エントリー

2019年10月13日の記事は以下のとおりです。

弁護士用、国民の財産強盗制度

  • 2019/10/13 16:29

未相続の遺産、泥棒、詐欺、強盗で入手制度、制度も何も、極悪犯罪でしか有りません。

認知の人を誑かして、何も分からない事に付け込んで、財産を横領、窃盗して利を得られる制度、弁護士用犯罪の一つ。

犯罪を制度と言い換えて、個人の財産強盗が、弁護士用犯罪ででっち上げられ、国中で凶行されており「裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、金融業者監督機関、国税、報道等が、被害者に強制的に、被害を一方的に飲ませて通して居ます、居直り強盗以下の極悪国家権力犯罪が、国中を席巻して居ます」

当社、私が、この弁護士用個人の財産強盗入手制度も、詳細に犯罪と事実立証を果たした事と、死人偽装で金融機関の資金強奪、死人による正しい預金引き出しを、偽造により偽って通されて居る事まで暴き。

複数の金融機関が「死人による預金引き出しを、偽造を武器として使い、偽って有るのを是正させて、遺産預金を死去時の額に戻させ、金融機関の資金窃盗被害と、正しく改めさせた事が、物凄く拙くなった弁護士犯罪集団と、共犯の裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、国税、報道等は」

定番となって居る、弁護士指揮での冤罪でっち上げ、冤罪に落として当社と私を粛正、ここにも走って居ます、苫前町農協冤罪職員業務上横領投獄テロ、あれの手です。

ここまでの弁護士指揮、他の国家権力が、弁護士犯罪国家資格者の下僕に堕ち切り、弁護士用が主体の個人の財産強盗制度続行、犯罪を暴き、是正させている当社、私を冤罪粛清しに暴走を、今後も続行させて行く気でしょうか、政治も共犯、でなければ通る筈が無いでしょう。

狂気の沙汰、弁護士用犯罪創設、発覚後弁護士が犯罪隠蔽式

  • 2019/10/13 16:07

狂気の沙汰ですよね、弁護士用に犯罪の制度化でっち上げ、国民の財産強盗、窃盗を制度と、虚言を吐いて弁護士利権獲得に走らせて居る、犯罪だから、法の根拠はゼロで。

個人の財産強盗、泥棒に、法律根拠が有ろう筈が有りませんから、相続遺産分割除外説、だのを「法務省、司法、警察が、国の闇ででっち上げて、未相続の遺産強盗、泥棒を、特に弁護士、司法書士を使えばやり放題、盗めた遺産は、犯罪者と泥棒で山分け、無税の犯罪利得獲得」

狂気の沙汰ですが、現実です、この犯罪が、当社の調査、犯罪事実立証で表に出されて、法改正も有り、犯罪故破綻して行って居る事が拙いのと、この犯罪で稼げて来た弁護士、共謀して来て居る裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、法務省、公証人、国税、遺産預金を死人偽装で強奪し捲り、金融事業者監督機関、報道が、個人の財産、遺産強盗続行を目論見、新民法第909条2、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、相続遺産分割除外説は、民法第896条違反、法を強く犯しており、以後採用禁止最終決定毎、叩き潰しに暴走して居ます。

当然ですが、合憲、合法破壊、犯罪で利得を得放題で来て居る弁護士が、犯罪続行を果たすべく、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、法務省、国税等を指揮して居ます。

弁護士用犯罪ですからね、この犯罪事実と、犯罪を禁じられてからも、代わらず未相続遺産、個人の財産強盗、泥棒を続行して来て居る弁護士、裁判官、裁判所、法務省、公証人、警察、金融機関監督行政機関、報道、この真実が、国民に正しく知悉されてしまえば、弁護士犯罪国家資格者が一番拙い訳です、強盗、泥棒で利を得て来て居ますから。

もう相続遺産分割除外説、が合法根拠の犯罪、犯罪利得山分けだ、は言えないし、通せません、残る手は、弁護士指揮、犯罪正当化、追及者冤罪粛正テロ、だけと言う事です。

自衛隊員の方々

  • 2019/10/13 08:55

台風19号による激甚災害真っ最中の今も、昨日から政府の指示で待機して居て、夜半から出動して、愚かしくも言えに残り、水没したから助けろ、だの身勝手に騒ぐ愚か者住人の救助等に当たっておられる自衛隊員の方々、消防署職員方、本当に頭が下がります。

当然ですが、救助に当たる方々には、愚かな避難拒絶で取り残されて、勝手に助けろ、と騒いでいる愚かしい住人の何倍も、自身の身の危険が有るのです。

己の身勝手だけで、幾ら言われても「ハザードマップを見れば、河川の堤防決壊や、大雨による低地への水の流入で、何処の土地が水に浸かるか分かって居るのですから、勝手に避難を拒み、水に浸かった家から救助しろ、と騒いでいる輩の多い事に、本当に怒りを覚えます」

こんな激甚災害の中で、幾ら止めるよう言われても聞かず、車で走って水没、土砂崩れに巻き込まれた、で被害を生み出して居るアホ連中にも、本当に腹立たしい思いです。

あんな連中のせいで、水害の場所、土砂崩れ現場に派遣されて、自身の身体生命を危険に晒されて居るのです、救助に当たっている方々は。

ここまで身勝手な人間が多いんですね、日本国民も、自己責任と言う当たり前が、本当に失われ切ってしまって居るんです、自分の勝手が通らなければ、政府、他者のせい、被害者にされた、訴えた、之に走れば、弁護士、裁判官が”悪いのは政府だ、行政だ、被害を税金で補え、判決を出して、自分勝手を通す輩と、就いた弁護士を稼がせて居るのですし。

この国は、本当に末期症状です、自壊して行って居ますね、内側から国が滅んで行って居ます、自衛隊員はもう、こんな輩の身勝手の犠牲になる事も含めて、止めれば良いんですよねえ、同じ日本国民なのですから。

弁護士用犯罪、ばれれば弁護士指揮で冤罪粛清に

  • 2019/10/13 08:25

弁護士用が主体の司法、警察犯罪に走り、犯罪被害者と手を貸す者が、弁護士用司法、警察犯罪と正しく、事実証拠、法律規定を持って暴き、立証して、反撃されれば、弁護士がでっち上げを書いた意見書、弁護士用犯罪は正しい、とか、あいつは犯罪者だ、弁護士の自分が言うからだ、等の文書を、裁判官、検事、警察、報道等に出す事と。

不都合な相手を冤罪に落とす為、民事、刑事訴訟法手続き、でっち上げのオンパレードでの訴えを提起します。

そうしますと「民事裁判で、弁護士の指揮下に入って居る裁判官は”弁護士共謀犯罪との事実証拠を見ても、何の理解も出来ない事が先ず有り、弁護士の法螺話だけを一緒になって聞いて、あいつは犯罪者だ、と双方で思い込んで”でっち上げた内容を列記して、犯罪者と決まった、と判決を下すのです」

これを行い、犯罪指揮弁護士と報道が共謀して「民事の判決で、あいつが犯罪者と決まったぞ、刑事訴訟法手続きでも、犯罪者と決まった民事裁判判決を絶対の証拠で使い、有罪に落とせ」

こう大騒ぎして「検事、裁判官が”あいつは犯罪者だ、民事裁判判決で、報道で決めているから犯罪者で間違い無い、ここに走り、弁護士の冤罪指揮の通り、強引に冤罪を成立させる、之を常とさせて来て居ます」

私と会社も、この弁護士指揮冤罪粛清を成功させる為「次男の身分偽造、弁護士法定代理人委任状で暗躍弁護士が指揮を執り、先ず詐欺民事裁判、札幌地裁平成31年(ワ)第151号事件で、私が犯罪者だ、弁護士が言うから犯罪者だ、未相続遺産、他者預金は偽造他犯罪で盗んで正しい、犯罪と指弾する私が間違い、犯罪者だ」

こう、弁護士の言う通りの判決を下したけれど「十和田おいらせ農協が、帳簿上だけ”義父が死去後自身で200万円を引き出した”との偽造処理を是正して、盗まれた200万円は農協の資金窃盗です、こう公式に認めた、他が出て、弁護士指揮司法冤罪成立が困難となって居ます」

この冤罪を成立させて、未相続遺産強盗制度続行、泥棒と共犯弁護士で山分け継続、の筈だったのですけれどね、もうこの犯罪の成功は、非常に困難でしょうね、相続遺産分割除外説、が唯一の武器でしたが、これも禁じられてしまっているし。

弁護士指揮、司法冤罪を他人事と思わないように

  • 2019/10/13 08:07

弁護士用犯罪が暴かれた、一方的に被害を被せられた被害者が、合法を武器とさせて反撃に移ったら「弁護士用犯罪が正しい、こう本気で狂信してだけ居る弁護士連中、弁護士会が逆上に走り、犯罪適法化、不都合な相手の冤罪粛清に走るのです。

弁護士が指揮して、裁判官、検事、警察に「如何に弁護士用犯罪制度が正しいかと、反撃して来た被害者が、弁護士用司法犯罪を暴き、追及する者が悪人か、でっち上げの悪口を吹聴する訳です、冤罪をでっち上げて、不都合な相手を粛清しろ、と指揮を執るのです」

苫前町農協、でっち上げの女性職員顧客預金横領事件でも、この手が使われて「民事訴訟証拠でも”身元信用保険金詐欺用の冤罪”他が、詳細に立証されて居るのに、苫前町農協が委任した弁護士の意見書、何の事実証拠も、合法も無い意見書が証拠だ、こう民事裁判で判決を下して」

このでっち上げ判決が出たぞ、あいつが犯人と決まった、不起訴は間違いだ、有罪に落として投獄しろ!と、冤罪捏造弁護士と共謀した北海道新聞他が、完全な冤罪成立用プロパガンダを重ね、旭川検察審査会が「あの民事裁判資料を読んでも、全く書いてある、証明されている事実が理解不可能で」

不起訴は不当だ、起訴が相当である、と、冤罪発生装置の効力を発揮させて決めたから、犯罪事実証拠ゼロ、で再逮捕して「強制有罪確定、投獄に成功した、と言う構図でした」

当社が調査委任を請けて「事件当時と、身元信用保険金詐取に成功した当時の苫前町農協の決算書を取り、事件の真実も証明しようとしたけれど「国税庁が、この証拠開示を潰しました”金融機関で起きた?資金窃盗事件に関して、帳簿、決算書を証拠で使われれば、金融機関に行わせて居る、資金横領提供事実が公開されて、弁護士他が恩恵を受けており、拙いからです”」

私と当社を冤罪粛清しなければならない、弁護士冤罪指揮事件でも、民事で犯罪者決定判決を、弁護士の指揮で出して居ます、之を証拠で使えば、の予定な訳です。

弁護士用司法犯罪

  • 2019/10/13 07:48

弁護士が犯罪を闇で認められて、犯罪を委任者と一緒に凶行して、金を得て山分け出来て居る、相続遺産分割除外説、司法、法務省が闇ででっち上げた「未相続の内に遺産を強盗、窃盗、詐取出来れば、泥棒が所有権を得て、相続遺産から強制除外されて居る、弁護士用の犯罪、犯罪で利得を手に出来る、完全な犯罪の制度化です」

この犯罪も、弁護士が裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察を指揮して「犯罪を法の破壊で正当と言い張り、弁護士の意見書、主張?虚言が絶対と、合憲、合法の破壊で通され、成功させて有るのです」

この犯罪虚偽を重ねて、証拠隠滅、偽造を武器とさせての弁護士用犯罪、他者の財産強盗入手制度も「犯罪が正しい、弁護士が意見書を書いて出す、主張すれば”検事、裁判官、警察、関係する役所の担当役人、国税、報道が、弁護士様がおっしゃる犯罪正当化だから、犯罪だとされる法律から間違って居るんだ、正しい犯罪だ”」

こう、カルトそのものの思考形態、性根の国家権力だから「己の狂った頭で決めて”弁護士様が正しい、法律が間違って居る、犯罪者、犯罪行為が正しい、犯罪被害者、犯罪を正しく立証した者が犯罪者だ”」

こう、弁護士の犯罪成立指揮下に入って居る件時、検察庁、裁判官、裁判所、法務省他、関係している行政機関、警察、報道ぐるみ「カルトらしく己の頭で、思考力ゼロの頭で決めて、現実と、法の正しい規定など見えない頭で弁護士に盲目的に従い、弁護士指揮犯罪が正しい、こう決めて暴走する事だけが、日本国内で起きて居る訳です」

弁護士が指揮して、弁護士用犯罪も、司法冤罪の多くも「合憲、合法破壊、犯罪が正当、で通っているし、弁護士でっち上げ、指揮による、冤罪粛清も常に成功して居ます」私と当社相手に行われて居る、弁護士指揮での冤罪でっち上げ、強制成立も、苫前町農協冤罪業務上横領事件同様の、弁護士が指揮して居る、司法冤罪捏造事件です、金融公庫火災保険事業での、弁護士直接犯罪攻撃もしかりです。

弁護士が指揮を執る司法犯罪、公開されている事実

  • 2019/10/13 06:27

@憲法、法律規定破壊、犯罪で利得を得て通す、相続遺産分割除外説を闇ででっち上げて未相続遺産強奪、窃盗、詐取、主に弁護士用犯罪、金融公庫火災保険事業では、弁護士を暗躍させ、犯罪の限りで支払い潰し、合法、事実証拠で対抗されれば、司法冤罪粛清、冤罪創出も、多くが弁護士の指揮、証拠?は弁護士意見書、弁護士の意を受け、証拠、合法無しで犯罪認定判決、衆議院にも送って置きました

                               令和元年10月13日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

紙智子参議院議員会館室、小松秘書
TEL03-6550-0710
FAX03-6551-0710
日本共産党札幌市議会議員団
FAX011-218-5124
河井克行法務大臣、刑事、民事局、公証係
TEL03-3580-4111 公正証書遺言で遺留分まで強盗、相続遺 
FAX03-3592-7393 産分割除外説違法認定後も続行理由は
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111 弁護士長司法犯罪公開立証、弁護士指揮
FAX03-3264-5691 で追及者を犯罪者判決、冤罪証拠確立
高市早苗総務大臣、大臣官房
TEL03-5253-5111 弁護士偽造遺産目録、偽造で合法認定
FAX03-5253-5511 行政書士作成合法遺産目録全否定
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、保護係
FAX03-3592-1459(2826福田担当、保護受給者遺産詐取は)
麻生財務、金融大臣、政策金融課金融、保険監督
FAX03-5251-2217 弁護士犯罪指揮、火災保険金踏み倒し
損保ジャパン日本興亜北海道火災新種サービス
FAX011-251-5894加藤課長補佐、高垣課長
農林水産省経営局経営調整課、星野担当
TEL03-3502-8111(5249)
FAX03-3502-8081 十和田おいらせ農協の所業も業務上横領
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 窃盗遺産金、戻ったが偽造遺産目録正当
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 遺産泥棒が合法、遺産金戻り、泥棒が利を
秋元札幌市長、市税、保護、環境、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166遺産泥棒共犯、遺品整理、保護受給者詐欺
青森県警本部長、1,2,3課課長
TEL,FAX017-723-4211 弁護士犯罪指揮下、公務員ですが
山下直人道警本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110

1、未相続遺産強奪、窃盗、詐取で犯罪者と共犯弁護士が、犯罪利得を山分け出来て居る、相続遺産分割除外説が根拠、平成28年12月19日、最高裁大法廷が、民法第896条等違反、以後適用禁止決定も無効化で、この司法主犯、弁護士指揮犯罪を、実例証拠法律規定を持ち、公式犯罪立証した私、当社を弁護士指揮、裁判官共犯で「合法事実証拠ゼロ、弁護士の言い掛かり、でっち上げ罪状で、裁判官も犯罪者認定判決、苫前町農協職員冤罪業務上横領成立の手」

2、金融機関が「死人による預金引き出し偽装で遺産金詐取と認め、戻して、盗んだ金を金融機関資金窃盗と是正”宙に浮いた金融機関資金窃盗被害金”は、泥棒と共犯弁護士利得、司法、警察が認定」

3、こうした弁護士指揮、司法、警察、法務省他犯罪を暴かれ「金融公庫火災保険事業、財務省事業も”弁護士を暗躍させ、当社と施主相手の直接犯罪攻撃、私と当社を、弁護士指揮冤罪粛清して、弁護士用犯罪隠蔽、が目論見”弁護士が法曹、法務省他行政機関、警察組織を、法の枠外で支配、民事、刑事訴訟法事件総指揮、言いなりに事件構成、判決”実例証拠を衆議院にも渡しました」

4、これ等の弁護士指揮、弁護士用犯罪は「事実証拠、合法根拠を使われると破綻します、弁護士の意見書と、弁護士が闇で陥れる相手の悪口、虚言を、裁判官、検事に吹き込み、刑事、民事判決で有罪、敗訴決定、陥れ成立、複数の弁護士、刑事から聞かされて居ます」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653291
ユニークアクセス:3903627
今日
ページビュー:81
ユニークアクセス:80
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed