エントリー

2019年11月08日の記事は以下のとおりです。

控訴事件

  • 2019/11/08 18:50

阿部さんの遺産が、阿部さんの弟の息子、甥によって違法に奪われた事件、甥が遺産を根こそぎ法を犯し、奪い切りに走っている事件。

遺産不動産強盗事件は、控訴事件となって居ます、多分日本初であろう「平成28年12月19日、最高裁大法廷最終決定、相続遺産分割除外説今後採用禁止、民法第896条違反、相続人全員の共同相続遺産を、法に反し収奪しているので」

この最高裁大法廷最終決定と「帳簿上は甥が盗んだ遺産預金を、北海道銀行が戻した証拠、之を軸とさせて、公に対抗します」

遺産泥棒闇犯罪、弁護士用犯罪説、公式に犯罪です、糾弾して行きます、単純な泥棒ですから。

遺産強奪、泥棒被害は、無差別に国民の多くに、不当ですが降り掛かって来ます、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、国税、報道他が実行犯で成功に、強引に持って行って居る、完全な国家権力犯罪です。

今ではこの国家権力、居直り強盗以下に陥って居ます、居直るいい訳すら、もう無くなっている中で、公然と強盗、泥棒に走って居るのですから。

今もあちこちの金融機関、裁判所が、弁護士犯罪指揮を受け、この犯罪を先を争い凶行し捲って居ます、ソマリア等と変わらない、完全な治外法権司法テロ国家です。

弁護士犯罪国家

  • 2019/11/08 17:32

川田、三木さんの一件でも更に分かる通り「弁護士冤罪は日常行為です、弁護士委任状などほぼ交わさず、弁護士は、法を犯し放題に暴走し捲って居ます」

金融公庫特約火災保険事業への、合法な保険金請求事件で、麻生、赤羽大臣の委任状も無しで「損保ジャパン日本興亜が金融公庫特約火災保険、壽拓金融支援機構特約火災保険事業母体だ、こう虚言を吐き、麻生大臣の委任状が有る、と嘘を重ね」

結局麻生大臣の委任状など無い事もばれている通り、「犯罪を重ねて来ている弁護士の悪事の数々等の通り、弁護士犯罪国家資格者は、憲法、法律など守る気も無い、根っからの犯罪行為者だと」

更に「全く関係無い筈の、北洋銀行との共謀により、川田、三木氏を損保ジャパン日本興亜共犯弁護士が、言い掛かりで犯罪者にでっち上げるべく、も起きて居るのです」

弁護士連中の、法の無知さ、テロ、犯罪を日常としている、テロ犯罪国家権力の現実の数々は、公になってしまっている、日本中で凶行され捲って居る、公然たる法曹資格者テロ、犯罪なのです。

口座名義人を偽り、金融機関職員と共謀して金融機関の資金を横領、窃盗して、偽造を重ねて口座の金を盗んで「偽造で口座名義人が、自分の預金を引き出した、と偽って有る、正しい犯罪だ、預金は正しく引き出され、泥棒の所有となった、泥棒の仲間の弁護士、裁判官がでっち上げで正当化した」

も合わせて、日本は完全な弁護士指揮、国際テロ犯罪国家に成り果てて居ます。

口座名義人を偽り、金を盗む行為は正しい、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察ぐるみでこの犯罪を、正しい犯罪だ、と偽り、押し通す事ばかりに暴走して居ますから。

常軌を逸し過ぎた損保、司法、銀行犯罪

  • 2019/11/08 16:27

金融公庫火災保険が適用される、一般的な自然災害罹災、建物損壊被害の修理行為を請負、工事見積を出した、だけですけれど。

法を犯し続けて来て居る(自供でこうだった)損保ジャパン日本興亜、北海道火災新種サービス課、加藤課長補佐が逆恨みに走り「罹災届け出記録を偽造して、当社が金融公庫火災保険金詐欺を働いている、とでっち上げた訳です」

損保にしか無い記録ですから「こうやって損保で偽造されれば、普通はこちらで対抗出来ません、まして”金融公庫特約火災保険事業は、元は建設省、大蔵省が所管する、特殊法人政策機関の事業ですからね、記録を偽造して、他者、他社を陥れる事自体、厳禁されて居ますから”」

でも損保ジャパン日本興亜、飼犬犯罪実行役弁護士連中、弁護士会、裁判所、裁判官、警察、検事、検察庁、報道等、悪の側に立っている国家権力には、法の順守など意味も分からない、犯罪を幾らでも凶行出来る特権を、自分達は与えられているんだ、こう本気で狂信しており、犯罪の限りを尽くして、国家権力故犯罪が正しい、と偽り、常時通せて居るのです。

この連中には合憲、合法等、何を差すか全く分らない、そんな行為の存在すら、理解不可能なのです。

弁護士犯罪指揮に、盲目的に従い、弁護士犯罪を成功させるべく、犯罪、テロの限りを尽くし捲って居ます、それを重ねて、言い掛かりで無差別に誰かを陥れて居るんです。

犯罪が悪い、禁じられているのは「平民に限って居るのですよ、平民でも”弁護士に犯罪利得を一部分け与える”事を条件として、国家権力犯罪を自由に凶行出来て居ます」

うちの場合

  • 2019/11/08 10:19

@別紙内容に準じ、金融公庫特約火災保険申し込み、契約書と、金融公庫特約火災保険証券を当方に返さなかった、渡さなかった理由を、文書で答えて下さい

                                令和元年11月8日

相手先 金融公庫、年金住宅購入資金融資契約、及び金融公庫特約火災保険契約を、国の事業者として、私と妻との間で交わした金融機関

北海道銀行 本店で契約
TEL011-233-1121
FAX011-233-1166 個人融資部門、後藤担当

                              文書回答を求める者
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                      山本弘明
                                     山本あつ子

1、私たち夫婦は平成元年3月、住宅金融公庫と年金事業との契約を交わし、合わせて1930万円の融資を受けており、当然必須となって居た、金融公庫特約火災保険契約も交わしておりました、支払いは5月頃からです。

2、この融資金は、金融公庫融資は平成21年に繰り上げ全額返済して、年金融資は平成25年4月に、まだ金融公庫火災保険契約が残っている中で、全額返済して居ます。

3、ですが「金融公庫特約火災保険に付いて、まだ保険契約も残って居ましたが、火災保険証券も含めて”ご契約カードの記載と違い、返済完了まで契約金融機関で預かっている筈の金融公庫特約火災保険証券等は、一切返還されて居ません”別紙一式書類も精査頂き、法を踏まえた理由を、文書で今月15日まで、頭取名の書面で回答願います」

ここまで犯罪塗れ

  • 2019/11/08 08:28

川田、三木さんが昨日、金融公庫住宅融資と、金融公庫特約火災保険の契約を、この事業として取り交わした、北洋銀行清田区役所前支店に行き、川島職員と面会して、色々この事業の黒い実態を確認して来た事で、国の事業とは思われない、真っ黒い実態が、更に証明出来たのです。

今日の書面の記載による通り「住宅金融公庫事業、住宅購入資金融資事業と、融資資金回収の為、必ず掛けさせて、債権者である住宅金融公庫と年金事業の質権を設定して有る、金融公庫特約火災保険事業で行われている、正しく犯罪行為複数が、昨日更に表に出されて居ます」

北洋銀行もまあ、正直に色々裏で行っている悪事、犯罪を証言しますよね、お陰で疑問が幾つも解消されて居ます。

うちも金融公庫、年金住宅購入資金債務を、繰り上げで返済しましたけど「調べて見ましたが、金融公庫特約火災保険加入契約書も、保険証券も、一切貰って居ません」

金融公庫特約火災保険証券控え?に書いてある「金融公庫特約火災保険証券は、債務を全部返済するまでは、住宅金融公庫事業の業務を代行している、住宅購入資金と金融公庫特約火災保険を契約した、各金融機関で融資金完済まで預かって居ます」

この記載も、嘘だったと証明されて居ます、完全なマフィア、犯罪組織の所業ばかりですねえ。

これ等の犯罪事実は、国の事業契約を、国として任されて居る各金融機関が、最も拙かったようです、合わせて金融公庫特約火災保険支払い手続き代行の、損保ジャパン日本興亜が、幾つも法を犯す業務に走っており、拙い訳です。

と言う事実が有り、法を共に犯している立場故、金融機関と損保ジャパン日本興亜、弁護士連中、裁判所、裁判官が「闇で共謀して、法を犯してこちらを陥れるべく、に暴走し続けて居ると言う」

金融公庫事業犯罪

  • 2019/11/08 08:04

@金融公庫、金融公庫特約火災保険事業で行われている犯罪、三木、川田氏が昨日、契約金融機関北洋銀行清田区役所前支店に行き、この事業で行われている犯罪事実を確認して来ました”火災保険証券作成せず、火災保険申し込み契約書所在知らず、犯罪が暴かれ拙いので、損ジャ、弁護士、北洋銀行闇謀議”等が出ました

                                令和元年11月8日

三木、川田氏から、金融公庫公庫特約火災保険適用自然災害罹災復旧工事を請け負った会社
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
                           損保犯罪被害者の会案件

日本共産党札幌市会議員団、党窓口増川事務局員
FAX011-218-5124
麻生太郎副総理、財務、金融大臣、政策金融課原田、岡本担当
FAX03-5251-2217 別紙調停提出書記載犯罪も、国が委託?
赤羽一嘉国土交通大臣、住宅局民間事業支援調整課、伯老日ほうき
FAX03-5253-1553 建設業課岡崎担当経由
森雅子法務大臣、司法法制部前田担当、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
山下直人道警本部長、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110
三井住友海上火災新種、保険金お支払い合澤所長
FAX011-272-0003
東京海上日動札幌火災新種サービス課課長
FAX011-271-1328
北海道新聞社主、報道センター吉田、内山、樋口道警記者クラブ
FAX011-210-5592
NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-231-4997
協同通信社札幌支局,記者各位
FAX011-221-8898
HBC報道制作センター報道局、中館デスク
FAX011-221-6807

1、金融公庫特約火災保険事業で「この事業国代行契約事業者金融機関は”法を犯し、金融公庫特約火災保険証券作成自体せず”保険契約申し込み契約書も合わせ、契約者に返さないので所在知らず、他証言を取り、種々犯罪証言も取って有ります、詐欺調停提出文書で確認下さい」

真っ黒い国の事業と

  • 2019/11/08 06:25

事件番号 札幌簡易裁判所令和元年(メ)第124号
       債務不存在確認調停事件

                                令和元年11月8日

申立者 損保ジャパン日本興亜株式会社
相手方 三木浩
札幌簡易裁判所調停12係イ 山本浩希書記官 御中
TEL011-221-7411
FAX011-221-7477

                              相手方 三木浩印

本調停は民事調停法第2条を利害関係当事者が悪用し、第三者である三木浩が法で守られている、契約時金融公庫特約火災保険金請求を、法を犯す事で潰す目的の、詐欺調停で有るので、本調停無効と改めて告知し、双方当事者関係無い故、出廷は不要故行わない

1、本調停提出文書は、契約時住宅金融公庫特約火災保険所管、国土交通省住宅局民間事業支援調整課、伯老日(ほうき)担当部署と、財務省政策金融課原田、岡本担当他宛、政党他に、公に配布する事を伝えて置く。

2、昨日三木浩妻は、同じ金融公庫特約火災保険加入者で、同じ3階からの、ボイラー凍結、破損による自然災害建物罹災者川田雅春氏妻と共に、金融公庫住宅融資、金融公庫特約火災保険契約を、国として交わした先、北洋銀行清田区役所前支店に行き、川島担当と面談して、次の事実を伝えられている。

川島ー三木氏、川田氏共に、北洋銀行が住宅金融公庫事業者として、金融公庫住宅融資契約と、金融公庫特約火災保険契約、火災保険申し込み手続きを、これ等事業母体として受け、北洋銀行が契約を交わしたのは事実です”当時の安田火災は、多分金融公庫特約火災保険事業の、国の代理店、と言ったような立場では無いでしょうか”国所管の火災保険事業母体として、金融公庫特約火災保険契約を、金融公庫住宅融資を受ける契約者と、事業母体として交わせる立場では、安田火災は無いです”契約出来るのは、金融公庫住宅融資と合わせて、金融公庫特約火災保険契約を、国の機関から、国として任されている、各金融機関です。

川島ー住宅金融公庫特約火災保険証券は、契約、規約に背いているが、事業母体として契約した金融機関は、実は一切作成しておらず、当然債務完済後、契約者に渡す事も一切行って居ません、火災保険証券作成、完済後契約者に返還、が責任付けられて居るが、金融公庫事業事業母体となって居る金融機関が、そもそも一切作成して居ないので、存在しない火災保険証券です。

川島ー金融公庫特約火災保険契約、申込書原本も、事業母体となって居る金融機関保管の筈ですが、住宅購入資金完済後、契約者にこの火災保険契約、申し込み書類も、早期返済なら火災保険契約も残って居るが、一切渡さないので、どうなっているか全く知りません。

川島ー金融公庫火災保険正規証券は、火災保険申し込み、契約締結後、証券控えとして契約者に送付している、ご契約カードの記載に沿い、金融公庫特約火災保険事業母体として、契約各金融機関で正規金融公庫特約火災保険証券を、次の必要事項を記載して作成して、金融機関で、債権返済時まで保管、完済後契約者に渡す事が、契約で責任付けられています。

川島ー金融公庫(年金事業)融資分に付いて、火災保険金受取質権設定を、1番が金融公庫融資事業、2番が年金事業と設定した、住宅金融公庫特約火災保険証券正本を、住宅金融公庫、年金住宅融資契約と、住宅金融公庫特約火災保険契約、申し込み契約締結後、速やかに上記質権設定事項を記載した、住宅金融公庫特約火災保険契約証券を、事業母体として、各金融機関で作成して保管し、繰り上げ返済、完済後、契約者に渡す事が責任付けられて居ます。

川島ーですが”特に川田氏のように、金融公庫住宅購入資金融資を受けて、返済中の方の金融公庫特約火災保険証券は、内容に色々障りも有り、国交省、財務省に上げる必要も出るし、今後も金融機関として、作成、契約者に提供する訳に行きません”三木氏は北洋銀行に住宅購入資金融資を借り換えした、民間の融資なので、金融公庫特約火災保険証券を、事業母体となっている北洋銀行で、之から作成します、民間からの住宅購入資金融資に変わっており、財務省、国交省は関係無い、証券の内容も問われないので、どう作っても良いから、これから当行で作成します。

川島ー三木、川田氏は、金融公庫特約火災保険金請求後、損保ジャパン、この火災保険事業内容に絡み、損保ジャパン日本興亜に不都合が色々有るようで、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士事務所と当行で「三木、川田氏関連、金融公庫特約火災保険への、火災保険金請求関係情報を、情報守秘は無関係で渡し合って居ます」

川島ー先月川田氏は、当行に来て色々聞いて行った事が、当行、損保ジャパン日本興亜にとって障りも有り、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士に当行から即刻情報を流して、委任して居ない田代耕平、根岸優介弁護士との間で”今度又来る事も想定して”川田(三木)が、違法に北洋銀行の業務を妨害した、との罪状を付け、刑事告訴を、まだ委任して居ない田代耕平、根岸優介弁護士からさせる”事の手(謀議)も打って居ます、その伏線で先日川田氏に、田代耕平、根岸優介弁護士から、当行の業務妨害に付き、刑事事件手続きを取る、等文書を、委任せず送らせました、二回目の訪問(業務妨害とさせる)が有れば、刑事告訴出来るように仕組んだのです、守秘情報違法漏洩、違法な弁護士行動委任等、金融公庫事業で関係無いです。

2、昨日の、北洋銀行からの事情聞き取りは、上記の通りである「事実捏造、当時者虚偽他本調停事件は、損保ジャパン日本興亜と住宅金融公庫、特約火災保険事業、利害関係当事者にとって非常に不都合、複数の法を犯す行為が現出させられて不都合故、虚偽を重ねた調停事件を提起し、犯罪行為を持ち、合法な火災保険金請求を潰しに動いている、完全な詐欺調停で有る」

3、ネットに載って居る「茨木県上海事務所、虚偽訴訟による損害の法的救済は有るのか、この記載に”この事務所アドバイザー菫弁護士事務所発行記事として”下記記載が有る」

4、~~ また民事訴訟法第112条(民事調停法第2条も)に基づき、当事者間が悪意を持って通謀し、訴訟、調停等の方法により第三者の合法的な権利利益を侵害した場合、裁判所はその請求を却下するものとし、情状の軽重に応じて罰金を科し、又は拘留するものとする、犯罪を構成した場合は、法の定めるところにより刑事責任を追及する、即ち、独立の請求権を有する権利者及び利害関係者は、虚偽訴訟、調停の当事者による侵害行為に対して民事、刑事裁判を求める事が出来る。

5、本件虚偽塗れ調停事件、原因は、正に上記記載に該当している、三木契約時、平成5年2月19日当時住宅金融公庫事業、特約火災保険事業、国の事業代行各金融機関、金融公庫特約火災保険幹事会社、当時安田火災、当時者に取り、三木浩による金融公庫特約火災保険金請求により、上記共謀者は法を犯して組み、本件調停では全くの第三者(虚偽調停故)の三木浩、川田雅春、克恵氏の合法な権利の侵害に走って居る、犯罪行為調停事件なのである。

6、上記等事実立証により「本件原因は”政治、政府、国交省、財務省が責任を負うべき国家犯罪、国の機関による住宅購入資金融資、特約火災保険事業多重犯罪”と正しく証明されても居る」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4653304
ユニークアクセス:3903640
今日
ページビュー:94
ユニークアクセス:93
昨日
ページビュー:701
ユニークアクセス:640

Feed