エントリー

2019年12月01日の記事は以下のとおりです。

帳簿を二重以上作成にまで、弁護士、司法犯罪の結果

  • 2019/12/01 16:10

最高裁大法廷も、平成28年12月19日に、最高裁も採用して来た、相続遺産分割除外説は、民法第896条違反、以後採用禁止最終決定を出したけれど。

全く合憲、合法等眼中に無い日弁連、全部の弁護士会、弁護士全員、高裁以下裁判所、裁判官全員、書記官、検察庁全部、検事全員、全部の警察署、金融事業者監督機関、金融機関全部、法務省、公証役場、公証人、国税は、相続遺産分割除外説、単なる死人緒財産強盗、泥棒を続行してだけ来ています。

この犯罪を、どう言う法を犯しており、どう言う犯罪の手口で成功しているか、当社が詳細に事実立証、犯罪証明しました、弁護士、司法、警察犯罪を証明、再犯潰し等して来ました。

これを逆恨みした弁護士、弁護士会、警察、裁判所、裁判官、書記官、犯罪者集団は「司法、警察権力を悪用させて、犯罪者擁護、犯罪握り潰し、犯罪による犯罪正当化、犯罪被害正当化、再犯実行等に暴走し続けると共に、犯罪を暴き、潰して、犯罪を公にして、撲滅に動く当社、私を、権力を悪用させて、冤罪粛清に走っても居ます」

又、共犯で、今も犯罪に走って居る、顧客の身分、死人偽装の手で、金融機関の資金を横領して、司法犯罪制度を成功させて居る金融屋は「司法、警察、監督機関の意向を受けて、合法を守って、死んだ時点で遺産預金凍結して居ます、帳簿、証明書作成、行使と、相続遺産分割除外説を続行して居る、正しい犯罪である、之を正当化する為の、死人が死後預金を引き出した、遺産預金は減じた、と偽造した帳簿、証明書作成、行使にも走って居るのです」

これ等の証拠は、広く配って有ります、言い逃れは出来ません、弁護士犯罪、司法、警察犯罪に追従し続けて居る、顧客の身分偽装で資金横領を続けている金融機関の、犯罪国家権力からの指示を受けた、究極の犯罪、正業の仮面を完全に脱ぎ捨てた、金融事業者犯罪が行われて居ます。

どんな事業でも「ここまで犯罪が暴かれても続行し続けて、犯罪を隠す、正業と偽る為、帳簿、証明書を複数、違う内容で作り、使う事まで行い、ばれれば、事業に信用は、当然ですが、一切無くなります、金融事業者、保険事業者は、公開証明された通り、根本から犯罪事業者です、司法、警察共々」

犯罪ははっきり証明されて居る

  • 2019/12/01 15:55

弁護士、裁判官、裁判所、調停委員、公証役場、公証人、法務省、警察、金融事業者監督機関、国税、揃って完全な犯罪組織、構成員、国家資格者です。

犯罪に手を染めている、この事実は、もう何の言い逃れの余地も無く、はっきり証明されているし「犯罪を今では公に、国内外相手で、無差別に凶行し続けて居る、之ももう、何処にも言い逃れられ無い真実です」

相続遺産分割除外説、単なる死人の財産強盗、泥棒、詐取犯罪を、虚言、犯罪による強制正当化で、正しい財産強盗と偽り、押し通して来た、司法、行政、警察犯罪の言い訳です。

最高裁大法廷も、自分達もこの説を認めて来た、間違いだった、民法第896条違反だった、今後もう、この説の採用を認めない、こう平成28年12月19日に、最終決定を下したけれど。

日弁連、弁護士会全部、弁護士全部、高裁以下裁判所全部、裁判官全部、全部の検察庁、検事全部、警察全て、国税庁、金融事業者監督機関、全部の金融事業者が揃って「合法化を拒絶、相続遺産分割除外説強制続行、之で突っ走り続けて来て居る、この事実まで、公にされて居ます」

完全に犯罪行為集団、確信犯罪集団です、犯罪と承知で、公に犯罪を重ね続けて居ます、金融機関は「民法第896条、新民法第909条2の適用を求められて、過去、現在、明日以降も、相続遺産分割除外説踏襲犯罪を重ねる事との整合性が、絶対取れなくなり」

帳簿、証明書を多重に作り、使う事に走って居ます、民法第896条、新民法第909条2による帳簿作成、証明書作成、行使と、相続遺産分割除外説が正しい、と偽る為の、死人が死後預金を引き出した、合法な預金引き出しだ、こう偽った帳簿、証明書作成、行使を、共に行う事態に陥って居ます。

犯罪国家権力

  • 2019/12/01 14:23

@最高裁大法廷も、最高裁自身の法破りを認め、平成28年12月19日に、相続遺産分割除外説は民法第896条違反、以後採用を認めない、この最終決定を、法を持って下して居ます、この合法化を受け入れないと、弁護士、高裁以下裁判所、裁判官、検事、検察庁、警察、法務省他が公式に走って来て居る、この犯罪を食い止め、犯罪証明した当社、私を犯罪者とねつ造に走る事も重ねて居る、法曹三者、検察庁、裁判所、警察には、司法、警察権力を行使する資格は無いです

                               令和元年12月1日

〒101-0951 秋田県秋田市山王7-1-2
鈴木まり子秋田地方検察庁検事正
TEL018-862-5581
〒010-0951 秋田県秋田市山王3-2-1
湊屋睦夫秋田銀行代表取締役
TEL018-863-1212
FAX018-864-1027

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※秋田地検、下記死人偽装で金融機関資金窃盗犯、共犯警察、弁護士等に、口座名義人偽装で資金横領が犯罪か否か、確認すべきです

義父の身分偽装、金融機関資金窃盗他警察権力悪用で擁護、他
青森県警本部長、1,2,3課課長 道警と共に、死人偽装で金融機関
TEL,FAX017-723-4211 資金横領、窃盗を直接擁護他

1、秋田検察庁鈴木まり子検事正、先ず公式立証されている事実から記載します。

(1)最高裁大法廷は、自身も手を汚して来た、民法第896条違反である、相続遺産分割除外説を、平成28年12月19日に、大阪高裁平成27年(許)第11号事件、この説を採用して、他の相続人の遺留分、減殺遺留分に付いて、相続人の一人が、遺産預金まで、死人偽装の手で殆ど奪った事で、減殺遺留分相続を求めた訴えに付いて、この合法相続を求めた訴えを(大阪家裁から)大阪高裁で却下した決定を、この上告審で、相続遺産分割除外説は民法第896条違反違法、以後採用禁止、最高裁で認めた、この説採用判決も破棄、こう決定して大阪高裁決定も破棄し、大阪高裁に差し戻して居ます。

(2)この最高裁大法廷最終決定を受けて、新民法第909条2も策定され、今年7月1日に施行されました「民法第896条、新民法第909条2共に”被相続人死去時で遺産は凍結される、遺産預金も同じ”こう決まっている法律規定です」

(3)ですが、日弁連、日本中の弁護士会、弁護士全員、日本中の高裁以下裁判所、全裁判官、調停委員、書記官、全検察庁、検事全員、法務省民事、刑事局、公証係、日本中の公証役場、全公証人、警察庁、全都道府県警、金融事業者監督全機関、全金融機関、国税は「この最高裁大法廷最終決定、民法第896条、1031条、新民法第909条2の遵守を公に拒絶し、相続遺産分割除外説を続行採用、死人緒財産は、強奪、窃盗、詐取したら犯罪者が所有権を得て、他の相続人緒相続遺産から、自分達が公権力を悪用し、強制除外して通し続ける」こう宣言し、この犯罪を、今も続行して通して居ます。

2、当社は、妻の父が死去した平成27年11月7日の2日後9日に、次男娘が十和田おいらせ農協上北支店に行き、義父の身分を偽装した書類(次男は重度の筋ジストロフィー患者で、歩行も出来ず、字はとっくに書けない)で200万円を盗んだ事件、8日後の15日に、次男妻が青森銀行上北支店に行き、義父の身分を偽造した書類で、30万円余りを盗んだ事件、共に金融機関は、義父が死去しており、偽造書類で金を盗む事に加担した事件、これ等に付いて、妻、4男から依頼され、事実調査等を行うと共に、度重なる再犯行為を食い止める、等して来ました。 

3、こうした、当社による犯罪事前防止、犯罪事実立証等動きにより、義父の遺産、遺産預金強奪がしくじり続けた事と、翌年7月4日には、義母も死去し、義母の遺産預金強奪にも走ったが、当社に阻止された事で、相続遺産分割除外説による犯罪を、合法策で阻止され続けた逆恨みを募らせ続けて来た、次男、長女委任弁護士      、札幌弁護士会、札幌地裁、簡裁、家裁、裁判官、書記官、青森県警、北海道警察は「犯罪者は正しい、と言い張り擁護、犯罪事実証拠不採用、死人偽装で金融機関窃盗擁護、犯罪を暴き、法を持って犯罪証明を重ねる当社、私を、逆恨みで冤罪粛清にも走って来て居ます」 

4、十和田おいらせ農協、北海道銀行’(阿部花枝氏分)は、当社から法を持って、死人が死後も生きており、死人が預金を引き出した、等偽る犯罪事実等を糾弾され、遺産預金は死去時の金額存在する、民法第896条、新民法第909条2規定通り存在する、この帳簿作成、処理と、証明書作成、発行を、日本初で行ったのです。

5、だが、相続遺産分割除外説のみ強制続行、最高裁大法廷は法に無知、愚か者集団、民法第896,1031条、新民法第909条2は無効、順守不要、こう決めて、犯罪を続行して居る弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、法務省、財務省、金融庁、農水省、警察からの意向により「相続遺産分割除外説により、死人は死後も生きており、死人自身で死後も預金を引き出して居る、こう偽造した帳簿、証明書作成、行使も共に行う事態となって居るのです」 

6、札幌弁護士会は、犯罪共犯弁護士を守る、弁護士ぐるみ相続遺産分割除外説で、死人の財産、遺産を犯罪で奪い、犯罪者と山分けして居る事実が暴かれ、正しい犯罪である、犯罪を証明、阻止した私が犯罪者、と決定書を出して居るし、札幌地裁平成31年(ワ)第151号民事事件、次男の身分偽造弁護士委任状で提起された裁判、判決で「上記犯罪、死人、認知者偽装で金融機関資金窃盗は正しい犯罪、一切犯罪事実無し、犯罪を正しく立証し、再犯を防いでいる私は犯罪者と確定して居る、犯行指示者の次男、実行犯の長女に合わせて350万円支払え、等判決も下っています」 

7、こうした事実が有る上で「十和田おいらせ農協、北海道銀行は”被相続人死去時に存在した遺産預金が、法に沿い存在する遺産預金額記載帳簿、証明書作成、行使と、相続遺産分割除外説続行、死人は死後も生きており、死んでからも預金を引き出して、正しい預金引き出し、死人が死後引き出した分、遺産預金は減じて行って居る、こう偽造したもう一冊の帳簿、証明書作成、行使”を、司法、警察、監督官庁からの意向を受けて、明確な犯罪を行って居るのです」 

8、この現実、実例証拠が、公式に表に出されて居ます「法曹権力、警察、法務省、金融庁、財務省、農水省等は、正しく犯罪集団です、金融機関も同じです”秋田銀行職員が、顧客の身分を偽り、金を横領した”上記権力犯罪事実、二重以上の帳簿作成、行使事実、証拠が有るのです、どうやって横領罪と、整合性を取り立証、起訴出来て、有罪に落とせると言うのでしょうか、同じ犯罪行為者である次男娘、妻(相続人長女)阿部正明氏等は、相続権も無いが、正しい犯罪者で逃がされ、守られて居る、日本で初めてこの権力犯罪を、公に事実立証した私を、冤罪そのもので犯罪者と、警察、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所ででっち上げ決定して、冤罪粛清に走られて居るのですよ」                  

正しい犯罪、証拠隠滅、偽造を重ねて強制捏造

  • 2019/12/01 08:54

弁護士用の司法、警察、金融機関、監督官庁、法務省他犯罪、遺産強奪、窃盗、詐取入手、泥棒が所有権を得た、と犯罪の限りを国家権力が尽くして、強制決定して、相続遺産から強制抹殺までしている。

極悪非道を超えた、国家権力が弁護士の指揮下で凶行し捲って居る、国民相手の無差別テロ、犯罪です。

もうこの犯罪も、何の言い逃れも出来ないまで、当社によって権力犯罪の構図も、詳細に明らかとされて居ます。

犯している法律は、根本からだと、民法第896条、1031条、新民法第909条2、窃盗罪、詐欺罪等を犯して成功させて有り、金融屋は監督官庁、司法、警察と共謀して「帳簿等を多重に作り、上記法律を守って居る、とした帳簿、証明書の作成、発行と、死人は死後も生きており、死人の手で預金が引き出せている、こう偽造した帳簿、手続き書類作成、行使も行って居ます。

秋田銀行職員の女性が「弁護士、裁判所、税務署、市役所から恒常的に命じられて、手を汚して居る行為「預金契約者の身分を偽った書類を書き、顧客が自分で預金を引き出した、と偽る資金横領を、自分用に行った、らしい、証拠も公開して居ないから、秋田銀行fが言っているだけ、の事件は、証拠の手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書等、物的証拠を表に出せない、言っただけ、の犯罪行為です」

日常的に金融機関に、口座名義人を偽る手口で金を盗み、提供させて居る弁護士、裁判官、裁判所、税務署、市役所なのです、犯罪がばれれば「証拠隠滅、証拠偽造、犯罪強制適法化で犯罪を潰して居て、追及者を冤罪粛清に走るまでしている、事実通り公開証明されて居ます」

秋田銀行の事件も含めて「口座名義人を偽り、金融機関の資金を横領、窃盗し捲って居る、弁護士指揮犯罪事実、証拠他公開立証事実を、今後もっと公に使って行きます、金融機関職員の横領事件で、物証、手続き書類、帳簿、決算書をを業務上横領事件で使えば、金融屋は業務上横領の山、弁護士指揮同様犯罪も含めて、がばれます」

ここまで公とされて居る、弁護士指揮遺産強盗犯罪

  • 2019/12/01 08:33

弁護士が指揮を執り、遺産強盗、窃盗、詐取が、裁判官、裁判所、調停委員、検事、検察庁、警察、法務省、法務局、金融事業者、監督機関、国税、報道等が、弁護士犯罪国家資格者の指揮下に入り、必要な犯罪の限りを尽くし捲り、遺産犯罪強奪を成功させ続けて居ます。

もう憲法、法律規定など、元々守れる頭も無しで、弁護士の指揮下で弁護士犯罪が成功するように、犯罪の限りを尽くし捲って来て居て、当社にこの事実を、実例証拠で正しく暴かれてしまい、最高裁まで遺産強奪に与して来て居て、止めるから、と決定しても居る事実も証明されてしまい。

言い逃れの余地を完全に失い切り、居直り強盗化し切っており、公式に弁護士の指揮を受け、遺産強盗、窃盗、詐取を、公に重ねるまでになり果てて居ます。

こんな犯罪法曹資格者、検察庁、裁判所、警察が「刑事訴訟法、民事訴訟法手続き公務を行える筈が、当然無いのです、実行犯ですから当たり前です」

遺産強盗、窃盗、詐取を、持っている権力、特権を悪用して、正しい犯罪だ、と強引に偽りを重ねており、犯罪を重ねて居る事が公にばれた後は、公式犯罪化して、犯罪の限りを尽くし捲って居ます。

弁護士が指揮を執り、裁判官、検事、裁判所、検察庁、警察、金融事業者、監督機関、法務省が指揮下で犯罪の限りを尽くし捲り続けて居る。

狂気の沙汰が、今では公に、日本中で繰り広げられて居ます、居直り犯罪国家権力となって。

最高裁裁判官は「弁護士、家裁裁判官、書記官、調停委員の下僕化して居る、憲法、法律規定共々、最高裁もこの連中に無効化されて、従って居る、この事実立証も公式になされて居ます」

司法犯罪

  • 2019/12/01 08:04

@阿部溘悦氏が遺産土地建物強奪被害、遺産強奪被害に付いて、札幌高裁、秋田地検宛て書面を出します、相続遺産分割除外説、遺産強盗、泥棒が正しい、最高裁最終決定、民法第896,1031条、新民法第909条2、窃盗、横領罪規定等は間違い、司法犯罪、犯罪被害者としての文書、秋田銀行事件も合法か否か、等書面です

                                令和元年12月1日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
   ※記載先、確信犯で弁護士指揮、遺産強盗を続行していますよね

日本共産党市会議員団、共産党窓口、担当増川事務局員
FAX011-218-5124
秋元札幌市長、保護、介護保険、障害福祉、環境
FAX011-218-5166 秋田地検宛て文書記載犯罪実行者
森雅子法務大臣、司法法制部前田、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393
大谷直人最高裁長官    三審制は虚偽、弁護士、家裁書記官、調
FAX03-3264-5691 停委員、裁判官の指揮下が事実
麻生太郎副総理、財務、金融大臣、政策金融課原田、岡本担当
FAX03-5251-2217 金融事業者に二重以上の帳簿作成指示
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456 弁護士、家裁が上級審指揮事実発覚
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 弁護士の指揮下で冤罪創出、起訴
山下直人道警本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110 秋田県警とも、犯罪整合を
日本弁護士会連合会会長
FAX03-3580-2866
札幌弁護士会樋川会長、犯罪共犯、冤罪創出綱紀委員会
FAX011-281-4823

1、被相続人死去後、遺産は強盗、窃盗、詐取で所有権強奪、犯罪証拠隠滅、偽造等で合法と偽装、秋田銀行職員による、同じ行為での顧客預金入手も、正しい資金入手、遺産強盗他と同じく合法入手、当然です。

秋田地検

  • 2019/12/01 06:35

@秋田地方検察庁鈴木まり子検事正殿、私達も相続遺産分割除外説により、弁護士、裁判官、裁判所、警察に、泥棒、詐欺は正しい犯罪、犯罪で奪われた遺産は遺産から強制除外だ、保護受給者の相続人の遺産も、奪えば遺産から消える、保護費詐欺にもならぬ、と、札幌市保護課も共謀し、されています、秋田銀行職員の顧客預金横領事件、秋田銀行帳簿等偽造と共に、私達の犯罪被害も、日本中で起きて居る犯罪です、法の下の整合性が必要故、捜査すべきです

                                令和元年12月1日

〒010-0951 秋田市山王7-1-2
鈴木まり子秋田地方検察庁検事正殿
TEL018-862-5581
〒010-0951 秋田県秋田市山王3-2-1
秋田銀行湊屋睦夫代表取締役
TEL018-863-1212
FAX018-864-1027

@被相続人父阿部健一(平成23年3月24日死去)母阿部花枝(平成30年10月11日午前10時45分死去)

@遺産窃盗、詐取犯人
〒147-0262 小樽市xxxxxx号
阿部xx(札幌市西区保護課より保護受給者、相続人阿部健治長男)

@相続人、本件申立者
〒004-0001 札幌市厚別区厚別東1条6丁目8番
阿部溘悦 印
TEL090-6527-1128
〒063-0826 札幌市西区発寒xxxxxxxxxxxxxx号
阿部xx 西区保護課から保護費受給
〒004-0014 札幌市厚別区xxxxxxxxxxxxxxxx号
沼内xx 厚別区役所から保護費受給、阿部正明夫婦と共謀し、両親の遺産窃盗、詐取
〒061-1106 北広島市xxxxxxxxxxxx
山本xxx

1、秋田地方検察庁鈴木まり子検事正殿、詳細は私が調査を委任して居る、ハウスリメイク取締役、山本氏から伝達されて居るので、私達が甥夫婦、長女沼内xx、共犯弁護士、札幌地裁、家裁、裁判官、北海道銀行、道警、税務署、札幌市長、保護課等から一方的に、両親の遺産強奪、窃盗、詐取被害、相続遺産分割除外説による、遺産強奪犯罪制度被害を受けている、被害事実を記載致します。

2、父阿部健一名義、阿部溘悦住所地土地建物(私が元々、一件目の土地建物を1,000万円以上負担し、購入した3軒目の家)父が糖尿病悪化、認知が進行して入院中、長女沼内xx、阿部xx夫婦が父を病院からこっそり連れ出し、目も見えず、字も書けない、認識力無しの父に、阿部xxに所有する土地建物を遺贈する、との公正証書遺言状を、公証人代筆で交わさせて、父死去後土地建物名義を、正明名義に書き換えた。

3、現在の評価額、約1,600万円、正明は私相手に、一円も払わぬ、すべて自分の所有となった、出て行け、と、建物明け渡し請求事件提訴、私は二自営業も営んで居るが、正明委任弁護士の訴訟指揮を受けた裁判官が、父が自宅購入する費用拠出、二自営業を営んでいる事実、減殺遺留分相続人に支払い、相続人二名は保護受給者故、保護費詐欺にもなって居る事実全て却下、土地建物強奪決定判決を下した。

4、xx(か妻)は、阿部花枝の預金通帳、印鑑、キャッシュカードを預かて居る事を悪用して、花枝が死去した当日、平成30年10月11日午後1時21分、北海道銀行手稲星置支店ATMから、花枝のキャッシュカードを使い、287,000円を盗んだ、同じ月の15日、花枝の年金二か月分、244,000円余りが振り込まれた後の18時過ぎ、同じ支店からこの金も盗んだ。

5、北海道銀行は”犯行証拠の一つ、ビデオ映像を隠匿、抹殺して、正しい遺産預金引き出し、犯人特定が出来ぬように、ビデオも渡さぬ、犯人特定が出来ぬ状況で、犯人から返して貰え”と強弁し、犯行の支援、道警も共謀。

6、xx、妻、沼内xx、新さっぽろ年金事務所が共謀して、花枝の死去月の遺産年金を「相続人は正明しか居ないと、完全な詐欺で偽り、年金機構はxxに、花枝の遺産年金12,000円余りを、詐欺と承知で渡して、合法な相続遺産年金給付、上記経緯を自供の上、犯人特定が出来ぬようにして有る、犯人から返して貰え、と強弁」

7、秋元札幌市長、市議会、札幌市保護自立支援課、西区、厚別区保護課は「上記犯罪、保護費詐欺行為も承知の上で”保護受給者に相続遺産が発生しても、闇で正の遺産は手に入れ、使って良い、保護費打ち切りを行わない、負の遺産は保護費から支出が必要になるので、相続せず、他の相続人に押し付けろ、常時この手を講じている”こう、沼内xxに指示、沼内と上記保護課が認めている事実。

8、両親の遺産家財等物品の相続、処理等費用が150万円以上必要な、負の遺産相続、ハウスリメイクからに物品目録、費用等証拠提出分に付いて、xx、沼内xx双方代理、小寺xx弁護士事務所と、地裁、家裁、裁判官が共謀して「正明が所有者と公に偽り、法を犯す処理予定、費用は正明が負担、札幌市役所、道警、検察庁、裁判所が公式共犯で、この犯罪実施予定」

9、鈴木まり子検事正、この事件の手口は、日本中で弁護士、裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省、地方自治体、警察、国税、金融機関、監督官庁等が共犯で、公に行われて居る、公権力犯罪のなぞりです、秋田銀行職員による、顧客の預金横領?が犯罪だと、この実例を見て、秋田銀行の帳簿、決算書を数年分証拠採用せず、決定出来ますか「弁護士、検事、検察庁、裁判官、裁判所、警察も手を汚し捲っている立場です、業務上横領罪での捜査権限、刑事、民事訴訟法遂行が出来る合法さが有りますか、札幌高検、地検、札幌高裁、地裁、道警とも、整合性を正しく取るべきです。

10、記載した犯人と被害者、被害事実に付いて、道警、札幌地検、札幌の裁判所、弁護士会らは「正しい犯罪、よって犯罪としない、盗めた遺産は犯罪者が所有権を得た、相続遺産から失われた、保護受給者の正の遺産も、盗めれば犯罪者が所有権者、保護費詐欺にもならぬ、こう強弁して通して居るのですから」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702753
ユニークアクセス:3947946
今日
ページビュー:841
ユニークアクセス:791
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed