エントリー

2019年09月10日の記事は以下のとおりです。

弁護士と共犯緒犯罪であれば、警察、検事、裁判官が犯罪握り潰しを

  • 2019/09/10 15:34

弁護士と共謀すれば、極悪非道な犯罪でも警察、検事、裁判官、法務省が共犯となり、弁護士ぐるみの犯罪を強引に握り潰す、犯罪者を守る事だけに狂奔する、これが日本の現実です。

この現実があるけれど、生前整理、遺品整理請負を、知人が不動産屋が処理費拠出で、弁護士事務所を使い、知人の所有物代行廃棄処理請負させる契約を、既に交わして居る訳です。

所謂生前整理、遺品整理委任、請負を、弁護士事務所が請け負った実例、証拠が出たのです、前から伝えて有る通り、弁護士会、弁護士事務所も生前整理、遺品整理を請負、犯罪処理を下請けに丸投げして行わせて居る、この報告通りの実例が、ようやく公に出た訳です。

弁護士事務所、弁護士は「遺品整理士資格も持って居ません、遺品整理士資格を弁護士が得て、生前整理、遺品整理を請け負ってりゃ、笑えもしない事になるけれどね」

当然ですが、廃掃法違反、弁護士法違反行為です「弁護士、弁護士事務所には”個人の所有する物品を、処分、廃棄を目的として引き取り、処分出来る許可も権利も、資格も無いです”」

札幌市環境局、警察は「委任者と当社とで”も”契約を交わして、適法に処理する事を前提として、弁護士の顔を立てて様子見する、多分もう違法行為に手を出さないだろうし、でも違法委任、請負は確か”と確認済みです」

もう警察、検事、裁判官でも「この弁護士犯罪も、握り潰せません、行政が法を所管して居ます、司法が犯罪公認、で逃がして犯罪凶行は、もう無理です、弁護士も犯罪を認識したし」

義父の遺産預金泥棒、次男の家族の犯罪でも「青森銀行は、法を犯す、盗ませた義父の遺産預金は返さない、泥棒の証拠は出さぬが、泥棒から回収しろ、と言った文書を出して来ました」

ゆうちょ銀行は「義父が死去日の預金額で仮支払いするか、請求時で仮支払いするか、未だに国家中枢と合法を守るか、法を犯すか答えを出せず居ます”法に沿えば、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省ぐるみの遺産強盗制度が責任追及されます、法を犯せば、ゆうちょ銀行ですから、政府ぐるみの犯罪と立証されます”」

未相続の遺産は、泥棒に成功すれば泥棒が所有権を得た、と偽りが

  • 2019/09/10 15:06

未相続の内に遺産を強奪、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪によって手に入れられた遺産は、犯罪者が所有権を得たんだと、合憲、合法破壊を武器と警察、司法が強引にして、強制決定して、通す権力テロを日常として来て居ます。

生前整理、遺品整理請負も、この警察、司法、行政ぐるみの犯罪を踏襲して「犯罪を重ねて通せており、警察、司法、適用法律を所管する行政機関、報道が犯罪を認めて加担しており、犯罪そのものが成功出来て、正当な相続権利者に、被害を強制押し付けして、犯罪者を守って居るのです」

被相続人の遺産預金は「死人は死後も生きており、死んだ後も死人となり、口座取引を続行して居る、と”手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して有り、正しい犯罪だ、と偽れて通せている”警察、司法、法務省ぐるみの犯罪の手口だ」

この権力犯罪も、国中で凶行されて、警察、司法、行政、報道挙げて犯罪と承知で犯罪を認め、犯罪者の犯罪を隠匿して上げて、成功させられて居ます。

国家権力がほぼテロ、犯罪行為組織、構成員なのです、日本の国家権力の現実の合憲、合法破壊テロ事実です。

もう日本の国家権力は、言い逃れも全く出来ないのです、ここまでに詳細に、犯罪事実証拠が公開されて居て「犯罪の共犯弁護士会、弁護士の合憲、合法破壊テロ、犯罪事実も証明されているし、この連中の頭では、合憲、合法に沿った遺産相続手続きなど、意味すら全く理解不可能ですから、分かる筈が無いんです」

当社が関わって居る事案、事件には、何件もの弁護士事務所が犯罪行為者側に就いて、虚言、戯言を吐いて、裁判官共々合憲、合法破壊、犯罪国家日本の樹立に走って居ます、強盗、窃盗、詐欺他犯罪を、弁護士が先に立って凶行して居るのです。

ゆうちょ銀行の決定が

  • 2019/09/10 14:41

義父の遺産預金仮支払請求手続きの内、ゆうちょ銀行が、もう二カ月以上経過して居るのに、仮支払いの決定を出せず居ます。

その理由が「法律の規定と、ゆうちょ銀行、遺産預金仮支払請求者への発行文書の記載”遺産預金の仮支払いは、被相続人が死去した時点で存在する預金額をベースとして、それを基に計算した額を、仮支払いします、遺産預金の履歴も取り、確認して下さい”この文書の記載を守るべきか、破る事にするか、之が決められず、仮支払いがなされないと言う事です」

要するに「合憲、合法を守るか、憲法、法律を蹂躙して通すか、之が決められない結果、未だに遺産預金の仮支払いが出来ない、こう言う事です」

合憲、合法を守り、義父が死去した時点の定額預金、普通預金金額で遺産預金仮支払を行えば「青森銀行も北海道銀行も、既に犯罪に手を染めた実例”憲法、法律など誰が守るか、被相続人が死んだ後も、死人は生きて居ると偽造、偽装して、死人が口座取引を継続した、と偽り、金を盗ませ放題して有るんだ、こうして盗めた金は”死んだ人が死後、自分の預金を合法に引き出したんだと、帳簿、決算書、監査報告書、手続き書類を偽造して、正しい犯罪だと言う事にして、通せているんだ”」

この実例、他にも山のように行わせて来て居る、この犯罪責任を、ゆうちょ銀行、政府等が認めてしまいます。

一方「死人は死去後も生きており、死人自身で、死後も預金を引き出して居る」これを通せば”政府ぐるみの金融犯罪確定、合憲、合法破壊テロ立証となるしね”」

次男の娘が、義父の死去の二日後に十和田おいらせ農業協同組合上北支店に行き「義父が死後、預金を窓口手続きで引き出したと偽り、200万の農協資金窃盗を働いた、この窃盗資金は、新発寒郵便局に次男妻が、次男を偽って開設した普通預金口座に隠匿した、この金をゆうちょは、十和田おいらせ農協から、農協の資金窃盗被害金故返してくれ、こう求められて居るが」

次男側が、十和田おいらせ農協から盗んだ金と承知で「誰が返すか、次男側に返して貰え、と、この金は次男の金だ、十和田おいらせの金を盗んで隠匿した金では無い」この二通りを言い張り、今まで来ています。

合法を守るか「死人は生きており、死後も金を引き出した、合法に遺産となった預金が、被相続人によって、死去後も引き出されて居るんだ、遺産預金は、被相続人が死去後引き出されて、正しく遺産から消えたんだ」

この警察、司法他ぐるみの犯罪を押し通すか、ゆうちょ銀行、日本政府と日本の国家権力ぐるみ犯罪を、居直って統一制度化するのか、ゆうちょ銀行と政府、国の行政機関は答えを出せず居るのです。

犯罪被害、被害者

  • 2019/09/10 09:16

未相続の内に遺産金品を盗めれば、犯罪に成功した人間が、犯罪で手にした遺産金品の所有権を得たと、憲法、法律規定の破壊を武器で使い、警察、司法、国税が共犯で、強引に決めて通して居る。

当たり前ですが、犯罪者以外の相続人は、この司法、警察犯罪の被害を受けさせられて居ますが「警察、司法が指揮を執り、必要な犯罪に手を染めて、成功?させて有る犯罪で」

直接の犯罪者と共犯の弁護士にも、犯罪で得た利得の一定額が提供されて居る、弁護士犯罪利得獲得の制度ですから、他の相続人の被害者の被害事実は、警察、司法がテロに走り、相続権を奪い、被害を泣き寝入りさせて居るんです。

居直り強盗が警察、司法と言う現実が、日本で有るのですよ、遺品整理、未相続の遺産金品泥棒請負も、この遺産強盗、窃盗警察、司法犯罪制度が国中で警察、司法テロによって行われ、法の破壊で成功させられて、正当な相続人が憲法、法律で守られて居る、相続を受ける権利の叩き潰しの恒常化の現実が有るので。

未相続の内に遺産金品を盗んで提供させて、闇に消す遺品整理請負、泥棒の請負も、大手を振って行えて居ます、犯罪と承知で、正業と偽って報道、宣伝されて居るのです。

遺産は未相続の内に強奪する、窃盗する、詐取する事に成功すれば、犯罪者が無税で所有権を得たと、合憲、合法の破壊を警察、司法が果たして、通して居るのです「他の相続人には、犯罪によって奪われた遺産は、犯罪者が所有権を得た、相続遺産から失われたと、犯罪者に法の根拠ゼロで組して、強引に決めて通して、正当な被害者の相続権、財産権を破戒して通して居ます」

警察、司法、報道の現実は、別の国の制度を日本国の制度だ、と偽り、マフィアそのもの化したテロ、犯罪の身に明け暮れる、国内外相手のテロ犯罪者集団なのです。

法律を犯してりゃ何れ

  • 2019/09/10 08:38

昨日だけで二件、遺産泥棒に関わっても居る犯罪事実証拠が、とてもはっきり、犯罪の制度化、犯罪の公認による、権力側の破綻実例で、公に出て居ます。

生前整理、遺品整理を請け負います、違法請負ですよ、でも「道庁、道警、報道、法曹権力が共犯で、生前整理、遺品整理は正しい事業です、正業ですよ、どんどん頼みましょうね、こう犯罪と承知で認めて、宣伝して来た事で」

弁護士会、弁護士事務所も派手に生前整理、遺品整理を、弁護士事務所が元請けで受注して、遺品整理屋、便利屋、運送屋等に丸投げして、犯罪を重ねて処分し捲る現実にも行き着いて居るのです。

知人が不動産屋の資金提供で、弁護士事務所に生前整理、家財等の違法処理委任を行って、当社がこの事実を知り、適法な引き取り、処理等を家で引き受けて、違法業者弁護士事務所と、資金拠出不動産屋、札幌市環境局、警察に対して、合法化を果たす事、犯罪は止める事。

これを果たすべく動いた事で「弁護士事務所が生前整理、遺品整理の元請け受注事案でも、違法は変わらない事等が、公に立証されて居ます」

請け負った弁護士事務所も、違法な請負だと理解もしています、法を犯す請負だと、札幌市、警察も相互確認して居ます、もう言い訳も出来ません。

知人は報道挙げて、生前整理、遺品整理は正業です、どんどん頼みましょうとの報道、宣伝を信じて、法を犯した委任を行ったのです、知人は報道各社に犯罪に引き込んだ責任を持ち、抗議文も送って有ります、本当にとんでもない、報道ぐるみの犯罪拡大、犯罪者創出権力犯罪です。

鉾盾

  • 2019/09/10 08:18

ゆうちょ銀行は「遺産預金仮支払請求手続きを取った事に付いて”被相続人が死去した時点で存在する、遺産となった預金をベースとして、仮支払いします、遺産預金の履歴も取って遺産となった預金を確認して下さい”こう書いた文書も出して居ます」

この事実と、この記載を正しいとする、法律と最高裁最終決定も有りますが「義父のゆうちょ銀行の遺産預金は”死去時には、まだ満期になって居なかったが、死去の3カ月後に満期になり、普通預金に移行した定額預金と、元々の普通預金と、二通りの遺産預金が有るのです”」

つまりゆうちょ銀行は「文書の記載と法律規定に沿い、義父が死去した時点で存在した遺産預金、之で遺産預金仮支払いすると”十和田おいらせから、次男の娘が、二日前に死去した義父を騙って盗んだ200万円の扱い、新発寒郵便局に次男の妻が、次男を偽って開設したゆうちょ銀行普通預金に隠匿して有る、この十和田おいらせ農協から盗まれた、200万円の返還責任が、ゆうちょ銀行にははっきり出る訳です”」

十和田おいらせ農協からゆうちょ銀行は「うちから盗んだ200万円だ、返せ」

こう求められて居るが「盗んで隠匿して有る200万円だが、返す気は無い、死んでから盗まれた200万円と承知の上で返さない」

こう言い張って居る事も含め、言い訳が完全に失われるんですよ、当然他の被相続人死去後に盗まれた、遺産となった預金の扱いも、郵貯に限らず大々的に出てしまうし。

法を犯して発覚後

  • 2019/09/10 06:22

@知人がアパート退去に際し、オーナーが資金を拠出し、弁護士事務所が知人の不用家財等を処分してくれる、廃掃法違反請負の件は、札幌市環境、東警察署生安が協議して、知人の責任で当社が引き受ける事情を鑑み、様子見として有る、との事です、知人は報道各社に、生前整理、遺品整理請負が正業との虚偽報道、宣伝を信じた法破り故、抗議文を送りました

@ゆうちょ銀行は、民法第909条2を適用した4男と妻からの、被相続人父の遺産預金仮支払い請求を受けて、法に沿い、死去時の預金の状態で仮支払いするか、法に沿わさず、請求時の預金の状態で仮支払いするか協議中、大量の遺産預金窃盗事実との兼ね合いで、との事です

                                令和元年9月10日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※遺品整理士資格、産廃、古物商事業許可で個人所有不要物品、未相続遺産物品闇処理請負が出来る、弁護士にも取得させますか

山下貴司法務大臣 大臣官房秘書課、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長

1、○○氏が、居住して居るアパートの退去協議に於いて、不要な物品を置いて行けば、オーナーである○○○○の費用負担で、○○法律事務所が個人所有物処理の元請けとなり、○○氏が残した物品を処分します、との条件も提示され、飲んで契約を交わして有る問題、明白な廃棄物及び清掃に関する法律違反、同法第25条1項の刑事罰則が適用される違法請負の問題で、札幌市環境部署と東警察署が、当社から求められて協議し、次の状況となって居る、と答えを得て有ります。

2、○○氏が○○○○から費用を受け取り、○○氏の権利と責任に於いて、ハウスリメイクと共に法を守り、不用物品を扱う、と現状別契約もして有る事を受け「弁護士も違法請負に気付いたようであるし、○○○○も、今の状況で違法請負実施に走らないと思われるので、弁護士の顔を立てて、現状を確認した上で様子見する、この違法請負は、○○氏の所有物を○○○○、○○法律事務所が処理を引き受ける、との契約なので、明白に廃掃法違反である、個人の所有物で処分なら所有権移動は、複数の法の特例による以外行え無い、弁護士事務所には一般廃棄物代行処理の資格、権限は無い、廃掃法違反ははっきりして居る」

3、○○氏は、別紙の通り昨日文書で、報道各社の犯罪喧伝、生前整理、遺品整理は正業と簿虚偽報道、宣伝に対し「生前整理、遺品整理は正業です、自分で家財、未相続遺産物品処理せずとも、遺品整理士が処理代行します、遺品整理士資格(自称だけの資格)古物商、産廃許可で所有者、排出者を変えて(この事実が違法)廃棄区分を変えて(一廃物品を産廃偽装)処理致します、この犯罪請負を正業と虚偽報道、宣伝した結果、自分も犯罪に手を染めた事に対して、報道が犯罪に引き込んだ事実を持ち、公式に抗議を行いました」

4、○○氏が家財等の代行処理を委任したのは「不動産屋が差し回した弁護士事務所です、之以上確かな生前整理、遺品整理請負違法事例は無いでしょう、○○弁護士も○○○○も、札幌市環境局も東署も、この請負は廃掃法違反、と確認済みですし」

5、法務省、検察庁、裁判所、道警本部、弁護士会、弁護士事務所に対して、遺品整理士資格取得の上生前整理、遺品整理を請け負え、と勧告を出しますか。

6、義父の遺産預金仮支払請求手続きで、多分日本初の新民法第909条2適用での仮支払い請求を行った4男、妻への遺産預金仮支払いが、ゆうちょ銀行だけ7月1日、郵便局が開いてすぐ手続きを取ったが、仮支払いされて居ません。

7、妻が小樽のセンターに確認した所、次の答えを得た、との事です。

小樽センター ー実は”武四郎さんの遺産預金は普通預金と定額預金が有りまして、定額預金は武四郎さんが死去した平成29年11月7日の後、翌年2月に10年の満期が来て、普通預金に移されたのですが”東京の本部が”法に沿い武四郎さん死去時の預金の状態、普通預金と定額預金二件で扱うか、法に背いて、仮支払請求手続きを受けた時の状態、普通預金で扱うか、答えをまだ出せない状況です”

8、要するに「次男の娘が義兄の死去後、義兄を偽装して十和田おいらせ農協から、農協の資金200万円を窃盗して、この窃盗金を新発寒郵便局に、偽造手続きで、次男名で妻が開設した普通預金口座に隠匿して有り、十和田おいらせ農協から、十和田おいらせ農協から盗まれた金故、ゆうちょ銀行は返金を求められて居る事にも、大きく影響するので、答えを出せないのでしょう」

9、法に正しく沿い、被相続人死去時の時点の預金の状態で仮支払いすると「十和田おいらせ農協から盗まれた200万円、ゆうちょ銀行偽名口座に隠匿されたこの金の返還責任を認める事ともなるし、青森銀行、北海道銀行が実例を作って有る、被相続人が死後も、死人による口座取引が行われ、合法に遺産預金は引き出された、死人による遺産預金引き出しは合法で、死人によって遺産預金は失われたのだ、帳簿、決算書、監査報告書をこう偽造して正当化して有る、犯人を証明する証拠は隠匿、隠滅して、犯罪者を守って窃盗事件を潰して有る、相続人は被害を飲むしかない、この犯罪に大きく影響します」

10、次男名の、偽名ゆうちょ普通預金口座に隠匿されている200万円と利息の金は”次男が死去すれば、次男の遺産預金と確定です”当然です、次男名の偽名口座に入って居る200万円ですから”警察、検事、弁護士会、弁護士、裁判官が言い張る「義父の遺産預金を盗み、次男の偽名口座に隠匿した、義父の遺産金だ、とはならないに決まって居ます、次男が死去すれば、目出度く次男が遺した遺産預金と、法律通り確定です、法律の正しい規定がこうでしょう」

11、義父の遺産預金仮支払請求手続きに対する、ゆうちょ銀行の答え、実務(ゆうちょからの文書には、被相続人死去時に存在した遺産預金が、仮支払い対象と記載済み)により「平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、新民法第909条2を、警察、弁護士会、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省が共謀して完全破壊を果たす事に暴走するか、合憲、合法に切り替えるか、大きな答えが出るでしょう」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4656835
ユニークアクセス:3906940
今日
ページビュー:1064
ユニークアクセス:1012
昨日
ページビュー:1670
ユニークアクセス:1603

Feed