エントリー

2019年11月13日の記事は以下のとおりです。

金融公庫火災保険は、国の詐欺犯罪事業

  • 2019/11/13 15:31

豊平警察署二課の北川刑事も気付いたように「金融公庫火災保険事業、財務省、国交省が所管する、公的な火災保険事業は”保険証券が無い、金融公庫火災保険との契約事実が、契約者には無い”」

何の公式証明も、之では出来ません、契約者とすれば、之で国が所管する火災保険事業です「支払い業務孫請け、損保ジャパン日本興亜、加藤他犯罪職員、西澤社長以下執行役員、金融公庫火災保険事業は、民間の損保のおもちゃではないぞ、無知蒙昧すぎる損保犯罪行為集団だ」

金融公庫火災保険は、保険証券を発行して居ないから、加入者である立証は、公の加入証明は不可能です、之で国が所管している、公的な火災保険だと言うのですから、出鱈目を超え過ぎた事実です。

損保ジャパン日本興亜札幌、火災新種サービス加藤課長補佐が犯罪に手を染めて、当社に指弾されて逆恨みに走り、陥れる為、田代耕平、根岸優介弁護士共々犯罪を積み重ねて居ます。

金融公庫火災保険事業は「法律規定、契約条項で、守らなければならない法律、正しい常識に沿った遵守事項が、当たり前にされて居ます」

でも、証券も無い事業と言う事に損保ジャパン日本興亜、加藤課長補佐以下、西澤社長、田代耕平、根岸尾優介犯罪請負弁護士等は付け込み、犯罪で証拠隠滅、証拠捏造に暴走して行って居ます、完全な言い掛かりで、合法請求した火災保険金踏み倒し、にも走って居ます。

当然?火災保険金詐欺を捏造して、刑事告訴までも、と居直り脅迫、弁護士直接犯罪も実行、完全な犯罪事業者、犯罪実行職員、犯罪を麻生大臣の委任状で麻生大臣、国交省、財務省が指揮を取り、どうにかこうにか。

豊平警察署

  • 2019/11/13 15:08

豊平警察署に行き、2課の北川刑事と会って来ました、当社の施主に随分な対応をした、との事で、乗り込みました「損保ジャパン日本興亜、加藤他が”金融公庫火災保険事業で犯罪を重ねて居る事を糊塗するべく、田代耕平、根岸優介弁護士を、麻生大臣が委任状を発行して指揮して、損保ジャパン日本興亜と犯罪を重ねて居る、冤罪でっち上げ告訴まで”の件も有り、乗り込んだのです」

北川刑事が施主さんの相手をした訳では無い、との事でしたが「金融公庫火災保険犯罪の証拠、証明書を見せて、国による犯罪事実証明から行いました、債務が無くなったのに、金融公庫事業で質権を設定したまま、の犯罪に、借り換えた北洋銀行では無く、取り立て屋が質権設定を、設定順位無しで設定している証拠に」

破綻損保が出た事で、保険金は減額支払いです、と書かれた、当家放火罹災での、金融公庫火災保険金受領証明書に。

罹災届を受けて居ます、問い合わせ番号はxxxxxxxxx、この罹災届け出受け付け証明書。

そして「金融公庫融資返済完了まで、火災保険証券は、金融公庫融資、火災保険契約を交わした金融機関で保管します」

こう書かれた、証券では無い、単なる案内書面の記載を見せました。

北川刑事は「とても一警察署で扱える事件では無いです、担当した者にも”関われない事を伝えて置きます、関わらないように”」

と、答えを得て有ります、損保ジャパン日本興亜、札幌加藤課長補佐、田代耕平、根岸優介弁護士、裁判官、裁判所、検事、検察庁、道警本部、強制続行するか、冤罪を成功させる為に。

北川刑事「そう言えば、金融公庫火災保険って、証券は無いですよね」

こう、気付いて言って居ました「火災保険契約書、申込書が一切出て来ない、金融公庫火災保険契約の真偽から、全く証明が果たせていません」詐欺処では無い、本当に困った事です。

ここまで狂い切った司法犯罪

  • 2019/11/13 09:30

金融機関の資金横領、窃盗犯罪、弁護士が犯罪者と共謀すれば、無条件で金融機関が共犯加担して、犯罪を重ねて資金を職員が横領して提供、窃盗を幇助、証拠隠滅に加担して、後は帳簿、決算書、監査報告書を偽造して。

「認知症悪化者、死人が”偽造書類を書いて、自分で預金を引き出した”正しい犯罪だ」

こう嘯き、警察、司法、監督機関、国税、報道が共犯者ですから、正しい口座名義人偽装、金融機関の資金窃盗、職員による資金横領だ、帳簿から何から、犯罪を隠す為に偽造して有るから、正しい犯罪だ。

これを強引に、国中で行い、通し捲って居ます、犯罪の程度は絶望的に低いのですが、弁護士の指揮を受けて、国家権力がこぞって共犯犯罪に走るので、何処も犯罪を処断しないので、犯罪し放題で成功させられて居ます。

損保、司法犯罪、保険金詐欺踏み倒し、保険金詐欺でっち上げ成立、金融公庫火災保険事業でも、今公に、損保ジャパン日本興亜加藤課長補佐、西川社長、田代耕平、根岸優介弁護士、札幌簡裁、裁判官、国交省、赤羽大臣、財務省、麻生大臣が直接犯罪に走り、成功させるべく、悪事の限りを重ねて居ます。

犯罪である事実証拠は、弁護士、司法犯罪との事実証拠は、もう隠しようが無いだけ表に出され、司法ぐるみのテロ、犯罪である立証が重ねられて居ます。

あらゆる合法が、こいつらの犯罪凶行、権力犯罪の限りを尽くして、合憲、合法破壊、犯罪強制正当化テロの数々によって破壊させられて居ます、合法が破壊されて通って居る、当然、犯罪としている法の根拠も、出鱈目を極めて居ます。

報道が犯罪正当化に加担、冤罪でっち上げ成立用に、デマ報道三昧、之も大きな武器です。

之が司法の実際、テロ集団そのもの

  • 2019/11/13 09:13

弁護士、検事、裁判官、弁護士会、検察庁、裁判所、法務省、公証人、法律どうこうを通じさせられるような生き物では有りません。

当たり前のことが先ず、全く何も分からない生き物ですから、合憲、合法が分かる筈が無いのです、何かをきちんと、正しく理解出来て居る訳では無いし、思考、判断出来る物がゼロ、之が真実ですから。

弁護士が犯罪を指揮して、検事、警察、裁判官、裁判所、法務省が弁護士犯罪の指揮下に、何の合法も無しで入り、弁護士指揮犯罪を強引に成功させるべく、権力を悪用させた犯罪、弁護士指揮犯罪を、犯罪によって成功させてだけ居る、之が真実です。

損保ジャパン日本興亜、加藤課長補佐が手を汚した犯罪を、田代耕平、根岸優介弁護士、札幌簡裁、裁判官、国交省、財務省が共犯で手を汚し、犯罪の限りを尽くして成功に持ち込もうと、悪事の限りに暴走し続けて居る。

麻生財務大臣が、田代耕平、根岸優介弁護士を、麻生大臣と弁護士で交わした委任状が有り、犯罪の指揮を執って居る、多分無い委任状でしょうけれど「損保ジャパン本社、西川社長も、田代耕平、根岸優介弁護士を、国が所管する、金融公庫火災保険事業事案で委任したのは麻生大臣だ、麻生大臣が田代耕平、根岸優介を委任した委任状が有り、一連の犯罪の指揮を執って居るんだ」

こう、公にも言い張って居るんですから「麻生大臣、財務省、赤羽国交大臣、国土交通省、法務省、最高裁判所、以下裁判所、裁判官、最高検察庁、以下検察庁、検事、日弁連ももう”損保ジャパン日本興亜の事業、金融公庫火災保険事業で、西川社長が田代耕平、根岸優介弁護士を指揮して、犯罪の限りを尽くして居るんだ”と言い張れません」

犯罪の指揮は、麻生財務大臣です,加藤、田代耕平、根岸優介弁護士の犯罪も含めて、全て麻生財務大臣、財務省、赤羽国交大臣、国交省、裁判所、裁判官共犯犯罪です、とても正しく、事実通り証明されて居ます。

狂気の沙汰ですが、之が弁護士指揮、司法、

  • 2019/11/13 08:17

金融公庫火災保険事業で繰り広げられている、損保ジャパン日本興亜加藤が手を汚した犯罪を、田代耕平、根岸優介弁護士、損ジャ西澤社長、札幌簡裁、裁判官が共犯となり「犯罪を重ねて加藤の犯罪、金融公庫火災保険事業犯罪を隠して、当社と罹災被害者を、偽造、証拠隠滅によって火災保険金詐欺犯に仕立て上げる、何時もの損保が指揮して、弁護士が共犯になり、警察、検事、検察庁、裁判官、裁判所が弁護士指揮犯罪に、そのまま乗り」

犯罪隠蔽、冤罪でっち上げ強制成立に暴走して、強制成立に持って行くべく、公開犯罪の限りを尽くし捲って居るのです。

もうこの犯罪者連中、形振り構って居られ無いんでしょうね、犯罪の程度が絶望的に低すぎるので、司法テロ、犯罪を詳しく知って居て、司法テロ、犯罪を公式立証して、潰して来て居る当社、私を、ここまで程度の低い、弁護士、検事、裁判官、警察権力を悪用しただけの、狂い切った権力テロ冤罪粛清を成功させられる筈が無いのです。

弁護士犯罪に直接組して、犯罪を強制適法化して、冤罪を強引に成立に持って行く事ばかりに狂奔して居る、完全なテロ、犯罪国家資格者、国家機関裁判官、検事、裁判所、検察庁犯罪の手口、実例証拠が積み重なり続けて居ます。

損保ジャパン日本興亜札幌火災新種、加藤課長補佐が実行犯、田代耕平、根岸優介弁護士、札幌簡裁、裁判官が共犯者、麻生大臣、財務省、国交省も共犯者、犯罪の限りを尽くし捲り、公開犯罪証明されて行って居る、損保、弁護士指揮司法、行政テロ犯罪が表に出されて、弁護士指揮、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、行政、報道共謀国家権力テロ、犯罪強制成立、冤罪でっち上げ粛清の実例証拠が、日々踊って居ます。

弁護士用犯罪、裁判官、裁判所も完全共犯

  • 2019/11/13 07:58

弁護士が犯罪者と共謀して、犯罪で利得を得られるように、法務省、最高裁以下裁判所、裁判官、最高検以下検察庁、検事、警察、国、地方行政機関、国税、報道が共犯となり、法を所管している特権を犯罪に悪用させて、弁護士用主体犯罪正当化デマ報道、弁護士犯罪事実隠蔽に走る事で、犯罪が正しいように偽り、国民に無差別犯罪被害と、冤罪被害を与え捲って居ます。

完全な、弁護士が指揮する、国際テロ犯罪国家権力化して居ます、合憲、合法が理解出来る何も持たない強み、国家権力が揃って、オウム以下の狂い切ったカルトテロ犯罪集団ですから、合憲、合法を理解出来る何も持たないから。

オウム以上の狂ったテロ、犯罪に暴走して行く以外、出来る筈が無いのです。

金融公庫火災保険事業で今、公に凶行されて居る損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士、札幌簡裁、令和元年(メ)第12○号、完全な詐欺調停事件、裁判官、国交省、財務省共犯テロ犯罪では「ほぼ全部の弁護士指揮、裁判官、裁判所、監督機関、警察共犯、実行犯権力ぐるみのテロ、犯罪の手口、構図が行われ、犯罪事実立証されて居ます」

犯罪の内訳が、実例証拠で公開証明されている上での、弁護士、裁判官、裁判所、国交省、財務省が損保ジャパン日本興亜、犯罪弁護士の犯罪指揮下に入り、犯罪の限りを尽くし捲くっている、もう定番となり切った弁護士指揮、裁判官、裁判所、警察、行政共犯テロ犯罪です。

ここまで程度が低すぎる、国家権力を持てているから強制成立させられている、国家権力テロ、犯罪しか出来ない国家機関職員、国家資格者、警察、報道の連中なのです。

犯罪集団一覧

  • 2019/11/13 06:09

@国際金融、保険事業犯罪の手口が、公に公開立証されて居ます、損保、銀行、顧客から資金を集めて犯罪で私物化、弁護士を指揮犯で立てて、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、監督機関、報道が他者の資金に群がり、偽造捏造で事実隠蔽、作り変え、追及者を冤罪粛清、銀行、損保、金融機関資金窃盗実例証拠、司法、監督機関、報道ぐるみ犯罪実例証拠も提供します”損保犯罪と同じ、証拠、帳簿等偽造、裁判官が犯罪正当化判決”この手口です

                               令和元年11月13日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※今回の損保、司法犯罪、金融公庫火災保険事業犯罪は、当社によって金融公庫火災保険事業犯罪が暴かれ、犯罪委任した弁護士等は”銀行資金弁護士指揮窃盗、裁判所も共犯”も公にされ、弁護士会他が共謀して、私を冤罪粛清に走って居る事と重なったからです

日本共産党市会議員団、共産党窓口、担当増川事務局員
FAX011-218-5124 ○○、○○宅漏水により漏電、危険ですが
北洋銀行頭取、債務者○○氏陥れに損ジャ、犯罪弁護士等と共謀
北海道銀行頭取、資金横領、窃盗実例証拠損保にも配布
FAX011-233-1166 証拠、帳簿、決算書等偽造、損保と同じ
赤羽一嘉国土交通大臣、住宅局民間事業支援調整課伯老日ほうき
FAX03-5253-1553 建設業課岡崎担当経由
麻生太郎副総理、財務、金融大臣、政策金融課原田、岡崎担当
FAX03-5251-2217 麻生大臣損保、弁護士の下僕で犯罪指揮
森雅子法務大臣、司法法制部原田、刑事、民事局
FAX03-3592-7393 弁護士用犯罪二題、法務省も共犯
大谷直人最高裁長官 弁護士の指揮で犯罪適法判決、冤罪捏造
FAX03-3264-5691 あらゆる偽造、証拠隠滅が通って居る
道新社主、報道センター吉田、内山、樋口記者
FAX011-210-5592損保、銀行犯罪報道挙げて隠蔽、公器虚偽
協同通信社札幌支局記者各位
FAX011-221-8898 
NHK札幌報道局報道制作センターデスク
FAX011-231-4997 国策報道事業、司法犯罪隠蔽理由は
HBC放送局報道部、中館デスク
FAX011-221-6807
三井住友海上火災新種サービス課、金澤課長
FAX011-213-3327
東京海上日動札幌火災新種サービス課長他
FAX011-271-1328
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456 弁護士委任状偽造で受理、他犯罪適法化
植村実札幌高検検事長、地検検事正 銀行、損保犯罪隠し冤罪捏造
FAX011-222-7357 刑訴法適用立件、合法証拠、根拠無し
山下直人道警本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110
日本弁護士会連合会会長
FAX03-3580-2866
札幌弁護士会樋川会長、犯罪共犯、冤罪捏造綱紀委員会
FAX011-281-4823

1、損保、銀行には「弁護士が犯罪者と組み、犯罪で利得を得られるように、法務省、金融事業者監督機関、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、国税、報道が共犯加担して居る、金融機関資金窃盗、横領入手、無税で泥棒と共犯弁護士所有偽り、証拠書類、帳簿、決算書、監査報告書偽造で成立道銀分他実例証拠、説明文書も送ります”司法犯罪制度実例証拠、逆の手で冤罪粛清”も証明して有ります、金融、保険事業犯罪、ゆうちょ銀行の比では無いが、手口は同様です」損保、銀行弁護士指揮、裁判官、裁判所他共犯で成功、手口は共通です。

2、○○、○○宅自然災害罹災復旧工事請負、金融公庫火災保険適用事案で「今の事態を招いた損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士、札幌簡裁、裁判官共謀犯罪”証拠隠滅、偽造、言い掛かりを重ね、国の火災保険事業で国交、財務省も、今では完全共犯犯罪凶行、当社を保険詐欺犯でっち上げ”の事態に至った理由、損ジャ加藤課長補佐が犯罪の発端、加藤の犯罪隠しに西澤社長、田代、根岸弁護士、簡裁、裁判官が共犯で加担に至った理由は下記でしょう」

3、加藤が、己が犯した犯罪を握り潰そうと、田代耕平、根岸優介を「麻生大臣が、国の火災保険事業で委任した弁護士、と偽り、使った、二弁護士は”札弁連、札幌の裁判所、裁判官が、私によって認知者、死人を偽装し、金融機関の資金窃盗、職員が横領、泥棒、弁護士に流して、証拠、帳簿、決算書、監査報告書を偽造し、認知者、死人が偽造書類、ATMで預金を引き出した、と偽り、犯罪で利得を得ている犯罪”を、私によって完全に暴かれ、逆上、逆恨みして、弁護士会、裁判所ぐるみ私を冤罪粛清に暴走中、この司法テロと、金融公庫火災保険犯罪、偽造他で抹殺目論見、の黒い陰謀が絡み合い、金融犯罪、金融公庫火災保険犯罪隠し用冤罪でっち上げ、私を粛正、この二つで私を冤罪粛清出来る、と、浅い考えで共謀したから、でしょう」

※田代耕平、根岸優介が○○氏宛て文書に記載もして、○○氏に言った「ハウスリメイク、山本は犯罪者だ、何故頼んだ、切れ、犯罪者に工事を頼んだから火災保険金を貰え無くしてやる」この言動が証拠の一端です”豊平署に加藤らで、罹災届隠滅等、詐欺請求捏造を用いて、当社と○○、○○で火災保険金詐欺を働いている、と告訴して居る”と、刑事が二人に告げたとか、国交省、財務省、札弁連、札幌高裁、裁判官、札幌高検、検事、道警本部、良くここまでのテロを重ねられますね”報道各社も共犯でしょうか?”得意の、冤罪デマ報道で支援を、道警本部、豊平署にも資料提供して置きます、報道各社も道警、豊平、東署を取材すべきです。

4、○○、○○氏は一昨日、北洋銀行本店、住宅金融支援機構札幌、損保ジャパン日本興亜札幌に行き、次の金融公庫火災保険事業犯罪自供等を得て来た、との事です、今までの証拠と突き合せて確認下さい。

(1)住宅金融支援機構、北洋本店はー金融公庫火災保険の質権設定は、借入金が清算されれば”金融公庫融資、火災保険事業規定法律により、当然質権は外される”法の規定で有り当然である。

○○、○○ーこの書類の記載には”○○契約金融公庫火災保険に、金融公庫融資を北洋銀行融資に借り換えした後も、金融公庫が一番質権設定したまま”で、金も借りて居ないノースパシフィックとやらが、質権設定番号も無しで質権設定して有る、法律違反です、説明願います。

住宅金融支援機構札幌、北洋本店担当ー、、、、(債務返済後も質権設定のままだ、知らなかった、拙い(;'∀'))法律で答える事はしない、答えない。

(2)住宅金融支援機構、北洋本店ー金融公庫火災保険事業は財務省、国交省の事業では無く、損保ジャパン日本興亜の民間火災保険事業だ、損保全社、国が資金を拠出した合資事業では無い、合資損保一社が倒産したので、火災保険金が減額される等無い、嘘を吐くな(激怒して脅した)100%損保ジャパン日本興亜が、火災保険金支払いして来て居る。

○○、○○氏ー当家の平成25年度、金融公庫火災保険金支払い通知を後で見て”破綻会社対応に伴い、保険金の削減払いを行って居ます”と書いて有る、山本さんが言った通り、合資事業の一社が倒産したから、保険金が減額されている。

5、日本共産党、当社が手掛けた金融公庫火災保険適用罹災復旧工事、平成25年度分だけでも二件(X千万円)有ります、損保ジャパン日本興亜札幌に一緒に行き、減額された3%の支払いを行って頂きましょう、日本中の金融公庫火災保険適用事案全てで、損保ジャパン日本興亜に、踏み倒した3%支払いさせるべきです、国交省、財務省、最高裁以下裁判所、裁判官、最高家に科検察庁、検事、法務省、報道各社、当然ですよね。

6、これ等犯罪は、証拠隠滅、偽造、事実捏造、帳簿裏表作成、決算書、監査報告書偽造、税務申告偽造、脱税公認、弁護士指揮、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察が犯罪に公式加担、犯罪適法化凶行、追及者冤罪粛清で金融機関、損保犯罪隠蔽、犯罪事実証拠を訴訟に持ち出されれば、犯罪適法決定、判決、刑訴法適用潰しに走り、成功させて有るのです「同じ手、証拠隠滅、偽造、犯罪でっち上げで、追及者を自由に冤罪粛清して来て居ます、私、当社を陥れるべく、今行われている弁護士指揮、裁判官、裁判所他テロの通りに」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702685
ユニークアクセス:3947887
今日
ページビュー:773
ユニークアクセス:732
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed