エントリー

2019年11月27日の記事は以下のとおりです。

意味も全く理解不可能

  • 2019/11/27 16:14

京都家裁、地裁事件受付、地裁、横尾、家裁岡田書記官に、相続遺産分割除外説採用禁止決定からもう3年経過して居るが、守っているか否か聞きました。

こたえは「今後弁護士、書記官、裁判官で、民法第896条を持った、最高裁大法廷最終決定、相続遺産分割除外説採用禁止が正しいか、間違って居るか審理して行く、かも知れないが、採用禁止はしていない、との答えです」

大阪地裁横川、家裁遺産分割係塩見主任は「相続遺産分割除外説採用禁止、民法第896条違反故以後採用禁止、最高裁大法廷最終決定を守っているか否か、答えられない、答えない」との事です、守って居ない訳ですね。

大阪高裁事件係、寺西書記官、最高裁大法廷最終決定、相続遺産分割除外説を採用した、大阪高裁許第11号決定は破棄、大阪高裁に差し戻す、今後相続遺産分割除外説採用禁止、この最終決定を下された原審高裁も「未だに相続遺産分割除外説のみ採用、以後採用禁止決定は聞き入れせず、です」

名古屋高裁山本、簡裁中村書記官も「相続遺産分割除外説採用禁止決定を守っているかいないか、答えられない、でした、守って居ないからです」

日本中の弁護士、裁判官、裁判所、書記官、調停委員が、民法第896条も、最高裁大法廷最終決定も守って居ません、死人を騙り、泥棒に勤しみ続けて居ます。

国民はここまでの犯罪組織、犯罪国家資格者に、治外法権をも言って独裁テロ支配されて居るのです、気付けよな。 

死人を偽装して泥棒を、弁護士、司法犯罪

  • 2019/11/27 14:49

死人が出たとなれば、死人を偽装して死人の預金を死人が引き出した、と、預金先の金融機関も共犯となり、偽造、偽装して金を、金融機関職員が横領して泥棒に提供する、この犯罪が、今も弁護士用犯罪だから、を理由として横行して居ます。

この犯罪を隠す為に「金融機関に二重帳簿も作らせて、金融機関の資金横領犯罪ですが、死人が死去後も生きており、死んだ人が金融機関窓口に来て、窓口手続きを取り、自分の預金を引き出した、と偽造で正当化させて居るんです」

この犯罪も、弁護士用が主体の犯罪です、弁護士が犯罪で稼げるようにと、法務省、検察庁、検事、裁判所、裁判官、警察、国税等が犯罪を共に行い、強引に正しい犯罪だ、と偽り、押し通し続けて居ます。

司法犯罪ですから、どれだけ犯罪が明らかとされても、絶対に犯罪で扱わないのです、逆に「司法犯罪を正しく、詳細に立証した人間を、犯罪者の性根ですから、弁護士、検事、裁判官、書記官、警察が共犯で逆恨みに走り、冤罪をでっち上げて粛清に走るのです」

司法権力は、根っこからテロ、犯罪集団、犯罪組織なのです、犯罪に与する、犯罪を犯罪を重ねて正当と偽装し、犯罪を成功に持って行く、これ以外行って居ない、国際テロ犯罪国家権力です。

死人が生きている、と偽り、金融機関の資金を行員が横領して、泥棒、泥棒弁護士に差し出してもいる、相続遺産分割除外説、単なる死人の財産強盗、泥棒を、正しい犯罪だと、何一つ法律根拠も無しででっち上げて、犯罪を重ねて強引に正当化させて、通して居る、司法、警察犯罪が、死人を偽り金融機関の金を盗み、死人が預金を引き出したんだ、と強制捏造して、通している犯罪が、正しい犯罪だ、と偽り、押し通して居るでっち上げ説が惹き起こして居る、弁護士、司法、警察犯罪なのです。

犯罪塗れの弁護士、司法他

  • 2019/11/27 09:31

犯罪に塗れ切った弁護士、法曹権力、行政機関、警察、国税です、悪の権化ですよね。

昨日のネットニュースに「秋田銀行職員の女性が、顧客の預金を2,400万円横領した容疑で懲戒解雇された、今後刑事告訴手続きを取る、等報道されて居ますので」

早速秋田銀行本店に電話を入れました。

秋田銀行本店
TEL018-863-1212
FAX018-864-1027

電話で「相続遺産分割除外説等でっち上げて”死人は死去後も生きており、死人自身で預金を引き出して居る、死人による合法な預金引き出しだ、死人は生きており、死んだ後も口座凍結もしていない”これを日本中の金融機関で、弁護士、法曹権力、監督官庁の犯罪指揮を受け、無条件で必要な犯罪に手を染め、今も変わらず展開して居る”」

最高裁大法廷は平成28年12月19日に、大阪高裁平成27年(許)第11号事件決定、相続遺産分割除外説を採用して、民法第896条、1031条は無効、遺言状記載通り、他相続人が持つ遺留分、減殺遺留分も、遺贈を受けた相続人が死人を騙り、強奪して正しい、相続遺産遺留分、減殺遺留分相続の権利は無い、この大阪高裁決定を、最高裁大法廷は、民法第896条違反決定で違法、大阪高裁に審理を差し戻す、以後相続遺産分割除外説の採用を禁止する。

こう最終決定を下して居ますが「日本中の弁護士会、弁護士、高裁以下裁判所、裁判官、書記官、検事、検察庁、国税、金融事業者監督官庁挙げて”最高裁の15人の裁判官は、法に無知な愚か者故、この最終決定は一切聞いて居ない、相続遺産分割除外説のみ、今も強制適用して押し通して居る」

こう嘯き、犯罪を続行だけしています、秋田銀行も同じ犯罪続行銀行で有り、二重帳簿で横領を隠して居るのだから、業務上横領も何も、成立する訳が無い、これ等を告げて有ります。

明日にでも調停、訴訟証拠、報道実例等を添えて秋田銀行、秋田地検に送ります、冤罪でしょうから。

確信犯罪

  • 2019/11/27 08:55

弁護士犯罪を法務省、検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察、行政、政治、報道が共犯で「犯罪と承知で認めており、弁護士犯罪を正当と偽る為、必要な犯罪を、法を所管して居る特権を悪用して凶行し捲り」

弁護士が指揮する犯罪を、正しい犯罪だ、と偽装して、合憲、合法の破壊に狂奔して、押し通す権力犯罪ばかり、日本中で繰り広げられて居ます。

当社を陥れるべく、損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士他が、当社委任者に対して「建設工事請負、必要調査請負は弁護士法第72条違反、犯罪契約、犯罪実施であると、文書に記載して送り付けて、刑法第233条違反、信用棄損、業務妨害犯罪を行って居ます」

契約者、当社を委任した○○氏は、契約違反による請負契約破棄通告は理解して居ました、その上でマンションの修理工事を続行願う、と申し入れして来たのです。

当社は色々有るけれど、工事続行を了承しました、請負契約を生かして、工事実施を受け入れました。

損保ジャパン日本興亜、田代耕平、根岸優介弁護士他による、当社相手の信用棄損、業務妨害犯罪が、完全に立証されて居ます。

どうせ腐り切った警察、司法です、弁護士犯罪だからと、告訴を握り潰す事は明白ですが、告訴の提起はします。

この刑法第233条違反犯罪行為は、当社が住宅金融公庫特約火災保険にも提供した請負契約書、工事見積を悪事に用いた、国家機関ぐるみの犯罪です。

損保、弁護士犯罪を持ち

  • 2019/11/27 07:35

@当社と○○浩氏との建設工事、必要調査請負契約に基づき、○○浩氏から依頼された建設工事遂行の為、○○氏からまず着手金が支払われて居ます、当社のこの契約は弁護士法違反、犯罪と記載した文書送付は、明白な信用棄損、刑事訴訟法適用犯罪です、後日正式刑事告訴致します

                               令和元年11月27日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

日本共産党市会議員団、窓口、担当増川事務局員
FAX011-218-5124 違法流出情報の回収、記録抹消を
損保ジャパン日本興亜 西澤啓二社長
TEL050-3798-3190
FAX011-251-5894 札幌支店から社長宛
麻生太郎副総理、財務、金融大臣、政策金融課原田、岡本担当
TEL03-3581-4111
FAX03-5251-2217
赤羽一嘉国土交通大臣、住宅局民間事業支援調整課伯老日ほうき
FAX03-5253-1553 建設業課岡崎担当経由 
森雅子法務大臣、司法法制部前田担当、刑事局
FAX03-3592-7393
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357
北海道新聞社主、報道センター吉田、内山、道警記者クラブ樋口
FAX011-210-5592信用棄損の罪で送検記事との整合性

1、刑法第233条 信用棄損及び業務妨害
;虚偽の風雪を流布し、又は偽計を用いて人の信用を棄損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する。

2、北海道新聞第一社会面に本日、上記刑法が適用となる事件の特集記事が出て居ます、下記犯罪と同様の、刑法第233条適用行為事実です、○○浩氏が火災保険契約時、金融公庫特約火災保険事業にも、当社が調査の為提供した、当社と○○浩氏との、別紙建設工事、調査請負契約書、工事見積書を、この行為が違法と承知で田代耕平、根岸優介弁護士にも、住宅金融公庫特約火災保険事業会社流した事で、この二弁護士は、今年9月20日付書面に「当社が○○浩氏と交わした建設工事、調査請負契約書は弁護士法第72条違反、違法契約、違法行為と記載して、○○浩氏に送り付けている事実が、添付証拠の通り有ります」

3、添付証拠、○○浩から当社に対する、工事着手金支払い証拠の通り、○○浩氏は当社に対し、上記契約違反による、当社からの契約解除通告を受けた上で、当社に工事続行を願い出て来た事を当社が受け入れ、工事を行う事を了解いたしました、○○浩氏は、上記文書記載、当社相手の信用棄損、業務妨害文書記載を違法と断じ、契約の続行、遂行を当社に申し出して、当社が受け入れた証拠です。

4、これ等事実証拠を持ち、当社は行為者損保ジャパン日本興亜西澤社長、二弁護士を先ず、刑法第233条違反を持ち、刑事告訴致します「建設工事請負、建設業法規定による請負、必要調査請負契約、この契約履行が弁護士法第72条違反、犯罪契約、犯罪受任、犯罪受任行為実施となる事実は、当然存在して居ません、国交省所管法律による契約、工事実施です」

相続前遺産金品泥棒

  • 2019/11/27 07:15

@未相続の遺産金品泥棒、犯罪を重ねて闇処理御請負遺品整理、個人所有物犯罪処理請負、日本広告審査機構に犯罪広告故、審査請求を出しました、相続遺産分割除外説が適法根拠?で、死人は生きており、死後も預金を引き出して居る、金融機関犯罪が前提であり、公に行えている犯罪です

                               令和元年11月27日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

一般社団法法人整理士認定協会
TEL0123-42-0528 日本広告審査機構によると、遺品整理等
FAX0123-42-0557一般的名称?の商売は援交と同じく適法と
ネクステップ 水江千秋社長
FAX011-210-4020
ルーツ・オブ・ジャパン 湊源道社長
FAX011-803-6446
遺品整理想いで社長
FAX011-299-7753
国税庁長官、各税務署、犯罪利得を隠匿共犯
TEL03-3581-4161
森雅子法務大臣、司法法制部原田、刑事、民事局
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 死人の遺産は強奪、窃盗して適法常時

1、別紙の通り、未相続遺産金品泥棒請負、遺品整理、個人所有物犯罪処理請負広告に付いて、犯罪で構成されているこの請負広告の審査要求も出しました「遺品整理士認定協会、遺品整理屋、法曹権力”遺品整理士資格事業は無い、古物商、産廃事業許可で未相続遺産金品、個人所有物を所有者偽装、一廃物品を産廃偽装処理出来る、強制執行を謳い、強制執行と名乗り、占有場所の金品を、所有者、廃棄区分偽装で強制処分出来る”憲法第29条、関係法律も、環境省も禁じた犯罪ですが”犯罪で得た利得は申告、納税不要、国税も共犯”」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4797763
ユニークアクセス:4034988
今日
ページビュー:277
ユニークアクセス:273
昨日
ページビュー:1151
ユニークアクセス:1083

Feed