エントリー

2019年12月02日の記事は以下のとおりです。

遺産泥棒を強制適法化、弁護士指揮、司法犯罪

  • 2019/12/02 16:42

死人が出れば、死人緒財産を強盗、窃盗、詐取して通って居る、相続遺産分割除外説、法律では全く無い、弁護士用の司法、警察、法務省他、国家権力ぐるみの単なる犯罪です。

最高裁大法廷は平成28年12月19日に、この単なる犯罪を、民法第896条違反故、以後採用禁止、と最終決定を下して居ますが、この犯罪を大きなしのぎとさせている、弁護士会、弁護士は、全く理解も出来ないので、守る事は無いままです。

弁護士の下僕の裁判官、裁判所、書記官、調停委員は、弁護士の犯罪指揮下に居ますから、最高裁の最終決定等、一切聞く気も無いままです。

この事実により、死人が出たとなれば、変わらず死人の財産強盗、泥棒に走り、成功し続けて居ます、奪えた遺産は犯罪者が所有権を得た、こう偽りで通って居る事も、変わらないままです。

最高裁大法廷の最終決定、法を持った最終決定等、弁護士、家裁裁判官、家裁、地裁裁判官、地裁、書記官、調停委員にすれば、法に無知な愚か者集団の戯言でしか無い、完全に最高裁も、法律も、この連中は馬鹿に仕切って居るんです。

馬鹿に仕切って居る最高裁裁判官、法の規定ですから、聞く訳が無くて当たり前なのです。

法律と最高裁大法廷が、法を持って最終決定を下した、相続遺産分割除外説以後採用禁止、民法第896条の遵守しか認めない最終決定も、弁護士犯罪集団の意向を受け、無効として潰して、遺産泥棒に邁進して居るのです。

司法、警察犯罪

  • 2019/12/02 13:58

@父小林武四郎が死去後、無人となった父の家を家探しし、預金通帳、印鑑、登記簿、現金等を探し出し、父を偽装して金融機関共々金を盗む、青森県警、札弁連、弁護士、札幌の裁判所、裁判官、書記官が共犯でこの犯罪を正しい、と偽って通して居ますし、七戸警察署が実力行使に走り、実家を次男、長女に強制占有させる等、犯罪の限りが尽くされ、正しい犯罪と偽り、通されて居ます

                                令和元年12月2日

〒010-0951 秋田県秋田市山王7-1-2
鈴木まり子秋田地検検事正
TEL018-862-5581

          小林武四郎、オナヨ次女山本あつ子、遺産強盗被害者
          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                                     山本あつ子
                            TEL011-784-4060

青森県警本部長
TEL,FAX017-723-4211

1、秋田地検検事正、夫の文書を補完しますが「次男娘、妻、私の姉の犯罪、父の死後父を偽り、十和田おいらせから200万円、青森銀行家等0万円余りを盗んだ、青森銀行から母の身分を偽装し100万円を盗んだ犯罪に関して、青森県警、七戸警察署、北海道警察、手稲、東警察署2,3課は”死人、認知者を偽り、金融機関と共謀し、金を盗む行為は合法、相続人は被害者では無い、一切犯罪にならぬ、正しい犯罪で、盗んだ金は次男娘、妻、長女の金になったが、次男が犯行を行った、次男は字も書けないが、次男の犯行と偽って有る、正しい犯罪だ一切犯罪としない”こう、次男、長女が委任した       弁護士、十和田おいらせ農協、青森銀行、沼田徹弁護士、札幌の裁判所ぐるみ強弁し、押し通して来て居ます”」

2、実家に付いても、七戸警察署天内警部補が「実家は次男、長女の所有と警察が決めた、私と家族、4男が入れば住居不法侵入で逮捕だ、こう直接脅しも、筋ジストロフィーで車椅子の私の病状を知り、大喜びで脅しもかけて来て居ます」

3、裁判所も同じ、私が自力で裁判所に行けない、字もほぼ書けないと知り、訴訟提起、調停出廷が出来ないように、介助は犯罪と決め、出廷しない私が悪、上記犯罪は正しい、父、母の身分偽装で金融機関ぐるみ金を盗む事は正しい、犯罪者が所有権を得た、と強制決定を重ねて居ます、これ等犯罪は、正しいと、強制決定して居ます、秋田地検、秋田銀行職員の横領、正しい資金入手の筈では、青森、北海道警察、裁判官、検事と協議するべきです。

金融屋犯罪実例証拠

  • 2019/12/02 09:17

十和田おいらせ農協、青森銀行、北海道銀行、弁護士会、弁護士犯罪国家資格者、裁判官、裁判所、青森県警、北海道警察、報道各社、他者の財産強盗、泥棒、詐取犯罪実行犯、共犯国家権力、事業者です。

明確な犯罪を、今では公に、犯罪握り潰し、犯罪者擁護、財産権蹂躙被害公認、被害者に被害を、犯罪証明を逆恨みして、冤罪を被せに暴走まで。

完全にこいつらは、犯罪集団、テロ集団です「無差別に国民の財産を、国家権力を悪用させて、犯罪を直接実行、犯罪者と共謀に暴走、顧客から金を預かる事業をいい事にして、預かった金を私物化して、司法、警察、監督官庁ぐるみで犯罪の限りを尽くし、他者から預かった金の私物化、横領、窃盗し放題して、犯罪によって通されて居る」

もう何処にもこの連中、言い逃れの余地も無くなっています、金融屋は「民法第896条、新民法第0909条2ヲ犯して、死人は生きており、死去後も死人が預金を正しく引き出して居る、この犯罪に、最高裁が禁じた後も、明日からも勤しみ続けており、拙くなった事で」

上記法を守り、死去時の遺産預金が存在して居る、とした帳簿、決算書、証明書作成と、死人は死後も生きており、死人の預金は凍結して居ない、死人が死後も預金を合法に引き出して居る、死人によって遺産預金は減じた。

こう偽造した帳簿、証明書も、合わせて作成、行使する事態に陥って居ます。

他にも「民法第896、新民法第909条2の規定通り、死去時の遺産預金が存在する、この金額で遺産預金仮支払いする、したが”死人が死後預金を引き出した、死人が死後引き出した預金は減じた”こう偽造した帳簿、証明書も作られ、発行されて居ます」

弁護士が作り、出す遺産目録も、金融屋犯罪に倣うしか無くなり「死去時に存在した遺産預金額記載目録と、死人が死んだ後、預金を引き出した遺産目録、が合わせて出て、裁判官が”どちらも合法な遺産証明目録だ”こう強制決定する事態に発展して居ます」

何処にも合法は無い、金融屋の事業には、全く合法が無い、金融屋犯罪がこれなのに、公印が顧客の身分を偽り、金を横領した等、証拠書類、帳簿、決算書を数年分証拠で使う、合法な刑訴法手続きを取られれば、立件は不可能です。

証拠を無しとさせてしか、金融屋が訴える、行員による顧客身分偽装、業務上横領事件は立件も不可能、起訴も不可能です、つまり「今まで金融屋が告訴して来た、行員による顧客の身分偽装、資金横領事件告訴は”証拠を出さないから、合法を破戒して立件、起訴出来て、有罪とされたのです”」

同じ犯罪の山、金融屋の真実です、証拠を正しく使われれば、行員が業務上横領した等、事件化自体不可能なのです、司法、警察、法務省、国税他が、金融屋が預かって居る金を強奪する為、手を汚している犯罪と同じだから。

司法犯罪を糾弾し続けて

  • 2019/12/02 08:21

弁護士、司法書士用の国家権力犯罪、この真実を、実例証拠を持ち、洗い出して、犯罪に関わる国家権力が何処で、どう言う犯罪を手掛けて、犯罪を正当と偽装して、司法犯罪を成功に持って行って居るか、次々当社は洗い出して、犯罪を立証して、司法犯罪、弁護士犯罪を公開して来て居ます。

死人が出たとなれば、泥棒と共犯緒司法書士、弁護士犯罪利権獲得の為、死人の財産は強盗、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪者が無税で所有権を得た、と犯罪の限りを司法、警察、監督官官庁、国税、政治、報道が共謀して、偽りで通して居る。

死人緒財産強盗、司法犯罪の大きな代物です、最高裁大法廷が禁止した平成28年12月19日以後も、この犯罪だけを、公に今では、司法書士、弁護士犯罪国家資格者が指揮を執り、警察、裁判官、裁判所、検事、検察庁が犯罪指揮下に入り、死人の財産強奪だけを、司法、警察権力悪用を武器で使い、強制成功させて居ます。

今ではもう、公に行われて居る、国家権力確信犯罪です、国民の財産を、司法書士、弁護士が犯罪者と組み、好き放題強奪して、所有権を得た、こう偽りを強制適用させ、犯罪と承知で押し通し続けて居るのです。

最高裁大法廷も、自分達も含めてこの犯罪に加担して来た、法を犯す行為だから以後禁じる、ここまで法を持ち、決定して居るけれど、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、調停委員、法務省、公証役場、公証人、国税、金融事業者監督機関、報道、政治、何処も合法化を拒むだけで、犯罪を続行して居るのです。

金融屋は「犯罪とはっきりさせられ、拙くなり”合法を守っている帳簿等、証明書作成、行使と、死人は死後も生きて預金を引き出して居る、帳簿、証明書偽造作成行使、発行に走る事態に陥って居ます”」

日本中には山のように、司法遺産強盗被害者が

  • 2019/12/02 07:59

国内外を問わず、弁護士、司法書士用が主体、遺産強盗、窃盗、詐取犯罪相続遺産分割除外説により、正しい遺産泥棒、犯罪だが犯罪としない、死人の財産は、強奪に成功すれば犯罪者と共犯弁護士、司法書士が、無税で犯罪利得の所有権を得た、と、証拠等を偽造して通して居て。

居直り強盗以下の国家権力虚言犯罪で、遺産から強制除外させて、他の相続人の相続権を、強制剥奪も行い、この犯罪を成功させて来て居る。

最高裁大法廷が、この犯罪を正当と「相続遺産分割除外説等をでっち上げて認めて来たが”民法第896条違反で違法、平成28年12月19日以後、この説の採用は禁止、最高裁がこの説を認めた判決も、全て無効とする、最終決定も下したけれど、この後も相続遺産分割除外説しか強制採用せず、遺産泥棒を続行し続けて居る”」

金融屋は、この犯罪に直接組しており「死人は死後も生きており、死んだ後も、死人が預金を引き出して合法なので、死人の遺産預金口座は凍結しない、死人が死後も、合法に遺産預金を引き出して、合法預金引き出しで通って居るんだ」

こう、証拠隠滅、隠匿に司法、警察ぐるみ走り、言い張り、今もこの犯罪を、公に続けて居ます。

ですが、最高裁大法廷最終決定が出ており、民法第896条、新民法第909条2発効も有り、犯罪が発覚、立証されて拙くなった金融屋、監督官庁、司法犯罪国家権力は「合法な死去時の遺産預金額証明帳簿、証明書作成、行使と、死人は死後も生きており、死んでからも合法に預金を引き出して居る、死人によって遺産預金は、合法に減じて行って居る、偽造帳簿、決算書、証明書作成、行使に走る事態に発展して居ます」

この金融屋犯罪により、弁護士、裁判官、調停委員、裁判所は「死去時の遺産、遺産預金額記載遺産目録と、死んだ後に死人が遺産預金を、正しく引き出して、遺産預金が減じた遺産目録偽造作成に走って居ます」

もう国家権力集団に、何の合憲、合法も無いのです、単なる強盗、泥棒だと、完全に立証されて居ますから、国家権力犯罪責任を逃れるための手は「合憲、合法破壊、三審制破壊、帳簿、決算書偽造、証明書偽造、行使、犯罪適法化しか無くなって居ます、全部実行中の犯罪ですけれどね」

大罪

  • 2019/12/02 07:40

今までも今も、明日からも「死人、認知者の身分を偽る手で財産を強奪、窃盗、詐取、横領し捲って来て居ます、司法、警察、法務省、金融事業者監督機関、国税、報道、政治が直接実行犯でです」

ここまで長年に渡り、弁護士、司法書士用が主体で、ここまで悪逆な国家権力犯罪、国民の財産無差別国家権力悪用強盗、窃盗、詐取、犯罪で得た利得は、無税で犯罪者が所有権を得た、と偽り、強引に押し通して来て居る、狂い切った権力犯罪は、表に出た実例、証拠では、日本初でしょうね。

何しろ「最高裁大法廷も、最高裁ぐるみ手を汚して来た、相続遺産分割除外説、死人を偽り相続遺産を強盗、窃盗、詐取に成功すれば、弁護士、裁判官、警察、国税が、遺産から強制抹殺して、他の相続人の相続権を、強盗の居直りで抹殺までして来た司法指揮犯罪で、最高裁大法廷は、こう言った事実を認めて」

この最高裁大法廷最終決定を下した、平成28年12月19日以後、相続遺産分割除外説は、採用をもう認めない、最高裁がこの説を認めた判決も無効とする、ここまで公式に、相続遺産分割除外説は犯罪、以後採用を認めない、被相続人死去時に存在した遺産は、死去時で保全して、相続人全員の共同相続遺産、民法第896条による、で扱う以外認めない。

ここまで最高裁は、自身の過ちも認め、この遺産泥棒を禁じて居ますが「高裁以下裁判所、裁判官全員、日弁連、全部の弁護士会、弁護士全員、検察庁全部、検事全員、警察全て、国税庁、金融機関全て、金融機関監督行政機関、報道挙げて”この、法を持った最高裁大法廷最終決定は、法と共に間違い、守る必要無し、最高裁の15人の裁判官は法に無知な愚か者、一切聞く必要無し、相続遺産分割除外説を続行だけしている”」

こう嘯き、完全な犯罪行為を重ねて居るんです、今も、明日からも、犯罪と承知で死人の財産強盗を、泥棒と組んだ弁護士利権の為、重ね続けて居ます。

常軌を逸した国家権力犯罪、テロです「金融屋は”死人は死後も生きていて、死人が預金を合法に引き出し続けて居る、よって死人の預金口座は凍結しない、死人によって預金は引き出され続けて居る”この偽造と、法に沿った死去時の遺産預金額存在証明と”数通り帳簿、決算書、証明書作成、行使に走る事態になています」

司法犯罪が暴かれ、最高裁も実行犯と認め、禁じたが、国家権力最高裁、環境省以外、誰も合法に移行しない結果の、司法他巨大犯罪の続行です。

犯罪を禁じているが

  • 2019/12/02 06:42

@道警、報道各社、死人の財産強盗、窃盗、相続遺産分割除外説採用は平成28年12月19日、最高裁大法廷が民法第8896条違反、この説を採用した最高裁判決も合わせ、以後採用禁止、被相続人死去時で遺産全て凍結、等決定しているし、未相続遺産金品泥棒、犯罪処理請負、個人所有物犯罪処理請負いは、環境省も廃掃法、古物商法違反故禁じて居ます、手続き書類、帳簿、決算書等偽造、脱税で成功させて有るこの犯罪、司法ぐるみ公続行、擁護の法の根拠は?

                                令和元年12月2日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504
※秋田銀行職員による、顧客の身分偽装手続きで2,500万円入手?事件?上記事実、証拠、記載先他直接加担、犯罪と承知で擁護、適法行為でしょう、遺産強奪被害を受けた阿部溘悦氏、当方から秋田銀行、地検にも、添付他書面等送って有ります

北海道警察本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110 秋田銀行横領事件、適法でしょう
北海道新聞社主、報道センター吉田、内山、樋口道警記者クラブ記者
FAX011-210-5592 未相続遺産強盗、窃盗宣伝責任
NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-231-4997 報道、特集は、法による合否証明が必須
協同通信社札幌支局、小川まどか他記者
FAX011-221-8898 合法根拠ゼロで配信、犯罪と合法判断無く
HBC報道センター中館デスク
FAX011-221-6807
HTB報道情報部報道部デスク、広告部
FAX011-233-6008未相続遺産金品泥棒宣伝、横領は合法です
STV報道部、どさんこワイドデスク 遺品整理、泥棒実況中継他
FAX011-271-1535 最高裁、環境省、法の規定破壊、犯罪擁護

1、当社の指摘通り「未相続遺産金品強盗、泥棒、詐取は犯罪、最高裁大法廷、環境省パンフレット記載、死人偽装で金融機関資金横領、窃盗が犯罪と立証され、逃げ道を失った金融機関、弁護士、裁判官、裁判所は”手続き書類、帳簿、決算書、遺産目録等多重作成、行使に暴走中”犯罪続行故、犯罪被害拡大続きとなって居ます」被害者として阿部溘悦、当社から、秋田銀行、秋田地検に”秋田銀行職員が、顧客の身分偽装で資金入手は司法、行政犯罪制度で適法”遺産泥棒側被害者証言、遺産泥棒加害者を捜査し、整合性を取る、帳簿等を証拠で使う事、犯罪発覚で多重偽造作成立証も出来る”と文書も出しました」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702700
ユニークアクセス:3947901
今日
ページビュー:788
ユニークアクセス:746
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed