エントリー

2019年12月14日の記事は以下のとおりです。

他者の財産強奪成功の為

  • 2019/12/14 17:36

死人、認知者の身分を偽り、預金等を強奪、窃盗、詐取し捲り、弁護士、裁判官、裁判所、警察の犯罪への加担、協力、共犯行為が得られて、泥棒が成功させられている。

金融機関、監督官庁は「死人、認知者の身分を偽り、金を盗む行為を隠す為に、証明書、記録を偽造し捲り、帳簿複数作成等、司法、警察犯罪を正当化しなくてはと、やはり犯罪の限りを尽くし捲って居ます、もう公に、事実、証拠が公開もされて居る犯罪です」

今後は「公に立証されている中で、もう居直ってこの犯罪を正当と言い張り、続行し捲って居る司法、警察、そして共犯の最重要機関の一角、国税の、犯罪利得を公に、無税で逃がして居る所業を、今後どう繕うのか」

合法が公式に潰されて、通されて居ます、犯罪に手を染めて、他者の財産を強奪、窃盗、詐取し捲って、犯罪の限りを指揮、主犯、実行犯司法、警察、国税他が、今も通し続けて居るのです。

犯罪を国家機関、国家資格者が、直接犯罪に手を染めて、強引に成功させて居るのです、国家権力を名乗るが、実際は犯罪集団だと公に証明されて居る上で、犯罪を公式に続行させて居ます、金融機関がこの犯罪を正当と偽る為、偽造捏造、証拠隠滅を重ねながら、口座名義人を偽り、資金を盗む事を続けてもいる、司法、警察、法務省指揮、実行犯罪に加担し続ける意志も表明して。

完全なマフィア国家権力です、今では公になり切って居る、司法、警察が主犯、指揮、共犯、実行犯と言う、狂気そのものの現実です。

死人の財産泥棒を、弁護士用の犯罪制度に

  • 2019/12/14 17:15

弁護士、司法書士が犯罪で稼げるように、死人が出れば、死人の財産を、泥棒と共謀して強奪、窃盗、詐取して、犯罪で手にした利得を自己所有と、犯罪によって出来ている、司法、警察が犯罪を強制的に、犯罪とせず成功させている。

もう完全に、公式な司法、警察犯罪と立証されて居る事です、金融屋、監督官庁、法務省、国税、揃って共犯、実行犯だから、単なる他者の財産強盗、窃盗、詐取が、公に成功しているのです。

この連中は、最高裁大法廷も、この犯罪は犯罪故もう禁止する、こう最終決定を出した、平成28年12月19日以後も、全く止める事無く、同じ犯罪を重ね続けて来て居ます「確信犯罪を、公然と重ねて来て居ます、ですが、金融機関から”この犯罪を成功させる為に、手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書、証明書を偽造、行使している”事実証拠が出て来て居ます」

この犯罪は、最後の逃げ道「犯行を写して有るビデオ映像を、警察、司法、監督機関が金融屋に指示も出して、隠匿、抹殺して”犯人を証明させない手を最後の逃げ道とさせて”必死になってこの司法、警察主犯犯罪を、今も重ねて、犯罪者を必死に守って居ます」

法律規定も、最高裁大法廷の禁止最終決定も、公然と破壊させて、犯罪と承知で司法、警察、法務省、金融機関監督官庁、国税、報道、成否が共犯で、この国家権力犯罪を重ねて居るのです。

犯罪を証明しても「犯罪者が司法、警察他国家権力です、犯罪を食い止める処か、犯罪者特有の、犯罪を暴かれ、糾弾され、犯罪利得を潰される逆恨みを持ち、正しい側を冤罪で粛清しようと、定番の司法、警察テロにも暴走しているのです」

法を正しく適用させる、国家機関は存在して居ません、司法、警察を名乗るが、組織犯罪集団です、国民が正しく知るべき、重大な真実です。

田辺市は法に従い、司法は治外法権

  • 2019/12/14 08:18

野崎さんが、遺言状で田辺市に遺産を遺贈する、として有った件は「田辺市は、きちんと関係法律の正しい規定を調べた上で、奥方と相続割合に沿い、遺贈を受ける、と決めています」

阿部さんの件は「弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、調停委員、公証人は、合法相続とは、ここから全く知らないから”相続人4人中2名が保護受給者と言う相続人”で、相続人4人の合法相続権、合法な相続財産を、犯罪によって、司法、警察、法務省他が犯罪に手を染めて、奪いに暴走しているのです」

田辺市はまともだったから、行政として、法を調べて、合法な遺贈受けを果たすべく、公に動いています「一方弁護士、弁護士会、裁判官、調停委員、裁判所、検事、検察庁、警察、国税、金融屋、監督官庁、報道、政治権力は”合憲、合法に沿った遺産相続から、何も分かって居ません”」

結果、弁護士、裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁は「他の相続人が持つ、遺産相続を受ける権利も、全く意味すら分からない故”司法、法務省、警察テロに暴走して、相続権行使を、強制的に潰す事ばかり重ねて居ます、犯罪者に与する、之を重ねて居るのです」

野崎さんの一件は「司法犯罪実行国家権力に取れば”正しい法の適用を知った、遺産強盗被害を受けている相続人ら”に取り、大きな反撃の武器です”但し、司法は実行犯だから”この事実をきちんと理解した上で、遺産強盗被害防止、回復方法を考えましょう”」

訴訟、告訴、共に持ち込む相手、先、司法、警察は「実行犯の一角ですからね、冗談にもならない事実です」

司法を名乗る、単なる強盗国家権力

  • 2019/12/14 08:01

紀州のドンファン、野崎さんの遺言状での、田辺市への遺産遺贈による、田辺市の「相続人である奥方と、法の規定に沿い、遺産を5割ずつ相続する、法に適った決定実例、之は合法な、行政決定、手続きです”田辺氏は、遺産全ての遺贈を受けたけれど、相続人である奥方には、減殺遺留分が5割存在して居ますから、田辺市が遺贈を受けられるのは、5割だけですから”」

遺言状で「他に相続人が居るが、遺産全てを遺贈する、こうなっている場合、原則として”遺贈を受ける側は、他の相続人に対して、現金で遺留分を補填した上で、遺贈を受ける事が、法律上必要です”他の相続人が持つ、相続財産相続の権利、財産所有の権利を侵害出来ないからです」

一方「弁護士用が主体の”民法第896,1031条違反、窃盗、詐欺、強盗罪他、多様な犯罪に付いて、刑法が科せられる”相続遺産分割除外説採用での、阿部さんの両親の遺産強盗、窃盗犯罪では、明白な犯罪が、幾つも凶行されて居ます」

単なる強盗、泥棒ですから当然「民法第896,1031条、新民法第909条2も、守られている訳が無いのです”法の根拠無しで、司法テロにより、他の相続人が持つ、相続を受ける権利を、居直り強盗方式で強奪して”証拠偽造捏造、隠滅を武器とさせて、正しい強盗、泥棒だ、こう言い張り、押し通そうとしているだけですから」

野崎さんによる、田辺市への遺贈の正しい手続き、田辺市と相続人の奥方とで、遺産を半分ずつ相続する、合法相続実例と、阿部さんの事件、遺言状が有る、遺言されて居ない遺産も含めて、次男の息子が相続、強奪、窃盗出来た分は、全部甥が所有権を得た、法を犯した財産権蹂躙司法、警察、行政ぐるみテロ実例は「当然野崎さんの実例が合法、阿部さんの事件は、権力が主導の犯罪です」

こう言う結果が

  • 2019/12/14 07:47

頼まれて当社が、阿部さんの件も引き受けて、法を武器で駆使して、司法犯罪に対抗して来ているから、普通起きて居た、弁護士用司法、警察犯罪が、一定食い止められて居ます「遺産は泥棒に成功すれば、犯罪者と共犯弁護士が、財産所有の権利法律規定破壊により、所有権を得て、相続遺産から強制除外される」

この犯罪被害が、何時も通り成功しても居ません、何時もは弁護士用犯罪です、成功して居るんですけれどね。

紀州のドンファン、野崎さんの遺言状による、田辺市への遺産全て遺贈事案では「田辺市は野崎さんの奥方が、彼にとって唯一の相続人で、彼女が相続を受ける意志を示しており、遺言状による遺贈で、他に相続権者がいた場合の法の規定、手続きに沿い、彼女の遺留分を、現金等で支払って、彼女の財産権侵害を行わないようにした上で、田辺市が遺贈を受ける、と発表して居ます」

一方阿部さんの場合は「弁護士用が主体、司法、法務省、警察が、直接犯罪に与する手口を使い”相続人次男の息子に、被相続人である祖父が、所有する不動産を遺贈する”と、公正証書遺言を遺したから、だけを根拠とさせて、この遺産不動産全てを奪い取り、彼の実父、叔父叔母の相続遺留分、減殺遺留分支払いは不要だと、就いている弁護士、札幌地裁、裁判官が共犯で、警察、保護受給者相続人二名に、違法に保護費を支給している札幌市、市議会共々、法を犯して決めて、犯罪者支援に暴走して居ます」

同じ遺言状による、遺産の遺贈で、ここまで、田辺市による、法の正しい適用実例と、司法犯罪の踏襲、民法第1031条無効化強制実行、司法の日常、他者の、正当な相続人の財産強奪犯罪実例が生まれて居ます。

田辺市は行政として、正しい遺言状による、遺贈受け手続きを取る、と決めたのです、一方司法、法務省、警察は「相続遺産分割除外説、遺産強盗制度が絶対だ、民法第896,1031条、新民法第909条2は無効だ、之を通すべく、他者の財産強奪、司法の定番テロに走って居るのです」

国家権力なのに思考する頭、能力、知識がほぼ無い結果

  • 2019/12/14 07:32

阿部さんの遺産泥棒他問題も、財産所有権も知らない弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、検事、検察庁、警察、法務省、公証人、調停委員、関係する役人、報道カルト、国税、誰もここから知らない、根本から合憲、合法を知らないので、犯罪に手を染めているが、理解も不可能なのです。

弁護士が他者の財産を、委任した犯罪者共々強奪、窃盗、詐取出来るように「法律は作れないので、制度、説、論なる、憲法、法律を犯す犯罪正当化根拠?を、闇ででっち上げる訳です」

ただでっち上げただけで、何の正当性も無い「弁護士用が主体の、他者の財産強奪可、制度、説を絶対だと、司法権力の中を中心とさせて、犯罪が、でっち上げた説を根拠とさせて、成功した、強制実例を作って行きます、法律破壊で、司法、警察、関係行政機関が公権力を悪用して、強制成功に持って行く訳です」

この手を常時用いて「犯罪は正しくなった、もっと犯罪を深化?させる、犯罪だが正しい犯罪と決定したからだ」

この手を講じて、根本が犯罪、何処にも合法が無い悪事を、正しい犯罪の制度化だ、こう強弁して、どんどん犯罪を加速させ捲って行くのです。

死人は死後も生きており、死人が死後、預金引き出しも行っている「よって死人の預金口座は”死人が死去後も預金を引き出すので、法を犯して凍結しない”当然虚言だから、関係書類、帳簿等全て、死人が死後も生きていて、預金引き出しを続けている、ように偽造で偽って有る」

こう言う、弁護士用が主眼、司法、法務省、関係行政機関、警察、国税、報道カルト、政治結託、オカルト犯罪が、国中で凶行されても居ます。

根本の犯罪「人の財産を、犯罪行為を持って奪えば、法律と常識で、犯罪に決まって居る、ここから全く理解不可能、弁護士、検事、裁判官が、だから強盗、泥棒、詐欺犯人と手を組み、他者の財産強奪に暴走し捲れる、之が原因なのです」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4766048
ユニークアクセス:4006601
今日
ページビュー:155
ユニークアクセス:113
昨日
ページビュー:857
ユニークアクセス:777

Feed