エントリー

2019年12月12日の記事は以下のとおりです。

保護受給者の家財相続

  • 2019/12/12 17:00

札幌市から生活保護費を支給されている、阿部さんの兄妹の、遺産家財の相続は「法による処理費用を、国税75%、地方税25%の割合で、税金から支出されます」

法律による搬出、各引き取り、処理に付いては「荷役作業請負費、再利用引き取り費、廃掃法規定による処理各費用、古物で売れるなら、古物売却に要する費用、搬出等費用等、色々な費用算出が必要です」

当然ですが「札幌市議会、保護課、環境局、警察との、相続手続きに於いての公式協議が必要です」

阿部さんが居住し、営業している建物です、阿部さんの都合が一番上位に有るのは当然です。

札幌市の廃棄物処理許可業者が、一定引き取るにしても「どう言う方法で、どれだけの回数、どれだけの荷役作業員を動かして、どうやって引き取らせるか、詳細に、法に沿い工程を組む必要が有ります」

これを果たす為には「札幌市議会、保護課、環境部署、警察が、直接業者、阿部さんも交えて、作業方法、引き取り方法、一回に出来る分量等を決めなければなりません」

何しろ「保護受給者が相続する、しなければならない遺産家財は、税金から必要費用が支給されます、法に沿い、完全に合法な計画を、関係する公的機関等と業者、阿部さんとで組む必要が有るんです、何しろ税金を使う事業ですから」

遺品整理屋を闇で使い、闇で税金を犯罪業者に流す、現行の犯罪処理は、認められ無いのです。

泥棒が偉そうに

  • 2019/12/12 16:39

簡単な事です「預金者を偽り、金融機関職員と共犯で資金を奪えば、泥棒に決まって居ます、言い訳の余地は無い、泥棒に決まって居るのです」

之だけの事、之が事実です「死人は死後も生きており、死んだ人?が死後も預金を引き出し続けて居るので、死人の口座を凍結して居ない、まともな人間が、公に強弁する事では無いです、弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察が、この虚言を、公務、法律業務?で言い張って、通して居るのです」

どう言い訳しても「金融屋の手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書、税務申告書が、こう偽造、死人が死後預金を引き出した、と偽造されているのですからね」

預金は「口座名義人しか”合法に引き出し、解約出来ません”死人は死んだ後、預金を引き出したりできる訳が御座いません、まともな人は、死人が死後も生きて居て、預金を引き出し続けて居る、こんなオカルト虚言を吐かないし、犯罪を重ねて、死人による預金合法引き出しを偽装もしません」

単なる泥棒、強盗、詐欺を「正しい犯罪だ、相続遺産分割除外説が、法によらず絶対で存在して居る、よって”死人は死後も存在しており、死人が預金を引き出し続けて居る、合法な、口座名義人による預金引き出しだ”こう強弁して、犯罪を重ねて居るけれど」

泥棒の共犯金融機関は、証明書、手続き書類、帳簿等を「死人が死後預金を引き出した、と偽造して居ますし”新民法第909条2が施行された結果、被相続人が死去時に存在した、法による遺産預金額証明書と、死人が死後預金を正しく引き出した証明書と、死去時に存在した遺産預金額で、遺産預金仮支払いした証明書”等、複数偽造、行使にも走って居ます」

司法遺産強奪犯罪に加担しており、これ等の犯罪に手を染めるしか、法改正と、最高裁相続遺産分割除外説採用禁止、最終決定、民法第896条による、等が揃っており、金融屋は、犯罪を繕う為に、これ等犯罪を、公式に重ねるしか無くなったのです。

当事者資格

  • 2019/12/12 16:16

やらせだけだけで、裁判ごっこに興じてのみ入る「プロレスのように、格闘技を相当程度身に付けた上で、やらせ、筋書き通りの試合をこなせる訳では無く、素人、一般国民でも呆れ果てる程度の裁判ごっこ、法律業務ごっこです」

相続遺産を強盗、窃盗、詐取出来る司法犯罪制度、誰の財産か、この根本から、本当に理解も不可能な弁護士、裁判官、裁判所、検事、検察庁、法務省、金融機関監督官庁、国税、警察、報道カルトが「死人が出たとなれば、遺産強盗、泥棒と共犯で、遺産を犯罪で奪いに走って居ます」

単なる強盗、泥棒ですけれど、この連中にはこの単純犯罪が、子供でも分かる他者の財産強奪、泥棒犯罪だとすら、本当に微塵も理解出来ません。

やらせで裁判ごっこ、法律業務ごっこにだけ興じる以外、何も出来る能力、知識、資質が備わって居ないのです。

次男、長女と共犯の、件の”偽造委任状で暗躍弁護士”とやらも、札弁連、裁判所、裁判官、検事、検察庁、警察、法務省、公証役場、公証人と共犯で、死人、認知者を偽り、金融機関と共犯で資金を盗む犯罪を、正しい犯罪である、正しい預金者による、預金合法引き出しだ。

こう公にも、記載した犯罪国家権力と共謀して言い張り、通されて居ますけれど「金融屋はこの犯罪を繕う為に”複数の偽造手続き書類、偽造帳簿、決算書、監査報告書作成、行使、複数の、食い違った証明書作成、行使犯罪に手を染めて居ます”」

犯行が写っているビデオは、記載した国家権力共々「闇に葬り、犯人特定が出来なくさせて居ます”死人が死後、預金を引き出した、と偽って有る事が、正しいと強弁し、通す為に”」

ここまでの犯罪行為実行が、公に、実例証拠も公開され、証明されて居ます、司法、警察、監督機関たる資格自体、完全に失って居るのです。

犯罪組織、犯罪者が「刑事、民事訴訟法手続きを、司法、警察として扱える筈が無いのです、己らの犯罪です、正しい犯罪だ、こう法を犯し、決めるのは当たり前です」

遺産は相続人が相続出来る、する財産であり、泥棒、共犯弁護士、司法書士の財産では有りません、当たり前過ぎる事ですが、この犯罪集団には、この大原則から、本当に理解不可能なのです。

弁護士犯罪利権用、司法犯罪

  • 2019/12/12 10:56

弁護士用の犯罪、死人の財産強盗、泥棒犯罪により正当化偽装、関係国家権力こぞって犯罪に加担、で成功させて有る。

義父母の遺産泥棒事件等で、一定の窃盗遺産、財産を、家裁裁判官は「相続遺産に含めて、相続人4人で均等相続、と決定しました、当たり前の決定ですが、相続遺産分割除外説が絶対だ、死人を偽り、遺産を強奪出来れば、犯罪者が所有権を得たと偽って、強制決定して有る」

この弁護士用が主体、司法遺産強盗制度に拠り、適法相賊すら、遺産泥棒が起きて居れば、司法は認めず、泥棒擁護に狂奔して来て居ますから、ある意味真っ当な決定が、義父母の相続で、出た訳です。

この事例を武器とさせて、阿部健一、花枝さんの遺産泥棒事件、保護受給者も共犯で、の事件では「泥棒の甥、共犯の札幌市の部署、市議会、道警本部、厚別、手稲警察署を、相続に関係する当事者です、公式に出させる手筈を取って居ます」

阿部健一、花枝さんの相続遺産を、相続人次男の息子と妻、相続人の長女で、年金機構、北海道銀行ぐるみ、詐取、窃盗しているし、遺産不動産も、相続人の相続分まで全て強奪して、通されているのです。

この連中を、全て出廷させなければ、阿部健一、花枝さんの遺産相続、負の遺産処理は、保護費から家財処理費を出す必要が有る、保護受給者も、合法に正、負の遺産相続を果たす必要が有る、保護費詐欺ですから。

こっちの事件も、こう言う手も公式に打ち、正しく正、負の遺産の相続と、保護費詐欺潰しを果たさなければなりません。

弁護士、裁判官が「遺産泥棒に加担、負の遺産は放り出して逃げる、保護費詐欺の共犯で犯罪実行を、今後も見過ごす訳には行きません」

阿部さんの件

  • 2019/12/12 09:48

阿部健一、花枝さんの遺産泥棒他事件は、次の当事者、実行犯を公に引っ張り出さなければ、公の相続処理は果たせません。

;遺産泥棒実行犯、次男の息子は”遺言状による相続人の一人”一部部相続権者、違法に二人の被相続人の遺産を泥棒した。

;札幌市から相続人二名が、生活保護費を支給されている、市役所保護課、市議会から、保護法違反に付いての共犯責任を明確にする為、代表を出させなければならない。

;遺産家財は、義父母の場合と違い、当社で証明書を証拠で出して有るので、どう相続後、処分等を”保護受給者の相続分は、保護費支出で果たすか、市議会、保護課、環境局代表を引っ張り出して、法の下処理策を出させる”

;次男の息子が盗んだ遺産に付いて、司法、警察、市議会、市保護課が”泥棒させたまま、逃がして居るが”義父母の事例では、多くの窃盗被害遺産に付いて、法により正しく分割相続とした”無い遺産金だけど、当然泥棒に、盗んだ遺産に付いて、損害の補填責任を負わせる必要が有るので、道警からも、証人を出させる。

こう言った「法に沿った証人決定、責任を正しく取らせる為の動きも、当社が行って行って居ます」

弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所に「上記犯罪握り潰し権限も、当然有りませんから、法による合法相続、負の遺産処理が、当たり前に必須なのです」

独り勝ち

  • 2019/12/12 09:20

全体をみえる人間がいるか、居ないか、ここですよ、司法犯罪が表向き成功する、しくじる根本理由は。

私が司法、警察、行政犯罪に立ち向かう為、公に反撃に移る場合、全体像を正しく立証、犯罪証明を果たせたことを持ち、反撃に移る事にしています。

一方弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、書記官、検事、検察庁、法務省各部署他は「自分達が手を汚して居るテロ、犯罪を、部分的にもまともに理解も出来て居ません、己の犯罪すら、まるで理解も出来ないで、悪事に勤しんでいるのです」

私は全体像も把握して、司法、警察、行政ぐるみの犯罪を、法の下糾弾し、潰して居ます、無効は己の悪行を、まるで分かって居ないで、犯罪を継続して、逆恨みでこちらを冤罪粛清に走って居ます。

こう言う事実が有るので、私は公式に、司法、警察、行政合体テロ、犯罪と真っ向から対抗して、犯罪を潰せているのです、無事でいられるのです。

全体像が理解出来る人間が居れば、司法テロ冤罪にも対抗出来るし「実際に法を犯して居ても、業務上横領等なら”横領出来る立場で、自分の所属する事業所の闇も知って居て、横領事実に付いて、横領で扱う、扱わないからくりも熟知して、実例証拠を揃えて置けば”業務上横領罪には、落とされないのですよ」

証拠を正しく使われれば、こう言う状況なら、横領事実が問われる前に、横領で告訴も、難しくなります、自爆するから、横領で告訴する事業所も弁護士も、受ける警察司法も。

犯罪を司法、警察、行政が共犯で法を犯し、制度と偽装

  • 2019/12/12 07:06

@義父母の遺産、財産強奪、窃盗”預金は義父母を偽り、金融機関が共犯で資金窃盗、口座名義人、死人が預金引き出し、と偽造で捏造”他、弁護士用が主体犯罪は”こちらの尽力で、司法、警察による、遺産強奪を阻止して、一定保全出来た遺産預金を、4男、妻は、一定相続出来る決定は出て居ます”合憲、合法を通すと、弁護士はほぼ必要無し、拠って司法他犯罪の制度化を、阻止する者は粛清、犯罪者、犯罪組織の定番行動です、残った負の遺産処理は、当然置き去りです

                               令和元年12月12日

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

森雅子法務大臣、刑事、民事局、公証係
FAX03-3592-7393 一部証拠提供、法務省がテロ集団の一角
大谷直人最高裁長官
FAX03-3264-5691 札幌家裁、地裁に証拠有り、札弁連も共犯
麻生財務、金融大臣、政策金融課原田、岡本担当
FAX03-5251-2217 一式書類は道財務局経由提供手続き済み
秋元札幌市長、市税、保護、介護保険、障害福祉、環境
FAX011-218-5166 阿部健一、花枝氏の遺産家財相続、処理他、義父母の場合は調査証明潰し故残、と違い、物品、処理費証拠提出済み、保護受給者二名が居る、法を犯す相続で逃がす、は通らない
日本共産党札幌市会議員団、共産党窓口、担当増川事務局員
FAX011-218-5124

1、義父母の遺産、財産強奪、窃盗で入手、この犯罪を、法と常識を武器で駆使し、犯罪と事実立証し続けて、再犯を一定食い止めた当社、私に対して「弁護士用が主体、合憲、合法破壊を武器で成功させて有る、相続遺産分割除外説に楯突いた角で、冤罪粛清する、こう司法、警察テロに暴走して来て居る中で”札幌家裁、遺産相続審判事件決定で、当社、私が中心となり、一定の、遺産預金の保全を果たして有った(偽造委任状で暗躍      弁護士の指揮で、義母死去後次男、長女と家族で遺産預金存在金融機関に押し掛け、強奪未遂実行)結果、4男、妻は、一定遺産預金相続を果たせる、等決定となって居ます」

2、弁護士用が主体の「相続遺産分割除外説、要は死人は生きている、死人は死後も遺産預金等を自分で引き出し、使う等している、こう偽造で偽り、正当化している犯罪に、当社、私が従わなかった逆恨みにより、当該弁護士が指揮して冤罪粛清を目論見、札弁連、裁判官、裁判所、青森県警、道警等がテロの指揮下に入って、犯罪を成功させる、粛清を果たす、と暴走して来た、犯罪者特有の思考、行動です、自分達のしのぎを潰された逆恨み、が原因で、犯罪を重ねたテロ続行ですから」

3、この決定では、実務、実務法律に沿った、正、負の遺産相続処理完遂は果たせません、通常の弁護士、司法犯罪相続よりましでしょうけれど、遺産預金を当方の尽力、司法、警察テロに対抗して、一定保全出来たから、ある程度適法な”正の遺産のみ、4男、妻は相続出来た”のですけれど、幾つもの重大な、定番となって居る、司法、行政、警察犯罪、正の遺産強奪入手、不の遺産残存”が、何時もの弁護士用犯罪相続(正の遺産のみ、法を犯して強奪させ、弁護士に一部利益提供、負の遺産処理は、弁護士の利益減故潰す)通り、生まれて居ます。

(1)義父母が所有して居た遺産動産の調査、物品証明を、当社が4男、妻から委任され、行う事としたが「次男、長女に実家土地建物、物品を、法を犯して強制占有、所有させた青森県警、七戸警察署     弁護士、札幌簡裁、地裁、家裁、裁判官の、職権悪用強制妨害により”遺産物品証明自体不可能とされた結果”多くの遺産物品は、そのまま残置となり、警察、法曹権力、誰も法を犯したテロ行為責任を取らない」次男、長女に所有権を与えて、責任を負わせもしていない」

※阿部健一、花枝氏の遺産動産は「当社が阿部溘悦、山本二三子氏から依頼され、基本の物品証明、相続後の引き取り等、調停に証明書提出済み”札幌市長、市議会、厚別、西区保護課が、相続人二名が保護受給者故、正の遺産は闇に消して良し、負の遺産は放り出せ、合法相続を蹴る事”と指示を出して居る、保護費詐欺他事件遺産物品は、札幌市長も含め、どう扱うのか、物品証明を出して有り、司法、警察、札幌市が共犯で、無い事で逃げるのは無理でしょう」

4、義父の所有して居た農地、自宅、納屋の相続は「次男が自己所有物とする、と決めた事に、       弁護士、札幌簡裁、地裁、家裁、裁判官、青森県警、七戸警察署が加担して、次男、長女に独占強制占有させて居る、4男、妻と家族が敷地に入ると、祷居不法侵入の罪で逮捕する、次男、長女が独占占有、所有して居る不動産故である、こう、現実に扱って有るのに”不動産建物、住宅地、農地の相続規定も知らない家裁裁判官は、4人で共同相続で良いだろう”と、適当過ぎる決定を下して居ます」

(1)現在遺産不動産の相続は「分割相続、敷地を細切れ登記相続、は認められて居ません、誰かが相続し、他の相続人とは、金銭で相続を解決する規定です」

(2)農地の相続で”複数の相続人が、共同相続、も認められて居ないし”農地に付いては、幾つもの根本問題を抱えており、弁護士、裁判官では、農地の相続に至っては、ほぼ何も知らない結果の、農地の扱い実務を知る者とすれば、有り得ない決定”です。

;農地の多くは水田、水利権問題が分かって居ない。

;特に本州の農地は”各戸毎の正しい境界自体不明”正しく測量して、細切れに分割登記するとなれば(農地法が有り、細切れ相続自体、無理ですが)すれば、隣接農地との境界画定は、次々隣接農地と合わなくなり続けて、莫大な費用が嵩むが、ケリは付きません”私の親の代でも、あの木からこの木の間、あの山の頂、で相続して居ました、木を切れば、境界不明続出でした”弁護士、裁判官は、この実態も、全く何も分からない訳です。

;義父の所有して居る農地は”飛び地が多く、周り中営農を止めており、特に畑地は一体が荒れ地で、義父の所有する農地が、何処から何処までの区画か、相続人4人は元々知らないし、証明は不可能です”不動産、農地の相続も、弁護士、裁判官は、何も現実から知らない結果、日本中で相続されない土地建物、物品が生み出され続けて居る、公式実例です。

5、妻と4男は、上記を詳しく証明も果たして来ているし、相続審判決定を受け入れ、残る問題は、実行犯次男、長女に当事者責任です、負って頂きます「後は当時者弁護士、札幌弁護士会、青森県警、道警、裁判所、裁判官、法務省他、実行犯国家権力が”過去、現在、今後の同様権力犯罪実例と同じく、責任を負う事です”」

6、記載先、秋元市長他「相続は”負の遺産を、正の遺産が有れば、先に処理する”これが鉄則です”弁護士用犯罪制度をでっち上げて、正の遺産だけ強奪して、犯人と弁護士で山分け、相続では無く、強盗、泥棒です、保護受給者相続人が居れば、正の遺産を闇に溶かして(闇で入手、使用も、保護受給者ぐるみ認めている、司法、行政、国税、警察ぐるみの犯行)負の遺産処理責任逃れで、合法相続を潰して、通して居る、この現実も公式証明されて居ます、犯罪組織を形成して有る国家権力です」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4766049
ユニークアクセス:4006602
今日
ページビュー:156
ユニークアクセス:114
昨日
ページビュー:857
ユニークアクセス:777

Feed