エントリー

2019年10月19日の記事は以下のとおりです。

まともな人が理解出来る、弁護士、裁判官共謀犯罪

  • 2019/10/19 16:49

北海道新聞と共産党札幌市議団に渡した、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所他、国民の財産無差別強盗、泥棒制度実例、証拠の取り纏めセットは「財務局国有財産管理官と、札幌市役所宅地課の役人が、私からの弁護士、裁判官共謀犯罪の説明を、証拠を持って受けて、正しく弁護士、裁判官が犯罪行為者だ、こう理解、得心した、まともな人間、役人なら、事実証拠通り理解出来る、取り纏め証拠資料です」

まともな国民なら、弁護士犯罪に、裁判官を名乗る共犯法曹権力が、犯罪と承知で加担して居る事も含め、正しく理解出来る証拠資料です。

弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、調停委員、法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人が「主に弁護士への犯罪利得提供を目論んで、無差別に国民の財産強盗、泥棒に暴走して居て、国家権力を悪用させて、無差別国民の財産強盗、泥棒が正しい犯罪だ、と犯罪を重ねて偽って有る」

これ等の真実が、まともな人間なら、正しい事実だと理解出来る証拠のセットなのです。

一応、北海道新聞の多くの記者も「弁護士への犯罪利得提供を目論見、弁護士会、裁判官、裁判所、法務省、公証人他国家権力が、必要な犯罪に手を染めて、国民の財産強盗、泥棒を重ね続けて居る事等は、今では一定理解して居ます」

司法、警察を名乗るが、国民の財産を無差別に強盗、窃盗して、泥棒と共犯弁護士で、犯罪で手にした利得を山分け出来て居る、これを共犯者となり、強引に犯罪を適用と虚言を吐いて、成功させて居るんです、裁判官、裁判所、警察他、犯罪国家権力集団が。

犯罪者弁護士の下僕に堕ち切って居る裁判官、裁判所、警察です、明日以降も同じ犯罪を、公開された中での凶行し続けるでしょう、国民が各々、弁護士、裁判官他犯罪に備えるしか有りません。

弁護士犯罪を成功させる為

  • 2019/10/19 16:24

もう、どう言い逃れに走った所で、弁護士用が主体で、国民の財産を、無差別に強盗し捲って居る、裁判官、裁判所、検察庁、検事、警察、記入事業者の監督機関、法務省、公証人、国税他が共犯国家権力犯罪を言い繕う事も無理です。

この国家権力、国家資格者が、直接実行犯、共犯者です、国民相手に無差別強盗、泥棒に狂奔して居ます。

行政書士の息子と、十和田おいらせ農業協同組、北海道銀行が、公式に弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所犯罪、被相続人の身分を偽装しての犯罪を立証して居ます、法律的には金融機関の資金窃盗なのを、死人が死後預金を引き出した、と、金融機関の書類、記録偽造、泥棒の共犯弁護士が、死人が死去後、預金を引き出した、この分の遺産預金が減じたと、遺産目録を偽造作成、行使して、裁判官が「正しい遺産目録だ、死人が死去後も預金を引きさせて、死人が引き出した預金額が、次々減じて合法だ」

こう、弁護士の下僕に堕ち切っており、完全な犯罪と承知で「裁判官職権を悪用して、常時弁護士犯罪だけを合法だ、と偽り、決定して押し通して居る、この裁判官も共犯犯罪も、完璧に立証されて居るのです」

行政書士が作成した遺産目録と、二金融機関が合法化した証拠は「相続開始時に存在した遺産、遺産預金額が、合法な遺産である、死んだ後死人が預金を引き出した、死人が引き出した遺産預金は、遺産から減じた、は嘘、犯罪、之を立証して有ります」

最高裁も平成28年12月19日に、相続開始時に存在した遺産、遺産預金額が、相続人全員の共同相続遺産である、民法第896条他規定が正しい、こう最終決定を下して居ます。

これ等証拠により、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所他犯罪、死人が死去後遺産を引き出しており、死人が引き出した遺産預金は、遺産から減じられて行く、この犯罪は、完全に犯罪だと立証されて居ます。

弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所他が、国民の財産を無差別に強盗、窃盗し捲って居る、この犯罪も、もう言い逃れは不可能に陥って居ます。

財務省犯罪

  • 2019/10/19 08:14

@財務省北海道財務局国有財産管理官、財務省は直接、国民の財産強奪、金融公庫火災保険金踏み倒し目論見、弁護士を使った犯罪実行に走って居ます”11階金融監督課も直接実行犯”です、金融機関に資金横領、記録偽造で隠蔽指示等行って、監査を違法に行って居ます

                               令和元年10月19日

財務省 北海道財務局管財部、第三統括
竹花聖生国有財産管理官
TEL011-709-2311(4475)
FAX011-709-2180
北海道財務局理財部金融監督課園部他、金融機関資金横領共犯
FAX011-746-0946(4352)

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

1、国有財産管理官、11階理財部金融監督課が「直接金融機関に”金融機関の資金を、犯罪者、弁護士、裁判所、国税、地方自治体から、横領して差し出せ、と求められたなら、手続き書類、帳簿等を偽造して差し出せ”と銀行、信金、ゆうちょ銀行、保険会社に指示を出しており、遺産となった預金横領提供も、同じ手口で差し出させて居る、この実例証拠セット、国有財産課、札幌市宅地課に提供したセットを、道新が来週札幌市共産党市議団への取材用に使えるように、道新と共産党市議団に提供しました」

2、11階金融監督課も「上記犯罪指示を出し、監査に手心を加えて”犯罪による資金横領、提供隠蔽”が無いと偽装して居ます、指揮犯故当然です」道銀、北洋銀、北陸銀、ニッセイ、明治安田生命他、多数の市役所等から、事実確認も終えて居ます、偽造でしか、資金横領、提供が出来ない、監督官庁指示の犯罪手法、と、実例も持ち、答えを得て有ります。

3、麻生大臣、政策金融課による、二弁護士に犯罪を指示しての「金融公庫火災保険事業での、当社と施主相手の弁護士犯罪も、財務省犯罪です、別紙で確認下さい”報道他にも配布済み”です」 

財務大臣が、犯罪を弁護士に委任

  • 2019/10/19 07:57

既に手を汚して居る、財務大臣、財務省政策金融課全責任の犯罪、二弁護士が「財務省事業、金融公庫火災保険事業で、当社と施主相手に、言い掛かりを持ち、金融公庫火災保険金を踏み倒す為、信用棄損、業務妨害、脅迫、強要、恐喝を重ねて居ます」

しかも「麻生大臣と二弁護士が、麻生大臣、財務省による、当社と施主相手の”金融公庫火災保険金踏み倒し目論見での犯罪委任、犯罪受任委任状も、未だにこちらに交付されて居ません”弁護士法違反、も加わって居ますが、麻生財務大臣、財務省が、弁護士に犯罪を委任した事件です、実行済みの犯罪です、弁護士法違反を弁護士が凶行、もうさ程の問題でも無いです」

麻生財務大臣、財務省が、二弁護士に「言い掛かりで金融公庫火災保険金支払いを踏み倒す目論見を持ち、当社と施主二名に対して犯罪を行わせて居る、既に犯罪は行われて居る、とんでもない、国家権力と国家資格者共謀犯罪です」

麻生財務大臣、財務省と、犯罪を請け負った、実行して居る二弁護士との間で交わされた、犯罪委任、犯罪請け弁護士選任委任状は「財務省で正しく?交わされて居るのでしょうか?そもそも」

犯罪を請け負った二弁護士は「財務省に足を運び、麻生大臣か、政策金融課の課長職以上との間で、当社と施主二名に対する、金融公庫火災保険金を、言い掛かりで踏み倒す為の犯罪の委任を、正しく交わして居るんでしょうか?」

今からでも「麻生大臣か、政策金融課課長以上と、実行犯二弁護士とで交わした、当社と施主二名に対する、実行済み犯罪委任行為記載委任状写しを、正しい代理行為犯罪証拠を出させます」

完全なマフィア

  • 2019/10/19 07:40

昨日の文書二部、報道他用の文書と、麻生大臣他宛て文書と、今日の文書で分かる通り「この国の国家権力は、完全にマフィア化し切って居ます、合憲、合法の意味も何も、本当に理解不可能なまで頭の程度、人間としてのまともさが喪失し切ってしまっており、弁護士の犯罪指揮下に入って、国民の財産強盗にまで、公の強盗にまで暴走して、犯罪の限りを尽くし放題して居るのです」

弁護士の指揮下に入り、犯罪の指揮を受けて、各々国家権力が「弁護士犯罪が正当と偽れるように、必要な犯罪を、持てている国家権力を悪用させて凶行し、弁護士犯罪が正しい、憲法、法律は適用されない犯罪だ」

こう嘯いて「まさか弁護士が指揮する犯罪が、他の国家資格者と金融機関が造り、出した証拠によって”完全に弁護士会、弁護士、裁判所、裁判官、法務省、公証人、警察、金融事業者監督機関、報道他による、国民の財産強盗、泥棒犯罪だと立証されるなど”予想も出来なかったのでしょう」

こいつらの頭の中身は、半世紀以上も昔のままなのです、時代が激変して行って居る事も何も、思考、判断能力ほぼゼロで、全く分からないままなのです。

弁護士が犯罪を指揮して、裁判官、裁判所、検察庁、検事、警察他が「唯々諾々と、弁護士の犯罪指揮に、法を所管する立場も弁えず、犯罪指揮を受けて法を犯し捲って居る”共犯国家権力の犯罪への加担が有り、弁護士指揮犯罪が、常時成功させられて居る”」

国民の財産、遺産強盗、泥棒制度もこれですが「ものの見事に弁護士指揮犯罪、裁判官、裁判所、警察、法務省、公証人、国税他が共犯犯罪だと、公に立証されて居ます”死人の財産強盗で、泥棒と共犯弁護士が犯罪利得の所有権を得て、遺産から強制除外される”ぎゅせい書士と金融機関が、この犯罪を見事犯罪、と立証しても居ます」

法務省、司法、警察が犯罪組織化

  • 2019/10/19 06:21

@普通の地方公務員が、簡単な説明を受けて理解出来る”弁護士用を主眼とさせた、個人の財産、遺産強盗、泥棒、裁判官、裁判所、検察、法務省、警察、国税他犯罪実例証拠”行政書士と金融機関が、泥棒に就いた弁護士と裁判官、裁判所の犯罪を証明して有る”証拠セットも、取材用に報道機関と、札幌市共産党市議団に渡しました

@麻生大臣が、二弁護士に犯罪委任した、委任状写し交付も、日弁連通知に沿い、対面取り交わし、相手方への交付が、法律上も必須故求めて有ります

                               令和元年10月19日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

紙智子参議院議員会館室、小松秘書
TEL03-6550-0710 法務省、司法、警察他が共犯、国民の私有
FAX03-6551-0710財産強盗です、党も動く責任を負って居ます
日本共産党札幌市会議員団
FAX011-218-5124
河井克行法務大臣、刑事、民事局、公証係
TEL03-3580-4111 国民の財産強盗も、憲法、法律が間違い故
FAX03-3592-7393 正しい犯罪詭弁、完全な強盗公務所
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111 行政書士、金融機関が弁護士、裁判官、
FAX03-3264-5691 裁判所犯罪、遺産泥棒証明済み
高市早苗総務大臣、大臣官房
TEL03-5253-5111
FAX03-5253-5511 
麻生財務、金融大臣、政策金融課金融、保険監督、犯罪直接指揮
TEL03-3581-4111 金融機関資金横領指示、合法根拠は?
FAX03-5251-2217 弁護士に犯罪委任、委任状写し交付を
農林水産省経営局経営調整課、星野担当
TEL03-3502-8111(5249)
FAX03-3502-8081
加藤勝信厚生労働大臣、社会援護局保護課、保護係
TEL03-5253-1111(2826福田担当)
FAX03-3592-1459保護受給者遺産入手隠蔽、保護費詐欺公認
秋元札幌市長、市議会、市税、環境局、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 環境局”工事請負者は代理行為者と違う”
青森県警本部長、1,2,3課課長
TEL017-723ー4211 弁護士指揮下で青森銀行横領事件加担
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110 

1,報道機関が取材用に使う為、昨日報道、共産党市議団提供資料「道財務局国有財産管理官と、札幌市都市局宅地課役人用に纏めた”義父小林武四郎の死後、武四郎による預金引き出し、解約偽装、泥棒証拠等と、阿部花枝氏死後の遺産預金窃盗事件証拠等を軸として、泥棒側に就いた弁護士と、札幌家裁他裁判官、裁判所による、国民の財産強盗虚偽正当化証拠”国有財産管理官、宅地課役人が、泥棒側弁護士と裁判官、裁判所犯罪等を理解した証拠セットは、昨日道新、札幌市共産党市議団に提供致しました」

2、死人の遺産は、死後盗めば泥棒が所有権者、遺産から強制抹殺して正しい「義父の遺産泥棒共犯      弁護士、阿部花枝氏の遺産泥棒共犯小寺正史弁護士が、この犯罪正当化虚言ででっち上げた遺産目録、裁判官、裁判所が”合法な論法、遺産目録、盗んだ遺産は泥棒が所有者、遺産から強制抹殺”と強制決定した遺産目録等、青森銀行共犯、沼田徹弁護士文書、死人偽装で青森銀行は、金を盗み提供している、遺産預金から失われた、之が司法犯罪証拠」

3、山本隼行政書士作成遺産目録、十和田おいらせ農業協同組合、北海道銀行発行文書は「民法第896条、新民法第909条2規定、相続開始時に存在した遺産、遺産預金額が相続遺産、遺産預金額である、弁護士、裁判官が法を犯して居る、この合法作成証拠となって居ます”二弁護士、札幌の裁判所、裁判官、青森銀行、沼田徹弁護士が犯罪者”泥棒、強盗の共犯との、動かぬ証拠です」

4、麻生大臣、札幌弁護士会所属田代耕平、根岸優介弁護士とやらに「当社と施主相手に、金融公庫火災保険金言い掛かり踏み倒し目論見で”対面で合法に取り交わした、信用棄損、業務妨害、脅迫、恐喝等委任(実行済み犯罪)弁護士代理人委任状写しの交付を、先ず果たす事を再度求めます”別紙文書の通り、代理行為委任に付いて、合法代理委任委任状取り交わし、相手方への交付後、代理行為が行える、法の規定です、大臣であろうと、犯罪委任、受任者が、既に犯罪実行済みです、委任状写し交付を果たす事です」

5、別紙記載の通り「建設工事請負者は”請け負った工事、作業に付いて、代理行為者では無く、施主と同等の権利を持ち、施主の土地、建物、構築物、家財等を自己所有と扱い、物理的に損壊、再構築出来る権限所持者、請負契約書も必須では無い権限を持った立場です”弁護士風情、代理人行為以外出来ない、物理的に、委任者財産に手を掛けられない国家資格者とは、権限が全く違うのです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653287
ユニークアクセス:3903623
今日
ページビュー:77
ユニークアクセス:76
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed