エントリー

2019年09月23日の記事は以下のとおりです。

犯罪に染まり切って居る日本の警察、司法の現実

  • 2019/09/23 16:37

相続遺産分割除外説、未相続の内に遺産は、強盗、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪者が所有権を得たと偽造で決定されて、相続人から相続権を、警察、司法、国税、法務省が共謀して強奪して、泥棒に犯罪利得を、強制的に渡して居る。

原審、大阪高裁平成27年(許)第11号、この犯罪を正しい犯罪、未相続の内に盗めた遺産預金は、合法破壊を武器とさせ、泥棒が所有権を得た、相続権者の相続権を、司法が剥奪したのだ、こう決定して有った大阪高裁決定が、最高裁大法廷により、平成28年12月19日に、原審判決破棄決定、相続遺産分割除外説は、強く法を犯しており採用出来ない。原審決定を破棄する、こう最終決定されて居ます。

ですが、未相続の内に遺産を盗めれば、警察、司法、国税、法務省他が強権発動に走り「犯罪で手に出来た遺産を、犯罪者が無税で手に出来た、ように必要な犯罪に手を染め、強制決定して通して居る、相続遺産分割除外説だ気しか、今後も日本では通させない、合憲、合法破壊に今後も暴走し続けて通す」

之に、変わらず暴走してだけ居ます、弁護士犯罪国家資格者が、この犯罪を、闇で好き放題犯罪者と共謀して、出来るように、との配慮が大きい結果です。

合法を持ち、犯罪をもう潰すと最高裁も、一旦決めたけれど「国際民主種社会の正義を破戒させて、相続遺産分割除外説、犯罪に手を染めて、遺産を強奪、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪者が手に出来た遺産の所有権を得た、と、国家権力が犯罪を重ね、偽装して決めて、相続権者から相続権を強奪して、遺産泥棒入手を成功させ続けて居る」

完全な国内外相手のテロ犯罪行為国家権力に、この国の司法、警察、国税、法務省、法務省他行政機関は、成り下がり切って居ます、公の国内外テロ、犯罪国家権力化し切って居ます。

新民法第909条2が発効した事で「死人が死後、死人自身で自分の預金を引き出した、こう偽装されて居る、警察、司法、国税、金融機関監督行政機関指揮犯罪が、破綻して行って居ます”国際社会に対しても、死人が死去後、死人自身で預金を引き出した”こう帳簿、決算書、監査報告書を偽造して、事実と偽装して有る”日本国の国家権力指揮、金融犯罪が、公にばれて居ます」

司法、警察遺産強盗制度に

  • 2019/09/23 16:08

警察、司法、国税、法務省が共謀して、合憲、合法の破壊、犯罪を国家権力悪用を武器で使い、成功に持ち込んで来て居る、未相続遺産金品、預金強奪、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪で手に出来た遺産を、弁護士、裁判官、国税庁が犯罪に走り、強引に遺産から除外して、犯罪者が所有権を得た、事と闇で決めて通して居る、未相続遺産強奪、泥棒入手制度。

この犯罪は「犯罪に成功したら、犯罪者が手に出来た遺産を、警察、司法、国税が共謀して、表から存在を抹殺して、遺産に存在して居なかったと、強引に捏造する手が最大の武器で、強制達成させて有ります」

死人を騙り、ATMから死人として金を盗めれば「警察、司法が共謀して、犯行時のビデオ映像を闇に隠します、犯人特定をさせず、死人が死後、死人自身で自分の預金を引き出したんだと、窃盗先の金融機関も、警察、司法、国税、監督機関から命じられており、帳簿、決算書、監査報告書を偽造処理までして有り」

日本中の金融機関で、死人が死去後、死人自身で窓口手続き、ATMから、死人の預金を引き出したんだと、偽造処理がなされて居るんです、完全に狂気のオカルト司法、警察テロ国家です。

大阪高裁平成27年(許)第11号、相続遺産預金が”相続遺産分割除外説が絶対だ、こう偽られ、合法に相続遺産預金分割相続を求めた相続人の訴えを棄却して有ったこの決定が、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定で破棄されて居ます”相続開始時に存在した遺産が、相続人全員が法によって分割相続する、包括遺産であるから”相続遺産分割除外説、は法を強く犯しており、採用出来ない。

ここまで最高裁は、法律を正しく適用させて、相続遺産分割除外説は今後破棄、適用されない決定を下して居ます。

ですが実際は「遺産は未相続の内に強盗、窃盗、詐取に成功すれば、警察、司法、国税、法務省他行政機関、報道が犯罪を成功させる為、権力テロ、犯罪の限りを尽くし捲り、犯罪者が犯罪で手に出来た遺産の所有者だ、相続人は、盗まれた遺産の相続権はもう無いんだ」

これを、犯罪の限りを尽くして、強引に成功に持ち込み続けて居ます「犯罪は犯罪、国家権力が犯罪者そのものであり、必要な犯罪に手を染めて、成功させて居るのです」

法律で戦う頭も無い

  • 2019/09/23 08:30

憲法、法律の正しい規定を踏まえて、社会正義に沿った行動、答えを見出して行く、近代法治国家では、当然守らなければならない事ですが。

司法、警察、報道カルト集団には「求める事が無駄、そんな常識、知識、まともが近い出来る資質は、ゼロレベルだから無理です」

相続遺産分割除外”説”が唯一絶対だから、憲法、法律規定、財産所有の権利を強引に無効化させて、正しい犯罪、未相続の内に遺産金品、預金等を盗み放題出来て、犯罪で失われた遺産は、遺産、遺産目録から弁護士、裁判官ぐるみ強制抹殺して通して居る、狂気しか無い現実です。

説ですよ、憲法、法律の規定を無効だ、と強引に偽って決めて、押し通して居る、強盗、泥棒、詐欺行為が正しいと、法を完全に犯してでっち上げで決めて、押し通して居る根拠が”説”だと言うんですから、弁護士、検事、裁判官、法務省挙げての、個人の財産権蹂躙テロの制度化の根拠が”説”なのです。

天動説、性善説、これ等と同様の「全く正しい根拠も無い、単なるカルトの思い込みでしか有りません、相続遺産分割除外説、法曹権力、法務省、国税、警察ででっち上げただけの、相続遺産分割除外説が唯一絶対の根拠だ、と言う事にして」

未相続の遺産金品、不動産、預金強盗、窃盗、詐取し放題、犯罪に成功すれば、犯罪で抜けた財産、遺産は、証拠偽造、隠滅犯罪を司法、警察、国税ぐるみで凶行する事で、犯罪者が無税で所有権を得た、相続権者には相続権は、もう無いんだ、偽造の限りを尽くして、犯罪で手に出来た遺産は泥棒が所有権を得て、相続遺産から抹殺した、と偽って有る。

これを常時凶行し捲り、泥棒で利得を手に出来て、合法に相続権を持って居る人間から、財産相続権を、警察、司法、国税他が、居直り強盗以下の詭弁で奪い取り、押し通して居るんです。

最高裁大法廷平成28年12月19日、この犯罪を禁じた最終決定も、全く効力が無い事とされて、相続遺産分割除外説以外、居直り強盗警察、司法テロにより、通させられて居ません。

司法、警察を名乗る犯罪国家権力

  • 2019/09/23 08:10

最早日本は、近代法治国家の仮面すら脱ぎ捨てており、犯罪によって他社の財産を強奪して、司法、警察、国税等が”財産強奪犯罪者が正しい犯罪者だ、となるように”犯罪の限りを尽くして、他者の財産強奪犯罪を消す、握る潰す悪行ばかりに暴走して居ます。

ここまでの、他者の財産強奪強制適法偽装、犯罪抹殺、犯罪者に犯罪利得所有権獲得、と、犯罪握り潰し、犯罪証拠隠匿、犯罪を消す為の偽造、犯罪は正しい、と法を破戒して決定、判決を下す、国家権力テロの限りを尽くす事で「司法書士、弁護士犯罪の制度化が、真っ先に成り立っている訳です」

高齢者の財産強奪、窃盗、詐取し放題、死人が出れば、未相続の内に遺産金品、預金強奪、窃盗し放題で、犯罪者が犯罪利得を手に出来て「国家権力が犯罪の限りを尽くしてくれて、犯罪で手に出来た利得を、無税で犯罪者が所有権を得たと、偽装でしてくれており」

犯罪で失われた財産に付いて、正しく所有権を持って居る者の、法を持った財産所有権を剥奪して「犯罪者が、犯罪で手に出来た他者財産の所有権を得たんだ、犯罪で失われた財産緒正しい所有権者には、もう財産所有権は無いんだ」

ここまでの国家権力テロ、犯罪を、司法、警察、法務省、国税他国家権力、報道挙げて凶行し捲って居ます。

犯罪で他者の財産を強奪出来て、正しい犯罪行為による他者の財産強奪だ、こう偽装ででっち上げて、通してくれるんです、国家権力が必要な犯罪に走ってまで。

この国はとっくに、近代法治国家の仮面も脱ぎ捨て去って居ます、警察、司法が直接犯罪行為集団化して居ます、合憲、合法は間違いだ、条文通り適用されると思うな、法務省、最高裁が嘯いて居る事も、真実なのです。

単なる泥棒です

  • 2019/09/23 07:52

未相続の内に遺産金品、預金等を盗めれば、警察、司法、国税、法務省他行政機関、報道が犯罪行為者の一角なので、未相続の遺産泥棒に、直接組して犯罪を証拠隠滅、偽造捏造、犯罪適法決定、判決を出す手で消して、犯罪者が犯罪利得を得る事を、権力犯罪によって果たさせて居ます。

冤罪を生み出す手口と同様のテロ行為を、ここまで巨大な国家権力テロにより、制度化させて、強引に犯罪を成功させて居ます。

この国家権力犯罪を、国家権力濫用テロに走り、犯罪が正しいと偽り、押し通して居る”根拠”は、相続遺産分割除外説、一般国民に隠れて、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省、公証人、警察、国税が共謀して、国の闇ででっち上げただけ、の根拠?と来ています。

未相続の内に遺産金品、預金を盗めれば、国家権力が犯罪は正しい、こう偽り、通せるように「盗みに成功した未相続遺産を、次々遺産、遺産目録から抹殺して行き、相続人の相続権を、強引に抹殺するのです」

ここまでの国家権力強盗加担犯罪を重ねる事で「合法に、盗まれた遺産に相続権を持って居る相続人達には”もう相続権は存在しないんだ”こう言う虚言論法で、盗まれた相続遺産、遺産預金は犯罪者が所有権を得たから、相続権者が相続権を行使して、取り返そうとすれば」

泥棒、強盗罪が、未相続の遺産金品、預金泥棒様に対しての財産権侵害被害により、適用されるんだ、ここまでの権力テロが仕組まれて居ます。

平成28年12月19日、最高裁大法廷が「相続遺産相続除外説は、違法性が強く、もう禁止します、最高裁がこの違法を認めた判例等も、全て無効化して、相続が発生した時点で存在した遺産は、全て相続人全員の共同相続遺産だと、法を守り決めて通します」

ここまで最終決定で出したけれど、全く効力無し、弁護士犯罪利得獲得も目論見、相続遺産分割除外説、盗めた遺産は遺産、遺産目録から強制抹殺して泥棒が所有者と強制偽装し、相続人緒相続権も、強制抹殺して、之だけを押し通す事だけに暴走して居ます。

法律規定以前

  • 2019/09/23 06:40

@環境省も”無許可、古物商、産廃許可で生前整理、遺品整理委任、請負は違法故禁止”と、パンフレットも作り禁じて居ますが、記載先他は、環境省が所管法律規定で禁じても、法律等意味無し、で通して、押し通せて居る訳で、万人が同じ扱いとすべき

                                令和元年9月23日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

小泉進次郎環境大臣
TEL03-3581-3351
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電リサイクル
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課
遺品整理士認定協会
TEL0123-42-0528
FAX0123-42-0557
※道庁、道警、帯広市、報道とも歩調を揃え”古物商、産廃許可で未相続遺産物品、個人所有物所有者、排出者偽装、産廃と虚偽処理”資格
北海道新聞報道センター内山、吉田、樋口他記者
FAX011-210-5592相続遺産分割除外説も禁じられたが、無効化
植村実札幌高検検事長、地検検事正、特別刑事部
FAX011-222-7357 上記犯罪行為直接法の適用免責
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 上記犯罪”適法犯罪決定、判決で強行”秋元札幌市長、市議会、環境局、犯罪業者共犯保護、介護保険、障害福祉
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110上記行為、刑事罰適用犯罪公認
FAX011-218-5166
FAX011-218-5108
ネクステップ水島千秋社長
FAX011-210-4020
遺品整理想いで 社長
FAX011-299-7753
ルーツ・オブ・ジャパン湊源道社長
FAX011-803-6446

1、札幌市環境局には「環境省が出して居るパンフレットもあり、古物商、産廃許可を用いてや、一廃許可無しで”未相続遺産物品、個人所有物排出者偽装、産廃偽装処理等を禁じて居ます”」弁護士会、弁護士事務所も直接請け負い、下請け以下に丸投げ、犯罪処理に走って居る、三権、警察、国税、報道他が共犯の、公の犯罪、実例証拠通りです。

2、未相続遺産金品泥棒委任、請負は「最高裁大法廷平成28年12月19日最終決定、相続遺産分割除外説、未相続の内に遺産、遺産預金を盗めれば、泥棒が所有権を得たと偽り、遺産から次々除外して、正しい犯罪と偽って居る行為は、民法第896条他違反、強い法令違反行為、相続発生の時点で被相続人が所有して居る遺産は、相続人全員の共同相続遺産、之が合法に統一する」この最終決定も出ており、未相続の内に遺産金品を盗み、闇に消す行為も泥棒です。

3、ですが現在も、明日以降も「記載先等が確信犯で”未相続遺産金品、預金は、盗みに成功すれば、相続遺産分割除外説が絶対と強弁し、盗めた遺産を次々弁護士、裁判官ぐるみ、遺産、遺産目録から強制除外する手を講じ”遺産窃盗事実抹殺、相続人の相続権強制剥奪、この手で未相続遺産金品、預金泥棒を消して、犯罪者が無税で利を得て通るように、検事、検察庁、警察、国税等も職権濫用犯罪加担に走って居ます」

4、未相続遺産金品泥棒請負、死人偽装で遺産預金窃盗が入手、泥棒が所有権を得た、遺産預金は減じた、公権力犯罪共犯で通っている理由です”こう言った権力共犯犯罪により、財産権強奪犯罪、犯罪被害事実、被害者の存在が、警察、司法、国税等の共謀で消されて居る訳です”犯罪を消す為、犯罪だが、絶体刑事訴訟法による捜査せず、捜査すれば、犯罪が証明されるので。

5、無許可、産廃、古物商許可で「未相続遺産金品、個人所有物犯罪処理請負も、裁判所の不動産明け渡し強制執行を謳う強盗行為と同様に”個人の所有物処理なのに”所有者偽装で廃棄、古物売却、産廃偽装廃棄処理”で成功させて有る、御承知の通りです」

6、記載先他国家権力が「未相続の内に遺産預金、金品強奪、窃盗、詐取犯罪等を全て握り潰し、泥棒で利を得た犯人を逃がしており、死人が預金引き出し偽装、未相続遺産金品泥棒請負、個人所有物犯罪処理請負も、公に凶行して成功して居る、環境省パンフレット、帯広市遺品整理犯罪に一廃許可記事、不動産屋と弁護士事務所が、家財処理請負契約書、セットで上記権力等犯罪証明一部を確認出来ます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702770
ユニークアクセス:3947962
今日
ページビュー:858
ユニークアクセス:807
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed