エントリー

2019年10月15日の記事は以下のとおりです。

司法、警察を名乗る強盗集団

  • 2019/10/15 16:46

個人の財産強盗、泥棒を、特に弁護士用犯罪として、合法はゼロ、で、国中で泥棒と弁護士が共犯で、警察、裁判官、裁判所、検事、検察庁、報道他が、公に凶行三昧。

この犯罪実例証拠は、掃いて捨ててもどうにも出来ないだけ、公文書証拠も山のように揃って居て、過去から今、明日以降も凶行され続けて行くのです。

単なる強盗、泥棒でしか有りません、犯罪者と共犯が弁護士他法曹権力、警察、法務省他行政機関、国税、報道等だと言うだけで、言い訳の余地のない、個人の財産強盗、泥棒です。

犯罪を凶行する際、弁護士を使い、直接弁護士に犯罪を実行させる、弁護士が直接実行犯だから「犯罪だが犯罪としない、弁護士が手を汚して居れば、犯罪は免責されて、正しい犯罪、犯罪加害行為だ、と偽って通して居る」

死んだ人の財産強盗、泥棒も、犯罪者が弁護士を使い、強盗、泥棒ですが「弁護士が直接手を汚している犯罪だから、正しい犯罪だと、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省、報道が共犯で偽り、犯罪を成功させて来て有る」

之の実例証拠も、幾つも揃って居ます、他者の財産強奪、泥棒と「相続遺産分割除外説完全禁止、もう3年も前の最高裁最終決定も有ります、弁護士用が主体の、個人の財産強盗、泥棒が、今後も完全確信犯で繰り広げられて行くのです、強盗そのものです、法曹権力、警察、法務省、報道他、共犯、実行犯国家権力揃って」

弁護士犯罪は、握り潰して逃がして来た

  • 2019/10/15 16:14

弁護士共謀犯罪は、検事、警察が共謀して「弁護士を逃がして来て居ます、羽賀研二と渡辺二郎(次郎?)が、弁護士共々恐喝を行った事件の時も”たまたま恐喝の場面で、弁護士は席を外して居た”と偽り、恐喝を直接手掛けた、と言われて居た弁護士だけ、故意に逃がしましたよね」

筧千佐子さんの事件、5人でしたか、後妻に入ったのに、連れ合いが偶然死去し続けて、公正証書遺言が有るからと、他の相続権者の遺留分、減殺遺留分まで「筧千佐子さんと直接の仲間の弁護士共々、司法遺産総取り犯罪制度により、奪えて掛け自千佐子さんと、共犯の弁護士で、無税で山分け、一人については、他の相続人に減殺遺留分を返したようですが」

この事件でも「筧千佐子さんを操って居た部分が大きかった、共犯弁護士に関して、死んだ方の財産、遺産を総取りして、山分けして、無税で逃がして貰えて居ます」

このように、犯罪者が使った弁護士による犯罪は、検事、警察、報道が、弁護士犯罪を握り潰して、共犯、実行犯の弁護士を逃がして居るんです。

ですが「義父母の遺産相続事件、阿部さんのご両親の遺産相続事件は、泥棒委任弁護士の犯罪、相続財産強盗、泥棒他犯罪実行が、はっきり公に立証出来て居ます、検事、裁判官、裁判所、警察、国税他が共犯者、之も合わせ、公に証明されて居ます」

金融公庫火災保険事業で、弁護士を直接犯罪実行役で、財務省が、麻生大臣が使っている弁護士が、犯罪を直に凶行犯罪、証拠もある弁護士犯罪共々、犯罪行為に走って来ている弁護士を、嘘、詭弁、虚言で逃がし切る、之を成功させられるかどうかでしょう、司法、警察を名乗る権力テロ、犯罪行為集団は。

遺品整理も同じ、弁護士用主体国民の財産強盗の踏襲

  • 2019/10/15 09:26

遺品整理も同じ、弁護士用が主体の、国民の財産強盗、泥棒の制度化に倣った犯罪です。

未相続の内に遺産金品を盗み、泥棒家甥業者に差し出すと「監督官庁、警察、法曹権力、国税、報道挙げて、遺産強盗、泥棒が成功するように、犯罪を共に働き、単なる泥棒を成功させてくれています」

ここまで弁護士用が主体の国家権力犯罪、未相続遺産強盗、泥棒が共犯弁護士と共に、犯罪を見逃されて無税で入手制度が、公の国家権力共犯犯罪だと立証されて居るんです、相乗りして居る遺品整理犯罪業者は、闇の犯罪を、表の犯罪に格上げさせる努力をするべきです。

ここまでの司法、法務省、警察、国税他共謀、国民の財産強盗、泥棒の制度化、合憲、合法破壊で強制成立させて有る、単なる私有財産強盗が、公にばれて、弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、国税他、直接実行犯国家権力は、全く正当化虚言も吐けなくなり切って居るんです。

この犯罪を、法律を武器で駆使して、詳細に公開犯罪証明を果たして、この犯罪制度の破壊も果たして居る私と、経営する会社を「司法ぐるみ犯罪が、逃げ道を失うまで立証されて逆上して、冤罪粛清しようと暴走して居る札幌弁護士会、弁護士連中、検事、検察庁は、もう冤罪粛清を成功させるのも難しいでしょう」

相乗り犯罪業者、遺品整理屋も、もっと公に手を汚して、無税で犯罪利得を得られるように、多少でも頭を使うべきですよ「ここまで司法主犯犯罪、国民の私有財産強盗を暴いて有ります、相乗りに留まらず、同じ犯罪を制度化させれば良いのです」

公の犯罪ですから

  • 2019/10/15 09:05

国税庁、各税務署、札幌市役所、市議会、報道、未相続の内に遺産を盗むと、泥棒と共犯弁護士が、法の破壊協力を受けられ、犯罪利得を無税で山分け、遺品整理も同じ犯罪です、公の事業と認めて居ますよね

                               令和元年10月15日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

国税庁長官
TEL03-3581-4161 西税経由
札幌西税務署長、松倉統括国税調査官
TEL011-666-5111
秋元札幌市長、市議会、環境、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 本日付け文書も添付、記載先共犯
道新社主、報道センター内山、吉田、樋口記者
FAX011-210-5592

※未相続遺産金品窃盗請負、無税で犯罪利得入手、正しい法理論?弁護士用同様犯罪を武器とさせ、伝授致します、上記が共犯の一角
ネクステップ水江千秋社長
TEL011-221-1233
FAX011-210-4020
ルーツ・オブ・ジャパン湊源道社長
TEL011-803-6445
FAX011-803-6446

1、遺品整理も同様の通り、未相続の遺産を強奪、窃盗、詐取出来れば、泥棒と共犯弁護士が、犯罪で得た利得を、無税で手に出来て居る、法の破壊を共犯国家権力、裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省、警察、国税他が共に果たして、国民の財産強盗を成功させて居ます「一部証拠書類も添えます”遺品整理請負業者、当社の助言を受けませんか”捜査機関、国税、監督官庁の共犯事実証拠も揃って居ます、是非ご相談下さい」

司法犯罪にしても、犯罪を成功させる嘘、偽造が

  • 2019/10/15 08:41

弁護士用が主体の犯罪、相続遺産分割除外説でっち上げで、未相続の内に遺産強盗に成功すれば、犯罪で抜いた遺産を相続遺産から強制抹殺して、泥棒と共犯の弁護士が、法を犯して所有権を得て通されて居る。

死人の遺産預金で有れば「死人が死後も物理的に存在して居て、死んだ人が自分で預金を引き出した、こう金融機関の記録を偽造して有るんです」

当然ですが「馬鹿を超えた嘘ですから”事件当時のビデオ映像は、絶対に証拠で使えません、表に出せません”泥棒は、死人では無い映像なので」

窓口手続きで、死人の身分を偽造した書類を書いて、金融機関の資金を金融機関の上が横領して、泥棒と共犯弁護士に差し出す犯罪は「死人が死後、自分の預金を引き出したと、帳簿、決算書、監査報告書の偽造を行って、資金横領の穴を埋めて有ります」

この犯罪の手口が、新民法第909条2の施行等により破綻して行って居ます「民法第896条規定、相続開始時に存在した包括遺産が、相続人全員の共同相続遺産である、この法律規定を守り、遺産預金仮支払いしなければならない、この合法が必須となっている法律規定です」

結果、青森銀行は、沼田徹弁護士と共謀して「犯罪を公に続行に走り、十和田おいらせ農協と北海道銀行は”帳簿上は死去時の遺産預金額に、正しく戻しました”」

合法な遺産預金金額に、帳簿上は十和田おいらせ農協、北海道銀行が戻した事で「泥棒側に就いている弁護士の遺産目録偽造が、完全立証されたのです”十和田おいらせ農協、北海道銀行の遺産預金帳簿金額が、全く合って居ないのですから”」

ですが「今更泥棒の共犯弁護士と、弁護士用犯罪共犯裁判官、裁判所は”合法遺産預金金額に戻した、金融機関の記録に合わせて是正、は出来ないのです”今までも、今も同様の偽造を、山のように行い続けて居るんですから、国民の私有財産強盗を」

金融機関が、遺産預金記録を合法に是正、弁護士偽造遺産目録是正は

  • 2019/10/15 08:10

帳簿上で有ろうと、十和田おいらせ農業協同組合と、北海道銀行は「被相続人死去の時点に存在した遺産預金金額、この金額に”死人が死んだ後、自分の預金を引き出した”との偽造記載を、合法に是正しました」

こうなって追い込まれたのが、弁護士、裁判官、検事、警察です「死人は死後、自分の手で預金を引き出して居る、死んでから死人が引き出した預金は、遺産預金から抹殺される、相続遺産分割除外説が根拠でこうなるんだ」

この、完全なでっち上げの泥棒正当化説が唯一絶対、でしたけれど「最高裁大法廷が平成28年12月19日に、この泥棒正当化説は、民法第896条違反他、以後適用禁止、最高裁もこの説を採用して来たけれど、間違いだったから取り消す」

こう決定して、布告されて居ますから「こんな泥棒正当化でっち上げ説で、泥棒を正当化させる事も、もう不可能です」

ここまで弁護士用犯罪が、詳細過ぎるだけ立証されてしまったのですが「じゃあ”弁護士が偽造した遺産目録、死人が死後遺産を抜いたから、遺産から失われた”こう偽造して有る遺産目録を、金融機関が合法に是正した、死去時に存在した遺産預金金額に是正した通り、偽造した遺産目録を、合法に是正しろ」

この当然の求めを、札幌の裁判所、裁判官、偽造遺産目録作成、行使弁護士は、未だに受付せず「死人が死後抜いた遺産預金で、正しく遺産から失われたんだ」

これを押し通そうと暴走し続けて居ます、当然ですが「金融機関が正しい遺産預金金額に是正して有る事と、全く齟齬を来してしまって居るのです」

金融機関の帳簿等記録を、法曹三者、検察庁、裁判所、警察、国税は「故意に採用しない事で、金融機関が共犯で成功させて来た、死人が死後預金を引き出した、と偽装資金横領、泥棒と弁護士にも提供犯罪も、金融機関の職員による業務上横領でっち上げ成立、も成功させて来たのです」

十和田おいらせ農業協同組合と、北海道銀行の合法に是正した遺産預金の扱い記録を、遺産分割裁判所手続きと、刑事訴訟法手続きで使われれば、弁護士、検事、検察庁、裁判所、法務省、公証人、警察、国税ぐるみで破滅します、今も同様の犯罪ばかり、この連中ぐるみ重ねて居るんですしね。

弁護士用主体、個人の財産強盗

  • 2019/10/15 06:42

@司法書士、弁護士用主体、個人の所有財産強奪、窃盗、詐取制度、金融機関と共謀し、口座名義人身分偽造で金融機関資金を泥棒と共犯弁護士用に横領提供、預金者偽装で顧客の金を盗み穴埋め、帳簿、決算書、監査報告書、遺産目録偽造、行使で、この犯罪正当裁判官、検事、警察、国税共謀によりでっち上げ決定”十和田おいらせ農協、道銀、窃盗資金補填でこの犯罪が破綻、逃げ道を失い、私と会社を、弁護士指揮冤罪粛清に暴走”今後の調査ポイント他

                               令和元年10月15日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

紙智子参議院議員会館室、小松秘書、党本部
TEL03-6550-0710
FAX03-6551-0710
日本共産党札幌市会議員団
TEL011-211-3221 この件だけでも警察、検事、裁判官、国税、
FAX011-218-5124 法務省、金融事業監督機関は破綻です
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 遺産目録偽造立証、是正要求も拒絶
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 偽造帳簿等隠蔽で金融機関資金横領公認
青森県警本部長、1,2,3課課長
TEL,FAX017-723-4211 弁護士指揮下で犯罪握り潰し
山下直人道警本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110 遺品整理も泥棒、公認理由は
札幌西税務署署長、松倉統括国税調査官
TEL011-666-5111 国税も直接共犯、犯罪利得無税入手等
北海道新聞社主、報道センター内山、吉田、樋口他記者
FAX011-210-5592金融機関資金横領、帳簿等偽造を隠す報道

1、義父小林xxxの遺産預金に付いて「十和田おいらせ農業協同組合は”表向き、xxx死去の2日後、相続人次男の娘、次女がxxxの身分偽装で盗んだ200万円”を、xxxの口座に返金しました”妻から札幌家裁(令和元年(家)第190,191号)次男弁護士委任状偽造で提起審判で、勝手に行っている遺産分割審判事件裁判官に、偽造委任状で暗躍        弁護士作成、xxx死後、200万円が口座から消えた、との偽造遺産目録是正を求めて居るが”応じず、偽造遺産目録で強制決定に暴走して居ます」

2、阿部xx氏遺産分割調停では、相手方阿部溘悦氏から担当裁判官に、xx氏死去後、相続人xx息子(か妻)が盗んだ道銀資金287,000円と、休眠預金87,000円余りを先ず、相続人xx(保護受給者)委任xxxx弁護士作成遺産目録に、正しく記載させるよう求めて居るが、同じく、この遺産目録合法是正を拒んで居ます。

3、十和田おいらせ農協、北海道銀行が「表向きでも”死人が死後、死人自身で預金を引き出した”と記録を偽造し、金融機関資金を横領、泥棒と共犯弁護士に差し出して、死人預金窃盗で穴埋め、この犯罪を、金融機関の記録上是正した事が、弁護士用が主体、遺産、遺産預金強奪、窃盗、詐取入手裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、国税、法務省、公証人、金融事業者監督機関による、金融機関資金横領提供、死人預金、金融機関流動資金で穴埋め”犯罪が公式立証されてしまい、後戻り出来なくなり、弁護士偽造遺産目録是正を拒絶、に走って居る訳です」

4、この「弁護士遺産目録偽造、裁判官、裁判所が、偽造と承知で合法遺産目録と虚偽決定」を、金融機関合法化是正に合わせて遺産目録も是正、金融機関の帳簿、決算書、監査報告書合法是正を、民事、刑事訴訟法手続きで公式証拠採用すれば、今までの相続遺産分割除外説絶体、を根拠とさせた、未相続遺産強奪三昧が逃げられなくなるのです」

5、遺産預金も含めて、金融機関の資金窃盗常態化を、金融機関の記録偽造で、金融機関資金横領、泥棒と弁護士にも提供、これを是正した十和田おいらせ、道銀の実例、証拠、帳簿等合法化是正記録を「刑事訴訟法手続きでも使われれば、金融機関の帳簿等を証拠採用せず、金融機関資金横領公認と、職員を、言い掛かりで業務上横領罪に落として来て居る、山のような同様冤罪事件が浮き彫りとされます」

※同じ手で、私を冤罪粛清しようと偽造委任状で暗躍弁護士指揮で、札幌の裁判所、裁判官等が暴走して居ます、札幌地裁平成31年(ワ)第151号事件、判決を刑訴法証拠とさせ、冤罪を成立させる、之を果たす為にも”十和田おいらせ農協による、遺産預金合法金額に是正に動くと、私が正しく、偽造委委任状弁護士、裁判所、裁判官は犯罪行為者”と公式立証されるので、何としても採用出来ないのでしょう。

6、国税としても「上記犯罪で提供された、犯罪で得た利得に関して”刑法第19条の適用故意除外と、刑法第20条適用で、所得税法基本通達36,1から適用させ、時効も同じ通達により、国税通則法70条4項を適用させ、時効7年で徴税としなければならないのだが、これ等金融機関資金横領、横領提供等犯罪は、財務省、金融庁、総務省等も、法曹権力、警察と共犯”なので、やはり故意に適用逃れ、相続遺産分割除外説で、犯罪で得た利得への徴税を逃れさせて居る訳です」

7、これ等国家権力犯罪は「でっち上げただけ、犯罪そのものの遺産分割除外説」これが唯一全てで、必要な証拠の偽造、犯罪と立証される証拠等隠滅を、国家機関、国家資格者、報道が共犯で行い、成立させて来たのです「国税も”法を犯して得た利得への、法による徴税を故意に潰して”この犯罪を成立させて来て居ます」

8、ゆうちょ銀行が言う「偽造口座で有ろうと、次男の口座の200万円は、次男の所有金で、xxxの遺産金では無い」は正しい法律の答えで、西税務署はこの200万円と、青森銀行資金30万円余りと、100万円横領提供利得に付いて、犯罪で得た利得と立証されており、税務調査しなければならないのです。

9、阿部xx氏の遺産に付いても、北海道銀行資金287,000円窃盗利得と、日本年金機構資金366,000円余り詐取犯罪利得に付いて「相続人次男、長女は生活保護受給者で、犯罪者はxx、xxの息子夫婦、札幌市、保護課です、生活保護法違反に関しても、市議会が調査しなければなりません」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653290
ユニークアクセス:3903626
今日
ページビュー:80
ユニークアクセス:79
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed