エントリー

2019年11月01日の記事は以下のとおりです。

違法な火災保険だから

  • 2019/11/01 17:48

保険と言うのは保険事業者と保険に加入する、加入者とが「加入する保険の証券、約款を共に持つから”何処の、何の保険に加入しているか、何に対して、幾ら保険金が出るか、双方が確認出来るのです”」

ですが、金融公庫、フラット35住宅融資を受ける場合、債権回収の為に、強制加入させられて来たこの融資事業が行う火災保険の場合「金融公庫、フラット35事業、住宅購入資金融資債権者が、火災保険金を債権回収で受け取る火災保険なので、債務者、保険加入者には保険証券、約款は無いのです」

ですからこの火災保険は「債務者、被災者と損保ジャパンとで、火災保険加入証拠も、正しい約款規定も無い中で”施工業者と損保ジャパン、鑑定人の話し合いで保険が出る、出ない、何に対して火災保険が適用される、適用されない、を、協議で決めて来て居るのです」

この火災保険、完全な詐欺契約、事業です「ここに損保ジャパン日本興亜、加藤、高垣、支店長、田代耕平、根岸優介、札幌家裁、裁判官は付け込もうとして来たのです、こちらに何の証拠も無いから、どんな罠も仕掛け放題、言い掛かりを付け放題出来る訳です」

でも当社は、この火災保険の危険さを知って居たから、色々な武器を揃えて来て居ます、さっき財務省政策金融課、原田にも通告しましたけれど。

「金融公庫、フラット35融資は”居住用の融資なので、途中で事業用に使う、誰かに貸し出すとすれば、融資引き上げ、全額返済、火災保険契約解消、火災保険適用不可”なのですが」

窓口の損保ジャパンがいい加減なのと「長期の火災保険契約で、証券、約款も債務者は貰って居ないから”上記が違法と、債務者は知らない、知って居た、と証明出来ない訳です”」

事業用に転用している、他者に貸し出して居る、この事は「損保ジャパン日本興亜が立証責任を負って居ます”後は借入者、火災保険加入者が、何も無い中でこれ等違法を認識していた、之を損保ジャパンが証明しなければならなかったのです”」

財務省政策金融課の原田に、この事も通告しました、最近罹災した山のような建物、金融公庫、フラット35住宅融資を受けて居て、事業に転用、貸し出ししていた建物の有無、ここから調査、証明が必要、過去7年分も。

財務省にこれを、知った以上知らない事には出来ないから、徹底的に調査、証明、火災保険適用可否、資金引き上げ可否をさせると通告しました。

財務省犯罪追加

  • 2019/11/01 15:58

@財務省政策金融課原田担当は”損保ジャパンに金融公庫、フラット35住宅融資事業に付随して居る、火災保険事業手続きを行わせて居るので、この事業は損保ジャパンの事業です”と、財務省が民間業者に国を売る発言を行って居ます

                                令和元年11月1日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

紙智子参議院議員会館室、小松秘書
TEL03-6550-0710 共産党他政治も金融公庫、フラット35、
FAX03-6551-0710 質権設定火災保険事業を売る共犯ですか
札幌市共産党市会議員団、共産党窓口、代表人増川事務局員
FAX011-218-5124
麻生財務、金融大臣、政策金融課岡本、原田、上記事業違法差し出し
TEL03-3581-4111
FAX03-5251-2217 国の事業差し出し証言、記載先は確認
住宅金融支援機構、窓口札幌支店、債権回収菊地、工藤他代理
TEL03-3812-1111
FAX011-261-8301 金融公庫、フラット35火災保険は長期契約
FAX011-796-9352 質権設定、契約内容債務者は知る由無し
財務省から国の事業強奪、財務省も公認損保ジャパン日本興亜
TEL050-3798-3198
FAX011-251-9854 金融公庫、フラット35融資金も強奪と
森雅子法務大臣、司法法制部前田、刑事、民事局
TEL03-3580-4111
FAX03-3592-7393 遂に損保、弁護士で財務省事業も強奪
大谷直人最高裁長官
TEL03-3264-8111
FAX03-3264-5691

1、財務省政策金融課原田氏と話して、下記財務省ぐるみ犯罪を認める答えが出ました。

2、原田氏の答えー金融公庫、フラット35住宅融資の時、貸付金回収の為、金融公庫、フラット35事業で行っている火災保険を締結させ、貸付金回収用に質権設定して有る”この火災保険手続きを損保ジャパンに行わせて有るから、金融公庫、フラット35事業、質権設定火災保険事業は損保ジャパンの事業です”

3、山本ー金融公庫、フラット35住宅融資を受けるに祭し、質権設定されている、この事業が行って居る火災保険契約は、金融公庫、フラット35融資先との契約で、安田火災、損保ジャパン、損保ジャパン日本興亜との契約では当然無い、財務省は損保ジャパンに金融公庫、フラット35住宅融資貸出事業と、火災保険事業を、同じ事業母体だから融資資金毎渡した、と言うのだな、財務省が言うのだから確かだろう、民間損保に大蔵省、財務省の事業を差し出した、国始まって以来の権力犯罪だ。

4、原田ー損保ジャパンに金融公庫、フラット35融資の火災保険窓口を扱わせて居ますから、損保ジャパンがこれ等事業母体なのです。

5、金融公庫、フラット35住宅資金融資を受けるに祭し、この事業運営火災保険は質権設定されており、債務者、火災保険契約者には保険証券も、特約を証明する約款も無い、25~35年同じ契約のままで選択肢は無い、こちらは何緒証明も出来ない、国が犯罪を行う前提が無いからこうなって居る、ここを悪用して損保ジャパン、司法に付け込ませて居る訳だ、だから損保ジャパン、弁護士、裁判所犯罪し放題が通る、財務省も共犯と言う事を認めた訳だ、税金で利子補填して居る金融公庫、フラット35融資資金毎、財務省は損保ジャパンに差し出したと認めた、政治も共犯だな。

6、こう言う答え、事実確認済みです、共産党、財務省は国民の血税注ぎ込み融資、火災保険事業を損保ジャパンに差し出した、証券、約款無しに付け込ませ、犯罪の限りを尽くさせて通して居る、自白が取れました。

損保、弁護士犯罪を無条件公認

  • 2019/11/01 09:55

損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士が「金融公庫事業、住宅金融支援機構事業は損保ジャパンの事業だ、契約時金融公庫火災保険事業に、自然災害罹災復旧工事費見積もりを出した事は、損保ジャパンに対する”損保ジャパンが契約者に負って居るかも知れない、損害賠償債務支払い請求だ」

ここまでの虚言、テロを公式に謳い、裁判所、裁判官、財務省、法務省、警察、政治が「損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介は正しい、その通りだ、と偽り、合法と虚偽認定、追認している事実でも、損保、共犯弁護士に、あらゆる犯罪を国家権力総出で認めている結果だと、良く事実証明されて居ます」

損保、弁護士犯罪事業者が、どんな犯罪に手を染めてでも「保険金支払いを潰せるように、損保、弁護士に、犯罪全部を、国家権力全部が共謀して、闇で認めて有ると言う事が、更に正しく証明されたのです」

損保ジャパン、田代耕平、根岸優介が共犯で「国の事業である、契約時金融公庫火災保険、今は事業委託先が住宅金融支援機構事業は、金融公庫時代から損保ジャパンの事業だ、こうまで嘘を公に吐き、裁判所、裁判官、財務省、法務省、政治、警察、報道ぐるみ、正しい主張、事実だ」

こう嘘を吐き、損保ジャパン、田代耕平、根岸優介が正しい事に、公に国家権力悪用で、強引に決めると暴走して居ます。

単なる民間事業者の損保ジャパンと、単なる事業者でしか無い田代耕平、根岸優介弁護士の犯罪を、裁判所、裁判官、検事、検察庁、警察、財務省、法務省、政治が共謀して、正しい犯罪だ、金融公庫事業、住宅金融支援機構事業は損保ジャパン日本興亜の事業で間違い無い、こう完全な嘘で、国の事業を損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介に差し出しに走って居るんです。

こいつらは公に、金融公庫事業、住宅金融支援機構事業を乗っ取れたのです、裁判所、裁判官ぐるみの犯罪、検事、検察庁、財務省、法務省、警察、政治、報道が共犯で成功させて居ます。

遺品整理、遺産泥棒請負など、ここまでの異常事態になって居ます、犯罪ですが、もう犯罪と立件も無理では無いでしょうか、損保、弁護士が共謀して、公に国の事業を自社事業だ、こう嘘を吐き、乗っ取れるのですから、遺品整理屋は所詮、個人の財産、遺産泥棒ですから、国の巨大事業乗っ取り、損保、弁護士指揮で成功している、等はしていません。

損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士は「日本の損保、司法犯罪実態を、国の事業公乗っ取り実行、国家権力全てが国の事業乗っ取り支援、完全な言い掛かりで火災保険請求潰し実行、他国家権力共犯で合法請求潰し、この公実例、証拠を作って、通されて居ます」

国の事業乗っ取り事件

  • 2019/11/01 08:45

札幌家裁、裁判官、令和元年(メ)124号調停事件受付のこの狂い切った国家権力は、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介の共犯犯罪を無条件で受け入れて、金融公庫事業、住宅金融支援機構事業を損保ジャパン日本興亜に乗っ取らせる、之を公に凶行に走って居る、司法犯罪もここまで狂ったテロにまでなった、日本初の弁護士、裁判官、裁判所、法務省、財務省他テロ事件です。

札幌家裁、裁判官、令和元年(メ)第124号”契約時金融公庫火災保険に、保険加入者が保険金請求を行った、窓口が損保ジャパン日本興亜なので、損保ジャパン日本興亜に見積書を渡した”損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士は”金融公庫火災保険、現在は住宅金融支援機構事業運営特約火災保険事業は、金融公庫の時から損保ジャパン日本興亜の火災保険事業だ、この虚言所では無い、国の事業公式乗っ取りを、正しい事実だ、と偽り、事件で請けて。

札幌家裁、担当裁判官は「損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士が正しい、三木が平成5年に火災保険契約を締結した、金融公庫火災保険事業は、当時から損保ジャパン日本興亜の火災保険事業である」

こう、完全な嘘、テロを「公式に正しい事実だ、と、例によって弁護士犯罪に無条件追従して決定して居るのです、財務省、法務省、警察、政治も直接共犯で、損保ジャパン、田代耕平、根岸優介に、金融公庫火災保険の公式乗っ取りを、公然と支援して居るのです」

国の事業を、単なる民間損保の損保ジャパン日本興亜に、公式に乗っ取らせるべく裁判所、裁判官、法務省、財務省、警察、政治が共謀して、テロ支援して居ます。

おれおれ詐欺等何処にも犯罪性は無い「金融公庫事業は損保ジャパンの事業だ、現在は住宅金融支援機構に事業移管された、金融公庫事業、住宅金融支援機構事業は、元から損保ジャパンの事業だ」

ここまでのでっち上げ、嘘が、公に通されて居るのですから、単なる民間損保、弁護士風情が「国の事業を公に乗っ取れて居るのです、弁護士、裁判所、裁判官、検事、検察庁、法務省、警察、政治の犯罪加担を得られて居るので」

弁護士、裁判官、裁判所犯罪が加速、国の事業強制乗っ取りまで

  • 2019/11/01 08:16

弁護士に犯罪を認めて有り、弁護士と手を組めば、どんな犯罪でも凶行し放題出来て、合憲、合法破壊を法務省他行政機関、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、政治、報道ぐるみ破壊させて、弁護士と共謀犯罪を、常に正当と偽り、成功させて居ます。

之がどんどん加速して来て、国の事業を公式乗っ取りまで、公然と凶行に走れて、通される事態にまで発展させられて居ます。

契約時は、金融公庫融資を受けたので、金融公庫火災保険事業との契約火災保険契約を「損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士、札幌家裁、裁判官、財務省、法務省が共犯で”損保ジャパンが金融公庫事業、現在は事業を、財務省が住宅金融支援機構に業務委託して有る、この事業は損保ジャパン日本興亜の事業だ”」

こう、公に偽り、このとんでも虚言を押し通しに暴走して居るのです「国の事業を損保ジャパン日本興亜、弁護士犯罪国家資格者に乗っ取らせに走って居る、正気さがもう微塵も遺って居ません」

弁護士に犯罪を闇で認めて、弁護士の犯罪指揮に、何も考える事もせず、無条件で従って来ただけ、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、国、地方行政機関、政治、報道全部之。

この結果が「弁護士が犯罪を指揮して、国の事業公式乗っ取りまで、公に凶行出来て、他の国家権力が共犯で、国の事業強制乗っ取りまで通しに暴走して居るのです」

xx機構を乗っ取れる実例、証拠も出来て居ます、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士が共謀して「弁護士委任状無しで犯罪を重ねて、損保ジャパン西澤社長との委任状を田代耕平、根岸優介が偽造して、札幌家裁、裁判官、財務省、法務省がこれ等犯罪を公式支援して居るのです」

機構を乗っ取れる実例が、今作られて居ます、国家権力犯罪とすれば、前代未聞の犯罪実例です、民間損保、犯罪弁護士、裁判所が機構を乗っ取る訳です。

遺産窃盗事業者

  • 2019/11/01 07:25

@損保、遺産泥棒業者、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士に財務省、法務省、裁判所、裁判官が共謀して、住宅金融支援機構損保ジャパン、弁護士乗っ取りを、公に行って居ます、詐欺処では無い国の事業乗っ取りです

                                令和元年11月2日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※遺産泥棒請負遺品整理業者、有料で権力犯罪証拠提供します、損保犯罪被害者の会総務担当より

ネクステップ水江千秋社長
TEL011-221-1233
FAX011-210-4020どうせ犯罪を行うなら、記載犯罪位の犯罪を
ルーツ・オブ・ジャパン湊源道社長
TEL011-803-6445
FAX011-803-6446 困って居る遺族の手助け、泥棒が手助け
遺品整理おもいで社長
TEL0120-817-683
FAX011-299-7753
三井住友札幌火災新種保険金支払い 合澤所長
TEL011-213-3327 御社は住宅金融支援機構乗っ取りは?
FAX011-272-0003
東京海上日動火災新種サービス課課長
TEL011-271-4817
FAX011-271-1328 そんじゃに続き、機構乗っ取りを是非
協同通信社札幌支局、各記者
FAX011-221-8898
NHK札幌放送局放送部デスク
FAX011-231-4997
道新社主、報道センター吉田、内山、樋口(道警記者クラブ)
FAX011-210-5592

1、遺品整理、遺産泥棒など小さい、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士、財務、法務省、札幌の裁判所、裁判官は「財務省事業住宅金融支援機構を損ジャ、弁護士に乗っ取らせるべく暴走して居ます”当社が契約時金融公庫火災保険に、自然災害罹災工事金請求したら、損ジャ、弁護士、裁判所、財務、法務省がここまでのテロに発展させました”」一部証拠提供、遺品整理屋、他を有料提供します。

弁護士指揮、司法ぐるみの犯罪

  • 2019/11/01 06:24

@弁護士が主犯、指揮犯、共謀するのは裁判官、裁判所、行政機関、警察、手口は共通、合法破壊による、弁護士指揮犯罪強制適法化”財務省事業住宅金融支援機構事業も、損ジャ、弁護士が強奪、財務省、裁判所、裁判官他共謀”札幌家裁令和元年(メ)第124号調停、機構事業強奪損ジャ、田代耕平、根岸優介弁護士提起、裁判所、財務省共謀犯罪調停、この事業火災保険踏み倒し他被害者、三木氏書面添付

                                令和元年11月2日

財務省事業、住宅金融支援機構特約火災保険に対し、自然災害罹災復旧工事見積を、加入者三木浩氏から請け負った会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

※財務省も法務省他ぐるみ、弁護士、裁判官、裁判所とも共謀し、憲法、法律破壊、国民の財産強奪他に直接加担、最早テロ組織
財務省 北海道財務局管財部 第3統括国有財産管理官
竹花聖生国有財産管理官 公権力が揃ってテロ、犯罪集団、国民相手
TEL011-709-2311 財務省も弁護士主犯犯罪に加担して、国民
FAX011-709-2180 の財産強奪、財務省火災保険踏み倒し
麻生財務、金融大臣、政策金融課金融、保険、住宅金融支援機構
TEL03-3581-4111 原田、岡本担当
FAX03-5251-2217 財務省は損ジャ、司法に財務省を売った
住宅金融新機構、窓口札幌支店菊地債券回収担当
TEL03-3812-1111
FAX011-261-8301 財務省は機構を損ジャ、司法に売った、債
FAX011-796-9352 券も損ジャに法を犯し提供の筈、統一せよ
住宅金融支援機構を手に入れた損保ジャパン日本興亜、西澤社長
TEL050-3798-3198 金融公庫火災保険は損ジャの事業と虚偽
FAX011-251-5894 調停提起、札幌家裁、裁判官、財務省共犯
紙智子参議院議員会館室、小松秘書
TEL03-6550-0710 共産党も財務省事業を損ジャ、司法に違法
FAX03-6551-0710 提供した共犯、で良い訳ですね
札幌市共産党市会議員団、党担当増川事務局員
FAX011-218-5124
森雅子法務大臣、司法法制部前田、刑事、民事局
TEL03-3580-4111 財務省事業損ジャ、司法が強奪共犯、法相
FAX03-3592-7393 入れ替えせず憲法、法は無効適用を
大谷直人最高裁長官、金融事業、保険事業は強奪成功
TEL03-3264-8111 xx機構は元国の事業移管先、損ジャが元
FAX03-3264-5691 母体との虚偽まで通す法曹権力
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、家裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 xx機構、損ジャ、弁護士で強奪実施加担
植村実札幌高検検事長、地検検事正 弁護士犯罪共犯
FAX011-222-7357民間損保が財務省事業母体偽り、前代未聞
山下直人道警本部長、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110xx詐欺、保険金詐欺、横領立件不可
日本弁護士会連合会会長
TEL03-3580-9841 弁護士犯罪、共犯裁判官、裁判所、遂に
FAX03-3580-2866 xx機構強奪まで通るように
札幌弁護士会樋川会長、犯罪加担綱紀員会
TEL011-281-2428 口頭で弁護士代理凶行、単なる犯罪、委任
FAX011-281-4823 状弁護士が偽造、行使も立証

1、弁護士ぐるみ犯罪を、合憲、合法破壊に加担して強制適法化を果たす、金融機関資金強奪実例証拠多数に続き、契約時金融公庫火災保険、現在住宅金融支援機構特約火災保険事業を、法を破戒させて、損保ジャパン日本興亜に乗っ取らせるべく、田代耕平、根岸優介弁護士、財務省、法務省、札幌家裁、裁判官が共犯で「札幌家裁令和元年(メ)第124号調停事件提起、強制成立で果たすべく暴走して居ます」

2、日本年金機構、国立大学病院機構、住宅金融支援機構等機構は「元は国の機関の事業を、機構を設立して移管した事業です、民間事業では有りません」

3、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士、札幌家裁、裁判官、財務省他は、契約時金融公庫火災保険、現在住宅金融支援機構特約火災保険事業を「金融公庫時代住宅金融支援機構に移管の今まで、損保ジャパン日本興亜の事業だった、こう偽り、上記調停を”西澤社長の委任状も弁護士偽造に手を染める、等に走り提起、受理、強制事実化に暴走して居ます」

4、住宅金融支援機構特約火災保険に対し、加入者として火災保険金請求手続きを「損害賠償請求だ、とも、財務省が加担し損ジャ、委任状無しから偽造弁護士で偽り、詐欺調停で通しに走って居ます」

5、財務省、法務省、法曹権力、警察が共犯で、ここまでの権力悪用犯罪を、損保ジャパン、田代耕平、根岸優介指揮で行い、通されて居ます「機構乗っ取りまで国家権力が加担、最早完全な犯罪国家権力です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653260
ユニークアクセス:3903597
今日
ページビュー:50
ユニークアクセス:50
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed