エントリー

2019年09月24日の記事は以下のとおりです。

司法、警察を名乗るマフィア

  • 2019/09/24 15:32

司法、警察を名乗るが、行為事実は完全に犯罪国家権力、マフィア以上のテロ犯罪国家権力です。

死人が出たとなれば、相続権も無関係で、死人の財産強盗、泥棒、詐取に暴走し放題、上手く強奪出来た遺産は、犯罪者が所有権を得たと、警察、司法、国税、法務省がでっち上げ、偽造に走り、確定させてくれています。

悪の限りを司法、警察、国税、法務省が、国中で尽くし捲って居ます、相続遺産分割除外説、なる「死人の財産は、弁護士犯罪利得獲得用の司法犯罪で、誰であろうと強盗、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪者が所有権を得た、と司法、警察が指揮を執り、金融機関、法務局、国税他が偽造し捲って決めて通して居る」

と言う、居直り強盗以下の司法、警察、国税指揮犯罪が、日本では「絶対の犯罪相続制度で、司法、警察、国税、法務省指揮犯罪が重ねられて、強制達成させられて居るのです」

相続遺産分割除外説だけを、今後も司法、警察、国税、法務省は「唯一絶対の遺産犯罪入手手段だ、と押し通し続けると宣言し、実行し続けて居ます、結果、新民法第909条2の手続きで、相続遺産預金仮支払いを受ければ”遺産預金を正しく窃盗で手に入れた”事とされ、正しい遺産預金泥棒なので、受け取った金は、遺産預金から差し引かれて、遺産預金総額が、正しく減じて行くのです」

元々相続遺産分割除外説、遺産泥棒正当化犯罪は「死人の財産を、どんどん盗めば、弁護士、裁判官が共謀して”遺産から強制抹殺して行って居る”犯罪制度ですからね」

新民法第909条2による、遺産預金仮支払手続きにより、合法に遺産預金仮支払いを受けても「遺産預金窃盗とされる訳で”当然、仮支払いされた遺産預金は、遺産預金元金から減じられて、仮支払いを受けた人が、相続遺産から除外された資金、で手に出来るのです”」

相続が終わる寸前まで、相続遺産の総額、全部の相続遺産特定は、不可能と言う事です、どんどん遺産が盗まれて、遺産から弁護士、裁判官が消して行くのだから。

北海道銀行は「監査役、税理士、監査法人トーマツが「死人は死後も生きており、死人自身で預金を合法引き出しした、死人が死後引き出した預金は、遺産預金から減じて行く”死人が合法に死後、預金を引き出した”と、手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書を偽造で証明して有るから」この事実通り、回答文書を出します、司法、警察、国税、法務省犯罪を正当化する為に、もう後には引けないですから。

司法犯罪遺産泥棒を守る為、警察は捜査拒絶

  • 2019/09/24 15:11

司法犯罪遺産泥棒制度、遺産預金泥棒は「死人が死去後も生きており、死人となった後も死人が預金引き出し、解約手続きを行い続けて居る、合法な、預金契約者自身による預金引き出しである、死人には人格、財産権が備わっている故だ」

こう、金融機関に対しても、司法、警察、監督官庁は「司法犯罪遺産泥棒制度が、正しい犯罪だ、と偽れるように”金融機関に命じて、預金引き出し、解約手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書の偽造、行使まで、国中で行わせており”」

死人は死後も生きており、死人の手で預金引き出し、解約を死後も続けていて、合法な預金契約者、死人による預金引き出しだから、死人が死後引き出した遺産預金は、死人が引き出す度減じ続ける「相続遺産分割除外説、之による、犯罪の限りを重ねて正当と偽って有る、司法犯罪制度の闇のからくりです」

この犯罪だけを、今後も司法、警察、国税、法務省が指揮を執り、続けて行くと決めて、手を汚し放題を続行して居ます。

新民法第909条2が発効して「被相続人死去時に存在した遺産預金額が、合法な遺産預金額であるから、被相続人死去時の預金額で、相続人に仮支払金を渡す事」

この合法な制度も、一瞬で司法、警察、法務省は、無効化した、と偽り「死人による預金引き出し分を、次々差し引き続けて正しい、新民法第909条2規定、間違った法律、法律適用は不可の法律による、相続遺産預金仮支払手続きにより、渡した遺産預金は、窃盗利得なので”窃盗遺産預金とされ、相続遺産預金から抹殺されて行く、こうも決まって居ます」

つまり「新民法第909条2により、相続人が相続遺産預金の仮支払いを受ける度に、遺産預金は減じて行くと言う事です”相続遺産分割除外説”により、ずっとこうなて来て居るのですしね、遺産分割の調停、審判、訴訟中でも、遺産、遺産預金を盗み放題出来て来て、盗めた遺産は、弁護士、裁判官が次々、遺産から強制抹殺して来て、通して来て居ますから”」

新民法第909条2規定による、相続遺産預金仮支払手続きを取り、相続遺留分から受け取った遺産預金も「窃盗利得だ、と言う事にされており、正しい遺産預金窃盗なので、遺産から除外されて行く、こうなっています」

遺産預金仮支払いを、後で受けた相続人は、前に遺産預金仮支払いを受けた相続人の金額より、遺産預金額が減じている訳です、遺産泥棒入手制度絶体、が根拠でです。

逆恨み?

  • 2019/09/24 12:41

金融公庫火災保険事業が「金融公庫火災保険が適用される、マンション区画内罹災事故ですよ」

こう言い、罹災個所特定、罹災復旧工事方法の指示も行い、当社は、金融公庫火災保険契約者さんと工事請負契約を交わして、金融公庫火災保険事業で認めた通り、工事見積を作り、損保ジャパン日本興亜札幌火災新種サービス課、高垣課長に「経緯説明文書も添付して、口頭で説明もして、きちんと見積書を受け取って貰い、以後工事方法、工事金額協議をして来た、之だけです」

それなのに「自分は弁護士だ、金融公庫火災保険事業から委任を請けた、ハウスリメイクは犯罪事業者だ、何故委任したんだ、委任を切れ、金融公庫火災保険金は、契約者が思って居る金額は、払わないからな、今金額を決める作業中だ、待って居ろ」

こう施主さんに直接電話も入れて、脅して、金融公庫火災保険金踏み倒しに暴走して居ます。

当社を脅して、工事から手を引かせて、金融公庫火災保険金踏み倒しを成功させる、思いっきり火災保険金を減じる、之が目論見と、公言して、認めています。

暴力団以下です「金融公庫火災保険事業は”財務省が仕切る事業です”こんな犯罪を、契約者さん、委任工事業者に対して、直接仕掛けるのが凄いです」

財務省、国が仕掛けている犯罪です、悪逆非道を超えています、金融公庫火災保険事業が「金融公庫火災保険が適用される罹災です、請求する見積もりを作り、提出して下さい、審査致します」

これまで当社に言って置きながら「犯罪業者だ、と言い掛かりで施主を直接脅して居る、当社を冤罪に落とそうと悪事を働いています」

金融公庫火災保険が適用されないなら、初めの確認時点で終わった訳です、支払い出来る、と決定した理由が正しく有る訳です「犯罪を重ね、当社を犯罪業者だ、工事委任を取り下げさせろ、等直接脅迫に走って居る、何をしようと目論んで居るんだ?国の火災保険事業で」

緊急の捜査の求め

  • 2019/09/24 09:28

@当社に、金融公庫火災保険適用、マンション罹災被害復旧工事を委任した施主様二名と、当社に対して、財務省金融公庫火災保険事業が”火災保険期の大幅減額、踏み倒しの為、当社を犯罪者と言い掛かり、信用棄損、脅迫を弁護士に行わせ、業務妨害に走っている”事件、緊急に道警に、本事件捜査要求を、先ず出しました

                                令和元年9月24日

     金融公庫火災保険加入者、罹災者から工事委任を請けた会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
麻生財務、金融大臣、政策金融課、金融公庫、フラット35火災保険
FAX03-5251-2217
損保ジャパン日本興亜、金融公庫火災保険担当部署、高垣特命課長
TEL050-3798-3198
FAX011-251-5894

1、本日取り急ぎ、別紙を持参して、道警本部に捜査要求を出して来ました、金融公庫火災保険事業による、火災保険加入者、罹災被害者川田、三木様と当社に対する、弁護士とやらを使っての脅迫、当社を犯罪事業者と言い掛かり、委任者二名に工事委任を止めさせる、火災保険金を大きく減じる、踏み倒す目論見と明言して、犯罪を重ねて居る事実に付き、先ずは事件の概要、事実証拠を道警に提供し、金融公庫火災保険事業が言い掛かり、犯罪に走っている事実等を持ち、信用棄損、業務妨害、脅迫犯罪捜査を求めたのです。

2、今後は、当社、金融公庫火災保険加入者様から、担当警察署に被害届を出せば、公式事件捜査を受ける、と確認して来て居ます、財務省金融公庫火災保険事業による、火災保険金不当踏み倒しの為の、ここまでの犯罪です、当社も施主様も、何も法を犯しては居ません、あまりにも悪逆な犯罪被害受けです。                

公式捜査要求

  • 2019/09/24 08:41

@元金融公庫火災保険適用罹災事故案件で”当社委任者、火災保険加入者様と、工事を請け負った当社に対し、財務省事業金融公庫火災保険窓口損保ジャパン日本興亜”が、弁護士なる者を使い、言い掛かり、脅迫行為により、火災保険支払い潰しに走っております、公式な刑事訴訟法手続きを、火災保険契約者、当社、財務省金融公庫火災保険実施機関、損保ジャパン日本興亜に対し、求めます

                                令和元年9月24日

                   本件刑事訴訟法手続きを求める会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

麻生太郎副総理、財務省政策金融課、金融公庫、フラット35火災保険
TEL03-3581-7686
FAX03-5251-2217
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 証拠書類は道警本部に提供、合同捜査を願う
北海道警察本部長、生活経済、刑事1,2課
TEL,FAX011-251-0110
損保ジャパン日本興亜 金融公庫火災保険窓口、担当高垣特命課長
TEL050-3798-3198
FAX011-251-5894

1、金融公庫火災保険事業が、当社と施主様(証券番号○○○○ ○○様、○○○ ○○様)に対し、言い掛かりを持ち、脅迫を続けて”損保ジャパン日本興亜加藤課長補佐、札幌鑑定田中鑑定人が、施主様の元に出向き、録音を双方で録った上で認めた、金融公庫火災保険の適用と、罹災個所、工事方法確定を受け、当社が工事見積を作り、高垣課長に経緯を説明し、見積書が渡り、工事方法、金額協議を当社と高垣課長間で行って来た”事に対し、弁護士なる者が別紙文書と、○○様への直接電話で、言い掛かりにより脅迫を行っている事実による。

2、金融公庫火災保険事業が使っているらしい、弁護士なる者は「別紙文書記載と、○○氏への電話で”ハウスリメイクは犯罪業者だ、何故工事を委任した、手を引かせろ、○○氏の工事見積も、○○氏と同様にハウスリメイクに出させる気か、違法業者に頼む気か、手を引かせろ、金融公庫火災保険事と、罹災による損害復旧工事協議を行って居るハウスリメイクは、弁護士法第72条違反犯罪行為も行って居る、手を引かせろ”等直接脅迫に走って居ます」

3、この、国の火災保険事業による、言い掛かりを持った当社相手の名誉棄損、信用棄損行為と、業務妨害行為、施主様相手の脅迫行為に対して、道警関係部署、検察庁は、公式な刑事訴訟法手続きを取るよう求めます、関係書類は本日、道警本部生活経済課に届けます「金融公庫火災保険窓口損保ジャパンはずっと”火災保険適用がなされるし、認めた罹災個所と、工事方法も認めるが、工事費用を48万円しか払いたくないので、弁護士を使い(言い掛かりで脅迫を)色々行って居ます、ハウスリメイクに違法行為も無い事は、正しく承知して居ます」こう答えて居ます。

4、施主様は不当極まる言い掛かり、脅迫を受け続けて怯えており、本件を警察にも訴えて欲しいと求められており、この捜査要求とします。

こう言う動き

  • 2019/09/24 08:01

              札幌市共産党市議団

                                令和元年9月24日

札幌市共産党市議団
FAX011-218-5124

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                           TEL011-8784-4046
                           FAX011-784-5504

1、今後の遺産預金窃盗犯罪続行、相続遺産分割除外説のみ司法、警察、国税指揮により強制続行に付いて、下記動きも取って行きます。

2、4男、妻は”新民法第909条2の規定により、十和田おいらせ農協、青森銀行、ゆうちょ銀行に対して、遺産預金仮支払請求を行いました”

(1)十和田おいらせ農協は、義父死去時の預金額が、法により遺産預金総額、義父偽装で盗まれた200万円は、十和田おいらせの資金窃盗”4男、妻には義父死去時の預金額を渡すが、窃盗犯には200万円盗んでおり、200万円減しか認めません、こう答、死去時の額で仮支払いしてくれました。

(2)青森銀行は”死人偽装で預金窃盗が正しい”こう言い張り、犯罪で減じた残りについて、仮支払いしました(義母預金)

(3)ゆうちょ銀行は”数度脅しに来られ、義父の預金を渡せ、弁護士が就いているんだ、寄越せ”と脅迫されたが拒み、義父死去時の額が有り、この金額で仮支払いです。

3、警察、司法は「今後も、相続遺産分割除外説が唯一絶対で通す”新民法第909条2手続きで抜いた金は、この法が間違い故泥棒だ、泥棒で遺産預金を盗んだら、遺産から減じられる”との事で、4男、妻が仮支払いを受けた分は、遺産預金から正しく減じられた、ようです」

4、と言う事で「4男、妻が新民法第909条2により、仮支払いを受けた分も、次男、長女が盗んだ遺産預金と同様に”正しく遺産預金から減じられました”次男、長女がゆうちょ銀行、青森銀行から(十和田おいらせは、資金200万円窃盗被害あり故拒絶)仮支払いを受けると、4男、妻が引き出した分、遺産預金が減って居ます、遺産預金額を、仮支払い分も、次男、長女窃盗分と同じく、減らして相続です、弁護士、裁判官に、異は有ろう筈が有りません」

5、之が正しい相続遺産分割除外説のみ絶対、による、未相続遺産は、盗む度弁護士、裁判官が、遺産から減じて行く手続きの踏襲です。

司法犯罪続行、金融機関追従、法に反しており

  • 2019/09/24 06:21

@大阪高裁平成27年(許)第11号、相続遺産分割除外説を絶対とさせ、盗めた遺産預金相続遺産から強制除外、法を犯し、遺産預金を手にした人間が全部所有権を得た、この決定を、平成28年12月19日最高裁大法廷は、民法第896条他違反、大坂高裁決定破棄、以後禁止と最終決定したが、法務省、司法、警察、国税は新民法第909条2共々無効と決め、相続遺産分割除外説強制続行、死人偽装で資金窃盗常習北海道銀行は、被害者と政党関係者からの公開質問状に”この犯罪が正しい根拠を、監査役、税理士、トーマツ監査法人責任で、法を明記して文書回答する”と答えて居ます

                                令和元年9月24日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

※法務省、司法、警察は”平成28年12月19日最高裁大法廷最終決定、新民法第909条2他”全て無効、相続遺産分割除外説のみ合憲、合法、盗めた遺産は泥棒が所有権を得て、相続人は相続権喪失”十和田おいらせ農協が、上記決定、法に従った事は法を犯す悪事、こう動き続けて居ます”十和田おいらせは法を犯したと青森銀行が立証予定”

加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、保護係
TEL03-5253-1111(福田他担当28-26)
FAX03-3592-1459保護受給者相続遺産も、盗めば消せる続行十和田おいらせ農業協同組合組合長、高谷金融部長
TEL0176-56-3161
FAX0176-56-5454
東北財務局、青森財務事務所理財部阿部他、青森銀行犯罪共犯
TEL017-722-1461
FAX017-777-3177
青森県庁農政部、農業団体指導グループ尾崎統括主幹
TEL017-734-9459
FAX017-734-8138
北海道財務局理財部、園部担当
FAX011-746-0946(4335)
河井克行法務大臣、大臣官房秘書課、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 最高裁大法廷最終決定、即時無効化達成
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
青森県警本部長、1,2,3課課長
TEL,FAX017-723-4211 妻から出された被害届は?
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110未相続遺産泥棒公認、今後も続行

1、今月20日、○○○○、○○氏の相続権者○○○○氏は、政党関係者と共に、次の道銀犯罪に対し、文書回答を求めて来ました、政党関係者は連名記載、別紙名刺も渡して居ます。

回答を求めた事項ー○○○○氏の死去後、次男の息子か妻が、○○氏を偽り、道銀ATMから資金窃盗を続けた事件に関して”北海道銀行(道警、司法、税務署も)は、死人が死去後預金を引き出したと、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して偽って有り、この手で金を抜かせ、死人による正しい遺産預金引き出し、相続人次男、長女、保護受給者の相続遺産金も、この手で相続権喪失、で通して居る、拠って抜いた遺産預金は、犯人が所有権を得て、死人引き出し分減じた”これを通して居る、法を持った根拠の文書回答。

道銀が、答えを出す為の動きー監査役、担当税理士、トーマツ監査法人が公式に協議し、彼らの責任で”相続遺産分割除外説が合憲、合法との立証をなし、死人が死去後預金を引き出した、と帳簿、決算書、監査報告書を偽造し、偽って有る事は事実なので、この手続きが合憲、合法との根拠を、法を明記して、文書を出して立証する”

道銀の解釈ー新民法第909条2による、相続遺産預金仮支払請求は、死人が死去後抜いた(と偽造して有る)分、遺産預金額を差し引き続け、請求時の額で仮支払するのが合法、相続人が仮支払いを受ければ、次の相続人仮支払元金は、当然減じ続ける、被相続人死去時の預金額で仮支払いした十和田おいらせ農業協同組合は、法を犯して居る、こう解釈して居る。

道銀の解釈ー上記、死人偽装で預金減手続きが合憲、合法である事は”○○○○氏、政党関係(厚労省、札幌市保護課にも)に対し、監査役、税理士、トーマツ監査法人が責任を持って、法を明記して、合法と立証した文書を出す”保護受給者相続分抜き取りも含めて、この手で遺産預金を”死人が引き出した事と出来て、遺産から次々消して行ける、詐欺にも窃盗にも、保護費詐欺にも、道銀による背任横領にもならない、筈。

道銀の解釈ー○○○○氏死去後”次男の息子か妻が、○○氏を偽り、ATMから資金を抜き続けた証拠ビデオの開示は、今後協議します”市議会、国会から提出を求められれば、出すしか有りません。

2、名刺の政党関係者は、道銀監査役、税理士、トーマツ監査法人責任文書が出た後、党本部、衆参国会議員、他政党、厚労省、札幌市保護課に対して、回答分を持ち「相続遺産分割除外説のみ強制適用続行、警察、司法による、犯罪隠蔽、犯人隠匿の為、ビデオ映像も隠匿、抹殺でこの犯罪抹殺等事実も合わせ、政治として合憲、合法破壊事実に関し、動く予定です」

3、名詞と同じ紙にコピーして有るのは”義父母の遺産預金仮支払手続きを、妻、4男が取り、新民法第909条2規定により、十和田おいらせ農協、青森銀行(死人偽装で盗ませた残りだけ適用)ゆうちょ銀行(ここは脅されたが、死人偽装で預金窃盗拒絶、総額で仮支払)が仮支払いに動いた事に対し”偽造委任状弁護士、札幌の裁判所等と共謀し、妻、4男は新民法第909条2により、遺産預金仮支払いを受けた、窃盗犯罪だ”と、電話に加え、直接メールでも言いがかって来た証拠です。

4、妻、4男は「父母の遺産預金仮支払いを受けた事実と、次男、長女が父母の身分を偽り、金融機関資金窃盗に走り、正しい犯罪、遺産預金は盗めた分減じたと”札幌の裁判所、裁判官、弁護士会、弁護士、道警、青森県警、青森銀行、道銀が強制決定して、通している事実を持ち、遺産預金仮支払いを受けた分は、次男、長女犯罪と同じく、遺産預金から減じさせます”」

5、これを却下となれば、司法、警察、国税挙げての続行犯罪、相続遺産分割除外説絶体、新民法第909条2による遺産預金仮支払いは泥棒、泥棒による正しい遺産預金減、次の請求者は、前の請求者受領分、遺産預金は減じている、之が合法との根拠が、完全に失われます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653281
ユニークアクセス:3903617
今日
ページビュー:71
ユニークアクセス:70
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed