エントリー

2019年12月21日の記事は以下のとおりです。

弁護士用の司法主犯、憲法、法律蹂躙犯罪は、どれも

  • 2019/12/21 15:36

弁護士用が主眼、司法、警察、法務省が指揮、主犯の国家権力犯罪は、どれも「言い訳の余地の無い、完全な犯罪ばかりです”同じ事を、普通の人間がしてばれれば、犯罪行為者と、当たり前に認定されて、犯罪行為により、処断されるのです”」

死人が死去後も生きており、死人自身で預金を引き出して居るから「民法第896条の規定でも”被相続人が死去の時点で遺産を凍結して、保全しなければならない”と規定されて居るが、死人が死後、国中で預金を引き出して居るから、遺産預金は凍結しないのだ、死人が死後、預金を窓口で、ATMを使って引き出して居る事実は、ビデオに正しく写って居る」

こう、狂った犯罪司法、警察に犯罪指示をされて、手を汚し捲って居る金融屋は「言い張り続けて居ますが”死人が死後、預金を引き出しているビデオは、一回も公式に、死人による預金引き出しが、合法に行われて居る証拠で出された事は有りません”」

当たり前です、完全な嘘ですから、死人が死んでから、日本中で預金を引き出して居る、嘘の程度がまあ、司法カルトに犯罪を命じられて、手を汚して居る金融屋らしいですよね。

まともな、正しく事業を行っている事業者であれば、こんな正気さの欠片も無い嘘は、当たり前ですが、吐かないですから。

ここまでの、子供でも馬鹿にする嘘でも「司法、警察が頭を張って居る、弁護士用が主眼の、他者の財産強盗入手犯罪だから、強引に正しいと、嘘と誰もが承知の上で、今も、明日からも通されて行くのです」

馬鹿を超えた、司法、警察テロ、犯罪用の嘘ですけれど「この嘘、犯罪隠蔽用に金融機関は、帳簿から何から偽造し捲って居ますので”職員が口座名義人を偽り、資金を抜いた”業務上横領事件だ、と騒いでも、帳簿等を正しく証拠で使えません」

口座名義人偽装で資金窃盗、弁護士、裁判官、裁判所等から命じられて、日常行為で行っている犯罪ですからね、帳簿を正しく「金融機関の業務が合法と立証の為と合わせて、証拠で使えば、同じ犯罪の嵐とばれます」

当然、金融機関の顧問税理士、公認会計士、弁護士共々、での犯罪です「同じ犯罪共犯、金融機関の顧問弁護士が”職員が口座名義人を偽り、資金を盗んだ”と刑事告訴して居るのです、お前ら実行犯だよな、弁護士会、弁護士揃って」

冤罪と言うような話ではありません「弁護士用、司法、警察、法務省他が指揮、主犯実行犯権力犯罪は、言い訳無しの犯罪なのです」

犯罪事実、証拠隠蔽で

  • 2019/12/21 15:21

完全な犯罪、他者の財産強盗、窃盗、詐取犯罪をしのぎとさせて居る、弁護士、司法書士用の国家権力犯罪、相続遺産分割除外説とやらを、闇ででっち上げただけ、当然合憲、合法根拠無しで、このでっち上げ説で他者の財産強奪で稼いで来て居る。

当然、他者の財産強奪、単純に強盗、泥棒、詐欺ですから、犯罪を糊塗する為の犯罪が重ねられて居ます。

金融機関と共謀して、口座名義人が預金を引き出した、こう偽る手口が、この弁護士用が主眼、司法、警察、法務省他犯罪の主体となって居ます。

これを成功させる為に、金融機関は顧問税理士、公認会計士、弁護士と共犯で、監督官庁も直接犯罪指示を出して居て「預金偽造引き出し、解約書類作成、行使に走っているし、ATMを使っての犯行に付いては、ビデオ隠匿、隠滅を、警察も共犯で行う、ここまで犯罪に走って居ますし」

当然ですが、帳簿も複数作成して居る、いわゆる表、裏帳簿です、更に「民法第896条、新民法第909条2に沿った、口座名義人、亡くなった口座名義人の預金が、実は上記犯罪を行使し、死人が預金を死後引き出した、と偽って有るが、法の規定通り、死去時の遺産預金額が、正しく存在して居るので、合法な遺産預金額で仮支払いを行った、こう偽った帳簿も、犯罪実行済み金融機関によっては、作られて居るんです」

ここまでの犯罪に手を染めている理由は「死人が死後預金を引き出した、こう偽り、金融機関共々資金を強奪、提供させて犯罪利得を得ている泥棒と弁護士、の犯罪を、どうにか隠蔽して、合法な金融機関業務を行って居る、と偽る為です」

司法、警察、行政、政治による、弁護士用が主眼の、他者の財産強盗入手犯罪、之を表向き、正しいと偽る為の犯罪なのです「一方で”金融機関職員が、同じ口座名義人偽りの手で、資金を盗んだ、こう、偽造し放題の帳簿等を使うと拙いので、使わずに”弁護士、検事、裁判官が指揮を執り、業務上横領犯罪を、証拠を正しく揃えると拙い、証拠基本無しで立件した?逮捕、拘留した、起訴した”起訴されたから有罪確定だ”と、同じ行為を犯罪だ、として居ます、証拠が正しく揃って居ない手口で」

犯罪との事実証拠は、もう揃えて公開済み

  • 2019/12/21 09:33

犯罪以外答えは無い、口座名義人を金融機関共々偽る手で、資金を盗ませ、差し出させて、証拠偽造で犯罪隠蔽、弁護士用が主眼、司法、警察の、この犯罪の理由が。

もうどんな虚言、偽造捏造に走った所で「この弁護士用、裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、監督すべき行政機関、国税、報道犯罪機関犯罪も、言い逃れ出来ません」

ここまでの犯罪事実、証拠が揃っており、証拠で使って有るのです「金融機関、職員は”大手を振ってこの犯罪を、自分用に行い、金を得て、証拠偽造、隠滅に手を染め、犯罪を、犯罪被害を消して通せるのです”」

何しろ、完全に犯罪のこの悪事を、犯罪故禁止と最高裁大法廷も、民法第896条を持って、平成28年12月19日に、最終決定を下して、以後禁じて居ますけれど。

弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、警察他、犯罪国家権力、国家資格者連中は「合憲、合法は無効と決めた、順守する気は無い、犯罪で金融機関と共謀して、資金を盗ませて差し出させ続けて居る」

こう宣言もして、おおっぴらに犯罪を重ね続けて居るんですから、司法、警察、行政なのを悪用させて「何処にも法を持ち、取り締まる機関が、何処も犯罪者なので、失われて居ますから」

もう弁護士は「同じ犯罪を指揮、実行して、金融機関の金を盗ませ、差し出させて、証拠偽造、隠滅も行わせて、犯罪で利得を得て、逃げられている事実、実例証拠多数の公開も有ります”この犯罪の実行犯ですから、弁護士連中も”一方で正しい泥棒他犯罪だ、別の事件では”金融機関職員による、業務上横領犯罪だ、金融機関顧問弁護士が、意見書を証拠で出して、告訴提起だ”」

この二枚舌弁護士犯罪を、常時行い、成功させ続ける事も、とても拙くなっているのです、実行犯の一角弁護士が、金融機関職員を、業務上横領罪で告訴、お前らも実行犯の犯罪、この事実はどうなった、裁判官、裁判所も同罪だし。

金融機関に口座名義人偽装の手で、金を盗み、差し出せと命令

  • 2019/12/21 09:15

苫前町農協、冤罪業務上横領事件に、結果として関わった事で「死人を偽り、金融機関共々”資金を盗んで差し出させて、証拠隠滅、偽造で犯罪隠蔽工作成功”泥棒、弁護士、裁判官、裁判所、警察他が直接頭を張った犯罪”が、とても分かり易く証明、犯罪手口、冤罪に落とす手口、証拠を使うと拙い理由の証明”を果たせる武器となって居ます」

何しろ「直接実行犯、指揮犯の弁護士、裁判官、裁判所の職員、検事、検察庁の職員、法務省の役人、警察官らは”己らが手を汚し捲って居る、金融機関と組み、口座名義人を偽る手で、資金を盗んで差し出させて居る犯罪”に関しても、何の憲法、法律が適用されて、犯罪となるかから、本当に理解も不可能ですし」

金融機関が、どう言う必要な犯罪に手を染めて、口座名義人を偽り、金を盗み、泥棒、弁護士、裁判官、裁判所、警察犯罪を、表向き正しいと偽装して有るかに至っては、まるで何も分からない、分かるまともさ、実務知識も無い故、分かる筈が無いと来ています。

金融機関が、顧問税理士、公認会計士、弁護士共々「口座名義人を偽装したけれど”口座名義人が金融機関に来て、自分の預金を引き出して、帰ったと、必要な書類を偽造して有る”事も、この愚か者司法、警察権力は、全く何も分からない出来て居ます」

一方で「同じ事を、金融機関の職員が”自分で金を手にしようと行った”と、金融機関、顧問弁護士が、証拠を正しく揃えて使わず、言っただけで”金融機関職員が、顧客の身分を偽り、資金を横領した、こう発表して、報道させて、告訴を、正しい証拠の帳簿等を数年分、同様事案を調べて、使う事から逃げて、提起すれば」

日常的な、司法、警察他指揮、実行犯罪事実、証拠を無い事と偽り、行員を「顧客の身分を騙り、資金を横領した犯罪者だと、物証も無しで犯罪者に落として居るんです」

日常的に弁護士会、弁護士連中、裁判官、裁判所他が、金融機関と共謀して「口座名義人を偽る手で、資金を盗ませて差し出させて、通して居る事を、無い事と偽り、金融機関職員が、口座名義人を騙り、金を得た、弁護士が委任され、刑事告訴提起だ、弁護士が”この犯罪事実を無い事と偽り、横領した、しないだけで争え、起訴されたから有罪確定だ”」

これを行って居ます、弁護士犯罪事実の一つです、冤罪発生を、弁護士指揮でも行っている事実証拠の一端です。

司法は犯罪集団、犯罪機関

  • 2019/12/21 09:00

弁護士、裁判官、裁判所他国家権力、法律家?税理士、公認会計士、監督官庁は「金融機関に”口座名義人を偽り、金を盗んで差し出せ”こう、過去、現在、明日以降も命じて、手を汚させて、金を盗ませ、得て、金融機関の関係書類等偽造、犯罪時のビデオ隠匿、抹殺を武器とさせ、犯罪で利得を得続けて居ます”」

完全な強盗、泥棒、詐欺犯罪国家権力です「現在まで、十和田おいらせ農業協同組合、青森銀行、北海道銀行による、この犯罪実例証拠が”まっさらな証拠でこちらに揃っており、公に証拠で配られ、使われて行って居ます”」

何処にも逃げ道が無い、正しい犯罪、他者の財産を、犯罪によって奪い、手にして、国家権力を悪用させる事で、犯罪で利得を得て逃がされて居る、第三世界と変わらない、日本の司法、警察、行政、警察他が指揮、実行犯だから成功させて有る、極青く非道な、他者の財産強奪犯罪、関係する犯罪多数、なのです。

同じ事を、常日頃この犯罪に手を染めさせられて居る、犯罪を証拠偽造捏造、真実を証明する証拠隠滅、抹殺させられて居る金融機関の職員が「自分も同じ犯罪を行い、自分用の資金を手にしに走った、と言うだけで、公式証拠は、上記権力犯罪が山のように行われて、加担しており、拙いから、証拠は使う事が出来ないと言う現実が有り、口座名義人を偽り、金を手にしたんだよな、こう因果を含めて、認めた、事にして」

常日頃、口座名義人を偽らせられて、金を盗み、差し出さ値☝、証拠隠滅、偽造もさせられて居る、弁護士が「証拠を正しく揃える事が出来ないので、弁護士の意見書(( ´艸`))を証拠とさせて”職員のXXが、預金者の身分を偽り、金を横領した”と、刑事告訴を提起して居る訳です”」

お前ら、日常的に手を汚させて居る、汚して居る悪事、犯罪だろう「普段から口座名義人を偽らせられ、金を抜いて差し出させられて居る行員が”同じ行為を行ったからと言って、業務上横領だと、証拠を使えず犯罪者扱いして居る事が、完全に間違いですよね、日弁連、札幌他弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所、お前らの常套犯罪だろ、金融機関に口座名義人偽造で、金を盗み、渡せ、と命じて、犯罪で利得を手にしている悪事は」

正しい強盗、泥棒、、詐欺

  • 2019/12/21 07:17

@秋田銀行社長、秋田地検鈴木検事正”法務大臣、最高裁長官、最高検検事長、日弁連、札幌他弁護士会、秋元市長、市議会議員、厚労大臣、財務、金融大臣、農水大臣、国税庁長官他”金融機関資金を、口座名義人身分偽装、証拠偽造、隠滅の手で盗み捲っている当事者国家権力、法律家を、秋田銀行職員口座名義人偽装で、資金入手事件の証人で、秋田銀行帳簿数年分調べと合わせ、公式調査する事を求めます

                               令和元年12月21日

〒010-0951 秋田県秋田市山王7-1-2
鈴木まり子秋田地方検察庁検事正
TEL018-862-5581
〒010-0951 秋田県秋田市山王3-2-1
湊屋陸夫秋田銀行代表取締役
TEL018-863-1212
FAX018-864-1027

          〒007-0862 札幌市東区伏古2条4丁目8番14号
                  (有)エッチエイハウスリメイク 山本弘明
                            TEL011-784-4046
                            FAX011-784-5504

※秋田銀行職員が、口座名義人偽装で資金入手、業務上横領、財産権侵害犯罪にあらず、同じ犯罪行為に走り、之を立証する国家権力
秋元札幌市長、市議会議員全員、市税、保護、環境他、遺産、個人所有財産泥棒実行、共犯、保護費詐欺も共犯
FAX011-218-5166
森雅子法務大臣、刑事、民事局、公証係、公証役場、公証人、法務局
FAX03-3592-7393 死人、認知者の財産強奪他、公式実行
大谷直人最高裁長官 死人を騙り、遺産強盗は禁止、平成28年12月
FAX03-3264-5691 19日、民法第896条による最終決定
綿引万里子札幌高裁長官、地裁、簡裁、家裁所長、民事執行係り
FAX011-271-1456最高裁は無知、法の執行権無し公言で無視
植村実札幌高検検事長、地検検事正
FAX011-222-7357 金融機関業務上横領、帳簿等証拠却下
日本弁護士会連合会会長
FAX03-3580-2866 遺産強盗続行、法と最高裁決定破壊で
札幌弁護士会樋川会長、金融機関資金強盗適法他決定綱紀委員会
FAX011-281-4823 苫前町農協冤罪業務上横領では、旭川弁護士会共々、冤罪証拠帳簿等使用拒絶、横領の可否で争え、と陥れ
山岸直人道警本部長、1,2,3課、生活経済、保安課長
TEL,FAX011-251-0110
北海道新聞社主、報道センター吉田、内山、樋口他記者
FAX011-210-5592 金融機関業務上横領、遺産泥棒と同じ手

1、鈴木まり子検事正、秋田銀行職員が、下記手法と同じ手で死人を得た、業務上横領罪だとの件は、下記事実、証拠と整合性を取った扱い以外認められません、

2、上記記載先他、事もあろうに司法、警察、法務省他は、民法第896,1031条、新民法第909条2蹂躙、最高裁大法廷最終決定破壊で、口座名義人偽装の手で、金融機関に命じて資金を盗ませ、差し出させており”手続き書類偽造、帳簿複数作成、民法第896条、新民法第909条2遵守用(死去時の遺産額存在とした)死人が死後、預金を引き出した、と偽った(これが実際の犯罪事実)帳簿、民法第896、新民法第909条2を踏襲し、遺産預金仮支払いを、被相続人死去時の預金額で行ったが、死人が死後預金を引き出した、と偽った帳簿”都合最低3通り偽造、行使して居る事実、証拠、この犯罪指示者も同じ国家権力等事実は、記載先も含め、配布した通りです。

;十和田おいらせ農業協同組合、青森銀行、北海道銀行犯罪実例証拠。

3、死人は死後も生きており、死んだ後も預金を引き出して居ると”上記法律蹂躙、最高裁大法廷最終決定蹂躙を、今も、弁護士会、弁護士、裁判官、裁判所も公に犯罪を凶行し、犯罪行使命令を下し、強制続行して居る、泥棒と共犯弁護士、裁判官、裁判所と、今では公式に、犯罪で他者の所有財産を得る為共謀しての犯罪、監督官庁、国税、警察も、地方自治体、地方議会も共犯で”金融機関、監督官庁、警察は、これを成功させる為、法を犯して死去後も口座凍結せず、手続き書類、帳簿等偽造、行使を続行して居る、最後の逃げは、ビデオ隠匿、隠滅で、犯人隠避、記載先らと金融機関は、まごう事なしの職業犯罪集団です。

4、こちらは「正しく犯罪被害者なので”黒塗り無しの上記犯罪実例証拠、民事訴訟に出た証拠、記載犯罪法の破壊で強制正当化判決等、動かぬ犯罪証拠を、各所に配布しても有ります”金融機関職員が、口座名義人を偽り、資金を手にしたからと言って、業務上横領罪が適用される”筈は無いです、帳簿を証拠で使えば、同じ悪行を、弁護士、裁判官、裁判所、行政他が、金融機関、職員に指示して手を汚させ、金を盗んで差し出させ、手にしている、事実証拠の山なのですから、義父母、阿部健一、花枝さんの死去後の、身分偽装で金融機関資金窃盗分だけで、この現実ですから”」

5、秋田銀行、秋田地検検事正「苫前町農協職員を、冤罪で、顧客預金12口横領犯にでっち上げで確定させた事件では”苫前町農協の、事件当時と身元信用保険金詐取入金時の帳簿、決算書を証拠で使う事、冤罪事実と、犯罪事実が立証される、民事裁判記録、証拠でも冤罪が証明されて居た”と、冤罪に落とされた当人と、当社(調査委任を受けた)で、上伸して求めました”」

6、それをされれば拙い国選弁護人のxx弁護士、xx公判検事、旭川地裁裁判官が共謀して、拘留した被疑者に「横領をした、しないだけで争え、帳簿等証拠は一切使うな、と脅し、言い包めて、有罪に落としましたよね」

7、上記等、金融機関資金窃盗、弁護士、裁判官、裁判所他指揮、公印が共犯、実行犯、手続き書類、帳簿他偽造、行使犯罪、弁護士、裁判官共謀、この犯罪適法判決、法の根拠ゼロで事実証拠多数を見れば「金融機関職員が”口座名義人を偽り、資金を手にした、業務上横領罪だ”とするには”手続き書類、帳簿、決算書、ビデオ映像を数年分、全ての同様預金引き出し事案に付いて、証拠で使う訳には行かないのです。

8、日本弁護士会連合会会長、札弁連会長、全弁護士「弁護士用が主眼の、死人を偽り、犯罪者と共謀して、金融機関に口座名義人が預金引き出し偽装をさせて、資金窃盗を恒常実行して居ながら”金融機関職員が、口座名義人を偽り、資金を横領した、業務上横領罪で、弁護士が告訴、立件、起訴、弁護士が、横領した、しないだけで争え、他の同様犯罪は持ち出すな、帳簿等偽造事実も持ち出すな、と因果を含めて、まんまと有罪に落として居る”手続き書類、帳簿、ビデオ等を証拠で正しく使わない事で陥れ出来ている事に、正論が有るのでしょうか」

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4798907
ユニークアクセス:4036012
今日
ページビュー:439
ユニークアクセス:375
昨日
ページビュー:982
ユニークアクセス:922

Feed