エントリー

2019年10月17日の記事は以下のとおりです。

犯罪を虚言、でっち上げで正当と強制決定

  • 2019/10/17 16:04

弁護士犯罪国家資格者に、犯罪を闇で認めて犯罪者と共謀して犯罪で利得を得て山分けさせて居る。

犯罪だけど、法律は間違いだから無効なのだ、法務省、最高裁以下裁判所、全裁判官、検察庁、全検事、警察、各行政機関、国税、国家資格者、報道他が共犯となって居て、このとんでも虚言だけで、弁護士に闇で犯罪を認めて、犯罪者と共に犯罪に狂奔させて有るのです。

この事実、証拠が多数揃って居ます「犯罪を闇で認められて、犯罪で稼げている弁護士、司法書士、合法の筈が無いのです」

国民も、この類の弁護士犯罪、国家権力が共犯で法を犯し、強制的に成立させて有る、完全な国家権力による、合憲、合法破壊により成功に持ち込んで有る犯罪を、誰でもスキルさえあれば、同様の正しい犯罪に手を染め、合法な犯罪だ、こう公に認めさせて、通せるのです。

犯罪を隠す為の偽造捏造、真実隠蔽、抹殺が武器です「事実、証拠、犯罪だと言う法理論を揃えられて、弁護士への犯罪利得提供が主目的、の国家権力犯罪だと立証され、糾弾されれば」

冤罪粛清に暴走して、追及者、被害者を陥れれば逃げて来れたのです。

陥れる事が出来ないで、公式に弁護士用犯罪をなぞられれば、弁護士用犯罪事実証拠を突き付けられて、同じ犯罪をなぞられれば「正しい犯罪だ、犯罪とならない、犯罪で利得を得たなら、無税で犯罪で得た利得を、公に所有権者で得られる、弁護士犯罪と同じく」

こう、公に認められて、通るんです「何しろ”弁護士用の犯罪で、犯罪がほかの国家権力の共犯行為により、正しい犯罪、犯罪とされない”で通されて居る事のなぞりなのですから」

国民が愚か過ぎるから、あんな三流以下の弁護士等と言う、最低レベルの粗暴犯罪者にまで舐められ切るんです、犯罪の質の低さは目を覆うしかない、本当に最低の、粗暴犯そのもの犯罪なのだから。

単純な犯罪

  • 2019/10/17 15:46

口座名義人を偽って金を盗む、至って単純な犯罪ですが、弁護士犯罪国家資格者に、口座名義人を偽り、金融機関と共謀して金を盗める特権を、国家権力が、闇で与えて居ます。

犯罪としては、至極単純な犯罪なんですが「弁護士犯罪国家資格者に、この犯罪で金を強奪、窃盗して通す特権を、法務省、検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察、金融事業者監督機関、国税等が共犯となり、憲法、法律の破壊を共に凶行して与えて有るので」

口座名義人を偽り、金融機関の資金を盗んだ、と立証しても「弁護士、弁護士会、検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察、共犯金融機関、監督官庁が共謀して”口座名義人を偽り、金融機関から金を奪ったって何の犯罪にもならない、必要な記録、書類は偽造して有り、口座名義人が預金を引き出した”と偽装して有るんだ、合法な犯罪だ」

こう、公に文書にも書いて使われ「口座名義人を偽り、金融機関ぐるみで資金を横領し、提供されて居るが、正しい犯罪だ、犯罪は何も起きて居ない、犯罪と立証して糾弾する人間が、正当な預金の所有権者、被害者が犯罪者だ」

之に常時、強盗実行犯弁護士の指揮により、走られ、正しい冤罪だ、と偽りで確定させて居ます。

この一連の犯罪が正しい理由が「日本国憲法、法律は間違いだから、一切守る必要は無い、議員立法も間違いで、国会議員が間違った法の制定をしただけ、無効な法律で、守る必要は無い」

之が理由だ、法務省、最高裁以下裁判所、検察庁、裁判官、検事が公式に言い、通して居ます。

憲法、法律は間違いだから、一切適用されない「国家資格者、行政機関、検察庁、裁判所、警察から”法律によって成立されて居るのですから、法が無効なのです、全部公式破綻させるしか有りません”民事、刑事訴訟法手続きも、間違った法律で行われて居るので、全部無効で、もう刑事、民事訴訟法手続きも、違法故遂行出来ないし、した所で無効なのです」

こいつらは、自分で足元を全部壊してしまって居る、法治国家日本を破戒させて居るのです、たかが個人事業者弁護士用犯罪を、憲法、法律破壊によって正しい犯罪、こう偽る為で。

弁護士に国家権力挙げて犯罪を闇で認めて、全部公にされた先

  • 2019/10/17 08:48

報道も政党も、国会議員も弁護士用犯罪に、直接加担して、共に犯罪に手を染めて居ます。

もう「弁護士”だけ”は、犯罪だと知らなかったんだ」この虚言で弁護士の犯罪を、強引に消して逃がす事も出来ません、公式実例証拠が、公の弁護士の犯罪実例証拠が揃って居て、公開されて居ますから」

遺産目録の偽造、遺産泥棒の証拠を「警察、裁判官、裁判所、偽造先金融機関、監督官庁、国税他が”正しい当事者の偽造、行使だ、当人を偽って犯罪を、当人だとして行う事は、一切犯罪とならぬ”」

之も多数、公式実例証拠が揃った上で、民事訴訟法手続き、刑事訴訟法手続きでも、公に弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、国税、金融機関、監督官庁、報道他実行犯が「正しい犯罪だ、偽造、行使、当人偽装で犯罪実行は、正しい行為だ」

こう、公の実例証拠を持ち、公に言い張り、通して居ますから「もう偽造も行使も、成りすましも、強盗も泥棒も詐欺も、一切犯罪には出来ないのです、何しろ”国家権力挙げて、弁護士にこれ等犯罪行使権限を、あくまでも闇で与えて有り、他の国家権力ぐるみで、犯罪者と共犯弁護士に、犯罪の限りを尽くさせて、国家権力が法の破壊に走り、犯罪を免責して逃がして」

犯罪で他者の財産を強奪させて、被害者から国家権力悪用によって財産所有権を強奪して、犯罪者と共犯弁護士に、強奪した財産所有権を、犯罪によって与えて通して。

被害者を司法、警察、行政が脅迫、恐喝して、被害を泣き寝入りさせて居るし「逆らえば冤罪で粛清して、弁護士犯罪が正しい、と偽り、通す事まで日常化させて居る、とばれたのですから」

生者、死者を憑依させれば、本人が本人の財産を扱った事となる、弁護士用が主体の、司法他犯罪の踏襲です「憑依させた人間のままで、憑依された人に成り代われる、多数の実例、証拠が揃って居ます、民事、刑事訴訟法に出された証拠も含めて、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、警察が正しい、と認めて有る実例証拠も多数」

憑依と言えば

  • 2019/10/17 08:22

死人は死後も存在して居て、財産権を与えられており、死んだ後も預金引き出し、解約を行って居て、遺産から消される、実際にこのオカルト犯罪が、国中で泥棒と共犯弁護士への財産強盗入手用に、数えきれないだけ、今も、明日以降も「完全な国家権力共謀、実行による犯罪、と承知で続行されて行きます」

もう後戻り出来ないのですよ、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、法務省、公証人、財務省、農水省、金融庁、厚生労働省、総務省、国税、報道、政治、あらゆる国家権力が揃って共犯、実行犯で凶行して来て居る事まで、既に公開立証されて居ますから。

この国家権力総出の、国民の財産強盗犯罪は「弁護士に犯罪を認めて、犯罪利得を手に出来るように、他の国家権力が犯罪に直接加担して、犯罪を適法と偽り、国民の財産強盗で稼ぎ放題させて居る」

こんな犯罪です、何処にも合憲、合法は有りません「金融機関の記録偽造、弁護士と裁判官が共犯で、犯罪で抜けた遺産を遺産目録から、法律破壊で強制除外決定」

もう何の言い訳も出来ない、只の強盗、泥棒です、弁護士に犯罪を認めて、他の国家権力が弁護士犯罪の指揮下に入って、犯罪の限りを尽くして、国民の財産を強盗、泥棒入手出来て居ます。

必要な記録を、弁護士、裁判官、役所が偽造して、裁判官がでっち上げだけの犯罪合法判決、決定を下して、単なる強盗、泥棒が正しい、犯罪で失われた財産は、泥棒と共犯弁護士が所有権を得た、正当な所有権者の財産所有権は、弁護士の犯罪指揮を受けた裁判官、警察、検事、検察庁、国税、強盗された預金が有る金融機関、監督機関が共犯で、証拠等偽造に走り、正しい財産所有権を偽造抹殺して、犯罪者が正しく他者の財産を、偽造所有権移動で手に出来た。

ここまでの国家権力犯罪が繰り広げられて居て、公開証明されて居ます、この実例証拠を使えば、もう他者の財産権侵害犯罪も成立しませんし、金融機関の横領、資金窃盗も成立不可能なのです。

弁護士に犯罪を闇で認めて、犯罪で利得を得られるように、国家権力が総出で犯罪に走り、弁護士用犯罪を正当と偽造でさせて、通して居る、国民は自己防衛しなければならないのと、積極的に活用すれば良いのです。

司法、法務省、財務省他犯罪事実証拠

  • 2019/10/17 08:03

弁護士に犯罪で利得を得させる、犯罪を闇で弁護士用に認め、法務省、法曹、警察、行政、報道他が共に犯罪に走って、正しい犯罪と偽り、通して居る。

この犯罪に、国民の財産強盗、泥棒で所有権を犯罪者、共犯弁護士が強制強奪、この国家権力犯罪も入っており、日本中で国民の財産強盗、泥棒が凶行されて、犯罪を法を所管する国家権力挙げて行う手で、犯罪は正しい、と偽造を重ねて捏造して、正しい強盗、泥棒による他者の財産所有だ、こう、強制でっち上げ決定され捲って居ます。

相続遺産分割除外説と「複数の相続人が共同所有権を持つ遺産は”強盗、泥棒してでも、相続権無関係で奪えれば、複数人が相続権を持っている状況が、一人の所有に帰したので、正しく犯罪で手に出来た遺産を、泥棒一人が所有権を得た事となる”遺産相続は、複数の相続人が共同相続権を持つ遺産を、泥棒で有ろうと無関係で、一人が所有権を得れば、正しく相続が終わった事になる、之が相続手続きだ」

この虚言を絶対だと、法曹権力、法務省、財務省他、警察、国税等で捏造して、合憲、合法を破戒させら、事にもして「個人の財産強盗、泥棒が正しい、犯罪で手に出来た他者の財産は、犯罪者が無税で所有権を得たと、弁護士、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、国税、報道他で強制捏造して、国中でこの財産強盗を成功させて有るんだ」

ここまでの単なる強盗、泥棒に走り続けて居ます、もう隠す事も出来ない真実です、弁護士が犯罪を好き放題行える特権を、他の国家権力が国民に隠れて、闇で与えて有り、弁護士の指揮により、犯罪の限りが尽くされ捲り、犯罪によって正しい犯罪だ、犯罪被害を被害者は、強制的に飲まなければ冤罪粛清する、ここまで日本中で、弁護士用国家権力ぐるみテロ、犯罪が凶行され捲って居るんです。

弁護士が直に犯罪を凶行して、証拠もどんどん揃い続けて居ます、もう「弁護士は犯罪に手を染めて居ない、こう嘘を吐き、弁護士犯罪隠蔽も通りません、直接実行犯ですから、弁護士は、実例証拠の通り」

司法犯罪続報

  • 2019/10/17 06:28

@弁護士への犯罪利得提供主眼、遺産強盗、泥棒入手で遺産から強制除外、義父母の遺産、財産も同じ、泥棒側弁護士が遺産目録偽造他事件、札幌家裁は偽造遺産目録正当化の為、勝手に行った審判事件、190,191号事件を強制打ち切り決定、偽造遺産目録を正当化の為、十和田おいらせ農協記録と齟齬、再度偽造に走らせる予定
@報道各社にも、相続遺産分割除外説でっち上げで、国民の財産強盗、泥棒事実伝達済み、報道も共犯の証拠用”国有地侵奪事件にも使って有ります”強盗で他者財産入手、死人偽装泥棒が通って居る司法犯罪は、応用の範囲が無限です

                               令和元年10月17日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※金融機関の帳簿他記録偽造、弁護士、裁判官ぐるみ、遺産目録他偽造のみ合法虚偽決定、偽造で泥棒合法化、死人は生きている、活用範囲無限です”合法理論、事実証拠を採用すれば破綻”虚偽立件不可

紙智子参議院議員会館室、小松秘書、党本部
FAX03-6551-0710 国民の財産、人権蹂躙司法他犯罪禁止は
日本共産党札幌市議会議員団 死人が実務遂行、窃盗他適用不可
FAX011-218-5124 報道各社も共犯故、取材に行きません
河井克行法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 合法と真実立証で破綻、司法ぐるみ犯罪
大谷直人最高裁長官 三権分立、三審制破壊済み、指揮は弁護士
FAX03-3264-5691
高市早苗総務大臣、大臣官房
FAX03-5253-5511 遺産目録死人偽装窃盗分抹殺、共犯で
麻生財務、金融大臣、政策金融課、金融、保険監督 
FAX03-5251-2217弁護士と組み、記録偽造指揮、犯罪委任他
損保ジャパン日本興亜火災新種、金融公庫火災保険高垣課長
FAX011-251-5894 財務省が弁護士犯罪指揮、保険金踏倒し
北海道財務局理財部金融監督課、園部他、金融機関記録偽造、横領
FAX011-746-0946 提供指揮、共犯です
青森財務事務所理財部金融監督課、阿部他
FAX017-777-3177 青森銀行犯罪共犯、偽造、横領指揮
農林水産省経営局経営調整課、星野担当
FAX03-3502-8081農協に記録偽造、資金横領指示続行予定?
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、福田他担当
FAX03-3592-1459(2826、保護受給者遺産窃盗、詐欺入手)
綿引万里子札幌高裁長官
FAX011-271-1456 弁護士共犯国民の財産強盗、偽造で隠蔽
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 金融機関記録偽造で資金横領隠蔽加担 
秋元札幌市長、市議会、市税、環境、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 死人が死後も実務遂行、応用範囲無限

1、別紙の通り「小林武四郎、オナヨの遺産分割審判、       弁護士偽造遺産目録を正当、と偽ったまま強制打ち切り決定通告です”農水省、十和田おいらせ農協は、帳簿上武四郎死去時の遺産預金額、4,521,455円に是正したが、      弁護士偽造遺産目録は、死去後200万円引き出しで2,521,455円が遺産預金額と偽造、この偽造遺産目録で強制審判決定、偽造審判決定を出します”十和田おいらせに、犯罪で整合性を取れ、被害者を警察ぐるみ、司法犯罪を正当化の為脅して追い込み、飲ませろ、と指示する訳ですね”」ここまで司法、法務省、財務省他犯罪の事実立証が果たされた今です、動かぬ実例証拠です。

2、昨日の文書の通り「相続遺産分割除外説をでっち上げ、国民の財産強盗、泥棒に狂奔司法、法務省他、金融機関の記録、弁護士遺産目録偽造、裁判官判決文、決定偽造が武器、実例証拠を記載し、報道各社にも送りました”報道も共犯、実行犯を、更に証明の為です”妻、私、阿部氏、共産党市議団何処にも取材に行きません、共犯なので」

3、国有地侵奪事件に関して、第一合同庁舎10階、国有財産管理官にも、国民の財産強盗司法、法務省、財務省他犯罪証拠と、財務省金融公庫火災保険事業が、麻生大臣として田代耕平、根岸優介弁護士に犯罪を直接行わせて居る、信用棄損、業務妨害、脅迫、強要、恐喝に走らせて居る、被害者当社と保険加入者施主二名、この犯罪証拠を提供しました”国民の財産強盗と合わせて、動かぬ弁護士直接犯罪”です。

4、司法、法務省、財務省他が実行犯です「相続遺産分割除外説をでっち上げて”国民の私有財産強盗正当化、相続人複数が相続権者の遺産は、誰でも泥棒、強盗して、一人が所有者となれば合法(記録偽造で)所有権移動、遺産から強制除外決定、泥棒と弁護士で、無税で犯罪利得山分けが通されて居る”であれば、国有財産は国民全員の共有財産なので、国有地侵奪者も同じ論法で、侵奪国有地自己所有が決定、これが適法”国民の財産、強盗で所有権強奪説と、見事整合性が取れます、ですよね政党、法務省、財務省他、法曹」 

5、死人は死後も物理的に存在しており、財産所有権も持って居る「司法、法務省、金融事業者監督機関指揮犯罪です”この手を用いれば、霊を憑依させた”との説で、生者、死者となり、財産自己所有化、生前、遺品整理、全て適法化出来ます”国民の財産強盗正当化説のなぞりです、特に財産強盗司法犯罪被害を受けた者は、生者、死者が憑依した説、で犯罪になる筈が無いのです」                 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653289
ユニークアクセス:3903625
今日
ページビュー:79
ユニークアクセス:78
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed