エントリー

2019年10月05日の記事は以下のとおりです。

泥棒側に就いている弁護士の遺産目録は、偽造、裁判官も共犯

  • 2019/10/05 17:54

泥棒側に就いている弁護士の遺産目録は、まあ、ほぼ全てが偽造遺産目録、盗めた遺産?を遺産から除外して有る、相続遺産分割除外説が絶対、だと虚言で言い張って、盗めた遺産?は遺産から除外された、相続遺産ではもう無い、との偽造遺産目録ばかり、でしょう。

泥棒側に就いた弁護士の偽造遺産目録は、義父の事件でも、阿部花枝さんの事件でも、上手く、司法犯罪の日常犯罪、死人が死後預金を引き出した、と偽って通せた、と勘違いした分を、遺産預金から得意になって抜いた遺産目録で、裁判官を名乗る犯罪国家資格者も、この偽造遺産目録こそ、唯一正しい遺産記載目録だ、この嘘を強制的に、合法と決定に走って居ます。

ですが「義父の事件では、十和田おいらせ農業協同組合が”義父の死去の二日後、義父の次男の娘が、上北支店から盗んだ200万円は、十和田おいらせ農協の資金窃盗であり、義父の遺産預金は、法律規定通り、死去した時点の金額が存在して居る”と公式証明を果たして居ます」

つまり、泥棒側に就いている弁護士作成遺産目録は、明確な偽造遺産目録と言う事です。

阿部花枝さんの事件でも、泥棒側に就いている弁護士の遺産目録では「盗みに成功した、と勘違いした金を、遺産から抜いて有りますが”北海道銀行から盗んだ287,000円は、北海道銀行で、当行の資金窃盗被害、阿部花枝さんの遺産預金は、死去時の金額が存在します、と公式証明して居ます”他にも年金事業資金詐取、遺産不動産減殺遺留分強盗予定に付き、遺産から強制除外、もあるけれどね」

こっちの遺産目録も、明確に偽造遺産目録です、この両方の、弁護士偽造作成遺産目録を、犯罪共犯裁判官と調停委員、札幌家裁は「合法な遺産目録である、この偽造遺産目録記載が、遺産の全てだ、と嘘を吐き、詐欺調停を成立に暴走して居ます」

ですが「盗んだ金を、遺産預金から差し引いて居るが、十和田おいらせ農協にも、北海道銀行にも、死去時の金額、法律通りに遺産預金が存在して居ます、泥棒共犯弁護士作成、偽造遺産目録は、完全な偽造証明書で、こんな偽造証明書通りの遺産相続処理は、絶対に不可能になって居ます」

金融機関資金、年金事業資金、生活保護費を、法を犯して

  • 2019/10/05 16:34

阿部花xさん死去後起きて居る、北海道銀行の資金窃盗に、年金機構資金詐取、そして「相続人4人中2名が、札幌市から生活保護を受けている、うち一人は泥棒の共犯者、本当に悪いですよね」

この犯罪も、弁護士、裁判官、調停委員、裁判所、北海道警察、国税が共犯、そして札幌市長、市議会、保護課が共犯です、三権こぞって犯罪の共犯と言う、日本の国家権力の実際が、見事顕れている、国家権力ぐるみの犯罪です。

普通であれば「北海道銀行の資金287,000円窃盗、年金事業資金3か月分、36万円以上詐取、生活保護費詐欺支給、受給、このどれか一つで”逮捕されて報道されるべき、悪質な犯罪ですが”犯罪者と委任弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、国税、報道、財務省、年金機構、何処も犯罪者と共に法を犯して居て”これらの犯罪を、公に免責しよう”と暴走して来て居ました」

北海道銀行は、当社を主体に追い込まれてしまい、盗ませた287,000円を、法に沿い阿部花枝さんの遺産預金に戻しまして、北海道銀行の資金が窃盗被害に遭った、こう合法に是正したのです。

之が行われた事で、花xさんの次男夫婦、花xさんの長女が共犯で、北海道銀行の資金287,000円を盗んだと、正しく犯罪が立証されて居ます、年金事業資金詐取も同じ犯人の組み合わせ、と。

これ等の犯罪事実、証拠は、犯罪者の共犯弁護士も、札幌地裁、家裁、裁判官も、北海道警察も法務省も総務省も厚生労働省も、当方から証拠と説明文を送って有り、詳細に知って居ます。

どう言う犯罪が、誰誰によって繰り広げられて、通されているか、詳細に把握して居るんですけれどね、これ等国家権力も。

でも「まさか十和田おいらせ農業協同組、北海道銀行が”法の規定に沿い、死去時の遺産金額を補償します、死後抜かれたのは、金融機関の資金窃盗被害です”こう、公に合法化を果たすとは、犯罪司法権力、法曹資格者成る犯罪集団には予想も出来なかったのですよ」

そうこうしている内に、上記犯罪に捜査が入り出して居ます、漸くですよ、当社の、一連の犯罪立証の数々に加え、北海道銀行も「死後抜かれた資金は、道銀の資金窃盗です、遺産預金は減じて居ません」

これを果たしましたから、嫌でももう、刑事事件で扱うしか無くなったのでは、今後日本中で、同様の司法犯罪被害実例が、司法犯罪が証明されており、司法犯罪被害許すまじ、と、司法犯罪の不当さを承知したら、種々司法犯罪糾弾の手を講じる個人、団体が増えると思います」

司法が主犯

  • 2019/10/05 16:17

新民法第909条2、この法律が施行されて「当社が根本の司法犯罪、死人の財産強盗、窃盗、詐取で犯罪者が偽造により、犯罪で得た利得の所有権を手に出来て居る、この司法犯罪を、事前に詳細に、実例証拠を揃えて事実立証して有りましたので、司法遺産強盗を、法の破壊で続行、の陰謀を潰せたようです」

相続遺産分割除外説、何の合憲、合法根拠も無い、こんな泥棒正当化虚言を絶対と偽り、未相続の内に遺産強奪、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪者が犯罪で手に出来た遺産の所有権を、犯罪の限りを国家権力、国家資格者が共謀して尽くす事で、手に出来て来て居る。

単なる泥棒ですから「泥棒によって、未相続の遺産を強奪、窃盗した事実を糊塗する為に、遺産預金が有る金融機関は”死人が、死後預金を引き出した”と、帳簿、決算書、監査報告書まで偽造して有る訳です」

死人が死んでから、自分の手で?自分の預金を引き出して、持ち帰った、口座契約者の死人による、正しい預金引き出しだ、弁護士犯罪国家権力が、犯罪を委任者と凶行して、犯罪利得を得て山分け出来るようにとの、司法権力による権力犯罪です。

犯罪を制度と偽って有るが、何処にも合憲、合法は無いですから、単なる強盗、泥棒、詐欺を、正しい遺産所有権移動だ、正しく死人が預金を引き出したんだ、と偽る必要が有るのです。

その為に、犯罪の限りを国家権力、国家資格者が共謀して尽くし捲って来て居るのです。

新民法第909条2が施行された事で「相続開始時に存在した包括遺産が、相続権者全員が分割相続出来る遺産、民法第896条規定、死んでから盗めた遺産、遺産預金は泥棒が所有権を得た、と偽り、遺産から司法が強制除外、之は犯罪そのものと、はっきりしたのです、当社の尽力によって」

泥棒と共犯の弁護士、司法書士が、死人緒財産泥棒を犯罪者と共犯で行い、犯罪利得を山分けして来て居ます、完全にばれて、犯罪証明されて居る、司法犯罪、弁護士、司法書士用犯罪です。

当社によって「死人が預金を引き出した、このカルト司法犯罪は破綻して居ます、この犯罪で盗まれた金を、金融機関は補填し出して居ます、泥棒と共犯弁護士は、盗んで山分けした金を、もう一回受け取り、山分け出来るんですよ」

司法犯罪立証を潰したくて

  • 2019/10/05 09:13

当社、私が「弁護士犯罪利得獲得用の犯罪、死人が死後預金を引き出した、と偽装して、盗めた金融機関の金を”死人が死後引き出した預金、遺産預金から消えた金だ”」

こんな司法オカルト泥棒制度を、どう言う犯罪か、詳細に公式立証して、合法に「盗まれた資金は金融機関の資金、遺産預金は、相続開始時の金額存在して居ます、こう金融機関に是正もさせて居る事が、弁護士、弁護士会、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省に取れば、こいつら全部直接犯罪行為集団故、物凄く拙い訳です」

それを糊塗したくて「偽造弁護士委任状で訴訟詐欺に走り、裁判官が”合法な弁護士委任状だ”と、嘘と承知で強制成立させた、次男と長女が原告の、札幌地裁平成31年(ワ)第151号事件、判決”私は犯罪者で、犯罪に手を染めている次男と身内、長女の犯罪は正しい、犯罪だが一切違法、犯罪では無い”判決で有るし」

金融公庫火災保険適用罹災事案で「完全な言い掛かりで弁護士連中が”当社は犯罪者だ、何故工事を委任した、切れ、と施主を脅迫等に暴走と、罹災時期を当社が偽り、火災保険金詐欺目論見請求した、と、金融公庫火災保険事業で偽装」

当社を犯罪者とでっち上げで決めて、公に弁護士連中に喧伝させて、金融公庫火災保険詐欺を捏造に暴走、冤罪捏造事件なのです。

こいつらの目論見は「こうした弁護士、裁判官犯罪捏造を武器で使い、当社と私を、冤罪で犯罪者に仕立て上げて粛清する、司法犯罪を暴かれて、逃げられなくなった時の定番、司法でっち上げ犯罪者創出、でしょうね」

こいつら司法テロ国家権力は、ここまで追い込まれて居るのです、死人が死後、死人自身で預金を引き出して居る、弁護士犯罪利得入手用犯罪が、完全に当社と私により、公式犯罪立証されて、金融機関が合法化を果たして居るから、もう言い逃れ出来ないまで破綻したので、当社と私を冤罪粛清して、司法犯罪を消そうと目論んで居るのでしょう。

死人偽装で、金融機関資金泥棒実行犯と共犯弁護士

  • 2019/10/05 08:55

今後、当社の尽力により「死人が死去後、死人自身で預金を引き出した、この手口で、犯罪利得入手を消して貰えて来ている泥棒と委任弁護士は”当社により、こうして盗まれた資金は、金融機関の資金窃盗被害、遺産預金は相続開始時の金額存在する”」

こう合法化が実現されて居る事で「泥棒に成功した犯罪者と、共犯弁護士は、盗めた金が金融機関によって補填されるので”もう一回、盗んだ金を、未相続の遺産預金相続手続き”によって山分け出来る訳です」

弁護士犯罪利得獲得用、司法、法務省、警察、国税犯罪が破綻させられたけれど「今度は”まんまと死人偽装で盗んだ金が、金融機関によって補填される事で”泥棒と共犯弁護士は、窃盗された穴埋め遺産預金を、再度手に出来てしまうのです」

泥棒と共犯弁護士が、公に”犯罪により”利を得られる、法治国家を偽って居る日本国の現実です、泥棒と共犯弁護士が、泥棒で利を得て有る上に、盗んだ金が補填されるから、再度利得を山分け出来るんですから。

完全な司法、法務省、警察、国税他共犯国家権力犯罪です「泥棒に成功して居る、死人偽装で、金融機関の資金泥棒既遂犯罪者と、共犯弁護士が”過去に死人偽装で金融機関の金を盗み、山分けして居る事実が功を奏して”再度盗んだ金を”合法な遺産相続”として手に入れ、山分け出来るんです」

遂に日本の弁護士用司法、警察、法務省、国税、報道他共犯犯罪は、泥棒と共犯弁護士が、過去に手を汚した金融機関資金窃盗、死人が預金引き出し偽装犯罪利得分、金融機関が補填するので「今度は公に”未相続遺産預金、間違って消した分金融機関が補填、の遺産預金を、今度は合法相続手続き”により、泥棒に成功した事で補填された金を、再度得られる訳です」

言い逃れは不可能

  • 2019/10/05 08:36

弁護士が遺産泥棒と共謀して、死人が死後遺産預金を引き出した、と、金融機関、税理士、公認会計士が偽造三昧しており、死人による合法遺産預金引き出し、と言う偽りが通されている結果。

死人による、死後の遺産預金引き出し、との偽りが常時通される事での、金融機関の資金窃盗利得入手、泥棒と委任弁護士で、犯罪で得た金融機関資金の山分けが、長年日本中で、大々的に行われ、強制成功させられて来て居るのです、裁判官、裁判所、国税庁、検事、検察庁、警察ぐるみの犯罪の拠って。

新民法第909条2が施行されてからも、この弁護士犯罪利得獲得用、司法他国家権力犯罪は、変わらず凶行されて来て居ますが「当社の尽力により、死人が死後預金を引き出した、と、金融機関が、税理士、公認会計士ぐるみで偽造して有る、帳簿等記録を”盗まれたのは金融機関の資金です、遺産預金は法の規定通り、死去時の金額存在して居ます”と是正し出す実例が、作られ続けるように持って来ました」

結果「死人が死後、死人自身で預金を引き出した、合法な死人による預金引き出し故、抜かれた金は、遺産から失われたのだ、この遺産目録も偽造でこう作り、司法詐欺、恐喝遺産相続法定手続きも、破綻して行って居ます」

金融機関が「法に沿い、相続開始時に存在した金額が、遺産預金額で確定です、死後抜かれた金は、金融機関の資金窃盗なので、遺産預金は減じて居ません」

こう是正して居る結果「弁護士が”死人が死後抜いた金は、遺産預金から減じた”と偽造で作った遺産目録、この偽造遺産目録しか、絶対通さず来ている裁判官、調停委員、裁判所の犯罪相続も、公に破綻して行って居ます”」

金融機関が「盗まれたのは金融機関の資金です、遺産預金が死去後、死人によって引き出された、との帳簿等処理は偽造でした、遺産預金は死去時の金額存在する、と記録も合法に変えて有ります、之を果たして居ます」

死人が死後預金を引き出した、遺産預金が減じた、この弁護士作成偽造遺産目録、裁判官が常に合法と嘘で強制公認遺産目録も、偽造とはっきり立証されて居ます「この偽造遺産目録のみ、唯一合法な遺産目録だ、弁護士の偽造遺産目録で、遺産分割を決定した、飲め、この犯罪も、もう成功しないのです」

盗まれた資金、遺産預金、死人が死後引き出し偽装で盗まれた金を、金融機関が補填した訳です、死人が死後、遺産預金を引き出したから、遺産から消えたんだ、等と言う弁護士偽造遺産目録は、合法と偽って通せる事が無くなって居ます。

腐敗の極致も超えた

  • 2019/10/05 08:17

当社の尽力により、漸く政治も公に追従し出して居る、司法犯罪遺産強盗、窃盗、詐取で犯罪者が所有権を得た、と偽装で決定され、遺産から消されて来て居る犯罪。

相続権も無関係で、死人が出れば、死人の財産を泥棒と弁護士、裁判官、調停委員、裁判所、法務省、公証人、警察、国税、金融機関、財務省、金融庁、税理士、公認会計士、報道挙げて強盗、窃盗、詐取し放題して。

「死人は死後も物理的に存在して居て、死人が死後預金を引き出した、合法な権利者による、死人による預金引き出しで、遺産預金は引き出した分減じた、相続遺産から除外された」

この偽造捏造まで、法曹権力、税理士、公認会計士等が手を汚して行い、正しい死人による預金引き出しだ、と強弁して、裁判官が決定、判決に書いて、犯罪ロンダリングを果たして来たのです。

単なる組織犯罪です、国家権力が共謀しての犯罪です、犯罪の程度はあまりにも低いけれど、国家権力、司法が頭の国家権力犯罪だから、こんなオカルト犯罪でも、常に成功させて来れたんです。

新民法第909条2が施行されて「被相続人が死去した時点で存在した包括遺産全てが、相続人全員が共同相続する遺産、民法第896条規定が、ようやく正しく適用される事と、当社の尽力によってなった訳です」

当社が種々手を打ち「被相続人死去時の遺産預金金額を、死人が死後遺産預金を引き出した、と偽造でしてある、全部の金融機関犯罪に付いて補償させるように」

之の実現にも動いて居ますが「この手が通る事により”過去に死人が死後預金を引き出した、と偽造で偽って有る犯罪実行犯と委任弁護士が、補填された遺産預金を、又手に入れられる”泥棒して置いた結果、更に金が手に入る事ともなるのです」

司法犯罪を、闇で犯罪と承知で、何の合法も無しで「法律は適用されない、弁護士用の犯罪制度だ」と強弁して、国中で犯罪し放題、犯罪者見逃し、犯罪利得無税で得放題、犯罪者と委任弁護士で、犯罪利得山分けを、司法、警察、法務省、国税が共謀して成功させて来て居る事の、新たな泥棒と委任弁護士犯罪利得山分け犯罪です。

司法犯罪崩壊

  • 2019/10/05 06:35

事件番号 札幌家裁令和元年(家イ)第xxxx,xxxx号
       遺産分割申し立て事件

                                令和元年10月5日

申立者 
相手方 xxxx外2名

〒060-0042 札幌市中央区大通西12丁目
札幌家庭裁判所調停5係ハ 井上亜弥書記官 御中
TEL011-350-4680
FAX011-222-7550

                            相手方 xxxx   印
                            相手方 xxxxx 印

               相手方書面 第四回

1、乙号注16(写し)の通り、北海道銀行は被相続人阿部花枝死去当日午後13時21分、阿部花枝xx息子(か妻)が、阿部花枝から預かって居たキャッシュカードを悪用し、北海道銀行手稲星置支店ATMから287,000円を窃盗した事件に関して、下記のとおり是正した。

2、盗まれた資金は、北海道銀行の資金窃盗被害です、阿部花枝の遺産預金は、新民法第909条2、民法第896条による通り、死去時の金額がそのまま存在するので、北海道銀行の記録を”花枝が死去後287,000円を引き出した”との間違った記録を、死去時の金額が存在する、と記録を合法に変えました、この遺産預金額と、休眠遺産預金額87,643円、普通預金6円の合算遺産預金額で、新民法第909条2による手続き、遺産預金仮支払い請求に対し、仮支払い致します。

3、今週、札幌方面xx警察署刑事から連絡が入り「北海道銀行資金287,000円窃盗と、阿部花枝の遺産年金3か月分詐取事件を、公式刑事事件で、複数の警察署の合同捜査で扱います~~」等連絡が来ている、ATMのビデオ映像で、犯人は特定されているし、花枝xx息子が、上記花枝預金口座通帳、印鑑、キャッシュカードを所持して居る事は、本人が阿部溘悦に文書を出し、認めている、又、これ等の犯罪は、本件申し立て者が共犯であるから、本件申立者も捜査対象である、札幌市から生活保護を受けて居る身で、金融機関の資金窃盗、年金資金詐取に加担する等言語道断である。

4、北海道銀行の資金窃盗は、北海道銀行が「花枝が死去後、自身でATMから預金を引き出した」との偽造記録を「北海道銀行の資金窃盗被害」と合法に直したので、被害者は相続人では無く、北海道銀行の資金窃盗被害となった、金融機関の資金窃盗と、年金事業資金詐取である。

5、現在の状況はこうなって居る、申立者と委任弁護士は、明白な偽造遺産目録を作成、行使して居て、本件裁判官、調停委員、裁判所は、上記事実分も含めて、偽造遺産目録と承知で、偽造遺産目録は合法、窃盗、詐取、強奪した遺産は、遺産から強制除外して通る、犯罪によって失われた遺産を除外させた遺産目録のみによる、本調停遺産分割を飲め、と強要して居るのである。

6、民法第896条の規定では「相続開始時に存在した包括遺産全てが、相続人全員の共同相続分割遺産、相続開始時に存在した遺産全てが、相続人全員の共同分割相続遺産、こうなって居る、当然、被相続人阿部健一の遺産不動産も、上記遺産預金、遺産年金と合わせ、相続人全員の共同分割相続遺産である」

7、よって「申立者と委任弁護士が作成した、上記遺産預金、遺産不動産を、故意に除外した遺産目録は偽造で有るし、偽造遺産目録と承知の上で”最高裁が平成28年12月31日に、全面的に禁じた相続遺産分割除外説”を根拠とさせ、偽造遺産目録を合法と偽り、本件遺産分割調停を飲ませようとして居る調停委員、裁判官、裁判所の所業は、明白な司法権力を悪用しての詐欺、恐喝行為であろう」

8、上記、刑事事件で扱われて居る遺産預金と、花枝の年金資金詐取金だけ取っても、遺産から除外させて相続を終わらせて、この金を以後どう処理する気であろうか、裁判官、弁護士職権で法を犯して手にして、申立者に渡すのであろうか?道銀資金窃盗、年金事業資金詐取に弁護士、裁判官、調停委員、裁判所が、直接加担して居る事実の合法根拠も合わせ、答を文書で求める。

9、本件も含め、調査委任したハウスリメイクの尽力により「相続開始後に盗まれた遺産預金は、過去10年分全案件”法の規定に沿い、金融機関責任で、相続開始時の金額を補償させる”通達も出させるよう、国政も共に動き出して居る」

10、相続開始後、死人が預金引き出したと偽り、遺産預金を盗めば、遺産、遺産目録から消して行く犯罪、金融機関は死人による預金引き出しと、帳簿、決算書、監査報告書を偽造して有る犯罪は、相続遺産分割除外説を絶対と偽り、犯人に就いた弁護士と裁判官、裁判所、法務省、警察、国税が、相続権無関係で、この犯行に手を染める犯人と共謀して、盗んだ金を犯人と弁護士が山分けして、国中で手を汚して来た犯罪であるが、金融機関が、この司法、法務省指揮窃盗被害資金を、今後無条件で穴埋めする訳である、泥棒と委任弁護士は、盗んだ金を補填され”相続遺産預金が復活するので”更に利を得られる訳である、泥棒と委任弁護士が、これで犯罪利得を公に得られる訳である。

添付証拠

乙注第16号証   北海道銀行文書、阿部花枝遺産預金種別  写
             遺産預金額残高証明記録文書

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627506
ユニークアクセス:3881268
今日
ページビュー:1183
ユニークアクセス:664
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed