エントリー

2019年10月07日の記事は以下のとおりです。

泥棒で稼ぐから、当然合法納税無し

  • 2019/10/07 16:49

未相続遺産泥棒、当然ですが、泥棒で利を得ており、合法納税はしません、当たり前です、闇のしのぎなのですから。

未相続の遺産を盗むと、弁護士、裁判官、裁判所、法務省、警察、国税、報道が共謀して、正しい犯罪だ、未相続の遺産は、盗めれば泥棒が無税で所有権を得て、相続遺産から消されるんだ、こう、犯罪を虚言で正当と偽装し、通されて居ます。

遺品整理請負も、この司法犯罪が大前提であり、国中の行政機関、弁護士、裁判所、警察、報道が犯罪請負業者と共謀して居て、未相続遺産泥棒委任、請負を、共に凶行し捲って居て。

当然ですが、国税も地方税部署も「泥棒をしのぎとさせて有るから、合法税務申告、納税は不要ですよ、何しろ泥棒で稼いでいるんだから、泥棒でここからこれだけ盗み、之だけ儲けが出ました、等と帳簿処理して、税務申告出来る筈が無いです」

生前整理、遺品整理、要するに犯罪請負ですから、犯罪を請け負っている連中を、司法、地方行政機関、介護系の連中、生活保護事業、不動産屋が、犯罪業者と承知の上で、実行部隊で使って居ますので、報道もこの犯罪を知った上で、正業だと虚偽宣伝、報道に走っているし。

泥棒、犯罪を請け負って居るが、使って居るのが「国家権力、公的事業が主体ですからね、報道も犯罪を隠して正業と虚偽報道、宣伝に走っているし、この連中は天下を取ったようなものです」

だから公状態にまで、生前整理、遺品整理を請け負いますよ、産廃許可と古物商許可で、物品所有者、排出者、廃棄処理区分偽造、偽装で処理します、こう宣伝もして、犯罪請負で稼ぎ、合法税務申告不可能だから、脱税し放題も認められて居るのです。

環境省も公に禁じている、市役所に環境省作成の、上記犯罪委任、請負禁止パンフレット配布まで行われて居るが、司法、行政、警察、介護系事業、不動産屋が実行部隊で使って居るので、環境省作成パンフレットも、ごみ箱行きで終わらせられて居ます。

間違っても市民に、この環境省作成パンフレット配布や、広報にそのまま掲載して、犯罪者に家財、遺産物品処理委任は違法で禁止、環境省も禁じて居ます告知は出来ないのですよ。

共犯、犯罪委任の頭が司法、行政、介護系の業者、資格者、不動産屋です、犯罪業者に犯罪を委任して居て、市民にも違法で委任も禁止、等広報出来ないのです、実行犯国家権力が、委任も請負も禁止通知、告知、自爆するだけですから。

盗んだ金融機関の資金、穴埋め後の

  • 2019/10/07 15:00

日本中で「司法書士、弁護士犯罪利得入手の為、未相続の遺産、遺産預金泥棒も”裁判官、裁判所、検察庁、検事、警察、国税、金融機関監督先、報道挙げて”制度だ、泥棒だが、司法犯罪制度だから泥棒で扱わず、盗めた遺産は泥棒が所有権を得た、と偽造で決めて、泥棒と弁護士が山分けして通して居る”」

これを長年、犯罪と承知で犯罪とせず、遺産泥棒は正しいと偽れるように、証拠偽造で成立させて来て居ます「泥棒と受任弁護士は、この犯罪で荒稼ぎし放題で、ずっと来ています」

ですが、当社と協力者の尽力により、合憲、合法が通るように変わって来ており「未相続の遺産預金窃盗は”実は、金融機関の資金窃盗被害でした、死人が死後、死人の手で遺産預金を引き出した、と偽造を重ねて偽って有りますが”実は、金融機関の資金が盗まれた事件です」

こう合法通り、金融機関が認めて「死んでから、死人が預金を引き出した、この偽造を止めて、遺産預金は、民法第896条、新民法第909条2の規定通り、相続開始時の金額存在して居ます、盗まれたのは金融機関の資金です」

と、合法手続きに切り替えて行って居ますので「泥棒の共犯弁護士と、裁判官、裁判所共犯犯罪”未相続の内に盗めた遺産、遺産預金は泥棒が所有権を得た、と偽造で決めて有る、遺産から失われたんだ”この司法犯罪が、公式破綻して居ます」

その結果「未相続の内に盗みに成功した遺産、遺産預金は遺産目録から消して、相続財産から失わせて相続手続きを、強制的に、裁判官職権で終わらせて居るんだ」

この司法強盗正当化も「盗めたはずの遺産預金は減じて居ない、金融機関の帳簿等処理合法化、の結果で”司法遺産、遺産預金泥棒が入手、遺産から強制抹殺犯罪”も、完全に破綻して居ます」

今後、金融機関が補填した、死人偽装で盗めたはずの遺産預金、泥棒側弁護士と裁判官犯罪、盗めた遺産は遺産目録から、相続遺産から強制除外、この犯罪も、全く逃げられなくなっています。

現実に金融機関の記録でも、相続開始時の遺産預金額が存在して居ます「死んでから死人が預金を引き出した、この分の遺産預金が減じた、は嘘と公にばれて、証明されて居ます、さてこの戻された遺産預金、泥棒と委任弁護士、裁判官が無くなった遺産預金だ、こう嘘で通しに走ったけれど、ちゃんと存在するんです、ここまでの司法犯罪立証に到達されて居る中で、どう言い逃れして、相続遺産で扱えるのでしょうか」

時々は

  • 2019/10/07 14:46

@荷台鋼鉄製あおりで嵩上げ、ヒアブトラッククレーン搭載10トンクラスダンプ情報

                                令和元年10月7日

北海道運輸局札幌運輸支局
木野首席陸運技術専門官
TEL011-731-7168
FAX011-712-2406

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

@荷台、鋼鉄製あおりで嵩上げ、屋根上ヒアブトラッククレーン操作機器搭載、10トンクラス産廃輸送ダンプ

;札100-は 7569

;札100-は 6131

;札100-は 6162

この3台の10トンクラスダンプ、鋼鉄製あおり、ヒアブトラッククレーン重量(4トン~)車両に加算され、積載量減されて居ますか?

死人は死去後、動ける形で物理的に存在して居ない

  • 2019/10/07 08:57

死人は死去後も、自分の意思を持ち、物理的に動ける形で存在して居る、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官、調停委員犯罪、未相続の内に遺産を強盗、窃盗、詐取に成功すれば「死んだ人が、死後も物理的に存在して居て、死人が遺産を抜いた、消したんだ、遺産は正しく失われた、遺産から強制除外を、泥棒に就いた弁護士、裁判官、裁判所で消した」

このオカルト司法犯罪も「金融機関が、当社の構成した法律理論にも負けて、死人が死後遺産預金を引き出したと、手続き書類偽造、ATM映像隠匿、帳簿、決算書、監査報告書偽造に走っており、偽って通して有るから、正し死人による遺産消失行為だ」

この司法犯罪正当化用、金融機関、税理士、公認会計士、監査法人、国税犯罪まで、金融機関は事実と認めて「民法第896条の規定と、新民法第909条2の規定を正しく適用させて”相続開始時に存在した遺産全て、遺産預金金額が、相続人全員の共同相続遺産です”と認めて」

死人が死去後、死人の手で預金を引き出した、この偽造による資金窃盗行為も認め「死去時の遺産金額を補償し出して居ます、盗まれた資金は、金融機関の資金窃盗被害です、この合法扱い、処理も行い出して居ます」

青森銀行は「死人が死後預金を引き出した、と偽造で金を盗む手は、便宜払いと言う犯罪だ、青森銀行、顧問税理士、弁護士、監査法人が共犯で、今も行い続けて居る犯罪だ、盗ませた金は返さない、泥棒から回収しろ」

こう、公に文書で認めて、公式犯罪に格上げさせて、犯罪の限りを尽くして行って居ます、青森の司法、警察も共犯です。

これ等の司法犯罪を、詳細に実例証拠を持ち、立証して、金融機関犯罪を是正させて行って居る当社と私を、弁護士とやらが「金融公庫火災保険金詐欺冤罪に落とすべく、悪事の限りを尽くして居ます”事業母体のトップ、麻生副総理が弁護士を使い、当社と施主二名に対して信用棄損、業務妨害、脅迫、強要、恐喝を委任した委任状”が出なければ、財務省も札弁連も、札幌検察庁ももっと追い込まれます」

逃げ道を失った司法犯罪集団は、当社と私を冤罪粛清する、ここに又暴走して居ます。

道警と青森県警でも

  • 2019/10/07 08:30

北海道警察本部は、阿部花枝さんの事件、北海道銀行の資金窃盗287,000円の事件と、遺産年金資金366,000円余り詐取事件、花枝さんの長女と、次男緒息子夫婦の犯行に関して、窃盗罪と詐欺罪で、公式捜査に入って居ます。

一方青森県警は、義父の事件、十和田おいらせ農業協同組債の資金200万円窃盗、義父の次男娘の犯行と、青森銀行の資金30万円余り窃盗、次男の妻の犯行を「正しい犯罪だ、何処にも被害者は居ないし、窃盗被害も存在して居ないんだ」

こう、明白な嘘を吐き、十和田おいらせ農協は「農協の資金が200万円、次男の娘によって盗まれた」と公式被害証明して居るし。

青森銀行は、沼田徹とか言う、犯罪の共犯弁護士を使い「青森銀行が確信犯で、次男の妻に盗ませた30万円余りの金は”青森銀行挙げて行って居る、便宜払いと言う泥棒だ”盗ませた金は返さない、泥棒から取り返せ」

こう言った文書を出して来て居ます「ちゃんと?窃盗金被害が生じて居ます、青森県警も、確信犯で嘘を吐き、金融機関の資金窃盗犯罪を、犯罪者と被害事実共々、司法と共謀して、握り潰しに暴走して居る訳です」

まあ「次男の身分偽造委任状で暗躍弁護士が、完全なでっち上げで作った遺産目録は”ずっとこの200万円の、十和田おいらせ農協遺産預金金額が載せられません”4,521,455円有る遺産預金金額を、2,521,455円だ、こう偽造したまま、札幌の裁判所、裁判官、札幌弁護士会ぐるみで突っ走る以外、犯罪者責任逃れ出来ませんから」

じゃあこの200万円、どうする気だ?そんな難しい事が分かる頭で有れば、こんなバカを超えた司法権力犯罪制度、でっち上げません。

司法の腐敗が極限まで

  • 2019/10/07 08:10

相続遺産分割除外説、犯罪を正当と偽るべく、ここまでのでっち上げ正当化を、司法権力の悪用を武器で使い、行って来て居ます。

義父の事件と、阿部花枝さんの事件だけでも、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官、調停委員、警察、法務省、国税等が共犯で成功させて来て有る「死人が死後預金を引き出した、年金を受け取った、この犯罪が起きて居て、正しい死人による遺産預金引き出しだ、死人が自分の遺産年金を、死後受け取ったんだ」

このオカルト犯罪で、この事件も成功させられる、と、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官、調停委員、警察、国税は、何時も通り暴走に走って来て居ますが。

義父の件では、十和田応いらせ農業協同組合が「義父の死去の二日後、上北支店から次男の娘が、義父による預金引き出し偽造書類を使い、200万円を盗んだ事件で”この200万円は、農協の資金窃盗被害、義父の相続開始時の預金額が、正しく存在して居ます”と是正して、相続遺産預金を、法の規定通り補償して居ます」

結果「次男が偽造委任状で暗躍させて居る弁護士が捏造した、義父の遺産目録”義父は、死後200万円を引き出したから、遺産預金額は2,521,455円だ”この偽造遺産目録の金額と、合法な遺産預金金額、息子作成遺産目録の金額、十和田おいらせ農協が補償して居る遺産預金金額、4,521,455円と全く合わない訳です」

札幌地裁、簡裁、家裁、裁判官、道警、青森県警は「盗めた200万円は遺産から失われた、正しい犯罪利得入手だ、被害者もいないし、犯罪も無いんだ」

こう公に強弁して、犯罪事実から抹殺に暴走して来たけれど「十和田おいらせ農協は”義父が死去後盗まれた200万円は、農協の資金窃盗被害、義父の死去時の遺産預金額が存在します、泥棒側に対して、法的手続きを取って行きます”と、公に決定して、動いています、泥棒が居るし、泥棒の被害も、被害者も存在して居ます」

この200万円は「泥棒と受任弁護士、札弁連札幌の裁判所、裁判官が共謀して”義父の遺産預金から強制抹殺に暴走して居ますが”十和田おいらせ農協の記録には、死去時の遺産預金額4,521,455円、遺産預金が存在して居ます」

この200万円の遺産預金を、泥棒と委任弁護士、札弁連、札幌の裁判所、裁判官連中は「どうする気でしょうか?又盗んで消すのか?もう無理だぞ」

司法犯罪立証、報道も共犯

  • 2019/10/07 06:11

@最高裁が平成28年12月19日に、民法第896条違反、全面禁止と最終決定した、相続遺産分割除外説、相続前に遺産を盗めれば、犯罪者が所有者、遺産から消して相続権剥奪、泥棒と弁護士で山分け制度を、今も続行して居る司法、警察、国税他、新民法第909条2施行後、当社と協力者の尽力で、死人が引き出したと偽装遺産預金を、金融機関が補填、泥棒利得が埋まって居ます、報道主犯犯罪、遺品整理請負資金も埋まります

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※上記等犯罪は、検事、検察庁、警察も直接加担、犯罪免責で成功

山下直人道警本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長遺品整理分も
TEL,FAX011-251-0110 窃盗金埋め合わせ、泥棒は正業
青森県警本部長、1,2,3課課長十和田おいらせが埋めた200万円は
TEL,FAX017-723-4211次男娘の利得、青森銀行分は妻の分
北海道新聞社主、報道センター内山、吉田、樋口記者
FAX011-210-5592
共同通信社札幌支局、記者各位
FAX011-221-8898 今後財産権侵害は正業、犯罪にあらずで
NHK札幌放送局報道部デスク 盗まれた資金穴埋め詳細も記載
FAX011-231-4997
HBCテレビ報道部中館デスク
FAX011-221-6807
STVテレビ報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-271-1535
HTB報道部デスク 遺品整理正業虚偽宣伝確信犯で続行、窃盗を
FAX011-233-6008

1、義父小林武四郎が平成29年11月7日に死去の2日後、次男と娘(次女)が十和田おいらせ農業協同組合上北支店に行き、字も書けない次男に代わり、義父の氏名を偽造した書類を使い、200万円を盗んだ事件、この資金を十和田おいらせ農協は、民法第896条、新民法第909条2により、義父の遺産預金に戻して全額補償し、犯人側に回収目的他、法的手続きを取っている事件、司法、警察、国税が共犯で暴走して居る犯罪は、下記状況です。

@十和田おいらせ農業協同組合普通預金、口座番号3532349
;遺産預金額4,521,455円、息子山本隼行政書士遺産目録記載金額、この金額、記載が合法

※次男が偽造委任状(妻が次男住所、氏名偽造)で暗躍弁護士遺産目録は、2,521,455円と偽造記載、札幌家裁は、令和元年140,141号審判事件で2,521,455円が遺産預金額、之を強制決定に暴走中、埋めた200万円を認められない、次男身分偽造弁護士委任状合法決定で訴訟、調停、審判事件多数強制合法決定もある”200万円は遺産から勝手に除外、4男、妻が二等分らしい?”司法犯罪破綻。

@青森銀行普通預金、口座番号0110094
;遺産預金額、死去時の金額302,478円で息子は計上、次男偽造委任状で暗躍弁護士、札幌地、簡裁、家裁裁判官、青森銀行は”死後盗めたので、遺産から抹殺”犯罪追及する私、次男が犯罪者と判決等。

※この件は”義父死去の8日後、次男と同行者妻が青森銀行上北支店に行き、妻が義父氏名を偽造した書類で口座解約、全額窃盗”青森銀行は、沼田徹弁護士を使い、青森銀行全店で行って居る、口座名義人身分偽造での窃盗、便宜払いなる窃盗、盗ませた金は返さぬ、泥棒から回収しろ、と文書を出して居る、青森県警、道警本部、札弁連、裁判所全ても加担犯罪。

2、平成30年10月11日午前10時45分死去阿部花枝さん死去後の、北海道銀行資金窃盗、年金資金詐欺事件、現在の状況。

@北海道銀行普通預金、口座番号0924773
;道銀資金窃盗、年金資金詐取共犯長女が委任弁護士遺産目録は”1,397円、死去時の金額は287,114円有ったが、死後盗めた金額が遺産預金、で偽造計上、札幌家裁令和元年1488,1489号遺産分割調停裁判官は、死後盗めた金は遺産から強制除外、を強制決定に暴走中。

※北海道銀行は”民法第896条、新民法第909条2規定が正しかった、死去時の遺産預金額287,144円に戻しました”と是正、窃盗犯は花枝氏次男息子(と妻、保護受給者花枝氏長女、市保護課も共犯)星置支店ATMから盗んだ、手稲警察署が、道銀資金窃盗罪で捜査開始、青森県警は、十和田おいらせ資金窃盗、青森銀行資金窃盗共、法を犯し握り潰し”この287,000円は、弁護士、裁判官が、相続遺産から強制除外”誰が、どうやって受け取るのか?。

@阿部花枝氏死去の4日後、上記犯人達は、道銀に振り込ませた遺産年金資金244,000円を、星置支店ATMから窃盗、今年に入り、花枝氏次男息子夫婦、花枝氏長女の3人と、日本年金機構新さっぽろ事務所が共犯で、花枝氏の遺産年金最後の一か月分も詐取、振込先花枝氏次男預金口座、新さっぽろ事務所が共犯は、ここの職員等も認めている”厚別警察署が、年金資金詐欺(生活保護費詐欺もある、秋元市長、市議会、保護課、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官、道警も共犯ですが)で捜査開始”。
;花枝氏長女委任弁護士遺産目録には”詐取に成功した遺産年金故、家裁、裁判官と共犯で、遺産から除外”他に平成23年3月24日死去、花枝氏夫阿部健一氏の、民法第1031条で保証されて居る遺産不動産遺留分、減殺遺留分800万円位も、弁護士、裁判官、裁判所挙げて強制踏み倒し、次男息子に全て強奪提供、に暴走中、当然合法根拠はゼロ。

3、このように「民法第896条、新民法第909条2が、当社と協力者の活躍(共産党も、札幌市議団増川事務員が、国政から担当に指名受け)で正しく適用されて行っており”死人が死後預金を引き出した”この泥棒被害金を、金融機関が金融機関の資金窃盗被害、遺産預金は相続開始時の金額、正しく存在します、と是正し出して居ます」

4、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所が主犯、死人が出たら遺産強盗、窃盗で遺産を奪い、所有権強奪、遺産から強制抹殺、この犯罪は”金融機関が口座名義人死後盗まれた金は、金融機関の資金窃盗”と是正し、遺産年金全額補償して居る事で「補填した遺産預金が”泥棒に就いた弁護士遺産目録から強制除外、裁判官も共犯で、この犯罪のみ強制適法決定”により、遺産預金から強制除外されています」司法犯罪が破綻したが、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官犯罪を認めると破滅ですから、後戻りも出来ない訳です。

5、今後過去10年分、山のように「死人が死後預金を引き出した、遺産預金から失われた、泥棒と受任弁護士で山分け出来た金、この犯罪金が、金融機関資金窃盗被害、遺産預金は、相続開始時の金額存在しました、に是正され、金融機関資金窃盗事件も表に出ます、盗んだ金は、泥棒と受任弁護士で山分け、裁判所、裁判官が共犯、も、上記犯罪共々表に出ます”埋めた遺産預金は、弁護士、裁判官が強制除外続行”弁護士、裁判官、裁判所犯罪が立証されたが、認めると破滅故」

6、このように、弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官主犯犯罪、遺産泥棒利得は遺産から強制除外、相続遺産から消す犯罪も「当社、協力者の尽力で公式破綻させました、これで更に逃げ道を失った弁護士、弁護士会は”田代耕平、根津優介弁護士とやらが表だって暴走、当社補金融公庫火災保険詐欺行為者とでっち上げる、冤罪捏造直接実行”と言う、司法冤罪創出にまで走って居ます」

7、この両名は、損保ジャパン日本興亜が窓口、事業母体、監督機関は財務省政策金融課「金融公庫、フラット35火災保険事業に対する、当社が建物罹災事故被害工事を請け負い、損保ジャパン加藤課長補佐、高垣特命課長と詳細に、契約者に録音も録らせて有り、金融公庫火災保険適用罹災を認め、罹災個所、復旧工事方法指示まで加藤課長補佐が行って居る、等確認後見積もりを出し、工事金額も高垣課長と合意して有りますが」

8、上記二弁護士は「事業母体、金融公庫火災保険トップ麻生副総理、財務省政策金融課からの下記所業委任状も無し(財務省からは、未だ共産党にも施主にも、下記犯罪委任状写しが出ません)で”契約者二名、当社工事委任者施主に電話、文書で、当社は犯罪者、工事を何故頼んだ、切れ、金融公庫火災保険金は、思う額払わない、金融公庫火災保険事業に払わせない”等、直接言い掛かりを持ち、信用棄損、業務妨害、脅迫、強要、恐喝に走って居ます”どうも”当社が虚偽罹災申告を無し、火災保険金詐欺を働いている(合法と言う録音もあるが)”と、損保ジャパンの記録偽造等が行われて居る、当社を火災保険金詐欺犯と冤罪に落とす、弁護士、弁護士会他司法の黒い目論見、のようです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4627501
ユニークアクセス:3881264
今日
ページビュー:1178
ユニークアクセス:660
昨日
ページビュー:1084
ユニークアクセス:1062

Feed