エントリー

2019年12月29日の記事は以下のとおりです。

泥棒、強盗、詐欺を本気で実行、法を破戒させ、正当と強弁

  • 2019/12/29 18:40

当たり前の事ですが、他者の財産、他者相続人の遺産を、犯罪に手を染めて私する事が、そもそも犯罪で認められて居ません「この根本の常識から、司法書士、弁護士、検事、裁判官、検察庁の連中、裁判所の職員、法務省の役人、報道カルトは”本当に理解自体不可能で、強盗、泥棒、詐欺に走り続けて居る、これ等を凶行している犯罪者と、直に手を組み、犯罪で利得を手にしている、犯罪は法の破壊で正しい、と強制偽りしています”」

強盗、泥棒、詐欺は、国際的に犯罪で扱われて居ます、当たり前です、この根本の正しい当たり前から、この犯罪者、共犯連中は、本当に理解も出来ないのです。

本気で国家権力、国家資格を悪用させて、強盗、泥棒、詐欺は正しい犯罪だ、こう錯覚、狂信しており、犯罪者と共謀して、犯罪で他者の財産を強奪出来れば、犯罪者が所有権を得たと、犯罪者が独裁権力を持った気で、本気で狂信して、抜けないままなのです。

同じ犯罪、金融機関に手を汚させて居る、口座名義人を偽り、金を盗んで差し出させている犯罪で「金融屋、顧問弁護士が”同じ犯罪、司法等国家権力が命じる事に応じて、日常的に手を汚して居る、口座名義人偽装で資金窃盗”を棚に上げて、職員が横領を行ったと、証拠の最たる必須物、帳簿等も使えず、刑事告訴を提起して居る」

こっちに口座名義人偽装、資金泥棒、証拠偽造、隠滅で正当と偽装、この事実、証拠を「被疑者にされた職員側、で公に、正しい必須証拠です、使わせるべきなのですよ”帳簿等の証拠を使えず、職員が口座名義人を偽り、資金を横領したと、口頭と変わらない、正しい証拠も無く告訴を提起したからと”刑訴法手続きを強引に取り、物的証拠無しで有罪に落として居る事も、当然司法権力テロ、犯罪ですから」

司法犯罪に加担して居る金融屋、監督官庁の犯罪

  • 2019/12/29 17:50

死人は死後も生きており、死んだ人が、霊魂だが存在しており、自分の遺産預金を引き出し続けて居る、まともな人間は、正気を疑われるから「公の嘘で、吐く事が無い、犯罪を正当化しようとして、司法独裁権力集団の、独裁テロ権力を悪用させての、国中で行われて居る、司法オカルト犯罪です」

このオカルト犯罪実行事業者、金融屋、監督機関は「死人が死後、死人自身で預金を引き出して居ると、手続き書類、帳簿、決算書、監査報告書等を偽造して”事実である”と、公に捏造して居ます」

金融屋の業務の主体は「顧客が預けたお金を、正しく守り、運用する業務です”死人となれば、口座を凍結して、死んだ時点の預金を保全する責任を負って居ます”が、司法犯罪要求を、唯々諾々と受け入れて、死人が死後、預金を引き出して居る、このでっち上げを、業務に組み込んで居るのです」

犯罪を要求されて、受け入れたけれど「死人が死後、死人の預金を引き出して居る等有り得ません、それを承知で、司法犯罪で受け入れて、泥棒、泥棒の共犯弁護士、弁護士会、裁判官、裁判所、警察等から”死人が死後、預金を引き出して居ると偽り、金を盗んで、泥棒、弁護士に差し出せ”」

こう要求されて、受け入れているけれど「死人が死後、預金を引き出す筈は無いので”偽造捏造、でっち上げを重ねて、死人が死後預金を引き出したと、手続き、帳簿等を偽造して、正しいと偽って居ます”」

司法が法を守り、正義を実現して居る、嘘の極みだと、このオカルト司法犯罪事実でも、公に立証されて居ます。

日本共産党も、仲間の弁護士も実行犯、この事実と「阿部さんの事件で、この犯罪を事実立証した一角、との事実と、どう折り合いをつけるか、自己矛盾に陥って居ます、自民党、民進党、立憲民主、公明党他系弁護士も同じ犯罪行為者、各仲間の政党と、どう調整を取れるか?犯罪司法権力事実立証に、どう対応出来るか」

弁護士犯罪指揮下に有る裁判官、裁判所

  • 2019/12/29 17:21

義父母の身分を詐称して、義父母の財産、遺産を強奪、窃盗した、次男が仕切り、娘、嫁、妹長女が実行犯。

この犯罪を、相続遺産分割除外説、と、認知悪化者を「財産強奪用に、当事者認識力が正しく存在すると、虚言で捏造に走り、後見人選任等に走って”後見人が、重度認知症者の意思を確認した”と、裁判官が虚偽決定して、認知悪化者の財産強奪し放題」

これを組み合わせて、義父母の財産、遺産を「犯罪によって手にして、通そうとして来た犯人ら、共犯の弁護士、札幌弁護士会、札幌高裁以下裁判所、共犯裁判官、揃って憲法、法律破りの犯罪行為者、組織です」

この犯罪に、今年1月に「阿部さんの両親の遺産強奪、窃盗、詐取犯罪事件も、当社に持ち込まれました」

この相続遺産、財産強盗、泥棒、詐取犯罪を「弁護士、弁護士会用が主眼の犯罪を、今後も継続し続けて”認知悪化者、死んだ人の財産、遺産強奪利得を、泥棒と共犯の弁護士で、犯罪によって手にして、山分けし続ける”為に、警察、裁判官、裁判所、検事、検察庁、報道が、正しい犯罪だ、合憲、合法は間違い、憲法、法律は適用されないのだ」

こう、でっち上げ、テロを公言、実行して、凶行突破犯罪に狂奔して来て居るのです。

ですが、最高裁大法廷も平成28年12月19日に、死人を偽り、遺産、遺産預金を強奪、窃盗、詐取して、泥棒と共犯弁護士が、法を破戒させて所有権を得た、と偽る事を禁じて居ます、民法第896条違反が軸と明記して「法律規定を適用させて、この犯罪を禁じているのです」

この最終決定を受けて、新民法第909条2も策定され、今年7月1日に施行されて居ます「司法、警察他犯罪、死人偽装で遺産、遺産預金強奪、窃盗で、犯罪者と共犯弁護士が所有権を得た、と偽る犯罪は、明確な犯罪、これ以外答えは無いのです」

当社、私が中心となり、これ等を正しく事実立証しました、死人は生きており、死んでからも財産消費、遺産預金引き出しを行って居る、こう嘘、犯罪で塗り固めて通って来た、司法犯罪は、破綻し切って居るんですよ。

阿部花枝さん死去後,ATMを使い、甥、嫁が、花枝さんを偽り、道銀が共犯で資金を盗んだ事件は、犯行時のビデオ映像も警察が確認済みで、花枝さんが死後預金を引き出してはいない、は証明済みです。

刑訴法手続き実施、潰しに司法が必死に、でしょうけれど

  • 2019/12/29 08:20

阿部花枝さんが死去後、花枝さんが預けて居たキャッシュカードを、孫、妻、相続人、保護受給者である長女が共犯で、この中の誰かが「北海道銀行手稲星置支店のATMを使い、花枝さんが死去後、死んだ上で預金を引き出した、こう北海道銀行が偽って有る事件は」

北海道警察本部が指揮を執り、厚別警察署刑事二課(花枝さんの遺産年金詐取、実行犯は上記3人と年金機構)と共に、手稲警察署刑事1課が行って居ます。

犯罪は同じ、義父母の身分偽装で、共犯の金融機関共々、資金を盗んで泥棒が提供を受けて、金融機関が「死人、認知者が自身で金融機関に来て、預金を引き出して持ち帰った、こう偽造で偽って有る犯罪、で、同じ構図の司法犯罪です」

ですが「阿部花枝さんを偽り、金融機関(顧問税理士、公認会計士、顧問弁護士、金融庁、財務局、国税も直接犯罪行為に手を染めている)が共犯で資金窃盗事件と、日本年金機構が共犯で、遺産となった年金詐取犯罪は”警察が捜査を行って居ます、何故かと言えば、日本共産党も直接、この犯罪に付いて、犯罪を行っている法の根拠を、先ず道銀は書面に法の規定を書き、合法犯罪と証明から果たす事”こう公式に求めているから、です」

国政も、まして「一番合憲、合法遵守を求めて来て居る、日本共産党本体が”犯罪実例証拠を持ち、何故この犯罪が正しい犯罪で通るのか、まず北海道銀行、顧問税理士、公認会計士、顧問弁護士共々、法を明記した文書を出して、正しい犯罪だと証明せよ”こう求めており、義父母の身分詐称、金融屋が公然と、偽造他犯罪に走り、死人、認知者が自身で預金を引き出した、と偽っている犯罪の握り潰し、青森県警犯罪」

この事件と同じく「司法が国策犯罪潰し用、犯罪捜査を潰せ、と指揮を執る事を、何時も通り受け入れる訳にも、道警も行かない状況なのです」

犯罪である事実証拠は「公に公開されて居ます”国政相手に、死人が死後、預金を引き出して居る、と偽造で偽り、通す事を、常時行って居る、弁護士と共犯の泥棒、裁判官、裁判所からもこの犯罪を命じられて居て、常時犯罪に手を染めている”拠って正しい犯罪である、とは、道銀も公式文書回答も出来ませんし」

道警も「捜査して居るので必然的に”花枝さんが死去後、花枝さんを偽り、道銀手稲星置支店のATMを使い、金を盗んだ犯人が写って居る、道銀の犯行時のビデオも入手、確認済みです”実行犯を任意で呼び、犯罪実行自供も得て有る、との事ですしね」

金融屋の司法犯罪隠し、偽造処理「死人が、認知者が”自分で預金を引き出して居る、死人が死後、遺産年金を年金機構から受け取った”この大嘘も、道警、札幌方面手稲、厚別警察署は、ビデオ映像も確認して嘘だと証明済みです」

司法が指揮を執り、凶行させている犯罪で、司法犯罪を隠す為に、刑事訴訟法手続きを、弁護士の指揮を受けた検事、検察庁、裁判官、裁判所が指揮を執り、国策で潰して来て居る、悪質な国策捜査潰し、司法指揮版です。

国策捜査潰し、司法が司法犯罪隠蔽を目論んでの

  • 2019/12/29 08:06

普通の国策捜査と、捜査潰しは「政治が指揮を執る、でしょうけれど”相続遺産分割除外説、死人は生きており、死人自身で死人の遺産を逸失させて居る、預金を引き出して、遺産となった預金を減じて居る、と偽る犯罪が、当方らによって、事実証拠を公開もされて、正しく司法犯罪と、証明も果たされてしまって居る”」

この犯罪を隠す為に、弁護士が指揮を執り、裁判官、裁判所、警察、検事、検察庁、報道が共謀して「公開立証された、死人偽装で金融機関と犯罪者、共犯弁護士、警察が直接犯罪で手を組み、金融機関の資金を盗み、犯罪者と共犯弁護士に差し出して、死人が生きて預金を引き出したと、偽造捏造、でっち上げ証拠で偽り、通して有る」

この犯罪は「司法、警察、金融機関監督先、報道等が共犯で”国策、国家権力指揮で、犯罪事実立証が揃えられて居るが、捜査をせず、犯罪を今も重ねて居ます”」

普通の、政治権力、国家権力が指揮を執る、国策捜査潰しの場合は「国策で捜査を潰す前に、該当する犯罪を止めて、その上で国策捜査潰し、報道に走るのですが」

死人が死去後、死人の財産を逸失させた、死人が預金を引き出した、こう偽って、遺産金、遺産預金を強奪、窃盗、詐取して、泥棒と共犯弁護士が山分けして、証拠偽造で逃がされている犯罪に対する、国策捜査潰しでは「今も同じ犯罪を、公に凶行し捲って、通されて居ます、政治が指揮を執る、国策捜査潰しとは、悪質さの度合いが違って居るのですよ、この司法犯罪、司法が指揮を執り、国策捜査潰しテロは」

死人偽装で遺産強奪、司法犯罪です、政治の関与も?

  • 2019/12/29 07:11

死人が出れば、死人は生きている、と偽装、偽造を金融機関に指示、命じて、司法書士、弁護士、裁判官、書記官が、泥棒と共犯となり、金融機関に死人が死後、預金を引き出した、と偽らせる犯罪も、国中で凶行されて居ます。

この犯罪実例の一つ、阿部花枝さんが死去後、花枝さんのキャッシュカードを、甥夫婦、相続人、生活保護受給者の長女が共犯で悪用して、287,000円と、244,000円を「死んだ花枝さんが、死後ATMから預金を引き出した、と偽り、今では実行先北海道銀行、顧問税理士、弁護士、あずさ監査法人、金融庁、北海道財務局も共犯者で、この”死んだ花枝さんが、死去後二回に渡り、自分の預金を、北海道銀行手稲星置支店のATMを使い、引き出した”と、偽造捏造に走り、偽って居ます」

ですが、この事件に関して「日本共産党札幌市議団、事務局員さんが、相続人の長男と共に、北海道銀行本店に行き”死人が死去後、死人自身で預金を引き出した、こう偽って居るが、民法第896条等違反である、適法な犯罪と、法を持って公式証明する事”」

こう、文書を渡して、日本共産党も関与して(結果がそうなった)法による行為事実の合法立証、を求めて有る訳です、国政としてです。

で、北海道銀行が行った事は「民法第896条、新民法第909条2の規定に沿い、花枝さんが死去した時点の遺産預金額が、正しく口座に存在する、死去時の遺産預金額を持ち、仮支払いする金額は、この金額である、との証明書を出して」

もう一つの「闇の犯罪を持った手続き、死人は死去後も生きており、死んだ花枝さんは、死後預金を正しく引き出したと”闇で証明?しても有る”よって民法第896条、新民法第909条2規定を守る気は無い、正しい死人による預金引き出し故だ、こう口頭で答えて、上記法による証明書を、事実として無効と扱って居ます」司法犯罪への共犯加担を、山のように重ねており、合法を果たせば、司法共々破滅するから、です、犯罪行為責任を問われて。

この道銀、司法他犯罪事実証拠は「日本共産党本体共々、公に凶行中の、司法犯罪との共謀、道銀犯罪です、顧問税理士、公認会計士、弁護士、金融庁ぐるみの、憲法、法律破壊司法犯罪を、国政相手も加えた犯罪です」

司法犯罪を成功させるべく、関係する権力、機関等が犯罪を

  • 2019/12/29 06:53

根本から犯罪、憲法第29条、個人の財産保護を定めた憲法規定も、相続遺産分割除外説等「司法の闇で、国民に隠れてでっち上げて、死人が出れば、死人は生きており、死去後も自分の財産、預金を、死人が滅失、引き出して居る、適法な、財産所有者による、自己の財産消費、自己の預金引き出しである」

こう偽れるように、関係する機関、国家資格者、警察等が、必要となっている犯罪に、国中で等しく手を汚して、犯罪に走り続けて居ます。

根本が、単なる他者の財産強盗、泥棒、詐取犯罪ですから、正しい強盗、になる道理が有りません、憲法第29条、民法第896,1031条、新民法第909条2、他者の財産を、法を犯して強奪、侵奪、詐取した場合に適用となる刑法、銀行法等を正しく適用とすれば、こんな単純犯罪が、正しい犯罪と出来る道理は、当然無いのです。

この司法犯罪は、関係する機関、国家資格者が、犯罪と承知で手を汚して、司法犯罪が正しいと、強制偽装して、成功させて有ります。

一番分かり易い犯罪は「死人が死去後、死人自身で金融機関に足を運び、死人の預金を引き出した、口座を解約して、死人が金を持ち帰った、こう偽って有る、オカルト犯罪行為です」

他者の口座の金を、法律手続き、遺産預金で有れば、相続権を証明した相続人が、正しく相続手続きを負えた証明が存在しており、遺産が正しく相続権者所有財産となった、この事実立証が揃って初めて、元相続遺産預金を現金化して、相続を受けた相続人が、正しい所有者となるのですが。

相続遺産分割除外説、単なる死人を偽装して、金融機関と共謀して金を盗み、死人による正しい預金引き出しだ、こう偽造捏造、真実隠蔽工作を重ねて、強制的に正当と決めて、押し通している犯罪で、合法化は不可能なのです。

死人が死去後、死人口座の預金を引き出しており、適法な口座名義人による預金引き出しだ、と、偽造、証拠隠滅で偽り、通して居る、主犯の司法が指揮を執り、関係する機関、国家資格者等に、犯罪を強制実行させて居る、喜んで犯罪に手を染めている、今年更に正しく、当社が事実立証を果たした事の一つです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

アクセス数

トータル
ページビュー:4798888
ユニークアクセス:4035994
今日
ページビュー:420
ユニークアクセス:357
昨日
ページビュー:982
ユニークアクセス:922

Feed