査によって、例に拠っての「弁護士、司法書士が、犯罪を認められて稼げるように、を主眼で、日本の国家権力が、闇ででっち上げて国中で凶行させられて居る、詳細な犯罪の手口、犯罪に手を染めている国家権力の存在等も、実例証拠で表に出されて居ます」

悪の権化です、あまりにも程度の低い、国家権力なる集団の、実際の頭の程度が良く理解出来る実例証拠多数が、ここまで公とされて居るのです。

未相続の内に遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば、犯罪で手に入れられた遺産は犯罪者が所有権を得た、と偽って決定して有り、相続遺産から失われて、相続人には相続権が無くなる「この犯罪による被害者は、何処にも存在しない、警察、弁護士会、弁護士、検察庁、検事、裁判所、裁判官、法務省、国税庁、金融庁、財務省等が共謀して、この嘘を正当と偽り、通して居る」

こうなっている中で「義父の死去後、義父が死去の後、死人、死体となった義父が十和田おいらせ農協上北支店に行き、自分で200万円を窓口手続きを取って引き出して帰った、こう手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書の偽造で偽って有ったこの農協が」

「義父が死去後、死体となって上北支店に来て、窓口手続きを取り、200万円を引き出して帰った、この処理は虚偽でした、200万円は農協の資金窃盗被害です、義父の遺産預金は、死去時の額が存在して居ます、この通り帳簿等を直しましたので、この金額で仮支払いしました、盗まれた200万円は、犯人側に返還要求を出して居ます」

こう動いた事で「上記嘘で、犯罪を正当と偽って来た青森県警、北海道警察本部、札幌弁護士会、所属弁護士、札幌の裁判所、裁判官、札幌検察庁、検事、青森銀行、ここの顧問税理士、監査法人、公認会計士らは、完全に逃げ道を失って居ます」

で「犯人側に”十和田おいらせ農協に対して、農協資金200万円窃盗の金を返すな”とも手を打ち、もっと悪行を深化させて行って居る訳です」

法を犯して奪われた遺産

  • 2019/09/03 06:10

@厚生労働省社会援護局保護課、秋元札幌市長、市議会、保護自立支援課に対して”保護受給者も二名入って居る遺産相続事案で、法を犯して奪われた遺産に付いて、生活保護法違反、保護費詐欺支給でも有り、相続人○○○○氏と共に公式調査を求めました、滝川介護タクシー事件と同様、市長、市職員、市議会議員が、責任を最後に負います

                                 令和元年9月3日
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110 遺品整理は犯罪だが摘発せず約束
※未相続の遺産は盗んだ者が所有者、被害者も犯罪も無し決定
北海道新聞報道センター内山、吉田、樋口記者
FAX011-210-5592
HBCテレビ報道部中館デスク
FAX011-221-6807
NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-231-4997
共同通信社札幌市局記者
FAX011-231-0848
HTBテレビ報道局デスク
FAX011-233-6008
STVテレビ報道局、どさんこワイドデスク
FAX011-271-1535

1、厚生労働省社会援護局保護課、秋元札幌市長、市議会、保護自立支援課に対し、阿部健一、阿部花枝氏の遺産の大半が、窃盗、詐欺、法の蹂躙により奪われた事件に付いて、公式調査を阿部溘悦氏と共に求めて有ります”厚労省から札幌市、市議会会派に、種々問い合わせも来ている、との事で、調査が更に行われるとの事”遺産家財証明、引き取り処理業者に付いては、市は、闇で抱える150以上の業者を一社も出して来ません。

2、法を犯して奪えた遺産は、例によって弁護士、裁判官、裁判所、警察が共犯となり、遺産から消した遺産目録作成、行使の手で通そうとされて居ますので、生活保護受給者二名も相続権者ですから、保護法違反確定、奪われた(保護受給者相続人の息子に渡って居る、共犯は保護受給者相続人叔母)正の遺産に付いて「市はこれ等も承知で正の遺産入手、使用許可、合法相続を蹴れと指示し、保護費支給続行故、完全に保護費詐欺でも有ります、日本年金機構、北海道銀行、法務省(公正証書遺言で不動産遺留分、減殺遺留分強制踏み倒しを公認、指示)が調査先です」

※青森県警、北海道警察、札幌弁護士会、所属弁護士、札幌地裁、簡裁、家裁、裁判官は”未相続の内に遺産を奪えれば、奪った遺産は犯罪者が所有権を得て確定、遺産から消えて、相続権者の相続権は失われる、遺産預金消失事件では、金融機関、相続人共に被害無し、之を通しに走り、十和田おいらせが、農協200万円資金窃盗被害を証明し、犯人側に返金要求実施、犯人側は拒否、警察、司法共に犯罪者擁護、窃盗資金返還拒絶支持”に走り、犯罪者と共犯とも立証しています。

3、別紙は、被相続人4人、義父母、○○ご夫婦の遺産窃盗、詐取、強奪事件経緯等記載文書です「遺産となった不動産、動産の、警察、札弁連、弁護士、裁判官、裁判所ぐるみの法を蹂躙した扱い事実、犯罪の詳細も記載して有ります」

4、この一連の犯罪、未相続の内に遺産を法を犯して奪えれば、手に出来た遺産は、犯罪者が所有権を得た、事に警察、司法、法務省、国税等の犯罪によって、偽ってされ、相続遺産から失われて、正当な相続権者には、相続を受ける権利が失われる、証拠偽造、隠蔽、抹殺等犯罪を武器とさせて、この犯罪が正当との偽造遺産目録を、弁護士が作成、行使して、裁判官、裁判所が強制正当化、偽造遺産目録記載のみを相続遺産だと、相続人相手に強制決定し、飲ませて泣き寝入りさせて居る、の実例証拠、証明を、別紙昨日付け文書に記載して有ります。

5、この手が常時通される故、未相続遺産金品窃盗請負、遺品整理も成功出来て居る訳です「拙かったのは、被相続人○○○○、○○氏の子4人中2名が保護受給者だった、保護受給者相続人の息子、叔母が、法を犯して正の遺産を奪って居る事実です、道警、札幌弁護士会、所属受任弁護士、札幌地裁、家裁、裁判官は”生活保護法の規定も、本当に知らずに、未相続の内に遺産強奪成功で、遺産から失われた”を通しに走ったのです、厚労省、札幌市長、市議会、市職員が、保護費詐欺責任を問われる、滝川市介護タクシー事件と同様になるとも知らずに」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4672651
ユニークアクセス:3922088
今日
ページビュー:949
ユニークアクセス:913
昨日
ページビュー:3828
ユニークアクセス:3751

Feed