エントリー

2019年12月03日の記事は以下のとおりです。

泥棒請負

  • 2019/12/03 17:47

未相続の内に遺産金品を窃盗させて、差し出させて、犯罪を重ねて闇に溶かす、遺品整理請負、犯罪請負も、公に宣伝出来て、通されて居ます。

最高裁大法廷も禁じている、未相続の遺産闇処分、横流し犯罪ですが、何しろ弁護士の指揮で、未相続の内に遺産を裁判官、調停委員、書記官、検事、検察庁、警察、金融機関、監督官庁、国税他が共犯で強盗、窃盗、詐取し放題、させ放題に狂奔して居ますから。

なので、未相続の遺産金品泥棒請負、遺品整理請負も、公に未相続遺産金品を泥棒して、差し出しましょう、遺品整理屋、泥棒が闇に溶かして上げます、こう大マスコミ、司法、行政、警察の直接共犯加担を得られて居て、公に宣伝出来て、犯罪を請け負えて居ます。

未相続の遺産は盗み放題出来て、犯罪とされる事なしで、無税で犯罪利得を手に出来て居ます。

死人が出たなら、誰彼構わず遺産を奪う事を、色々な犯罪に手を染めて、、果たせるように悪だくみを、之が適法と、今では公に、司法、行政、警察、国税、報道他が共犯で、法を破戒させて、合法ゼロで強制確定させて、遺産泥棒を正しい犯罪だ、こう強制決定して、通してくれています。

万人が見習うべき、正しい国家権力犯罪なのです、死人は死後も生きており、死んだ後も預金を引き出し続けて居る、拠って遺産預金凍結もしていない、死人が預金を引き出せなくなるからだ、この有名犯罪も、今では公式な犯罪に格上げされて居ますし。

帳簿、証明書、決算書を偽造して、正しい死人による預金引き出し、と偽装を国中で凶行し続けて居る、居直り強盗以下の犯罪国家権力総出で。

日本中で凶行されて居る、弁護士指揮、国家権力犯罪です。

金融機関職員

  • 2019/12/03 17:35

金融機関に勤務して居て、顧客の預金を扱う業務に従事して居れば、裁判所、弁護士、税務署、地方自治体、泥棒相続人から、口座名義人を偽り、金を盗んで差し出せ、こう求められ捲るので、口座名義人偽装の手で、金を横領し、差し出し捲っても居ます。

ですから「顧客の預金を扱う金融機関職員は”顧客の身分を偽る書類を作成して、行使して、金を横領して差し出す事の常習犯、です”」

この事の意味を、金融機関で口座名義人の身分を偽らせられて、横領を働かされて居る職員達は、正しい法の規定、真実をちゃんと理解しておくべきなのです。

単なる犯罪です、弁護士、裁判所、税務署、地方自治体、預金泥棒からこの犯罪を求められたら、正しい犯罪となるが、自分用なら犯罪だ、と言う事は無いから。

顧客の預金を扱う立場の職員達は、何時、誰の身分を、誰から求められて偽り、金を横領して差し出させられたか、良く知悉して居ます。

この犯罪実例、証拠を、顧客の預金を扱う担当職員達は、保全して置くべきなのです、何れ役立つ時が来るかもしれないから。

金融機関の業務は、顧客の身分を偽装する手で金を横領して、闇で流す犯罪も、山のように凶行し捲って居る業務が入って居るんです。

顧客の預金を扱う金融機関の職員達、何処かでこの行為を「いきなり犯罪だ、とされる事が山のように起きて居るのだと、正しい認識を持って置きましょう、罠に掛けられる恐れが強く有る、犯罪に手を染めているから、之を自覚、認識して置きましょう」

弁護士犯罪利権用、でも犯罪そのもの

  • 2019/12/03 17:30

未相続の内に遺産を強奪、窃盗、詐取に成功すれば、犯罪者が所有権を得た、と偽り、通されて居る、日本の国家権力犯罪、遺産強盗司法、警察、法務省指揮犯罪。

最高裁大法廷が、自分達もこの犯罪を正当な犯罪だ、と公に認めて来た事も間違いだった、と、民法第八九六条違反事実を持ち、認めて、以後採用禁止最終決定を出したが、日弁連、日本中の弁護士会、弁護士全員、高裁以下裁判所、書記官、裁判官、検察庁全て、検事全員、警察組織全体で、この最高裁最終決定も、民法第896条も間違いだ、一切守る必要が無いから、守ってはいないのだ。

こう公に公言して、悪事の限りを今も、明日からも尽くし捲って居ます。

今更もう、合法な遺産相続を果たす、等出来る筈が無いのです「そもそも、相続と強盗、泥棒の区別が、弁護士、検事、裁判官、書記官、調停委員、公証人、警察官、国税職員には、本当に付けられ無いのですから」

未相続の遺産は、強盗、窃盗、詐取出来れば犯罪者が所有権を得た、と犯罪を重ねて決められ、通されて居る、これ以外本当に分からないんです。

これは単なる犯罪だと、当社が正しく証明した事で、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、報道カルト他、未相続の遺産泥棒実行犯、共犯国家権力は、当社を逆恨みして、冤罪粛清等に暴走し続けて居ます。

自分達が手を染めている犯罪を、当社を冤罪に落とす事で正当化出来る、と言う論法?による、定番となっている司法テロです。

金融機関の業務上横領事件で

  • 2019/12/03 08:14

秋田銀行の事件もそうですが「苫前町農協冤罪事件の場合は別、冤罪に落ちた職員は、顧客の身分を偽装して金を抜くスキルが無かったけれど、秋田銀行等の場合は」

顧客の預金を扱う立場にいた訳で「帳簿を証拠で使う事態とされれば、刑事、検事、弁護士、裁判官は、顧客の預金を扱う立場の職員が賢ければ”こことこことここと~~~顧客の身分を偽造して、弁護士、裁判所、税務署、市役所から要求されて金を盗んで差し出しましたよ”」

こう、次々指摘されて行ってしまいます「刑事、銀行、銀行の告訴担当弁護士、検事、裁判官、金融庁、財務省、実行犯税務署、市役所の犯罪担当は、真っ青になります」

この犯罪、顧客の預金を扱う職員が、一番詳しいのですよ、弁護士、泥棒、裁判所、税務署、市の役人から「口座名義人を偽り、金を盗んで差し出せ、こう言われ、手を汚す役を担って居るのだから」

金融機関で業務上横領が起きた、顧客の身分を偽り、金を横領した、之を帳簿を証拠で使い、立件しようとしたなら「金融機関の職員の横領なら”他の同様犯罪、泥棒、司法、行政命令同様犯罪多数も関わっている訳で”この事実を帳簿の記載で指摘され捲れば、業務上横領など立件出来ません」

無知蒙昧、無能な刑事、弁護士、検事、裁判官には「実際に顧客の預金を扱い、顧客の身分偽造で金を盗めと命じられ、手を汚して居る行員に、全く太刀打ち出来ませんから、当たり前です、プロの経理職員が、素人以下の連中に負ける道理が無いから」

遺産金品犯罪処理請負も

  • 2019/12/03 08:05

死人が出たとなれば、得する遺産だけ強奪、窃盗、詐取出来れば、犯罪者が所有権を得た、と偽りで国家権力が決定して、犯罪者と共犯弁護士が、犯罪で得た利得を山分け出来て、通されて居る。

この犯罪は、負の遺産は放り出して逃げる、この手も取られて居ます、合法な遺産証明は、証明方法すら知らない弁護士、調停委員、公証人、書記官、裁判官、検事、検察庁職員、警察ですから、何の事かすら理解も出来ないのが現実なのです。

他者の財産を、犯罪に手を染めて奪うと憲法第29条違反から適用される、この大原則が、この連中には全く理解も出来ません。

この大原則が、この連中には全く何も理解出来ないので、相続遺産分割除外説等何の合法根拠も無い、この事実も、一切何を言われているかから、分からないままなのです。

ですからこの連中は、最高裁大法廷が平成28年12月19日に、自らも間違った事も認めて、相続遺産分割除外説は、民法第896条違反故以後採用禁止、被相続人が死去時に存在した包括遺産全てを、死去時で凍結、保全して、相続人全員の共同相続遺産で扱う以外認めない。

この最高裁大法廷最終決定の意味も、未だ、この先も、永遠に理解も出来ないままなのです。

で、相続遺産分割除外説を強制続行、民法第896条、1031条、新民法第909条2事、最高裁大法廷最終決定は一切今後も守らぬ、最高裁と法が間違いだからだ、こう宣告して、犯罪を続けているんです。

遺品整理請負、泥棒請負もこの事実が有り、未相続遺産金品泥棒請負を続けられて居ます。

正気さが完全に

  • 2019/12/03 07:49

一昨日、昨日、本日の文書の記載で分かるように、死人、認知者の財産強盗をしのぎとさせて有る、弁護士犯罪国家資格者指揮、死人、認知者の身分を偽り、財産を強奪し捲り、国家権力がこぞって共犯なので、各々国家権力が、この犯罪を正当と偽る為の犯罪に手を染めて、強制適法化を果たして来て居る、証拠差の欠片も無い事実が、実例証拠で表に出されて居ます。

平成28年12月19日に最高裁大法廷が、自らも法を犯して来て居る、相続遺産分割除外説の採用は、民法第896条違反故、以後採用禁止、被相続人が死去の時点で、正、負の遺産、包括遺産全てを凍結、保全して、相続人全員の共同相続遺産で扱う事、以後相続遺産分割除外説採用禁止、民法第896条規定に全て合わせる事。

この法による最終決定が、当社によって正しく使われて、この法律も、最高裁大法廷最終決定も、何の事かも全く理解不可能の弁護士、書記官、調停委員、裁判官、法務省役人、公証役場、公証人は「最高裁最終決定と民法第896条順守を、一切拒み続けて、未相続遺産強奪にのみ明け暮れて来て居たのです」

当然ですが、何一つ合法が無い、単なる強盗、泥棒、詐欺行為を通して居る、泥棒公認の説を、唯一絶対の犯罪根拠、で犯罪を重ねてだけ来ていますから。

取り敢えず十和田おいらせ農協が「被相続人死去時に存在した遺産預金額が、法による正しい遺産預金金額で、義父が死んだ後、義父が生きて預金を引き出した、と、農協職員と次男娘が偽装して、盗んだ200万円は農協の資金窃盗、こう一旦決定して、証明書を作って交付して」

合法な遺産預金仮支払いを行った事が、弁護士が指揮する司法、法務省、警察犯罪行為集団には、物凄く拙かったのです。

で、北海道銀行も十和田おいらせに倣った事もあり、国家犯罪権力が指揮して「死去時の遺産預金が存在する、この帳簿、証明書作成、行使と、死人は死後も生きており、拠って口座凍結はせず、死人が預金を引き出し続けて居て、合法預金引き出し、死人によって遺産預金は減じ続けて居る、こう偽造した帳簿、証明書作成、行使にも走り」

死人が死後引き出した預金は、正しい預金引き出しだから遺産預金では無い、金は返さない、こう嘯き、犯罪に走る手を、金融屋は監督機関、司法、警察の指揮を受け、統一で使い出して居るのです。

最高裁大法廷、環境省他が禁じたが

  • 2019/12/03 06:20

@最高裁大法廷は、民法第896条違反等を理由として禁じており、環境省、小樽市等は廃掃法違反、古物商法違反等を李湯で禁じている、未相続遺産物品所有者偽装他、犯罪入手、処理、記載先はこぞって最高裁、環境省、法の規定を守る気無し宣言、犯罪続行、遺品整理、生前整理犯罪広告、請負も同じ、犯罪と承知、司法、警察も公認

                                令和元年12月3日

JARO 日本広告審査機構
TEL03-3541-2811 遺産、遺品は相続が終わるまで保全が必
FAX03-3541-2816須、最高裁大法廷も民法第896条で決定済小泉進次郎環境大臣
FAX03-3593-8263 廃棄物適正処理推進課渡井、福野担当
FAX03-3593-8264 廃棄物規制課、家電リサイクル高橋担当
秋元札幌市長、市議会、市税、環境、保護、介護保険、障害福祉
FAX011-218-5166 遺品、生前整理等共に実施
FAX011-218-5124 日本共産党市議団
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長最高裁、法を否定し
FAX011-271-1456 未相続遺産、法を犯し奪うと遺産から除外
植村実札幌高検検事長
FAX011-222-7357遺品、生前整理等事件多数法によらず免責
山下直人北海道警察本部長、生活経済、保安、1,2,3課課長
TEL,FAX011-251-0110所有者偽装等金品闇入手、処分公認

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

一般社団法人遺品整理士認定協会
FAX0123-42-0557 産廃、古物商許可で未相続遺産金品を
ネクステップ水江千秋社長
FAX011-210-4020
ルーツ・オブ・ジャパン湊源道社長
FAX011-803-6446 未相続遺産違法処理実況中継者の一角
遺品整理想いで社長
FAX011-299-7753
FAX011-210-5592 道新報道センター吉田、内山他
FAX011-231-4997 NHK札幌放送局報道部デスク
FAX011-221-8898 共同通信社札幌支局小川まどか他記者
FAX011-233-6008 HTB報道情報局デスク、広告
FAX011-271-1535 STV報道局報道部、どさんこワイドデスク
FAX011-221-6807 HBC報道制作センター中館デスク

1、日本広告審査機構、記載先はほぼ全て、下記合法遵守を公に破壊して、未相続遺産金品等強奪、闇に溶かす行為に狂奔して居る先です、どう言う法破りか、正しく記載します。

(1)最高裁大法廷は平成28年12月19日、相続遺産分割除外説なる、未相続遺産泥棒を正当と、法の根拠ゼロででっち上げた説は、民法第896条違反、被相続人死去時に存在した包括遺産(正、負共に遺産全て)は被相続人死去時で凍結し、相続人全員の共同相続遺産とし、代表相続人なる者等が現金化して入手等も、以後全て禁じる、この説を認めた最高裁判決も含め、以後採用禁止、と最終決定を下しました。

(2)環境省、小樽市等は”個人所有物、未相続遺産物品を、古物商、産廃事業許可で引き取り、処理、処分等を請け負う事を禁じる”廃掃法、古物商法違反故禁止、所有者の権利、責任でしか扱えない、等ネット記載、パンフレットで警告。

2、これ等、法による犯罪禁止決定、通告を、上記記載先ほぼ全てが、守る気無しと公式決定して、犯罪を公式続行して居ます。

(1)日本中の弁護士会、弁護士、高裁以下裁判所、裁判官、書記官、調停委員、法務省、公証役場、公証人、検察庁、検事、警察他が”民法第896条等を持った最高裁大法廷最終決定、この法の他、民法第1031条、新民法第909条2の遵守拒絶”相続遺産分割除外説のみ強制続行して居る、記載法と、最高裁大法廷最終決定は間違い故、弁護士、書記官、調停委員、家裁~高裁裁判官が、間違いを審査し、今後次々最高裁、法が間違いと決定する、とも答えている。

(2)義父、義母の遺産、財産、預金泥棒(義父平成29年11月7日、義母30年7月4日死去)預金は義父母の身分を、次男娘、妻、相続人長女が金融機関も共犯で偽り、資金窃盗等、この犯罪を暴き、遺産保全の求め、犯罪是正の求めを当社、妻、4男が刑事、民事で訴えたが「犯罪は正しい、法を犯して奪えた遺産、認知症の義母の金は、正しい犯罪入手、犯罪を暴き、犯罪で奪われた遺産、財産保全を求めた、等行為は犯罪、保全せよ、との訴えも犯罪、犯罪を暴き、犯罪を食い止めた行為も犯罪、私、4男は犯罪者、次男、長女に合わせて450万円払え(平成31年ワ第151号判決)等判決が出ている」

(3)上記札幌家裁、簡裁、地裁の「決定、判決は”民法第896.1031条、新民法第909条、最高裁大法廷が間違い、未相続遺産は法を犯し、奪えば犯罪者が正しい所有者、相続遺産分割除外説続行事実を持った判決”法と最高裁最終決定を、公に否定実例」

3、義父母の身分偽装、資金窃盗実行犯青森銀行は「沼田徹弁護士を担ぎ出し、死人、認知者の身分偽装で資金窃盗は、便宜払いと言う犯罪で、今も広く行い続けて居る犯罪、と文書を出して居る、十和田おいらせ農協、北海道銀行は”民法第896条、新民法第909条2の規定が、実は適用されるので、被相続人死去時の遺産預金が、帳簿の一つで存在する、とするしか無くなった」

4、この法の正しい適用は、司法が特に拙いので、司法、警察、監督機関の指示が金融機関に出て、合法、偽造帳簿、証明書を数通り帳簿、証明書を作る手を講じて有り、死人は死後も生きて預金を引き出して居る、合法預金引き出し、遺産預金凍結はせず、死人により減じ続けて居る”よって、死人が引き出した預金は渡さぬ、と数通りの証明書作成、発行の手に走り、この犯罪続行宣言、居直り強盗以下の国家権力犯罪”当然だが、死人ではない犯人が映って居る、引き出し映像ビデオを司法、警察、監督官庁ぐるみ隠滅、隠匿が武器”死人は生きて預金引き出しを行って居ないから」

5、義父母、阿部健一、花枝氏の遺産物品、負の遺産相続、処理に付いて、札幌家裁、地裁は、犯人側弁護士の訴訟指揮下に入り「遺産家財、物品の合法負債で相続を、当社が果たすべく、委任されて証明し、合法扱いに動いているが、これ等負の遺産証明等を、弁護士、裁判官(警察も)権力悪用で、無い負の遺産と強引に決め、闇処分、所有者強制偽装処分に走るべく、犯罪を重ねて居る」

6、こう言った真実、実例証拠が揃って居ます「日本広告審査機構、遺品整理、生前整理が合法商売、合法請負との事ですが、何処にも合法が無い、犯罪ですが?」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4702748
ユニークアクセス:3947942
今日
ページビュー:836
ユニークアクセス:787
昨日
ページビュー:810
ユニークアクセス:753

Feed