エントリー

2019年09月26日の記事は以下のとおりです。

新民法第909条2

  • 2019/09/26 15:22

新民法第909条2、被相続人死去の時点で存在した遺産預金が、凍結される遺産預金額、この金額をベースとさせて、相続人からの遺産預金仮支払いに応じて、法の規定の仮支払額を渡します。

相続遺産分割除外説が、新民法第909条2施行にもより、更に破綻して居ます。

相続遺産分割除外説、遺産泥棒の制度化は「未相続の内に、調停、審判、訴訟中でも遺産凍結を、弁護士、裁判官犯罪で行わせず置き、遺産、遺産預金を強奪、窃盗、詐取して行けて、上手く盗めた遺産は、弁護士の指示を受けた裁判官が、次々遺産から強制抹殺して、相続人の相続権を強奪して通して居る」

こう言う、単なる強盗、泥棒、詐欺行為を、あたかも正しい遺産所有権移転だ、と強引に偽り、通している犯罪なのです。

単なる遺産強盗、泥棒、詐取を「警察、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省、財務省、国税、報道が共犯となり”正しい遺産所有権移動である、未相続の内に盗めた遺産は、遺産から強制除外して、相続人の相続権を強制剥奪して、通して居る」

こんな犯罪なのです、ですが「新民法第909条2が施行されて、遺産預金仮支払請求手続きを、次々相続人が、死去後盗まれた遺産預金も含めて手続きを取って来た結果」

十和田おいらせ農業協同組合、北海道銀行は「被相続人が死去後盗まれた資金は、金融機関の資金窃盗であり、遺産預金は減じて居ない、盗まれた金は金融機関の資金なので、遺産預金は死去時の額存在して居ます、泥棒に窃盗金の回収を掛けます、刑事事件被害届け出も」

こう言う、合法化達成の動きに走って居るんですよ、青森銀行、警察、司法、財務省、国税は、未だ犯罪行為者側のまま。

司法、警察犯罪が崩壊し続け

  • 2019/09/26 14:44

相続遺産分割除外説、合憲、合法に完全に背き、犯罪に手を染めて遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば、犯罪に成功した者が盗めた遺産緒所有権を得た、と、国家権力が偽造を認め、重ねて強引に決めて、相続遺産から強制抹殺して、犯罪者が犯罪利得を無税で得て通るように、国家権力を悪時に使い、成功させて来て居る。

財務省、法務省、金融庁、国税、警察、弁護士会、弁護士、検察庁、検事、裁判所、裁判官が共謀して、この犯罪を強引に正当と偽り、押し通して来て居ます、税理士、公認会計士、監査法人も直接共犯です。

死んだ人には「物理的な存在権と存在が有り、財産権も備わって居る、こう偽って有り”死人は死後も預金引き出し、口座解約等を、死人自身で行って居るんだ”と、手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して、偽り、事実とさせて有るんです」

ですが、新民法第909条が施行されており、相続遺産分割除外説、単なる強盗、泥棒を通して来た、遺産強奪正当化でっち上げ説も、平成28年12月19日に、最高裁大法廷が却下して、潰して居ます、とっくに潰されて居る、司法犯罪なのです。

十和田おいらせ農業協同組合に続き、北海道銀行も遂に「死んだ人が死去後、死人自身で預金を引き出した、正しい当事者による預金引き出しだ、死人が引き出した分、遺産預金減じている、この犯罪虚言を引っ込めました」

阿部花枝さんが死去した数時間後、孫(か妻)が花枝氏を偽り、道銀ATMから盗んだ287,144円を、道銀も遂に認めたのです「死去後盗まれたお金は、道銀の負担で、花枝氏の遺産預金は死去時の金額が遺産預金額です、こう認めて、遺産預金仮支払いにも応じる、と答えて来て居ます」

当然ですが、この盗まれた287,000円の補てん資金は、北海道銀行の資金詐取です、道銀は、十和田おいらせ農協と同じく、犯人から回収が必須です。

司法、警察、国税、もう司法犯罪制度が正しい、は通らないぞ、死人が死後も生きており、死人自身で預金を引き出した、口座を解約して金を持ち帰った、こんなオカルト虚言で、もう正当化は出来ないからな。

義父の身分偽装で十和田おいらせ農協、青森銀行の資金窃盗、、阿部花枝さんの身分偽装で道銀の資金窃盗、共に金融機関の資金窃盗です、犯罪者はもう逃げられません、司法、警察で逃がす事も無理です。

緊急情報

  • 2019/09/26 13:36

@平成30年10月11日午前10時45分死去後、阿○○○さんの北海道銀行遺産預金が、二回に渡って○○さんの孫に盗まれた事件で、北海道銀行は”死後盗まれた預金は渡さぬ”の前言を翻し、遺産預金仮支払は、死去時の預金額で仮支払い、に切り替えました、十和田おいらせ農協と同じ扱いです

                                令和元年9月26日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

十和田おいらせ農業協同組合組合長、高谷金融部長
TEL0176-56-3161
FAX0176-56-5454
青森県庁農政部、農業団体指導グループ尾崎統括主幹
TEL017-734-9459
FAX017-734-8138
東北財務局青森財務事務所理財部金融監督課、阿部他共犯
TEL017-722-1461
FAX017-777-3177 青森銀行は、死人が死後預金解約
北海道財務局理財部金融監督第一課、園部他担当
FAX011-746-0946
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、保護係
FAX03-3592-1459(2826福田他)保護費詐欺事案です
河井克行法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官、合憲合法は無効、最高裁最終決定は効力ゼロ
FAX03-3264-5691
麻生財務、金融大臣、政策金融課金融、保険監督
FAX03-5251-2217 金融公庫火災保険金踏み倒す、恐喝で
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 金融機関資金窃盗、弁護士委任状は偽造
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
秋元札幌市長、市議会、市税、保護、環境、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 保護費詐欺に、遺品整理犯罪直接共犯も
青森県警本部長、1,2,3課課長
TEL,FAX017-723-4211 次男娘、妻の金融機関資金窃盗は
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110 被相続人孫らの遺産窃盗、詐取、生活保護費詐欺捜査は、今後も握り潰しますか

1、平成30年10月11日午前10時45分死去、阿○○○さんの遺産預金仮支払手続きを、北海道銀行に対し取って居る、長男阿○○○氏に、北海道銀行相続センターから電話が入りました。

道銀ー先日、遺産預金は請求時に残って居た遺産預金額で支払う、こう答えて”基本休眠預金87,000円分に対してしか仮支払しませんでしたが、当行の計算間違いでした、○○さんが死去した年月日、分の時点に存在した遺産預金は、言われて居た通り、287,144円も存在して居ます”この預金は抜かれて居ましたが、道銀が負担致します。

道銀ーそう言う事なので”追加で287,144円の遺産預金に付いても、早急に仮支払い致します”間違えて済みませんでした。

2、基本之で”十和田おいらせ農業協同組合と同じく(この件では、死去数日後に遺産年金も盗まれて居る)被相続人死去時の遺産預金額が、相続遺産預金額、この金額で相続遺産金確定”と決定しました、青森銀行(共犯青森県警、札弁連、弁護士、裁判所、裁判官、国税も)は犯罪のままですが。

3、この件は「相続人長男、次男(保護受給者、相続遺産泥棒はこの人の息子と嫁)長女(保護受給者、甥と共犯で両親の財産、遺産泥棒、詐取)次女、こうなっており”被相続人父親の遺産不動産遺留分、減殺遺留分(800万円位)○○氏の遺産年金3か月分(約36万円)も全部甥に弁護士、裁判官、裁判所、道警が法を犯し、甥夫婦が強奪、詐取したままで、犯罪を承知で手に入れさせるべく暴走して居ます”当然保護費詐欺でも有ります」

4、この一件でも「相続遺産分割除外説が根拠で、遺産、金融機関資金は相続権無関係で、犯罪により手に入れ、所有権を得られて逃げられる、司法犯罪が破綻して居ます」

法を所管して居る筈の国家権力が、弁護士犯罪用にテロ犯罪に狂奔

  • 2019/09/26 09:50

法務省、財務省、国税庁、警察、検事、検察庁、裁判所、裁判官、法を所管して居る事になており、合憲、合法しか行え無い、通せない事に、絶対これを守るべきとなって居る国家権力なのに、合憲、合法破壊、弁護士犯罪の為だと言う理由で、テロ、犯罪を法の蹂躙で成功させて居る、権力犯罪の限りを尽くし捲って居ます。

税理士、公認会計士、監査法人も共犯です、死人は死後も存在しており、死んだ後も口座取引を、死人自ら行って居ると「手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して、事実と偽って有り、ビデオ映像は”死人が死後も金融機関に来て、預金引き出し、口座解約等を行って居る”映像等無いのですから」

財務省、金融庁、警察、司法が共謀して「死人が死去後預金を引き出した、口座を解約した時のビデオ映像を隠匿、隠滅して”死人は死後も存在しており、死人自身で口座取引、預金引き出し、口座解約を行って居る、金を持ち帰って使ている”このオカルト権力犯罪虚言が正しい、事で押し通して居ます」

相続遺産分割除外説、平成28年12月19日に、最高裁大法廷が「法を強く犯しており、今後禁止、之を認めた最高裁判決も無効、法律規定通り、相続発生時に存在した遺産全てが、相続権者全員の共同相続遺産、之に統一する」

こう最終決定を出しており、何一つ効力も無い、相続遺産分割除外説なのに「法務省、財務省、国税は、司法犯罪続行、司法、警察のテロ続行宣言に追従しており、遺産強盗、窃盗、詐取犯罪者の犯罪正当化を、権力犯罪によって果たす為、悪事の限りを今も尽くし捲って居ます、遺産強盗の下僕となって、国の行政機関、司法、警察を名乗るテロ犯罪集団化し切って」

札幌市共産党市議団事務方さん「法を守り、遺産を凍結したので、使えるお金も無く困って居ます”遺産は法を犯し、闇に溶かせば良い、犯罪全て、国家権力が共犯だから、闇に消してくれる”是非報道、司法、警察、法務省、財務省、国税が、これを通させるべきです」

犯罪で利得を得ているが、司法犯罪なので課税せず

  • 2019/09/26 08:58

相続遺産分割除外説、平成28年12月19日、最高裁大法廷が、強く法を犯しており、以後禁止、之を認めた最高裁判決等も今後無効、民法第896条等に沿い、相続発生時に存在した遺産全てが、相続人全員の共有相続遺産、之に全て沿わせる。

こう決定して有りますが「法務省、財務省、金融庁、国税、司法、警察は、最高裁は飾り、最高裁大法廷最終決定にも、憲法、法律にも効力ゼロ、存在せず、今後も相続遺産分割除外説だけを、法を犯し捲って成功させる」

こう、法の破壊続行宣言も出し続けて、相続遺産分割除外説、之だけを、犯罪の限りを尽くし捲り、今も、明日からも凶行し続けるんですよ、法務省、財務省、司法、警察、国税が、権力犯罪の限りを尽くして、この犯罪を成功させるべく、テロの限りをこれからも重ねて行く、続けるのです。

元々合憲、合法根拠はゼロ、単なる強盗、泥棒、詐欺行為犯罪を、司法書士、弁護士犯罪国家資格者が、犯罪者と組み、未相続の内に遺産を強奪出来れば、犯罪の限りを国家権力が尽くして上げて、犯罪で得た利得を、無税で犯罪者の所有に移行した、と偽装して通して来て居る、と言う犯罪です。

もう国税も、相続遺産分割除外説、之を続行し続けて居る司法、警察テロ犯罪を正当と偽る為、遺産強盗、泥棒、詐取犯罪利得に、税務調査せず、課税逃れさせている事も認めています。

税務申告項目が「死んだ人の遺産を盗み、得た利得です、司法犯罪相続遺産分割除外説が根拠の、犯罪利得です、之で税務申告は、されても国税は、受けられませんしね」

ですから「相続権足の遺産泥棒の犯罪利得も、遺品整理屋が得た、相続遺産泥棒請負利得も”司法、警察、財務省犯罪、相続遺産分割除外説のみ強制続行”これに倣い、闇に溶かさせる犯罪利得、税務調査せず、徴税逃れを認める」

ここに走り続けて居るのです、もう法務省、財務省、国税、司法、警察、報道は、合憲、合法化には向けません、完全な国内外テロ犯罪国家組織化して居ますから。

ですが「もう闇ででっち上げて、唯一絶対だと偽り、強制適用させて来た、相続遺産分割除外説だけが唯一絶対の、相続遺産入手、無税で闇に消す制度だ、も通らないですから」

司法犯罪が根拠の

  • 2019/09/26 08:18

@未相続の内に遺産金品を盗み、犯罪を重ねて闇に消す、遺品整理請負、根拠は相続遺産分割除外説、最高裁が禁止した犯罪が根拠、同様の犯罪に手を染め、個人所有物を闇に消す、生前整理請負、環境省も禁止と公式通告、国税もつい樹脂、犯罪利得故合法徴税逃れも認めている、何故正しい犯罪で通るか、脱税も正しい理由共々、記載先文書回答せよ

                                令和元年9月26日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

北海道新聞社主、報道センター内山、吉田、樋口記者他
FAX011-210-5592 共産党市議団職員さん、相続遺産合法凍結実施、相続遺産分割除外説が通り、遺産闇処理可か取材すべき
遺品整理士認定協会
FAX0123-42-0557 環境省も禁じている犯罪、の資格?
秋元札幌市長、市議会、市税、環境、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 国税も”犯罪故合法課税せず”認めている
植村実札幌高検検事長、地検検事正、特別刑事部
FAX011-222-7357 相続遺産分割除外説が根拠、立件無理由
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 強制執行も同じ犯罪手法
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3,4課課長
TEL,FAX011-251-0110
※良いですね、犯罪で利得を得て、脱税も認められて、札幌市環境局共犯ですし
ネクステップ水島社長
FAX011-210-4020
ルーツ・オブ・ジャパン湊社長
FAX011-803-6446
遺品整理想いで社長
FAX011-299-7753

1、未相続遺産金品泥棒請負、生前整理なる同様の手口の犯罪請負、環境省も公式に違法、禁止、一廃許可無し、古物商、産廃許可で請負違法で禁止、とパンフレットも出して禁止して有るが、司法、警察、地方自治体、地方議会、報道が、犯罪と承知で認めて来た遺品整理請負適法根拠、相続遺産分割除外説も、平成28年12月19日、最高裁大法廷は、強く法を犯しており禁止と決定済み、記載先、札幌市長、市議会、何故未相続遺産金品泥棒請負、個人所有物犯罪処理請負が適法と偽り、通せるか、文書で法を明記し、7日以内に答える事を求めます。 

2、今では国税も「これ等の請負は、法に背いて居るので”相続遺産犯罪入手で所有権取得偽装、相続権者の相続権剥奪で成功させて有る”相続遺産犯罪入手利得と同様、犯罪利得に正しく課税すれば、相続遺産分割除外説を続けている司法の所業が破綻する故、故意に税務調査、合法課税逃れさせて居ます」と認めています。

3、秋元市長、市議会、市税、環境「これ等犯罪業者を下請けで、実務丸投げで使い、みかじめを得ている、市職員現職、元職が運営する環境事業公社の所業も、何故合法か、脱税も認めて通している以上、7日以内に文書で答える事を求めます」                       

ここまで国家権力が犯罪共犯に堕ち切って

  • 2019/09/26 07:42

ここまで日本の国家権力は「相続遺産分割除外説、等と言う”弁護士犯罪を成立させる為にでっち上げただけ”の戯言が正しいと偽装して、犯罪を成功させるべく、持てている国家権力を悪時に使い、犯罪者を逃がして、犯罪を成功させると暴走し捲って居るのです”」

相続遺産分割除外説、天動説と一緒の「カルトの教義です、カルト司法のでっち上げただけ、の教義が唯一絶対r正しい、憲法、法律は間違いで適用されぬ、この司法カルト虚言を成立させると、持てている国家権力を、犯罪を正当化偽装の為だけに悪用し捲って、司法犯罪を成立させて居ます。

この司法オカルト協議「日本国憲法、法律を無効とでっち上げ、絶体とねつ造しただけの教義は、最高裁大法廷が、平成28年12月19日に、完全に法を犯しており、以後禁止、この説を認めた最高裁判決も、全て無効化するとまで、公式決定して有ります」

つまり、とっくに相続遺産分割除外説、之を唯一絶対と偽り、必要となっている犯罪を重ねて、未相続の内に遺産を強奪、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪者が犯罪で手にした遺産の所有権を得た、事と偽り、犯罪者が犯罪で手に出来た遺産は、弁護士、裁判官、裁判所、警察、国税が「犯罪によって遺産から強制的に抜き、相続権者が法に沿い、盗まれた遺産を相続出来るように、泥棒に回収を掛けると」

脅迫、恐喝罪が成立してしまう、ここまでの司法、警察、国税犯罪が仕組まれて来て居るけれど「根拠は”相続遺産分割除外説”これだけですからね、最高裁大法廷は、飾りで有ろうと平成28年12月19日に、この犯罪を全面禁止して居ますから”」

とっくにこんな犯罪正当化の、でっち上げただけの説は、何の効力も無くなって居るんです、単なる司法、警察、国税他、実行犯犯罪なのですよ。

国家権力のマフィア化

  • 2019/09/26 06:14

@法務省、財務省、司法、警察、国税のマフィア化が、被相続人4人の遺産、財産泥棒、強奪、詐取実例、平成28年12月19日最高裁最終決定、相続遺産分割除外説は。強く法を犯しており、以後禁止決定破壊で強制実行、金融公庫火災保険事業が弁護士とやらを使い、当社、施主様に言い掛かり、脅迫、恐喝を行って、財務省所管事業火災保険が保険金踏み倒しに走って居る事実でも、完全立証されて居ます

                                令和元年9月26日
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

※麻生副総理、金融大臣、死人が生きて口座取引続行、死人には”物理的に存在権”が有り、財産権が有る故、と偽り、金融機関の帳簿、決算書、監査報告書偽造、死人偽装で盗めた資金は無税で犯人入手、当社、施主様に弁護士を差し回し、言い掛かりで脅迫、恐喝実行は、財務省と司法が共犯ですか、監査法人の監査報告書偽造もそうですか

麻生財務金融大臣、政策金融課、金融機関、金融公庫火災保険監督
FAX03-5251-2217
損保ジャパン日本興亜札幌火災新種サービス、金融公庫火災保険
FAX011-251-5894 高垣課長、恐喝は財務省指示ですね
青森財務事務所、東北財務局理財部阿部他、金融機関偽造共犯
FAX017-777-3177
北海道財務局理財部、金融監督第一課園部他
FAX011-746-0946 次男家族による資金窃盗隠蔽、脱税も
EY新日本有限責任監査法人 青森銀行と共謀し、監査報告書も偽造
TEL022-262-0325 死人を偽装、資金窃盗、監査報告書も
FAX022-264-9480 死人が死後預金引き出し、狂気が凄い
有限責任監査法人トーマツ 北海道銀行と共犯で監査報告書偽造
TEL03-6213-1000 道銀は国政にも”死人は生きて金融取引
FAX03-6213-1005 続行出来て居る”と回答する、との事
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、保護係
FAX03-3592-1459(2826、福田他担当)保護費詐欺公認
河井克行法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 法務省、司法テロでの合憲、合法破壊立証
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 最高裁最終決定無効、下級審、弁護士が神
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456偽造署名で代理行為、資金窃盗、犯罪ですが
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 署名偽造で資金窃盗、法定代理も公認
秋元札幌市長、市議会、市税、保護、環境、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166
FAX011-218-5124 共産党市議団
青森県警本部長、1,2,3課課長
TEL,FAX017-723-4211 義父の署名偽造、資金窃盗潰し中
北海道警察本部長、生活経済、保安、1、2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110死人偽装で資金窃盗、年金詐欺他公認

1、法務省、財務省、司法、警察、国税が巨悪に手を染めて、通している事実はもう隠蔽も無理です「大阪高裁平成27年(許)第11号、相続遺産分割除外説適用決定、盗めた遺産預金は泥棒が所有権を得たので、相続遺産から除外された、他の相続人の相続権は、法によらず失われた、この決定を、最高裁大法廷は、平成28年12月19日に破棄して、相続遺産分割除外説は、強く法を犯しており、この説(天動説等、宗教の教義と一緒、合憲、合法破壊の根拠にはならない)を認めた最高裁判決も無効とし、今後適用を認めぬ、こう最終決定したが”高裁、地裁、簡裁、家裁、弁護士会、弁護士、警察こぞって最高裁は飾り、無効な最終決定、今後も相続遺産分割除外説のみ続行決定、犯罪続行、が現実なのですから」

2、私が暴いた法務省、財務省、司法、警察、国税犯罪、相続遺産分割除外説続行による権力犯罪事実に、何一つ合憲、合法によって対抗出来ない警察、司法は、犯罪を公然と凶行して、権力犯罪正当化と、私、妻、当社、施主様、抹殺に暴走して居ます「何処にも合憲、合法が無い故、でっち上げた罪状で粛清もやり放題ですから、財務省は、弁護士とやらを国家行政機関であるのに使い、脅迫、恐喝、冤罪でっち上げに走るまでになって居ますし。

3、xxxxx、xxx次男娘(次女)妻による、xxxxx死去後の、xxxの身分偽装の手で、十和田おいらせ農業協同組合資金、次女がxxx万円窃盗(証拠提供済み、農協はこの資金は農協資金窃盗と立証)同じ手で青森銀行資金xx万円余りを、次男xが窃盗、犯罪で利得を得ている事件に付いて「札幌西税務署に昨日も出向き”犯罪で得た利得だが、相続遺産分割除外説を正当化すべく、死人偽装で金融機関資金窃盗利得は、無税で逃がす、財務省、国税ぐるみの犯罪”は認められない、国税徴収法により十和田おいらせ農協、青森銀行共々調査し、犯人二名の犯罪利得に課税せよ”こう求めて来ました」

4、西税務署には「阿部xx氏の遺産預金287,000円余りと、遺産年金3か月分、約36万円を窃盗、詐取(道銀、日本年金機構が共犯)して居る、花枝氏次男の息子(共犯生活保護受給者長女、相続人)の犯罪利得と、被相続人xxxx氏の遺産不動産遺留分、減殺遺留分(800~900万円)この男が強奪に走って居る件も、相続人二名が保護受給者で、札幌市長、市議会、市保護課、弁護士、裁判官、道警が共犯の保護費詐欺他犯罪であり、小樽税務署にも追加で情報提供し、徴税に動くよう求めて有ります」

5、これ等の犯罪は「公開したように”犯罪者を隠蔽、隠匿、犯罪を成功させるべく、警察、財務局、金融庁、司法が共謀して、犯罪証拠隠蔽、抹殺、事件捏造、犯罪を適法と虚言に走って刑訴法破壊”に走って居ます」

6、十和田おいらせ農業協同組合は、xxの身分偽装でxxx万円の農協資金窃盗は、次男xと公式証明故、調査、捜査する事が出来ない、青森銀行は、次男xが犯人と認めて証拠も出して居るが、札弁連、札幌の裁判所、裁判官、偽造委任状で暗躍弁護士、青森県警、北海道警察は「この犯罪も、次男の犯行と虚言に走り、相続遺産分割除外説で正当化しようと謀っており、調査、捜査する事が出来ません」

7、阿部xx氏の遺産預金、遺産年金窃盗、詐取犯罪、阿部xx氏の遺産不動産根こそぎ強奪、被相続人次男息子と、生活保護受給者長女犯罪は、道銀、日本年金機構、道警、弁護士、札幌地裁、家裁、裁判官、札幌市長、市議会、保護課が「相続遺産分割除外説を根拠とさせ、これ等犯罪で犯人に利得を得させ、逃がす、国税も徴税を逃れさせ、犯罪を成功させると謀略に、保護世帯の相続遺産隠匿、保護世帯、身内闇入手、保護費詐欺も、この手で常時公認、と言う構図ですから」

8、財務省の事業、金融公庫、フラット35火災保険事業、財務省による「金融公庫火災保険加入者様、正当に金融公庫火災保険が、金融公庫火災保険窓口加藤課長補佐、札幌鑑定田中鑑定人が認めており適用される、罹災個所、工事方法も、彼らが決められて居るが”工事を違法で行え、合法工事金の数分の一しか払わぬ、合法工事で復旧を求めた当社を潰すべく、財務省が弁護士を使い、施主様、当社に言い掛かりを持ち、信用棄損、業務妨害、脅迫、恐喝に走って居る事件も”札弁連、所属弁護士、札幌の司法、道警他が、当社に上記等権力犯罪を立証され、憲法、法律で対抗出来ぬ故、直接ここまでの凶悪犯罪に手を染めて、暴走して居る事と、でっち上げた事件で当社を犯罪者、と言いがかった判決を下し、冤罪を成功させようとして居る、札幌地裁平成31年(ワ)第151号事件と合わせ、当社と私に冤罪を被せ、粛清に走って居るのです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702716
ユニークアクセス:3947913
今日
ページビュー:804
ユニークアクセス:758
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed