エントリー

2019年09月13日の記事は以下のとおりです。

法曹権力犯罪、テロが詳細に暴かれて、追い込まれ捲った結果

  • 2019/09/13 17:49

司法、警察、法務省犯罪、テロが詳細に、私により、公開立証されて来て、十和田おいらせ農協、一部政党等が、次々同調して合法化に向かって動いて下さっています。

十和田おいらせ農協は「農水省の監査が有ったけれど”死人が死後預金を引き出した”等気付かず、らしかったと」

農水省も形無しです、これから怒り心頭に発して、だろうなあと思う今日この頃です。

農水省が大恥をかいた訳で、立つ瀬が無いでしょうね、まあ「金融庁、財務省、総務省は、農水省の比では無いだけ、これから金融監査の出鱈目責任が降り掛かるから」

色々行政機関も、監査の出鱈目も証明され続けて居て、物凄く拙いようです「政治から糾弾されるしね、農水省も、これから財務省、金融庁、総務省も、金融機関犯罪、司法犯罪に加担してですが、政治は責任逃れで行政を糾弾しますよ」

緊急には、青森銀行、北海道銀行に対して財務局、金融庁が監査に入らなければ、物凄く拙くなるでしょう。

十和田おいらせ農協の功績は、日本初の合法化として日本中の金融事業の合法化と、司法犯罪潰しに大きく貢献します。

先ずは農水省、ちゃんと監査して居ないよな、何処の金融監査も一緒とも、もうばれているけれど。

金融機関で起きた、顧客の意金窃盗、横領、特別背任事件、帳簿、決算書、監査報告書、手続き書類等を正しく証拠で使わない事で、でっち上げでも立件、有罪とされて居ると言う事でも有ります。

急な動きがここでも

  • 2019/09/13 16:32

義父の身分を偽り、金融機関から金を盗んだ犯罪も、公開しませんが、大きく動いて来て居ます。

青森県警、北海道警察本部、各警察署、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省が共犯で「死人が出たなら、死人が生きており、死後も口座取引を続けたんだ、死人当事者が自分の預金を自分で引き出した、合法な自分による預金引き出し、解約だ」

之だけに走って来て、何処の金融機関もこの犯罪に与する以外無い、こう思い上がって居たら「十和田おいらせ農協は、法律と最高裁最終決定に従い、義父が死去の時点で遺産預金を凍結した、こう是正して、200万円はうちの資金が盗まれた、こう報告も出して、扱ってしまったけれど」

日本初の合法化事案でしょうから、理解も出来ないんですよ「今までずっと”死人が死去後、自分で自分の預金を引き出したんだ、この偽造しか金融機関は、警察、司法、法務省と組み、して来て居ないから、死去時の金額で遺産預金が存在します、盗まれた200万円は、農協の資金窃盗ですこう是正した事案、前代未聞なのです」

十和田おらせ農協の、日本初の合法化実例により、次男等が偽造委任状で暗躍させている弁護士が、偽造して出した遺産目録「200万円見事に十和田おいらせ農協の、義父の遺産預金額と合わなくなっています」

強引に決定を出したって、この200万円の遺産預金は、農協に残ってしまう訳です、偽造された遺産目録だと、更に立証されるんです。

十和田おいらせ農協は「200万円盗難事件に付いて、詳細に証拠、証言も揃えて有り、刑事、民事事件の証拠で使う、次男の娘の犯行を、何時でも公に証明出来ます、とも」

いよいよ最終局面でしょうか、政治の動きも急になって来て、どんどん国家権力犯罪は、破綻して行って居ます。

十和田おいらせ農協と、高谷金融部長さん、日本の金融事業合法化の大きな楔を打ち込みました。

中世と今と

  • 2019/09/13 08:17

死人は死去後も生きており、死んだ人が、死去後も法律行為を続行して居る、死んだ後の死人は、自分の預金の引き出し、口座解約等も正しく行っており、合法な死人による法律行為である、と本当に通されて居ます。

陰陽師、霊媒師、祈祷師が活躍出来た中世から、現実の日本は何も変わって居ないのです、法曹資格者、役人、警察、報道挙げて「陰陽師、霊媒師、祈祷師と変わらない”霊の存在を法律行為でも認める、とまでオカルト行為に走って居るのです”」

中世より悪化して居る事は「この連中、現実に”当然でっち上げ、嘘の死人は死後も生きており、死人自身で、死去後も法律行為を遂行して居て、死人自身による正しい法律行為である、ここにまで公に暴走して、通して居る事です”」

正気さの欠片も見当たりません、之が法務省の役人、法曹資格者、検察庁、裁判所職員、地方役人、報道の連中他が、実際に行い、通して居る、オカルト国家権力業務なのです。

当然の事として「法律的にまで、死人は死後も生きており、死人自身で法律行為を遂行して、出来ている、合法に認められて居る、死んだ後の、死人自身による法律行為である、ここまで実際に認めて通して居る訳です」

金融機関は、死人が死後も生きており、死人自身で預金引き出し、解約手続きを行ったと、手続き書類偽造、ATM映像隠匿、帳簿、決算書、監査報告書偽造に走り、監督機関、法曹権力、法務省、警察、国税ぐるみで正しい法律行為、合法な死人による行為、とさせて有るのです。

弁護士が造り、裁判官、裁判所が合法な遺産目録だ、と強制決定する遺産目録も「死人が死後預金等自分の財産を処分、逸失させた、よって死人が死後逸失させた遺産は、合法に遺産から失われた、このオカルト遺産目録なのですから」

冤罪を生み出している構図と

  • 2019/09/13 07:45

死人が出たとなれば、犯罪者性質の親族等が我先にと「死んだ人の財産を強奪、窃盗に走ります、犯罪行為者に司法書士、弁護士が加わると、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所も犯罪を成功させる為に、合憲、合法破壊、犯罪を成功させる、ここに毎度暴走し続けます」

死人が生きており、死後も法律行為を継続したのだと、事実証拠を偽造捏造して、真実が証明される証拠は抹殺、隠匿に走り、犯罪が正しいと強制的に決定させて、押し通すのです。

冤罪を生み出して、冤罪を正しい事に、虚偽を重ねて確定させる構図と同じなのです。

現実の世の中が、どう言う形で動かされて居るのか、ここから本当にほぼ何も理解不可能なので、理解する為に必要な思考能力が、本当に見事に欠落し切って居るので、現実の世の中に、全く対応出来ません。

この結果「司法、警察の中ででっち上げた、仮想現実を世の中の実際だと、本気で自己狂信して、それが正しいいことで通るように、現実の方を作り変えて、仮想現実、狂った司法、警察世界を事実と偽装し、決定して居るのです」

死人が出たとなれば、犯罪者性質の親族が、我先にと死人の財産を強奪に走り、そこに司法書士、弁護士が加わりと、警察も加担して、検事、裁判官、裁判所も犯罪者に与して、犯罪を正当と偽り、通して居ます。

これを完遂させる手が「犯罪者と組んだ弁護士がでっち上げる、犯罪によって失われた遺産は、遺産目録から強制抹殺する、裁判官、裁判所、検事、警察は、弁護士作成偽造遺産目録しか絶対に通さない、死人が死去後も生きており、死人自身で自分の預金等を抜き、使ったから、これを事実と強引に偽る手で、これ以外通さない」

この司法犯罪ですし、公正証書も含めた遺言状が有るからと「他の相続権者の遺留分、減殺遺留分まで犯罪によって強奪させ、して押し通す、之が日本中で法務省、司法、警察ぐるみで凶行されて居るのです」

同じ事実、証拠偽造捏造、真実の隠蔽、抹殺により、冤罪も成功させて有ると言う構図です。

法律にも無知過ぎる故

  • 2019/09/13 07:06

@○○○○と○○法律事務所も、憲法第29条、古物商法、廃掃法、宅地建物取引に関する各法律、弁護士法の正しい規定違反も理解不可能故、不動産業監督先にも通報致しました

                                令和元年9月13日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

秋元札幌市長、環境局
FAX011-218-5105 業務課、事業廃棄物課他
FAX011-218-5108 環境事業部
綿引万里子札幌高裁長官、地裁所長
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正、特別刑事部
FAX011-222-7357 遺品整理、生前整理は合法と錯覚して居る
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長

1、別紙による通り「○○○○、○○法律事務所”も”記載先等と同様に、生前整理、遺品整理委任、請負は正業、遺品整理士資格?古物商、産廃事業許可取得、処理する個人所有物の所有者、排出者偽装、偽装古物取引、個人所有物を産廃偽装で処理、この手口を前提とした請負手法が適法と錯覚して抜けず、○○氏の所有物犯罪処理請負を止めませんので、宅地建物取引に関する監督先、石狩振興局建設指導課にも通報致しました」

2、上記犯罪手法は「北海道庁、振興局環境、道警本部、検察庁が闇で公認して有る、犯罪請負を成功させて有る仕組みですし、裁判所不動産明け渡し強制執行を謳うが、占有場所の金品所有者偽装、上記等法破りで強奪、闇処理国家制度が根本原因です、不動産業者、弁護士会、弁護士、帯広市他自治体、保護、介護保険、障害福祉部署、ケースワーカー、ケアマネ、報道各社も、総出で手を汚している犯罪なので、こう言った現実が有る事で、特に世間知、世間常識、三権分立の正しい理解、行政所管法律知識ゼロレベルの弁護士(検事も裁判官も)は、幾ら違法、適用される法の所管は行政機関、と証明されても理解不可能なのです」

3、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所、弁護士、弁護士会は「行政所管法律による刑事罰則適用の可否は、法を所管する行政機関に照会を掛け、得た答えで刑事罰則適用の可否を決めなければならない、三権分立規定の鉄則、之も知りません」私は過去に、この鉄則を捜査刑事に求め、行政照会を掛けさせて、電気工事士法違反告発の正当性を証明させた上で送検させましたが、検事が、嫌疑ありだが不起訴、と決定を出しました。

何処から突っ込めば良いか、あまりのカルト振りに

  • 2019/09/13 06:36

@平成28年12月19日最高裁大法廷最終決定、法律規定に沿い、被相続人死去の時点で遺産は、預金も含めて凍結、代表相続人なる者も含めて相続が終わるまで、遺産は動かす事禁止、新民法第909条、遺産となった預金の仮支払請求を、相続人が被相続人、相続人、遺産となった預金証明沿揃えて、相続人に仮支払いしなければならない、共に警察、司法、法務省の手で即刻無効化達成、法律が無効化される法律根拠を法務大臣、最高裁長官は、文書で答える責任を負って居ます

                                令和元年9月13日

            〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8-14
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

紙智子参議院議員 小松秘書殿
TEL03-6550-0710
FAX03-6551-0710
河井克行法務大臣 大臣官房秘書課、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357

1、今回共産党、紙智子議員にも、証拠を纏めて調査、法務大臣回答を求めた「平成28年12月19日最高裁大法廷最終決定、新民法第909条2、共に速攻で法務省、司法、警察ぐるみ無効化、死人が出れば、死人による法律行為と偽り、死人の財産強奪、窃盗、詐取し放題、警察、司法他が証拠偽造、隠滅、犯罪者隠匿で”死人が、死後も法律行為を遂行と偽装達成”弁護士、裁判官、裁判所が共謀して、遺産目録も、犯罪で奪えた遺産除外、犯罪で奪い損ねた遺産だけ計上、これで相続裁判、調停、審判強制完遂しか通さない、法務省、法曹権力、警察による、司法、警察権の濫用による、遺産犯罪強奪正当化、相続権強制抹殺、之の現実の証拠複数”等を揃えて提供致しました」

2,15~17世紀頃の陰陽師、霊媒師、祈祷師等と法務省、法曹権力、警察の構成員の現実”法律行為を謳う公務”は、何も変わって居ないと立証されて居ますが、21世紀の日本国は、近代民主主義自由主義経済を軸に据えた憲法、法律規定が絶対の国家です、先ずは今回纏めた事実証拠に付いて、法務大臣、最高裁長官は、日本国憲法、法律規定を示して、合憲、合法なテロ行為、犯罪、死人は、死後も生きて法律行為を遂行出来る、行って居る、憲法、法律、最高裁決定は無効と、国民に対しても、法を記載した文書、心霊ビデオ公開で立証しなければならないのです、妻も、父に会いたがっておりますので。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4700590
ユニークアクセス:3945899
今日
ページビュー:523
ユニークアクセス:511
昨日
ページビュー:990
ユニークアクセス:950

Feed