エントリー

2019年09月16日の記事は以下のとおりです。

法に沿った経理の正しい知識

  • 2019/09/16 16:11

法律に沿った、正しい事業所の経理実務が分かって居れば、十和田おいらせ農協が、義父が死去後、死人となって十和田おいらせ上北支店に来て、自分?でxx万円預金を引き出して帰った等と言う、偽造処理は出来ないから「盗まれたxx円は農協の資金です、義父の遺産となった預金は、死去時の金額が法律通り存在して居ます」

こう経理記載、処理して有る事の合法性、理由が分かります「死人が死去後、死人自身で金融機関に来て、窓口手続きや、ATMから金を引き出して帰った、正しい死人自身による、死人の預金引き出しだ」

これを、狂気しか無い人間性、犯罪に手を染めて「事実で合法だ、死人は生きており、死んだ後も預金口座取引等行い続けて居る」

こう強弁して、この犯罪が正しいと偽る為に、必要となる犯罪を、犯罪者、警察、司法、国税挙げて凶行に暴走して居る、日本の現実が狂い切って居るのです。

この司法、警察、法務省が首謀者、実行犯の権力犯罪、死人による預金引き出し、解約が日常的に行われて居て、死人は生きており、合法な死人による預金引き出しだ、が成功させられている理由には。

金融機関を監督すべき官庁、担当役人も、司法、警察、法務省と共犯だから、死人が死後も口座取引を続行して居る、と、狂い切った会計処理も「死人だろうと死後も口座取引も、預金引き出し、口座解約も出来るんだ、正しい金融機関の経理手続き、処理だ」

こう、嘘の羅列で、金融機関監督部署も、税理士、公認会計士ぐるみ、偽造三昧の手での、死人による合法な口座取引継続、犯罪も押し通されて居る、と言う事です。

金融機関の会計処理は、偽造捏造の山、之が真実だと、公に金融機関、監督官庁、国税、法務省、司法、警察が、公にこの犯罪を強要させており、事実通り認めて、正当な犯罪だ、こう嘯き、続行に走って居るのです。

最高裁大法廷最終決定、速攻無効化実現

  • 2019/09/16 13:38

神の立場であろうと、生身の人間の肉体におり、日本国籍を持って居る事を条件として、日本国内で神である事を、日本国憲法第20条の規定によって保証されて居るのであれば、日本国憲法、法律を守り、日本国内で生きて、行動して行く事は絶対の条件です。

日本国民としての肉体に存在して居て、その状態で神であるなら、日本国憲法、法律を、確信犯で蹂躙したなら、刑事罰則が適用となる犯罪行為に手を染めて、ばれたならば、刑事罰が科せられる、原則はこうです。

法曹資格者、弁護士会、検察庁、裁判所、法務省、警察は、日本人の肉体に宿る神、神の集合組織、でも有りません、それで有りながら「公式な立場、公務、業務で完全なテロ、犯罪を凶行して、犯罪を犯罪によって正当と偽り、正しい犯罪である、犯罪だが法律が適用されず、せず、犯罪を続行して行けており、犯罪行為者責任も、法を犯して免責と決め、逃げられて居る、完全な犯罪者、犯罪者集団組織による、テロ、犯罪なのです」

個人の財産所有の権利は、日本国憲法第29条から有り、守られる規定となって居ますが、法務省、警察、法曹権力は「個人の財産所有の権利も”犯罪が認められるとの、法によらない解釈、説を司法がでっち上げたから、他者の所有財産を強奪、瀬藤、詐取し放題して正しい事と、犯罪で奪われた財産、遺産を、正しい所有権者の所有権抹殺の手で存在しなくなった財産だ、こう偽造までして、犯罪者が、犯罪で手に出来た他者の財産の所有権者だ」

とまで、司法、警察、法務省が共犯で、個人の財産権蹂躙、他者の財産強奪、窃盗、詐取で手に出来れば、犯罪者に所有権が移ったと、証拠偽造の手で強制決定させて居る、日本のこれが現実です、法に無いが、解釈で、法を犯して居るが、説で正しい犯罪だ、法的合法根拠はゼロで正しい犯罪だ、これが日本中で強引に通されて居るんです。

政治もだらしが無いです「法務省、警察、法曹権力、国税が共謀して犯罪を正当rと、何の合憲、合法根拠も無いが勝手に決めて通して、犯罪で利得を得放題とさせて居るのですから”政治資金規正法違反や、公職選挙法違反も”正しい政治活動であると、解釈と説で決めて、押しとせますから”」

法務省、警察、司法が憲法、法律破壊、テロ、犯罪に凶行して、自分で自分が手を汚している犯罪も、権力悪用で免責とした、之で通されて、犯罪責任を消して通せて居るのですから、こんな連中が、公職選挙法違反、政治資金規正法違反で立件等、己の極悪権力犯罪実行事実が有るのです、やれる筈が無いのです。

司法犯罪を、犯罪により、正当化しようと

  • 2019/09/16 09:28

司法犯罪、遺産分割除外”説”遺産相続とは、相続人全員の共有財産となった遺産を「相続権無関係で、犯罪に拠ってでも遺産を奪い、犯人が所有権を得たと、法を犯して警察、司法がでっち上げで決めて、相続遺産から犯罪で奪われた遺産を、法定手続きでも消して行って居る」

こう言う、言い訳の余地など一切無い、司法、警察が首謀者の「財産強奪犯罪の強制適法化、司法、警察権力濫用、権力犯罪です」

単なる強盗、泥棒、詐欺行為ですが「この犯罪に成功して、遺産を犯罪で手に入れられれば”警察、司法権力濫用で、犯罪で奪われた遺産を、次々遺産から消して行く事で、遺産は、正しく誰かの所有財産に変わった”こう、財産権侵害犯罪を作り変えて行って居るのです」

ここまで警察、司法挙げて「死人が出れば、相続権も無関係で、遺産を強盗、窃盗、詐取し放題、遺産強奪に成功すれば、警察、司法が犯罪で奪われた遺産を、公式に遺産から消して通して居る、財産権蹂躙犯罪に暴走し続けて居るのですから」

十和田おいらせ農協が、最高裁最終決定と、新民法第909条2に従い、死んだ時点で遺産預金は凍結し、死去時の遺産預金額で遺産預金仮支払いに応じて、被相続人が死後、被相続人を偽る手で盗まれたxx円は農協の資金窃盗、犯罪被害を農協が受けている、被相続人の遺産預金は、法に沿い死去時の金額が存在しており、犯罪者側で無い相続人には、死去時の遺産預金額で引き渡します。

ここまで合法な手続き、犯罪事実証拠取り揃え、今後のXX手続き実施に動いても居るのですから「警察、司法が、農協に”司法、警察犯罪、根拠は遺産分割除外説、犯罪によって奪われた遺産預金は、遺産から除外される”この説に沿い”死人が死後預金を引き出した”こう偽造しろ」

こう強要して、に走ったとしても、早急に青森県庁農政部、農水省に犯罪の証拠等を渡して、xx、xx手続きに証拠で出せば、政治には配布済みですから、警察、司法からの、犯罪に再度走れ、強要が起きても、再犯に走らず通ると思います。

弁護士、裁判官、裁判所が共謀して、犯罪隠蔽、抹殺にも

  • 2019/09/16 09:08

義父の死去後、義父を騙り十和田おいらせ農協の資金をxx万円盗んだ事件も「弁護士、裁判官、裁判所、警察が共謀して”犯人擁護、隠匿、犯罪証拠抹殺、偽造証拠で犯罪を消しに走る、等悪行の限りを尽くして居ます”」

この司法、警察犯罪は「十和田おいらせ農協で、犯行の一部始終の証拠も揃えて有る、との事ですから、この犯罪の証拠を、監督官庁、xx、xxx等に証拠で出す、事となって居ますから、帳簿等も”十和田おいらせ農協の資金xx万円が窃盗被害に遭った”こう合法に、事実通り記録されて居ますから」

偽造した手続き書類も有りますし、犯人側は「犯行の状況、犯人偽りに走りながら”農協が勝手に犯罪に手を染めて、金を盗んでくれたんだ”こう言い張って居ますから、十和田おいらせ農協は、事実に沿った犯罪内容で、正しい実行犯特定で、公の手続きを進めて行く事が、絶対必要なのです」

犯人側の虚言を通されれば、十和田おいらせ農協は、大きな痛手を負うのですから「農協の資金xx円を、農協が盗んだ事件、こうされてしまいますから」

犯罪事実証拠も揃っている中で、司法、警察犯罪だから、司法、警察が犯罪事実、犯人を作り変えて、擦り変えて「十和田おいらせ農協が主犯、実行犯の、農協の資金窃盗事件である、之を強引に通そうと暴走して居る事に、十和田おいらせ農協も、合法を持って正面から対抗しなければ、不当な咎を負わされてしまうんですよ」

こんな司法、警察犯罪を通されれば「十和田おいらせ農協は”盗まれたxx万円も、農協の出費とさせられます、犯罪者はxx万円丸儲けで」

ここまで詳細に、最高裁が司法犯罪を認めて是正を決定、も破壊

  • 2019/09/16 08:32

平成28年12月19日、最高裁大法廷は「遺産は被相続人が死去後、相続が終わるまで”犯罪によって強奪、窃盗、詐取し放題で正しい、遺産分割除外説、之を根拠とさせて有り、正しいので、相続前に犯罪で抜けた遺産は、司法手続きでも遺産から除外して行って居る”」

この犯罪を最高裁は「法に著しく反しており、今後認めない、相続開始時に存在した遺産が、包括遺産である事に、民法第896条規定によっても疑う余地は無い、遺産分割除外説を良いとした、最高裁判決等は全て無効とし、この最終決定に沿わせ、是正する」

ここまで踏み込んで、最高裁も一緒に「相続が終わるまでの間に、盗めた遺産は犯罪者が所有権を得た、相続遺産分割除外説、之による正しい遺産泥棒入手だ、この犯罪に加担して来ました、もう止めます」

とまで、平成28年12月19日、最高裁大法廷は最終決定で認めた上で、今後遺産分割除外説は、法を著しく犯しており、禁止する、こう決定を下して居ますが。

実際には弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官、検察庁、検事、警察、法務省、公証人が共謀して、遺産分割除外説?手続きだけを、国家権力濫用テロに走り、強引に押し通して来て居ます。

相続が発生した時点で、相続遺産は相続人全員の共有遺産となるのですが「遺産相続手続きとは、遺産分割除外説強制続行司法の虚言では”相続人全員の共有遺産となった遺産を、相続権も無関係で、誰かの個人財産に移行させるだけ”だから、犯罪によって奪えた遺産は、相続人全員の共有財産から、犯罪者の所有財産に移行したので”犯罪によって奪えた未相続遺産は、相続財産から消して行って正しい」

ここまでの虚言、詭弁で、単なる強盗、窃盗、詐欺行為が正しいと「司法権力悪用で、犯罪で失われた遺産は、遺産から消す手で司法が強引に適法と偽り、押し通す事を、今も続行して居るのです」

自由主義経済破戒

  • 2019/09/16 06:22

                 @請 願 書

                                令和元年9月16日

請願相手
〒100-8960 東京都千代田区永田町1-71
衆議院事務局付
大島理森衆議院議長殿
TEL03-3581-6886
                                   請願を行う者
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                     有限会社 エッチエイハウスリメイク
                                取締役 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
                       小林武四郎、オナヨ次女、同住所
                                     山本あつ子
                            TEL011-784-4060
※最高裁が禁じたが、弁護士、裁判官、裁判所が法の蹂躙で無効とさせ、犯罪続行、犯罪は正しい説による、であれば政治資金規正法、公職選挙法違反等も、政治活動で正しい説、で免罪と出来ます
河井克行法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 この説は法を犯した内容、禁止だが、続行
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
紙智子参議院議員、小松秘書 下記犯罪公認は、政治も重大責任
FAX03-6551-0710 保護受給者相続遺産も同様窃盗で抹殺

1、大阪高裁平成27年(許)第11号 遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件を破棄し、大阪高裁に審理差し戻す、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、相続開始時に存在した包括遺産は、預金も含めて相続権者全員の共有財産とする、民法第896条による、この決定に沿わない過去の最高裁判例”法に背き抜かれた遺産は、法廷で相続を争って居ても、抜かれる度遺産から抜いて行ける等、分割対象除外説”は採用できない事から、全てこの最終決定に沿わせ、見直す。

2、ですが実際の弁護士、裁判官、裁判所、警察、検察の実務は「相続開始後でも、法を犯して手に出来た遺産預金を”分割対象除外説、最高裁最終決定で禁止判例15ページ”を無効と勝手に決めて強制採し、強制続行させ、相続権も無い犯人が、法を犯して得た利得は”正しく犯罪者が手に出来た”事とさせ、相続人全員の相続遺産から、弁護士、裁判官、裁判所、法務省、警察が共謀し、強制抹殺し続けて居ます」

※小林xxx、xxxの遺産法を犯して詐取、窃盗事件、合法な保全目的訴訟、遺産分割調停でも、阿部xx、xx氏の遺産窃盗、詐取事件、遺産分割調停事件でも「平成28年12月19日、最高裁大法廷が法を犯して居る故禁止、と決定した”遺産分割除外説”を刑事、民事共に強制適用とさせ、犯罪に手を染めて奪えた遺産は、法に背き”相続権の無い犯罪者所有”と決めた、之を警察、司法、法務省は押し通しに走って居る、証拠も添え、伝えて有る通りです」

3、小林xxxが死去した平成29年11月7日の2日後、十和田おいらせ農協上北支店に、次男と同行した娘が「xxx課長と共謀し、xxxが死去後上北支店に来て、窓口手続きによって預金xxx万円を引き出し、帰ったと偽装して、金を盗んだ事件、次男が偽造委任状で暗躍させて、裁判官、裁判所も認めている事件でも”この弁護士と裁判官は、十和田おいらせ農協からxxxは、死去後xxx万円引き出した、遺産預金はxxx万円減じた”と、遺産目録偽造、強制適用に走っている、分割対象除外説採用?犯人は相続権も無いので、完全な泥棒ですが”この事実隠蔽目論見で、裁判官、裁判所が次男は字も書ける、と虚偽事実強制でっち上げ、伝えて有る通りです」

4、十和田おいらせ農業協同組合は、下記の手続きを進めていると、本部金融部長から聞いております。

xx金融部長ー十和田おいらせ農業協同組合は、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定と、新民法第909条2を守り、小林xxxが死去した時点で存在した遺産預金額が、合法な遺産預金額としました”息子さんが作成した遺産目録が合法、       弁護士作成遺産目録、xxx氏死去後盗まれた金は、遺産から除外された、は偽造遺産目録です”当農協は合法な手続き、xxx死去時の遺産預金額で、遺産預金仮支払い致しました。

金融部長ー当農協は、法律に従い、帳簿記載通り”xxx氏の遺産預金額はx,xxx,xxx円、死去時の額存在しますので、この金額を遺産預金として相続人に支払います”窃盗犯側には、盗んだxxx万円の農協資金返金が先ず必要なので、一切渡しません”

金融部長ーこの、次男娘による、十和田おいらせ農業協同組合資金xxx万円窃盗被害事件は”違法に抜かれたxxx万円を、犯人xxxxxxxする為のxx手続きを準備中”です、上北農協事件当時在籍した全職員から、既に犯行時の状況を詳細に聞き取りして、犯行の一部始終を証明して有り、xx、xx共に使います、青森県農政部、農水省にも、合わせてこれ等の証拠を渡します。

金融部長ー証拠書類も渡して有る通り、実行したのは次男の娘です、次男は上北支店に娘と来て”父が死んだ、預金通帳、印鑑を手に入れたから、入って居るx,xxx,xxx円全部を渡せ”と喚き、脅しました、職員が脅しの剣幕に怯えたのと、次男の重度障害も有り、xxx課長が収めるために、次男の娘に引き出し書類をxxx名で偽造させ、xxx万円の農協資金を違法に渡した、之が事件の真実です、xx手続き、県農政部、農水省への報告全てに、この事件の証拠等を渡します。

金融部長ー親族の問題ですので”相続権も無い次男の娘が、偽造書類を書いて農協資金xxx万円を盗んだ犯罪、犯罪被害ですが、次男とxxが返金すれば、と穏便に求めて来ましたが、次男側は農協からの、盗んだxxx万円返金要求を、全て蹴って来ており、xx措置に移行させる事としました、xxxx銀行の口座も、xxの経緯証拠も送って頂いて有り、xxxxx手続きと”xxxxもxxxx、xxxxxが求めていると言うので、早急に対応を致します。

金融部長ー実行犯は次男の娘です、次男は字も書けず、xxx課長は娘に偽造させて居ます、当農協は最高裁最終決定、新民法第909条2を正しく守り”盗まれた資金は農協の資金、xxx氏の預金は、死去時の額が存在して居る、死後引き出された事実は無い”これを通しました、次男等が言い張る、当農協が、次男に正しくxxx万円を差し上げた、この金はxxxさんの遺産預金資金です、等と言う事実は有りません。

金融部長ー当農協は、合法を守り遺産預金額確定と、遺産預金仮支払いを行いました”次男、弁護士、裁判官、裁判所が、死後預金を引き出した、これを次男が行った、遺産預金はxxx万円、正しく減じた、と決めようとも、当農協は法を守って、帳簿等記載通り、xxx氏死去時の額が遺産預金額、盗まれたxxx万円は農協の資金が、次男の娘によって盗まれた”この事実、合法を通して、xx、xx共にxx措置も講じて行きます。

金融部長ー当農協は、この合法手続きを侵害される恐れも強いなら、国会で証言も致します、農水省にも証拠等を渡して行くので、国会に呼んで頂きたいです。

5、札幌弁護士会、実行犯弁護士、札幌の全裁判所、裁判官、札幌検察庁、検事、道警本部は「最高裁最終決定無効化、新民法第909条2無効化実現”最高裁が禁じた分割対象除外説”を、今後も強制適用に走って居ます、被相続人4人の遺産が、この司法、警察、法務省犯罪、遺産対象除外説強制適用被害を押し通すべく、権力乱用被害対象となって居る”事実に関わる記載書面、今月14,15日北海道銀行、神議員他宛て文書、札幌家裁令和元年(家イ)第xxxx,xxxx号遺産分割調停事件相手方書面等も添えます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627487
ユニークアクセス:3881250
今日
ページビュー:1164
ユニークアクセス:646
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed