エントリー

2019年10月21日の記事は以下のとおりです。

泥棒を証明して、犯罪被害回復、犯罪潰しに動くと

  • 2019/10/21 16:16

札幌弁護士会、所属全弁護士の犯罪指揮下に入って居る、札幌の裁判所、裁判官全員、札幌の検察庁、検事全員、北海道警察は「死人を偽装して金融機関と共謀し、金融機関の資金を横領して、泥棒と共犯弁護士に差し出して、手続き書類、帳簿他を、死人が死後預金を引き出した、と偽造する、ビデオを隠蔽する、認知悪化者も口座名義人偽造で、金融機関も共犯で、金を横領提供して居ます」

認知が悪化した人が、自分で自分の預金引き出し書類を「別人の筆跡で偽造記載して金を引き出した、と偽造する手で、金融機関の共犯加担を得られ、金を盗み放題出来て居る、泥棒、強盗が、共犯弁護士、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察が共犯ですから、大手を振って、金融機関も共犯で、この犯罪も国中で凶行され巻くり続けて居ます」

最高裁判所の裁判官15人も、当社、私と同じく、之は犯罪である、相続人の相続遺産強盗、泥棒である、法に反して居る、以後禁止、と決定して居ます。

認知悪化者の身分偽造による泥棒も、当然同じ手口の犯罪です、札幌弁護士会、全弁護士、札幌の裁判所、全部の裁判官、北海道警察、札幌の検察庁、検事全員、法務省刑事、民事局、公証係等は、最高裁判所の裁判官15人による、この犯罪禁止決定も、当然の事として、一切守る必要無しと嘯き、犯罪を公に適法、と法の破壊で決めて、犯罪を続行し捲って居ます。

今後は「札幌の裁判所、裁判官、検事、検察庁、北海道警察が札幌弁護士会、所属犯罪弁護士の指揮下に居る立場で、弁護士犯罪潰し犯罪者の当社と私、最高裁判所の裁判官15人相手で”犯罪者、と法の破壊で決めて居る事を、刑事、民事訴訟法手続きに反映させる訳です、刑事訴訟法手続きを取って犯罪者と決めて投獄して、泥棒を暴いた違法行為責任を持ち、泥棒に賠償金を払わせるのです、最高裁の裁判官15人、当社、私をターゲットとさせて”」

最高裁裁判官15人も、今では当社の仲間で犯罪者、だそうです

  • 2019/10/21 15:41

死人を偽り、金融機関が泥棒と共犯弁護士に加担して資金を横領して、泥棒と共犯弁護士に差し出して、死人が死後預金を引き出した、こう偽造、証拠隠蔽、隠滅に手を染め、成功に持ち込んで居ます「金融事業者監督機関も、この犯罪を指示している実行犯だから、金融機関の犯罪を握り潰してアシストして居ます」

この犯罪を最高裁大法廷も「裁判官15人で”相続遺産分割除外説、とやらを実はでっち上げて有るんだが、この説は民法第896条違反他に該当しており”今後適用を禁止」

こう、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定で出して居ます「ですが、札幌弁護士会、所属全弁護士、札幌の全裁判所、裁判官全員、札幌の全検察庁、検事全員、青森銀行と沼田徹弁護士、青森県警、北海道警察が共犯で”当社も最高裁判所、裁判官15人も、憲法、法律と遺書に犯罪者、正しい犯罪を犯罪と断罪して居る、お前らは犯罪者だ”」

こう、札弁連、所属犯罪弁護士が、幾つも文書に、訴訟資料に書いて使い、札幌の全裁判所、全裁判官、青森県警、北海道警察、札幌の検察庁、検事全員が「当社、私、最高裁判所、裁判官15人が犯罪者だ、正しい泥棒犯罪を犯罪と証明、指弾した、禁止とさせに走って居る、こいつらは犯罪者だ、身分偽装の手で金を横領させ、提供を受けた泥棒が被害者だ」

こう決定させて、判決を下して来て居るのです「当社と私と最高裁判所、最高裁の裁判官15人は、揃って同じ犯罪行為者、と決められて居ます、まあ、最高裁判所、最高裁判所の裁判官15人が、当社と私と同罪の犯罪者、こう決定されて居るのだから、一緒に札幌弁護士会、所属弁護士連中式、相続遺産分割説を、合法を持ち潰しに走っている犯罪、によって処断して頂きましょう」

こいつら札幌の法曹権力、法曹資格者全部と警察は、今後「当社と私と、最高裁判所、最高裁判所裁判官15人、も、相続遺産分割除外説絶体で犯罪続行、違法と証明し、禁止措置に動いている犯罪者だ、冤罪粛清も果たしてやる、これも凶行するんですね」

最高裁最終決定と同じ、を犯罪決定

  • 2019/10/21 15:22

当社が死人を偽り、金融機関が泥棒と共犯となって金融機関の資金を横領して、泥棒に差し出して、死人が死後預金を引き出した、と手続き書類、帳簿他偽造、ビデオ映像隠匿の手で犯罪を隠蔽工作。

この犯罪を証明して、法による犯罪潰し、合法化を求めている事が「弁護士への犯罪利得提供が主目的、の国家権力犯罪、国家権力がほぼ犯罪に加担して、強引に成功させて有る犯罪なので、当社の犯罪証明、合法化に是正の行動を、冤罪粛清も合わせて、定番の弁護士指揮犯罪で成功させる、と、裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、法務省他が札幌弁護士会、所属犯罪弁護士の指揮下で権力悪用テロ、犯罪を重ねて居る」

これ等真実に付いて「最高裁の裁判官15人も、平成28年12月19日の最高裁大法廷最終決定で”この犯罪を正しい、と偽って有る根拠は?相続遺産分割除外説が理由だが、相続遺産分割除外説は民法第896条違反他、法を強く犯しており、以後適用禁止」

こう、平成27年大阪高裁(許)第11号、相続遺産分割除外説が絶対、公正証書遺言により、遺贈受け者が他の相続人の遺留分、減殺遺留分まで遺産預金を盗み、手にした事が正しい、この大阪高裁、訴え者である、遺産を根こそぎ盗まれた相続人の、遺留分、減殺遺留分預金引き渡しの求めを却下した、との、大阪高裁訴え却下を破棄して、差し戻して居ます。

札幌弁護士会、所属全弁護士全員、札幌の裁判所全部と裁判官全員、道警、青森県警が共犯の「未相続遺産強盗、泥棒、認知悪化者の財産泥棒は正しい犯罪だ、犯罪と正しく証明して、犯罪被害回復、犯罪続行禁止と求める私が犯罪者だ、犯罪者のお前は、泥棒に合わせて250万円払え」

この判決、冤罪粛清に暴走、被害を不当に飲め、と強要司法、警察テロは、最高裁大法廷と最高裁裁判官15人も「民法第896条他違反、禁止、と最終決定を下して居ます”じゃあ、最高裁判所と裁判官15人にも、大阪高裁担当裁判官と、他の相続人の遺留分、減殺遺留分遺産預金泥棒に対して、各々に250万円払わせろ」

悪いんだろ最高裁、裁判官15人も、犯罪者だよな間違い無く、私と同じ答え、禁止決定を出して居るんだから。

最高裁判所、裁判官も弁護士犯罪集団の下僕

  • 2019/10/21 09:40

まあ、事実として「検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省、警察等も”弁護士犯罪国家資格者の下僕化して居ます”己の頭で法律問題も含めて、正しく憲法、法律を適用させて、合否判断出来るスキルも何も備えて居ないので、弁護士犯罪国家資格者の言うがまま”合憲、合法度外視で判決に走って居る”これが事実ですから」

今まで幾つも、弁護士会、弁護士指揮犯罪の支配下に入り、子供でも犯罪と理解する弁護士犯罪を、被害を受けている側に立ち、調べて暴き、合法に是正させる為、司法、警察テロの最前線で立ち向かって来て居るのですから。

弁護士会、弁護士等と言う、たかが民間国家資格事業者の「憲法、法律、社会常識、社会正義破壊テロ、を成功させるとの黒い思惑の為に、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所、法務省他行政機関、報道他挙げて、弁護士犯罪に必要となる犯罪を、総力を挙げて凶行して」

弁護士犯罪を強制成立させる、この弁護士指揮テロ犯罪被害を、直接目の当たりにして来て居ますから。

未相続遺産強盗、認知者の財産強盗、弁護士犯罪用に国家権力が、国の闇で国民に隠れて認め、国中で凶行させて、他の国家権力が共謀して、必要な犯罪を繰り広げており、弁護士用犯罪が成功させられて居るのです。

他にも、弁護士用国家権力共謀犯罪を幾つも見出して、合憲、合法を武器で駆使して、犯罪を詳細に立証、公開して来て居ます、当然ですが「犯罪弁護士連中が、己らの犯罪が暴かれ、拙くなり、警察、裁判官、裁判所、検事、検察庁他が弁護士犯罪国家資格者の指揮を受けて、犯罪隠蔽工作、私と被害者でっち上げ罪状で粛清、犯罪は正しい判決続発等に暴走実例も、多数持って居ます」

弁護士会、弁護士用犯罪制度、遂に最高裁も指揮下にと発覚

  • 2019/10/21 09:21

相続遺産分割除外説、要するに強盗、泥棒を、弁護士会、弁護士用を主眼とさせて、裁判所、裁判官、法務省、公証人、検察庁、検事、警察、国税等が共犯で、国の闇で「弁護士用の犯罪を成功させるべく、必要となる犯罪を、他国家権力が総出で手を汚す密約まで交わして有る、この国家権力挙げての犯罪が、弁護士会、弁護士の指揮下に最高裁も入っており(事実ですから)今後公の弁護士指揮、国家権力揃って共犯犯罪”」

ここまで公の、弁護士会、弁護士が日本を犯罪独裁支配している事実毎、日本国の公の「オウムの連中を完全に凌駕させた、弁護士が支配する、日本の全部の国家権力犯罪で、国中を公に席巻する」

とまでなっているのです、弁護士会、弁護士が、この国を「狂気のカルトテロ支配しており、他の国家権力、国家資格者が、揃って弁護士犯罪を、犯罪弁護士の指揮受けて、必要な犯罪を国中で凶行して、犯罪を成功させて居る、この事実が、遂に日本国の公式制度化されるんです」

最高裁判所の裁判官も、最高裁判所の元、現職長官も「弁護士会、弁護士犯罪集団の完全な下僕とも、札幌弁護士会、所属弁護士、札幌の全裁判所、裁判官全員共々、公に立証を重ねて行って居ます」

もうこの連中は、弁護士会、弁護士犯罪を成功させる目論見を、日本国憲法、法律破壊を持って果たす為に、権力悪用テロ、犯罪の限りを尽くしている事実も合わせ、隠しても居ません。

現在5人の弁護士犯罪国家資格者、札幌弁護士会、青森弁護士会所属弁護士が、警察、国の行政機関、裁判所、裁判官、検察庁、検事、国税他を”犯罪を成功させる為の犯罪公認、犯罪実行部隊”で支配下に置き「憲法、法律破壊テロ、冤罪捏造に暴走他、に走って居る訳です」

オウムの連中が凶行し捲った、あのテロの巨大国家権力共犯実行版、弁護士会、弁護士が犯罪の指揮を執り、他の国家権力、国家資格者が弁護士犯罪指揮を受け、犯罪の限りに走って居る、オウムの連中のテロが、大した事では無かったと証明されて居る、国内外相手の弁護士会、弁護士指揮、国家権力共謀テロなのです。

最高裁大法廷最終決定、現、元長官も名を連ねて

  • 2019/10/21 08:38

平成28年12月19日最高裁大法廷、相続遺産分割除外説は民法第896条違反でも有るので以後採用禁止、この最終決定には「寺田逸郎、大谷直人元、現最高裁判所長官も名を連ねて居ます」

この最高裁大法廷最終決定も「札幌弁護士会、所属弁護士連中の犯罪指揮下に入って居る札幌の裁判所、全裁判官、札幌の検察庁、全部の検事、道警他が共犯となり”法と共に無効化決定、犯罪続行に走って居る訳です”」

最高裁判所判事15人、元、現最高裁判所長官による、民法第896条違反、相続遺産分割除外説を法を強く犯しており、以後採用禁止最終決定も、弁護士会、弁護士の犯罪指揮を受けている裁判所全部、裁判官全部、検察庁全部、検事全員、全部の警察署他が「法も無効、最高裁判所、判事全員無知な飾り、法に沿った最高裁最終決定も無効、守る必要無し」

こう、公に決定して、犯罪を続行し捲り「合法を証明して、犯罪を糾弾している私を犯罪者、とでっち上げで決定して金を奪う、冤罪に落とすと暴走もしています、札幌弁護士会、所属弁護士、指揮下に入って居る裁判所、裁判官ぐるみの司法権力悪用、オウム以下のテロです」

いよいよ合憲、合法の破壊、三権分立、三審制破壊済み日本、指揮を執って居るのは弁護士会、弁護士、指揮下に裁判所、裁判官、検察庁、検事、法務省、警察他が「弁護士犯罪を成功させるべく、無条件で下僕化して指揮を受けている、この現実が、公に日本国の絶対制度漁れるようです」

日本の司法、警察の真実が

  • 2019/10/21 08:14

日本の司法、警察、法務省他の真実が、実に良く、正しく公開証明され続けて居ます。

平成28年12月19日に最高裁大法廷は「大阪高裁平成27年(許)第11号事件に付いて”大阪高裁が相続遺産分割除外説を採用して、公正証書遺言に、相続人の一人に遺産、遺産預金を遺贈する、と書いてあり、遺贈を受けた相続人が、相続遺産預金全部を盗み、手にした事は正しい、他相続人からの、遺留分、減殺遺留分相続の権利は認めぬ”訴えを却下する”この大阪高裁却下決定を破棄、相続遺産分割除外説は民法第896条違反で有り、以後採用禁止」

こう最終決定を下して居ますが「例えば札幌高裁、地裁、簡裁、家裁、裁判官全部が”札弁連、所属弁護士の犯罪指揮下に入っており、死人偽装、口座名義人偽装の手で金を盗めれば、泥棒が所有権を得て、相続人、権利者の財産所有権は強制剥奪で正しい”」

この相続遺産分割除外説のみ、弁護士犯罪国家資格者への犯罪利得提供が目論見で、裁判所、裁判官は強制採用し続けて居る、最高裁大法廷最終決定は無効だ、15人の最高裁判事は飾りで法に無知な輩、あんな最終決定も無効と決定した、民法第896条、1031条、新民法第909条2、全部無効な法律だ、弁護士会、弁護士がこう訴訟指揮を執っているからだ。

こう「多くの札幌の裁判官、竹部知子、川崎直也、先崎春奈札幌地裁裁判官が代表で判決、決定を下して居ます」

寺田逸郎、大谷直人最高裁判事、元、現最高裁判所長官も、平成28年12月19日、最高裁大法廷最終蹴邸裁判官に、名を連ねて居ます、札幌の裁判所全部、全裁判官は「札幌弁護士会、弁護士連中の犯罪指揮下に入り、憲法、法r津も、最高裁、判事全員も無効、無能と断じて居ます」

公開立証された日本の国家権力犯罪実態

  • 2019/10/21 06:22

@高市総務大臣、行政書士の息子山本隼は”妻の父、母の遺産目録を、相続開始時に存在した遺産、遺産預金額”で作成、使用したが”泥棒相続人共犯       弁護士(○○○○弁護士も)は、相続遺産分割除外説が絶対、裁判官達も共謀して、死んでから盗めた遺産預金は泥棒が所有者、遺産から強制抹殺”は犯罪と立証した私は犯罪者、泥棒に250万円払え、と弁護士、151号事件竹部知子、川崎直也、先崎春奈裁判官他が主張、決定させて居ます。相続遺産分割除外説以後適用禁止、最高裁大法廷最終決定、寺田逸郎裁判長他、十和田おいらせ、道銀死去時預金額に是正、が犯罪、息子も犯罪者ですか

                               令和元年10月21日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

高市早苗総務大臣、大臣官房、遺産目録弁護士指揮で偽造共犯
TEL03-5253-5111 総務省には証拠セット再送付、息子と当社
FAX03-5253-5511 に公文書で、法により回答の事
紙智子参議院議員、小松秘書 下記に国会議員が賛成した理由は
TEL03-6550-0710 他相続人遺留分も強奪公認、公正証書遺
FAX03-6551-0710 言が有ればで、最高裁大法廷は否定
日本共産党市会議員団
FAX011-218-5124 保護受給者にも遺産窃盗利得提供調査は
北海道新聞社主、報道センター内山、吉田、樋口他記者
FAX011-210-5592遺品整理も合わせ泥棒です、広告打ち共犯
河井克行法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 民法第896条適用も拒否、弁護士と共犯
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 寺田逸郎裁判長他は、弁護士以下と立証
麻生財務、金融大臣、政策金融課金融、保険監督恣意的犯罪加担
FAX03-5251-2217 弁護士犯罪に所管法破りで加担
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、弁護士支配下
FAX011-271-1456 最高裁は飾り、弁護士以下と立証多数
植村実札幌高検検事長、地検検事正、弁護士犯罪指揮下機関
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110金融機関資金窃盗、年金詐欺は?

1、高市早苗総務大臣、息子山本隼行政書士は、妻の実父母の遺産目録を「民法第896条規定に沿い、相続開始時に存在した、証明出来た遺産、遺産預金金額、をベースで作成、使用して居ます」

2、一方、札幌弁護士会、所属弁護士、義父母相続人、泥棒二名に就いた      弁護士、被相続人阿部○○、阿部○○氏孫と長女、遺産泥棒、道銀資金窃盗、年金資金詐取共犯者に就いた      弁護士は”相続遺産分割除外説が絶対、民法第896条、1031条、最高裁大法廷最終決定は間違い、無効、死後盗めた遺産、金融機関資金、年金資金は、遺産泥棒利得として、泥棒が所有権を得た、遺産から強制抹殺された、この偽造遺産目録を作成、行使しており、札幌の全裁判所、裁判官が、弁護士犯罪が正しい、裁判官、裁判所は無強権で憲法、法律規定破壊で弁護士指揮で決定、判決を下す機関だ、と、弁護士犯罪指揮通り強制決定して居ます。

※妻両親事件、札幌家裁平成30年(家イ)第1908,1909号、令和元年(家)第190,191号、      弁護士が遺産目録偽造、阿部ご夫婦事件、札幌家裁令和元年(家イ)第1488,1489号事件、      弁護士が遺産目録偽造、家裁、裁判官は、偽造遺産目録以外認めず

3、札幌地裁平成31年(ワ)第151号事件、原告      弁護士委任状偽造者義兄      、義姉      、被告私と4男小林○○事件、訴因、次の訴訟提起は犯罪提起、私が主犯、○○、妻は従犯、で提起

4、訴訟理由ー札幌簡裁平成30年(ハ)第981号(原告小林○○、被告次男)札幌地裁平成30年(ワ)第588号事件(原告小林○○、被告次男)札幌地裁平成30年(ワ)第1640号事件(原告妻、小林○○、被告青森銀行、秋葉会)事件提起は犯罪、犯罪との理由下記。

5、訴因が”小林武四郎、小林オナヨの身分を、次男     妻子が偽り、十和田おいらせ、青森銀行資金を窃盗した事が違法、金融機関に資金を戻せ、青森銀行は、母から盗んだ預金を返せ、次男が盗んだ父の金、香典残額等を保全するので返せ、供託するとなって居る”この訴訟は犯罪提起、私が○○、妻を偽り提起した、正しい犯罪を犯罪と指弾した訴訟で有る、犯罪認定し、山本弘明、小林○○は次男、長女に合わせて250万円払え。

6、竹部知子、川崎直也、先崎春奈裁判官判決概要ー偽造委任状で訴訟提起事実は無い、物的証拠は無しで決めた、山本が小林○○、山本あつ子を偽り、犯罪により提起した訴訟で有る、他者、死人を偽る手で金融機関資金を窃盗も、死んだ人の財産強奪も、正しい犯罪であるから、山本弘明が主犯、小林○○が従犯の、犯罪で提起した訴訟で有る、犯罪提起故、これ等裁判で裁判官は、盗んだ金の保全不要判決を下して居る、犯罪者の山本弘明、小林○○は、合わせて250万円を原告に払え。

7、平成28年12月19日最高裁大法廷最終決定、原審大阪高裁平成27年(許)第11号、原告の訴えを却下決定破棄、却下理由、相続遺産分割除外説が絶対、公正証書遺言記載により、他相続人の遺留分、減殺遺留分遺産預金まで遺贈受け者が入手して、原告相続人遺留分、減殺遺留分返却不要、大阪高裁決定は、民法第896条違反であり認められない、以後相続遺産分割除外説採用は認めぬ、この最終決定も、二金融機関が”民法第896条、新民法第909条2規定に沿い、死去時遺産預金金額に是正した事実も犯罪”との判決です。

8、上記二弁護士犯罪(青森銀行、○○徹弁護士犯罪、死人偽装で金融機関資金窃盗を、青森銀行、弁護士ぐるみ続行で正しい、への加担も)指揮下に入って居る札幌高裁、地裁、簡裁、家裁、全裁判官は「上記最高裁大法廷、法を持った最終決定も、二金融機関による、相続開始時に存在した遺産預金額が、正しい遺産預金金額と是正も、法と共に無効、最高裁下記判事、二金融機関も犯罪者、と決定し続けて居ます」

;札幌地裁平成31年(ワ)第151号事件裁判官ー竹部知子、川崎直也、先崎春奈、下記最高裁判事、最高裁大法廷最終決定裁判官は飾り、無知蒙昧な判事と断罪、弁護士犯罪指揮下、札幌の全裁判官代表裁判官。

;最高裁大法廷最終決定裁判官、無効な最終決定者、札弁連、所属弁護士指揮、札幌の裁判官、裁判所決定多数ー寺田逸郎裁判長、裁判官桜井龍子、岡部喜代子、大石剛彦、大橋正春、小貫芳信、鬼丸かおる、木内道祥、山本?幸、山崎俊充、池上政幸、大谷直人、小池裕、木澤克之、菅野博之、飾りの、法に無知?な最高裁判事方。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653288
ユニークアクセス:3903624
今日
ページビュー:78
ユニークアクセス:77
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed