エントリー

2019年10月28日の記事は以下のとおりです。

財務省責任

  • 2019/10/28 16:13

契約時金融公庫火災保険、今は住宅金融支援機構特約火災保険は「全部の損保と財務省が出資して作られた、財務省の事業であり、損保ジャパン日本興亜の火災保険事業では有りません、設立の経緯を見ても、当たり前の事です」

この当たり前から財務省、事業責任母体は「住宅金融支援機構特約火災保険幹事会社、損保ジャパン日本興亜に、理解もさせて居ないんですね」

と言うより「こんな当たり前の事すら、本当に理解も不可能な、無知蒙昧の極みの損保ジャパン日本興亜経営陣、社員連中に、財務省の事業を窓口で扱わせて居るんですね、損保ジャパン日本興亜の火災保険の一つだ、と勘違い、正しい事業の理解不可能な事業者、職員に」

本当にとんでもない財務省、麻生財務大臣だと言う事です、財務省もこのレベルなのです、国の行政機関として、法を所管する能力ゼロ、と言う現実ですよね。

このレベルの事業者、経営陣、職員、財務大臣、財務省職員より酷い、田代耕平、根岸優介と言う、本当に恐ろしい現実の被害に、当社も○○氏、○○氏も、不当極まる状況で遭遇させられて居ます。

この件は、初めから色々有るので、当社は出来る限りの対策を取って置きました、案の定、この現実に巻き込まれて居る訳です。

住宅金融支援機構特約火災保険事業は、財務省の事業であり、損保ジャパン日本興亜の火災保険事業では無い、○○、○○氏は、住宅金融支援機構特約火災保険に加入しており、この事業に保険請求した、する予定で、損保ジャパン日本興亜火災保険に加入しておらず、当然保険請求など行って居ません、完全な言い掛かり犯罪を、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介は凶行し捲って居ます。

火災保険加入事実無し、支払い拒絶も無い訳

  • 2019/10/28 15:54

○○、○○氏は、損保ジャパン日本興亜の火災保険に加入して居ません、加入して居るのは「住宅金融支援機構特約火災保険、財務省の事業である、火災保険への加入です」

住宅金融支援機構特約火災保険、この火災保険は、全部の損保と、財務省が出資している火災保険事業で「損保ジャパンは幹事会社、手続き代行手数料稼ぎ業務です、損保ジャパン日本興亜の火災保険の一つ、では無いのです」

ここから、損保ジャパン日本興亜も”住宅金融支援機構特約火災保険幹事会社、損保ジャパン日本興亜”と書かれた書面を加入者に送りつけて居ながら、全く理解出来て居なかったのですよ。

ここまで頭の、な損保ジャパン日本興亜から「字を読めば分る”○○氏が火災保険請求した先は、住宅金融支援機構火災保険、○○氏が加入している火災保険事業に対してである”契約時金融公庫火災保険に対して、罹災年月日、証券番号も記載して、請求手続きを行って有るのに」

損保ジャパン日本興亜と共犯となって居る、田代耕平、根岸優介は「罹災復旧工事見積書、工事請負契約書等を”財務省の火災保険事業への請求だから、損保ジャパン日本興亜が、自社の火災保険への請求だ”と偽り、この連中に情報漏えい出来る訳が無い事も、全く字を読んでも理解不可能で”違法に財務省の火災保険への請求情報を、損保ジャパンと共犯で入手して」

当社相手の信用棄損、業務妨害から、公然と凶行し捲って居ます「火災保険金支払い拒絶だ、○○氏は損保ジャパン日本興亜の火災保険に加入して居ないから、火災保険金支払い請求手続きを、損保ジャパン日本興亜に対して取って等居ない」

字も読めないのか、日本語の意味がほぼ、なのか、両方、かも知れませんね。

○○氏、○○氏と損保ジャパン日本興亜火災保険事業とは、何の契約関係も無い、損保ジャパン日本興亜、ここの代理人を名乗る田代耕平、根岸優介とは、何の契約関係も無い故、当事者双方では無いです。

ここまで程度が低い訳です、損保ジャパン日本興亜と田代耕平、根岸優介、多分国家資格所持者にしても、日本語の意味から、なのでは、こうなって当たり前、迷惑千万極まりないです。

財務省犯罪

  • 2019/10/28 09:28

損保ジャパン日本興亜、北海道火災新種サービス課加藤、高垣他幹部と、ここから犯罪を委任され、犯罪を重ねて居る田代耕平、根岸優介は「財務省の事業、住宅金融支援機構特約火災保険事業に加入している、○○、○○氏と、この二軒から工事を請け負った当社を相手にして、損保ジャパン日本興亜火災保険事業に対して、○○氏と当社が火災保険金請求を行って居る、こう完全な言い掛かりを持ち、犯罪を損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介が共犯で重ねて居る、事実証拠は揃い続けて居ます」

この犯罪者連中は、損保の事業、火災保険事業の原理原則、火災保険に罹災者が加入して居る事が大前提で、罹災建物等に付いて、火災保険加入損保に対して火災保険金支払請求が出来る、火災保険に加入して居ない損保、共済に請求しても、火災保険契約が無いなら受付もしない、請求権、火災保険金支払い責任共に存在しませんから。

この一番先の大原則から、本当に無知を超えている故知らないのです、恐ろしいレベルの無知さです。

○○氏、○○氏に送られてくる書面には「損保ジャパン日本興亜株式会社代理人、田代耕平、根岸優介と書かれているけれど”○○、○○氏が損保ジャパン日本興亜の火災保険に加入している証拠の、加入者契約番号は、加入して居ないから書かれて居ません”」

この所業、完全過ぎる犯罪です、損保ジャパン日本興亜と田代耕平、根岸優介は、なんの言逃れも出来ない法破り、犯罪者です「○○氏が火災保険事業に請求した先は、住宅金融支援機構特約火災保険、加入時金融公庫火災保険事業に対して、事故年月日、罹災理由、火災保険適用根拠、加入者番号も記載した見積書を提出して、です」

○○氏、当社は「○○氏が火災保険に加入しても居ない、損保ジャパン日本興亜火災保険事業に、火災保険請求など行って居ません、当たり前です、加入しても居ない火災保険事業損保が、加入して居ない者から火災保険請求を出されても、受ける筈が無いですから」

損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介は「損保事業の大原則から、公に無知さを露呈し、破壊させた犯罪、火災保険加入事実が無いなら、損保と罹災者間に利害関係、当事者関係は存在しない、この大原則の破壊、蹂躙に走って居るのです」

火災保険への加入の可否、加入無なら保険請求自体無効

  • 2019/10/28 09:12

損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介は「火災保険事業の根本、原理原則から、本当に愚か過ぎて知らないんですよね”火災保険契約を損保ジャパン日本興亜と交わしても居ない○○、○○氏が、損保ジャパン日本興亜火災保険事業に対して、火災保険金請求出来る訳が無いし”」

損保ジャパン日本興亜の火災保険加入事実が、○○、○○氏には無いのだから、損保ジャパン日本興亜、火災新種サービス課は「そんな火災保険金請求を受ける道理が無いのです、当たり前過ぎる、常識過ぎる答えです」

○○氏に工事を頼まれて、工事見積書を作成して、工事見積書を提出した先は「○○氏が加入している、住宅金融支援機構特約火災保険事業宛です、証券番号655604○○0001、も記載して見積書を作成して、住宅金融支援機構特約火災保険、加入時金融公庫火災保険事業宛、之も記載して、今年8月28日付見積書を、翌日幹事会社損保ジャパン日本興亜、北海道火災新種サービス課、高垣課長、窓口担当者に提供しました」

損保ジャパン日本興亜の火災保険事業に、火災保険金支払い請求手続きを取った事実は全く有りません、○○氏が加入しても居ない、損保ジャパン日本興亜火災保険事業に、火災保険金請求しても、損保ジャパンが受ける筈が、そもそも御座いません。

損保ジャパン日本興亜は「住宅金融支援機構特約火災保険事業宛に、加入者○○氏所有建物自然災害罹災復旧工事費見積もり等を、当社から出した事も法律的意味も知らず、損保ジャパン日本興亜火災保険事業に工事費見積もりを出した、こう嘘を吐き、嘘と承知で受けた田代耕平、根岸優介共々、犯罪を重ねて居るのです」

余りにも法律以前過ぎる

  • 2019/10/28 08:41

火災保険金請求には「請求者は、火災保険金請求相手損保と、火災保険契約を締結して居なければなりません、火災保険金請求の大原則です」

当社に工事を頼んだ施主二軒は「住宅金融支援機構特約火災保険に加入して居るので、当然自然災害罹災、建物被害復旧工事費を、この事業に請求して居ます、当社が工事見積書を作り、今年8月29日に、住宅金融支援機構特約火災保険事業幹事会社、損保ジャパン日本興亜北海道火災新種サービス課、高垣課長に渡しました」

私は、この件は色々問題が多いようなので、用心して「工事見積の前に、住宅金融支援機構特約火災保険が適用される、自然災害罹災事故、事故日は平成27年12月31日、上階からの、ボイラー凍結による漏水被害だ、ここからこの事業幹事会、損保ジャパン日本興亜北海道火災新種サービス課、加藤課長補佐から確認した上で、この事業が認めた内容で工事見積書を作り、経緯も文書に記載して、住宅金融支援機構特約火災保険、加入時金融公庫火災保険、証券番号655604○○0001、之も見積もり書に記載して提出しました」

この工事見積書、今年8月28日付見積書を、翌日住宅金融支援機構特約火災保険幹事会社、損保ジャパン日本興亜北海道火災新種サービス課、高垣課長と面会して、受け取り印も取り、提供したのです。

始めから「この自然災害復旧工事に関して、適用される火災保険は、施主が加入している火災保険、住宅金融支援機構特約火災保険に請求して居るのです、当たり前です、加入しても居ない損保に火災保険金請求しても、払われる筈が無いのですから」

しかし、狂い切って居る損保ジャパン日本興亜課長、高垣他は「田代耕平、根岸優介とやらを犯罪実行役で使い”施主、当社は、施主が火災保険に加入しても居ない火災保険事業者、損保ジャパン日本興亜に対して、火災保険金請求を行った”こう、完全な嘘を持ち、支払い拒絶だ、等犯罪を重ねて居ます」

加入して居ない火災保険、損保に、火災保険金請求した所で、初めから支払われる道理も無い、損保ジャパン日本興亜もしかり、こいつらの犯罪行為は、まともな代物で無さ過ぎる。

犯罪の積み重ね

  • 2019/10/28 06:25

@麻生財務大臣、政策金融課、当社に工事を委任した○○○氏(証券番号655604○○0001)○○○春、○恵氏(証券656481○○0003)が加入して居る火災保険は”財務省事業母体、住宅金融支援機構特約火災保険”で有り、損保ジャパン日本興亜の火災保険加入では無い、田代耕平、根岸優介に、上記火災保険適用自然災害罹災事故関係資料を、法に背き提供して、犯罪に用いらせて居る事実、証拠に付いて、当社、施主に、法の根拠を持ち、公文書で答える事を求める

                               令和元年10月28日

    ○○浩、○○○春、○恵氏から建設工事を請け負っている会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

麻生財務、金融大臣、政策金融課、住宅金融支援機構特約火災保険
TEL03-3581-4111
FAX03-5251-2217原田、岡本担当、事業母体責任を果たす事
住宅金融支援機構特約火災保険幹事会社損保ジャパン日本興亜
TEL050-3798-3198 高垣、加藤、窓口責任担当
FAX011-251-5894
田代耕平、根岸優介 
TEL011-281-8448 損保ジャパン日本興亜代理自称、国民金
FAX011-281-8458 融支援機構特約火災保険では無い
河井克行法務大臣、司法法制部前田担当、刑事、民事局
TEL03-3580-4111 加入火災保険事業母体が異なれば、弁護
FAX03-3592-7393 士も含め、未加入者相手代理行為不可
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111 火災保険は、加入証明証券、証券番号によ
FAX03-3264-5691 り、両当事者証明、加入無は利害関係無し
紙智子参議院議員会館室、小松秘書
TEL03-6550-0710 証拠の通り、加入火災保険が違う、麻生大
FAX03-6551-0710 臣、財務省責任公式追及を
札幌市共産党市会議員団、担当事務局員増川氏
FAX011-218-5124 加入損保が違う、完全な財務省犯罪
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456火災保険は加入の可否で双方当時者決定
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 未加入火災保険事業者による犯罪
山下直人道警本部長、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110
日本弁護士会連合会会長
TEL03-3580-9841
FAX03-3580-2866
札幌弁護士会樋川会長、犯罪適法決定続発綱紀委員会
TEL011-281-2428
FAX011-281-4823
北海道新聞社主、報道センター吉田、内山、樋口(道警記者クラブ)
FAX011-210-5592

1,麻生財務大臣、政策金融課「当社に平成27年12月31日事故日、自然災害罹災復旧工事を頼んで居る施主二軒が加入している火災保険は、住宅金融支援機構特約火災保険で有り、損保ジャパン日本興亜損保運営火災保険加入では無い、施主二軒共に、住宅金融支援機構特約火災保険、幹事会社損保ジャパン日本興亜送付書面を提供もした通りである」

2、○○浩氏(証券番号655604○○0001)○○雅春、○恵氏(証券番号656481○○0003)共に住宅金融支援機構特約火災保険、幹事会社損保ジャパン日本興亜発行文書である。

3、当社施主二名、○○浩、○○○春、○恵氏に文書を送り続けて居る田代耕平、根岸優介二名の文書、○○氏宛て今年9月3,20日文書と、○○氏宛て今年9月3,26日付文書には「損害保険ジャパン日本興亜株式会社代理人、田代耕平、根岸優介」とだけ記載されて居る。

4、○○浩、○○○春、○恵氏が加入している火災保険は「上記の通り、財務省事業、住宅金融支援機構特約火災保険であり、損保ジャパン日本興亜、この事業者代理を名乗る田代耕平、根岸優介は、○○浩、○○○春、○恵氏が損保ジャパン日本興亜の火災保険加入者では無い事実を当然承知の上で、下記い掛かり、犯罪攻撃を重ねて居る」

5、○○、○○氏と、二軒から工事を請け負った当社に対しての損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介からの言い掛かりは、損保ジャパン運営火災保険に○○、○○氏が加入している二軒は、工事請負会社当社に工事を請け負わせ、平成27年12月31日発生、自然災害罹災復旧工事に付いて、損保ジャパン日本興亜加入火災保険適用事故で見積もり書を作成、提出、損保ジャパン日本興亜火災保険に対し、火災保険金支払請求を行った、行うと告げたと、完全な虚偽主張をぶつけ続けて居る、○○、○○氏、当社に対して損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介が犯罪委任、実行犯で、犯罪を仕掛け続けて居る事実立証が果たされて居る。

6、当然の事であるが「火災保険加入建物罹災による、火災保険金請求は”火災保険金請求先損保と、罹災建物所有者との間で、火災保険加入契約が締結されて居る必要が有る”火災保険加入契約が無いなら、そもそも火災保険金請求を行え無いし、支払請求は受け付け出来る訳も無い”」

7、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介は、施主二件、当社が、○○、○○氏が加入している損保ジャパン日本興亜火災保険に、平成27年12月31日自然災害罹災に付いて、復旧工事費分の火災保険金請求を行って居ると、完全な虚偽主張を用いて、犯罪を仕掛け続けて居るのである、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介から、○○浩、○○○春、○恵氏は、損保ジャパン日本興亜の火災保険に加入して居るとの証拠、双方利害関係当事者との証拠は、存在して居ないので一切出て来て居ない通りである。

8、○○浩、○○○春、○恵氏が加入して居て、平成27年12月31日自然災害罹災復旧工事に付いて、当社が工事を請け負い、○○氏宅の工事見積を、今年8月828日付で作成して、工事費見積もり書を提出した先は「住宅金融支援機構特約火災保険事業、証券番号655604○○0001も記載した見積書を、住宅金融支援機構特約火災保険、加入時金融公庫火災保険宛、窓口が事業幹事会社損保ジャパン日本興亜、北海道火災新種サービス課高垣課長に対し、8月29日付で提出して、受領印も取っている、送った証拠の通りである」

9、麻生財務大臣、財務省政策金融課「財務省の事業、住宅金融支援機構特約火災保険に加入している○○浩、○○雅春、○恵氏から”平成27年12月31日、自然災害罹災復旧工事を請け負った当社が工事見積書を作り、当社が二軒加入火災保険事業に、工事費証明見積書を提出した先は、財務省火災保険事業、住宅金融支援機構特約火災保険、麻生大臣責任火災保険事業に対してである”」

10、この事業幹事会社損保ジャパン日本興亜は「加入損害保険事業、住宅金融支援機構特約火災保険事業宛工事見積書等を”損保ジャパン日本興亜損保運営火災保険に対する火災保険金請求”と、虚偽を持ち、田代耕平、根岸優介に違法に流して、二弁護士も”見積書あて先は加入時金融公庫火災保険宛、施主火災保険加入者証券番号655604○○0001”となっている以上、損保ジャパン日本興亜損保運営火災保険宛て請求では無い、○○、○○氏、当社に言い掛かりを付ける委任と承知で”犯罪行為代理受けした、この事実立証が果たされて居る」

11、財務省運営火災保険事業宛見積書等を「このような犯罪に用いらせて居る責任を、正しく取るよう求める、先ず犯罪を止める事を、財務省、事業運営責任を持ち行う事を早急に求める」

12、財務省「本件平成27年12月31日発生、自然災害罹災事故届受け済み、照会番号18-120○○9737(届け出年月日も分かる記録)本件文書責任者住宅金融支援機構特約火災保険幹事会社、佐々木直樹、との書面も出ている、火災保険の時効は”罹災事故届け出を受理した時点で停止される”火災保険適用罹災事故届を受けて居ながら、時効がカウントされる等、法律規定で有り得ない”民事、刑事訴訟法手続き実施後と同様である」

13、財務省、近年大規模自然災害が発生し続けて、家屋罹災後建設工事会社、職人が圧倒的に不足しており「損害保険事業に罹災届を出した後、1~2年かそれ以上、建設工事請負者が見つからず、罹災復旧工事見積書作成も出来ない状態が、特に本州、昨年までは関西以南、今年は関西、関東各地で発生している”加入火災保険事業に罹災届を出して有るが、施工会社が見つからない事例が多発して居る、との事だが復旧工、火災保険踏み倒し、住宅金融支援機構特約火災保険も同じ”として居るのか、政治が公に動くべき、重大な財務省、司法、損保、共済火災保険事業犯罪である」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5045512
ユニークアクセス:4260563
今日
ページビュー:705
ユニークアクセス:693
昨日
ページビュー:1519
ユニークアクセス:1262

Feed