エントリー

2019年12月の記事は以下のとおりです。

職業犯罪国家組織、法曹資格者

  • 2019/12/31 15:08

カルロスゴーンさん、無事に日本から出られたようで、お目出度い事です「彼を刑事裁判で裁いたって”あんな立証?では、正しくゴーンさんが犯罪に手を染めた等、証明、確定出来ないでしょう”」

一金融機関の職員が、顧客の身分を偽り、金融機関の資金を横領した、らしい事件、帳簿等、業務上横領が有った、横領が有った金融機関では、他に同じ犯罪を「泥棒、共犯弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、税務署、地方自治体から指示、命じられて、手を汚している事実は無い事を証明出来る、であろう帳簿等証拠を使えない”言っただけ、の業務上横領事件で、この有様なのですよ」

日産の執行役員連中が、役員会議で「ゴーンさんに利益供与する、等を決めた事で、彼が背任行為を行っただの、刑訴法手続き事件で扱う事が、刑訴法が適用となる事件か?ここから理解も出来ないで、刑事訴訟法手続きを取って来て居るけれど、正しく背任罪だと証明出来たんですか?」

一金融機関が「職員が業務上横領に手を染めた、らしい?帳簿等の物的、物理的横領証拠は出さないが、の事件の惨状が証明して居るように、弁護士、検事、裁判官の頭の程度では”一金融機関が、証拠も正しく揃えず、職員が業務上横領を働いた”と、口頭だけで、の手口で告訴した事件ですら、帳簿等、物理的横領証拠、告訴した金融機関が、そもそも横領を働いてたりしない事の証明も合わせて、証拠の帳簿等も告訴状に沿えず」

金融機関が、告訴担当弁護士が「職員のXXが、金融機関の金を横領した、こう、実際口頭だけで告訴すれば、帳簿等正しい証拠が無いのに”検事、警察、裁判官、被疑者委任弁護士、報道が共犯で、自白しろ、告訴されたから、お前が勤務先の資金を横領した、と決まったんだ、帳簿等証拠は無しで、お前が横領犯と決めて有る、有罪と始めから、証拠は不要で決めて有るんだ”」

この司法冤罪強制確定しか、ずっと行って居ない現実でも分かるように「ゴーンさんに対して刑訴法手続きを取って来たけれど、背任罪行為に手を染めたと、物理的証拠を検事、裁判官、弁護士連中、報道カルト、事実証拠を持って居るのか?あったとしても、経済事犯事件を立証、正しく組み立て、証明する頭、無いだろう、一金融機関、顧問弁護士による、出鱈目職員による横領、告訴、正しい横領事件との、物理的な証拠は無しで、強制事件化、逮捕、拘留、証拠など不要で有罪に落としてる」

の現実の通り、ゴーンさんの事件で「国際社会も相手取って”事実証拠も無し、有っても法曹資格者、帳簿も読めないから正誤も分からないのに、有罪に落とす事が怖い、が実態で来たのでしょう”」

あまりにも程度が低い、正しく告訴、捜査、送検、起訴を正しく行う等、出来る訳が無いのです、一金融機関の、口頭のみで職員が横領、で告訴事件ですら、帳簿も何も、読めないから証拠採用を、強制拒絶司法、之が真実です。

今年は司法犯罪、国有地侵奪も露見

  • 2019/12/31 14:47

今年は司法犯罪、破産事業所の破産処理事件に絡み、破産事業所所有土地に隣接する、国有地侵奪、国有地を裁判所、破産管財人弁護士が共謀して「完全な犯罪行為で、倒産事業所の土地だと”故意に倒産事業所の土地と証明する、国有地との間の境界石も入れずに、国有地も一緒に競売に付して”国有地詐欺売却して居る」

この裁判所、司法犯罪事件も、公にされましたよね「国有地に違法に建物設置、建設、国有地の立ち木伐採、掘削、埋め戻し、コンクリート舗装して、倒産事業所の土地建物を、競売で落札した不動産業者が転売して、購入した業者が、合わせて手に入れた?国有地を私的に使って居る事を、札幌市役所宅地化が”都市計画法違反だ、と、公文書で指摘した事が原因で、司法犯罪、国有地侵奪、詐欺競売売却事件が、事実通りばれたんです”」

司法犯罪は留まる所を知らない、もう完全な職業犯罪国家機関、国家資格者だと、この司法犯罪、国有地詐欺競売、売却事件でも証明されて居ます。

こう言う地面師詐欺まで、司法は「犯罪に手を染めて金を得る為に、公務で手を汚して、成功させて居るのですね、最悪な司法、法曹資格者です」

国有地侵奪、違法と承知で詐欺売却実行、地面師詐欺事件ですよね、間違い無い。

この事件が公にされて、司法犯罪、破産事業所の破産整理を謳う、公務手続きも、犯罪塗れが現実だと、良く国民が知る事が出来て居ます、公務ですよ、この地面師詐欺競売も。

金融機関、顧問弁護士、税理士犯罪も公式立証された

  • 2019/12/31 09:00

金融機関に有る、死人の遺産預金を強奪、窃盗する目論見ででっち上げた、相続遺産分割除外説「金融機関の、この犯罪を成功させて居る、犯罪の手口で言えば”死人は死去後も生きており、よって死人の預金口座は、民法第896条違反等を承知で凍結せず、死人が死後、死人自身で預金を引き出して居る”と、犯罪を重ねて偽り、成功させて有る、司法書士、弁護士用の、遺産泥棒犯罪者共々、犯罪で利を得られるように、司法他から指揮、命じられた事を受けた犯罪である」

こう言う犯罪が、最高裁大法廷が禁じた後も3年以上、公に重ねられて居る訳です、司法書士、弁護士用、共犯泥棒共々用の犯罪として。

この司法犯罪を、金融機関がどう言う手口を使い、成功させて居るか、この最大の点を、当社は金融機関から、実例証拠で出して貰って居るのです。

司法書士、弁護士、検事、裁判官、書記官、警察がどう言い逃れに走ろうとも「死人が死後も存在しており、死人自身で預金を引き出して居る、口座を解約して、金を持ち帰って居ると、金融機関で偽装して、成功させて有る真実、事実証拠が揃って居ます、司法、警察は、犯罪国家権力ですし、法曹資格者は、国家資格を犯罪用に悪用して居る、テロ犯罪集団です」

北海道銀行の犯行時のビデオ映像には「司法オカルト犯罪の言い訳”死んでから花枝さんが、道銀手稲星置支店に行き、ATMから二回、預金を引き出した映像”は、無い事等を手稲署刑事が、阿部さんに伝えて居ます」

日本中の金融機関が、司法から命じられて等を持ち「死人が死後、預金先金融機関に来て、窓口手続きか、ATMを使い、預金を引き出して帰って居る”こう偽造して、正当な死人による預金引き出しだ”と偽って有るのです、もう隠しようが無い、司法犯罪事実、証拠です」

残る逃げは、犯行時のビデオ隠匿、隠滅です「死人が死後、預金を引き出した映像が存在するが、証拠で出さない、これが最後の逃げなのです”金融機関はもう、死人が死後預金を引き出して居る、ビデオ証拠が有る”と、公式に言い張れません、職員が同じ手を使い、資金を抜いても、帳簿等を証拠で使えないとばれたし、金融機関が口座名義人偽装で資金窃盗の頭、実行犯とばれて居るので”」

司法遺産強盗が公にばれて

  • 2019/12/31 08:43

司法犯罪、死人が出れば、死人が生きて居ると「事実の手続きで、金融機関に偽らせて、死人による預金引き出しが行われて居る、適法な、死人による死人緒預金引き出しだ、こう、手続き書類、帳簿、決算書等が、国中の金融機関で、偽造されて、通されて居る、泥棒、共犯の弁護士、裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、法務省、元エリート検事、裁判官だった公証人、金融機関監督先、国税等が指揮、実行犯で、金融機関にこの一連の犯罪を行わせ続けて居る」

この事実、証拠が、次々出続けました「司法犯罪、この真実も、正しく証明されて居ます”死人が死後も生きており、死んだ人が預金を引き出し続けて居る”金融機関がこう、司法犯罪に手を染めさせられており、偽造して、国家権力がこの犯罪を、事実と嘘を承知で認めるので、成功して来たのです」

当然ですが「嘘、偽造捏造で証拠作りが武器ですから”手続き書類、犯行時のビデオ映像、帳簿、決算書等を証拠で出すと、死人が死後、預金を引き出した等、嘘八百と立証されてしまいますので”これ等物理的証拠、死人が死後、死人自身で預金を引き出して居る嘘を立証する、物理的証拠は、一切使えないのです」

この、司法犯罪公式立証により「金融機関の業務は、口座名義人を偽り、資金を盗んでおいて”口座名義人が正しく預金を引き出した”こう偽造三昧で偽って有る、泥棒、司法、行政、国税、警察、監督機関が犯罪を指揮、指示している結果」

この真実が、公になってしまって居ます「金融機関と顧問弁護士が騒ぐ”職員が口座名義人を偽り、資金を横領した事件”で、この事実が有り、帳簿等を業務上横領の証拠だ、と出来ない事も公になりました」

金融機関職員が、口座名義人を偽り、資金を横領したと言う事で「金融機関が顧問弁護士を使い、刑事告訴を提起しても”帳簿等、告訴提起金融機関の合法業務事実と、職員だけが顧客を偽り、金を盗んだ証拠を、だから使えないのですよ”同じ犯罪を、司法が先に立って手掛けさせている事実も、当然証明されるんで」

カルロスゴーンさん、レバノンへ出国済み

  • 2019/12/31 08:26

カルロスゴーンさん、レバノンへ出国済み、だったんですね、自家用ジエット機でレバノンへ、途中の国を経由して、出国済みとの事です。

今後の問題は「闇での司法取引、あんな杜撰な捜査?で、有罪に持って行く事が出来るのか、国際問題化した中で、この重大問題が表に出て居ますから”裁判所、ゴーンに付いている、弘中とやら弁護士連中”が、出国に故意、黙認で加担したのか?”と、今後これ等が」

日本の法曹資格者の頭の程度で、経済事犯を正しく立証は「帳簿等を読み、把握出来る基礎知識から無いのですからね、無理なのです、ましてゴーンさんの事件は”日産の執行役員連中が、ゴーンさんへの種々会社資金提供を、役員合意で認めて来て居る”と言う話でしたよね」

あの内容で、どうやって立件出来たと言えて居るのか、話の他ですから。

今日書いた3件、筧千佐子さん事件、紀州のドンファン、野崎幸助さん事件、苫前町農協事件どれも「経済事件です、事件と騒ぎ、扱っている内容が、ですが”経済事犯と出来る、物理的な立証が、3件ともなしです”」

どの事件も「報道が騒いで、後妻業犯罪、遺産目当ての殺人だ、こう騒いだからと、職員が顧客預金を横領した、こう騒いだから、犯罪が行われた、こいつが犯人だ、報道が事実立証無しで決めた」

これを犯罪の、犯人特定の根拠だ、と、捜査機関が物理的事実証明、根拠無しで決めた事にして、だけですから。

この3件程度の経済事犯事件?ですら「物理的な経済事犯との立証無しで、犯罪だ、と騒いだだけで、刑訴法適用だのして、証拠が正しく無い中で、犯罪、犯罪行為者だ、と扱って居るんです、ゴーンさんの事件等、物理的な犯罪立証を果たせる筈が有りません」

ゴーンさんが国外に出て呉れたら、法曹権力が助かる、之が本当では?経済事犯に至っては、犯罪を立証出来る能力無し、が国際的にばれるから?

司法犯罪、この3事件でも

  • 2019/12/31 06:59

;筧千佐子さん、確たる証拠も無しで”東大出の弁護士が後ろに付いていたこの方が、後妻に入った先で、御主人、内縁の旦那も含めて、遺産目当てで旦那を殺した、らしい、物的証拠は無し、遺産目当てでの殺人、公正証書遺言状で、後妻、内縁の奥さん、筧千佐子さんに遺産を遺贈する、となって居るから、じゃあ、遺言状による遺贈が犯罪の動機なのか?との裏付けも揃えて居ないで”報道が遺産目当ての殺人、後妻業だ、こう騒いだ事が、実際この人”だけ、弁護士は逃がして居る”逮捕、起訴、有罪の理由、遺産の行方は捜査、立証無し、遺産目当ての殺人、ここから立証無し。

;野崎幸助さん事件、再婚前に遺言状を作成して有り”田辺市に遺産を全て遺贈する”と記載されて居た、のに”後妻さんが野崎幸助さんを、遺産目当てで殺した、らしい?”と報道が暴走し続け?当然物的も含めて、この報道に根拠無し、田辺市は”遺贈を受ける事を決めて、奥方が相続を受ける、と意思表明して居るので、奥方の法定減殺遺留分を、先ず相続受けさせなければならないから、奥方と協議中”法に沿った行政手続きです”筧千佐子さんの件と、後妻業だ、遺産目当ての殺人だ、との、事実証拠によらない報道は同じですが、田辺市が遺贈を、遺言状により受けた”田辺市は、奥方の相続の意思を確認しており、減殺遺留分を先ず相続させなければならない”と動いています、捜査機関はこの件では、報道された、で違法逮捕も出来ないでいます。

;苫前町農協、虚偽の職員業務上横領事件捏造(物理的証拠ゼロ、ですから)証拠無し、自白無し、横領した、と言う金に付いて、何の立証も無しで”有罪確定、投獄事件”この方から委任されて、当社が代理で”事件当時の苫前町農協の決算書開示を、留萌税務署に求めたら、開示拒絶、事件当時と、身元信用保険金詐取受領当時の決算書は、非開示扱いとして有ったし”上記二件と同様に”物理的証拠が無い犯罪でっち上げ、報道が物理的事実、証拠無しで、犯罪だ、こいつが犯罪者だ、と煽ったから、が理由と言うだけ。

※報道が正しい事も無いし、でも、こう言う犯罪だ、こいつが犯人に違いない、と報道が澤井dから、を理由として、刑事訴訟法手続きを取る場合も”物理的事実証拠など、こう言った経済事犯絡みはほぼ常に、問題となっている金の流れ等を、警察、法曹権力は、正しく立証も出来ないで、刑訴法手続き事件化して居ると言う事です”筧千佐子さん、苫前町農協事件犯人?と、野崎さんの件の違いは、弁護士等の言いなりになるか、自分で自分の身を、法律を正しく駆使し、守るか、この違いで状況が真逆になって居ます。

まだ除雪は一回だけですが

  • 2019/12/30 16:41

この冬、まだ除雪、除雪機を使った除雪は一回だけですが、今日から北海道は大荒れのようです、多分積雪量も多いのでしょうね。

大晦日、正月に掛けて、大荒れ、大雪のようです、北海道ですから、当然ですけれどね。この先は分かりませんが、北海道に暮らして、雪の処理を毎年行う生活が、私には合って居ます、今はまだ。

ここ数年、十年位は、大晦日までに数回、除雪機での除雪や、トラックを使った排雪作業が、ずっと有ったので、今年のように、大晦日が来るまで、実質ほぼ除雪作業が無かったと市は、過去のどの年だったか、思い出せず居ます。

外は埋

唸りを立てて、風が吹いて居るようです、多分天気予報の通り、大荒れの大晦日になるのでしょうね。

今日までに仕事の残りも、残務も、大方片付けて有りますから、除雪作業が必要になっても、何とか出来るでしょう。

委任を受けた件も、約束通りに推移させました、誰も出来なかった、当社の積み重ねて構築した経験、方法の成果が出たのです。

当社しか果たせない約束、でしょうね、他は無理です、独自の方法論、手立てを構築、積み重ねて持つ事が出来ないのですから。

合憲、合法を、正しく理解出来ない以上、当社以外約束を果たす事は無理でしょう、公権力相手ですからね、果たすべき約束を、約束通り果たす為の、対抗相手は。

非公式ですが、次の内容を

  • 2019/12/30 16:12

非公式ですが、札幌市環境局から、次の家財等引き取り、処理等を請け負う事を、当社には認める、と言われて居ます「誰かが請け負わなければならない、当社は適法に、公に請負、扱えるからです」

;火災で罹災して、処分が必要な、個人宅の家財等”家裁罹災家財は、原則処理を請け負えない、再発火の危険が有り、消防が引き取り、処理を認めて居ない”から。

;相続遺産家財等、当社はこう言った物品も、相続を正しく果たして頂く手伝いをして、相続を受けた相続人との間で、引き取り、処理等を行っている実績が有るので。

;自分では家財を処理等出来ない方、高齢、障害により、自分では家財等を処理出来ず、他に処理を手伝ってくれる身内が居ない方の家財等の引き取り、処理等請負、こう言う場合の、公式引き取り実績も有るので。

こう言った場合に、当社は公式に、札幌市役所、警察等と公式に協議等も行い、適法に引き取り、処理等を行って来て居るので、非公式ですが、当社は、これ等に当てはまる場合、請負を認められて居ます。

違法な個人所有物引き取り、処理請負は、当社は行わないとの方針を立て、上記を軸とさせて、法を出来るだけ守れるように、公に、次の行為業者の請負「法を犯して個人所有物、未相続の遺産物品違法処理請負とは一線を画して、適法な個人所有物、相続後の遺産だった物品引き取り、処理等を行って来た事が、どんどん評価されて来て居ます」

金融機関の業務は、司法、警察、監督官庁からの犯罪指示を受け

  • 2019/12/30 08:20

金融機関の業務の実際は「もう公となって居る、実例証拠で証明されている通り”口座名義人を偽る手で、資金を盗み、差し出せ、こう命じられており、口座名義人を偽り、資金を盗み、泥棒、共犯弁護士、裁判所に差し出す等、犯罪の山が事実です”」

当然ですが、金融機関の顧問税理士、公認会計士、弁護士も、公に犯罪に加担して居ます「法を正しく適用されれば、国家資格も剥奪、逮捕ですけれど”司法、警察が犯罪を指示、犯罪隠匿指示も出しており”各監督官庁も、直接犯罪に加担して居るので、法律が適用されず、犯罪を重ねられて居ます」

同じ金融機関、顧問弁護士が「行員、職員が”預金者を偽り、資金を横領した”こう、口頭で申告、証拠の帳簿等を使えず、告訴を提起して居ます」

証拠で帳簿等を「金融機関自体は、口座名義人を偽る手で、資金を盗み、犯罪者、弁護士、裁判所等に差し出して、口座名義人による預金引き出し、と、偽造で偽って有る、犯罪の山ですので、帳簿等を”金融機関自体は、口座名義人を偽る手で資金を盗み、犯罪者、司法犯罪権力等に差し出して、口座名義人による預金引き出し、と偽造で偽って居ない”事の立証用に、帳簿等を年単位、職員が個人で行った、口座名義人偽装の手での、資金窃盗、横領事件です」

こう、金融機関の業務の合法性を立証して「職員が個人的に、この件のみ”口座名義人を偽り、資金を盗んだ、横領を働いた、金融機関が恒常的に、職員に口座名義人を偽り、資金を横領させて、記録、証拠偽造、隠滅に走らせて、口座名義人が預金を引き出した、と偽らせてはいない」

この立証は、そもそも出来ないのです「金融機関は顧問税理士、公認会計士、弁護士、監督機関、司法と共犯で”口座名義人を偽り、資金を盗む犯罪”を、公権力の指示、命令で重ねて居ます、職員が単独で、自己利益の為だけで、口座名義人を偽り、資金を横領した、金融機関自体が同じ犯罪を重ねて居る事は無い、は、完全な虚偽です」

秋田銀行の女性職員が、口座名義人を偽り、金を横領した、業務上横領で告訴予定事件にも「司法、警察他犯罪、金融機関に命じて口座名義人を偽り、資金を盗み、差し出させて、証拠偽造で正当化証拠と、同じ手口で職員が実行、告訴状には証拠の帳簿等無し、実例告訴状等を、秋田銀行、秋田地検に送って有ります」

司法犯罪を公式立証、司法の逃げは、犯行時のビデオ隠匿

  • 2019/12/30 08:05

犯罪者が弁護士と共謀して、犯行前、後問わず共犯となって、他者の財産を、法を犯して私出来れば、裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省、警察が「正しい犯罪だ、犯罪者が犯罪で得た利得を、正しく所有権毎得たのだ」

こう、何の合憲、合法も無しで「司法、警察権力の悪用を武器で使い、国中で単なる強盗、泥棒、詐欺を正当と偽り、成功に持ち込み続けて居ます、弁護士、司法書士用が主眼の、完全な犯罪です」

死人が死後、死んだ後も存在しており、死人自身で預金を引き出して居ると「司法他者の財産強盗、泥棒、詐欺の制度化、闇の司法犯罪に加担して居る、日本中の金融屋は”死人が死後、預金を引き出して居る,拠って口座凍結は、民法第896条、新民法第909条2規定を蹂躙して行わず居る”死人が死後、預金を引き出し続けて居る、口座名義人の死人が、死後も預金を引き出して居るからだ”」

こう、偽造捏造、犯行が写っているビデオの隠匿、抹殺を武器とさせて、必要な偽造を、監督機関、司法から指示を受けており、公に偽造、証拠隠滅に手を染めている犯罪と合わせて、犯行が写っているビデオの隠匿、隠滅犯罪も重ねて居るのです。

流石にビデオには「死人が死後、預金を引き出している映像は、写って居ませんからね”でっち上げただけ、の、死人が死後預金を引き出して居る”との虚言正当化、偽造を重ねて正当化犯罪ですから」

司法、警察、国税、金融機関監督先が、ここまでの犯罪を、金融機関にも命じて居るのです「北海道銀行は”阿部さんのご母堂が死後、道銀手稲星置支店のATMから、二回に渡って預金を、死人自身で引き出した”こう道銀が、記録等偽造で偽って有る犯罪で」

実行犯は「ビデオも証拠で手に入れ、確認して”亡くなったご母堂では無くて、相続人次男の息子か嫁、と言う事実を阿部さんに”」

となれば「北海道銀行は金融庁、北海道財務局ぐるみで”死んだご母堂が、死後預金を二回引き出した”こう偽造で偽って有ると言う事です」

金融機関に司法、監督機関が「資金を盗み、差し出させる、口座名義人による貯金引き出し、と偽造に走って、盗んだ金を差し出して、口座名義人が預金を引き出した、と偽造して偽れ、こう命じている実例証拠です」

ページ移動

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:5013115
ユニークアクセス:4231190
今日
ページビュー:406
ユニークアクセス:405
昨日
ページビュー:1543
ユニークアクセス:1449

Feed